ヒカリ「アスカは碇君のどんなところが好きなの?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/03(木) 21:38:51 ID:kiiRt5XY
アスカ「いっぱいイカせてくれるところ」

ヒカリ「……え?」

アスカ「すっごいんだから。あいつの」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/03(木) 21:40:18 ID:kiiRt5XY
ヒカリ「……」テクテク

ヒカリ(びっくりしてあれ以上聞けなかったけど。きっと冗談だったのよね、アスカ)

レイ「……」テクテク

ヒカリ(あ。綾波さんだ……)

ヒカリ「ね、ねえ。ちょっといいかな?」

レイ「……なに?」

ヒカリ「唐突に聞いちゃうんだけど。綾波さんは、碇君のどんなところが好きなのかな、って」

レイ「キスがうまいところ」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/03(木) 21:40:48 ID:kiiRt5XY
ヒカリ「……ッ ///」

レイ「碇君にキスしてもらうと、カラダがとてもポカポカするの。碇君の唇と舌で、私の唇や咥内を愛撫されると、とてもとても」

ヒカリ「し、失礼しました!」タタタッ

レイ「……?」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/03(木) 21:52:24 ID:kiiRt5XY
ヒカリ(自分から質問しておいて逃げちゃった。綾波さんに後で謝っておかないと……でも、綾波さんまであんな)

マナ「いいんちょー!」

ヒカリ「霧島さん。どうしたの?」

マナ「えへへ。実はね。今日持ってくるように言われてたプリント、家に忘れてきたみたいで。明日は絶対持ってくるから、ごめんなさい!」

ヒカリ「もうっ。でも、忘れたのは仕方ないから、明日は本当に持ってきてね」

マナ「もちろん!」

ヒカリ「……ねえ……話は変わっちゃうんだけど。霧島さんに聞きたいこと、あるの」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/03(木) 22:05:42 ID:kiiRt5XY
ヒカリ「霧島さんは碇君のこと好きなのよね?」

マナ「うん。大好き」

ヒカリ「そ、それでね。碇君のどんなところが特に好きなんだろ?って思って。好奇心で」

マナ「うーん……シンジってね、指がとってもキレイなの。知ってた?」

ヒカリ「指が好きってこと?」

マナ「そうだけどそうじゃなくって。あの指で触れてもらうと、すご~く気持ちいいんだぁ。あっという間に夢見心地にされちゃう感じ」

ヒカリ「ふ、触れるって……つまり」

マナ「もちろん、エッチな意味で。チェロしてるからかな? シンジにカラダ中弄られるとすぐトロトロにされちゃって、力なんて入らなくなって、もう大好きどうにでもして!ってなっちゃう」

ヒカリ「///」

マナ「他にも聞きたい?」

ヒカリ「う……ううん、大丈夫。ありがとう ///」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 01:11:03 ID:rqHYakjo
ヒカリ(霧島さんまで、あんな……ふッ、不潔よ! 私たち中学生なのに!)

ヒカリ「……ハァ」

ヒカリ(……そうだわ。山岸さんなら)
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 01:14:45 ID:rqHYakjo
マユミ「碇君の好きなところですか? 優しいところです」

ヒカリ「!!……そ、そうよね! やっぱり大事なのは優しさだよね! 私も―――」

マユミ「エッチが終わった後、冷たくなる人も多いって本には書いてあったんですけど、碇君は全然そんなことなくて」

ヒカリ「」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 03:09:20 ID:rqHYakjo
ヒカリ「……」フラフラ

ヒカリ(みんな、どうしちゃったのよ……)

ヒカリ「……碇君とするの、そんなに気持ちいいのかな……」

ヒカリ(!? な、なに言ってるのよ私。気持ちいいとか悪いとかの話じゃないのに! それに私が好きなのは鈴原なんだからッ)

ヒカリ「……」フラフラ

真希波「おーい! そこの委員長さん」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 03:12:43 ID:rqHYakjo
ヒカリ「あ……えっと、確かネルフの。真希波さん?」

真希波「そうそう。あれ、今日は姫と一緒じゃないの?」

ヒカリ「え、ええ。今日はちょっと……」

真希波「そっか、まーそういうこともあるよね。姫にちょいと用があったんだけど、電話でいーや」

ヒカリ「……」

真希波「にゃ? どうかした?」

ヒカリ「……あの。聞きたいことがあるんですけど」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 03:18:53 ID:rqHYakjo
真希波「―――ふーん。みんな、ワンコ君のいいところとしてエロ話をねえ」

ヒカリ「すっすいません! よく考えたら、友達でもないのにこんな話!」

真希波「いいっていいって。せっかくだからこれで友達ってことでさ」

ヒカリ(真希波さん……変わった印象の人だけど、いい人なんだ……)

真希波「そんで、ワンコ君の件だけど」

ヒカリ「はい」

真希波「確かに彼、可愛い顔してエッグいおちんちん持ってんだよねえ」

ヒカリ「え」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 03:30:18 ID:rqHYakjo
真希波「あれで突かれると、ホント頭真っ白になっちゃってさー。初めての時なんて、一度自分が消え失せて、ワンコ君専用のメスにゃんことして新しく作り替えられちゃったって感じるくらいの衝撃で」

ヒカリ「」

真希波「ありゃ? ワンコ専用なのににゃんこじゃおかしいか?」

ヒカリ(ま……真希波さんまで、碇君と!)

真希波「ん♥ ああっ思い出してきちゃったニャ……ちょいとここらで失礼」

ヒカリ「……」

真希波「わーんこくーん、いーま行っくよーっと」ピョンピョン

ヒカリ「……ハァ」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 03:38:46 ID:rqHYakjo
ヒカリ「ただいま」

ノゾミ「おかえりぃお姉ちゃん」

ヒカリ「ごめんね遅くなっちゃって。着替えたら、すぐご飯の準備するから」

ノゾミ「はーい」

ヒカリ「……」スタスタ

バタン

ヒカリ「……ハァ……」

ヒカリ(やっと着いた……下着、ぐしょぐしょでキモチ悪い……)
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 03:44:38 ID:rqHYakjo
ヒカリ(どうしてこんな。私の身体、おかしい……)

♪~

ヒカリ「はい、もしもし」

アスカ『もしもしヒカリ? 今日、大丈夫だった?』

ヒカリ「え。なにが?」

アスカ『学校で、なんだか顔、青くしたり赤くしたりしてたから』

ヒカリ「べ、別に、全然平気だよ。うん……ごめんね心配かけちゃって」

アスカ『平気ならいいけど。私がおかしなこと言っちゃったからかも、って思って』

ヒカリ「!!」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 03:54:33 ID:rqHYakjo
ヒカリ「……そんなことないわ。少しびっくりはしちゃったけど」

アスカ『良かった。でも、びっくりはしたのね、やっぱり』

ヒカリ「それは。だ、だって、急にあっち方面の話が出るなんて思わなかったから…… ///」

アスカ『ふーん……』

ヒカリ「? アスカ?」

アスカ『ねぇ。体調が悪かったわけじゃないなら、女子会来ない?』

ヒカリ「女子会?」

アスカ『今決まってるメンバーは私と、コネメガネと、エコヒイキと、マナとマユミ。ミサトのいない日にウチに来て泊まってくの。女しかいないから気楽よ』
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 04:04:33 ID:rqHYakjo
アスカ『ただ……シンジだけはいるけど』

ヒカリ「……ッ」ドクッ

アスカ『どう? ヒカリも。すっっっごく楽しいわよ』

ヒカリ「……アスカと、綾波さんと、霧島さんと、山岸さんと、真希波さん?」ドクッドクッ

アスカ『ええ』

ヒカリ「碇君は……いるのね」ドクッドクッ

アスカ『いるわ』

ヒカリ「……」ドクッドクッドクッ

アスカ『一緒に遊びましょヒカリ。ウチの女子会、本当に楽しくて素敵なんだから。みんな、家に帰りたくなくなっちゃうくらい』



ヒカリ「うん……私も、イク」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/04(金) 04:05:04 ID:rqHYakjo
end
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/11/05(土) 18:37:50 ID:hDf4rfEQ
エヴァのエロssは良いね…リリンの生み出した文化の極みだよ…

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク