浜面「この浜面仕上には夢がある!」

1: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/07(日) 16:33:52.73 ID:2z9T5wbQ0
浜面に黄金体験させてみた

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410075222
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 16:40:39.54 ID:2z9T5wbQ0

一方通行「…グレートだぜェ」


の続きです
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 17:24:28.16 ID:2z9T5wbQ0
~某所、某日~

???「…………ということだ、今回の任務は理解したか?」

???「ウフフ…アンダースタンド、オールオッケーよ…」

???「学園都市をローマ正教のもとに置く…そのための重要な任務だ、できるか?」

???「できるできないじゃない…『ヤる』のよ、すべてこのお姉さんに任せておきなさい…ウフフ」

……………………………………………
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 17:32:31.61 ID:2z9T5wbQ0
~常磐台、学生寮~

美琴「ついに…ついにあの日がすぐそこまで来た…」

美琴(………学園都市の全学校が参加する
体育祭、大覇星祭が!!)

美琴「体育祭…男女の中が急接近する一大イベント…!ここで他の娘たちと…………差をつけてみせるッ!!」

美琴「もし…もし成功したなら…」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 17:36:40.56 ID:2z9T5wbQ0
上条?「ん…?美琴じゃないか、どうしたんだ?」

美琴「あっ!あのねタオル持ってきたの!よかったら使って!」

上条?「フッ…ありがとよ、でもな…」

美琴「えっ…?」

ヌギッ

上条?「ワリィが疲れてんでな…拭いてくれないか?」

美琴「!ハ、ハイヨロコンデーー!」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 17:40:43.17 ID:2z9T5wbQ0
…………………………………

美琴「………ウプケコキコケキコカコカコ!!だっ駄目よ!まだ笑うんじゃないわ!!」

美琴「やったる!御坂美琴やったるぞーーーーーーー!!!」ガオー!




黒子「お姉様………おいたわしや…」ウウウ…

11: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/07(日) 20:00:36.05 ID:2z9T5wbQ0
そしてッ!

ドン!ドンドン!

ナレーター「おはようございます皆様、ことしも大覇星祭の世界の季節がやってまいりました、実況は6ご…一介のナレーターが務めさせて頂く世界です」

ワイワイガヤガヤ

黒子「あら?どこかで聞き覚えのある声のですの…?」

美琴「きききき気のせいよ!!疲れてるんじゃない黒子!?」

黒子「はぁ…?」

佐天「言われてみればどっかで聞いたことがあるような…?」

初春「私もどこかで…いや、聞き慣れている気も?」

美琴(あの娘たちが言ってた学園都市での仕事ってコレか…ぬかったわ)
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 20:06:10.55 ID:2z9T5wbQ0
青ピ「世界ってなんだよ(哲学)」

土御門「大覇星…ウチの学校にはなんせカミやんがいるからなぁ、エリートたちの鼻をあかしてやろうぜい」

上条「………めんどくせえ」

吹寄「コラッ!上条!気合入れなさい!!私達の学校が全ての頂点に立つために粉骨砕身努力しなさいッ!!」

上条「てめーはどこを目指してんだ…」

姫神「僥倖…!ついに名前が表記された…こんなに嬉しいことはない…!」

上条「ン?姫神、居たのか…」

????「」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 20:10:35.20 ID:2z9T5wbQ0
スタスタ…

一方通行「おおッ!?上条さンじゃないっすかァ!」

土御門「おや?」

青ピ「新キャラ登場や!」

上条「てめーは、通行か…」

一方通行「上条さンの学校も参加してたんスねェ…ま、全学校参加だから当たり前かァ」

上条「まあな…ん?おめー…高1だったのか」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 20:13:29.80 ID:2z9T5wbQ0
一方通行「そうっスよ~!上条さンよりいっこ年下ッスね、もっと年いってるかと思いましたよォ!」タハハ

上条「………」

一方通行「……スンマセン冗談ッス、その顔やめてください」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 20:17:09.25 ID:2z9T5wbQ0
一方通行「いくら上条さンが相手だからってウチの学校も負けないッスよ!それじゃ!」スタタタター

土御門「なんかいいヤツそうだったにゃー」

青ピ「でも何やろあの服…ゼブラーマンか?」

上条「…命が惜しけりゃアイツの前で服のことをいうのはやめとけ」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 20:24:43.82 ID:2z9T5wbQ0
インデックス「とうまー!応援にきたんだよー!」ブンブン

ステイル「やあ、上条」

上条「ステイル…?おめーも応援に来てくれたってのか?」

ステイル「ふっ!ま、それもいいだろう…他にもちょっとした用があってね」

青ピ「何ッ!カミやんこの美幼女とどんな関係や!?イケナイ関係か!児ポ法接触か!?」

イン「このレベルの変態は見飽きたんだよ」

ステイル「こいつ消し炭にしていいかい?」

上条「…やめといてやれ」

土御門「おっ!選手宣誓が始まったみたいだぜい」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 20:33:59.29 ID:2z9T5wbQ0
削板「選手宣誓ッ!この削板軍覇正々堂々戦う事を誓うッ!我々学生はこの戦いを通して成長するのだ!いや…!してみせるッ!!」

???「はァ~…なんだかめんどくさいしィ…とっととはじめちゃいましょーよ、パパッと」

削板「な、何てスピーチをしてるだーーーーーッ!?ゆるさん!!」

初春「はえー、ガチムチな人ですねぇ」

佐天「あの気だるげな女の人すごくスタイルいいなぁ~あこがれちゃう!」

青ピ「あの流れるような金髪…イイッ!」

土御門「ん?かみやん、あの女生徒がどうかしたのか?」

上条「……いや、なんでもねえ」






19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 21:17:25.34 ID:2z9T5wbQ0
ナレ「アー…最初の競技は玉入れです…タマ………挿れ……淫美な響き…イイーッ!!」ガタガタガタ!


黒子「玉入れなんて私の能力でジャックポットですの!」ヒュンヒュンヒュン!

美琴「ずるくない?」

友2「あっ!輝泰くん!駄目だよ玉を消しちゃあ!!」

友1「ちっちくしょー!なんでいつも俺がテレポートさせようとするとモノがどっかに消えちまうんだッ!」

一方通行「その手で俺らを削りとらねーでくれよォ…よっと」ベクトルチョウセイホイホイ

青ピ「ど、どーなっとるんや!?全ての玉が寸分狂わず同じ軌道で入ってく!」

上条「…思ったんだが能力使っていいんならルール破綻してねーか?」

土御門「それは禁句だにゃー」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 21:30:41.10 ID:2z9T5wbQ0
ナレ「つぎ………100m走………がんばれ」

一方通行「よっしゃ!この勝負もらったぜェ!ベクトルダッシュ!!」


ドシューーーz_______ッ!!


ナレ「…………はやい」

佐天「わあ!通行さんすごい!!」

初春「さすがですね!」

一方通行「アッ、やべえ停まれねェ」

ドッゴォオオオオオオオオン!!

観客1「グワーッ!?」

観客2「アイエエエエエエエエエ!?」

ピーッ!


黄泉川「ぶどうが丘学園!観客への危険行為で減点!!アホ通行が!!」

一方通行「ちっチクショー…」ピクピク

佐天「なんか最近通行さん三枚目キャラになってきてない…?」

初春「…ですね」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 21:37:20.75 ID:2z9T5wbQ0
ナレ「次の競技は綱引きです…話は変わりますが、土俵際の駆け引きって手に汗にぎりませんか…?ウフフ…」

削板「くらえ…!縄を伝わる!大縄波紋疾走(ビッグロープオーバードライブ)!!!」

ドッギュウウウウウウウウン!!

相手1「おわーーーーっ!?」

相手2「ビリっときたーーーッ!?」

青ピ「Holy shit!?相手を縄ごと引っ張り込みおった!!」

土御門「勝てばよかろうなのだぜい」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/07(日) 21:50:51.79 ID:2z9T5wbQ0
ナレ「次は騎馬戦です…ああっ…私もあの人の上に乗っかって………揺らされて………あああああああああああ!!!!!!」ハァハァハァ!

イン「なんで誰もナレーションに突っ込まないんだよ…」

一方通行(おーし…この競技は上条さンも
出てるみてーだし、ラッシュ対決といくかァ!)

一方通行「おっ!あの騎馬だなァ!よっしゃ!とつげ…………………き……」




ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「……………」

騎馬1「このカスどもが…奮闘するんじゃあないッ!」

騎馬2「小僧ども…今度逢う時はもっと強くなってからこの和無有に向かって来い!!」

騎馬3「おまえたちは俺たちに恐怖している………おや?当たってしまったか……………なァーーーーーーーッ!?」

黒子「は、柱のような男達ですの!?」

美琴「高校生なわけないでしょ!?」

吹寄「ん?あの騎馬三人組はうちのクラスの案山子くんに大塚くんにひろしくんよ?」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 00:33:47.36 ID:CRghRX8C0
ピンポンパンポーン!

ナレ「つーわけで昼休みだコラッ!とっとと休め!!つーかイタリアのベニスってよォ~…」イライラ

土御門「カミやんおつかれ!」

青ピ「カミやんのお陰で高得点ゲットやで!優勝も望める!」

上条「…誰もあんな騎馬に近寄ろーとしねーだろ…」


チラッ

美琴(いっ、居た!ここで…ここで愛情たっぷりタオル作戦を…!)
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 00:40:36.79 ID:CRghRX8C0
5号「やっほー!とーまくんおつかれー!!」パタパタ

8号「お疲れ様です…よかったらタオルどうぞ…うへへ」ベタベタ

10号「上条さん!おちゅか…おっ、お疲れ様です!!」ペコペコ

上条「…てめーら」

青ピ「カミやん…お前…いや、もういいや…」

土御門「三つ子とはたまげたなぁ」




美琴(あの娘たち…ハーレム展開はもう無いんじゃないんかクソックソッ!!)
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 00:49:52.45 ID:CRghRX8C0
5号「さっきの騎馬戦すごかったよー!究極生命体というかなんというか!」

上条「オイ…このタオル不自然に濡れてねえか…?」

8号「べっ別に変な汁つけてませんよ!?本当に!」

10号「あの…あの…」ワタワタモジモジ

土御門「なんか俺ら邪魔っぽいしあっちいってるぜい」

青ピ「その星の元に生まれたんやね…そう思わんとやってられんわッ!」




美琴(ああ~もう!私と同じDNA持ってるからってなんでよりによって当麻に…!)
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 00:57:57.95 ID:CRghRX8C0
5号「じゃあ私達なれーしょんの仕事あるから、またねー!」タタタター

8号「ああっ…この汁たっぷりタオル…使って欲しかった…ああっ!!」スタタター

10号「あの…その、頑張ってください!」ピューッ!

上条「…おう」

アウッ!チョット10号チャンマタコロンダノ?ツ、ツギハドコノシルヲ…


上条「……あいつらの学習装置を作ったやつは何を考えてんだ」



美琴(私が聞きたいわよ!)

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 01:01:23.66 ID:CRghRX8C0
美琴(しかしアイツ1人になった今がチャンス!ここで仕掛けるッ!)

美琴「ね、ねぇ!とう…」






???「…あらぁ?ミコっちゃんじゃない!!」

美琴(…げっ!)
40: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/08(月) 11:54:30.23 ID:TITQRRFEO
美琴「あ、あなたは…」

食蜂「わたしよー!食蜂操祈!み・さ・き!キャホー!…なんてね」

美琴(あちゃー…やっぱ食蜂先輩かぁ…)

食蜂「こんな影から伺うようなとこからどーしたのォ~?ストーキング?」

美琴「そそそそそそんなことは!?」

食蜂「ジョーダンよっ!ジョーダン……え、マジなの?」

美琴「違いますっ!」
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 11:58:00.39 ID:iU+0S2p0O
このみさきち絶対強い(確信)
42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 12:06:26.29 ID:TITQRRFEO
なんか説明しなきゃいけない気がしたから説明しておこう……

この人は常磐台三年生の食蜂操祈ーーーーーそして学園都市第五位でもある

彼女の能力は心理掌握(メンタルアウト)…凄まじい能力らしいが使っているところは見たことがない…本人があまりこの能力自体が好きではないというウワサもある

キャピキャピしてそうな外見からは想像もつかないくらいアウトローで竹を真っ二つに割ったような性格をしている…頼りがいのある性格でもあり、多くの生徒からも人気を集め『女王様』と呼ばれたりもしている…本人は嫌そうだけども

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 12:15:14.68 ID:TITQRRFEO
そして能力もさることながら彼女はマーシャルアーツの達人である…数々の大会を総ナメ、男女混合の大会でも優勝経験がある…このしなやかな体からは想像もできないほどの強さを誇っている、ある人は『まるで一本の糸のように』全てを受け流すらしい…

同じ学園都市のレベル5として私にはフレンドリーに接してくれているが…少し苦手だ…なぜかというと





食峰「ン?どーしたの?」ボイーン!

美琴「………」ペタン

美琴(…この胸ッ!自分のと比べるとドス黒い気分になるッ!そしてそんな自分にイラついているッ!神!恨まずにはいられない!クソッ!!)
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 12:30:45.27 ID:CRghRX8C0
食蜂「あっ!分かったわ~」ニシシ

美琴「えっ?」

食蜂「あの後見せてる背の高い男子!アレ目当てでしょ!!」

美琴「なっ…なななななななななんでそれを!!」ボフッ!

食蜂「…ミコっちゃん分かり易すぎよ」

美琴(そしてこの鋭い勘!どうなってるのよ…とほほ)
46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 12:36:40.87 ID:CRghRX8C0
食蜂「そうねぇ…人生の先輩として教えられる事は…やっぱキャピキャピした女に男は心くすぐられるかな?」

美琴「はぁ…」

食蜂「例えば…『あなたを好きになっちゃったんだゾ☆私とお付き合いしてほしいなぁ~☆』…」

美琴「………」


食蜂「………オエーッ!今のナシ!やっぱクッソうざいわ!!」

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 13:59:45.42 ID:CRghRX8C0
スタスタ…

食蜂「んっ?」

美琴「あっ」

ザッ

上条「さっきからうるせーな…御坂、やっぱりおめーか…」

美琴「ゲッ!気づかれた!!」

美琴(わたしの作戦がぁ…)

食蜂「あら?それじゃ邪魔なっちゃ悪いし私はここ…………で…………」

美琴「?」

上条「お前………………!!」
53: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/08(月) 14:02:43.83 ID:CRghRX8C0
上条「そのナリ…………………やはりミサキか……」

食蜂「とう……………ま?」

美琴「えっ!?えーーーーーーッ!?!?」


ドォーーーーz_______ン!

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 14:13:11.48 ID:CRghRX8C0
上条「…やれやれだぜ、宣誓してたやつがどこかで見た顔だと思ったらお前だったとは…」

食蜂「…やれやれだわ、学園都市全ての学校が参加してるのは知ってたけど…四年ぶりね」ニコッ

美琴(ちょっとちょっとちょっと!この二人どーいう関係なのよ!?四年ぶりって)

オメーハアマリカワッテネーナ、ソレニシテモアンタデカクナッタワネー、ケッ…ムカシノオメーモチビスケダッタノニナ、ナッ!ウルサイワヨ!

美琴(まさか…まさか昔の恋人!?そんな再び燃え上がる恋だっていうのッ!?)

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 14:41:53.06 ID:goH5s5pLO
食蜂「それにしても女の子キラーっぷりは健在ねえ…まさかミコっちゃんが惚れてるとは、ビビったわ」

上条「おれが知るか……ン?」



土御門「おーいカミやん!次の競技の準備はじまるぞー!」



食蜂「あらら…お呼ばれみたいね」

上条「そのようだな…」

食蜂「行って!また今度時間があるときゆっくり話しましょ!…四年ぶりに会えてうれしかったわ」ニコリ

上条「…ああ、またな」フッ



スタスタ………

食蜂「ふぅ~まさかミコっちゃんが当麻に会わせてくれるとはねぇ、びっくりしたわぁ」

美琴「……………」ブツブツ

食蜂「…ミコっちゃん?」

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 14:45:55.87 ID:goH5s5pLO
美琴「………ハッ!し、食蜂先輩!!アイツとどういう関係なんですか!?四年ぶりって!?」

食蜂「にひひ…聞きたい?私と当麻の馴れ初め?」

美琴「聞きたいッ!私気になりますッ!!!!!」

美琴(これ以上ライバルが増えたら私は…………本当にハーレムやらないんじゃないんかクソが!!)

食蜂「そうねえ…あのときは当麻が小6、私が小4だったわね…………」







59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 16:46:10.94 ID:TITQRRFEO
…………五年前

男の子「おーい上条!ドッジ入ってくれ!お前がいたらぜったい勝てる!」

女の子「ねーねー上条くん、いっしょに遊ばない?」

上条(小6)「わりいな…用事がある」

男の子「なんだよつれないなー!」

女の子「じゃあまた今度ね!」

ワーワー



食蜂(小4)「いいなあ……あのひと」
60: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/08(月) 16:49:57.26 ID:TITQRRFEO
食蜂(わたしもみんなといっしょに…)

食蜂「はぁ…」キーコキーコ…

…ザッ

上条「…おい」

食蜂「わっ!」

上条「なんでみんなと遊ぼうとしない?子供なら遊んでなんぼだぜ…」

食蜂(…あなたも子供じゃない)
62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 17:00:22.73 ID:TITQRRFEO
食蜂「わたしね…のうりょくのせいであいての心がすこし見えちゃうの」

上条「能力…?読心能力あたりか…」

食蜂「どくし…?とにかくそのせいであまりみんな近づいてくれないんだ、しかたないけど…」

上条「………」

食蜂「だからあんまり近づかない方がいいよ…かんがえが見えちゃうもの…」

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:16:48.44 ID:CRghRX8C0
ズイッ!

食蜂「なっなに!?」

上条「オイ…お前名前は?」

食蜂「しょくほう…みさき」

上条「そうか…いきなりだがミサキ、おめーこのままでいいと思ってるのか?」

食蜂「…えっ?」
66: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/08(月) 18:22:15.48 ID:CRghRX8C0
上条「このままひとりぼっちでいいのかって聞いてんだ」

食蜂「それは…」

上条「…どうなんだ?」

食蜂「…いやよ!わたしだってみんなといっしょに遊んだりわらったりしたいよ!…でもこんな能力があったらどうにもならないよ…」グスッ

上条「…………」

食蜂「どうすればいいかわたし…わかんないよ…」ポロポロ


67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:26:03.26 ID:CRghRX8C0
上条「…ミサキ」

食蜂「ううう…」ポロポロ

上条「俺も昔、お前と同じだった」

食蜂「…………えっ?」

上条「俺にも妙な能力があってな…誰1人俺には近づこうとしなかった、お前以上に」

食蜂「で、でも今じゃみんなから頼りに…!」
68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:29:03.37 ID:CRghRX8C0
上条「立ち向かう意思…」

食蜂「たちむかう…意思?」

上条「そうだ…おれはそれのお陰で立ち直れた、今までの自分からな…」

食蜂「………」

上条「その意思が常におれのそばに立っている…そう思って今までやってきた」

食蜂「わたしは…わたしは」
69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:33:20.05 ID:CRghRX8C0
上条「めんどくせえから簡単に聞くぜ…『お前に立ち向かう意思はあるか?』」

食蜂「………わたしっ!」ググッ!

上条「フン、いい目になったじゃねーか…ところで、おれの心が読めるか?」

食蜂「…あれっ?」

食蜂(まったく…読めない?こんなひとがいるなんて…)

上条「読めねーだろ?この力をおめー自身でコントロールしろ…能力を自分のモノにするんだ」
70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:35:51.74 ID:CRghRX8C0
上条「おれが言えるのはここまでだ…じゃあな」スクッ

スタスタ…

食蜂「わたしの力…わたしの意思…!」
グッ!




食蜂「…待ってッ!!!」

71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:40:52.24 ID:CRghRX8C0
ピタッ

食蜂「わたし…もっと強くなりたい!!もっともっと…囚われている檻から!『石の海』から自由になりたいッ!!」

上条「……」

食蜂「あなたに着いていかせて…いや!絶対に着いていくわ!!」

上条「…ケッ、勝手にしろ…」
72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:44:32.87 ID:CRghRX8C0
食蜂「それと……あなたの名前を聞かせてちょうだい」

上条「…………」

食蜂「…………」







上条「当麻……上条、当麻だ」


……………………………………………

食蜂「~ってなワケよォ、あとはアイツが卒業するまでの一年間、ずっと着いていったわねェ~ま、そのあとは何も言わずいなくなっちゃったけど…」

美琴「あいつと先輩にそんなことがあったなんて…」
73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:48:18.65 ID:CRghRX8C0
食蜂「しっかし今考えたらあんな小6いるかってのよ!やるときはやる性格だったとはいえ…マジありえねーわ」

美琴(でも…アイツは昔先輩と同じ体験を)

食蜂「一緒にいたのは一年間だけだったけど学んだモノが多すぎて数え切れないわ…子供心だけどね」

美琴「昔から変わってないんですね…アイツは」
74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:54:44.07 ID:CRghRX8C0
食蜂「そうねぇアイツは昔からそう…そして私は言うなれば…『受け継いだ人間』かしら?」

美琴「受け継いだ…人間?」

食蜂「かっこつけた言い方だけどねェ~アイツから『意思』を受け継いだ…そんなカンジかな?」

………………………………………

「お前のできる事、それを全力でやれ……!!」

………………………………………

美琴(意志…)
75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 18:59:09.88 ID:CRghRX8C0
食蜂「でもいつまでも受け継いだままじゃいられない!その先をどうするかは自分自身よ…私は『飢えた』、より気高く自分の成長に『飢えた』わ…!!」

美琴「……先輩」

食蜂「ま、こんなとこかしら?どうやらミコっちゃんもアイツから何か受け継いだみたいね…?」

美琴「……はい!」
76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 19:03:47.23 ID:CRghRX8C0
食蜂「まったく分からんヤツよねぇ…当麻はぶっきらぼうだけど、それに反して色々な人に影響を及ぼしている…たいしたヤツだわ」

美琴(…一方通行に……妹たち、そして………わたし)

美琴「…そうですね、私にも分かりません…ふふふ!」

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 19:07:27.98 ID:CRghRX8C0
食蜂「…ところでミコっちゃん?」ニヒッ

美琴「……へっ?」

食蜂「私が当麻の事どう思ってるか気にならない?」

美琴(し、しまった!それを忘れていた…!!マズイ!こんなの正ヒロイン確定じゃないの!!)

美琴「ど、どどどどどどどうなんですか…?」ドキドキ

食蜂「うーんとね…」
78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 19:11:14.35 ID:CRghRX8C0
食蜂「好き……とはまた違うわね、どっちかっていうと尊敬?あこがれかな…」

美琴「そ、そうなんですか…」

美琴(セーフ!…………なの?)

食蜂「でもまぁアイツは女の子と付き合うのに全く興味ないからね~恋路は茨の道どころじゃないわよ、ありゃあ」

美琴「…………ですよねぇ」ズーン
79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 19:13:59.83 ID:CRghRX8C0
食蜂「はははっ!ま、そんなに落ち込まないで!わたしがアイツの弱点教えてあげるから!」

美琴「じっ弱点!?アイツに弱点なんかあるんですか!?」

食蜂「そうねぇ…うーんと…」

美琴(一体…それは!?)ドキドキ
80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 19:15:16.58 ID:CRghRX8C0










食蜂「ヒトデが……………好き」


美琴「は?」
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 19:17:10.86 ID:CRghRX8C0
食蜂「ま!そういうことよー!ミコっちゃんがんばれ!乙女よ大志を抱け!またねーー!」フリフリ

美琴「えっ」















美琴「えっ?」
83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/08(月) 19:52:45.27 ID:qDbQ9bYCO
ヒトデ好きなのは弱点じゃないだろいい加減にしろ!
89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 14:40:12.65 ID:hYgljZxfO
~同時刻、路地裏~

???「潜入成功よ…ウフフ、学園都市のセキュリティもちょろいわね」

???「オリアナ…油断するな、この街には超能力者と呼ばれる異能力を持つ人間が多いと聞く」

オリアナ「だいじょーぶだってぇ…私の魔術の前には無意味よぉ」

???「…しくじるなよ、それでは」ブチッ

オリアナ「ウフフ…愚問よ」
90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 14:51:10.77 ID:hYgljZxfO
ワイワイガヤガヤ

騎馬1「よし、それでは外界のコンビニへと出掛けるとするか」

騎馬3「うむ」

騎馬2「はっ!」


ビクゥ!ドシュッ!ヌウウ!オノレ大塚ナニヲスルカッ!ヤメイッ!ヒロシディシ!大塚ハ影ニハイラレルト…

小萌「昼休みは結構長いですからねぇ…クラスのみんなに買い出しにいかなきゃです!」

姫神「…私もいきます…出番が」

イン「わたしもお手伝いするんだよ!」

ステイル「上条はどこいった…?ま、あとで連絡しておくか」
95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 17:00:40.67 ID:15EuSGChO
~学校付近~

スタスタ

一方通行「ところで上条さン、さっきのパツキンのねーちゃんと知り合いなんスか?」

上条「まぁ…古い知り合いってとこだな」

一方通行「はぇ~、どことなく親子っぽいカンジも…」

上条「…どこがだ」

???「…キャッ!」

96: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/09(火) 17:04:17.82 ID:15EuSGChO
一方通行「あっ!」

上条「!」

ガシッ!

上条「オイ…あんた大丈夫か?」

オリアナ「ごめんねぇ…お姉さんヨソ見してたわぁ」

一方通行(…よく今の反応できたなァ)

97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 17:11:38.39 ID:15EuSGChO
オリアナ(あらっ!イイ男!!ここは…ウフフ…)

オリアナ「ありがとうねぇ…なにかお礼をしなきゃ…ネ?」ナヨッ

上条「いらねぇ、じゃあな」

オリアナ「」

一方通行「即断!?」

オリアナ(うっ…嘘でしょ!?マンガならここで一悶着あるはず…)ボーゼン

一方通行「きょうはパツキンによく会う日っスねェ…」

上条「…知るか」
99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 17:15:23.79 ID:15EuSGChO
オリアナ(ま、まぁ今は任務を遂行しなきゃね…ここいらで…)

オリアナ「…あら?」

イン「ヌゥウウウウーッ!重いんだよ!」ギシギシ

小萌「インデックスちゃんがんばってくださ~い!」

姫神「………おもい」

オリアナ(なんだ…幼女が2人に地味なのが1人………………!?)
101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 17:21:39.12 ID:15EuSGChO
イン「あれっ?あの女の人あいさのこと見てるんだよ」

小萌「どうしたんでしょうか?」

姫神「………?」

キラッ!

オリアナ(まさか…イギリス正教の追っ手!?……くそっ!!)

ゴオッ!!

イン「えっ!?」

小萌「ち、ちょっとどうしたんです!?」

オリアナ「………はぁっ!!」
103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 17:25:46.48 ID:15EuSGChO
ドシュウッ!

姫神「あぐうっ!?」ドシャ!

小萌「いっ…いやああああああ!!」

イン「あっ、あいさ!!」

姫神「ううう…」ドクドク

小萌「姫神ちゃん!な、なぜいきなりこんな…!」

オリアナ(……?様子がおかしいわね…………まさか……一般人!?)
105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 17:28:11.52 ID:15EuSGChO
ステイル「どうしたんだ!?今大きな音が聞こえたぞ!!」

オリアナ(まずい……ここは引くしかないわ!!!)ダダダッ!

イン「あっ、待つんだよ!!」

小萌「姫神ちゃん!しっかりしてください!姫神ちゃん!!」

姫神「………」ドクドク…
112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:28:03.73 ID:CXkmpBYB0
タタタタ

一方通行「あ、あの人さっきぶつかったパツキンじゃないッスか?ずいぶん急いでるみてーだけど」

上条「ん?」

シュン!

一方通行「…なっ!?」

上条「……!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

一方通行「……上条さン、おれの目がおかしくなければ…」

上条「消え………やがったな」
113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:32:57.35 ID:CXkmpBYB0
アイサー!シッカリシテ!!

上条「…あの声!」ダッ

一方通行「…こいつァグレートにまずいかも!」ダッ


ステイル「……上条!!」

イン「と、とうまにみちゆき!あいさが…あいさが!」

姫神「………」ドクドク

上条「…!通行…頼むぜ」

一方通行「任せてくださいッス!」

114: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/10(水) 00:38:25.54 ID:CXkmpBYB0
キュウウウウウウン…

小萌「姫神ちゃん!」

姫神「…………………うう、何でこんな役どころ」ゼイゼイ

小萌「よ、よかったぁ…」ヘナヘナ

一方通行「…よし!キズはふさいだぜェ!だが、出した血が多すぎる…」

上条「先生…病院につれていってやれ」

小萌「はっはい!」

上条「ステイル、インデックス…一体何があった?」
115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:41:25.10 ID:CXkmpBYB0
イン「急に…金髪のグンバツのボディの女の人があいさにむかって………おそらく魔術なんだよ!」

一方通行「…!そりゃァ」

上条「…さっきのヤツだな」

ステイル「…ヤツはオリアナ・トムソンだ」
116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:47:34.07 ID:CXkmpBYB0
上条「オリアナ…?誰だソイツは」

ステイル「追っていた張本人…外から学園都市に入ってきたローマ正教の手先だ…すまない、僕がついていながら…」

一方通行「どんなやつなんだァ…?」

ステイル「その異名は『追跡封じ』…誰も彼女の痕跡を見つけることができないことからついたらしい…かなりやり手の魔術師だ」

上条「…さっき消え失せたのがその魔術か」
117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:53:42.00 ID:CXkmpBYB0
上条「話は大体わかった…今からヤツを追う」

ステイル「僕も行くぞ!」ザッ!

上条「まちな…おめーはもう1人を探せ…」

ステイル「もう…1人?」

イン「まだ侵入してきた人がいるの?」

上条「学園都市への侵入…そう簡単にできることじゃねぇ、必ず協力者がいるはず…しかも単独作戦ってのは考えづれえしな…最低でもツーマンセルだろう」

ステイル「な、成る程…」

上条「インデックス…おめーはコイツを手伝ってやれ、簡単な魔術でアシストくらいはできんだろ?」

イン「……うん!」
118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:59:35.80 ID:CXkmpBYB0
上条「…それでは、『ハンティング』に出かけるとするか…」

一方通行「…上条さン!」

上条「…通行」

一方通行「その『ハンティング』、おれも参加するッスよォ~!」ニッ

上条「………」

一方通行「お前には関係ないって思ってるかもしれねースけど、上条さンには返しても返しきれねーくらいの恩があるンだ!さっきから魔術がなんだの訳わかんねェけど…手伝わせてくださいッス!」

上条「…わかった、行くぞ!」

一方通行「ウッス!」

119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 01:01:28.77 ID:CXkmpBYB0
次回!「女狩り(ガールハンティング)に行こう!」
それではラリホー!!
121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 01:17:40.23 ID:Mzz/vi7b0
ガールハンティング(物理)
123: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/10(水) 10:45:00.21 ID:CXkmpBYB0
ザワザワ

一方「しっかし上条さン、こんな大勢の中からどうやって探すんスか…?しかも相手は見えないときた」

上条「ああ…しかもあの術、外見だけじゃなく気配と足音も消せるとみた…こりゃ骨が折れそうだぜ」

一方「こうなったらここにいる人に聴き込みをするッスよ!」ダッ!

上条「…待て、見えない奴の事をどうやって聴くんだ」

ピタッ

一方「あっ」
124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 10:52:50.81 ID:CXkmpBYB0
上条「それにな…ヤツはこの付近にはもういない可能性も高い」

一方「えっ!なんでッスか!?」キョロキョロ

上条「さっきアイツの後ろ姿を見たカンジだがかなり切羽詰まっているように見えた…たとえ、自分が不可視だとしてもこの場には留まろうとしねーだろう」

一方「た、確かに…」


上条「そしてヤツは追っ手がいる可能性も十分配慮している…いえば追いかけられている獣、そう簡単には追いつかせてくれねーな」

一方「ちっくしょ~…洗脳系の能力なら脳波のベクトルを辿れンだけどなァ~見えないヤツなンてどう追ったらいいんだよッ!」

125: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 11:01:45.83 ID:CXkmpBYB0
上条「…通行、ヤツの体格を覚えているか?」

一方「へっ?体格ゥ?」

上条「アイツの身長…おそらく女にしては高めの170センチ、ヒールの分を抜いてな…それから足の長さは90センチ、こちらも長めと分かる」

一方「そんなの知ってどうすんスか…?見た目が見えねーってのに」

上条「アイツの走るスピード…足の長さから計算して一番曲がり易い角、それを探すんだよ…」

一方「は!?そんなのできるんスか!?」

126: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 11:09:04.02 ID:CXkmpBYB0
上条「つまり実際に歩幅合わせて走ってみるってことだ…いくぜ」ダッ

一方「あっ!待ってくださいよ!!」ダッ!

タタタタタタタタタ…

上条「…おそらくこの角だ」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

一方「…このゴミ箱!!」

上条「急ぎすぎて倒しちまったみてーだな…まだ中の生ゴミも新しい、今さっきぶつかったばかりだ」

一方「やったッ!こいつはスゲェッすッ!追い詰められるかもしれんぜっ野郎をよォ~ッ」

127: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 11:17:31.96 ID:CXkmpBYB0
タタタタタタタタタ…

一方「とこで上条さン、アイツはずっと姿を消してるンすかね?」

上条「いや…それは考えづらいな、自分の痕跡全てを消すとなると負担もデカイだろう…インターバルが必要かもしれん」

一方「じゃあ姿を現すかもしれないッスね!そこを狙ってブチのめしてやるぜッ!」

上条「気をつけろ…姿が見えている間は何かしら抵抗をしてくるだろう…注意を怠るな」

一方「な~に!上条さンの拳とおれのベクトル操作があれば敵無しッスよ!」
129: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/10(水) 12:14:26.90 ID:CTj5kcFYO
一方「あの路地!人通りが少なそうですぜ!」

上条「ああ…こいつはもしかすると」





オリアナ「はぁ…はぁ、私としたことが、ぬかったわ…汗でビチョビチョね」ヌルヌル

ザッ

オリアナ「…あら?」

上条「…いやがったな」

一方「ついに見つけたぜェ!パツキン女ァ!!」
130: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 12:19:45.83 ID:cPiBRt440
オリアナ(なっ…!?追っ手にもう見つかったというの!?しかもこの子たちはさっきぶつかった…!!)

一方「覚悟しやがれェ!人にケガさせた責任とってもらうぜッ!!」ザン!

オリアナ(こうなったら…容赦はしない!始末させてもらうわ!)ビリッ!

上条「…!気をつけろ通行…何か来るぞ!」
131: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 12:58:34.89 ID:CTj5kcFYO
オリアナ「…食らいなさい!!」ドリュウウウウ!

上条(あの水弾は…)

ドシュウウウウウウウウ!

一方「なんだァ!?また水流操作かよッ!んなモン効くわけねーだろーッ!!打ち消してやるぜ!!」グッ!





オリアナ「………」ニッ…

上条(…ッ!何か…やばいぜ!)
132: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 13:03:06.92 ID:CTj5kcFYO
上条「避けろ!通行ッ!!」グイッ!

一方「うげっ!!」クビシメー

オリアナ「…ちっ」

バッシャアアアアアア!

一方「げほっ!げほっ!上条さン、いきなり何を…」

オリアナ(今のうち…!)ダッ!
133: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 13:07:17.77 ID:CTj5kcFYO
一方「俺の反射を使えばあんな水弾ワケねーッスよ!なんで引っ張ったんスか!?」

上条「……見てみろ」

一方「…へっ?」

ジュウウウウウウウウ………

一方「…げげげっ!!」

上条「やはり…ただの水じゃなかったみてーだな…」
134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 13:14:32.69 ID:CTj5kcFYO
上条「………」クンクン…

上条「コイツは強酸性の液体だ…まともに食らえば骨まで溶けちまいそうだな」

一方「でっ、でも反射すれば…!」

上条「叩き潰すのはいいが拡散してくる飛沫はどうすんだ…お前も常時全面防御できるワケじゃねーんだろ?」

一方「あっ!た、確かに…」

上条「おそらく飛沫食らって怯んでるうちに叩き込まれてドロドロのシチューにされる…そんなとこだな」

一方(ひっ、ヒェ~!危なかった…上条さンがいてラッキーだったぜェ…!)ゾクッ!

136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 13:40:15.98 ID:CTj5kcFYO
上条「さて、ヤツはこっちに行ったみてーだな…川沿いの道か」

一方「はっはやく追わなきゃだめっスよ!この道結構遠くまで続いてるし!」

上条「いや…アイツはそう遠くに行ってねえみてえだな」

一方「えっ、何でッスか…?」

上条「アイツの履いてた靴…ありゃあヒールだ、相当走りづらいだろう…しかもアイツは疲れている、となると…」スッ

一方「まさか…!」

上条「…やはりな、この手すり見てみろ、積もった埃に踏みつけたような後がある…川を渡ったみてーだぜ」
137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 13:53:01.18 ID:CTj5kcFYO
スタン!

一方(ちっきしょ~さっきは一杯食わされたちまったぜェ…)

一方「上条さン行きましょう!絶ッテー捕まえてやるッ!」ガサガサボキボキ!

上条「…おい、もうちょっと静かにしろ…そんなんじゃ寝てるカメも逃げてくぜ」

一方「へっ?今おれ音出してました…?どんな?」キョトン

138: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/10(水) 14:53:28.29 ID:7EFE9UgJO
上条「この川を渡ったみてーだな…」ザブザブ…

一方(ゲッ!上条さンそのまま渡んのかよォ…おれの靴はニューバランスの最新型の運動靴だし…靴下はミスタージュンコだしよォ…)ヌギヌギ

一方(うぇ~っ、ヌルヌルして気持ちわるゥ~)ザプザプ

上条「…ムッ、この川…ヒルがいるな」

一方「えっ!!」ポロッ
141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 15:00:12.10 ID:7EFE9UgJO
ボチャン!

一方「あ゛っ゛!゛!゛」

上条「…何やってんだてめーは」

一方(ち、チクショォオオオオオ~~…おれの靴がァ……許さねーぞあのパツキン野郎ォオオオ~~…)ナンカオレマヌケナイメージニサレテナイ?
142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 15:08:35.20 ID:7EFE9UgJO
上条「足跡が砂の上にできている…こっちか」

一方「ヤロー…もうちょっとで年貢の納め時だぜ!」

上条「…!」ピタッ

一方「ん?どうしたんスか?」

上条「足跡が…消えてやがる」

一方「えっ!?まだ砂場は続いてるのに!?」
143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 15:13:13.70 ID:7EFE9UgJO
上条「こいつはまさか…『バックトラック』か…」

一方「バックトラック…?」

上条「野生動物などが足跡をつけないためにしばらく進んだ後、その足跡ぴったりに後ろに下がり痕跡を消す方法だ…いくら姿を消そうとも足跡まではごまかせない、俺らがそう思っているところの盲点をついてきたみてーだな…」

一方「つーことはまさか…」

上条「ああ…この状況、追い詰められたのは俺たちの方みてーだな」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…
144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 16:25:34.17 ID:CXkmpBYB0
オリアナ(ウフフ…お姉さんのラブジュースで身も心も溶かしてア・ゲ・ル…)

………………………………………

上条「…オイ通行、前に使ってたゴム弾…今持ってるか?」

一方「ゴム弾ッスか?もちろん!いつ何があるかわかんないしいつも持って…」ゴソゴソ…

一方「…ゲッ!2発しかねえ!!」

上条「…まいいだろう、通行…おめーがアイツを狙え」

一方「えっ!俺がァ!?で、でもベクトル弾っつても20m以上先の見えない目標を撃つなんて…」

上条「そんな事は言ってられん…2発しかないんだ、しくじるなよ…」

一方「…………」プレッシャアーーーーz______ッ

145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 16:33:57.47 ID:CXkmpBYB0
ドドドドドドドドドドドドドドドドド

一方「ビンビンに見られてる感じがするッスよ!どこか岩陰に身を隠さねェーと」

上条「落ち着いて動け、ここには粗大ゴミや鉄クズなどが散乱してる…『パツキン』の攻撃のスピードはおれたちに見えないスピードではない…逆に狙撃してやれ」

一方「…………」サッ

一方(………ん?砂の上にヘンテコなマークみてーのが…?)スッ…

……バヂン!!

一方「……うおっ!?」バキィン!

上条「ン?」

一方(な、なんだこりゃ!?触った瞬間……!)
146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 16:41:31.16 ID:CXkmpBYB0
……………………ドビシュウウウウ!!

上条「………!」

一方(なっ!なにぃ~~~~~ッ!うっ撃たれた!!パ…パツキンがやったっつーのか!?俺たちが身を隠すであろう
場所に罠を…やべえ!このままじゃ避けきれ…)

上条「………オラァッ!」ブン!

ベチャア!

一方「あううッ!おおおおお!?」ゴロゴロ!
147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 16:47:42.57 ID:CXkmpBYB0
上条「あわてるな…お前との間に落ちてた鉄板をすべりこませて飛沫が飛ぶ前に投げ捨てた、溶けちゃいない…」

一方「はぁ…はぁ…」

上条「そして正確な位置じゃあないがヤツの居場所が分かった、あそこの斜面中腹あたりだぜ!」


一方「ど…どっちもスゲェッ!『パツキン』の野郎も『上条』さンも!!」コンカイオレガsageラレテ上条サンガageラレテナイ?
155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 07:46:23.67 ID:m0E0a1+2O
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「それともうひとつ分かった事がある…ヤツは攻撃する瞬間、一瞬だけ姿を現す…狙うならそこだな」

一方「ちくしょ~…急に闘志が湧いてきやがったぜェ…絶対仕留めてやンよォ!」

上条「しかしさっきから逐一場所を変えているようだ…ヤツにしたたかさプラス冷静な態度を感じるぜ」

一方「敵を褒めてどうするんスか?何か行動を起こしましょう!」

156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 07:53:25.45 ID:m0E0a1+2O
上条「よく言った通行…覚悟はあるんだな?」

一方「もちろン!上条さンがいれば花京院典明にチェリー、カーズに赤石!百人力っスよォ~!」チト前者ハワカラネータトエダガ…

上条「……………」スッ…

一方「………は?」

…………………………………

オリアナ(あら…ワイルドな方の彼が、何のつもりかしら?的になるだけなのに…ウフフ)
157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 07:59:56.99 ID:m0E0a1+2O
上条「……………」ザッザッ

一方「かっ、上条さン!何のつもりッスかァ!?的になるだけですよ!!」

上条「通行…おめーがやるしかねぇんだよ、おれは腕以外ならお前の能力で治してもらえるが自分自身は治しづらいんだろう?」

一方(ン、ンなこと言っても心の準備がッ!)

上条「それにおれはお前ほど勢いよく弾を飛ばせねぇ…おれを狙ってくる瞬間に撃て…」

一方「な、何スってェーーーーーッ!?」


158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 08:05:03.76 ID:m0E0a1+2O
オリアナ(悪いけど…遠慮なく狙わせてもらうわよ!)グッ

…………………………………

上条「勝負は一瞬で決まる…気合入れろよ~…通行!!」

一方「………………」プレップレップレップレッ!



…ドンドンドンドンドンドン!

上条「……来たぞッ!」

一方(……ひぇええええええーーッ!)

プレッシャアーーーz______ッ!

159: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/11(木) 11:12:12.52 ID:SSPbj7f4O
上条「………フッ!」サッ!

ドバドバドバドバドバドバ!!

………………………

オリアナ(なっ…なんですって!?あんな小さな動きで連打を…くそっ!)

………………………

ドシュドシュドシュドシュ!

上条「…………ぐっ!」

ドサドサドサドサドサドサ!

………………………

オリアナ(これも…?まるで化け物ねぇ…でもッ!)
………………………

一方(上条さン避けるので精一杯なんじゃあ…これはグレートにやべぇぜ!早く狙わねーと!!)

一方「ちっくしょー…もう少しで…」ギギギギ…
160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 11:16:51.04 ID:SSPbj7f4O
オリアナ(これはどうっ!?)

…………………………………

ドンドンドンドンドンドン!

上条「…………ッ!」サッ!

上条(やべえぜ…このままだと…)

バチュン!

一方「………えっ?」

上条「……な」

ジュウウウウウ…

上条「…………うぐっ!」ガグン!

一方(近くのゴミにわざと当てて飛沫を飛ばしやがった…!?か、上条さンの足にッ!!)

161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 11:25:11.87 ID:SSPbj7f4O
ドドドドドドドドドドドドドドドドドド

一方「か、上条さン!」

上条「あわてるんじゃねーぜ通行!!」

上条「おれは大丈夫だ…しっかり狙え!!」グググ…

一方「ぐぐぐぐぐ…!」プレップレップレップレッ!

……………………………

オリアナ(膝をついたわね…終わりよ!!)

……………………………

ドンドンドンドンドンドンドン!

上条「………ぐうっ!!」ズッサァアアアア!!

一方「………チクショーッ!やるしかねェーーーーッ!!」

ググググググググ…

一方「……くらいやがれェーーーッ!」



ドッゴォオオオオオオオオオオオン!!

162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 11:30:47.51 ID:SSPbj7f4O
オリアナ(な………!?)

……………………………………

シュゴォオオオオオオオオオ!!

上条「………!」





…バシイッ!


シュウウウウ…

…………………

オリアナ(………ウフフ、ハ・ズ・レ…)

…………………

上条「通行のやつ…はずしやがった」
163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 11:34:19.35 ID:SSPbj7f4O
ジュウウウウウ!

上条「………ウぐッ!」ガグン!


……………………………

オリアナ(ワイルドな彼はいつでも仕留められる………ならば)

オリアナ(もう一人の白い子を先に始末するッ!!)

オリアナ(終わりよ!くらいなさーーーーーーーーーーーーー
164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 11:36:59.59 ID:SSPbj7f4O
一方「………………」

オリアナ(な………………………………)

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


オリアナ(な、なんで………………)











オリアナ(なんで…………あの子は私の方を『真っ直ぐ』見ているのッ!?)



165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 11:42:30.27 ID:SSPbj7f4O
一方「やはり…こっちの方に狙いをつけるがわかったよ………驚き過ぎて姿も見えたまんまみてーだな?」

オリアナ「はっ!し、しまっ…………」

一方「こんどは的が絞れた………確実に狙えるぜェ!!!」


………ドッゴォオオオオオオオン!!

オリアナ「うっ!うっ!うっ……!」

………………メゴンッ!!



オリアナ「いっ、いやぁあああああああああああ!!!」ドッシャア!!
166: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 11:59:02.81 ID:JU1TkoiQ0
ドサッ!

オリアナ「…………」ピクピク…


一方「今回はマヌケじゃなかったぜ…プレッシャーを跳ね返す男、『東方通行』と呼んでくださいっス!!」

バーーーーーーーーーーン!

上条「どうなるか冷や冷やモンだったが…通行が頼りになるヤツだったのでヤレヤレ一安心といったところか…」フッ…

168: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/11(木) 16:35:43.64 ID:hOoMWfWLO
……………………

オリアナ(…………あら?)

オリアナ(私たしか………なにしてたんだっけ……?)



上条「…………」

一方「…………」



オリアナ(目の前に…………ワイルドな彼と色白な子………えーっと)

オリアナ(そうだ!確かこの2人にや倒されて……………)

オリアナ「…倒されて?」
169: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 16:44:24.66 ID:hOoMWfWLO
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

オリアナ「あっ!あっ!あああああ~~!!」ガクガク

上条「やれやれ…」

一方通行「いくぜダメ押しィ!!」

170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 16:48:13.09 ID:hOoMWfWLO









上条「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!」
一方「ドラララララララララララララララララララ!!」

ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴン!

オリアナ「アガダバガバババババババーーーーーーッ!?!?」ドッゴォーーーーz_________ン!!

171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 16:52:15.31 ID:hOoMWfWLO
ズッダァン!

一方「あー…流れでぶん殴っちゃったけど、やりすぎたかなァ…」

上条「これで懲りただろう…さっさとアイツ(ステイル)に引き渡すとするか…」




オリアナ「ビ・チ・グ・ソ・が………」ビクンビクン…

ドォーーーーーz__________ン!

オリアナ・トムソン 再起不能!

175: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 18:53:12.70 ID:JU1TkoiQ0
~数日後~

美琴「はぁ…」トボトボ…

美琴(結局作戦は実行できず…大覇星祭の優勝はアイツの学校の三人の柱の青年たちに無双されてとられちゃうし…肝心のアイツは途中からいないし…)

美琴「でもアイツら…最後見たとき女の人2人抱えてたわよね…また面倒事かしら」

美琴(ともかく成果なし…あーあ…)


177: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/11(木) 18:56:19.78 ID:JU1TkoiQ0
美琴「………ん?」ピタッ







上条「………………」



美琴(と、当麻!公園に1人で…あのシスターも居ないわね…なにしてるんだろ?)
178: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:51:13.28 ID:JU1TkoiQ0
美琴(そっ!そうだ!ここは先輩から教わった弱点を使うべきところでは!?)

美琴(よし………一か八かやるわよ!)






*☆*:;;;:*☆*美琴「どる~ん!当麻くん!一緒にヒトデについて語り合おうよぉ~☆ウフフ…アハハ!」*☆*:;;;:*☆*


179: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:53:43.71 ID:JU1TkoiQ0
上条「…………ムッ」

美琴(よ、よし!気づい………………











食蜂「おーす当麻!待ったぁ?」ニコニコ






美琴(………へっ?)
180: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 21:57:25.79 ID:JU1TkoiQ0
美琴(な、ななななななな!!)サッ!

上条「いや…たいして待ってねえ」

食蜂「そう!悪いわねぇ、タイミン……いや、時間ズレちゃって遅れちゃった!」








美琴(なんで当麻と先輩が待ち合わせしてんのよォオオオオオオオオオオオッ!?)ギギギギギギギギギギギギギギギ!
181: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/11(木) 22:00:43.34 ID:JU1TkoiQ0
食蜂「さっ!じゃあ行きましょ!」

上条「くっつくな…うっとおしい」

美琴(あんなに…あんなにくっついて…!)ギリギリ

食蜂「………」クルッ

美琴「へっ?」









食蜂「………」ニマァ~

美琴(なッッッッッ!?)
183: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/12(金) 00:26:26.99 ID:XQOvFatp0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

美琴(ぬおっ…ぬおっ…ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!)


食蜂(ごめんねぇ~ミコっちゃん、私もレベル5である前に女の子だからぁ☆…なんてねェ~!しかしミコっちゃんからかうとホント面白いわぁ…)クフフ…




美琴(わ、わたしは負けん!!絶対に…絶対に正妻になってやるッ!!絶対にだぁーーーーーーーーーーーーッ!!)



食蜂「…チャンチャン♪」

上条「?」


To be continued…

184: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 00:30:16.13 ID:XQOvFatp0
オリアナさんボコボコにしてすまん、歯は折ってないからセーフ
そしてやっと浜面初流乃登場です
185: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 00:41:41.47 ID:XQOvFatp0
~とあるビルの屋上~

ヒュオオオオオオオオオ…

???「………ハイ、ハイ、超問題ありません…私だけで十分です」

????「でもね絹旗…相手は単独犯にも関わらず、中々セキュリティレベルの高い研究所を襲撃している未知数な標的って聞いたわよ…1人で平気なのね?」

絹旗「麦野達は他の仕事があるのでしょう?私に超任せて下さい…それでは」ピッ

絹旗(さて、これがさっき組織から渡された詳細書…確認しましょうか)ガサガサ

絹旗(ふむ…浜面……仕上?)

絹旗「なら…浜面仕上、あなたに超恨みはありませんが…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

絹旗「………超消えてもらいます」


シュタッ…




………………………………………………

190: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/12(金) 13:31:49.25 ID:J8fMOzn1O
~学園都市、噴水通り~

ワイワイ、ガヤガヤ

友2(あーあ…退屈だな、通行くんも輝泰くんに由佳奈さんまで今日は用事があるっていうし、やることがないなぁ)

康二(あ、申し遅れました!僕は広瀬康二っていいます。ぶどうが丘学園の二年です)

康二「……僕誰に言ってんだろ、まぁオーソンで立ち読みでもするかなぁ」トコトコ…

???「…………おっと!」

康二「わっ!」ドン!

191: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 13:37:03.35 ID:J8fMOzn1O
サッ…

康二「いたた…」

???「すいません、よそ見をしていました…大丈夫ですか?」

康二「あっ!大丈夫です!こちらこそすいません!」

???「失礼しました…それでは」ペコリ

スタスタ…

康二(ふぅ…よそ見してたな、今の子確か…あれはどこかの中学の制服だっけ?中学生にしては大人びて見えたけど…)
192: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 13:40:48.71 ID:J8fMOzn1O
康二(…まぁ僕の身長がだいぶ小さいってのもあるけど)タハハ…

康二「あっ!そういえば今日はジョジョリオンの新刊の発売日だ!!」

康二「確か財布に3000円くらい入ってたはず…」ゴソゴソ…






康二「…あれ?」
195: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/12(金) 20:11:59.08 ID:XQOvFatp0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

康二「…………………無いッ!!僕の財布が、どこにも!落っことしたのかッ!?」キョロキョロ

康二「………ない、あぁ…いったいどこで………はっ!」

………………………………

サッ…

???「すいません、よそ見をしていました…」

………………………………

康二「……まさかッ!!」

196: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 20:15:07.69 ID:XQOvFatp0
~路地裏~

???「ふむ…広瀬、康二くんか…悪いけどもらっとくよ…」ゴソゴソ

???「3000円…悪くないね」











??「……おいっ!はまづらァ!!」
197: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 20:21:02.21 ID:XQOvFatp0
???「…あなたは」

??「きょーも上手くパクってきたみてぇだなぁ~はまづらくん!相変わらず手癖の悪いやつだ!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「『涙目のルカ』さん…何でも長年付き合ってた彼女にふられた後遺症のせいで、心の傷がなおった今でも常に涙目だとか…」

涙目のルカ「フン!」グスッ

浜面「僕に何か用ですか…?」
198: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 20:30:47.21 ID:CMKQAQ1RO
かわいいwwwwww
200: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 20:34:28.86 ID:scbTE2jDo
豆腐メンタルww
199: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 20:31:11.97 ID:XQOvFatp0
ルカ「な…ちょっとこっち来いよ、ここ…」クイクイ

浜面「……」

ルカ「お前年いくつ?」

浜面「…15です」

ルカ「15ッ!へぇ~若いねェ~…今日はお前に教えたい事があんだよ…」

浜面「…なんです?」

201: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 20:37:44.60 ID:XQOvFatp0
ルカ「なぁ浜面、いい友情関係には『3つのU』が必要なんだ…」

浜面「3つのU?」

ルカ「ああ…ひとつ目は『うそをつかない』だ、ふたつ目は『Hail 2U』…そしてみっつ目は相手を『敬う』……いいだろ?友情の3つの『U』だ」グスッ

浜面「……結局、何の用なんですか?」

202: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/12(金) 20:48:13.38 ID:DC9aPFGI0
おい、二つ目なんかちがうぞ
203: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 20:55:39.88 ID:XQOvFatp0
…ジャキッ!

ルカ「話を今してんのはこのオレだッ!誰が質問していいと言ったッ!?このボゲがッ!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

浜面「…………」ググググ…

ルカ「お前最近荒稼ぎしてるみてぇだなぁ…おれはまだお前から『敬い』の品を貰ってねーぜ?とっとと金よこせ…このナイフで刺されたくなけりゃなぁ!!」

浜面「…あなたは僕と関係ありません、払うカネはないです」

ルカ「…………」
204: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:02:25.71 ID:XQOvFatp0
…ブンッ!!

浜面「……」サッ

ルカ「このガキャアァァァァーーーーッ!!」ブルブル

浜面「ルカさん…2度同じ事を言わせないでくださいよ…一度でいい事を二度いわなけりゃあいけないってのは…ソイツが頭が悪いってことだからです…」

ルカ「ぐぐぐぐぐ…!」ギリギリ




浜面「あなたに払うカネは『無い』と言ってるんですよ…3度目は言わせないで下さいよ」

ルカ「てめーは…てめーはもう…!!」ジワッ
205: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:06:02.73 ID:XQOvFatp0
ルカ「てめえはもうおしまいだぁあーーーーーーーーーーっ!!」ドオオオオオオオオオオオオオオ!!







浜面「…やめろと言ったんだ、僕は今からただ『自分の身を守る』だけですよ…」

206: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:09:05.41 ID:XQOvFatp0
サッ!パシイッ!

…ザグン!!





ルカ「………へへへ」

浜面「………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ





ルカ(………………なんで)

ブシュッ!
207: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:13:44.91 ID:XQOvFatp0
ルカ(なんで………なんで!!)ガクガク

浜面「ぼくへの攻撃は…そのまま自分自身への攻撃となり命とりになる」





ドドドドドドドドドドドドドドドド

ルカ「なんでオレの足に『オレのナイフ』が刺さってんだぁああああああ!!!!????」ブシュッ!ブシュッ!!

浜面「そして3度目は言わせないでくださいよと頼んだはずだ…何度も言わせるって事は」

208: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/12(金) 21:17:42.50 ID:XQOvFatp0
ルカ「ぐあっ!!ぐあっぐあっぐああああああああああ!!!!」バダンバダン!


…クルッ


浜面「無駄なんだ…無駄だから嫌いなんだ…無駄無駄」

ドドドドドドドドドドドドドド





………………………………

康二「やばいよ…さっきのアイツ…見失っちゃったよォオオ~」オロローン
217: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/13(土) 00:20:30.15 ID:bUuPIp/L0
康二「はぁ……」トボトボ…

康二(さっきのヤツは見失っちゃったし…お腹はすいてきたし…めちゃくちゃついてないなぁ…)

康二「もうあきらめて帰ろうかな……ん?」








女生徒達「ねーねーはまづらくん!一緒にお茶しない?」

浜面「うるさいな、1人がいいんだ…あっちいってくれよ」
218: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:23:28.79 ID:bUuPIp/L0
女生徒達「はぁーい!またねはまづらくーん!!」

浜面「………」ガサガサ…

康二「おっ!?おいっ!!!」ザッ!

浜面「…………あっ」

康二「それは僕の財布…やっぱお前だっのか!!…………ってもうお金使っちゃってる!?」
219: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:29:40.83 ID:bUuPIp/L0
浜面「君はさっきの…本当心が痛むけど…もうほとんどないんだ、使っちゃってさぁ…気の毒だけど」

浜面「…だからもう追ってこないで?」


クルッ!!

康二「今度は逃がすもんかッ!食らえ!念話能力(エコーズ)ッ!!」

…ウォオオオオオオン!!

浜面「…うっ!?」ビリビリ
220: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:42:01.17 ID:bUuPIp/L0
浜面「これは能力の…君は超能力者か!!……くっ!!」ダッ!

康二(む、無理矢理範囲外に…!でもッ!)

康二「絶対捕まえてやるっ!!」タタタッ!

浜面「……!」

221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:48:33.31 ID:bUuPIp/L0
クルッ!

康二「路地裏に…待てッ!!」

康二「…………!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ




浜面「…もう一ペン言うけど追ってくるなんて考えないでよ、本当は一ペンでいい事を二度言うのは嫌いなんだ…」

223: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 00:55:02.00 ID:bUuPIp/L0
康二(あの距離…威力を高めなきゃ…!!ちょうど膝をつくくらいの強さで!!)

康二「……食らわせろッ!エコーズ!!」

ウォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!

浜面「…………」サッ!






康二(なっ……あれは、空のゴミ箱!?)
224: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 01:00:33.08 ID:bUuPIp/L0
………ウォオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!

康二「しまっ…!反響して………うあああああああああああ!!!!!」ビリビリビリビリ!!

康二(そんな…こんなすぐに対応策を…!)








浜面「手加減していたことが君のダメージを見ると逆によくわかる…君は『いい人』だ」

ドォーーーz_____ン!
227: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/13(土) 13:41:22.41 ID:bUuPIp/L0
~次の日、ぶとうが丘高校~

一方通行「…それで結局逃がしちゃったってのかァ?」

康二「うん…」ションボリ

輝泰「かぁ~っ!てめえ康二!!おめえそいつそのまんまにしていいのかよぉ!?」

康二「も、もちろん諦めてないよ!絶対に捕まえてやる…と思ってるけど…」

一方「だいぶ頭のいいやつだったみてーだしィ…そう簡単にまたみつけられるか…」

輝泰「歯がゆいぜぇ…なんとかできねえかなぁ~」












由佳菜「康二くんの財布を盗んだ………それは許されることじゃないわね……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
228: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 14:17:56.47 ID:R0G5woqTO
(アカン)
229: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/13(土) 17:57:07.84 ID:2RQNtIvX0
ヤバイ、ヤバイよ。
麦野以上のヤンデレに目をつけられちゃったよ浜面。
230: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/13(土) 21:10:14.67 ID:bUuPIp/L0
一方「うぉああッ!?」ズダガシャン!

康二「ゆっ由佳菜さん!!」

輝泰「おっおめーいきなり出てこねーでくれよぉ!心臓に悪すぎる!!」

由佳菜「うふふ…待ってて康二くん、そいつの臓物を引き裂いて部屋に並べてあげるから」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

康二「(絶句)」

一方(ヤベェ…目がマジだ)


231: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 21:16:10.71 ID:bUuPIp/L0
康二「だっ、大丈夫!!僕の問題だし…自分自身で解決したいんだ!」

由佳菜「…やっぱりかっこいいわね康二くん…いいわ、何かあったらいつでも手伝うわ…またね」ニコリ

康二「うっ…うんうん!!」ガクガク

輝泰「…アイツに行動させるのは絶対ヤバイからなぁ、ナイス判断だぜ…」

一方「しかしこれからどーすんだよ康二…策もねーのに」

康二「…………どうしよう」ズーン
232: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 21:20:49.65 ID:bUuPIp/L0
~同日夜、某研究所~

ウーウーウーウー!!ジリリリリリリリ!!!

音声システム「研究所内にて問題発生!警戒レベルS!!ただちに避難してくださいドスエ!」

研究員1「ひっひぇーーー何が起こったんだぁーー!?」

研究員2「わ、わからん!しかしSレベルとなると実際死ぬ!!」

研究員3「とにかく逃げるんだよォーーーーーッ!!」

ウワアアアァアアアアアアアア!!

233: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 21:26:26.97 ID:bUuPIp/L0
…キョロキョロ

スタン!

??「……これが研究所の見取り図か」

??(被検者収容室は…)カタカタ









???「ウソの警報を鳴らしその隙に…というところですか、でも超考えが甘いみたいですね?浜面仕上…」
234: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 21:32:39.79 ID:bUuPIp/L0
浜面(なっ…!?)

浜面「くっ!」ジャキッ!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

???「…銃まで?ただの中学生ではないみたいですね、まぁ超当たり前か」

浜面「…何者だ」

絹旗「わたしは『アイテム』所属、絹旗最愛…あなたを『処理』しに来ました」

浜面(ついに…来たか)


235: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 21:38:18.99 ID:bUuPIp/L0
絹旗「今、被検者収容室を探してたみたいですね…何が目的ですか?」ツカツカ…

…チャッ!

浜面「…それ以上近づかないで下さい」

絹旗「まさか人助けのつもりですか?…偽善ですね、超ヘドが出ます」ツカツカ…

浜面(………こいつ!!)

ドドドドドドドドドドドドドドドドドド

絹旗「…素直に質問に答えた方がいいですよ?『質問』が『拷問』に変わる前に」
236: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 21:44:06.98 ID:bUuPIp/L0
浜面(…ッ!!)カチリ

ガンガンガン!!


絹旗「おっと質問を銃弾で返すアホが1人登場~テストで超0点とっちゃいますよ?…まぁ」スッ

絹旗「それを受け取るつもりもありませんがね」ギン!



……………ヂュインヂュインヂュイン!!



浜面「!!」

浜面(軌道が空中で…曲がった!?)
237: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/13(土) 21:48:12.57 ID:bUuPIp/L0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

絹旗「…それでは、改めてあなたを『始末』させてもらいます…浜面仕上!!」グッ!

浜面(こいつ…空力操作の能力者なのか?…この浜面仕上には夢がある…こんなところで!)

浜面「あんたに邪魔されるワケにはいかないッ!!」ジャキン!


254: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 12:29:10.84 ID:gGZkQasa0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

絹旗「…しかし、次弾を撃ってこないとは中々用心深いですね…今度は弾をそのままあなたの方に超リターンするつもりだったのですが」

浜面(こいつは…空気の鎧のようなもので全身をガードしているのか…銃を使ったら弾を反射してくるだろう)

浜面(銃が効かないならば…どうすればッ!)

絹旗「でも…何もしてこないなら私は倒せませんよ?」グググググ…

浜面(なっ…!あの巨大な機材を…片手で!?)
255: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 12:34:03.94 ID:gGZkQasa0
絹旗「…超いきますよ!!」

ブゥン!!

浜面「ぐっ!」

ガッシャア!

絹旗「まだまだッ!」ブンブン!

浜面「…!」ドンドンドンドン!


…バッゴォオオオオオオオオン!!

絹旗(むっ…)
256: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 12:39:16.16 ID:gGZkQasa0
浜面「……」ジャコン!

絹旗「結構な銃の腕をしていますね…なら、接近戦はどうでしょうかねッ!!」ダッ!

浜面(…来る!)

絹旗「超窒素パーンチ!!」ゴッ!

浜面「ぐっ!」ドシュッ!

バッギン!

浜面「なっ!?」

浜面(銃がバラバラに…なんて怪力、いや!能力の威力ッ!!)
257: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 12:49:55.51 ID:gGZkQasa0
絹旗「はあっ!」ブン!

浜面「…!」シュタン!

…バギィッ!

浜面「床にひびが…」

シュウウウウウウウウウウ…

絹旗「フー…接近戦も中々ですね、ホントに中学生ですか?レベル0と聞きましたが…」

浜面(このままじゃどうにもならない…何か手を…)

絹旗「ところで私の能力は窒素装甲(オフェンスアーマー)…なぜここまで相手に自分の事を教えるのか分かりますか?」

浜面「………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

絹旗「あなたを絶対に『始末』する自信が超あるってことですよ…?」

浜面(…こいつ!)
263: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/14(日) 20:58:25.21 ID:gGZkQasa0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

絹旗「おや…?どうやら汗をかいているみたいですね?私は汗フェチでは超ありませんが、『不安ゆえの汗』…そんなところでしょうか?」

浜面「………」グッ

絹旗「…そんな汗もかけなくしてあげましょうッ!!」ダダダダダッ!

絹旗「…はぁっ!!」ブン!

浜面「……!」ズダン!

タタタッ!

絹旗(おや…?小部屋に逃げ込みましたか…しかし!!)
264: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:10:07.66 ID:gGZkQasa0
絹旗「…そんなところに行っても追い込まれるだけですよっ!」バッ!

浜面「はぁあああ…!」

ダダダダダダダダッ!!

絹旗(…!構えてるのは…機材の鉄板!?)

浜面「………無駄ァッ!」

ズンッ!!

絹旗「うぐっ!?」ドゴッ!!

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!!

ドスッ!!

絹旗(がはっ…!!鉄板を盾に窒素装甲ごと吹き飛ばした!?)

絹旗「うっ…ううっ」ググッ!

浜面「……なんて装甲だ、鉄板が凹んでしまうとは…」

絹旗(窒素装甲の弱点は強すぎる衝撃を受けてしまうと、逆に私が吹っ飛んでしまうこと…まさかコイツはそれを超見抜いたってことですか…!?)
265: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:17:16.16 ID:gGZkQasa0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「あなた…『覚悟してきてる人』ですよね…人を『始末』しようとするって事は逆に『始末』されるかもしれないという危険を常に『覚悟して来ている人』ってわけですよね…」

絹旗(こいつ…私を殺る気だ、『マジ』です…中学生のくせにこの私を始末しようとしている…こいつにはやると言ったらやる……)

浜面「…無駄無駄無駄ァ!」ゴッ!

絹旗(『スゴ味』があるッ!!)
266: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:27:03.78 ID:gGZkQasa0
絹旗「…しかしッ!」

…ドヒュウウウウウウウウウウッ!!

浜面「うっ!!」ズザァアアアアアア!!

浜面(急に能力の出力が上がった!?)

絹旗「…テメェごとき三下野郎に遅れをとるよーな私じゃねェンですよコラァッ!」

267: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:34:05.03 ID:gGZkQasa0
絹旗「ブッ飛べぇえええええ!!!」ググググググググ!

浜面「この構え…まずいっ!!」

絹旗「…ドラァアアアアアッ!!」ドッゴォオオオ!!

浜面「うぐっ!?」ズシャッ!!

…ボッゴオオオオオオオオン!!

浜面「うぐあっ!!」ゴロゴロゴロゴロ!

浜面(壁に穴が…もしまともに食らっていたら…死んでいたッ!)

絹旗「逃がさねェーぞこのクソカス野郎がァーッ!!」

浜面(このままでは何もできずに死ぬ…ならば)…ガリッ

268: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:38:29.05 ID:gGZkQasa0
絹旗「ドラアッ!」ブン!

…シュタン!

浜面「…食らえ!」スポン!

絹旗「むっ…」

コロコロコロコロ…

絹旗(手榴弾…しかし!)

絹旗「オフェンスアーマーガードッ!!」

ドッゴォオオオオオオ!!

絹旗「…無駄だッ!こんなものじゃあ私の窒素装甲は破れない!!」
269: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:44:31.66 ID:gGZkQasa0
浜面「まだまだだっ!!」スポポポポン!

ブンブンブンブン!!

絹旗「効かねェーといってるだろうがこの三下がァーッ!!」ドヒュッ!


ドゴドゴドゴドゴドゴン!!


浜面「…ぐっ!」

絹旗「アンタにはもう打つ手なんて残ってねェーンだよ…黙って超始末されなさい」

浜面「…」ガリッ!
270: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:48:01.31 ID:gGZkQasa0
絹旗「それは…錠剤?鎮痛剤か何かのようですが、それでムチ撃って戦ってたワケですか…超ギャグですね」

シュウウウウウウ…

浜面(…もう少しで!)











子供1「ド、ドアが空いてる!!」
271: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:52:31.75 ID:gGZkQasa0
浜面「…なっ!?」

絹旗「……む」

タタタタタ!

子供2「いっ今の爆発でドアが空いたんだ!!」

子供3「早く逃げよう!誰も助けに来てくれてないよ!!」

ワーワー!

浜面(しまった…被検者室はここにあったのか!まずいぞ…このままでは子供達を巻き込んで、気絶している子供まで…!)

272: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 21:57:46.62 ID:gGZkQasa0
絹旗「…何超ヨソ見しているんですか?」サッ!

浜面「!?しまっ…!」

絹旗「ドラアッ!!」ドシュッ!!

ドゴォ!

浜面「あぐうッ!?」

ズダァン!

浜面(しまった…このダメージではすぐには立ち直れないッ!!)グググ…

絹旗「つまらないミスですね…気絶してる子供に気を取られるとは超浅はかです…」
273: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:35:22.08 ID:gGZkQasa0
子供「………うう」

絹旗「………」チラリ

浜面「くそっ…」

クルッ

絹旗「…それでは」グッ!


絹旗「始末させてもらいますッ!浜面仕上ーーーッ!!」ゴバァアアアアアア!



浜面「………」
274: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:36:24.06 ID:gGZkQasa0







………ビクン







275: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:40:40.10 ID:gGZkQasa0
絹旗「…………あれ?」

ガグン!

絹旗(なんで私は膝をついているんですか…?)



バタン…

絹旗(な、なんで!?体…体に力が入らないッ!?)



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「やっと…効いてきたみたいだな」
276: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 00:43:19.12 ID:QgS/VDMA0
シュウウウウウウウウ…

絹旗(そこに転がっているのは…小型ボンベ?…まさか!!)

浜面「…こいつは強力な神経ガス、命に別条はないし効果も一時的…だが、お前の動きと能力を止めるには十分だ」

絹旗(し、手榴弾の爆薬の匂いにこのガスを紛れこませていたんですか…でもッ!)

浜面「なんでコイツにはガスが効いていないんだって顔をしているな?」

絹旗「!!」
277: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 00:48:51.03 ID:QgS/VDMA0
浜面「さっきの錠剤…あれは解毒薬だ、鎮痛剤なんかじゃあない」

絹旗(私は…この男の術中にはまっていたってことですか…?)

浜面「…さて」ジャコン!

絹旗(うっ!…だ、駄目だッ!演算ができない!このままじゃ…!!)

浜面「……」ツカツカ…

絹旗(このまま私は…私はッ!!)ガクガク
278: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 00:51:19.04 ID:QgS/VDMA0




絹旗「うっ!…うっうっ…うぁあああああああああああああ!!」
280: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 00:58:40.84 ID:QgS/VDMA0
浜面「……」スッ

子供「……ううう」

絹旗(…えっ!?)

絹旗「射程距離の外へ…?」グググ…

浜面「ぐっ…」ズキッ

絹旗「何をやっているんです…浜面仕上…なぜ私への攻撃をやめるんです!?なぜ…とどめを刺さないッ!!」ゼエゼエ…

浜面「………」

281: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 01:04:44.47 ID:QgS/VDMA0
浜面「…君がいい人だからな」

絹旗「……?」

浜面「君は今、ぼくへの攻撃を一瞬ためらったから君への攻撃もやめることにしたんだ…君はこの子供の『腕の異常』にショックを受けて攻撃をやめた…」

絹旗「!!」

浜面「この注射跡の多さにショックを受けて…」

絹旗「……それは」
287: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 01:13:28.76 ID:QgS/VDMA0
浜面「この子はいったいいくつだろう…まだ小学生かもしれない、君がショックを受けたから毒が回る時間が稼げた…もしためらっていなかったら死んでいたのはぼくだった…」

浜面「…だから攻撃するのはやめにしたんです」

絹旗(…この男…!)

浜面「この学園都市の体制はどうしようもない…だがしかし!子供にこんなことをするのは許せない…と『君はそう思っている』」

絹旗「………」

浜面「そして組織に属してはいるがその組織がこんなことをしているのに矛盾を感じている…だからショックを受けたんだ」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

絹旗「………だから、どうしたと言うんです?」
342: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/15(月) 10:46:53.14 ID:QgS/VDMA0
絹旗「その事とあなたを『始末する』ことは別です…わたしは組織から命令されている!」

絹旗「あなたが攻撃をやめたからといって…わたしがあなたを始末するってことに変わりはないんですよッ!!」グッ

浜面「いいや、君はもうぼくを始末したりはしませんね」

絹旗「なっ…」






浜面「…なぜなら君はぼくの仲間になるからだ」
343: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 10:51:34.60 ID:QgS/VDMA0

浜面「ぼくは学園都市のトップを倒してこの街を乗っとるつもりでいる…」


絹旗「何ですって!!」


浜面「子供を実験に使うようなやつらを消し去るには…自らがこの都市をコントロールしなくちゃいけないってことさ」



ドォーーーz______ン!


347: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:07:42.46 ID:QgS/VDMA0
~翌日~

ワーワー

子供達「ヘイヘイ!パスパース!」ボムン


ドドドドドドドドドドドド…

絹旗「…もう一度聞きます!本気でわたしたちの組織に超入団するというんですか?」

浜面「ええ…!この街を乗っ取るなら学園都市直属の組織に入ってのし上がっていくしかない…僕は言うなれば…『ギャングスター』になります!!」

…フゥ

絹旗「…分かりました」



…ポーン



小学生「あっ…危ない!ボールがそっちに!」
348: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:13:49.32 ID:QgS/VDMA0
絹旗「…おっと!」パシッ!

子供達「あっ…」

絹旗「……」チラリ

子供1「…………」

絹旗「…いきますよ!」ニコッ

ボムッ!

子供2「!どーもスイませェん!!」

子供3「グラッツィエ!!」

子供1「メルシーボークー!(恐縮のいたり)」

絹旗「超気をつけなきゃだめですよー!」

浜面「絹旗…」
351: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/15(月) 20:23:20.89 ID:QgS/VDMA0
絹旗「いいでしょう…情報は嘘だったことにし、色々と改ざんしてあなたが組織に入団できるよう超紹介しましょう、しかし…」

絹旗「もし犯人があなただとバレた時や目論見が知られてしまったときは私はあなたを助けられません…自分の失敗は自分で償うしかない」

浜面「…分かりました」

絹旗「それ以外は…あなたの気高き『覚悟』と、黄金のような『夢』に超賭けましょう…浜面仕上」

浜面「…ありがとう、絹旗」


ドドドドドドドドドドドドドド…
354: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 20:54:48.32 ID:QgS/VDMA0
私の所属しているグループは『アイテム』!他にも様々な名称のグループがあるようですが機密事項となっています、学園都市上層部直属の私たちは様々な仕事を任せられています…もちろん汚い仕事まで
学園都市トップの情報は最重要機密事項、わたしにも超検討がつきません

そしてあなたが入団するにあたって組織から『試験』が出されるそうです…一度疑われた身、そう簡単な内容ではないでしょう…くれぐれも超気をつけて下さい


…………………………………

浜面「…このビルか、絹旗が言っていた場所は…」
356: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:02:16.50 ID:QgS/VDMA0
~とあるビル、応接室~

大柄な男「プフゥ~…きみが入団を希望している浜面くんか…」

浜面「…ええ(でかいやつだな)」

男「早速だが浜面くん…君には何ができる?」

浜面「銃や爆発物の扱い…応急処置や多少ならハッキングも、あとは耳の穴に耳を入れたりココアシガレットを五本くわえたままジュースとかが飲めますけど…」

男「オホホホフフフフハハハハ!中々面白いね…だがねぇ」

358: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:08:45.30 ID:QgS/VDMA0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

男「もっとも必要なことは『信頼』!人が人を選ぶにあたって最も大切なのは『信頼』なんだ…」

浜面「…………」

男「それに比べたら能力なんてこのごま蜜団子の歯クソほどの事もないんだよ…」

男「ということで、きみの実力が『信頼』にあたるかどうかテストさせてもらう!試験開始のタイミングは秘密だ…明日また同じ時間にここに来たまえ、そこで合否を言い渡そう」

浜面「…分かりました」
360: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:13:28.10 ID:QgS/VDMA0
~????中学、学生寮~

浜面(…さて、試験があるといってもタイミングは知らされていないし、始まるまで休んでおくか)ヒゾウノバニーシャシンシュウデモ…



浜面「でもノド乾いたな…買い出しでもいくか」



ガチャン!

362: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:19:49.98 ID:QgS/VDMA0
~校庭~

ワーワー!

サッカー部員「おっ!浜面!今みんなでピラミッド組んでるんだ!!カメラのシャッター押してもらえっかーっ?」

浜面「ん?いいですよ」

サッカー部員「カメラはそこにあるの使ってくれ!」

浜面「これですね、それでは皆さんはい、チー………………!?」グッ







浜面(………………あっ、あれはッ!?)


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

康二「……………」キョロキョロ…
364: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:24:34.22 ID:QgS/VDMA0
浜面(彼は確か…数日前に財布を頂いた広瀬康二くん…!?まさか学校がバレたのか!!)



康二「…やっぱこの学校だ、制服が同じ!!くっそぉおお…もう後には引けないし、絶対捕まえてやる!!」



浜面(ぐっ…見つかるのはマズイ、部屋に戻ろう!!)ダッ

サッカー部員「あっ!?おい浜面!まだ写真とって…うっうわっ!!バランスがぁーっ!!」グラグラグラ!
366: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/16(火) 00:32:21.48 ID:kDHZp6uN0
タッタッタ…

浜面(ふぅ…もう少しで寮だ)

用務員「…おっと!」


バシャッ!


浜面「うわっ!」

用務員「す、すまん!濡れてないかの?」
367: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:36:31.94 ID:kDHZp6uN0
浜面「…大丈夫です、濡れてないみたいだ」

用務員「すまなかったのぉ…手が滑ってしまったわい」

浜面(ここまで来れば大丈夫だろうし…もう急ぐ必要もないか)

用務員「いやぁ!でも濡れてなくて良かった!君の日頃の行いがいいせいかもしれんのぉ」

浜面「気にしないでください、僕はこれで…」













???「…テスト開始ってのに邪魔な奴がいるなァ」
368: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:39:11.58 ID:kDHZp6uN0
浜面「なっ…!?」

用務員「ん?」





ザグン!

???「ま、これに関わっちゃった奴は排除していいって命令もきてるし…殺しちゃっても問題ないかぁ」ニマッ

用務員「えっ…」ブシュウウウウウウ…
369: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 00:49:04.29 ID:kDHZp6uN0
…バタッ

浜面「じ、じいさん!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ブラックサバス「それじゃあはまづらくん改めてよろしくぅ~…試験官を務めるコードネーム『ブラックサバス』だぁ…」

浜面(まさか…コイツがテストの!!)

サバス「上からは君を殺す気持ちでやれって言われてるから…キヒ、キヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒッ!!実際に殺すつもりなんだけどねぇ~ッ…それじゃあ行こうかぁ!!」シャキン!

浜面「…!」
374: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/16(火) 09:18:32.61 ID:RJlwDJWLO
ブォンジョルノ、早速スタートします
375: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:24:13.48 ID:RJlwDJWLO
サバス「…うっきゃああああああ!!」ビシュッ!

浜面(ナイフ格闘術か…ならば!)サッ

浜面「…はっ!!」ブウン!

ヂュイン!

サバス「うぅん?メリケンサックか…中々シブい武器使うねぇ」キヒヒヒ…

浜面(よし!これなら叩き込めるッ!)

浜面「無駄無駄無駄ァ!!」ドゴドゴドゴ!!
376: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:28:48.42 ID:RJlwDJWLO
サバス「……」ニヤッ…

…ドプン

浜面「…なッ!?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面(奴が…地面に潜り込むようにして目の前から消えた!?)

浜面「いっ一体どこへ!」キョロキョロ









サバス「…こっちだよぉ~はまづらくん」
377: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:33:07.49 ID:RJlwDJWLO
浜面「はっ!」クルッ!

サバス「しゃらぁあああああっ!!」ビシュッ!

ズバッ!

浜面「うっぐう!!」ドシャッ!

浜面(な、何だ!?急に後ろから!)

サバス「あらら…足の切り傷は浅いかあ、まぁいいや…ゆっくりと切り刻んであげるからさぁ!キヒヒヒヒヒヒ!!」
378: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:38:08.15 ID:RJlwDJWLO
浜面(まさか超能力者か!…しかしッ!)

浜面「こんなところで死ぬわけにはいかないッ!無駄ァ!」ドシュッ!

サバス「キヒッ!」ドプン!

浜面(まだだ!また後ろから…!)クル

サバス「シャアッ!」ブン!

浜面「うっ!!」ブシュッ!
379: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:44:34.83 ID:RJlwDJWLO
サバス「残ねぇ~ん、正解は真横からでしたぁああ!」キヒヒヒヒ!

浜面(この能力…テレポートの類いか!しかし明らかに通常のテレポートとは違う、これは一体…)グググ

サバス「まだまだいくよぉ~っ!」ドシュッ!

浜面(まずい!ここは一旦距離を取って…)シュタン
380: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:49:58.26 ID:RJlwDJWLO
サバス「…チイッ!」ドプン!

浜面「何だ?…奴が引いた?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面(理由は分からないが早く対抗策を考えなければ…)

浜面「…ん?」

浜面(奴が消えた場所と引いた場所の違い…日陰と…日向!!)

浜面「まさか!!」






サバス「…くらぇえええええい!!」ザシュッ!!


381: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:53:27.70 ID:RJlwDJWLO
浜面「…!!はあっ!」スタン!

サバス「なっ何ぃいいいいい!避けやがった!?」

浜面「…そういうことか」

サバス(くそッ!こいつ…!)

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「お前の能力は影から影へと移動するテレポート…そうだな?ブラックサバス…」

382: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 09:57:37.03 ID:RJlwDJWLO
サバス「…シブいねえ、おたくまったくシブいぜ…はまづらくん!この能力をもう理解しちまうとはねぇ」

浜面「………」

サバス「俺の能力はかなり特殊な部類らしくてねえ…しかもとびっきりの暗殺向けときたもんだ!この仕事は天職だとおもわねぇかぁ?」

浜面(理解したはいいが…このままでは!)

サバス「…はまづらくんも気づいてるみてぇだなぁ」
383: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 10:01:47.56 ID:RJlwDJWLO
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

サバス「お察しの通りィ!時刻はもうすぐ日の入り!!あたりは影に包まれる…」

浜面「…!」

サバス「そうすればぁ…この場所すべてが俺のホームグラウンド!!お前に勝ち目はねぇーーーぞ!!キヒキヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒィイイイイ!!」ドプン!

浜面(まずいぞ…日が落ちる前にこいつを始末しなくては!!)ギン!
384: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 10:03:16.29 ID:RJlwDJWLO










康二「……見つけたぞっ!!」
389: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/16(火) 18:32:13.51 ID:kDHZp6uN0
浜面「き、君は!!」

康二「…!!階段に倒れてる人は何なんだ!?君は盗みをするだけじゃなく…」

浜面「………」

康二「このおじいさんに何をしたんだッ!!」

浜面「ご、誤解しないでくれ!そこのやつが彼を…」

浜面「…はっ!」

…シュゴォオオオオオ!!

浜面「まっ、まずい!!その『手すりの影』を踏むなコウジ君ッ!影出ろォーッ!!」
390: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:34:25.71 ID:kDHZp6uN0
>>385
把握、次から『能力者』にしときます
391: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:39:05.63 ID:kDHZp6uN0
康二「…えっ?」

…ガシイッ!

サバス「あーあー…また目撃者が増えちゃったね、俺としては不本意なんだけど…」ニヤッ

康二「うっ…うわぁ!!こいつどこから!?」ググググ…

サバス「…始末するしかないよねぇえええええええ!?」グワアアアアアッ!

康二(…!!)











…バシッ!
392: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:41:52.23 ID:kDHZp6uN0
康二「うっ…!」

サバス「…何だと?」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「……………」ググググ…

サバス(コイツ…ナイフを素手で!!)

浜面「…メチャクチャ痛いがこれで…お前を掴めた!」
393: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:45:27.32 ID:kDHZp6uN0
サバス(し、しまっ…)

浜面「無駄無駄無駄ァ!」ドゴドゴドゴ!!


サバス「ぐうわっ!?」ボッゴォ!



…ドプン!

浜面「…惜しい、近くの影に逃げられたか」

康二「はぁ…はぁ…」

394: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:50:55.15 ID:kDHZp6uN0
康二「い…今のはッ!」

浜面「見ての通り攻撃されている…奴は影から影へと移動できる能力者、影の中では無敵だ」

康二「…なぜぼくを助けたんだ?」

浜面「君には関係のないこと…早く逃げてくれ!」

康二「なぜぼくを助けた!盗っ人のお前に恩ができたなんか思えないぞッ!」
395: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:54:14.62 ID:kDHZp6uN0
浜面「…あのじいさんが殺されたのはぼくにも責任がある、すごくイヤな気分だ…自分の行動は正しいと信じてるがとてもドス黒い気分なんだ」

康二「………」

浜面「この浜面仕上には正しいと信じる夢がある」




………………
396: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 18:58:09.92 ID:kDHZp6uN0
康二「…わかった」

浜面「…………」

康二「でも…ぼくも逃げるのを手伝う!」

浜面「なっ!駄目だ危険すぎる!」

康二「ぼくだって能力者のはしくれ…それに窮地に立たされてる人を見捨てるなんてできないッ!」

浜面「康二くん…」
397: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:01:44.42 ID:kDHZp6uN0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「もうすぐ校舎の向こう側に日が落ちる…太陽のあたっている側にいってヤツを撃退する方法を考えよう」

康二「……」コクリ



…タタタタタタッ!
398: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:03:59.83 ID:kDHZp6uN0
バサバサ…

康二「…ん?」タタタ…

康二(あれは…カラス?)





…シュゴォオオオオ

康二(…まさか!!)
399: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:06:35.34 ID:kDHZp6uN0
康二「浜面っ!カラスの影が近づいている!その中にヤツが潜んでいるぞぉーーっ!!」

浜面「…え?」ピタ





…ガシイッ!

400: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:12:49.80 ID:kDHZp6uN0
…バタン!

浜面「うぐっ!」

康二(や、ヤツに引き倒された!!)

サバス「おしいねぇ…ちょっと気付くのが遅いよぉ…」ズズズズズズズ

康二(こいつの狙いはこれだったのか…カラスを利用して)

…ギラン!

サバス「それじゃあまず…はまづらくんからブッ刺してあげるよぉおおおおおお!!」シュゴォオオオオオ!

浜面「ぐっ!!」ガシッ!

サバス「ほーらほらほらほらほらーっ!!いつまで手をつかむ力がもつかなぁ~!?」ギギギギギギギギギ

浜面「く、くそ…」ググググ…
401: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:14:16.66 ID:kDHZp6uN0






康二「…やらせないぞ!エコーズッ!!」

キィイイイイイイイイイイイン!!




402: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:16:45.98 ID:kDHZp6uN0
サバス「ぐげっ!?」ガグン

浜面「うっ!」

サバス(コイツも…能力者か!)

康二「早くそのナイフを離せ!鼓膜を破られたくなければ!!」

康二(こいつに音波を集中させてはいるけど…長すぎると浜面にも影響が!)
403: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:21:24.19 ID:kDHZp6uN0
康二「さあ!早くしろ!」

浜面「コウジくん…」ビリビリ



サバス「……」ニマッ

康二「なっ…!?」

サバス「コウジくん…だよね?俺のつけてるマスクは最新式よ…外からの音を遮断する装置もついている、音の攻撃なんて無意味なんだよォ!!」

康二「そ、そんな!」

浜面「………」

サバス「キヒヒヒ…おめえらが何を言ってるのかわからねぇが絶望の表情を浮かべてるのはよーく分かるぜぇ!?キヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!」

404: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:24:31.15 ID:kDHZp6uN0
康二「え、エコーズを解かなくては!!」

浜面「待て!コウジ君、まだだ!!」ビリビリ

康二「だっ駄目だ!このままじゃ君の鼓膜が破れちまう…!」

浜面「まだだ…もう少し!」

康二「えっ…?う、うわ!!」ズサッ!

サバス(ん?何にコイツは驚いて………)
405: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:27:04.66 ID:kDHZp6uN0
サバス(あれ…?)

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

サバス(おっ…おれの入っていた木の影が無くなっている!?)

サバス「馬鹿なっ!時間的にもここの影はまだ…!!」

406: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:31:33.18 ID:kDHZp6uN0
康二「浜面…君はあの木を爆弾で吹っ飛ばしたのか!!」

………バキバキ

サバス(ゲッ!!木が倒されている!?)

ドドドドドドドドドドドドドドド

浜面「こいつのいるところの影を取り除けばいいんだろ?計画通りに音が聞こえていない間に爆発させ…気づかないうちに日向に引きずり出した!」

サバス(まっマズイ!一旦別の影に身を隠さなければ!!)
407: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:34:51.64 ID:kDHZp6uN0
…ドグシャアッ!

サバス「うっうげぁあああああああ!!」

浜面「悪いが…もうどこへも逃がすつもりはない」

浜面「康二くん…日当たりよさそうなそこ、すまないけど少し右へどいてくれませんか?」

康二「え?」
408: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 19:38:05.53 ID:kDHZp6uN0


浜面「…無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァーッ!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ!

サバス「げぼがばがばがばげばぁーーーーーーっ!?」ボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴ!!


浜面「ゆっくりと味わいな…日光浴を!!」



ドォーーーーz________ン!


ブラック・サバス 再起不能!!

411: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/16(火) 20:30:45.38 ID:ckQmaFS90
…このあと僕は警察に連絡しようとした、でも浜面はそれを止め「このことが知られたら組織が君を狙うかもしれない、敵はどんなことでもするやつだ…」と言った…

でも、それでも僕が電話をしようとすると彼は自分がなんとかすると言って…次にとんでもないことを言い放った!「ぼくは『ギャングスター』になるつもりだ」と!!
412: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 20:37:15.15 ID:PXnvwh720
最初ぼくはこいつはイカレてるんじゃないかとも思った…中学生がこの学園都市を牛耳るつもりなんて…しかし

ドドドドドドドドドドドドドドド

亡くなった老人を見る彼の眼には確かに『気高き意思』があった…!
そんな彼の姿にぼくは…どう言い表したらいいのか…『黄金の魂』!これが彼の中にあると確信したッ!!
413: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 20:44:28.77 ID:f5bscBGi0
本当に面白い
415: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:05:46.87 ID:c9Dg5Xn60
一方通行「…それで財布と金も返してもらえたのかァ、いいやつでラッキーだったな」

輝泰「どこがいいやつなんだよぉ!?金返してもらって当然だぜ!な、康二!!」

康二「うん…(流石に戦って死にかけたなんて言えないけど)」

由香奈「良かったわ…八つ裂きにせずにすんで」ニッコリ

一方(…だから眼がマジだよ怖ェよ)ブルッ

418: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/16(火) 21:32:54.50 ID:kDHZp6uN0
輝泰「つーかよ康二…なんかおめーさんざ迷惑かけられたのに何か晴れ晴れとした顔してねーか?」

康二「えっ!そうかな…」

由香奈「…確かに前よりもスッキリした顔ね」

一方「結局のところよォ~康二…その浜面ってヤツはどンなヤツだったンだァ?」

康二「そうだなぁ…なんていうか、財布を取られたのに不思議なんだけど…」





康二「なんだか…さわやかなヤツだったな…」
419: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 21:40:24.56 ID:kDHZp6uN0
浜面登場編、完ッ!
そのまま続けてみんな大好き麦茶編をどーぞ
422: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/16(火) 22:18:08.60 ID:17ky1+tno
ある意味ご褒美じゃないですかやだー
423: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/17(水) 00:41:23.03 ID:FvkbNSqe0
~とあるファミレス~

ガヤガヤ

イン(ry「とっとうま!!好きなもの頼んでいーの!?」キラキラ

Q太郎「ああ…このオッサンがどんな礼でもするって言ったしな」

オッサン「だがわたしは彼女の呪いを解くためとはいえこの子を誘拐した…こんなことで許されるとは」

Q「礼もなにも誘拐された奴がこれがいいって言ってんだからかまわねーだろ…」

オッサン「しかし…」

Q「それと気をつけな…普段エサをあまり与えてないんでな」

イ「えーとね!これとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれも!!」

オッサン「」
428: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 00:54:01.90 ID:FvkbNSqe0
絹旗「ここが私たちの集会場です、どうです?超疑われる可能性なんてないでしょ!」フンス!

浜面「…はぁ(ただのファミレスじゃないか)」

絹旗「そして私たち『アイテム』の指定席はあそこです…おっ!みんな来てるみたいですね」





フレメア「…ねーねーむぎの!」

429: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 00:58:11.38 ID:FvkbNSqe0
麦野「うん?なぁーにフレメア?」

フレメア「この計算もんだいのこたえ合ってるかにゃあ?16×55ってとこ!!」

麦野「どれどれ~?」

16
×55
-----
28

麦野「…………」

フレメア「えへへ…どうかにゃあ?当たってる?」
430: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:01:17.53 ID:FvkbNSqe0
麦野「………正解ッ!もう大正解!!いい子だにゃあフレメアはぁ!!よしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよしよし!!!」ナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデナデ

フレメア「やったー!」

滝壺「むぎの…行とりすぎ」

フレンダ(流石にそれはヤバイって訳よ)
431: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:01:22.55 ID:ZLiclhMd0
原作はナランチャだけどフレメア相手にあれをするのはだめだろwwwww
432: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:07:29.98 ID:FvkbNSqe0
絹旗「みんな何やってるんですか…前行ってた新人を超連れてきました!」


麦野「……!あなたが…」

フレンダ「へぇー…中学生にしては大人びてるって訳よ」

フレメア「にゃあ、ハーレム展開?」

滝壺「年下属性…よろしくね」

浜面(この人たちが『アイテム』…全員女性か)

浜面「浜面仕上です…よろしくお願いします」ペコリ

433: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:15:11.72 ID:FvkbNSqe0
フレメア「はまづらっていうんだね!私フレメア!」

フレンダ「あたしはフレンダ・セイヴェルン、この子の姉って訳よ!」

滝壺「…滝壺理后」

絹旗「改めて絹旗最愛です!モアイって呼んだらブチ殺しますよ」

麦野「アタシはアイテムのリーダー…麦野沈利、君がはまづらくんかぁ…」

浜面(麦野…たしか第五位の、組織に入っていたのか…)


434: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:21:43.28 ID:FvkbNSqe0
…ニヤッ

麦野「そぉねぇ…まずは………ンンっ!」ゾゾゾッ!

…ジョロジョロジョロ

滝壺(えっそれは…(ドン引き))

フレンダ(ま、マジで期待通りやるって訳!?まずいですよ!)

フレメア(…どうやって狙いつけてるんだにゃあ)

麦野「…ン、はぁああ…お茶でも飲んで……話でもしましょうよぉ」ハァハァ…
435: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:24:26.93 ID:FvkbNSqe0
浜面「…?それじゃあ頂きます」カチャ







…フワァ~

浜面「………うぐッ!?」ガタン!

438: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:30:40.33 ID:FvkbNSqe0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

麦野「どうしたのぉ…口を手で覆っちゃってまさかこのお姉さんの…じゃなくてこの店自慢の麦茶が飲めないっての…?」ハァハァハァハァハァハァ…

浜面「………」ダラダラ

滝壺(顔近っ)

フレメア「麦茶ってよりもレモンティー…むぐぐっ!」

フレンダ(世の中には触れないでおくべきこともあるって訳よ!)

絹旗「わたしにも一杯頂けませんか?」

滝壺「…やめといた方がいい」

絹旗「ふえ?」キョトン

439: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 01:33:46.92 ID:Zy5MMdzY0
麦野がただの変態wwww
441: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:34:32.44 ID:FvkbNSqe0
麦野「あらあらぁ~飲めないのかしらぁ~…?うぅ~ん?」ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ…

フレンダ(彼岸島よりはぁはぁ言ってる訳よ…)


滝壺(もう戻れないとこまで来てるよむぎの)









浜面「……!」カッ!



…グィイイイイッ!!
442: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:38:22.90 ID:FvkbNSqe0
麦野「…なっ!?」

フレンダ「ファッ!?」

滝壺「!?!?!?!?」

フレメア「Holy Shit!!」

絹旗「へ、どうしたんですかみんな?」

ドドドドドドドドドドドドドドド

浜面「フゥー…フゥー………ゲホッ!」
445: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:45:44.05 ID:FvkbNSqe0
麦野(まさか…マジで飲んじゃったの?)ゾクゾク

フレンダ「…男ってすげぇ訳よ」

滝壺「私には…理解不能理解不能理解不能」

フレメア「ねーねー、しょっぱかった?それとも甘かった?」

浜面「君をたちにも…グフっ!何か『秘密』が….ゴフっ!あるように僕にも『秘密』があるんですよ…ゲブっ!!」ガクガク

フレメア「性癖?」







絹旗(…あのー、私超置いてかれてません?)

447: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:48:37.22 ID:01z4Muc7O
どうすんだよこれ……
448: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 01:51:26.29 ID:Zy5MMdzY0
逆に考えるんだ
浜面の覚悟が凄いってことの証明だと考えるんだ
浜面も変態って考えてもいいかもしれないけど
450: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 01:54:27.00 ID:9qpYjr4OO
もうただの事案
462: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 10:28:21.14 ID:FvkbNSqe0
~洗面所~

浜面「ゴッはがふっげふッ!!」ジャージャー!

絹旗「はっ浜面!!」バン!

浜面「絹旗…どうしたんですか?」フウフウ

絹旗「さっき滝壺さんから聞きました!さっき飲まされたのって麦野の!麦野の…おしっ、おしっ…」カァアアアアア

浜面「…………」
463: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 10:31:38.14 ID:FvkbNSqe0
絹旗「その…麦野の聖水を飲んじゃったって超マジなんですか!?」クワッ!

浜面「………飲んでませんよ」

絹旗「えっ…でもあんなにイッキしてたじゃないですか!!」

浜面「口をおさえたときにこれを口に入れたんですよ…」スッ

絹旗「…?何ですかこの小さな布?」

464: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 10:37:18.41 ID:FvkbNSqe0
浜面「これは高分子ポリマーの布…オムツの素材だったり水のマジックに使ったりする…つまり吸水剤です」

絹旗「つまりこれにおしっ…麦茶を染み込ませたんですか?」

浜面「ええ…でも口に入れたのは変わりないですけど」ガフッ!

絹旗(…なんでそんなもん持ってるんですか)

浜面「しかしあの人が第4位ってマジですか、変態性第4位の間違いじゃないんですか」

465: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 10:44:55.29 ID:FvkbNSqe0
1位「中学生は…ババァなんだよ(迫真)」

2位「ドアの鍵穴に目を近づけるのはいけないことでしょーか?…ナァーイス!!(母の裸)」

3位「ああああああ!!すきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすきすき!!」ビリビリビリビリビリビリビリ!

4位「麦茶でも飲んで…話でもしようや」ニタァ

5位「その…マではじまる…マスタ~ベーションをよ…」


……………………………………

浜面「…みたいな」

絹旗「ちっ、違います!麦野はちょっと年下が超好きなだけですよ!ショタコンとかでは断じてねえ…もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」ググググ

浜面(ドン引きしてるじゃないか…)

471: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/17(水) 12:51:08.61 ID:CaGVdzu+O
>5位「その…マではじまる…マスタ~ベーションをよ…」

アカン想像したらヤバい
468: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 10:57:40.23 ID:FvkbNSqe0
絹旗「ま、まぁこのことはよしとしましょう」コホン

浜面(よかない)

絹旗「それと…もうひとつ聞きたいことがあるんですが」

浜面「…なんです?」

絹旗「この前あなたに試験があると教えたビルで…爆発事故があって大半が吹っ飛んだらしいんですが…何か知りませんか?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「…さぁ、知りませんね…」


472: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/17(水) 13:30:58.81 ID:FvkbNSqe0
…ピキィン!

一方通行「…なんか失礼なこと言われた気がすンなァ」

輝泰「あん?」

康二「いきなりどうしたの通行くん?」

一方(俺は原作と違ってまだロリコン要素ねーだろ…)

473: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 13:31:27.64 ID:JgTL779sO
まだwwww
474: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 13:34:24.26 ID:FvkbNSqe0
…ピキィン!

???「…!誰だッ!俺の悪口言ってるヤツは!!」

??「知らないわよ…ていうかあなた登場まだじゃないの!」

???「相手のウラをかくのは俺のポリシーだよ~だ…」

476: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 13:40:12.17 ID:FvkbNSqe0
…ピキィン!

美琴「だっ誰かが私の陰口を!?…いや、それともアイツが私の事を何か言ってるのかなぁ…」ニヘラ

黒子(圧倒的前者ですの)
477: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/17(水) 13:46:05.07 ID:FvkbNSqe0
…ピキィン!

食蜂「なっ!私はアイツを思い出して切ない気持ちになって…ってそんなことしてないわよッ!?マジで!」クワッ!

女生徒1「なんだぁ~ミサキ、どーしたのさ」

女生徒2「前話してた例の男か?まったく…常磐台の女王が色ボケとは…」

食蜂「江府美に兄貴!!わたしはオ○ニーなんかしてねェーーーーッ!」

女生徒2(…大声で下ネタ叫ぶな)

484: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/17(水) 22:00:26.01 ID:FvkbNSqe0
麦野(はぁあ…次はあのカワユイお尻で私の顔を圧迫してもらおうかしら…)ゾクゾク

滝壺「麦野ェ…」

絹旗「…もどりましたよー」

浜面「……」ドヨーン

フレメア「ねーねーむぎのー…戻ってきて」ユサユサ

麦野「…はっ!えー…コホン、早速浜面クンには次の任務に参加してもらうわ」
488: </b> ◆9gjhVjFvvo<b> 2014/09/17(水) 23:25:22.49 ID:FvkbNSqe0
浜面「…!」

フレンダ「記念すべき初任務って訳よ!」

絹旗「む、麦野…さすがに彼にはまだなのでは…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

麦野「ま、そんなに難しい任務じゃないわ…今回は君の『実力』!これを図らせてもらうわよッ!!」

滝壺(むぎの…やっとリーダーっぽい)

浜面「…分かりました!」

麦野「メンバーは浜面、絹旗、フレンダ…絹旗にフレンダ!アンタらちゃんと先輩としての威厳見せつけてきなさい!!」

…ガタッ

フレンダ「…にひひ!了解って訳よ!!」

絹旗「分かりました、私達に超お任せを!」

麦野「…ふふ、頑張ってきなさいな」

フレメア「にゃー!みんながんばってー!」

滝壺(おお…麦野がいつも以上にリーダーしてる)ジーン
490: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/18(木) 00:20:35.80 ID:R70UyG0A0
麦野「それじゃ浜面くんは…無事に戻ってこれたら圧・迫・祭・り・か・く・て・い・ね…」グヘヘ

浜面「何ですって!?(驚愕)」

フレメア「にゃあ、布団の間に挟まるやつ?」

滝壺(あ、やっぱ駄目だわ)
498: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/18(木) 11:24:36.11 ID:2F1a0qPnO
>>1です、アイテム初戦闘の内容が考えつくまでに思いついた話を投下します…いわゆる茶番だけども
499: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 11:31:17.84 ID:2F1a0qPnO
~恋する乙女は傷つかない☆~

とある公園

美琴「ぐぬぬぬ…」ウーンウーン

妹「ねーねーおねぇちゃん、あの人一時間くらいぐぬぬしてるよ?」

姉「見ちゃだめ!」

美琴(まずい…非常にまずいわ…今までの話での当麻相手のヒロイン枠は穀潰し、性人、シスターズ、先輩に私…多い!!多すぎるわ!!このままじゃとある小説みたいに一部空気化するわよ!!)




500: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 11:42:09.62 ID:2F1a0qPnO
美琴(とにかくこのままでは私も空気化不可避だわ…何か手は…)ウーン

美琴(…はっ!)



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

美琴「あったわ…男女の仲を急速に近づける方法…!これならば…これならばッ!!…うふふふ、あははははははははははははっ!!」





姉「アイエエエエエエ狂人!?」

妹「おねぇちゃん見ちゃだめ!」

502: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 12:49:43.44 ID:Ab2xyuCIO
そして…

美琴「お願いですっ!!この御坂美琴と『王様ゲーム』してやってくださいぃいいいいいーっ!!」ドゲザアーーーz______ッ

上条「…ついに第3位のプライドまで失っちまったのか」

美琴(もうっ…手段なんて選んでいられない!!このドキドキゲームで既成事実作ればよかろうなのだァーッ!)
503: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 13:29:23.99 ID:R70UyG0A0
上条「…既成事実作ろうとしてんのがミエミエだぜ、あばよ…」クルッ

美琴「まっ、待って!!あんたが勝ったらこれをあげるわ!!」サッ!

上条「…ン?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


美琴「…これは『海のふしぎいきもの展』のチケット!謎の大人気でチケットも入手困難といわれてるけど偶然(必然)持ってるのよ…そして何よりの目玉は『新種のヒトデ』!!あんたが勝ったらこれをあげる変わりに負けたらなんでも言うことを聞いてもらう…このルールでどうかしら?」フフフ…

上条「…………」

美琴(…うぅ、ホントにこれが弱点なの…?いっ、いや!!先輩を信じるのよ!)コノマエウラギラレタケド

504: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 13:31:57.58 ID:R70UyG0A0











上条「…おれの『魂』を賭けよう」



美琴「ファッ!?」

507: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/18(木) 16:48:57.60 ID:R70UyG0A0
~上条宅~

美琴(まさか釣れるとは…いやいや!結果オーライよ!ここから先は細工した割り箸を使ってあんなことやこんなこと…ぐへへへ!!)ジュルリ







美琴「…でも」
508: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 17:00:12.56 ID:R70UyG0A0
美琴「な・ん・であなた達がいるのよォーッ!?」バン!



1号「あららお姉さま…お気になさらず♪」ウフフ

2号「王様ゲームってよォ~…たまに王様も命令されてることあるよなぁ~それって王様っていえんのかよ!?クソッ!!」ボフボフ!

3号「アー…命令…されたいッ!いたいの欲しいのッ!」

4号「…うふふ」ネットリ

インデックス「なんかこの光景前にも見たんだよ…」

5号「なんかインちゃん修道服きてないとめ○まみたいだねー!」

6号「全惚れ事件のテコ入れの世界なのです」

7号「………おうさま」ムフッ…

8号「王様王様王様王様王様王様王様王様王様王様王様王様王様王様王様王様…」ハナヂダラダラ

9号「ミサカたちも急遽参戦なのですとミサカたちは飛び入り参加します」

10号「お姉さま…止められなくてすいません…」ドヨーン


509: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 17:37:02.48 ID:R70UyG0A0
妹達((((((((お姉様だけ抜けがけは許さん…シスターズ全能力をもってこれを阻止するッ!!))))))))

5号「んで王様ゲームってどんなゲームなの?」

10号「あ、あのですね…王様が色々と命令してくってゲームでして…」アタフタ

美琴「ち、ちょっとアンタもおかしいと思うでしょ!!」



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

上条「…関係ねえな、勝つのは俺だ…」

美琴(ダメだ眼がマジだわ!!)

510: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 17:43:44.39 ID:R70UyG0A0
9号「復刻版しすたぁ~ずでーた☆です、引き続きイマジン重点」

1 お姉さん でかい セミロング うふふ(微笑)
2 ギアッチョ ちいさい まとめ髮 おぉん!?
3ドMイタミ・ニンジャ でかい ゆるパーマ イイーッ!
4○ズ ふつー 三つ編み(一本に) ねっとりスマイル
5こども でかい ツインテ やえばにぱー!
6世界 ふつー 片目隠れ キリッ
7無口 でかい ロング ねむそう
8変態ちいさい 目隠れ 色々ひどい
9普通 ふつー ポニテ 口調めんどい
10あたふた ちいさい サイドテ あわわ


○ツァリ「得するのは…オレです!たっぷり!!」バン!

上条「消えな」

513: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 20:48:45.36 ID:R70UyG0A0
美琴(もういいわ…この子たちが何を企んでようと勝つのは私よ!!)

イン「なんかお菓子貰ったから私が審判するんだよ!それでは~スタート!!」

美琴(よし!あの傷が分かるやつはいないし…他の箸にも微妙な傷もつけておいた…これなら!)





…ドヒュウッ!

美琴「…えっ?」

イン「熱ッ!?」ビタン
514: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:59:37.95 ID:R70UyG0A0
上条「………」ガシィッ…

1号「あらら?お姉様が最後みたいですね…」ウフフ

5号「わー!おねぇちゃんおそーい!!」

7号「………」フッ

美琴「…あ、あんたら…」ピグピグ…

美琴(小細工は効かない…ならば!!正々堂々既成事実つくったる!!!)ドン!

515: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:02:43.63 ID:R70UyG0A0
5号「あっ!最初は私がおーさま!!んーとね…2番と7番がモノマネ!!」







3号「…みんな丸太は持ったか!イクぞォ!!それで私を叩いてェ!!」ビクンビクン!

6号「さすが3号さんの世界はすげェ!」

美琴(えっ!?そんなのでいいの!?)
520: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 01:53:09.46 ID:Yx7uoXnwo
つーかチケットを盾に直接目的を果たせばいいのにめんどくさい遠回りしちゃう辺りがここのみこっちゃんなんだろうなぁww
522: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 10:14:58.88 ID:R+CeeNblO
1号「使命された子は抜けて下さいな、次の王様はわたくし…じゃあ1番と10番がCDデビュー!」






7号「…………………ピザモッツァレラ♪ピザモッツァレラ~♪レラレラレラレラレラ…」

9号「ミサカはヨーロッパで大ヒット間違いなしと太鼓判を押します」

7号「…まじすか」

9号「バンド組む?」

美琴(ニョホホのギャグはいかんでしょ)
523: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 10:26:13.22 ID:R+CeeNblO
4号「…わたくしですわね、それなら9番が3番の尻を泣くまで叩くのをやめない…どうですか?」







1号「おーっほっほっほ!!どう!?これがいいのっ!?」ペチンペチンペチンペチンペチンペチンペチン!!

2号「あっ…姉貴!!痛いよ!やめっ…あんっ!あんっ!あんっ!!」

3号「アアーッ!!感覚共有、したい!!」バッタンバッタン!!

6号「感覚共有禁止の世界」

1号「まだまだいくわよぉ…ほらほら!」ペチペチペチペチペチペチペチペチ!

2号「ひにゃあっ!!も、もう乱暴なくちきかないからゆるひてぇ!!あんっ!あんあんあん!!」ウルウル

8号(尻たたきプレイ…そういうのもあるのか!)ピコーン

イン「もう泣いてるんだよ…」

528: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/19(金) 20:46:29.79 ID:K58DgTgp0
8号「つ、ついに来たッ!私が…王様が七番に6番に○感マッサージ!!これで…これで…!!」





モミモミモミモミモミモミモミモミ…



5号「あははは!くすぐったーい!!」キャイキャイ

8号「ちっくしょオオオオオオオオオオアオオオオオオオアオオ!!(でかい!)」

美琴「勝負かけすぎでしょ…」
529: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 20:51:42.22 ID:K58DgTgp0
10号「はわわ…残っちゃった」

4号「……うふふ」

上条「……そろそろ決着だ」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

美琴(しかし…これでこの訳分からん幕間も終わるッ!!しっかりするのよ美琴!今までの努力を思い出すのよ!!)

…………………

あらぁん!上条様ではありませんのぉ?

ぶ゛っ゛飛゛ば゛し゛て゛や゛る゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛う゛!

ウプケコカキクケコクコケキコクケコ!!

………………………


美琴(…やっぱ思い出さなくていいわ!いくわよっ!!)
530: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 20:54:57.32 ID:K58DgTgp0
イン「うう…もう手が真っ赤なんだよ…早く終わらしてほしいんだよ」

美琴(……自分を信じるのよッ!!勇気とは恐怖を知ること!!恐怖を我が物とすることだぁあああああ!!)





…サッ

531: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 20:57:05.78 ID:K58DgTgp0
美琴(私の……勝ちよ!!)














10号「…すいません、王様…私です」オドオド
532: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 21:31:04.36 ID:K58DgTgp0
美琴「なっ…!?」

1号「あらあら?何を要求するのかしら…?」

10号「あの…えーと…あのぉ…」モジモジ









10号「に、2番が王様を……ぎゅって…する」///
539: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 15:59:34.28 ID:THNAQ0AiO
美琴「まさか….まさかっ…!!」



上条「………チッ」スッ







…ギュッ

540: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 16:01:18.13 ID:THNAQ0AiO
10号「!!!!!!!!!」

全員「「「「「「「「「「!!!!!!!!!!!!」」」」」」」」」」

美琴「ほわああああああああああああああああああああああああああ!!!」
543: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 16:25:02.53 ID:THNAQ0AiO
10号「………きゅう///」パタン!

6号「くっクソッ!!感覚共有できないなんて!!(10号大丈夫ですか!?)」

9号「逆ゥー!」

上条「…おれの勝ちだな」

7号「………そうなの?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

美琴(そっ…そんな…ここでアイツが抜けてアタシに残った選択肢は…!)

?次は私が王様で何もなく終わる
?逆に私が王様に命令される
?○イプされる、現実は非常である

美琴(……わたしは…一体!)



544: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 16:32:19.90 ID:THNAQ0AiO
美琴(…………えっ?)

3.○イプされる、現実は非情である

美琴「…………」クルッ…

ドドドドドドドドドドドドドドドド

4号「…………」

美琴(しすたぁ~ず…でーた)


3ドMイタミ・ニンジャ でかい ゆるパーマ イッてる
4○ズ ふつー 三つ編み(一本に) ねっとりスマイル
5こども でかい ツインテ やえばにぱー!

4○ズ ふつー 三つ編み(一本に) ねっとりスマイル…

4○ズ ふつー 三つ編み(一本に) ねっとりスマイル…

4○ズ…

○ズ…

『レズ』

美琴「……まさかっ…まさかっ!!??」ガクガクガクガクガクガク

545: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 16:55:00.10 ID:THNAQ0AiO
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

4号「……はぁ…はぁ…この時を、この時を待っていましたわ…キャラを抑えて…」ジュルリ

美琴「あっ…あっ…あっ」ブルブルブルブル

4号「………そして」スッ…




4号「…私が王様!!」





答え3…答え3…………「3」





4号「…いただきますわぁ」ニッッッッコリ


546: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 18:18:38.48 ID:THNAQ0AiO
美琴「う…うわぁあああああああああああああああああ!!!」




1号「うふふ…とても楽しかったわねぇ」

2号「ひたい…いたいよぉ…」グスグス

3号「痛いの…ない…むなしい」

5号「これどうやって収集つけるのー?」

6号「影うすくないですか私の世界」

8号「うう…スケベできなかった」

9号「これテコ入れになったんですかね?とミサカは作者に抗議します」

10号(気絶)

上条「アイツらも再起不能…このチケットは貰ってくぜ」バァーーーz______ン

7号(…王様ゲームの勝敗ってなんだろ)








4号「ハァハァ…お姉様の太もも…うンまぁーーーーーーいっ!」レロレロレロレロレロレロレロ

美琴「ん゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!゛!゛や゛め゛て゛く゛れ゛よ゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛!゛!゛」バッタンバッタン!




547: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 18:21:58.88 ID:THNAQ0AiO
~ジャッジメント支部~

黒子「…なんだかキャラを奪われた気がしますの」

初春「へ?」




イン「To be continuedかも!」
549: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 18:45:58.66 ID:i5EnVbKnO
美琴かわいそうwww
550: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/21(日) 19:25:00.85 ID:1nSuvgA0O
ある意味4号と10号が勝者w
552: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/22(月) 00:05:32.00 ID:hPiJ0GMpO
~学園都市のはずれ~


…ブロロロロロロロロ

フレンダ「…それで本当に飲んでしまったのか?」

浜面「だから高分子ポリマーのやつでですね…」

絹旗「二人とも…もう麦茶リアリティショックの事は超忘れてください!あらためて作戦を確認しますよ!」

553: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 00:13:38.23 ID:hPiJ0GMpO
絹旗「今回の作戦は武器商人の取引の現場を直接叩きます、取引場所は海岸の砂浜…特に名のある組織でもありませんがボディガードを雇っている可能性もあります…超注意を怠らないようにしてください!」

フレンダ「はいはーい…でも簡単なミッションだしぃ、浜面の実力を見せてもらうにはうってつけって訳よ!」

浜面「……はぁ」

絹旗「それと浜面、アイテムのメンバーそれぞれの役割を教えておきます」

フレンダ「まず私、爆弾にトラップ専門!破壊活動は得意分野って訳!」

絹旗「続いて私はレベル4の窒素装甲(オフェンスアーマー)、能力の特性上主に前線での戦闘がメインです」


554: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 00:22:59.00 ID:9S8cb/5x0
絹旗「今回は作戦に参加していませんが滝壺さん…彼女はレベル4の能力追跡(AIMストーカー)、超スゴイレベルの索敵能力でチームをサポートしてくれます」

浜面「あの苦労人っぽい人ですか?」

フレンダ「そして我らがリーダー麦野!レベル5で学園都市第4位の原子崩し(メルトダウナー)!その名の通り原子をぶつけてエネルギーを……まぁ殺人ビームぶっ放すマンって訳よ!」

浜面(ただのレベル5の飲尿健康法(ハナシデモシヨウヤー)じゃなかったのか…)

555: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 00:27:27.91 ID:9S8cb/5x0
浜面「…あれ?フレンダ…あなたの妹のフレメアはなぜこの組織に?」

フレンダ「うーんとね…アタシ的にはこんな危険な組織に関わらせたくないんだけど…何でもとんでもない『能力』の可能性を秘めているかもしれないらしくて」

絹旗「上層部からの要請で保護、観察を任されている…こんなところですね」

浜面「…なるほど」

フレンダ「ま、姉としては近くにいられるから安心っちゃ安心って訳よ」
556: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 00:31:51.50 ID:9S8cb/5x0
絹旗「…む、そろそろ取引場所の海岸です、浜面!車を止めてください」

浜面「分かりました」

…キッ





フレンダ「さーて…それではお仕事開始って訳よ!」

絹旗「浜面、準備は超できてますか?」

浜面「…ええ、いつでも大丈夫です」ジャキッ

絹旗「それでは…速やかに目的を遂行します」

…ザッ!
560: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/22(月) 17:25:41.18 ID:HlMfaLvvO
~海岸、砂浜~

ザザザザ…

黒服1「よし…それでは取引成立でよろしいかな?」

スーツ1「ああ、いい取引だった…今後とも宜しく頼む」

黒服1「わたしたちの学園都市を我が物とするための取引だ…今後とも協力してもらおう」

スーツ2「もちろん、必ずやこの学園都市を我々の手の平に…」












浜面「…取り込み中失礼します」ジャキン

561: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 17:30:16.99 ID:HlMfaLvvO
スーツ3「なっ!?」

黒服4「いっ、いつの間に!!」チャッ!

黒服5「お前ら!武器を構え…」


ダダダダダダダダダダダダダダダン!

黒服達「「「「うぐおっ!?」」」」

浜面「撃ったのは非殺傷の銃弾なのでご心配なく」

黒服2「ばっ…馬鹿な!このガキ一瞬で俺たちの手を撃ちやがった…」

浜面「…大人しく投降してください」
562: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 17:34:19.71 ID:HlMfaLvvO
スーツ4「ハッハッハー!!中学生のガキが!!能力者だろーがなんだろーがこの最新式のショットガンでミンチにしてやるぜぇ!!」ガシャッ!

浜面「…抵抗するなと言ったんだがな」

スーツ4「うるせぇーッ!ガキの使いが…死にやがれッ!!」カチャッ!












…グニィ


563: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 17:39:46.44 ID:HlMfaLvvO
スーツ4「…えっ?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

絹旗「…やれやれ、投降にも応じませんか…超仕方ありませんね」

スーツ4(こっ…このガキ素手で銃身を曲げやがった!?)

絹旗「…てやっ!!」ドゴッ!

スーツ4「アグワァーッ!?」ドッコォーン!

…ザッパァーン!

スーツ1「一番図体がでかいヤツをノーバウンドで海まで吹っ飛ばした!?能力の類いか!!」

564: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 17:43:51.58 ID:HlMfaLvvO
黒服2「おっ!お前ら!!トラックから武器を取れ!ここで邪魔されたら俺たちの計画はパーだ!!」

黒服5「ちくしょー…待ってろ!!今始末してやる!」ダダッ!

絹旗「…だそうですよフレンダ」

…ニュッ

フレンダ「ざ~んねーん!もうそのトラックもなくなっちゃうって訳よ!」
565: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 17:47:01.74 ID:HlMfaLvvO
黒服4(岩陰にもう一人ガキが…隠れていやがったのか!)


フレンダ「それじゃあ点火!!」ボッ!

スーツ3「うおっ!」

スーツ1「わっ!」


シュボボボボボボボボボボ!!

黒服5「あいつの足元から火の線が!行き着く先は…」クルッ
566: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 17:51:14.47 ID:HlMfaLvvO
黒服4「…やっぱり…!」

黒服5「トラック!!」

…ボッゴォオオオオオオオオオオオン!!!

黒服達「ば、爆発し…うわあああああああああああ!?」ドッヒューン!


フレンダ「おおー…流石学園都市最高レベルで作られた液体爆薬!中々の威力って訳よ!!」

スーツ1(学園都市…?こ、こいつらまさか直属の組織の………)

567: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/22(月) 21:18:38.92 ID:9S8cb/5x0
フレンダ「…そしてコイツはオマケって訳!!」ポイッ!

スーツ2「こ、これは…」

ブシュウウウウウウウウウウ!!

スーツ2「スモークグレネード!?」

黒服2「クソ!なんも見え…ぐはっ!!」バゴ!

スーツ1「やつらはどこへ…ぶへっ!?」メゴン!

ドコバキベキボキバキ!!

568: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 21:23:59.98 ID:9S8cb/5x0

シュウウウウウウウウウウウ…


黒服5「げほっ…一体何がどうなって」

黒服5「…あれ?」


黒服&スーツ「「「「「「「「「チーン」」」」」」」」」

黒服5「なっ何ィイイイイイイイイイイイ!?全め……」

フレンダ「もひとつオマケにそれっ!」バヂバヂ!!

黒服5「あがばばばばばばばばばッ!?」ビビビビビビビビビビビビビビビ!
569: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 21:29:48.63 ID:9S8cb/5x0
黒服5「あが…ば」…バタッ

フレンダ「ふぃ~…残存戦力なし!任務完了!!」

絹旗「どうやらこいつらは学園都市上層部を乗っ取ろうとしていたみたいですね…超アホ頭です」

浜面「フレンダ、周りに何か怪しいものは?」

フレンダ「んーと…やっぱ何も無い訳!にしても浜面…中々やるじゃない!見直したって訳よ!!」

浜面「ありがとうございます」ペコリ
570: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 21:33:22.69 ID:9S8cb/5x0
フレンダ「まっ、この私にはまだまだ及ばないけどね!精進するがいい訳よー!」ニャハハハハッ!

浜面「はぁ…」

絹旗(…やはり超只者ではありませんね、彼には人に認められていく才能…のようなものがあるんでしょうか)







黒服5「…ぐっぐぐ!」
571: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 21:39:57.61 ID:9S8cb/5x0
フレンダ「!!」

浜面「絹旗!やつはまだ意識が!!」

絹旗「むっ…」

黒服5「ぐふっ…ぐふふふ!てめぇら…よくもやってくれやがったな……こうなったらこっちも最終手段だ…!!」グググググ…

浜面「あれは…無線機?」

黒服5「『先生』!!こいつらを殺っちゃって…………」

…ビシイッ!

黒服5「あひょっ…」グデン

絹旗「『先生』…?今こいつそう言いましたよね?」
572: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 21:43:57.66 ID:9S8cb/5x0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「先生…まさかボディガードを雇っているのでは?」

フレンダ「でも周りにそれらしき人影は……」キョロキョロ

絹旗「双眼鏡を使って超確認してみて下さい!」

フレンダ「り、了解って訳!」チャッ
573: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/22(月) 21:48:34.40 ID:9S8cb/5x0
…ジー

フレンダ「うーん…やっぱそれらしき人影は…」

フレンダ(…あれ?)

………………………………………

???「…………………」ヒュオオオオオオオオオ……

………………………………………

フレンダ(500mくらい前方の砂浜に人が座ってる…?持ってるのは杖か何か…)









浜面「……………!!!フレンダッ!!後ろだァーッ!!!!」


577: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/23(火) 00:11:57.21 ID:NSHCySQt0
ドリュウウウウウウウウウ…!!



フレンダ「…………ハッ!!」クルッ!

…ザグン!!

フレンダ「うっ!うわぁあああああ!!」ドッシャ!!

浜面(巨大な手!?…いや!これは水の塊だッ!!彼女を後ろから切り裂きやがった!!)

絹旗「ふっフレンダ大丈夫ですか!?フレンダッ!!」ダキッ

フレンダ「……………」


………………………………

???「……小僧、この私の攻撃に気づきおったか…中々の危機判断だ」フフフ…

???「しかしこの私の能力から逃れる術はない…ましてやこの『砂浜』ならな…!」

581: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/23(火) 10:40:31.69 ID:NSHCySQt0
フレンダ「……ううっ」グググ…

絹旗「ふ、フレンダ!!」

浜面「無事でしたか…」

フレンダ「はぁ…はぁ…飛びのいて避けたから背中を浅く切られただけ…問題なしって訳…」

フレンダ「でも今の水の塊は私の後ろから急に現れた…気配なんてまったくなかったのに!」

浜面「…おそらく水流操作の能力者でしょう」

フレンダ「で、でもあんなに能力者本人が離れているのにこんな攻撃ができるなんて信じられないって訳!」

582: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 10:47:18.02 ID:NSHCySQt0
絹旗「そういえば…聞いたことがあります…!」

浜面「絹旗…何か知っているのですか?」

絹旗「ええ…特殊な水流操作を使う凄腕の傭兵がいると聞いたことがあります」

フレンダ「ま、まさかそいつがボディガードに雇われてたって訳…?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「どうやら僕たちは鼠退治に来ていたと思っていたが…とんでもない大物と出くわしてしまったようですね…」
583: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 10:57:43.38 ID:NSHCySQt0
…………………………

スゾザザザザザザザザザァ…

男「足音から判断すると…中学生程度の子供が3人…うち女2、男1か…」

男「フン、子供がこんな事に関わっているとはな…世も末か」

男「しかし雇い主も馬鹿な奴らだ、金をケチらず早く援護を要請すればよかったものを…まぁいい、子供であろうがなんだろうが私の『水流操作(ゲブ神)』から逃れる手はないのだから…」フフフ…

……………………………………

浜面(500m前方のヤツを攻撃するには拳銃やこっちの装備では不可能だ…何か手は…)キョロキョロ

浜面「…ん?」


584: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/23(火) 20:51:45.08 ID:NSHCySQt0
浜面(…これなら!)ガシャッ!

絹旗「浜面!それは…」

フレンダ「黒服達が持ってた狙撃銃!!それで狙い撃つぜっ!って訳!?」

浜面「ええ…500mならこの銃の射程範囲!狙撃できます!!」

カシャン!

浜面(ヤツは…………いた!これでっ…)ザッ






………………………………

男「…無駄だ」
585: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 20:54:14.76 ID:NSHCySQt0


…スパァン!



…ボトッ

浜面「な………!?」

絹旗「じ、銃身が……」

フレンダ「切り落とされた!?」

586: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 21:02:29.70 ID:NSHCySQt0
…ブワッ!!

浜面「ま、まずい!……うぐぅっ!?」ザクン!

フレンダ「浜面っ!!」

浜面「ぐはっ!」ドシャッ!

絹旗「…このっ!!」ブン!

バッシャア!

絹旗(…っ!塊が、崩れて消えた…!)

587: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 21:05:12.74 ID:NSHCySQt0
…ドプン!

フレンダ「い、移動した!!」

絹旗「次こそはっ…!」




浜面「…絹旗ッ!フレンダ!!そこから動くなッ!!!」

588: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 21:16:39.45 ID:NSHCySQt0
フレンダ「…えっ」ピタッ

絹旗「浜面…!?一体何を…」



……………………………

男「…ムッ」

……………………………

浜面「はぁ…はぁ…やつは…やつは僕たちの居場所や行動を『音』で判断している可能性があります」

絹旗「え!?」

浜面「さっきフレンダが切られた時は歩き回っていたから…今の僕は力を入れて踏み込んだから…それに、さっきヤツを狙撃銃で見たとき『杖』らしきものを地面に突き刺していた…」

フレンダ「…それって!!」

浜面「人は目が見えないと残った聴覚が発達するという特徴がある…恐らくヤツは異常に発達した聴覚を利用しているのでしょう…」
590: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 21:25:44.47 ID:NSHCySQt0
フレンダ「そういうことなら…動かなきゃ相手に場所がバレないって訳?」

浜面「ええ…音を出さない限りは」

浜面(くそっ、拳銃が濡れてダメになってしまった…黒服達が使ってたアサルトライフルを持っておこう、有効かどうかは別だが…)

絹旗「浜面…傷の方は?」

浜面「左手を切られましたが問題ありません…重要なのはここからどうすべきか…」

591: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 21:33:17.27 ID:NSHCySQt0
………………………

男「音が消えたか…ヤツら、私の能力の特徴に気づいたか!…しかし距離は500mは離れている、その距離のうち始末してくれよう!」

………………………



浜面「…!みんな!あの岩まで走るんだ!!」…ダッ

フレンダ「…成る程!了解って訳!」…ダッ!

絹旗「分かりました!」ダッ


………………………

男「………何、一斉に走り出した!?」

592: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 21:49:29.78 ID:NSHCySQt0
…スタン

浜面「…やはり!」

絹旗「ヤツが襲ってこないですね…」

フレンダ「岩を乗り継いでいけば無駄な音を出さずアイツのところまでいけるって訳ね!」

……………………………

男「ヤツら…岩を乗り継いでいるのか!…クソ、考えたものだな」

……………………………

浜面「ヤツの能力…あの大きさの水の塊を作り出すにはかなりの集中力がいるはず!あの塊の形を崩せば相手の脳に一時的なショックを与えられるでしょう…それができるのは」

フレンダ「爆弾と…」チャッ

絹旗「……私の能力ですね」

浜面「ええ、そしてこの岩を利用ヤツのところまで行き…叩く!この作戦でいきましょう…」

フレンダ「了解!」

絹旗「超了解しました!」

604: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 11:05:45.82 ID:o4C6xc6lO
絹旗「次はあの足場へ!」

フレンダ「おうっ!」タタタン!

浜面「絹旗!右だ!」

ザバァン!

絹旗「超窒素ガード!!」ガギッ!

絹旗「私の能力の前には無意味です!」

………………………

男「この空気の壁に阻まれたような感覚…一人能力者がいるな」

男「…まず、潰すならコイツか」
605: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 11:13:09.93 ID:o4C6xc6lO
フレンダ「…よしっ!あっという間に残り250m!!二人とも大丈夫!?」

浜面「ええ」

絹旗「超問題ありません!」

フレンダ「おっし!このままのペースで行けばアイツまですぐって訳よー!」

浜面「…しかし、次の岩までは距離があります。どうにかして凌がなければ…」

絹旗「私の能力で!」

フレンダ「…待って!わたしにいい案かがあるって訳!」
606: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 11:18:42.45 ID:o4C6xc6lO
……………………

男「くっ…ヤツらめ確実に近づいているな…まさかここまでの行動力とは…」

………ボスッ

男「……む?」

………ボスッ…ボスッ

男「この足音…警戒して進んでいるのか?………いいだろう、不意打ちを食らわせてやる!」

…………………………………





フレンダ「…ちっ!ちっ!ちっ~!これは足音じゃない訳よ!!」



607: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 11:24:17.92 ID:o4C6xc6lO
浜面「なるほど…銃の薬莢を投げて足音のように偽装するのか」

絹旗「超考えましたねフレンダ」

フレンダ「それで不意打ちしようと出てきたところを爆弾でドカンって訳!そろそろ……」



………ズゾザザザァ



フレンダ(…来たッ!)


608: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 11:30:07.94 ID:o4C6xc6lO
フレンダ「…よっしゃあーっ!私の鉄球…じゃなくて爆弾を食らえぇええ!!」ザッ!

浜面「よし!このタイミングなら…」








………………………………

男「……!?急に足音が乱れた!こいつはまさかっ!!」


617: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/24(水) 20:43:41.93 ID:vhLFCauN0
フレンダ「…今だッ!!食らうって訳よ!!」ブンッ!



…ボッグォオオオン!!

絹旗「…や、やった?」

浜面「あの爆発なら形をとどめるのは不可能なはず!!」

フレンダ「おっし!今のうちに岩まで…」










…ジャボン!
618: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 20:51:00.21 ID:vhLFCauN0
浜面「!?」

絹旗「やっ…やって………」

フレンダ「…………ないッ!!」


ズッバァアアアン!!

フレンダ「うっ、うぐうううっ!!」ドッシャア!

絹旗「ふ、フレンダ!?」

浜面「足を…!つかまってください!!」ガシッ!

フレンダ「ううう…」


…………………………

男「…フー、デコイとは中々考えたものだな…しかし一人の足を封じた、コイツは戦力になるまい」
619: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 20:58:29.40 ID:vhLFCauN0
絹旗「はぁはぁ…なんとか次の岩までこれましたね…浜面、フレンダの傷は?」

浜面「止血はしました…キズは深いけども命に別状はありません」

フレンダ「ごめん…ドジったって訳よ…もう走れそうにない…」グググ…

浜面「残り150mほどか…絹旗、ぼくとあなたでヤツを叩きましょう、フレンダはこの岩で待機していてください」

フレンダ「りょ…了解」

絹旗「フレンダ!待っていて下さい…すぐにアイツを倒して…」
620: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:02:38.31 ID:vhLFCauN0
…バショオッ!

フレンダ「…っ!言ってるそばから!」

浜面「絹旗!!」

絹旗「…大丈夫です!窒素装甲ならコイツの攻撃を防げる!!二人は超離れていてください!」

…ジャボボ

浜面(…?何か様子が…)

絹旗「跡形なくフッ飛ばします!…………でやぁーっ!!」ブウン!!

621: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:07:10.33 ID:vhLFCauN0
バッシャア!

絹旗「なっ!?」スカッ!

フレンダ「拳が当たる前に勝手に形が崩れた…どうして!!」

…コロコロ

浜面「何だ…!崩れた水の中から何かが…」

絹旗「これは…」




フレンダ「…………!!浜面に絹旗!耳を塞いでッ!!!」

絹旗「えっ!?」

浜面「うっ!」ピタッ!

622: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:10:45.35 ID:vhLFCauN0
…ピッキィイイイイイイイイイイイイイイン!!

絹旗「…うぐぅっ!?」

浜面(ぐっ…塞いでいても響くこの音…!撹乱用のグレネードか!?)ビリビリ

フレンダ(ううう…)ビリビリ




イイイイイイィィィィ…ィ…ィ…

浜面「音が…やんだ」



623: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:16:48.22 ID:vhLFCauN0
絹旗「……」バタン…

フレンダ「……浜面!絹旗が!!」

浜面「…しまった!今のをモロに食らってしまったのか!!」

…………………………………

男「順序は変わったが能力者の方も戦闘不能…残るは無能力の子供一人だけか、フフ…そろそろ終わりにするか」

…………………………………

絹旗「あ、頭の中で銅鑼を打ちならされているみたいです…ぐぐぐ…能力が上手くつかえません…」

フレンダ「そ、そんな…アイツまではまだ150mあるのに、浜面だけじゃ…」

浜面「……………」

フレンダ「これじゃあ、もう…」ガク…
624: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:22:43.83 ID:vhLFCauN0
絹旗「待ってください…あと一度なら能力がまだ使えそうですから…その隙に二人は…」ググ…

フレンダ「でもそれじゃ絹旗が!!」

絹旗「私のミスです…考えなしに能力を叩き込んでしまったから…せめて二人は!!」

フレンダ「絹旗…」






浜面「覚悟とは…………犠牲の心ではないッ!!!」
625: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:29:46.33 ID:vhLFCauN0
絹旗「…!?」

フレンダ「は、浜面………」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴコ

浜面「この場所から助かるのが二人だけではダメだ…僕たち三人!!一人も欠けずに乗り切らなければならないッ!!」

絹旗「し、しかしこのままでは…」

浜面「…この先、『覚悟』が必要です」

フレンダ「それって…」

浜面「絶対にヤツを倒し、三人で任務を終える…この覚悟が!!」

絹旗「浜面……」

浜面「…覚悟とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」
626: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:33:53.40 ID:vhLFCauN0
絹旗「…………」

フレンダ「……へへへ、後輩に諭されちゃうとは先輩失格って訳ね」

絹旗「フレンダ…!」

フレンダ「いいわよ…最後までとことんやってやるって訳!三人一緒に!!」

絹旗「……私もです!今できることを……すべて!!」

浜面「二人とも……」

………………………………

男「…何だ?ヤツら何をするつもりで……」

627: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:42:55.72 ID:vhLFCauN0
浜面「…絹旗、能力を使えるのは一回と言いましたが」

絹旗「ええ…まだ頭がガンガンしていて正確にできるのは一発が限界です…」

浜面「分かりました…それなら、僕をアイツの方に向かって全力で『投げて』ください…」

絹旗「えっ!?」

フレンダ「い、いくらなんでもそれは無茶って訳よ!!第一、着地はどうするの!?」

浜面「なんとか受け身をとってみます…アイツのところに直接突っ込む!!」

絹旗「で…でも受け身なんかじゃ」

浜面「フレンダ…あなたはこれを」ガチャッ

フレンダ「黒服たちのアサルトライフル…これで何を」

浜面「これで僕を空中で捉えようとするヤツの水塊を撃って援護してください」

フレンダ「…こ、こんな無茶苦茶な作戦じゃ!!」

浜面「もはや手はない…フレンダ!!絹旗!!『覚悟』を決めろッ!!!」

628: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:50:18.31 ID:vhLFCauN0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

フレンダ「…くそぉ…分かった!!どんなに作戦がぶっ飛んでようがなんだろーが最後まで付き合うって訳!!その代わり絶対死なないで!!」

絹旗「覚悟は決まりました…いつでもやってやります!!」

浜面「…2人の気高き『覚悟』、絶対に無駄にはしません」

……………………………

男「何だ!?ヤツら一体何を…」

……………………………

絹旗「つぅううううううう…」ググググ…

浜面「…………」

フレンダ「……………」ジャキッ!





絹旗「…………っらぁああああああああ!!!」ドッヒュウ!!


629: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:56:01.74 ID:vhLFCauN0
ドヒュウウウウウウウウウウウ!!!

浜面「つぅうううう…」ビュゴォオオオ

………………………………

男「………!?飛んでくるものが一つ!?…クソッ!!撃ち落とさなければ!!」

………………………………


ドリュウウウウウウウウウ!!

フレンダ(…来た!!)

フレンダ「そうはさせないって訳よ!食らええええええ!!」ガガガガガガガガガガガガガガガガ!

ババババババババババババババ!

……………………………

男「これは銃弾!?し、しまった!演算が乱れ……」

……………………………

ドヒュゥウウウウウウ…

浜面(……………見えたッ!!)
630: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 21:59:28.69 ID:vhLFCauN0
男「!!」ガバッ!

浜面「…無駄ァーーーッ!!」ブゥウウウウン!!

男「うぐっ!?」ズサッ!


…ドシャアアアアアアア!!

…………………………

絹旗「はぁ…はぁ…浜面…」

フレンダ「一体…どうなった訳?」

…………………………



633: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/25(木) 00:51:17.59 ID:fJBhNlMl0
男「ハァーハァーハァー…な、なんとかかわしたのか…?」

男(しかし…今飛んできたのは『人』だ…馬鹿な!!気でも狂ったのか!?いくら切羽詰まったとはいえ自身を能力者に投げさせるとは…落下の衝撃で無事なはずがない!!)

男「つ、杖は…これか!」ガシッ!

男(残りのヤツらの行動は一体…!!)











ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「……………」
634: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 00:58:14.14 ID:fJBhNlMl0
男「…………!!!!」

男(なん……だと?後ろに……)

浜面「…どうやら絹旗が最後の力を振り絞って僕を窒素装甲で覆ってくれたらしい…おかげで助かった」

男(あの能力者の仕業か…くそ!!)

浜面「大人しく投降しろ…そうすれば危害は加えない」

男「……この杖は」

浜面「…………」

男「帰る時に必要だ…」パッ


…パタン

638: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 01:02:19.53 ID:fJBhNlMl0
男「…これで終いだ!!」…ドリュウウウウ!!

浜面「!!」

男「……食らえぇえええッ!!!」ビシュウッ!

浜面「……無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァーーーッ!!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ!








男「……あぐがぐがっ!!!」ボゴボゴボゴボゴボゴボゴ!!

浜面「………ぐっ!!」ブシュッ!

644: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/25(木) 01:09:16.74 ID:fJBhNlMl0
男「がブウッ!!」ドシャア!

浜面「フゥー…フゥー…僕たちの…勝ちだ」

男「ぐ、が……お前、最初から味方の能力が守ってくれると確信していたのか?」ゼイゼイ…

浜面「違う…この作戦を成功させたのは、僕ら三人の『覚悟』のおかげだ…それがなければ勝てなかった」

男「……フフ、成る程…私はその『覚悟』に負けたということか」

浜面「…次こそ、投降してもらうぞ」
649: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/25(木) 01:11:30.91 ID:fJBhNlMl0
…ズギュン!

浜面(…ッ!コイツ、まだ!!)




………………ズクシュッ!!

浜面「……なっ!?自分の頭を!?」
659: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/25(木) 01:18:11.55 ID:fJBhNlMl0
男「ガブッ!…俺にとって敗北は死…それだけだ…自分で決着をつけただけ…」ドクドク

浜面「…あんた」

男「ぐぐぐ…ふん、こんなことを敵に言うのもおかしいが…最後戦った相手がお前達で良かった、感謝している…」

浜面「…………」

男「………小さな頃から実験漬けで育った俺には能力を振るうことが全てだった…それが限りなく無意味なことだと分かっていながらな…」

男「だからその無意味な人生に決着をつけてくれた礼をしておく……そしてさらばだ、誇り高き戦士たちよ……フフフ」




…………バタン

665: ◆9gjhVjFvvo 2014/09/25(木) 01:23:03.38 ID:fJBhNlMl0
浜面「…………終わりです、すべて」

……ヒュオオオオオオオオオ


…………………………

絹旗「ふ、フレンダ!!あれ!!」

フレンダ「あそこに立っているのは…………!!」

絹旗「……浜面!!」

フレンダ「やった!!浜面の………」

…………………………

ドドドドドドドドドドドドドド

浜面「…………」

…………………………

フレンダ「…………私たちの勝ちだぁーっ!!!!」




バァーーーーz_________ン!!



721: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 07:57:42.08 ID:EngI6FeQO
フレンダ「…はぁ~」ヘナヘナ

絹旗「なんとか…超終わったみたいですね…はぁ」ペタリ

フレンダ「まさか…鼠退治が熊退治になるとはねぇ、もう疲労困憊って訳よ」

絹旗「この状況から脱せたのはもうほぼ奇跡といっても超過言でもありませんよ…麦野も滝壺さんもいない状態で」

フレンダ「…えへへ!それもこれも私たちの力…いや!浜面がいてくれたからこそって訳!こりゃあアイツの事を認めざるを得ない訳よ!」

絹旗「上手く言えませんが…浜面には人を引っ張っていく『才能』があるのかもしれませんね」

フレンダ「不思議なやつだなぁ…会ったのはつい数日前だってのに、気づいたら浜面の言うとおり動いてた…アイツって一体どんなやつって訳?」

絹旗「……わかりませんよ、私にも」クスッ

722: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 07:59:35.67 ID:EngI6FeQO









スーツ3「う…ぐ…舐めやがってクソガキども…」ヨロヨロ

スーツ3(せめて一人くらいは…死にやがれ!!)ジャキッ!

723: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 08:03:33.79 ID:EngI6FeQO
…ジャキッ

フレンダ「………!!」クルッ!

フレンダ(あ、アイツ!まだ能力を使えない絹旗を狙って!!)

絹旗「?どうしたんですかフレンダ…」

スーツ3(…死ねぇええええっ!!)カチリ!

フレンダ「避けて!!絹旗ぁーっ!!」ドン!

絹旗「うわっ!?」











…タァン!
725: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/25(木) 14:15:37.59 ID:rfjLE90vO
…タタタッ!

浜面「絹旗!フレンダ!!銃声が聞こえたが一体何が…」

絹旗「は、浜面…フレンダが…フレンダが!!」

フレンダ「が……う……」ドクドクドクドク…

浜面「…この傷!!まずいぞ…血が止まらない!」

絹旗「止血をしてるのに……私を庇ったせいで…こんなことって」ガクッ

浜面「絹旗!気をしっかりもって……」




728: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/25(木) 15:02:34.53 ID:YKqDjOERO
フレンダ「…へへへ…どじったって訳よ…」

浜面「…フレンダ!しっかりしてください!!」

フレンダ「撃ってきたやつはやっつけといた………でも、せっかく三人とも無事だったのに……」

絹旗「フレンダ…」ポロッ

フレンダ「ごめん…………ね」






…ガクッ

729: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:06:45.30 ID:YKqDjOERO
浜面「しまった…!意識が!!」

絹旗「私の……私のせいです!フレンダ…フレンダぁああああ!!」ウワァアアア!

フレンダ「……………」





ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「ここは……『アレ』をやるしかない……!!」
730: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:30:48.46 ID:YKqDjOERO
絹旗「……『アレ』?浜面、一体何を…」

浜面「………」ファサッ…

絹旗「ハンカチ…?無駄です!そんなものじゃこの傷は………」グスグス





……………パァアアアアアア


絹旗「……………え!?」
731: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:36:03.37 ID:YKqDjOERO
……ドクン……ドクン

浜面「…生まれろ、生命よ……」

絹旗(は、浜面の手から光が……何が………どうなって)

……ドクン……ドクン

浜面「生まれろ…新しい命よ………!!」



…キィイイイイイイイイイ!!

732: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:37:51.59 ID:YKqDjOERO
絹旗「これは………」

浜面「……っはぁー…はぁー…」

フレンダ「……………」








フレンダ「……………うう」

733: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:40:52.18 ID:YKqDjOERO
絹旗「!!!」

絹旗(嘘…意識が!!)

バッ!バッ!

絹旗「あんなに深い傷が……塞がっている!?は、浜面!!一体あなたは……!!」

ドドドドドドドドドドドド

浜面「…………」

734: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:45:59.80 ID:YKqDjOERO
浜面「この力に気づいたのは絹旗に会う数日前……最初は何がなんだか分からずに使い方も知りませんでした」

絹旗「…………」

浜面「今まで試したことはなかったが、なんとか上手くいったようですね…」

絹旗「この力は能力……いや、学園都市にそんな能力者がいるなんて聞いたこともありません!!これは…もはや……」

浜面「……『魔術』のようだ、と?」

絹旗「…!」
735: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:52:46.43 ID:YKqDjOERO
浜面「今まで能力判定にかすりもしなかったのにこんな力が発現するなんて検討もつきません…しかし」

絹旗「……しかし?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

浜面「よく酒に酔った母が言っていました…別れた父は『魔術師』だったと」

絹旗「魔術…師、それは一体……」

浜面「分かりません……小さい頃は戯言と聞き流していましたが、今のところ手がかりといえばこれだけです…」

浜面「絹旗、この力はまだ未知数…僕とあなたの秘密です」

絹旗「…まだ整理がつきませんが…わかりました…でも」

736: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 15:56:31.92 ID:YKqDjOERO
フレンダ「ふぅ…………はぁ」スースー…

絹旗「…フレンダが助かったことに変わりはありません、ありがとう…浜面、本当に…ありがとう」グスッ

浜面「…帰りましょう、三人一緒に…」ニッ

ドドドドドドドドドドドドドドドドドド………………




………………………………………
740: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 16:00:49.31 ID:YKqDjOERO
……某所

…ビクッ!

???「ヌウウ…今のは、今の感覚は私と『同じ力』の感覚……?」

???「……ありえんな、この私には家族などいない………」

ドドドドドドドドドドドドドドドド

???「それに…人の頂点に立つものはつねに『1人』なのだから…!!」







……………………………………


742: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/25(木) 20:35:49.37 ID:fJBhNlMl0
フレンダ「う……ううん」…パチリ

絹旗「おや?目が超覚めましたかフレンダ…」

フレンダ「あれ…?ここは?私は確か撃たれて……」

浜面「傷はかすり傷でしたよ、応急処置しておいたからもう大丈夫です」

フレンダ「えっ!?でも確か私血出して倒れて……えーと」

絹旗「きっとショックで記憶が混濁していたのでしょう…何より三人とも無事なのは超僥倖です」

フレンダ「ま、まあ……そうだけど」ウーン

浜面「さあ、もう少しで隠しておいた車ですよ」

フレンダ「…まぁ結果オーライって訳ね!これで一件落着……………………」

743: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 20:44:08.58 ID:fJBhNlMl0
フレンダ「………って」

絹旗「?」

フレンダ「…………………なんでアタシは殆ど裸で浜面におぶって貰ってる訳ッ!?////」マッカー!

絹旗「超仕方ないですよ…傷の手当てには服を破くしかなかったんですから…」

浜面「問題ありません、見えてないので
」キリッ

フレンダ「そ、そーいう問題じゃないって訳!!///早くおろしてー!!!」バタバタ!

浜面「うわっ!」バタバタ

744: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 20:55:22.51 ID:fJBhNlMl0
絹旗「そんなに暴れると傷に超響きますよー」

…ズキッ!

フレンダ「はうっ!!」ピキーン

浜面「やれやれ…落ち着いてくれましたか?」

フレンダ「うう…女の子を裸でおんぶしちゃうなんて……責任とるって訳よ浜面………」ウルウル

浜面「はぁ」

絹旗「…………」ジトー

浜面「ん…なんですか絹旗?」

絹旗「………超何でもありません!」プイ!

浜面(…何なんだろう)

絹旗「さぁ!早く帰還しますよ!浜面もっと速く歩いてください!!」プンスカ!

浜面「待ってくださいよ!何をそんなに…」

絹旗「……怒ってません!!」クワッ!




オコッテルジャナイカ…ダカラオコッテマセン!バカハマヅラ!ウウ…イイアラソッテナイデハヤクイッテホシイワケヨ……








…………………………………
745: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 20:59:33.25 ID:fJBhNlMl0
~とあるファミレス~

穀潰「わーい!!今日もファミレスで豪遊なんだよ!!」

オラ「いいのか?」

おっさん「いっ…いいんだ…あれ一回ぐらいでは気がすま………」

オラ「…だとよ」

穀潰「やったー!これとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれとこれと!!!!」

おっさん「」
747: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 21:04:35.88 ID:fJBhNlMl0
浜面(あの客たち前にもいなかったか…?)

麦野「…さて三人とも、ご苦労だったわね!イレギュラーが発生するとは思いもしなかったけど」

絹旗「実際超死ぬとこでした…」

滝壺「…おつかれさま」

フレンダ「大事なものも奪われちゃったって訳……」

フレメア「にゃ?おねぇちゃんなんのこと?」

フレンダ「なっ!何でもない訳よ!///」ワタワタ
748: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 21:10:28.86 ID:fJBhNlMl0
麦野「…?まぁいいわ!今回倒した傭兵は要危険人物リストにも入っていたみたいで上層部から高く評価されたわ…今後私達『アイテム』の組織内での地位の昇進も検討しているそうよ!」

フレンダ「そいつぁすごい訳よ!!」

滝壺「はじめてだね…こんなこと」

フレメア「にゃー!やったやったー!」ピョンピョン

浜面「…よかったです」
749: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 21:17:01.57 ID:fJBhNlMl0
絹旗(すごい……これならこの先アイテムは成長し続けることができるでしょう…だけど…浜面、彼が来たとたん急に『事』が動き出した!単なるラッキーボーイではない…彼は)

麦野「それと特別ボーナスとギャラは50%あんたら三人のものよ!」

フレンダ「やっ、やった!!ギャラはんぶーん!!」ワーイワーイ!

絹旗「…思わぬ収入つきですか!まったく…大したやつですよ」

浜面「ん?」
750: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 21:21:14.45 ID:fJBhNlMl0
麦野「そしてはまづらくんには私から特別ボーナス…あげちゃうわッ!あたしのパンティー!!」ハァハァハァハァハァハァハァハァ!

フレメア「にゃ、今ここで直に脱いじゃうヤツぅ?」

浜面「結構です」キッパリ

滝壺(…もうやっぱアイテムは終わりだぁ!!)



To be continued……
754: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 21:39:08.35 ID:RBy8XosH0
とりあえず言わせてもらおう
浜面もげろ
755: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/25(木) 21:39:47.16 ID:2YNwxmOtO

変態淑女で原作より優しいむぎのんって最高にも程がある…羨ましい
770: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/26(金) 00:28:44.95 ID:u9TnalM60
ここらで浜面まとめ!

中学生
原作顏に近いがだいぶキリッ
170センチ手前、小柄
茶髪で前髪に微妙なクセ(コロネすぎてはいない)
2丁拳銃ピストルカラテ、他武器、格闘術、タツジン!
生命を生み出す力…?
黄金の精神と漆黒の意思
むだむだ
ばにーいのち
アイエエエエむぎちゃナンデ!?

こんなとこでしょうか、それでは今日はこれまで!ラリます
784: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/26(金) 13:52:27.65 ID:nwf1tQRyO
~後日、某ビル~

カツカツカツ…

???「…んもー!アイツどこに居んのよ!!どうでもいいときはいるくせに肝心な時にいないんだから!」

???「おやおや、心理定規(メジャーハート)様がお怒りのようだなァ~垣根のヤツ、痛い目をみることになりそうだ」

心理定規「ルドルフ!あんたアイツどこにいるか知らない!?」

ルドルフ「おお~怖い怖い…ヤツなら私用のパソコンルームにいたぞ、アイツめ…おれの特性サイボーグのテストの協力もサボりやがって」

心理定規「…あんにゃろ~」グググ…

785: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/26(金) 13:56:04.84 ID:nwf1tQRyO
心理定規(パソコンルームは…あそこね!)カツカツ!

バンッ!

心理定規「おいっ!!バ垣根!!あんたこんなとこで何してんのよ!?」










『もー!てーとくおーそーい!!』

垣根「…かーっ!やっぱぜかましちゃんはイカすぜぇ!スカートめくりてえなぁ!!」

バァーーーz_______ン!
787: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/26(金) 14:41:25.46 ID:07ykbVhP0
垣根キタ━(゚∀゚)━!
790: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/26(金) 17:02:51.78 ID:u9TnalM60
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

心理定規「あんた…何やってんだこらぁああああーッ!!」ガシッ!

垣根「うげっ!?メジャー!どうしてここが!?」

心理定規「業務をほっぽり出してゲームとはいい度胸じゃないの!…しかもこれあんたが前バカにしてたゲームだし!!」ギギギギギギギギギギギギギギギギギギ

垣根「ぐげげげげげげげ!!い、いや…おれの本名的に名前で呼んでくれるしそれに課金必要ないし……」

心理定規「そんなに二次元の女がいいかコラァーッ!」ギリギリギリギリギリギリ

垣根「うげぇっ!?」ググググ…
791: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/26(金) 17:07:50.08 ID:u9TnalM60
垣根「ちっ!ちくしょー!!目の前の性格ブス女より数百倍マシだぜこのやろー!!」ホッペツネリー

心理定規「ひたたたたた!!なんでひゅってこのアフォ男!!」ホッペツネリー

垣根「ひででででででて!!このブヒュおんなめ!スカタン!!」






…ガラッ!

???「…おいッ!!」

802: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/26(金) 21:30:49.30 ID:u9TnalM60
ピタッ

心理定規「じゅ…ジュリアス……」

垣根「えー…シーザーちゃん、これはですね…」

ジュリアス「まったく!痴話喧嘩も大概にしてくれ!大方また垣根のサボりグセにメジャーが怒ったんだろ!?」

垣根「なっ何ィ!誰が痴話喧嘩なんて…」

ジュリアス「いーから黙って聞けッ!!」クワッ!

垣根「ハイ」

804: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/26(金) 21:36:41.48 ID:u9TnalM60
ジュリアス「…まったく、メジャー…何か重要な任務要請でも来たんだろう?」

心理定規「そ、そんな…痴話ゲンカなんて///」アタフタ

ジュリアス「………」

心理定規「…きゃー!!☆」

ジュリアス「…メジャー!!」クワワッ!

心理定規「ごっ、ごめんごめん!!その通りよ!上層部から極秘の任務要請があったのよ!!」
805: ◆CzqmRImo0Q 2014/09/27(土) 00:26:40.62 ID:Bl8P9iXK0
垣根「極秘任務だぁ~?おれはめんどっチィーのはやだぞォ!?」

ジュリアス「おまえなあ…」

垣根「上層部のお偉いさんにそこまでやる義理はねーっつーの!!俺たち『スクール』の待遇もたいしてよかねえし、この第二位の垣根サマがいるのによお~!!」

心理定規「あんたが作戦サボったりテキトーに終わらせたりするからじゃないのよバカ!!」

垣根「うっ…そ、それでもめんどいのはごめんなんだよーん!やってられっか!」

806: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/27(土) 00:32:14.78 ID:Bl8P9iXK0
ザッ…

ルドルフ「しかし『極秘任務』ときたら報酬も破格なんじゃないのかァ~?」

ジュリアス「ルドルフ…確かにこの手の任務には何かデカイ見返りつきかもしれん」

垣根「えぇ~…けどよぉ」

心理定規「しゃーないわね…これを聞けばやる気を出すかしら?報酬は………ゴニョゴニョ」

807: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/27(土) 00:38:21.69 ID:Bl8P9iXK0
…ガタッ!

垣根「ぎゃっ、ぎゃにィーッ!?そんなにもらえんのかよッ!?」

ジュリアス「しかも特典つきときたか…信じられんな、作戦の内容はどうなんだ?」

心理定規「まだ情報はないわ…とりあえず私達にどうしてもやらせたいという意思はミエミエだけど」

垣根「即断即決!!やるぜ!その任務!!成功後は大豪遊だぜェーッ!!」

ルドルフ「お前地位のほうはどーでもいいのか…第二位のくせに俗物というかなんというか…」

垣根「うるせーやい!おっしゃあ~やる気がムンムン湧いてきたぜェ~…この任務、ぜってー成功させてやんぜ!さっそく準備だおめーら!!」
808: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/27(土) 00:42:44.66 ID:Bl8P9iXK0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ジュリアス「…けっ、しょうがねえな…今回はキッチリやるぞ!」

ルドルフ「フフフ…成功の暁にはこの俺のサイボーグ軍団をさらに強化してやるぜェーッ!!」

心理定規「はぁ~あ、やっとやる気出したわね」

垣根「俺たち『スクール』ツイてるネ、ノッてるネ~♪まってやがれよォ~ッ大豪遊タイムッ!!」
809: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/27(土) 00:46:06.94 ID:Bl8P9iXK0
垣根「…あー、大豪遊する前に俺の鎮守府に出資してもいいかなん?」ニパッ

「「「おい」」」



To be continued…?
811: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/27(土) 00:53:09.87 ID:/n6iERiTo

面白くなってきたな

次スレ:

垣根「次にてめーは『グレートにムカつくぜェ』という!」




このシリーズSS:

美琴「ちょっとあんた!」上条「やれやれ…」


一方通行「…グレートだぜェ」


浜面「この浜面仕上には夢がある!」


垣根「次にてめーは『グレートにムカつくぜェ』という!」


垣根「てめーの次のセリフは『出番いつなんだよこの野郎!』だ! 【前編】


垣根「てめーの次のセリフは『出番いつなんだよこの野郎!』だ! 【後編】


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

ありえないほど読みにくいんだけど
管理人仕事してる?

管理人

すみません、荒らしのスレも抽出していました。
改めてまとめ直しました。

報告ありがとうございます。


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク