鳳翔「名前を呼んでください」

1: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:26:52.90 ID:BIcuJp9d0
あれだけ文量文量言ってたのに、今回の本編短いです。ごめんなさい。
今回は今までの作品と雰囲気が違うと思いますが、お付き合いいただけたらと思います。
本編はこれから一気に投下し、間を空けてからおまけを投下するという形にします。温度差が凄いので。
今回も拙い文章になると思いますが、よろしくお願いします。


【過去作】

提督・不知火「「不知火(司令)は俺(不知火)のことを嫌っている」」


曙「クソ提督がクソ過ぎる」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427034412
2: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:27:32.61 ID:BIcuJp9d0
5


鳳翔「……提督のお子さんですか?」


???「ああ。今日一日相手をしてくれないか」


鳳翔「私が、ですか?」


???「お前なら適任だろ?」


鳳翔「分かりました」


鳳翔「初めまして。私は鳳翔といいます」


「ほーしょー?」


鳳翔「はい」


「ほーしょー!あそぼー!」


鳳翔「ふふっ、そうですね。何をして遊びましょうか………」
3: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:28:51.33 ID:BIcuJp9d0
15


「…………………」


「…………鳳翔さん」


鳳翔「…………はい」


「…………父の最期は、どうでしたか?」


鳳翔「………ご自身が囮となって、私達を逃がしてくださいました。立派な、司令官でした。」


「…………そうですか」


鳳翔「すみません、私達が不甲斐ないばかりに………」


「…………父は最高の部下達を持ったと常々自慢していました。あの父が自慢するような部下を責めることなんて出来ませんよ」


「………それに、辛いのはお互い様でしょうから…………」


鳳翔「……………ありがとう、ございます」
4: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:30:30.09 ID:BIcuJp9d0
25


「今日からこの鎮守府に着任する―――です。よろしくお願いします」


鳳翔「存じていますよ」ニコッ


「はははっ、そうですね」


鳳翔「……もうあなたが上官なのですから、敬語じゃなくてもいいんですよ?」


「いえ、鳳翔さんには昔からお世話になっていますから」


鳳翔「……それじゃあ、私が年寄みたいじゃないですか」ムスッ


「え。いえ、そんなつもりは………」


鳳翔「分かっています。少しからかっただけですよ♪」


「……………意地悪ですね」


鳳翔「さて、なんのことでしょう?」ニコッ


「ははっ」


鳳翔「ふふっ」


「鳳翔さん」


鳳翔「はい」


「これからも、よろしくお願いします」


鳳翔「はい」ニコッ
5: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:32:02.12 ID:BIcuJp9d0
35


「鳳翔さ――――」


鳳翔「………今は二人きりですよ」


「…………ほ、鳳翔」


鳳翔「全く……そろそろ慣れてくださいよ」


「つい昔の癖で………」


鳳翔「もう夫婦なんですからねっ!」


「はい……すみません………」


鳳翔「しっかりしてくださいよ?」


「は――――じゃないな。分かってるよ。鳳翔」


鳳翔「合格です、あなた♪」


「………照れるな」


鳳翔「何回も呼べば慣れますよ」


「そういうものか?」


鳳翔「はい」

6: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:33:15.00 ID:BIcuJp9d0
「じゃあ………鳳翔」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「…………これ何回続ければいいんだ?」


鳳翔「私の気が済むまで、です」ニコッ


「…………その笑顔には敵わないな」
7: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:34:07.77 ID:BIcuJp9d0
45


鳳翔「私を解体してください」


「何を言ってるんだ」


鳳翔「………このままあなただけが老いていくのを見たくないんです」


「………………出来ない」


鳳翔「何故ですか!?」


「………………艦娘は解体すると、本来の年齢に戻るんだ」


鳳翔「……………私が解体されたら、死ぬ………と?」


「ああ………………」


鳳翔「そう………ですか……………」


「だから」


鳳翔「………?」

8: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:34:52.92 ID:BIcuJp9d0





「だから、今のうちにやれることをしよう」
「色々な場所に行って、色々な物を見て、色々な事を聞いて、色々な思い出を作ろう」
「いつまでも互いが忘れないように。いつかまた巡り会えるように」





鳳翔「………………はい」


「鳳翔」


鳳翔「………………はい」ポロポロ


「お前には泣いてる顔は合わないな。笑ってくれ」


鳳翔「………はいっ」ニコッ
9: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:35:42.28 ID:BIcuJp9d0
55


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「次の休みはどこに行こうか?」


鳳翔「ふふっ、元帥が休みのことばかり考えていていいんですか?」


「む。それは、旅行の本を持ちながら言う言葉か?」


鳳翔「ふふっ、私達同罪ですね」


「ああ、そうだな。同罪だ」
10: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:36:26.40 ID:BIcuJp9d0
鳳翔「それで、どこへ行きます?」


「鳳翔の行きたいところへ」


鳳翔「毎回それじゃないですか」


「俺は鳳翔がいれば、どこでも楽しめるからな」


鳳翔「それは私もですよ」


「そうか」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「俺達は似たもの同士だな」


鳳翔「似たもの同士ですね」
11: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:37:14.53 ID:BIcuJp9d0
65


鳳翔「海軍を辞めるんですね」


「もう歳だからな」


鳳翔「あなたがそれを言ったら、私はどうなるんですか」


「鳳翔ももうお婆さんだな」


鳳翔「……そこは、『若いまま』って言うべきですよ」


「そうか?」


鳳翔「はい」


「じゃあ、鳳翔はいつまでも若いままだな」


鳳翔「じゃあってなんですか」ムスッ


「駄目か?」


鳳翔「駄目ですね」
12: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:38:42.68 ID:BIcuJp9d0


「………嫌いになったか?」


鳳翔「いいえ」


「そうか」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「…………いつまでも、こんな老いぼれに付き合わなくてもいいんだぞ?」


鳳翔「あら。私の中では、あなたはまだ子供のままですよ」ニコッ


「……………そうか」


鳳翔「はい」


「やはり、その笑顔には敵わない」


鳳翔「そうですか?」


「ああ」
13: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:39:19.49 ID:BIcuJp9d0
75


「鳳翔」


鳳翔「あら?まだ、朝ごはんは出来てないですよ?」


「ああ、偶には手伝おうと思ってな」


鳳翔「珍しいですね」


「そうか?」


鳳翔「はい」


「………さすがの手際だな」


鳳翔「何十年もやってきましたから」


14: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:40:09.36 ID:BIcuJp9d0
「………鳳翔」


鳳翔「はい」


「すまなかった」


鳳翔「どうしたんですか?」


「もっと手伝えば良かったな」


鳳翔「そうですか?」


「ああ。いつも食べるだけだからな」


鳳翔「あなたはご飯を美味しく食べてくれればいいんですよ」


「そうか?」


鳳翔「はい」


「鳳翔の作るものは何でも美味しいから、楽な仕事だな」


鳳翔「あなたのために作るから、美味しくなるんです」


「食べるだけで美味しくなるなら、一緒に作ればもっと美味しくなるな」


鳳翔「………そうですね」


「ああ」
15: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:40:46.06 ID:BIcuJp9d0





85




16: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:41:18.68 ID:BIcuJp9d0





「鳳翔」





鳳翔「はい」





「いるか?」





鳳翔「はい」





17: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:41:48.05 ID:BIcuJp9d0





「鳳翔」





鳳翔「はい」





「手を、握ってくれないか」





鳳翔「はい」





18: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:42:17.98 ID:BIcuJp9d0





「鳳翔」





鳳翔「はい」





「ここに、いるか?」





鳳翔「はい」





19: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:42:49.32 ID:BIcuJp9d0





「鳳翔」





鳳翔「はい」





「今まで、ありがとう」





鳳翔「はい」





20: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:43:16.43 ID:BIcuJp9d0





「鳳翔」





鳳翔「はい」





「笑って、いるか?」





鳳翔「はい」





21: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:43:55.59 ID:BIcuJp9d0










「鳳翔」










鳳翔「はい」










22: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:44:29.21 ID:BIcuJp9d0












「鳳翔」












鳳翔「はい」












23: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:45:05.10 ID:BIcuJp9d0















「鳳、翔」















鳳翔「はい」















24: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:46:02.77 ID:BIcuJp9d0




















「鳳………翔………………」




















鳳翔「はい」




















25: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:46:37.55 ID:BIcuJp9d0










鳳翔「はい」










26: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:47:06.81 ID:BIcuJp9d0










鳳翔「はい」









27: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:47:45.53 ID:BIcuJp9d0










鳳翔「私は、ここにいます」









28: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:48:31.04 ID:BIcuJp9d0










鳳翔「何度でも、返事をします」









29: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:49:04.69 ID:BIcuJp9d0















鳳翔「だから、何度でも呼んでください」














31: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:49:41.25 ID:BIcuJp9d0




















鳳翔「名前を、呼んでください………」



















32: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/22(日) 23:50:12.31 ID:BIcuJp9d0










鳳翔「名前を呼んでください」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 23:52:09.11 ID:zWghz6bR0
こういう作風もいけるんやね
感動した乙

この後に来るであろう砂糖の波への準備は出来たからはよ
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/22(日) 23:55:09.15 ID:fU+pTzPyO
こういう行間の取り方良いなあと思った。
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/23(月) 00:04:50.30 ID:vSiUtD4z0
こういう話に弱いんだよ…
泣けた
56: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:16:27.36 ID:bcFMdk/o0
適度にスレも埋まったので、おまけ投下します。本編との温度差が凄いので、気を付けてください。

まずは先日、不知火のスパッツに関係する漫画を見たので、書いた作品を。
57: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:18:14.04 ID:bcFMdk/o0
【>>1の不知火のSSの世界です】

不知火「ない……ない………」ガサガサ

陽炎「不知火?どうしたの?」

不知火「……スパッツがないんです」

陽炎(まあ、私が隠したからね)

陽炎「別に無くてもいいんじゃない?」

不知火「で、ですが、あれがないと……その…………」モジモジ
58: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:18:39.56 ID:bcFMdk/o0
陽炎「えー?司令はそっちの方が喜んでくれるかもよ?」

不知火「」ピクッ

陽炎「不知火がどうしてもって言うなら、私のを貸すけど……どうする?」ニヤニヤ

不知火「……………無い物は仕方ありません」スクッ

陽炎(ちょろい)

不知火「では、行ってきます」ガチャ

陽炎「頑張ってね~♪」
59: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:19:26.07 ID:bcFMdk/o0
不知火(………とは言ったものの、どうしましょう。恥ずかしいです)

不知火(やはり、陽炎にスパッツを…………)





陽炎『司令はそっちの方が喜んでくれるかもよ』





不知火(……………)

――――コンコン

不知火「不知火です」

提督「入ってくれ」

不知火「………失礼します」

――――ガチャ
60: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:20:11.03 ID:bcFMdk/o0
提督「」

不知火「きょ、今日もよろしくお願いします」ペコリ

提督「あ、ああ………」

提督(不知火の足って白くて、滑らかで、綺麗だなぁ……)

不知火「………あ、あの…………恥ずかしいので、あまり見ないでいただけると…………///」モジモジ

提督「す、すまん!!」メソラシ

不知火「い、いえ………///」

提督「きょ、今日はスパッツはどうしたんだ?」

不知火「全部洗濯してしまったようで………」

提督「そ、そうか」
62: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:20:47.54 ID:bcFMdk/o0
不知火「………し、司令はスパッツが無い方がお好きですか?」

提督「え!?い、いや………それは…………」

不知火「」ドキドキ





提督「…………不知火にはスパッツを履いていてほしい」





不知火「………そう……ですか…………」

提督「ああ……」
63: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:21:24.12 ID:bcFMdk/o0


提督「…………俺以外の奴にその美しい足を見せたくないからな」ボソッ



不知火「!?!?」

提督「……………………」カオマッカ

不知火「…………………次からは陽炎に借ります///」

提督「………………おう///」



ぬいぬいが可愛すぎてぬいぬい。 By作者
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/23(月) 22:22:12.34 ID:FAVJYVq+0
何故>>39で砂糖がないと嘘をついた!言え!
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/23(月) 22:34:19.43 ID:t39dq70RO
砂糖あるじゃないですかー!やだー!(ブラック用意)
71: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:45:48.40 ID:bcFMdk/o0
【提督拘束実験】


青葉「ターゲットは………加古さんです!」

提督「まあ、今日の秘書艦だからな」

青葉「さあ、提督!さっさと拘束されちゃってくださいな!」

提督「…………手錠と猿轡だけじゃダメ?」

青葉「足枷もですよ!動けるのに動かないって不自然じゃないですか!」

提督「いや、執務室で拘束されてる時点で不自然極まりないんだがな……」
73: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:48:07.86 ID:bcFMdk/o0
青葉『提督、そろそろ時間ですよ!』

提督「」ジャラ

加古「ふぁあ、ねむ……」テクテク

――――コンコン

加古「提督―、入るよー」

――――ガチャ

提督「んー!んーー!」

加古「ん?提督何してんの?」

提督「んー!んー!」

加古「………ふむ。机の上の鍵で助けてってこと?」

提督「」コクコク
74: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/23(月) 22:48:41.18 ID:bcFMdk/o0
加古「…………そうだなぁ」テクテク

提督「ん!?んーーー!?(え!?なんでお前も横になるんだよ!!)」

加古「ふわぁ………おやすみ」ダキッ

提督「ん!?んーーーー!!(なんで!?なんで抱き枕代わりにしてんの!?)」

加古「…………ZZZ」

提督「んーーーーー!!(寝るなぁああああああああ!!)」



提督に傷一つ無かったし、ここの警備厳重だから内部犯だろうし、何より眠かった by加古
95: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 20:31:20.39 ID:TXSG99tl0
【>>1の曙スレのおまけ】


曙「そういえば、あんた漣とイタズラの案を話し合ってたのよね?」

提督「そうだが……それがどうした?」

曙「漣が被害者になったことないな……って」

提督「なるほど……何かいい案あるのか?」

曙「こういうのはどう?」
96: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 20:32:40.39 ID:TXSG99tl0
――――ガチャ

漣「ご主人様―、遠征成功しましたよー」

曙「おう、ご苦労様」

漣「え?なんで曙がご主人様の席に?というかその口調は何?」

提督「それは私から説明するわ」

漣「わ……たし…………」

提督「私とあいつの体が入れ替わったのよ!」









漣「………はい?」



曙「まあ、そうなるよな………」
97: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 20:33:08.61 ID:TXSG99tl0
漣「…………曙がご主人様で、ご主人様が曙?」

曙「そういうことだ」

漣「……………ご主人様」ユビサシ

曙「おう」

漣「……………曙」ユビサシ

提督「そうよ」

漣「…………………」
98: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 20:34:03.58 ID:TXSG99tl0
漣「……………ご主人様」

曙「何だ?」










漣「曙の秘蔵写真」
提督「いくらだ――――ハッ!」



漣「……………」

曙「……………」

提督「……………」

漣「………説明」

提督・曙「「…………はい」」
99: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 20:35:43.19 ID:TXSG99tl0
漣「ふ~ん、それでこのイタズラですか」

曙「ごめん……」

提督「申し訳ない……」

漣「間宮のパフェ」

提督・曙「「奢らせていただきます」」

提督「……それにしても、良く気づいたな」

曙「そうね。お互い結構似せてたと思うんだけど……」

漣「それは………」

提督・曙「「それは?」」
100: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 20:37:49.34 ID:TXSG99tl0










漣(ご主人様のことはずっと近くで見てましたから………なーんて言えるわけないか)





漣「秘密ですっ♪」





漣とかいう天使 by作者
106: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 22:24:27.26 ID:TXSG99tl0
【ウ=ス異本実験】


提督「で、今度はなんだ?」

秋雲「ふっふっふ、今日は提督の机に自分の同人誌があったらどうなるか!?って実験だよ!」

提督「俺は降りるぞ。こんなことで信頼を失いたくない」ガタッ

秋雲「まぁ、まぁ、待ちなよ。もしかしたら、艦娘のアレが見れるかもよ?」

提督「今日の秘書艦は瑞鳳だったな。きちんと準備してあるのか?」

秋雲「………清々しい変わり身だね」

提督「男の性だ」

秋雲「………まあ、いいけどさ。おっ!来たよ!!」

107: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 22:25:15.04 ID:TXSG99tl0
――――コンコン

瑞鳳『提督、入りますよ』

――――ガチャ

瑞鳳『ってあれ、いない?まだ寝てるのかな……』

提督「ふむ、まあ普通そう考えるよな」

瑞鳳『って、あれ?提督の机にあるのって………』

秋雲「おっ!瑞鳳さんが薄い本に気づいたね!」

提督「まあ、机のど真ん中にあれば気づくだろ……」

瑞鳳『えっ、ええ!?これってわ、私の……?』

提督「ちなみに、どんな内容なんだ?」

秋雲「提督と瑞鳳さんがラブラブする話だよ」

提督「俺も出てるのかよ…」

瑞鳳『ちょ、ちょっとだけならいいよね………』ペラ
108: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 22:25:54.52 ID:TXSG99tl0
瑞鳳『提督は皆の人気者で、私も好意を寄せている一人……か…………』

提督「人気者か……憧れるな」

秋雲「………………」

瑞鳳『い、一緒にお出かけ!?』

秋雲「提督が瑞鳳さんにデートの誘いをする場面だね」

瑞鳳『…………楽しそう……………』

提督「ふむ……あとであの本貸してくれ」

秋雲「なんで?」

提督「女の子が喜ぶ場所とか知りたいじゃん?」

秋雲「………行く相手はいるの?」

提督「ぐっ…………」
109: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 22:26:26.87 ID:TXSG99tl0
瑞鳳『て、提督から告白!?』

秋雲「デートの最後に二人きりの場所で告白……憧れるね~」

提督「高級レストランとか二人きりじゃない場所もいいんじゃないか?」

秋雲「ま、好みは人それぞれだね」

瑞鳳『最後はケッコンで終わるのね………いいなぁ…………』

提督「やっぱり、皆ケッコンに憧れを抱いてるものなんだな」

秋雲「皆?」

提督「ああ、ケッコンしたいって話をよくされるからな」

秋雲「…………まあ、私は何も言わないよ」

提督「?」
110: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 22:26:55.53 ID:TXSG99tl0
秋雲「さて、瑞鳳さんが読み終わったので出て行ってね」

提督「え、終わり?」

秋雲「提督、薄い本が全部R-18だと思ってない?」ニヤリ

提督「お前が普段書いてるの全部そうだろ!なんで今回は普通のなんだよ!」

秋雲「全く……提督はナニを期待してたんですかね~」ニヤニヤ

提督「くっそ……騙された………」

秋雲「最初からR-18なんて言ってないよ。ほら、行った行った」

提督「ちくしょう………」
111: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 22:27:46.42 ID:TXSG99tl0
――――ガチャ

提督「瑞鳳、ごめん寝坊した」

瑞鳳「ふぇ!?」サッ

提督(あ、隠した)

瑞鳳「も、もうしっかりしてよ!」

提督「ごめんごめん」

提督「それじゃ、今日も頑張りますか」ポンポン

瑞鳳(あ、頭ポンポン……本にもあったなぁ………)

提督「ん?どうした?」

瑞鳳「な、なんでもないっ!///」

提督「いや、でも真っ赤だぞ?」ズイッ

瑞鳳「なんでもないっ!本当になんでもないからっ!!///」
112: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/24(火) 22:28:28.05 ID:TXSG99tl0
提督「そうか?体調悪かったら遠慮せず言えよ?」

瑞鳳「う、うん」

提督「じゃあ、仕事しますか~」

瑞鳳(……本のことバレてないよね?というか、なんで提督がこんなものを持ってたんだろ………)

瑞鳳(………………私の事が、好き……だったり……………)カァア

提督「やっぱお前体調悪いんじゃないか?」オデコピトッ

瑞鳳「!?!?」ボッ

提督「んー………って熱っ!!すぐに明石のところにっ!!」オヒメサマダッコ

瑞鳳「」プシュー

秋雲(……………R-18のだったらどうなってたんだろ)


本は返ってこなかったよ By秋雲
114: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 00:13:36.02 ID:al5NEEMQ0
日付が変わったので続きを。
締めは本編同様シリアスなので、先におまけを投下します。
115: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 00:14:09.40 ID:al5NEEMQ0
【日常とは】


――――コンコン

扶桑「提督。入ります」

提督「おう」

――――ガチャ、ボトッ

扶桑「虫………じゃない?落ちてきたのが本物じゃなく人形なんて、今日は雪でも降るのかしら……」

提督「……………」
116: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 00:14:44.17 ID:al5NEEMQ0
山城「はぁ……姉さまはどうしているかしら………」

提督「仕事を早く終わらせれば、扶桑にその分早く会えるぞ」

山城「そうですね。それじゃあ、早く終わらせましょう」ストン

――――ブッ(ブーブークッション)

山城「………音だけで、椅子が腐っていたりしないなんて……………」

提督「……………」
117: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 00:15:12.60 ID:al5NEEMQ0
――――コンコン

山城「帰還しました」

提督「入ってくれ」

――――ガチャ、バチッ

山城「報告します」

提督「え?今凄い音したけど、大丈夫なのか?」

山城「静電気ですか?いつものことですから」

扶桑「そうですね。基本的に、冬場は毎日ですから慣れました」

提督「……………」


二人にはその日晩御飯を奢りました by提督
118: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 00:16:30.45 ID:al5NEEMQ0
【ただあのセリフを言わせたかっただけ】


明石「うーん………どうしようかな……………」

蒼龍「明石さん、こんにちは。どうしたんですか?」

明石「こんにちは、蒼龍さん。いや~、この包みを青葉さんのところへ届けなきゃいけないんですけど、店番があるんでどうしようかな……と」

蒼龍「それなら、私が届けましょうか?」

明石「いいんですか!?」

蒼龍「はい。困った時はお互い様ですから!」

明石「ありがとうございます。じゃあ、お願いします」テワタシー

蒼龍「任せてください」テクテク

明石「……………」ニヤリ
119: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 00:17:02.19 ID:al5NEEMQ0
提督「どうしたんだ、青葉?いきなり俺を寮に連れてきて」

青葉「いや~、ちょっと手伝ってほしいことがありまして……」

提督「手伝ってほしいこと?」

青葉「照明が切れかかってるんですよ~」

提督「なるほど。どこのだ?」

青葉「そこの角のです」

提督「角?」

蒼龍「~♪~~~♪」テクテク

青葉(今です!)ドン

提督「うおっ!」
120: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 00:18:30.25 ID:al5NEEMQ0
――――ゴチン、ドサッ

提督「いてて………って、蒼龍!?すまん、大丈夫か!?」

蒼龍「いたた………って提督!?すみません、お怪我わないですか!?」

提督「ああ、俺は大丈夫だ。それより、何か落とした……ぞ…………」

蒼龍「提督?どうしたん……で…………」





袋の中から大人のおもちゃ





提督「あー………その………すまん」

蒼龍「ち、違うんです!これは私のじゃなくて、頼まれた物で――――」
121: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 00:19:32.87 ID:al5NEEMQ0
――――ヒラヒラ

レシート「蒼龍様、お買い上げありがとうございます」

提督「………………」

蒼龍「えぇ!?なんでっ!?」ナミダメ

提督「その………まあ、命を懸けた戦いをしてるのだから、ストレスも溜まるのだろう。気にすることはない…………と、思う」メソラシー

蒼龍「やだやだやだぁ!私じゃないんですっ!道具なんて使わないですもんっ!!」

提督「」

蒼龍「あっ!?そ、そのっ!?」カオマッカ

提督「………………………俺はここで誰とも会わなかった」

蒼龍「う、うぅ………違うんですぅううううううう!!!」ダダダダダ

青葉(「………流石に記事にするのは可哀想なので、やめておきましょう」)

明石(「そうしてあげて………」)


しばらくの間提督の態度が優しくなりました…… by蒼龍
122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/25(水) 00:20:46.31 ID:Ll3kK8eHO
可哀想に…
132: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:23:29.64 ID:al5NEEMQ0
―――――――――――――――
――――――――――――
―――――――――










初めて会った時、あなたは私に「遊ぼう」と言い、一緒におままごとをしましたね。
「夫婦ごっこ」の「ごっこ」が取れ、本物の夫婦になるなんて当時は思ってもいませんでしたよ。










133: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:24:08.92 ID:al5NEEMQ0










あなたのお父様の葬式では、私達を責めることなく、一人、前を向いていましたね。
その優しさに救われ、その強さに惹かれました。










134: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:24:39.10 ID:al5NEEMQ0










あなたが私のいる鎮守府に着任したとき、私はあなたに意地悪な事を言いましたね。
内心は嬉しくて、飛び上がりたい気持ちでいっぱいでしたよ。










135: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:25:22.07 ID:al5NEEMQ0










あなたが私の手を取り指輪を嵌めてくださった日、あなたは照れ臭そうにしていましたね。
あの時の会話は一言一句忘れることが出来ません。










136: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:25:48.71 ID:al5NEEMQ0










私があなたに解体を頼んだ日、初めて泣き顔を見せてしまいましたね。
あなたの前では美しくあろうと決めていたのに、感情の波を止めることが出来ませんでした。










137: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:26:26.57 ID:al5NEEMQ0










あなたとの旅はどんな時でも、どんな場所でも楽しかったですね。
「二人でのんびりと船旅をしたい」という私の願いを叶えてくださってありがとうございました。










138: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:26:54.00 ID:al5NEEMQ0










あなたが海軍を辞めた時、「いつまでもこんな老いぼれに付き合わなくていい」と私に言いましたね。
私があなたのいない日々を考えられなかったように、あなたも考えられなかったのでしょうね。
「そうか」という返事に安堵の気持ちが隠しきれていませんでしたよ。










139: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:27:28.85 ID:al5NEEMQ0










段々と家で過ごす日が多くなっていき、あなたは私と一緒に料理をするようになりましたね。
日ごとに立っていられる時間が短くなり、弱っていくあなたを間近で見るのは苦痛でした。
別れの時がじわじわと近づいて、楽しい日々が失われる事に恐怖し、毎晩枕を濡らしました。










140: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:28:02.78 ID:al5NEEMQ0










寝たきりになると、あなたは私の名前を何度も呼びましたね。
「鳳翔」とたった一言聞くだけで、安心できました。










141: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:29:40.68 ID:al5NEEMQ0










最期の時、あなたはずっと微笑んでいましたね。
私は泣きたくて仕方ありませんでしたよ。
それを見透かしたように「笑っているか」なんて聞くんですから、あなたは酷い人です。
私を置いて、一人で旅立ってしまうのですから本当に酷い人です。










142: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:30:35.26 ID:al5NEEMQ0











あなたがいない世界は、









143: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:31:07.74 ID:al5NEEMQ0










孤独で、









144: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:31:38.57 ID:al5NEEMQ0










殺風景で、









145: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:32:11.77 ID:al5NEEMQ0










冷たく、









146: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:32:46.92 ID:al5NEEMQ0










広過ぎます。










147: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:33:20.37 ID:al5NEEMQ0










また二人で旅をしましょう。









148: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:33:48.11 ID:al5NEEMQ0










また二人で料理をしましょう。









149: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:34:20.39 ID:al5NEEMQ0










二人でいることの幸せを噛みしめましょう。









150: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:34:51.95 ID:al5NEEMQ0










変わらぬ笑顔で呼んでください。









151: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:35:18.16 ID:al5NEEMQ0










私の名前を呼んでください









152: ◆i9QjiD6PFk 2015/03/25(水) 23:35:44.96 ID:al5NEEMQ0










鳳翔「名前を呼んでください」

155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/25(水) 23:46:25.87 ID:xX+0vT6zo
乙乙
久しぶりにCVが脳内再生されるSSだった
158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 07:00:48.35 ID:tCjIV9GOo
お疲れ様でした
提督の御冥福と鳳翔さんの幸せな未来を願うばかりです
160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/26(木) 09:32:19.40 ID:mg76AvtYo
これは面白かったです>>1乙!!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク