垣根「次にてめーは『グレートにムカつくぜェ』という!」

1: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/29(月) 00:30:10.59 ID:fC5g1UxX0
垣根帝督をテキーラ娘にしてみた



関連スレ:

美琴「ちょっとあんた!」上条「やれやれ…」


一方通行「…グレートだぜェ」


浜面「この浜面仕上には夢がある!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411918200
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 00:37:12.46 ID:fC5g1UxX0
〜イギリス、大通り〜

ワイワイ

ダニー!ショウカイスルヨ、ボクノイヌデダニーッテイウンダ!…フン!ボギャアアアアアア!!クゥーン!!ナッ、ナニヲスルダァーッ!ユルサン!

???「…ふんふんふーん!やっぱここは賑やかで楽しかりけるわ!!」

ステイル「アークビショップ…いや、ローラステュアート!大事な話があるのでしょう?なぜこんなところで…」

ローラ「このローラには考えがある!かしこまったとこで話してもつまらんでしょう?」

ステイル「何を…」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 00:44:11.30 ID:fC5g1UxX0
カキカキ

ローラ「ピーザモッツァレラ♪ピーザモッツァレラ〜♪…はいっ!」ピッ!

ステイル「…これは交信用の」

ローラ(次にお前は『回りくどいことを!』という!)

ステイル(回りくどいことを!…はっ!?じゃなくて!要件はなんです!)

ローラ(よくぞ聞いてくれた世界ね!…『法の書』そして『オルソラ・アクィナスの世界』のことけりよ」

ステイル(…何ですって!!まさかあの…)
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 00:53:37.83 ID:fC5g1UxX0
ローラ(どぅーゆーあんだすたんどぅううう!?ローマ正教からの救援要請があったって訳!そして法の書とオルソラは『学園都市』にあるけりよ)

ステイル(学園都市に!?まさか逃げ込んだともいうのですか?)

ローラ(Exactly(その通りでございます)!そしてどこから逃げてきたというと…天草式、あなたもよく知ってるとこでしょう?)

ステイル(…神崎の元所属していた一派)

ローマ(だから今回の作戦に適任なのはあなた!よろしいかしらァん?)

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 00:58:45.14 ID:fC5g1UxX0
ステイル「…話の方は大体分かりました、今から学園都市に向かいます」

ローマ「ディモールト良しッ!それでは任せたりけるよ〜」フリフリ

ステイル「というかその荒木節全開の口調はなんなんですか…」

ローラ「えっ!?ゆっ、有名なジャパニーズコミックで勉強したんだけどなあ〜…おかしかりけるの!?」アタフタ

ステイル「それは一番参考にしちゃいけないやつですッ!!」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 17:28:40.79 ID:6Vc0O62QO
〜学園都市、学生寮〜

タタタタ!

インデックス「とーま!とーまぁ!!」パタパタ

上条「うっとおしい…家の中で走るんじゃねえ」

インデックス「お掃除終わったんだよ!!見て欲しいかも!!」

上条「また俺の参考書ゴミ箱にブチこんだりしてねーだろーな…?」

イン「だっ!大丈夫!!もうゴミも焼却処理しようと思わないから!!」

上条「火事が起きかけた身にもなってみろ…やれやれ」ガラガラ
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 17:33:16.02 ID:6Vc0O62QO
キラリラリラリ〜ン☆

上条「…ふむ」

イン「ど、どうかな…?」ドキドキ

上条「まぁまぁだ…96点といったとこだな」

イン「…それなら!」

上条「合格だ」

イン「やっ…やったッ!勝ったッ!お掃除編、完!!」ドォーン!

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 17:37:15.08 ID:6Vc0O62QO
上条「しかし次は洗濯編だ…おめーにできるかな…?」

ドドドドドドドドドドドドドドドド

イン「…もちろんッ!料理に続いて掃除をマスターした私に弱点なんかないんだよ!!私は『アポロ11号』だッ!!さらに上を行くッ!!やってやるんだよぉおおおお!!!」ウォオオオオオオン!

上条(……のせやすいヤツだ)
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 17:42:47.53 ID:6Vc0O62QO
イン「おれの漂白剤を食らえッ!!」ザザザー

上条「さて…アイツもだいぶ便利になったな、穀潰しからイソーローにランクアップさせてやるか……ン?」

ピロリン♪

上条「これは…」

ブクブクブクブクブクブク!

イン「アッアバーッ!!泡がァーッ!?たちけてェーーーーー!!!」ワタワタ

上条「…ランクアップは当分先送りだ」

15: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/29(月) 21:45:58.46 ID:fC5g1UxX0
学園都市、某所

ヒュオオオオオオオオ…

???「………………」

??「教皇代理!」タタタタタッ

???「おう、五和…首尾はどうだ?」

五和「術式の確認も終わりました、いつでも大丈夫です!」

???「上出来よな…それでは皆、行くぞ!!」

「「「「「「「はっ!」」」」」」」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

???「待っていろ…オルソラ・アクィナス」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 21:57:21.66 ID:fC5g1UxX0
〜大通り〜

ワイワイ、ザワザワ

一方通行「はぁ…定期テストたまンねえなァ…岩男3ばっかやってたせいで何も覚えてねェよ…」スタスタ

???「…あ〜う〜」フラフラ

一方「身から出たサビとはいえ…康二は由佳奈に監禁勉強させられてるし、輝泰は論外だし…ちくしょー…」

???「あうっ!」ゴン!

一方「…おわっ!?」ゴツン!
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/29(月) 22:02:33.81 ID:fC5g1UxX0
一方「あででででで…大丈夫ッスか?」

???「ふにゃあああ…ごめんねぇ…おねぇさんフラフラで、えへへ…」

一方(酒クサッ!ンだよ酔っ払いかよォ…キレイな人だが台無しだな…)

一方「それじゃおれはこれで…失礼します」

???「…ねーねー…ちょっと待ってほしいにょぉ…」ガシッ

一方「なっ!何スか!?絡み酒とか勘弁してくださいよォ〜!」
20: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/30(火) 00:31:58.71 ID:WXlBcr240
???「ひがうわよぉ〜もう少しでバス停なんだけど足がヨロヨロで…おえっぷ!!」ウプププ!

一方「ゲゲーッ!やめてくれェこんなとこで!!」

???「だひゃら肩貸してくんない?白いイケメンく〜ん…」ヘロヘロ

一方(チッ、チクショー…ほっといてリバースされるのもやだしここは素直に従っとくかァー…)

一方「…わかったよ、ホレ」スッ

???「んぁーん!!ありがとぉー!素直な子美鈴だーいすきぃ!!」ガクン!

一方(うおっ!べ、ベクトル肩貸し!?)ピキーン!

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 00:36:31.85 ID:WXlBcr240
スタスタ…

美鈴「あららぁ〜?やけに安定してるわねぇ…」

一方「はァ(ベクトル操作ってやっぱ便利だなァ)」

美鈴「んーふふ…坊や、私いくつに見えるぅ?」

一方「(うわっ、めんどくせ)…大学生くらいっすかァ?」

美鈴「ざーんねーん!!正解は子・持・の・マ・マ!!」

一方「ダニィ!?そっ…それはビックリだが色々とヤバ…」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 00:41:13.42 ID:WXlBcr240
美鈴「にしてもぉ…」スリスリ…

一方「ひえッ!ど、どこ触ってんスか!?」ゾワゾワ

美鈴「細いのに結構しっかりした身体してるじゃないの…私がもう少し若ければなぁ…」ムニムニ

一方「うおっ…むっ胸が!!」

美鈴「あててんのよぉ〜…うへへ」ムニムニ

一方(ラッ、ラッキィー!これは僥倖!…じゃねーよッ!!これはどっからどう見ても…!)
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 00:52:15.11 ID:WXlBcr240
チョットアノフタリ…コノママチョッコウダロウネ、エロドウジンミタイニ!!

ドドドドドドドドドドドドドドドド

一方(…普段は厳しいが酒に酔ってしまった先輩を気が弱い後輩がまんまとラブホに連れ込む(しかも人妻)ってシチュエーションじゃねェーかッ!!)ダラダラ

一方(黄泉川も時々酒に酔って風呂に入ってくることもあるが俺は年上の女難の相でもあんのかァ!?クソッ!!)

一方「マッ、マズイ!!それはマズすぎる!!美鈴さんはやく歩いてくれェ!!」グイグイ!

美鈴「待って!そんなに強く引っ張ったら…うおおおおえええええ…!」

一方「だっ駄目だ!!吐かないでくれェ!!ベクトル介抱!ち、チクショー!俺ァもう涙が出てきたーッ!!」オロローン!









…デテキタァーッ

イン「あれ…?今の声どこかで…」

上条「はやくしろ…行くぞ」スタスタ

イン「あっ!待ってよとうまーっ!!」タタタタ!

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 09:27:43.49 ID:484kLjWmO
〜学園都市外部、とある町〜

スタスタ

上条「ステイルのヤツ…外出許可証なんてどうやって手に入れたのか…」

イン「イギリス正教は色々なところにパイプがあるからね、こんなことくらいは簡単かも!」

上条「…ま、別にどうでもいいがな。ところで」

イン「なぁに?」

上条「目立つところで修道服を着るなと言ったはずだが?」ギロ

イン「しっ、仕方ないんだよ!読んでる人にはわからないかもしれないけどこのままじゃ没個性だもの…」



29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 09:31:51.50 ID:484kLjWmO
上条「やれやれ…別キャラとして生きていけばいーじゃあねーか」

イン「だ駄目!この服と口調は私のパーホナリティなんだよー!」

上条「めんどくせえ…ン?」

???「えーと…このバスでございましょうか?」

イン「あれ?修道服を着てる…わたしと同じシスターさんかな?」

上条「………」

???「あっ、そこのお二方!お聞きしたいことがあるのですが…」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 09:36:20.51 ID:484kLjWmO
イン「なぁに?私達にできることならなんでも聞いて!」

オルソラ「ありがとうございます、私はオルソラ・アクィナスという者ですが…学園都市行きのバスはこれに乗れば大丈夫でしょうか?」

上条「ナニ?学園都市行きのバス?そんなもんねーぞ…」

オルソラ「えっ!?それならどうすれば学園都市に行けるでしょうか…」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 10:09:36.86 ID:484kLjWmO
上条「この先にゲートがある…それを通過すれば学園都市だぜ」

イン「歩いて10分くらいかも!」

オルソラ「まぁ!それはそれは…ご親切にありがとうございました。」ペコリ

上条「気にするな」

イン「どうってことないんだよ!」

オルソラ「それでは私は失礼いたします…よいしょっと」スタン

上条「…オイ」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 10:18:20.18 ID:484kLjWmO
オルソラ「はい?なんでしょうか?」

上条「そのバスに乗るんじゃねぇ…あっちのゲートまで行け」

オルソラ「あっ!間違えてしまいました…申し訳ありません、ご迷惑をかけて…」

上条「構わん…とっとと行きな」

オルソラ「お世話になりました、それでは…よいしょっと」スタン

上条「…オイ」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 10:19:34.67 ID:484kLjWmO
オルソラ「はい?なんでしょうか?」

上条「だからそのバスに乗るんじゃねぇ…あっちのゲートまで行け」

オルソラ「あっ!間違えてしまいました…申し訳ありません、ご迷惑をかけて…」

上条「構わん…とっとと行きな」

オルソラ「お世話になりました、それでは…よいしょっと」スタン

上条「…オイ」
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 10:20:45.14 ID:484kLjWmO
オルソラ「はい?なんでしょうか?」

上条「だから!そのバスに乗るんじゃねぇ…あっちのゲートまで行け」

オルソラ「あっ!間違えてしまいました…申し訳ありません、ご迷惑をかけて…」

上条「構わん…とっとと行きな」

オルソラ「お世話になりました、それでは…よいしょっと」スタン

上条「…オイ」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 10:32:33.54 ID:WGiQ/yoB0
誤連投かと思いきや微妙に違うのな
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 10:50:14.29 ID:484kLjWmO
オルソラ「はい?なんでしょうか?」

上条「だ・か・らそのバスに乗るんじゃねぇ…あっちのゲートまで行け」

オルソラ「あっ!間違えてしまいました…申し訳ありません、ご迷惑をかけて…」

上条「構わん…とっとと行きな」

オルソラ「お世話になりました、それでは…よいしょっと」スタン

上条「…オイ」

イン「ち、ちょっと待ってほしいんだよッ!!」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/30(火) 11:14:24.62 ID:w1lW3tviO
これはスタンド攻撃を受けているに違いないレベル
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 15:48:00.09 ID:S8AjPyKvO
むしろ上条さんの忍耐力すげーよwww
41: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/30(火) 16:27:04.51 ID:VMDITDQRO
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

イン「>>32から>>36の流れ…明らかにおかしいんだよ!!お察しの通り…新手のスタンド使いかッ!?」グググ

上条「………」

イン「時を5秒間戻す男と決闘しないとこのバス停から出れないとかッ!!」

上条「…このシスターの話が前後してるだけだ」

オルソラ「?」キョトン





運転手(…早く決めてくれよォ〜…給料安いんだッ!)ギリギリ
42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 17:39:59.96 ID:VMDITDQRO
〜・・・・劇場跡地〜

???「…と、今の状況はこんなところです」

ステイル「大体分かった…後は彼を待つだけだ」

???「あなたのいうその男…本当に頼りになりやがるんですか?学園都市の人間など信用には…」

ステイル「…彼はとんでもなく頼りになる男だ、君が想像している以上に」

???「マユツバもんですね…」

ステイル「彼を見れば嫌でも凄みが分かる……ん?」
43: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/30(火) 17:42:49.08 ID:VMDITDQRO
スタスタ…

オルソラ「申し訳ありません…日本語は覚えたばかりなのでございます」

上条「それだけ喋れるのになんで話が成立しねーんだ…」

イン「ニホンゴムツカシイんだよ」

ステイル「かっ上条!インデックス!!」タタタッ!
44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 17:47:25.43 ID:VMDITDQRO
上条「ン?おめーか…まさかLINEのID教えてやった矢先に連絡してくるとは驚いたぜ」

イン「ステイルも友達できて嬉しいんだね!」

ステイル「ちゃ、茶化さないでくれ!そ、そもそも教えたのは連絡用にだな……」ブツブツ

上条「ところで重要な用ってのは何だ?」

ステイル「…はっ!そうだ!その女性もしかして……」

オルソラ「わたくしでございますか?」

イン「このシスターさんはオルソラって言うんだよ!さっき会ったばかりだけども…どうしたの?」
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 17:53:22.46 ID:VMDITDQRO
???「まさか!あなたはオルソラ・アクィナスでやがりますか!?」タタタ…

オルソラ「その修道服…」

イン「ローマ正教のシスターさん?」

上条「誰だおめーは?」

アニェーゼ「あっ!申し遅れやがりました、私はローマ正教のアニェーゼ・サンクティスと申します。オルソラ・アクィナス…あなたを救出しにきたのです!」

イン(なんかどっかで聞いたことある声なんだよ)

上条「オイ…まさか仕事ってのは」

ステイル「…ご名答、この女性自身に関してだ」
48: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/30(火) 21:47:30.64 ID:WXlBcr240
上条「まさか来たとたんに仕事が終わっちまうとはな、たまげたぜ…」

ステイル「正確にいえばもうひとつ探しているものもあるんだが…もちろん礼はする!君の生活費を二ヶ月分とイギリス正教でのVIPとしての待遇を約束しよう」

上条「後者はどうでもいいが生活費か…ヤツがブッ壊した洗濯機を新品に…」



オルソラ「わたくしを守っていただけるのでございますか?」

アニェーゼ「もちろん!天草式のヤツらには指一本触れさせやしません!」

イン「ローマ正教はかなりの権力があるんだよ、守ってもらえば安心かも!」

オルソラ「まぁ…それはお世話になっても…」


…スパッスパッ

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 21:49:18.14 ID:WXlBcr240
イン「うん?」

ゴシゴシ

イン(あれれ…なんか今、オルソラの足元から何か…)






…ガゴン!!

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 21:54:09.91 ID:WXlBcr240
ガバァッ!

オルソラ「……きゃあっ!?」シュン!

イン「なっ!?」

アニェーゼ「何ですってェーッ!?」ダダダッ!

イン(地面に穴が…いや!これは何か鋭利なもので切った跡!!)

アニェーゼ「このやり口……天草式ッ!!」ダン!
51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 21:59:15.63 ID:WXlBcr240
ステイル「どうしたんだ?何か大きな音がしたが…」

上条「何かあったのか」

イン「オルソラが…オルソラが!!」

アニェーゼ「天草式に攫われやがりました…」グググ…

ステイル「!!」

上条「なんだと…?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ステイル「…そんな、まさか僕らが目を離していた隙に……」

上条「………報酬を三ヶ月分にしておけ、『用事』をとっとと終わらせるぞ…」
55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 08:11:18.77 ID:iItUv+nfO
……………………

上条「ところであの天然シスターの他にも探しているものがあると言っていたな…そいつはなんだ?」

ステイル「…非常に危険な書物、『法の書』だ」

イン「法の書!?それって解読が終わったら十字教の時代が終わってしまうって言われているあの…」

ステイル「そうだ…それが天草式に奪われてしまった、ローマ・イギリス正教からしたらとんでもない事態だ!今回の任務に失敗は許されない…」

上条「……どうもひっかかるぜ」

ステイル「…なに?」
56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 08:20:04.03 ID:iItUv+nfO
上条「天草式…元々は神崎のヤツがまとめていた組織なんだろ?」

イン「かおりが…」

上条「アイツはちっとばかしおかしいが人さらいみてーな真似はしないだろう…その教えを受けた部下たちがこんなことするのか?」

ステイル「…確かに、僕も神崎と付き合いは長いが今回の事は彼女が一番嫌いなパターンだ…」

上条「ま、部下の中に反抗するヤツがいたなら教えなんて無くされてるかもしれねーがな…」

イン「こんな時にかおりと連絡がつかないなんて………うん?」


タタタタタッ!




アニェーゼ「お三方!!今から現状をお話します!」
59: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/01(水) 13:11:04.26 ID:IIHmau1xO
ステイル「おい!そんな高下駄で走ったら転…」

…ガクン

アニェーゼ「…きゃあ!!」グラリ!

ステイル「あっ危ない!!」

上条「…やれやれ」サッ…

イン(でっ出た!とうまの十八番!!『倒れそうな女性を超反応で支えてそこからフラグをおっ立てる』やつだッ!)
60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 13:14:47.84 ID:IIHmau1xO
アニェーゼ「うわぁっ!?」ガシッ!

上条「…足を絡めてきやがっただと!?
」グラッ!

…ドシャッ!

アニェーゼ「きゃっ!」

上条「うぐッ!」

ステイル「おい二人とも!大丈……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

イン「こっ…これは!」


61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 13:17:37.11 ID:IIHmau1xO
アニェーゼ「………あれ?」

上条「………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

イン(アニェーゼのお股の間にとうまが顔を突っ込んだ状態…り、リトさんもビックリのラッキースケベなんだよ!!)

ステイル「これは………」

アニェーゼ「あっ!あっあっ…………」マッカッカッカー

上条「……すまねーが、どいて…………」

62: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/01(水) 15:26:48.88 ID:sZSpj5RrO
アニェーゼ「いっいっ……いやああああああああああああああああ!!!!」ギュウウウウウウウ!

上条(むぐっ!?息ができねえッ!!)

ステイル「マズイ…この絵面は明らかにマズイ!!」

イン「いやぁーっ!このとうまはこんなことするキャラじゃあないんだよーっ!!!」ウワーン!

63: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/01(水) 17:32:49.72 ID:lJLA4n/JO
上条「まさか窒息死しかけるとは思わなかったぜ…」

アニェーゼ「す、すいません気が動転して…///」

イン「んもー!そんなこといってとうま!…にひひ!悪い気分じゃ…………アガダァーッ!!」ギリギリ

上条「…今フザケた言葉が聞こえたが気のせいだろ?」グリグリ

ステイル「と・に・か・く!早く状況を教えてくれ!」
64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 17:38:45.34 ID:lJLA4n/JO
アニェーゼ「今、全力で捜査しましたがそれらしい敵はどこにも…やはりもう逃げちまったんでしょうか…くそっ!」

ステイル「天草式は隠密行動を生業としている…もう遠くまで行ってしまったかもしれないな」

上条「…いや、おそらく敷地内にヤツらはまだ潜んでいる」

アニェーゼ「なっ!?」

ステイル「どういうことだ?」

上条「考えてもみろ…いくら隠密行動ができるといってもこの包囲網、監視の魔術、そして人質を抱えた状態でホイホイ出ていけるとは思えん」

アニェーゼ「し、しかし…」

上条「それに敵は魔術師だ…こういう時のためになにかしらの『術式』ってやつがあるんじゃーねーか?」

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 17:45:01.34 ID:lJLA4n/JO
イン「あっ!日本限定だけど各地を自由に移動できる魔術があるんだよ!まさかそれを使ってるのかな?」

上条「ステイルから聞いた話によるとヤツらの拠点は日本…その魔術に間違いないだろう」

アニェーゼ「そ、それなら天草式の連中はもう日本のどこかへ…」

イン「いや、それはあり得ないかも…ゲートは星の位置が合わないと開かないんだよ、今の時間だと次のゲートが開くのは…えーと」

ステイル「どのくらいなんだ?」
66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 17:51:53.48 ID:lJLA4n/JO
イン「…ちょうど四時間後、このタイミングでゲートが開くんだよ」

アニェーゼ「ということは…」

上条「聞いたか?そうなれば時間までに体を休め、タイミングが合ったら一気に攻める…作戦はこうなるぜ」

ステイル「なるほどな…」

上条「つーわけだ…おれもチト休ませてもらうぜ」スタスタ

イン「あっ!待ってよとうまー!!」タタタターッ!



アニェーゼ「…あの人は一体何者なんですか?本当に高校生なのか…」

ステイル「言っただろう、恐ろしく頼りになるとね…」フゥ
67: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/01(水) 21:51:26.03 ID:/A/wH2490
〜臨時キャンプ地〜

ルチア「シスターアンジェレネ、この道具をあちらに運び込むますわよ!」

アンジェレネ「はっ、はい!今行きます!」タタタタ


ザワザワ

イン「んもー…とうまどこいったんだろう、ステイルも見回りに行っちゃうし歩き回って汗かいちゃったんだよ…」パタパタ

アニェーゼ「…おや?インデックスさん、ここで何を?」

イン「アニェーゼ!ちょっと汗かいちゃったんだけど…水使えるところあるかな?」

68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 21:54:26.88 ID:/A/wH2490
アニェーゼ「それならあちらに仮設シャワーがありますよ、私も少し汗をかいたし…ご一緒しやがりませんか?」

イン「うんっ!」


スタスタ…


アンジェレネ「あうっ!」コケッ!

ルチア「こら!注意なさい!天草式が近くにいるのに油断してはいけませんわ!」
69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/01(水) 22:00:52.62 ID:/A/wH2490
〜脱衣所〜

アニェーゼ「よいしょっと…」ヌギヌギ

イン(今さらだけど私よりちっぱいなんだよ)ヌギヌギ

イン「ねぇアニェーゼ…」

アニェーゼ「ん?なんでしょうか」

イン「やっぱりこんなに人を使ってオルソラを助けようとするのは法の書のためかな?」

アニェーゼ「法の書…あれはとんでもない書物です、この世にあってはならない…絶対に」

イン「………」

アニェーゼ「…もちろんオルソラ・アクィナスの安全が最優先です、同じシスターとしてね!」

イン「…うん!こっちにはとうまもステイルもいるし絶対助けられるんだよ!」

アニェーゼ「頼りにしています!それではジャパニーズ・ハダカノツキアイをしましょうか!」ガラッ

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 00:21:43.03 ID:zRE8bNkEo
あっ (察し
71: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/02(木) 00:32:25.17 ID:idiNTZ6Y0
イン「よーし!それじゃあレッツ!ご……………」

アニェーゼ「へ?」


シャァアアアアアアアア…







上条「…………………」クルッ
72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 00:36:12.67 ID:idiNTZ6Y0
イン「あ、あれ?………とうま?」

アニェーゼ「」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「………てめーら、『使用中』の札が見えなかったのか……………」

イン「あー…このシチュエーションは………」

アニェーゼ「………………き」プルプル






アニェーゼ「きゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

イン(乙女ゲーシチュ!!)

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 00:42:54.68 ID:idiNTZ6Y0

ナンダナンダ!?イマノコエ…アニェーゼサマノ!!シャワーノホウダ!


アニェーゼ「きゃあああああ!!いやあああああああ!!/////」バタバタ

上条「おい…インデックス、そこの素っ裸で暴れてるガキを連れて出て行け」

イン「だっダメなんだよとうま!!/////いくら同居してるからっていって一緒にシャワー浴びるなんて私だって一応シスターだし…でもぉ!」チラッチラッ!

上条「…………………」







ボッゴォーーーーz__________ン!!

イン「アバーッ!ムゴイ!!」ドッバァー

ルチア「な、なんですか!?シャワールームから女の子が吹っ飛んできた!?」
74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 00:45:49.12 ID:idiNTZ6Y0
アニェーゼ「うわああああん!お嫁にいけなくなっちまいましたああああ!!」エーンエーン!

アンジェレネ「あ、アニェーゼさま!」

ルチア「中で一体なにが…!?」





上条「やれやれ…静かにシャワーも浴びさせてもらえねーのか……」ゴシゴシ
75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 00:52:35.99 ID:idiNTZ6Y0
シスター1「ち、ちょっと見て!」

シスター2「殿方の…きゃっ!」////

シスター3「これが…男性の身体なの?」

シスター4「す、すごい…まるでギリシャ彫刻みたい……」ゴクリ

シスター5「駄目です!わ、私たちは神に仕える身なのに…!!」チラチラ

シスター6「ヒューッ!」

アンジェレネ「まるでハガネみてえだ!」

ルチア「腐女子が見るようなものを見ちゃいけませんッ!!」






上条「つーかてめーらも出てけ………」
79: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/02(木) 07:51:50.82 ID:COKzqcVpO
〜仮設テント〜

ステイル「災難だったな上条」

上条「前にこのパターンは経験済みだ…ところで使用中の板がどこかになかったか?」

ステイル「そういえば誰かが文字が消えかけているからと書き直していたような…」

上条「……タオル巻いといてよかったぜ」

ステイル(前にもあったのか…)
81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 08:00:27.63 ID:COKzqcVpO
ステイル「さぁ、もうさっきのことは忘れて仮眠をとっておこう」

上条「……ところでステイル」

ステイル「ん、なんだい?」

上条「おめー好きな人はいるのか?」

ステイル「んなっ!?なっ!!なにを…言ってるんだ!?」

上条「おやおや…修学旅行ではお決まりのトークなんだが、イギリスでは違うみてーだな?」

ステイル「か、からかわないでくれ!」
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 08:06:13.58 ID:COKzqcVpO
ステイル「…尊敬しているのは空条承太郎、敬愛しているのはごちうさのチノちゃんかな…」

上条(単なるアニオタじゃねーか)

ステイル「…それと」

上条「それと?」

ステイル「守りたい人がいる…その人は僕を救ってくれた人でもあり、大切な友人でもある」

上条「………」

ステイル「…最初は彼女のためならどんなことでもすると思っていた、人としての道を踏み外そうとも」
83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 08:12:50.36 ID:COKzqcVpO
ステイル「……と思っていたがその考えは変わったよ、何より本人の意思…そしてある男から『立ち向かう意思』を教わったからな…」フッ

上条「………ケッ」

ステイル「だから僕はこれから『人として』彼女を守りたいと思う…仲間、そして友と共に…」

上条「……きっと」

ステイル「?」

上条「神崎のやつもそう思っているだろう…きっとな」

ステイル「上条…」



84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 08:17:26.52 ID:COKzqcVpO
上条「話が長くなった…とっとと寝るぜ」

ステイル「…フッ、分かったよ」




パチン


…………………………………

…モゾモゾ

上条「……ン?」

上条(なんだ?布団の中に何かが……)
85: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/02(木) 15:46:46.54 ID:6lhQ0vmbO
バサッ!

アニェーゼ「…………むにゃむにゃ……」

上条(…………流石にこの展開は露骨すぎだぜ)

上条「オイ、これ以上読者が離れないうちにとっとと…」ギュウ

アニェーゼ「………パパ……」グスッ



86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 15:50:03.00 ID:6lhQ0vmbO
上条「……………」

アニェーゼ「ううう……」

上条「…せめて抱きつくのをやめやがれ」グッ

…ストッ

アニェーゼ「…………あったかい……パパの背中………」ニヘラ

上条「……やれやれだ」
87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 16:10:49.56 ID:6lhQ0vmbO
数時間後

アニェーゼ「さて皆さん!ゲートの開く時間になりました!わたしも理由は分かりませんが何かすごくいい気分です!」

ステイル「ん?上条、休んだのに疲れた顔をしているが…」

上条「…なんでもねえ」

イン「うう…とうまに投げられてぶつけたとこがまだ痛いんだよ…」ジンジン

アニェーゼ「それでは各班に分かれて捜索を開始します!!絶対にオルソラ・アクィナス、及び法の書を奪還するのです!!」

オォーッ!
89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 20:57:37.06 ID:idiNTZ6Y0
イン「もう時間は近い…活動を開始してるはずだよ!」

上条「……見られてるカンジはねーな」

ステイル「気をつけろ!天草式の隠密術式は1mまで近寄られても気づけないと言われている…どこから攻撃をしかけてくるか分から…………」

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 21:03:47.11 ID:idiNTZ6Y0
……シュン!

上条「!!」パシッ!

イン「うわっ!?」

ステイル「なっ!?ど、どこから!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「こいつはクナイか、やれやれ…忍者気取りだな」

ステイル「天草式は純和風という特徴を持っている…これを投げたやつらは!」

91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 21:09:18.66 ID:idiNTZ6Y0
…スゥウウウウウウ

上条「…おいおい」

イン「さ、三人も…!」

ステイル「すでに接近していたっていうのか…」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドド

天草式1「悪いがお前たちには消えてもらう…」

天草式2「オルソラ・アクィナスを渡すわけにはいかん!」

天草式3「覚悟なさい…」

ステイル(ヤツらの得物は剣か…ならば僕の炎で!)ゴウッ!

92: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/02(木) 21:14:08.75 ID:idiNTZ6Y0
上条「…オイ」

ステイル「なんだ上条!!」

上条「おめーはインデックスを連れてここを離れろ」

イン「えっ!?」

ステイル「しっ…しかし!!それでは君が一人で!!」

上条「安心しな…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「…忍者ごっこ野郎三人くらいなら俺が全てブッ倒す…………」

93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 21:16:47.73 ID:idiNTZ6Y0
天草式3「……ッ!」

天草式2「なんだと!?」

上条「聞こえたろうステイル…早く行け!」

イン「と、とうま……」

ステイル「…分かった!インデックス、行くぞ!」ダダダダダッ!

94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 21:20:13.11 ID:idiNTZ6Y0
天草式1「我々も…なめられたものだ!!」スタァン!

上条「…来るか」

天草式1「はあっ!」ブン!

上条「…オラアッ!」ガシン!

天草式1(なっ何だと!?拳で剣を横を殴って弾いた!?)
95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 21:24:37.90 ID:idiNTZ6Y0
上条(中々鋭い踏み込みだ、かなり鍛えられている…しかし、常人の域は出ねーぜ)

上条「…一人あたり5秒ッ!!」

天草式1「なっ!!」

上条「オラオラオラァ!!!」ドゴドゴドゴ!

天草式1「ぐぁっ!?」ボゴン!

天草式2「そんな!!一瞬で!?」

上条「…残りだ!」ダダダダダ!

96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 21:27:32.03 ID:idiNTZ6Y0
天草式2「…クソッ!連携攻撃をしかけるぞ!!」

天草式3「了解っ!!」

ダダダダダダダダ!

天草式2(私の剣が避けれても、次の味方の剣は避けれまい!!)

天草式2「…………ぜぁーーーっ!!」ブゥウウウン!!
97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 21:31:22.34 ID:idiNTZ6Y0
上条「…………!!」

……スタン!!

天草式3「えっ!?」スカッ!

天草式2「や、ヤツが空中に!?」

天草式2(私の剣を踏み越えて………)

上条「オラァーッ!!」ドン!

天草式2「しまっ…うぐう!!」ボゴッ!!
98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/02(木) 21:35:29.27 ID:idiNTZ6Y0
天草式3「…………そ、そんな!!この男一体!!」ガタガタ

上条「当て身」ビシッ!

天草式3「あうっ!!……………ううっ」

…バタン



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「……15秒もかからなかったな、やれやれだぜ」
101: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/03(金) 11:08:39.65 ID:n+CW9IxcO
上条「さて、あいつらは…」




……………ズザァアアア!!

ステイル「うぐっ!!」ドシャッ!

上条「!?」
102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 11:17:26.68 ID:n+CW9IxcO
上条「オイ!しっかりしろ」

ステイル「か、上条か…すまない、多少やられてしまった…」ググググ

上条「その様子だと…」

イン「ス、ステイル!それにとうま!」タタタタ!

上条(…コイツを守りながら戦ったワケか)

上条「インデックス…治癒魔法でこいつを治せ」

イン「わ、分かったんだよ!ごめんねステイル…私のために」

ステイル「僕は大丈夫だ…それより!上条ッ!ヤツが来るぞ!!」

上条「………ああ」クルッ
103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 11:25:52.54 ID:n+CW9IxcO
???「おやおや…もう少しでトドメをさせたのよなぁ…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「てめーは…」

建宮「我が名は建宮斎字…天草式の教皇代理なのよな!…以後よろしく」チャキン

上条(こいつも得物は剣か…)

ステイル「気をつけろ!!ヤツの剣撃は魔術ではないぞ!」

上条「自己紹介恐縮のいたり…といいてえところだがな、ブッとばさせてもらうぜ…さっきの三馬鹿みてーにな」
104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 11:34:38.06 ID:n+CW9IxcO
建宮「三馬鹿…?」ピクリ

上条「てめー部隊の忍者ごっこやってた三人だ…今は寝てるみてーだがな」

建宮「…状態は問題じゃねーのよな!!仲間に手を出したってんのなら…」グッ!

上条(………コイツ)

建宮「………消えてもらうッ!!」ジャキン!
105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 11:39:14.46 ID:n+CW9IxcO
上条「…来な」

建宮「…食らえっ!!」ドシュウウウウウ!!

上条「フッ!」スタン!

建宮「っらあ!!」ブン!

上条(もう懐に…?)

上条「ぐっ!」ガシン!

ギギギギギギギギギ…

建宮「なるほど……その実力ならあの三人が敗れたのも納得がつくのよな…しかし!!」ギン!
106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 11:43:04.14 ID:n+CW9IxcO
建宮「俺は簡単にはやられんぞッ!!」ビシュッ!!

上条「チッ…」スタァン!

建宮「ほらっ!ほらほらぁ!!」ドシュドシュドシュ!!

上条「この連撃…!」グルン!

上条(さっきのヤツらとはダンチだな…しかし)

建宮「まだまだ行くのよなァーッ!」

上条「…神崎ほどじゃあねーぜ」
107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 11:47:10.45 ID:n+CW9IxcO
ガシッ!ガギンガギンガギン!

イン「…よし!もう大丈夫なんだよ!」

ステイル「助かったよインデックス…上条!大丈夫か!!」

上条「……………」チラッ

ステイル「………!分かった!!今いくぞ!!」ダダダッ!

イン「えっ!?今何が分かったの……?」

108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 11:52:07.37 ID:n+CW9IxcO
ステイル「はぁっ!」ゴウッ!

建宮「!!」スタン!

建宮(炎使いが復活したか…しかし!!)

建宮「無駄なのよな!2人まとめてやってやるッ!!」ドシュッ!

上条「…ステイル!!」サッ!

ステイル「…分かっている!炎剣ッ!!」ゴウ!

109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 11:56:26.81 ID:n+CW9IxcO
ダダダダダダダダダダダ!

上条「…行くぞ!」

ステイル「はぁあああああ…」

建宮(突っ込んでくるか…ならっ!!)ギュウウウ…!

イン「二人とも気をつけて!強い魔翌力を感じるんだよ!!」

建宮「もう遅い!!食らうのよなァーーーーッ!!!」

ドシュウウウウウウウウ!!!

建宮(天草式は武器戦闘だけではない…戦闘魔術も得意分野よな!)





110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 12:02:11.17 ID:n+CW9IxcO
上条「やれやれ…」

ギュウウウウウウ!!

上条「それを撃つのを…待っていたぜ!」

建宮(何!?そのまま突っ込んでくるのか!!)

建宮「バカな真似を!!そのまま後ろのやつごとフッとぶがいいのよなぁ!!」

上条「……………」グググ…




上条「…オラァーッ!」

パッキィイイイイイイイイン!!

111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 12:05:01.37 ID:n+CW9IxcO
建宮「なっ…………!?」

建宮(俺の全力の一撃を…拳で打ち消した!!!)

イン「す、すごいんだよ!あんなに大きなエネルギーを一瞬で!!」

建宮「こ、コイツ一体!!」

上条「…行け!」

ステイル「はっ!!」スタン!
112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 12:08:49.35 ID:n+CW9IxcO
建宮「ま、前のヤツを踏み台にッ!!マズイ!!」

ステイル「…ハァーッ!!」ゴウウウウウ!!

建宮「うぐッ!!」ギャギイン!!

建宮「しまった!!剣が飛ばされ……」

建宮(………はっ!)





ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「そして…もう一発だぜ」


113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 12:18:07.95 ID:n+CW9IxcO
建宮「な………………」

上条「オラオラオラオラオラァ!!」ドゴドゴドゴドゴ!!

建宮「うごぐがぐぁあああっ!!」ボゴボゴボゴボゴボゴ!!

ステイル「やった!!」

…ドシャッ!!

建宮「ぐぶっ!!」


114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 12:24:59.45 ID:n+CW9IxcO
建宮(ば、馬鹿な………こいつら)グググ…

建宮「息が…………合いすぎて……」ガクッ

イン「勝った!!二人が勝ったんだよーーー!!!!」


上条「やれやれ…多少は動けるようになったみてーだな?」フン

ステイル「君にボコボコにされてから鍛えんだよ…色々とね」フッ



バァーーーz_________ン!!

建宮斎示 再起不能!!
117: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/03(金) 16:24:15.15 ID:7bdZJNuyO
トテテテテテ…

???「…きゃっ!」ステン!

イン「ん…?あの修道服もしかして!」

上条「…逃げおおせたみてーだな」

オルソラ「いたた…あれ?皆様お揃いになられて…」

ステイル「オルソラ・アクィナス!無事だったのか!!」

118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 16:27:28.26 ID:7bdZJNuyO
上条「縛られてるようだな…あっち向いてろ」

オルソラ「は、はい」クルッ

パキン

オルソラ「わっ!術がかかっているはずなのに…」

イン「とうまなら問題ないんだよ!大丈夫オルソラ?ケガはない?」

オルソラ「私は大丈夫でございます…皆様、まさか私を助けにきてくれたのですか?」
119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 16:30:57.49 ID:7bdZJNuyO
ステイル「ああ、天草式のリーダーはあっちでノビている」

イン「全て一件落着なんだよ!!」

オルソラ「それは…皆様、なんとお礼を申し上げてよろしいのか……」

上条「礼なら救出作戦を立てたアニェーゼにでも言っとけ…それより早く戻るぞ」

ステイル「あ、待ってくれ!そういえば…」ゴソゴソ
120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 16:33:20.37 ID:7bdZJNuyO
ステイル「あった…これだな」

…チャリッ

上条「それは…」

イン「銀十字のネックレスだね」

ステイル「僕の上司から渡されたものだ…オルソラ、あなたに持っておいて欲しい」

オルソラ「わたくしでございますか?」
121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 16:36:54.97 ID:7bdZJNuyO
ステイル「ああ、何らかの力があるらしいが…重要人物に持しておいてと言われていてね、持ってくれるかい?」

オルソラ「助けて頂いた方の頼みはお断りできないでございます…喜んで付けさせていただきます」ニッコリ

オルソラ「あ!それと一つお願いがあるのですが…」

イン「なぁに?」


122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 16:41:43.07 ID:7bdZJNuyO
オルソラ「助けて頂いた身でおこがましいのですが…これを上条様につけていただきたいのです」

上条「俺にか?」

オルソラ「はい、上条様には最初から最後までお世話になって…是非その方の手でこの首飾りをつけていただきたいのです」

イン(まさかこのパターンは…)

上条「…ま、構わねえぜ」スッ

123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 16:46:36.13 ID:7bdZJNuyO
オルソラ「まぁ…ありがとうございます!それでは…」ヌギッ

ステイル(金髪だったのか)

オルソラ「よいしょ…」プチンプチン

ステイル(…って)

イン(胸元開ける必要あるの!?しかもデカいんだよ!!)

オルソラ「それでは…お願い致します」スウッ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ステイル(こ、この構図は…)

イン(乙女のキス待ちだとォーッ!?)

124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/03(金) 16:49:39.26 ID:7bdZJNuyO
オルソラ「さあ…どうぞ」///

イン(何故に赤面…こ、こんな夢のシチュエーションいくらとうまでも捌ききれるの…!?)











上条「ほらよ」シュッ!カチリ

オルソラ「わっ!」

ステイル「早ッ!!」
128: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 18:18:25.35 ID:4OrU52G4O
オルソラ「まあ…///ありがとうございます」

イン(それでいいんだ…)

アニェーゼ「皆さん!!」タタタ!

上条「アニェーゼ…」

アニェーゼ「オルソラを救出するだけでなく、天草式のリーダーも倒してしまうとは……」

ステイル「さて、僕らの仕事はここまでかな?」
129: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 18:24:55.21 ID:4OrU52G4O
アニェーゼ「ご協力、大変感謝しやがります!お礼は後ほど送らせてもらおうと思うのですが…」

上条「いらねーよ、礼ならそこのヤツから生活費四ヶ月分貰ってる…」

ステイル「何か一か月分増えてないか…?ま、いいか」

イン「法の書は大丈夫なの?」

アニェーゼ「後のことはお任せ下さい!天草式を倒せれば取り戻したのも同然ですから…」


130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 18:29:17.53 ID:4OrU52G4O
シスター1「シスターオルソラ、こちらに」

オルソラ「分かりました…皆さん、大変お世話になりましたでございます、皆様に神のお導きがありますよう…」ペコリ

イン「ばいばい!元気でねー!」

上条「…あばよ」

オルソラ「…またいつか会えるのを祈っております」ニコリ

スタスタ…
131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 18:33:29.58 ID:4OrU52G4O
上条「…おい」

アニェーゼ「なんでやがりますか?」

上条「あいつはこの後どうなる?」

アニェーゼ「それは……」

上条「………………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アニェーゼ「…もちろん、改めて私たちローマ正教に招きいれます…もちろんね」ニコッ…

上条「……そうか、安心したぜ」


132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 18:43:04.00 ID:4OrU52G4O
イン「ステイル!とうまー!ちょっと休んでから帰ろう!」

ステイル「それもいいかな」

上条「…ああ」

ザッザッ…

アニェーゼ「………………」

ドドドドドドドドドドドドドドドド

アニェーゼ(そう……『招きいれ』ますよ…手荒にね)
133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 18:49:01.56 ID:4OrU52G4O
ステイル「よし、ちょいとタバコを買ってくるよ」スタスタ…

イン「いってらっしゃーい!」

上条「……………」

イン「…ねぇ、とうまぁ」

上条「…どうした」

イン「いや…なんか考え事してるみたいだから、どうしたの?」
134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 18:54:18.39 ID:4OrU52G4O
上条「ヤツらの言っていた『法の書』…それは十字教の時代を終わらせる、それまでの力があるんだろう?」

イン「…うん、本当はバチカンにある図書館の奥の奥にしまわれてるはずなんだけど…そういえばどうやって天草式は盗みだしたんだろ?」

上条「もしも……」

イン「もしも?」

上条「ローマ正教の目的が『オルソラ』だけだったとしたら?」

イン「えっ…!?」

135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 18:59:30.14 ID:4OrU52G4O
上条「自分達の拠り所をフッとばしてしまうよーな力…それの使い方を知っているただ一人の人間がいたら…どういう行動に出るのか、そう気になっただけだぜ」

イン「そ、それって……」







建宮「もちろん……その先に待ってるのは『処刑』よな………」

136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 19:04:30.57 ID:4OrU52G4O
イン「!!」

上条「おや?目が覚めてたみてーだな」

建宮「フフ…中々鋭いあんちゃんよな、そこまで見越しているとは」

上条「あくまで仮定の話だがな」

建宮「それに俺のケガ、あんなにボコボコに殴られたワリにやばいダメージではない…手加減したんだろ?」

イン「えっ!」

上条「……………」
137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/05(日) 19:13:44.84 ID:4OrU52G4O
建宮「全て見通しがついているなら…頼む!この結界を解いてシスターオルソラを助けにいかせてくれ!!」

イン「それって…」

建宮「簡単に信じてくれとは言えない…だが!俺たち天草式は教皇…神崎様の元集まった者たちだ!!大それた力はなんぞ興味はないのよな!!」

上条「…………」

建宮「天草式の本分は…人すべてを助けるためにある!!それは神崎様に教えられてきたただ一つの決まりであり、俺たちの誇り…それだけは信じてくれ!!」
138: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/06(月) 00:35:35.32 ID:50yOsYEA0
建宮「頼む…!これ以上神崎様を失望させたくないんだ…俺たちの弱さでッ!」

イン「と、とうま…この人の言うことって…」

上条「…さっきの戦いで、あんたの部下を引き合いに出した時…」

イン「…え?」

上条「あんたは本気で怒った『眼』していた…」

建宮「…………」

上条「その眼、どっかで見たことがある…たしかどっかの半分露出狂じみた聖人とかいうやつだったか」

建宮「……!あんた、神崎様を知って…」




139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 00:38:22.31 ID:50yOsYEA0
上条「どうやらこいつは一度確かめてみる必要があるみてーだな」スクッ

イン「とうま…」

建宮「あんた…!」

上条「それに…丁度いいタイミングだ」

イン「あっ!あの二人…」
140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 00:43:32.04 ID:50yOsYEA0
ツカツカ…

ルチア「…む、あなたは」

アンジェレネ「あのハガネ…じゃなくて、協力してくれたお二方…」

上条「よう…一つ頼みがあるんだが聞いてくれねーか?」

ルチア「…ローマ正教の恩人のお話は聞かない訳にはいけません、しかし彼を護送しなければならいので手短にお願いします」

建宮「……………」


上条「じゃあ手短に言うぜ、『オルソラに会わせろ』」



142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 00:46:51.95 ID:50yOsYEA0
アンジェレネ「!!」

ルチア「…それは!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「どうした?何かまずいことでもあるのか、ン?」

ルチア「…彼女の身柄はすでにローマ正教のもの、恩人といえど部外者のあなたにはもはや干渉は不可能です…それでは」ツカツカ

アンジェレネ「し、シスタールチア…」
143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 00:50:02.07 ID:50yOsYEA0
上条「ふむ…ならばあいつは今頃『異端審問』ってヤツにかけられてるのか?」

アンジェレネ「えっ!?」

ルチア「……!!」

上条「一度あいつはローマ正教を抜けた身だしな、それとも『魔女裁判』って言ってもいいかもな」

イン(と、とうま…そんないきなり)

ルチア「……おっしゃっている事がよくわかりませんね」
144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 00:53:01.74 ID:50yOsYEA0
上条「あんた、眉間にシワがよってるぜ…ひょっとして図星かな?」

ルチア「……ぐっ!!これ以上の愚弄はいくら恩人のあなたといえど看過できませんよ!!」

アンジェレネ「あっ…あの、えと…」オロオロ

上条「おれはあんたらの恩人になったつもりはねえ、どきな…自分の眼で確かめさせてもらうぜ」グイッ
145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 00:58:13.40 ID:50yOsYEA0
ルチア「!!」ビクン!

アンジェレネ「あっ!!」

イン「え?」

アンジェレネ(まっ…まずい!!)

ルチア「………………」ピグッ!

上条「……ん、てめー何を……」

ルチア「よくも………!!」ワナワナ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ







ルチア「よくもチ◯カス触った手で私に触りやがったなァアアアアアアアアアア!!!!!!!」ピグッピグッピグッピグッ!!

146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 01:01:00.58 ID:50yOsYEA0
建宮「なっ!?」

イン「へっ!?」

ルチア「……死にさらせェーーーーッ!!!!!!!!!」ドギュウウウウウウウウ!!

上条「これはッ!…うぐ!!」ドスドス!

イン「とっ、とうま!!」

建宮「あの魔法具の破片が……!!」



147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 01:08:46.44 ID:50yOsYEA0
ルチア「私は怒りすぎると血管がピグピグいって凶悪な気持ちになるんだよォ……決めた!!貴様はこの場で処刑だッ!!決まりだァーッ!!」ピグッピグッピグッピグッピグッピグッ!!

上条「……やれやれ!」ズブッ!

アンジェレネ「シ、シスタールチア落ち着いて………」オロオロオロオロ

ルチア「シスターアンジェレネッ!!」ギロリッ!!

アンジェレネ「はっ!はいーっ!!」ピキーン!

ドドドドドドドドドドドドドドドド

ルチア「只今……死刑を執行するッ!!こいつはメチャゆるせんよなぁ〜〜〜〜〜〜〜!!!!」ピグッピグッピグッピグッピグッピグッピグッピグッピグッピグッピグッ!!!

上条「ヒステリー野郎がここにも……か…かかってきな」グッ

155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 11:34:23.79 ID:50yOsYEA0
ルチア「もう一発ゥ…食らいやがれってんだよォオオオオオオオ!!」ズドドドドドドドドドドド!

上条「…フッ!」スタン!

アンジェレネ「あう…あう…」オロオロ

ルチア「ちょこまかとしやがってェエエ……シスターアンジェレネ!とっと援護なさいッ!!」ギン!

アンジェレネ「すっすいません!!恩人さん…ごめんなさーい!!」ドヒュドヒュッ!

上条「ッ!」シュタッ!

イン「い、いくらとうまとはいえ遠距離から二人では不利なんじゃ…」グッ

建宮「このままだとジリー・プアー(ジョジョに不利)なのよな!」



156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 11:40:30.75 ID:50yOsYEA0
アンジェレネ「え、え〜い!!」ズドッ!

上条「ムッ!」ズサッ!

ルチア「そこだァ!」ドバドバドバドバドバ!!

建宮「まずいのよな!あれでは避ける暇なんか…おい嬢ちゃん!」

イン「…………」ブツブツ

建宮「こ、こんな時に何を!…ん?」

建宮(これは…!)
157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 11:44:17.08 ID:50yOsYEA0
ルチア「ケッハッハッハァーッ!!そのままハリネズミになるがいいーッ!!」

ドシュウウウウウウ!!

上条「……やれやれ」

ルチア「へ?」

ドドドドドドドドドドドドドドドド

上条「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるというが…真っ赤な嘘だぜ」グッ!
158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 11:47:16.55 ID:50yOsYEA0
ルチア「なっ!?」

上条「……オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!」ビシュビシュビシュビシュビシュビシュ!!

建宮「こ、拳が速すぎて…」

アンジェレネ「見えない!?」

上条「……フゥー」ピタッ

ポイッ
159: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 11:51:12.06 ID:50yOsYEA0
パラパラパラパラパラパラパラ…

建宮「あれは…!」

ルチア「私の…魔法具の破片!?」

アンジェレネ「エエーッ!?」ガビーン

上条「急に目の前でガラスが叩き割れた事もあるんでな……対策バッチリってとこだぜ」

ルチア(う、嘘でしょう!指で挟みとったとでも……本当に人間!?)
160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 11:57:53.31 ID:50yOsYEA0
上条「さてと……そろそろおやすみの時間だな」ゴキゴキ

ルチア「うっ…うっ…!し、シスターアンジェレネ!早くバックアップを!!」

アンジェレネ「わ、分かり……えっ!?」ギュウゥーン!

ルチア「!?」

ドゴドゴ!

ルチア「うぐうッ!な、何をやっているのです!?私を狙ってどうする………ハッ!!」

イン「………………」ブツブツ

アンジェレネ「も、もしかして……!」

ルチア(あのシスターが唱えているのは…反射魔術!?)
161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 12:01:44.29 ID:50yOsYEA0
建宮(反射魔術なんて並大抵の魔術師では扱えない…この嬢ちゃんいったい…!)

アンジェレネ「わっ!わわわわ!!」ボンボンボン!

ルチア「ぐぐぐ…このままでは」ギリギリ…






上条「誰か忘れてねえか?」

162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 12:05:21.66 ID:50yOsYEA0
ルチア「!!」クルッ!

ルチア(ぼ、防御を!!)

上条「……オラアッ!!」ドン!

……ボゴォオオオン!!

ルチア「あブッ!?」ブッ!

アンジェレネ「そ、そんな…魔法具ごと殴り抜けた!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「……ブチかますぜ!!」
163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 12:08:54.30 ID:50yOsYEA0
上条「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ!!

ルチア「あごごががぎががががぎけごかぎぎごががが!!!!!」ボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴ!!

上条「オラァーッ!!」ボッゴォーン!!

ルチア「アゴガァーッ!?」ドッシャアアアアアアア!!

168: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/06(月) 14:39:40.70 ID:AplAuOVzO
ルチア「あご……が……」ピクピク

建宮(さ、流石にやりすぎでは……)

イン「…ふう、さすがとうま!やっつけたんだね!」ワーイ!

建宮「慣れてる!?」

上条「…さてと」

アンジェレネ「はっ…はわわ…シスタールチアがボロゾーキンみたいに…」プルプル

上条「……」グイッ!

アンジェレネ「ぴいっ!!」
169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 14:44:16.12 ID:AplAuOVzO
ブラーン

上条「おい、チビスケ………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アンジェレネ「あ…あううう…」ウルウル

上条「あのヒステリーシスターを助けてやれ……」パッ

アンジェレネ「えっ…!?あいたっ!」コテン!

上条「聞こえたか…?」

アンジェレネ「は、はい!分かりましたーっ!!」ピューッ!
170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/06(月) 14:50:31.22 ID:AplAuOVzO
建宮「あ、あんた…」

上条「……」スッ

パキィン!

建宮「!?結界が消えた……」

上条「さて、こいつらの反応を見て『疑惑』が『確信』に変わったぜ……行くぞ」ザッザッ…

イン「うん!」タタタッ!

建宮「おい!ちょっと待ってくれよな!!」スタタ!







アンジェレネ「うわぁーん!シスタールチア!!シスタールチアーーッ!」メソメソ

ルチア「あ…………が………おとこ………………きら…い」ピクピク

ルチア 再起不能!!
174: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/06(月) 21:25:45.75 ID:50yOsYEA0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ステイル「まさかそんな裏があるとはね…よく考えれば分かったことなのに」

建宮「おい兄ちゃん、ここから先はローマ正教の問題であって俺たちは部外者だ…それでもやるってのか?」

上条「このまんまじゃあスッキリしないんでな…この件は完全に終わらせてやるぜ」

イン「とうま…!」

建宮「…フッ!!面白い兄ちゃんよなぁ!でも嫌いじゃあないぜ!!」

ステイル「君ならそう言うと思っていた…皆!!準備はいいか!?」

上条「うん」

建宮「準備万端回復完了!!オルソラも部下達も救出するのよな!!」

イン「今回は私も戦う…!みんなが私を救ってくれたようにオルソラを救ってみせる!!」

ステイル「良しッ!では……」






四人「「「「行くぞ!!!」」」」バァーーーーーz__________ン!!








イン「…あれ、デジャヴ?」
179: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/06(月) 23:34:43.64 ID:50yOsYEA0
〜オルソラ協会〜

オルソラ「…あうっ!!」ドシャッ!

アニェーゼ「フー…まず一発目ですね…にしてもオルソラ協会、大層なご身分でいやがりますねぇ」ニヤッ…

オルソラ「うう…私は、そんな…」

アニェーゼ「それにつけても馬鹿な事をしたもんです、ローマ正教を勝手に抜けた挙句天草式なんかに助けを求めるなんてね」

オルソラ「…………」

アニェーゼ「しかもわざわざ助けてもらったのに自ら抜け出て、挙句の果てに騙されてる大馬鹿たちに連れ戻される!!……うふっ!うふふふふふふ!笑えるゥー!」

181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 00:37:12.91 ID:cDgOVoj70
オルソラ「わたくしは……」

アニェーゼ「フン!ま、どーでもいいです!つーわけで、私達が騙したヤツを恨んで死んでいっちまいなさい!!ローマ正教に仇なす存在、オルソラ・アクィナス!!」

オルソラ「……恨む?」

アニェーゼ「その通り!分かったらとっとと……」

オルソラ「はて…恨むことなどひとつもないのでございますよ?」ニコッ…
182: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 00:41:34.04 ID:cDgOVoj70
アニェーゼ「なっ!?」

オルソラ「私を必死に助けてくれた方たちに感謝はするけども恨むなんてありえないのでございます…むしろ許せないのは、天草式の方々を信じれなかった私自身でございますよ」

アニェーゼ「……こいつ!!」ガッ!

オルソラ「ううっ!」ベシャ!

アニェーゼ「何を…何を笑っていやがるのです!?騙された、傀儡のくせにッ!!」



183: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 00:47:54.06 ID:cDgOVoj70
オルソラ「そうでございますか……私は笑っているのですね……うふふ」

アニェーゼ「………ッ」ギギギギギギ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アニェーゼ「まったく哀れな女ですね……いいでしょう!!オルソラ・アクィナス!貴様は磔刑だーッ!!」

オルソラ「……………」

アニェーゼ「……死になさい、ローマ正教のために」





オルソラ(申し訳ありません皆様…上条様、助けて頂けたのに…信じることができなくて………本当に)ポロ…







……………パッキィイイイイイイイイン!!
184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 00:52:32.09 ID:cDgOVoj70
アニェーゼ「…なっ!?」

シスター1「いっ、今のは!!」

シスター2「まさか結界の破れる音では…………」

アニェーゼ「ありえねーです!!かなり強力な術式を組んだのに!!」

シスター3「ちょっと待って下さい、今誰かドアの外に………」

オルソラ「………?」
186: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 00:58:46.29 ID:cDgOVoj70
…バッゴオオオオオオオオオオン!!!!

シスター達「き、きゃあああああああああ!!!!」

アニェーゼ「てっ鉄製のドア吹っ飛んで!?一体誰が…………」

???「…………………」パラパラ…

オルソラ(…………ああ!!)

オルソラ「まさか!まさかまさか!あなた様は…………!!!!」










ドドドドドドドドドドドドドドドド…

上条「よお…『さっき』ぶりだな……」ギン!

188: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 01:05:31.68 ID:6OUlkC6FO

上承さんの地雷をしっかり踏み抜いちゃったアニェーゼに黙祷
189: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/07(火) 12:25:52.04 ID:B5Sj/kQ+O
アニェーゼ「あ、あんたは……上条当麻……!!」

オルソラ「上条様……」

上条「やれやれ…シスターさんってーのは身内をリンチするような奴らの集団をいうのか?知らなかったぜ」

アニェーゼ(………こいつ!まさかオルソラを奪還に!!)ギリッ!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アニェーゼ「これは…私達ローマ正教の問題!!どこの馬の骨とも知らねーあんたが踏み込んでいい事じゃねーんですよ!?」

上条「………………」

アニェーゼ「それにこの部隊の数…あなた1人でどうにかなると思ってやがるのですか?」ニヤッ

上条「……何が言いたい?」

190: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 12:28:48.70 ID:B5Sj/kQ+O
アニェーゼ「今なら遅くない……やる事は分かっているんでしょう?」

上条「…………」

アニェーゼ「死にたくなかったらとっととここから……!」









上条「……もちろん、分かってるぜ」



ゴウッ!


191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 12:32:49.86 ID:B5Sj/kQ+O
アニェーゼ「なっ!?」

…ボゴオッ!!

アニェーゼ「あぐっ!!」ドシャ!!

シスター1「あ、アニェーゼ様!!」

シスター2「お怪我は!!」

アニェーゼ「うぐっ……鋼鉄製の杖が、歪んで……!」ムクリ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「全速力で突っ走るぜ……無論、『てめーの方向』にな………」

192: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/07(火) 17:06:31.70 ID:SWDFTkUYO
アニェーゼ(こ……この凄み…!!)

シスター4「あ、アニェーゼ様…」

アニェーゼ「…何をやってやがるんですか!!はやくあの背信者を片付けなさいッ!!」

シスター部隊「…ハッ!」

ジャキッ!

193: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 17:09:49.55 ID:SWDFTkUYO
上条「………」

シスター1「はああああ!!」ダダダダ!

シスター2「お食らいなさいッ!!」ダッ!





上条「……オラ、オラァ!!」ボゴボゴン!!

シスター1「あうっ!?」ドゴン!

シスター2「がはっ!!」メゴン!
194: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 17:14:54.36 ID:SWDFTkUYO
シスター部隊「!!!」

アニェーゼ「いっ一瞬で二人を……!」

上条「悪いが俺は無神論者でな…遠慮なくブチのめさせてもらうぜ」

オルソラ「はぁ…はぁ…上条様……」

上条「待ってろ…今助け出してやる」

アニェーゼ「…しかし!!この大人数を相手にするのは変わりません!!負けるのはあんた…………」






ステイル「…もう全部あいつ1人でいいんじゃないかな」

195: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 17:20:38.61 ID:SWDFTkUYO
ゴウウウウウウウッ!

「きゃあああああああ!!」

「ほ、炎が襲ってくる!!!」

アニェーゼ「イギリス正教の………!!何を考えているのですか!我らの問題に干渉するとは問題では済まされねーですよ!!」

ステイル「冗談言ってる暇じゃないね…何を勘違いしているのか知らないが、僕はイギリス正教に所属している者を助けに来ただけだよ」ゴウウウ…

アニェーゼ「なっ!?」

ステイル「オルソラの首を見たまえ」

オルソラ「……?」チャリッ

アニェーゼ「こ、これは……イギリス正教の十字架!」



196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 17:25:14.66 ID:SWDFTkUYO
ステイル「ご名答……これがある限り彼女はイギリス正教側の人間だ、むしろ問題の責任は君たちにあるんだよ?」

上条(成る程…首飾りの力ってのはこのことか)

アニェーゼ「……ふざけるんじゃねーです!!こんなの詭弁にすぎません!!」

ステイル「仮に詭弁だとしてもこんな事はイギリス正教として看過できない……いや!」

アニェーゼ「ッ!」

ステイル「……この僕が許さない!!」ゴオオオオオオオ!!
197: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 17:28:00.84 ID:SWDFTkUYO
スタスタ…

インデックス「……そう、そんなことは許せない」

アニェーゼ「……!!」

インデックス「神に仕える者たちが…命を奪っていいはずがないんだよ!!」

アニェーゼ「どいつも……こいつも!!」ギギギギギ!
198: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 17:33:08.88 ID:SWDFTkUYO
シスター6「あ、アニェーゼ様!!奴らが逃げ出し…うわぁ!!!」ホゴン!

建宮「もちろん!俺たちもいるのよな!!天草式、改めて参上した!!」

ザンッ!!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アニェーゼ「ふざけやがって………ふざけやがってええええ!!!」

上条「さて……大乱闘といこうじゃねーか」

アニェーゼ「かかれっ!てめーら全員磔刑だァアアアアアア!!!」ギン!

206: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/07(火) 21:22:50.76 ID:cDgOVoj70
シスター部隊「いけぇーーっ!!」ダダダダダダダ!!

建宮「天草式!!かかれ!」

ガン!カギンッ!ガンガン!!ワーワー!!

シスター「でやぁー!!」ブンッ!

建宮「よっと!たかが武器持ったねーちゃん達に出しぬかれる訳ないのよな!!」ドゴッ!

シスター「うっ!!」ズシャ!

ステイル「上条!オルソラを担いでここから一旦離れろ!!」

イン「巻き込まれたら危ないんだよ!」

上条「……わかった、行くぜ」ヒョイ

オルソラ「わっ!」

上条「肩に担いで苦しいかもしれんがチト我慢してろ…」

オルソラ「は、はいっ!」
207: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 21:27:03.68 ID:cDgOVoj70
アニェーゼ「…ッ!入り口を塞ぎなさい!!」

シスター部隊「「「「はい!!」」」」

ズラッ!

上条「ムッ…」

オルソラ「いけない…このままでは出られないでございます!」

上条「やれやれ…手が塞がってるっつーのにな」

シスター「問答無用!皆さん!かかりな…………」


…スタン!



208: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 21:33:30.50 ID:cDgOVoj70
???「はぁーっ!!」ブンブンブンブンッ!!

「あう!?」バゴ!

「うっ!!」ボゴ!

「あ、新手!?」

「槍使いか!!」

???「お二人とも!お怪我はありませんか!?」

上条「…ああ」

オルソラ「あなた様は……」

五和「天草式所属の五和と申します!この隙に外へ脱出を!」

「……………」ジリジリ…
209: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 21:37:35.34 ID:cDgOVoj70
上条「了解だぜ……その前に!!」グッ!

五和「えっ!?」

上条「オラァ!」ボゴ!!

「がはっ!?」ドシャ!

五和「し、死角から敵が……」

上条「腕は立つみたいだが十分注意しな……ま、助かったぜ」ポン

五和「…………はっ!はい!」ドキーン!
210: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 21:41:02.87 ID:cDgOVoj70
ダダダダダダ!!

五和「…………///」ポー…

建宮「……おいっ!五和!!何ぼーっとしてんだ!!」

五和「あっ!す、すいません!…はぁ!!」ガギン!

建宮「戦いはまだ続く!最後まで油断するなよ!!」

天草式「「「「了解!!」」」」
211: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 21:46:07.47 ID:cDgOVoj70
……………………………

近くのビル、屋上

ヒュオオオオオオ…………

??「…………みんな」

???「おやおや〜?神崎……じゃなかった、神裂ねーちん!!やっぱ自分の抜けた天草式が心配なのか?」

神裂「土御門……大方、混乱に乗じて『法の書』を奪うつもりですか?」

土御門「そんなんじゃねーよ、今回はただの監視だ……にしても相変わらず驚かされるぜ『上条当麻』にはな!!」

212: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 21:51:40.67 ID:cDgOVoj70
神裂「……あの人はどこまで踏み込むつもりなのでしょう」

土御門「自分が最初に関わったのによくゆーぜ、そう思わねえか?」

神裂「……嫌味を言いに来たんですか?」

土御門「冗談だ、ところで……今の天草式に納得できたのか」

神裂「…………ええ、彼らなら大丈夫です………絶対に!!」シュタン!


ヒュオオオオオオ…

土御門「行っちまったか……しかし上条当麻、お前はどこまで事を動かして行くのか……実に面白いぜ、フフフ…」ニヤリ

218: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/08(水) 21:34:56.96 ID:Dul+XkDD0
ドンドンドン!!

上条「…フッ!!」バシバシバシ!

「な、何なの!?魔術がかき消されてしまう!!」

「人ひとり担いでいるのになぜあんなにも速く……!!」

「早く追うのです!!」

ダダダダダダダダ!!

上条「…よっと」サッ

「あっちへ行きましたわ!」

「逃がすなっ!」

タタタタタ…
219: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 21:38:23.13 ID:Dul+XkDD0
オルソラ「いったみたいでございます……」

上条「やれやれ…一休みだな」

オルソラ「あの……上条様」

上条「どうした?」

オルソラ「なぜ…なぜわたくしを助けてくれたのですか?誰も信じる事が出来なくて……自業自得の愚かな私を……」ギリッ
上条「…………」

220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 21:40:51.36 ID:Dul+XkDD0
オルソラ「わたくしには……助けてもらう資格なんて……」ポロ…

上条「……おい」

オルソラ「うっ…うっ………」ポロポロポロポロ…

上条「『今』の俺たちは信じれるか?」

オルソラ「………えっ?」
221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 21:50:53.47 ID:Dul+XkDD0
上条「今行動しているインデックス、ステイル、天草式の連中……そして俺自身、『今』のお前は信じているのか?」

オルソラ「………!!」

上条「信じているならそれでいい…過去のことがどーだろーが関係ねえ…奴ら全員はお前の事を絶対に救おうとしているだろう…そう俺は思っているがな」

オルソラ「………わたくしは……皆様を信じる資格があるのでございますか…?」

上条「『信じる』ってのに資格はいるのか?知らなかったぜ……」フッ

オルソラ「…………」

上条「……どうなんだ?」

オルソラ「……信じております!皆様を……最後まで!!」

上条「………グッド!心は決まったみてーだな?」

オルソラ「はい!」

上条「それなら後は突き進むだけだ…行くぞ」ザッ!

222: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 21:55:31.22 ID:Dul+XkDD0
……………………

アニェーゼ「…えぇい!数ではこちらが勝っているのになぜこれだけ時間がかかっているのです!?」

「あ、アニェーゼ様…私たちも戦闘に加わった方がよいのでは?」

「一気に奴らを潰すべきです!」

アニェーゼ「………………」






ルチア「そ……の通りですアニェーゼ……様」ゼーハー

アンジェレネ「うわーん!うわぁあああああん!!」ビエーンビエーン!

223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 22:00:45.15 ID:Dul+XkDD0
「ルチア様!!」

「ご無事…………あっ」

アニェーゼ「…じゃねーみてーですね」

ルチア「うぐっ……申し訳ありません……しかし!!奴らは絶対に逃しません!いきますよシスターアンジェレネ!…!!」ズルズル…

アンジェレネ「えぐっ…えぐっ…もうおうちにかえりたいよぉ………」グスグス

ルチア「涙を流すんじゃありません!!……がフッ!!」ブッ!

アンジェレネ「ルチア様は血反吐流してますぅ!!」


ズルズル…
224: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/08(水) 22:03:17.74 ID:Dul+XkDD0
アニェーゼ「………あなたたち、彼女のバックアップを」

「よろしいのですか?」

アニェーゼ「行きなさい……ここは私一人で大丈夫です」

「「「「はっ!」」」」

タタタタタタタ!




アニェーゼ「このクソッタレな世界に逃げる場所なんてないんですよ………どこにも」ギリッ!
227: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 07:59:18.51 ID:ekKrmakMO
ガギン!ガギィン!

建宮「…おらよ!」ブンッ!

「あうっ!!」ボギャ!

ステイル「くっ…キリがないな」

建宮「いかんせん数が多すぎるのよな!こいつは骨が折れそうだ………ん?」



イン「……………」

「もう逃げられませんよ!」

「観念しなさい…」

ジリッ…

ステイル「インデックス…!」

建宮「おいおい!囲まれてるじゃねーか!このままだとヤバイぞ!!」

228: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 08:02:44.86 ID:ekKrmakMO
イン「…………」スッ

「な!?」

「この状況で何を…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ステイル「まさか…あれをやるつもりかインデックス!!」

建宮「あれ?」

ステイル「あんた!早く耳を塞ぐか離れろ!!痛い目をみるぞ!!」

建宮「おっ、おう!」

229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 08:04:49.59 ID:ekKrmakMO
「妙な動きはおやめなさい!」

「早く投降を………」

イン「ふぅー………………」










イン「………なんでツェペリ家に子孫がいるの?」

「「「「!!!!!!」」」」」












231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 08:11:33.89 ID:ekKrmakMO
「そ…それはッ!!」

「お、おとなはウソをつくわけでは……」

イン「なんでスタプラは檻の中から遠くの物を取ってこれたの…?4部で子供のころ仗助を助けたのはだれなの…?」シュイイイイイイイイ……

「うわああああ!!もう……やめてっ!
」バタン!

「くっ…くるしい!頭が………!!」

バタバタバタバタバタバタッ!

建宮「えーっと……あれは?」

ステイル「あれは魔術(?)魔滅の声…シェオールフィアだ」

建宮「シェ…?」

232: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 08:17:31.65 ID:ekKrmakMO
ステイル「10万3000冊の知識を総動員し、相手の信仰や教義、作者も忘れた設定の矛盾点を徹底的に糾弾して精神を破壊する強力な術だ…」

建宮「それは……」

イン「ジョルノの攻撃反射とゆっくりパンチは一体どこに…………」ブツブツ

「「「「「ああああああああああ!!」」」」」

ステイル「ほらな…」

建宮「確かに…ヤバイのよな」ゴクリ
237: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/09(木) 15:56:18.03 ID:Kh/fLcYEO
…ザッ!

ルチア「あなた達!!その矛盾点も受け入れてこそ真のファンでしょう!!それに凄みで説明は……がはっ!」ブッ!

アンジェレネ「わーっ!飲み込んで血を戻して下さい!」

ステイル「あ、あいつ耳にペンを突っ込んで耳栓しているぞッ!?」

建宮「なんて野郎だ…(驚愕)」

イン「大統領戦のジョニィを撃ったところが意味不め………あれ?」

「うぐぐぐっ…このマンガには『スゴ味』があるッ!!」グググ…

「おとなはウソをつくわけではないのです…間違いをするだけなのです!!」グググ…

238: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 15:58:30.37 ID:Kh/fLcYEO
建宮「ま、まずいのよな!相手が覚悟モードに入りやがった!!」

ステイル「貴様らは矛盾を受け入れた対応者にすぎないッ!!汚らわしいぞッ!!」

イン「ステイルキャラ変わってるんだよ!?」

239: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 16:01:43.88 ID:Kh/fLcYEO
上条「てめーら何バカやってやがる…」ガチャ

オルソラ「早くこちらへ!」

イン「とうまにオルソラ!」

建宮「ここはスタコラサッサと一時退散よな!」

ルチア「まっ…待ちなさいッ!!」

240: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 16:06:13.45 ID:Kh/fLcYEO
バタンッ!

バンバンバンバン!!

オルソラ「皆様ご無事で!」

イン「オルソラも無事みたいだね……良かったんだよ〜」ヘタリ

ステイル「とりあえず一時しのぎとはなったか…しかしじきにこの扉も破られてしまうだろう」

建宮「おれの部下達も頑張ってはいるがいかんせん敵が多い、持久戦は危険よな…」

イン「なにか対策は……」ウーン

241: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 16:12:40.12 ID:Kh/fLcYEO
オルソラ「『法の書』があればこの状況を打開することができるかもしれませんが…」

建宮「んなこといっても本物はバチカンの図書館の奥の奥…どーやって使うんだ?」

オルソラ「それは確かに…」ムムム

上条「…おい、インデックス」

イン「へ?なぁにとうま」

上条「お前の記憶の中に『法の書』はあるか?」

ステイル「!!」

イン「…あっ!そういえば読んだ事があるんだよ!解読が出来なくて放ったらかしにされてるけど……」

242: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 16:19:01.61 ID:Kh/fLcYEO
ステイル「…駄目だ!もしインデックスが解読法を知ってしまったらさらに狙われる事になってしまうぞ!!」

上条「………」

イン「………私は大丈夫なんだよステイル!」

ステイル「イ、インデックス…」

イン「わたしは誰にも連れ去られる気なんてもうないもん!それにとうまにステイルに………かおりもいるんだから!!」

上条「…フン、言うようになったな穀潰し」

イン「未だ穀潰し!?」ガーン

ステイル「…ああ、何も問題はないな」ニコッ
243: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/09(木) 16:22:42.77 ID:Kh/fLcYEO
建宮「…おいおい、俺たちにも分かるように説明してくれよ」

オルソラ「インデックス様が法の書を記憶しておられるのでございますか…?」

イン「…うん!オルソラ、解読法を教えて!!」

オルソラ「わ、分かりました!解読法は…………」

…………………………………
247: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/10(金) 08:09:30.31 ID:vqQ9CUnuO
…………………

イン「…うん、オルソラ…もう大丈夫なんだよ」

オルソラ「えっ!?まだ途中なのでございますが…」

イン「分かったんだよ…この解析法、ダミーだもの」

オルソラ「!!!」

ステイル「何っ!?」

上条「まさかトラップの類か?」

イン「うん…魔道書っていうのは解き方が何通りもあって、書いた人以外にその力を使わせないためのダミーがほとんどなんだよ!オルソラのもその一つかも」
248: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 08:16:04.53 ID:vqQ9CUnuO
オルソラ「な、なら…私は追われる必要はなかったのでございますか?」

建宮「今あいつらに『解析法?スマンありゃウソだった』って言えば許してもらえるかねぇ?」

ステイル「無理だな…ぼくらはローマ清教の奥深くまで入りすぎた、相手の対応は変わらんだろう……」

ガンガンガンッ!バキン!モウスコシデヒラキマスワ!

オルソラ「い、いけない!ドアが破られそうでございます!!」

建宮「ちっくしょー…やっぱり全員ブッ倒すしかねーのよな!」ジャキッ!

イン「でも…このままじゃ数に押し切られちゃうんだよ!」

ステイル「くそッ…もう手は…」
249: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 08:20:24.43 ID:vqQ9CUnuO
上条「…ステイル」

ステイル「…?どうした上条」

上条「お前が炎のバケモンを召喚したときに使ったカード持ってるか?」

ステイル「ルーンのことか?もちろん60枚ほどなら常にあるが…」

ステイル「…とうま、それってまさか!」

上条「今思いついたぜ……『火力でゴリ押し』作戦だ……作戦っていえるかは知らねーがな」

オルソラ「…?」

250: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 08:26:26.10 ID:vqQ9CUnuO
オルソラ教会内部

アニェーゼ「……主にこの身を捧げることを誓います……」

アニェーゼ「ふぅ」スクッ

アニェーゼ(…フン、神様の像に祈ったってなにも変わらなかった、子供のころから…)

アニェーゼ「だからこそローマ清教が絶対的な力を持たなければならないのです…神同然の存在として!」キッ!

アニェーゼ(そうなるためにはまず邪魔をする奴らを罰さなけばならない……しかし、なぜここまで奴らは粘ることができやがるんですか…!?)ギリッ

251: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 08:30:56.41 ID:vqQ9CUnuO
アニェーゼ「…あわてるな、勝つのはこちらです!奴らにはもはや滅びの道しか……!」

……ガンガンガン!

アニェーゼ「……ん?」

ガンガンガンガンガン!!

アニェーゼ(なんだ……天井から殴打する音が…?)

………オラ……オラ

アニェーゼ「この声……はっ!!ま、まさかっ!!」

…オラオラオラオラオラ!

上条「………オラアーーッ!!」バッゴォオオオオオオオオン!!!
252: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 08:34:31.07 ID:vqQ9CUnuO
アニェーゼ「なっ……何だとぉおおおお!?」

上条「………」スタン!

アニェーゼ(て、天井を突き破って教会の中に………)

ダンッ!!

アニェーゼ「ぐっ!!貴様……!!」グググ…



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



上条「…よお、待たせたな」
253: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/10(金) 11:25:22.96 ID:nFLT51mTO
アニェーゼ(…くそッ!ここでビビってはいけない…精神的にも優位に立たなければ!!)

アニェーゼ「…ふぅん、その様子だと仲間を囮にしてここまで来たみたいですね…言うなれば見捨てた訳だ」

上条「………」

アニェーゼ「残念ですがそこまでしても仲間もあなたも死ぬのですよ…!みんな助かると思っていたならなんと下らない幻想なのか!!」

上条「…………」コキコキ…
254: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 11:30:20.39 ID:nFLT51mTO
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アニェーゼ「…ッ!!何か言ったらどうですッ!?」クワッ!

上条「………何か言って欲しいのか?」

アニェーゼ「ぐぐぐぐっ……」ギリギリ…

アニェーゼ(…こいつ!この凄み!!)

上条「なら一言いってやるぜ………」








上条「…てめーはこの上条当麻がじきじきにブチのめす」

ドォーーーz_______ン!!

260: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/10(金) 21:01:48.33 ID:hvdVuCL70
アニェーゼ「なっ……!!」

上条「どうした?…来な」クイクイ

ドドドドドドドドドドドドドドドド


アニェーゼ「ぐっ……ぐぐぐぐぐぐ!!クソッタレがァッ!!私の手でッ!!死刑執行してやるッ!!!!!」ギギギギッ!

上条「おいおい…シスターさんがそんな言葉聞いていいのか、ン?」

アニェーゼ「お黙りなさいッ!そのへらず口もできなくさせてあげましょう……蓮の杖(ロータスワンド)ッ!!」ズンッ!

261: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 21:33:28.08 ID:hvdVuCL70
上条(なんだ……奴が杖を床に叩きつけて)

アニェーゼ「…くふふ、頭上注意ですよ?」ニマァ

上条「何…………うぐっ!?」メゴン!

ヨロッ!

アニェーゼ「大当たりィーッ!モロに食らいましたねェ!!」

上条(…ッ、頭上から見えねえ衝撃を食らったってのか?こいつは……)グググ

アニェーゼ「まだまだいきますよッ!!そらそらそらそらーっ!!」ボゴボゴボゴボゴボゴボゴ!!
262: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 21:41:13.78 ID:hvdVuCL70
上条「…チッ!!」ゴロン!

バゴバゴバゴバゴバゴバゴ!!

アニェーゼ「はあっ!!」ブウン!

上条「!」シュタッ!

ドシュウッ!

アニェーゼ「うまく避けたみたいですね…でもいつまで続けられるますかねぇ?」ニタッ

上条(あいつが振った軌道で衝撃が変わるみてーだ、攻撃のテレポートって訳か……)

アニェーゼ「おやおや〜もう余裕がなくなってきたんじゃないですか?死刑台までもうすぐかもしれませんよぉ?」

263: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 21:46:48.33 ID:hvdVuCL70
上条「…やれやれ、寝ボケてた時のは演技だったってのか?とんだドS野郎だぜ…」

アニェーゼ「寝ボケ…?はん!!何訳わからねーことを!!こっちの攻撃はまだ終わってないんですよ?」ズラッ!

上条「…ナイフだと?」

アニェーゼ「私が飛ばせるのは打撃だけじゃねーんですよぉ…このナイフで杖を切りつけたらどうなると思いますか?」ニヤリ

上条「てめー…」

アニェーゼ「ふっふぅ〜ん♪レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ…」ペロペロ
264: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 21:52:20.28 ID:hvdVuCL70
上条「……ッ」ゾワッ!

上条(この感覚は……)

アニェーゼ「レロロレロレロ……分かりましたか?この杖はどんな感触や様々な衝撃だろうと相手に食らわせることができるんですよ…!!」

上条「…ケッ、今のパフォーマンスは必要あったのか?」

アニェーゼ「…そのへらず口ももう叩けなくしてあげましょうッ!!食らえッ!!」ガリィッ!

上条「くっ…」ダンッ!

ズババババッ!!

266: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 22:00:04.73 ID:hvdVuCL70
アニェーゼ「もう一発!!」ドゴドゴ!!

上条「避けきれ……ぐあ!!」ボゴ!

アニェーゼ「そしてェー…だめ押しにもう一発ゥ!!」ガリィッ!

上条「……がはっ!!」ズバァッ!

アニェーゼ「…フン、実に小癪ですね!崩れた体制からも致命の一撃をズラすとは」

上条「うぐぐ…」グググ…

上条(まずいな…この攻撃、どっから来るか分からねえ…『見える』攻撃は慣れてるが『見えない』攻撃ときたか…やれやれだぜ)

アニェーゼ「……そろそろ審判の時です!潔く、その命を散らしちまいなッ!!」ギン!
267: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/10(金) 23:58:07.28 ID:hvdVuCL70
教会外部

建宮「おらっ!」ドゴ!

「うぐぅ……まだまだ…!!」グググッ!

「引くことは許されませんッ!!」

建宮「おいおい…さっきより敵の勢いが激しくなってるじゃねーか!!死中の活ってやつか!?」

五和「あうっ!」ドシャ!

「仕留めたッ!」ギラッ!

建宮「…五和ッ!やらせるかよ!!」ドガァ!!

「うっ!!」バゴッ!

268: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/11(土) 00:20:39.53 ID:QaKIWzgA0
五和「き、教皇代理…申し訳ありません」

建宮「気にするな、ほかのみんなはどうなってる?」

五和「先程よりも苦戦してきています…このままだと押し切られてしまいそうです」

建宮「….くそッ!まだ『作戦』も終わってねーってのに!!」

五和「…はっ!教皇代理!!」
269: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 00:23:59.69 ID:QaKIWzgA0
ズラッ…

建宮「…しまった!!囲まれちまったのよな!」

「あなた達の抵抗もここまでです!」

「異端者め……大人しく罰されなさい!!」

ジリッ!

五和「くぅっ…」

建宮「ちくしょー…このままじゃあ…」
270: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 00:26:27.54 ID:QaKIWzgA0
…ヒュンヒュン

建宮(…ん?)

五和(今、何かが光って……)










???「…七閃ッ!!」シュバァッ!!
271: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 00:31:59.79 ID:QaKIWzgA0
「「「「「き、きゃあああああっ!?」」」」」シパシパシパァン!!

ドサドサドサドサドサドサ…

???「…峰打ちです、命に別状はないでしょう」

ドドドドドドドドドドドドドドドド

五和「まさかっ!!この技……この声!!」

建宮「あなたは!!」


神裂「みんな、遅れてごめんなさい…神裂火織、只今参上しました!!」シャキン!
272: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 00:38:20.26 ID:QaKIWzgA0
教会内部………

アニェーゼ「それではッ!刑を執行します!!…………死になさい!!!」

上条(……アレをやってみるしかねえな)

アニェーゼ「はぁーっ!!」ドゴッ!!

アニェーゼ(ヤツに私の攻撃は対応できない…先を読まれてしまってはね!!)ニヤッ

上条「…………」スッ

アニェーゼ「……なっ!?」

273: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 00:41:34.30 ID:QaKIWzgA0
アニェーゼ(構えを解きやがったですって…!?馬鹿め!戦意喪失か!!)

アニェーゼ「ふふふ…運命を受け入れたみてーですね?いいでしょうッ!せめて楽に殺してあげますよォーッ!!」

上条「………」ユラァ


ボコン!

アニェーゼ「………あれ?」
274: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 00:44:48.18 ID:QaKIWzgA0
アニェーゼ(外れた…?手元がくるっちまったんですか?)ゴシゴシ

上条「………」スタ…スタ…

アニェーゼ「運のいい奴ですね……今度は外しませんっ!!」ガリィッ!!

アニェーゼ(こんどこそ……)

上条「………」フラッ…

ズバズバズバァン!!

アニェーゼ「………………な」
275: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/11(土) 00:49:14.17 ID:QaKIWzgA0
ドドドドドドドドドドドドドドドドドド

アニェーゼ「………なぜだ!!」

上条「………」

アニェーゼ「なんで私の攻撃が当てらないんだァーッ!!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴ!!

上条「………」ユラユラユラァ…

ボゴボゴボゴボゴボゴン!

アニェーゼ(あ、あたらない…!やつの姿が揺らめいているように見えるッ!!動きがまったく…予想できねぇッ!!)
276: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 00:56:37.63 ID:QaKIWzgA0
…ザッ!

上条「……射程距離内だ」グッ

アニェーゼ「……!!しまっ……!」

上条「オラァーーーッ!!」ボゴォン!!

アニェーゼ「あがぐっ!?」ドゴ!

ズッシャア!

アニェーゼ「あ………ぐ………」ピクピク

アニェーゼ(嘘だ……ただの高校生にこんな動きができるはずが…!)



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「やれやれ…漫画のキャラの動きの見様見真似だったが上手くいったみてーだな…やっつけてやるぜ、アニェーゼさんよ」

278: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 01:19:12.42 ID:XBG+ji+HO
ルフィのゴムゴムのボー?
280: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 01:46:26.18 ID:o3O4sSXp0
いや無想転生かも
283: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 06:54:38.34 ID:Hvse/JdSO
ダイアーさんの分身じゃないの?
285: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 09:00:37.48 ID:OKPUW72n0
ダイアーさんはかませ補正さえなければもっと強かったということか……
286: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/11(土) 10:53:32.22 ID:QaKIWzgA0
アニェーゼ(また……私はこのまま昔にもどっちまうんですか?)

上条「構えられなかったんでそれまで威力は乗らなかったか…もう一発しっかり食らわせてやるぜ」ザッ…ザッ…

アニェーゼ(貧しい…みすぼらしかった時まで…?)

……………………………

ザァアアアアアア…

「……パパ………ママ………」

「………………ううう」

……………………………

アニェーゼ(…そんなの!絶対に嫌だッ!!)ギン!

287: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:58:06.92 ID:QaKIWzgA0
アニェーゼ「絶対に……負けてなるもんですかぁ……!!」グググ…

上条「……ムッ」

アニェーゼ「二度とあの惨めな時代に戻ってなるもんですか…絶対にッ!!」

上条「………………」

アニェーゼ「…フン、一撃加えたのは流石ですが外の音を聞いてみなさい」ニヤッ

上条「なんだと…?」
288: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 11:02:04.70 ID:QaKIWzgA0
シィーーーーン……

上条「こいつは…」

アニェーゼ「あれだけ騒々しかったのにここまで静かになったって事は……もう理解できましたよねぇ!?」

上条「……」

アニェーゼ「あんたの仲間が全員「負けた」ってワケだッ!!もうおしまいなんだよてめーらは!!」

上条「…てめー」

アニェーゼ「ふふふふふっ!!あんたは結局特攻したあげく仲間を見捨ててこんなことになっちまったんですよォ!!まったく下らないッ!クソみてえな幻想を抱いたからですよ!!あははははははは!!!!」
289: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 11:07:33.11 ID:QaKIWzgA0
上条「何か勘違いしてるみてーだな?」

アニェーゼ「な………此の期に及んで何を!!」

上条「俺は奴らに囮になれって言ったわけじゃねえ」

アニェーゼ「ッ……」

…シパシパシパッ!!

アニェーゼ(…!?扉から何か……)

ドドドドドドドドドドドドドドドドドド

上条「迫り来る敵を片っ端からブッ飛ばせ、一人も欠けずに…ってな」

バタァン!


290: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 11:11:24.93 ID:QaKIWzgA0
…ザッ!!

ゴオオオオオオオオオオ!!!

神裂「上条当麻ッ!!」

ステイル「上条!!」

建宮「上条のあんちゃん!!」

五和「か、上条さん!!」

イン「とうまーっ!!」

オルソラ「……上条様!!」



アニェーゼ「なっ…なっ…なんだとォオオオオオオオ!!」

上条「…勢揃いだな」


291: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 11:17:57.63 ID:QaKIWzgA0
アニェーゼ「教会の周りが……火の海に!?」

アニェーゼ(あの炎の巨人……デカい!デカすぎるッ!!)

ゴオオオオオオオオオ……

ステイル「恐れ入った……ルーン60枚がけのイノケンティウスなんて、とても僕一人の力じゃ不可能だよ」

建宮「そこは俺たち天草式の腕の見せ所ってな!!」

五和「ルーンの保護はばっちりです!」

イン「多数のルーンによる多重魔術……とんでもないレベルの威力を引き出せるんだよ!!」

神裂「アニェーゼ・サンクティス…あなたの悪行もこれまでですッ!!」

オルソラ「アニェーゼ様……もう、終わりです!!」
292: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 11:22:17.68 ID:QaKIWzgA0
アニェーゼ「ぐっ…ぐぐぐぐぐぐ!!」ギリギリ

上条「…おれは『幻想』なんて下らねーもの1度も抱いたことはねえ、やると言ったらやる…それだけだ」ザッ…

アニェーゼ「くそっ!なんだ!?なんなんだよてめーらはッ!!なんでそこまでできるんだよッ!?」ザッ…

「あ、アニェーゼ様……」

「……これは」

アニェーゼ「……!!あ、あなた達!!早くこいつらを!!」
293: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 11:28:17.05 ID:QaKIWzgA0
「あ……あ……」ブルブル

「………………」ガタガタ

アニェーゼ「な……!!」

………………………………

オルソラ「……信じきれなかった私自身でございます」

………………………………

アニェーゼ(信じ……切れないってワケですか)

上条「さて……どうやらてめーは小さい頃なにかあったみてーだが道を踏み外しちまったようだな…」

アニェーゼ「………くだらねえ」

上条「だから俺が正しい道に叩き込んでやる…」

アニェーゼ「くだらねえっ!!くだらねぇえええええ!!」

上条「貴様をブッ飛ばしてな……」ギン!

294: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 11:32:22.34 ID:QaKIWzgA0
ダッ!

アニェーゼ「くだらねぇーんだよォーッ!!!!!」ボゴボゴボゴボゴボゴボゴ!!

上条「……無駄だ」スッ…

アニェーゼ「うわああああああ!!!」ズバズバズバズバ!!

上条「てめーが先を読むってなら俺はその先を読ましてもらうぜ……!!」

アニェーゼ「あっ……あっ!!」

上条「今度は………構えられる!」グググッ!!

295: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 11:37:03.08 ID:QaKIWzgA0
上条「オラアッ!!」ボゴッ!

アニェーゼ「…………がっ!!」メゴン!

上条「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ!!

アニェーゼ「がはっ!!ぐがっ!!」

上条「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオララララララララッ!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ!!

アニェーゼ「ぐぎっ!!ごばっ!!」

上条「……………オラァアアアアアア!!!」ドッゴォーーーーン!!

アニェーゼ「ぐあああああああああっ!!!」ドッギャアアアアアアン!!
296: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/11(土) 11:40:41.25 ID:OKPUW72n0
容赦ねぇwwww
297: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 11:43:26.00 ID:QaKIWzgA0
ステイル「やっ、やった!!」

イン「これは!!」

オルソラ「上条様!!」



アニェーゼ「あぐっ!!!」ベシャッ!!

上条「………フー」

アニェーゼ「あ………ぐ………」ズルズルズル…

アニェーゼ(私は………私は………幸せになりたかっただけなのに……幸せに)



ドドドドドドドドドドドドドドドド

上条「おやおや…十字架に叩きつけられるなんて、聖職者にはお似合いの最後じゃねーか………」

アニェーゼ「……………」ガクッ…



バァーーーーーz__________ン!!


アニェーゼ・サンクティス 再起不能!!
299: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 21:19:28.21 ID:QaKIWzgA0
後日、学生寮上条宅

上条「…………でだ」

ステイル「ああ」

上条「この状況はなんだ…?」

ズラッ

建宮「そーいうなよあんちゃん!!お礼を言いに来たのよな!!」

浦上「その通り!」

牛深「我ら全員で!」

諫早「是非!」

野母崎「上条さんに!」

対馬「誠心誠意込めて!!」

五和「おしぼりいかがですかッ!?」クワワッ!

上条「いらねえ」

神裂「す、すいません……彼らがどうしてもと……」ショボン

300: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 21:27:35.27 ID:QaKIWzgA0
オルソラ「わあ……ここが日本の学生様のお住まいなのでございますね!」キラキラ

イン「はーい!人数分の紅茶なんだよー!ミルク、砂糖はいるのかな?」カチャカチャ

ステイル(あの色々と残念なインデックスが……どうやって調教したんだ?)ゴクリ

上条「それで後のことはどーなったんだ?」

神裂「はっ!!そうでした!それを言いに来たのに…」ワタワタ

上条「しっかりしろ…」
301: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 22:30:08.85 ID:QosSd5A40
穀潰しがここまで立派に……
303: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/12(日) 00:09:26.86 ID:qD2LrbCr0
神裂「えー…コホン、ローマ正教は今回の騒動をアニェーゼ一派の独断とし、上層部は関係がないと主張しています、マトモには信じられませんが…」

上条「…そうか」

オルソラ「そしてわたくしと…」ニコッ

建宮「我ら天草式はイギリス清教の傘下に入ったのよな!!」

「「「「「「「はいっ!!」」」」」」」

神裂「…まったく!!私の後を追うなとあれだけ言ったのに…」ハァ

304: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 00:14:50.49 ID:qD2LrbCr0
建宮「なんの!我らプリエステスに惚れ込んだ身!どこまでもついていくのよな!!」

五和「これからもよろしくお願いします!」

「「「「「「よろしくお願いします!!」」」」」」

神裂「みんな……!仕方ない人たちですね」フフフ…

ステイル「これで僕らの組織は権力拡大だ……思わぬ幸運だよこれは」

上条「ならもう一ヶ月分生活費加算しやがれ」

ステイル「そっ、それとこれは話が別だ!!」
305: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 00:58:16.48 ID:qD2LrbCr0
イン「オルソラもイギリス清教に?」

オルソラ「はい……改めて私の伝えたかったこと、それを広めたいと思ったのでございます!それに皆様に救って頂いたこの命…大切にしたいのでございます」

イン「うん…うんっ!頑張ってねオルソラ!!」

上条「やれやれこれで本当におしまいだな、やっとこさスッキリしたぜ…」



306: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/12(日) 01:01:57.01 ID:qD2LrbCr0
神裂「それで…あの…上条当麻…」モジモジ

上条「…なんだ?」

神裂「今回の事も…今までの事の恩がですね…返したくても返しきれなくて……その……」

上条「……………」

建宮(……こんなプリエステス見たことねーのよな)

五和(まっ、まさか!!)
307: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:07:13.29 ID:qD2LrbCr0
神裂「私の身体を………好きにしてくださいッ!!」バァーーーーーン!!

ステイル「…………は?」

イン「ウッソだろお前!?」

五和「アイエエエエ性人!?」

建宮「Oh…my…Gooooooooood!!」ガビーン!

モブ達((((((えっ、何それは…))))))


308: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:14:18.60 ID:qD2LrbCr0
オルソラ「どういうことでございますか?」キョトン

上条「…………知るか」

ドドドドドドドドドドドドドドドドドド

神裂「日本の薄い本で勉強しました…私のようなキャラは礼を身体で返すかくっ殺せ!展開になると……それならと、こちらの方法を選んだまでですッ!!」

イン「お前は何を言ってるんだ」

ステイル(駄目だ神裂……そのジャンルでは日本は未来を行き過ぎているぞッ!!)

上条「………………」

神裂「さぁ…好きにしてください!鍛えているからちょっとなら痛いのにも耐えれます……で、でもなるべくなら優しくしてほしいです……」////

309: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:18:44.53 ID:qD2LrbCr0
上条「…よし、今すぐ取り巻きを連れて帰れ……家が狭い」

神裂「」

ステイル「アワレすぎる……」

イン(このパターンもどっかで見たことがあるんだよ)

建宮「俺、着いてくのやめようかな……」

五和「き、教皇代理………」
310: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:24:47.40 ID:qD2LrbCr0
オルソラ「それではおいとまする前に上条様…」

上条「……」

オルソラ「改めて…深く感謝しております、皆様には勿論でございますが特に……上条様には『信じる』ということの大切さ、尊さを教えて頂けましたのでございます」

イン「……オルソラ」

上条「…フン、俺はそんな大層なモン教えた覚えはねーがな」

オルソラ「いえ……上条様のお言葉、わたくしの身も心も救ってくださったのです…だから」スッ…

311: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:28:32.88 ID:qD2LrbCr0
ステイル「……!!」

イン(まさかっ!!まさかこれはっ!!)

ギュッ……

オルソラ「わたくし……自身を上条様に捧げたいのでございます」///

上条「………!?」

イン「やっ、やった!!」

ステイル「やはりこうなるのかッ!!」

312: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:31:37.26 ID:qD2LrbCr0
神裂「なぜ……なぜ言ってる事はあまり変わらないのにこのシーンはこんなにも美しいのですか……」ヨヨヨ…

建宮「さっきのと一緒にしちゃ駄目よな…」

五和(ライバル……多すぎるッ!!)ギリッ!

モブ達((((((プリエステス…ないわー…))))))
313: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:36:09.31 ID:qD2LrbCr0
上条「……ハァ」

グイ…

オルソラ「あっ……」

ステイル(……ブレないな)

オルソラ「わたくしでは……ダメでございますか?」ウルウル…

上条「……俺は前に言ったが無神論者でな、神様とかそれに仕える奴とかにはトコトン相性が悪い……それに」

オルソラ「それに…?」
314: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:41:32.43 ID:qD2LrbCr0
上条「お前の言ってた考えを広めるというヤツ……それはどうするんだ?」

オルソラ「…………」

上条「やると言ったらやる……俺に言えるのはそれだけだぜ」

オルソラ「……分かりました、上条様らしいお言葉でございますね…わたくしはまた救われてしまいました」ウフッ

上条「おめーなら不幸に落っこちてる奴らを救えるかもしれねーな……諦めるんじゃねーぞ」フッ

オルソラ「……はい!!」グスッ
315: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:48:24.98 ID:qD2LrbCr0
建宮(…はっ!映画のワンシーン見てたみたいで黙っちまったのよな!!)

五和(うう…なんてロマンチックな)グス

モブ達((((((いいわー…))))))ジーン…

神裂「いつか…いつか私もこんなシーンが………」ガクガク

ステイル「僕が断言しよう、無理だ」

イン(さすがお兄様ならぬさすが当麻様なんだよ)

上条「………おめーら頼むからもう帰れ」

オルソラ(そういえば身体を捧げるって何をすればよかったのでございますかね?)


バァーーーーz__________ン!!


To be continued …
319: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 10:18:15.61 ID:4KRCv3UT0

インさんが口調崩れるほどの衝撃wwww
322: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 12:09:16.93 ID:fiPiUWfy0
スレタイ垣根なのに300レス超えてから出てくるとはこれ如何に
325: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/12(日) 18:02:03.90 ID:qD2LrbCr0
〜再びイギリス大通り〜

キミガッ!ナイテモッ!ナグルノヲヤメナイッ!!ヤメロオオオオオWRYYYYY!?イツマデナグットルンダ!サホウガナットランゾ!!

ローラ(それはそれは…ステイル!大義であったぞよ!苦しゅうない苦しゅうない!)ニャハハハ

ステイル(心にもない賞賛をどうも…あなたもこんな結果になるのは予想していたのでしょう?)

ローマ(あらあら?なんのことかしら?ローラわかんなーい☆オッケー!ウフフ!)キャピ

ステイル(いい歳して恥ずかしくないんですか?)ジトッ

ローラ(なっ…!わたしはまだまだ若けるのよ!!まだ2・・歳……)
326: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 18:09:52.48 ID:qD2LrbCr0
ステイル(ま、あなたの歳なんて死ぬほどどうでもいいです…予想してなかったなら何なんです?単なる人助けですか?相変わらず情に弱い方ですね…)ハァ

ローラ(ぐぬぬ……仮にも私の部下
なのにぃ……ふーんだ!!私はその先を見据えて今回の作戦を実行させたんだもーん!!)プンスカ

ステイル(先を見据えて?)

ローラ(その通り!私が今回狙っていたのは天草式を傘下に入れることたりけるのよ!そして…)

ステイル(…ローラ、あなたまさか…)
327: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 18:16:38.60 ID:qD2LrbCr0
ローラ(そう…神裂火織を私達の監視下にいれることなりよ!)

ステイル(…………)

ローラ(神裂火織は世界に数人しかいない聖人の力をもってはいるが自分の心のおもむくままに行動する予想できない人物…もし彼女をコントロールすることができれば我がイギリス正教はさらに力をつけることができると思わなくて?)ニコッ

ステイル(なるほど…合理的な目標ですね)

ローラ(そうそう!少しは見直し…)フンス

ステイル(…果たして思い通りになりますかね)

ローラ(…んなっ!?)
328: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 18:22:23.68 ID:qD2LrbCr0
ステイル(彼女は道理に合わない事を決して許さない性格なのは僕が知っている、それに……)

ローラ(…それに?)

ステイル(……僕もそーいう性格をしているものでね、正しいと思わなければ従うつもりはありませんよ)

ローラ(にゃっ…にゃにぃーっ!?)

329: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 18:30:41.14 ID:qD2LrbCr0
ステイル「それではアークビショップ、せいぜい飼い犬に噛まれないように…失礼します」クルッ

ローラ「ちょ、ちょっと……!!」

ステイル「あ、それと日本円をかなり多めに用意しといてください、それでは」スタスタ…

ローラ「………行っちゃった」

ローラ(…はぁ、上条当麻…厄介な種をまいてくれたものね…でもまぁ……あーいうタイプも嫌いじゃないけどね!フフフ……)



サンライトイエローオーバードライブッ!!GYAAAAAAAA!!ギャクニカンガエルンダ、ナグラレチャッテモイイサト…
332: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/12(日) 21:03:00.10 ID:qD2LrbCr0
同時刻、学園都市研究所

…ドッゴォオオオオオオオオオオオオン!!

「な、なんだと!?私達の取引がバレたとでも……!!」

「大量のロボットが襲って…………」

ロボ『スカッとするぜーッ!!』ガガガガガガガガガガ!!

「うわああああああああ!!」

「おい……なんかてめーの顔見てきたらムカついてきたぞ!!死にやがれッ!!」ドゴッ!

「何を言って………………上等だコラーッ!!」ボゴッ!

「仲間割れしてる場合じゃ…………二人ともかかってきやがれーッ!!」バゴッ!

「そ、そのシャボンに触れるなっ!!……あっ、あばばばばばばばばば!!」バリバリバリバリバリバリ!!

「シャ、シャボンから電撃が!?無数に飛んでるぞッ!!」

「い、一体何が……」

333: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:05:35.05 ID:qD2LrbCr0
??「……さて、そろそろ決めちゃうよん!!」バサッ!

「な、なんだあの翼は!?」

「白い光が…ーーーーーーーーーーー








…カッ!
334: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:12:47.93 ID:qD2LrbCr0
……………………………

シュウウウウウウ……

心理定規「ふぅ!これで今回のお仕事もおしまいね」

ジュリアス「ま、たいしたモンじゃなかった…」

ルドルフ『どうだァーッ!?俺の新型サイボーグ軍団はァ!?俺の科学力は学園都市一ィイイイイイイイ!!できんことはなィイイイイイイイ!!』ピガガーッ!

ジュリアス「うっ、うるせえ!無線で叫ぶな!」

垣根「はぁーあ…つまんねえ仕事だぜ!もっとさぁ心高まるよーな仕事はねーのかよォ!?」ボリボリ

心理定規「あんたねぇ…」ハァ

335: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:17:38.37 ID:qD2LrbCr0
雑魚「こ、このガキどもが…!!」グググ…

垣根「あり?」

ジュリアス「まだ意識あるやつがいたのか」

雑魚「これ以上なめられてたまるかッ!雑魚部隊コマンドーのドノヴァンのナイフを食らうがいいッ!!」サッ

心理定規「あらら…」

垣根「おいおっさん、ナイフなら右のポケットに入ってるぜ」

雑魚「……あれ?」キョトン
336: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:24:19.46 ID:qD2LrbCr0
雑魚(ま、まさか……)ソォオオ…

心理定規「ご名答っ!」

雑魚「デッ!!」ギラリ

垣根「そして『なんでナイフの事分かったんだこの野郎!』と言う!」ビッ!

雑魚「な、なんでナイフの事分かったんだこの野郎!…………ハッ!?」

垣根「ま、出したとこで無駄なんだけどねーん!……っらぁ!!」ボゴッ!!

雑魚「ギャプゥーッ!」ドッシャア!

ルドルフ『やれやれ!これはもう一度確認しといた方がいいんじゃないのかァ?』

ジュリアス「確かにそうだな…手分けしよう」

垣根「えーっ!?めんどくせぇなぁ〜」

心理定規「つべこべ言わずにとっと行くわよ!」

337: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:30:49.04 ID:qD2LrbCr0
スタスタ…

垣根「ふぁ〜あ…パッパと終わらせて早く艦これやらねーと……あれ?」

傭兵「うっ……ぐっ……」ハァハァ…

垣根「…おやおや?早速だなぁ〜」

傭兵「…フン、俺たちはこんなガキなやられちまったのか」

垣根「そのとーり!だからだまって監獄にブチこまれちまいなスカタン!!」

傭兵「覚悟はできている……好きにしろ」

…ハラリ

垣根「はーん!ヘンテコなプライド持ってるやつに俺は人一倍イジわるで……ん?」

338: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 21:34:29.46 ID:qD2LrbCr0
垣根「こいつは写真か?」

傭兵「そっ…それは!!」

垣根「…成る程、家族がいるって訳か」

傭兵「ぐっ……………」

垣根「でもまぁ」





ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

垣根「…俺には関係ねーけどなッ!!」




……ドゴッ!
340: ◆CzqmRImo0Q 2014/10/13(月) 00:10:43.64 ID:bBYv1ZKM0
タタタ…

心理定規「んもう!垣根ったら時間かけ過ぎよ!……あら?」

垣根「………」ゴソゴソ

心理定規「いたいた!何やってんのよ!」

垣根「ん?メジャーか…見てのとーり身体検査だぜ」

心理定規「身体検査?その気絶してる人、服から見ると警備員みたいだけど……」

傭兵「……………」ピクピク
341: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 00:15:45.88 ID:bBYv1ZKM0
垣根「ああ、この施設の警備員でブッ潰した組織とは無関係の人間みてーだな…何も持っちゃいねーや」

心理定規「…そう、ならいいわ!早く撤収するわよ!!」タタタタ…

垣根「へいへ〜い…」





垣根「確かに、何も持ってなかったぜ…家族以外はな…」
342: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 00:20:30.70 ID:bBYv1ZKM0
脱出用ヘリ内

ジュリアス「やっと来たか…おせーぞ垣根!!」

垣根「へへっ!わりーわりー!」

ルドルフ「さてさて、メジャーから重大発表があるみたいだぜ?」

垣根「重大発表…?まさかあの一攫千金任務の事か!?」

心理定規「その通りよ、今さっき作戦内容が送られてきたわ!」
343: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 00:32:48.46 ID:bBYv1ZKM0
垣根「キタキタキターッ!それでっ!どんな内容なんだ!?僕ちゃん頑張っちゃうもんねー!!」

ジュリアス「ガキかおめーは…」

心理定規「内容は…『ピンセット』の回収?どういうことかしら」

垣根「ピンセットォ〜?なんかの隠語か?」

ルドルフ「聞いたことがあるぜェー…学園都市の最新技術が使われたとんでもない発明品だそうだ」

ジュリアス「それを奪還してこいってワケか」

垣根「ンだよ簡単な任務じゃねーか!」

心理定規「待って!まだ続きがあるわ…えーと、フレメア・セイヴェルンの…」

ジュリアス「フレメア・セイヴェルン?」

垣根「誰だぁそいつは?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

心理定規「フレメア・セイヴェルンの……捕獲?」

垣根「オイ………なんつった?」





To be continued …
345: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 06:05:45.50 ID:fv/p0XKqO
乙ー
346: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/13(月) 08:16:44.98 ID:+6lhZMK40

なんだろう、上条さんや一方通行とは違う違和感あるな垣根ジョセフ…

垣根の見た目でジョセフの口調だとチャラ男っぽさがヤバイし、
ジョセフの見た目で未元物質の翼が生えるとなんかもう究極生物的でヤバイ

次スレ:

垣根「てめーの次のセリフは『出番いつなんだよこの野郎!』だ! 【前編】




このシリーズSS:

美琴「ちょっとあんた!」上条「やれやれ…」


一方通行「…グレートだぜェ」


浜面「この浜面仕上には夢がある!」


垣根「次にてめーは『グレートにムカつくぜェ』という!」


垣根「てめーの次のセリフは『出番いつなんだよこの野郎!』だ! 【前編】


垣根「てめーの次のセリフは『出番いつなんだよこの野郎!』だ! 【後編】


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク