男「クビか、死ぬかな……」悪魔「その前に私と契約を。」

1: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:18:16 ID:pbjbv6BY
男「もしかして?悪魔というやつか?」

悪魔「お察しの通り。」

悪魔「そして貴方はブラック企業で働いていた社畜。入院過労死寸前、お金も尽きようとしていますね。」

男「なるほど、俺の現状は理解しているのだな。」

悪魔「はい。一応は悪魔ですから。」

男「確かに万策尽きた、金も体力も気力もない。あるのは会社に恨みぐらいか。」

男「俺はあのブラック企業の社長が憎くてしかたがない。本当に同じ人間とは思えない。」

男「全く嫌な世の中だぜ。」
2: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:22:16 ID:pbjbv6BY
悪魔「でしたら、なおのこと、私と契約してみませんか?」

男「いわゆる、死後の魂の受け渡しの約束で、契約成立というやつか?」

悪魔「そうですね。」

男「……、確かに、このままでは三日と持たず死ぬだろう。」

男「生きたとしても社会復帰が難しいなら、同じことだ……。」
3: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:25:02 ID:pbjbv6BY
悪魔「不安と迷いと欲望の葛藤が生じた時、我々は現れます。」

男「……。」

男「よし、わかった。契約しよう。」

悪魔「本当ですか?では、願いをどうぞ。」

男「お前が、俺の会社でかわりに働いてくれ。」

悪魔「なるほど、それぐらいたやすい御用で。」

男「ただし、試用期間は六ヶ月だ。」

悪魔「え?」
4: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:27:25 ID:pbjbv6BY
男「俺との契約に試用期間を設ける。」

男「会社によれば試用期間があって、本契約するかどうかの見定めの期間があるものなのだ。」

男「それが、お互いの為ということだ。」

男「会社も社員もお互いの了承の上で、働くほうが、まだよいからな。」

悪魔「確かに、そうですが……。」

男「いや、その通りなのだ。あくまで、お前と契約を結ぶのは俺だ。」

男「その際に、お前の能力を見極めさせてくれないか。」
5: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:29:13 ID:pbjbv6BY
悪魔「……、お言葉ですが、恨みがあるのでしたら、もっとスパーンと相手を闇討ちするなど、」

悪魔「そういった方法もございますが、いかがでしょう?」

悪魔「わかりやすくて、とっても素敵な解決方法ですよ。」

男「バカが!そんなことをして、どうなる。」

男「確かに、俺をこのような目に合わせた連中がにくい。復讐もしてやりたい。」

男「そうやって相手がボコボコにできれば気持ちがよいだろう。」

悪魔「そうでございますよ、それが一番かと。」

男「で、どうなる?」

悪魔「え?」
6: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:31:44 ID:pbjbv6BY
男「で、どうなる?」

悪魔「どうなるといわれましても……。」

悪魔「スカッーとされるのではないでしょうか?」

男「……。一時的にはそうかもな、、、。」

悪魔「でしょ?」

男「だが、俺は、その後も生きねばならぬ。」

男「昔ならいざしらず、悪を成敗したところで、俺は働かねば生きていけぬ。」

悪魔「……それは、そうですが。」

男「それになんだ?お前の口の聞き方は。」

悪魔「え?」
7: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:33:22 ID:pbjbv6BY
男「え?じゃない、はい、だ。」

悪魔「……はい。」

男「俺はお前を採用してやるかどうかの面接をしているのだ。」

男「黙っていれば、お前は口の聞き方もなっていないし、頭も悪そうだ。」

悪魔「…………はい。」

男「時に、お前、どこの大学だ?」

悪魔「……いえ、その…………。」

男「なんだ?高卒か?」

悪魔「…………いえ。」

男「かー義務教育どまりか。」

悪魔「…………………。」
8: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:35:05 ID:pbjbv6BY
男「まぁいいわ、学歴は。それ以下かもしれんし、学校もでてないかもしれんからな。」

悪魔「。。。」

男「じゃ契約内容変更だ、試用期間は一年だ。」

悪魔「え?」

男「え?じゃない、はいだ。」

悪魔「…………はい。」

男「どうも、お前の話から察するに、お前は役に立ちそうもない。」

男「だが、俺は優しいからお前を雇ってやる。」

男「どうだ?嬉しいだろ?」



悪魔「………………はい。」
9: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:36:47 ID:pbjbv6BY
男「じゃ明日から頼んだぞ。住所はここだ。」

男「仕事でわからないことがあれば、いつでも俺に聞きに来い。」

悪魔「……はい。」

男「あーそうそう、お前、今どこにすんでいる?」

悪魔「悪魔城ですが。」

男「だめだめ、下界に降りてこい。」

男「そして、会社から最低3駅以内のとこに引っ越せ。」

悪魔「……別に、悪魔城からでも出勤は間に合うと思いますが……。」

男「そういう問題じゃないんだ。いいから、さっさと引越し先みつけろ。」

悪魔「…………はい。」

男「じゃあ明日から頼んだぞ。」
10: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:39:21 ID:pbjbv6BY
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――
――――――――――――
――――――
―――


一年後
11: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:40:07 ID:pbjbv6BY
男「お前は相変わらずだなー。ちっとも成長してねーじゃねーか。」

悪魔「はいっ。すいません。本当にすいません。」

男「まぁ謝るのは板についてきたな、」

悪魔「はいっ。すいませんっ。すいません。ありがとうございます。」

男「まぁいいわ、今日は約束の日だな。」

悪魔「はい、それは、ごもっともで。」

悪魔「どうぞ、何卒よろしくお願い申し上げます。」

男「ダメだ。」

悪魔「え?」
12: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:40:47 ID:pbjbv6BY
男「え?じゃない。」

悪魔「……はい。しかし、、、約束が……。」


男「約束はしているではないか、試用期間は一年。そういう約束だ。」

悪魔「でしたら、そのまま……」


男「残念ながら今回は採用を見送らせていただくことになりました。」
13: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:42:12 ID:pbjbv6BY
悪魔「…………、、、、そ、、、そんな、、、、。」

悪魔「悪魔城にも帰らず、一心不乱にあのブラック企業で、入院しそうになりながらも働いてきたのにあんまりです。」

男「……。」

悪魔「どうか、どうか契約を。」

男「…………。」

悪魔「どうか、どうか契約をお願いします。この通りです。」

男「そうか、そこまでいうなら俺も鬼じゃない。」

男「では、試用期間延長の手続きと、お前の仲間を連れて来い。」

悪魔「え?」
14: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:42:54 ID:pbjbv6BY
男「お前にも仲間がいるんだろ?そいつを会社で働かせろ。」

悪魔「…………はい。」

男「そうか、よし、そうやって仲間が増えるとお前も、いつか契約できるかもしれんな。」

男「よかったじゃないか。」



悪魔「……はい。」







――――こうして、俺の契約保留中の悪魔が10人になろうとしていた。
15: ◆QQOQFKWfPs 2015/04/13(月) 23:43:41 ID:pbjbv6BY
男「…………世の中、こんなもんなのかもしれないな。」

男「俺も悪魔という、ツテがなくなれば、お先真っ暗だ。」

男「だが、あいつらがいればまだなんとかなる。」

男「その為には、あいつらを従属させねばならないからな。」





男「社長さんよ、、、あんたも、こうして生きていくしか方法がなかったのかもな。」

男「あんたが懐かしくてしかたがないぜ。本当に同じ人間にしか思えない。」



男「全く嫌な世の中だぜ。」



おわり
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/13(月) 23:55:04 ID:NBBf6hRw
世にも奇妙なっぽいな
洗脳めいたことするから、ブラック企業ってこわい
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/14(火) 00:49:41 ID:ZNGsNNkk
学歴重視だとかパワハラ紛いだとか体質って感染するからなぁ…やるせない怖さだ
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/04/14(火) 09:52:21 ID:YNlasmTE
おつ
面白かった

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク