三船美優「PさんがP美優物のエッチな本を隠し持ってました……」

1: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 18:29:05 ID:DcoNGsCY
美優「そんな、まさかPさんが……!」

モバP「誤解です!誤解なんですって!」

美優「……誤解なんですか?」

モバP「え?」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/05(水) 18:35:33 ID:5ta9MC9I
誤解じゃありません!
3: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 18:41:51 ID:DcoNGsCY
モバP「そ、そうです。誤解なんですよ」

美優「そうなんですか?」

モバP「はい」

美優「じゃあ……あの本はPさんの物じゃないんですか?」

モバP「いや、自分のって言えば自分のなんですが……」

美優「なら……わ、私犯されちゃうんですね……///」

モバP「何で顔を赤めてるんですか」
4: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 18:49:48 ID:DcoNGsCY
美優「あの……Pさんも健康な男性ですし、そういう事に興味を持つことも私は否定しません」

モバP「……はい」

美優「そういった本を読んだりしてみたくなる事も仕方 ないと思いますし……」

モバP「あの……美優さん?」

美優「な、なんでしょうか?」

モバP「何か距離が近くなってきてません?」

美優「……そんな事無いと思います」

モバP「あなたも誤魔化さないで下さい」
5: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 19:00:46 ID:DcoNGsCY
美優「何というか……特別マニアックな方法で犯されてしまうんでしょうか……?」

モバP「しませんよそんな事」

美優「喪服を着せられて『死んだ旦那の事なんか忘れさせてあげますよ』とか言われながら犯されるんですね」

モバP「抜粋しないで!さっきの本から抜粋するのはやめて下さい!」
6: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 19:07:33 ID:DcoNGsCY
美優「じゃあ……アイドルもの特有の言葉責めなどをされてしまうんでしょうか?」

モバP「しませんよ!やめて下さい!」

美優「『仕事を回して欲しかったら……わかりますね?』とか言われながら犯されるんですね」

モバP「抜粋しないで!音読しないで!」

美優「Pさんが言葉責めを覚えたら……///」テレテレ
7: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 19:13:23 ID:DcoNGsCY
美優「とにかく……そういった凄いマニアックなプレイをご所望なんですよね……?」

モバP「違いますから!そういうんじゃないですから!」

美優「も、もっとマニアックなプレイを……‼?」

モバP「違います!というか、P美優本ではそう言ったものはマニアックの範疇じゃないですよ!」

美優「え?」

モバP「あ……」
8: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 19:24:11 ID:DcoNGsCY
美優「あ、あれくらいは基本なんですね……」キラキラ

モバP「何でもないです!何でもないですから……って何で目をキラキラさせてるんですか⁉」

美優「正直結構興ふ……コホン。かなりエグいところを抜粋したつもりだったんですが」

モバP「今興奮したって言おうとしました?」

美優「あれくらいではPさんには物足りないんですね……」

モバP「やめて下さい」
9: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 19:33:17 ID:DcoNGsCY
美優「Pさんが遠くの方へ……。でも、私も頑張って追いかけますから……待っていて下さいね」

モバP「そんな宣言はあまり聞きたくなかったですね……」

美優「あぁ、私も犯されちゃうんですね……」

モバP「いやしませんけど」
11: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 19:48:38 ID:DcoNGsCY
美優「接し方がダメだったんですかね……?知らず知らずの内に夜の性活で寂しい思いをさせてしまったんでしょうか……?」

モバP「重い感じに何言ってるんですか貴女は」

美優「ちゃんと何時でも襲ってもらえるように準備はしてたんですけど……」

モバP「やめて下さいよ。真面目なプロデューサーが担当アイドルから一番聞きたくないタイプのやつですよそれ」

美優「でもプレイ的にはそれすらも興奮ポイントに……?」

モバP「ならないですから。ていうか嗜好を探ろうとしないで下さい!」
13: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 20:07:53 ID:DcoNGsCY
美優「でも、さっき言ったのは基本なんですよね……?」

モバP「違いますから!さっきのは無しで!」


美優「でもそうすると、仁奈ちゃんとの家族プレイとかそっち系に行かざるを得ないんじゃ……」

モバP「あんた自分を慕ってくれてる幼女巻き込んで何言ってんですか!ていうかやたら協力的ですね?」

美優「やだ、私ったら……。でも、逆らって無理矢理っていうのも……」

モバP「とりあえず戻ってきて下さい。何もしないですから」
14: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 20:17:13 ID:DcoNGsCY
美優「じゃあ面と向かって宣言して下さい」

モバP「何をですか?」

美優「『私は自分の担当アイドルを犯したいと思った事がありますし、犯したいと思ってます』と」

モバP「何ですかその宣言⁉」

美優「言ってくれないと信用できません。Pさんには隠し事をしてほしくないんです」

モバP「僕は今貴女が信用できないですよ」
16: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 22:12:08 ID:DcoNGsCY
美優「と、とにかく言って貰えたら、私も安心できますので……」

モバP「えー……」

美優「やっぱり……嘘の宣言は出来ませんか……?」

モバP「いや、嘘の宣言と言うか……」

美優「いいんです……。私もPさんを嘘つきにしたいわけではないので……」

モバP「だからそういうのやめません?」

美優「Pさんに嘘をつかせるくらいなら、私も覚悟を決めますので……」

モバP「何か重くないですかね⁉」
17: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 22:22:53 ID:DcoNGsCY
モバP「えっと、何でしたっけ?『私は』……」

美優「『私は自分のアイドルを犯したいと思ってますし』」

モバP「そうですか。『私は自分のアイドルを』……」

美優「……どうしましたか?」

モバP「一応確認なんですけど、この『犯す』の範囲って?」

美優「え?」

モバP「念のための確認です」
19: 間違えた…… 2016/10/05(水) 22:40:44 ID:DcoNGsCY
モバP「どういった事柄が『犯される』という事なのかは重要ですからね」

美優「そうですね……。お互いの認識が違っていたら大変ですものね……」

モバP「そういう事です。では『犯す』の基準決めを始めましょう。先ずは『キス』」

美優「えっ⁉」

モバP「……え?」
20: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 22:48:06 ID:DcoNGsCY
美優「……ちょっと一旦止めましょうか……」

モバP「うん、お互いに落ち着きましょう」

美優「ですが、しますよね……?普通にキスってしますよね?」

モバP「いや、普通にはしないですよ?」

美優「私がではないですよ?……一般的には……アイドルとプロデューサーがキスするのは普通ですよね……?」
21: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 22:52:51 ID:DcoNGsCY
モバP「いや、しないですから……」

美優「でも、あれですよ?キスって唇同士のですよ?『私の〇〇〇〇とPさんの×××がキス何回もキスしてますよぉ』とか、そういうのじゃないですよ?」

モバP「当たり前でしょ?というか貴女アイドルって自覚あります?」
22: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/05(水) 23:12:49 ID:DcoNGsCY
モバP「……美優さん、正直に答えていただきたいんですが」

美優「何でしょうか……?」

モバP「美優さんはどうされたいですか?」

美優「え?」

モバP「それによって、僕がどうするか決めますから」

美優「……そうですね…………」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/06(木) 12:25:25 ID:NVdQ4y92
母娘レズ本ネタのやつかw

元ネタ:

母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」


25: 再開します 2016/10/06(木) 16:34:43 ID:OflDc1E6
(五分後)


美優「…………」

モバP「…………」

美優「……あの」

モバP「何でしょう?」

美優「あの……その……」

モバP「というか言いよどんでる時点でもう……」

美優「い、言いますから!すぐ言いますから‼」
26: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/06(木) 16:42:10 ID:OflDc1E6
美優「え、えーと……」

モバP「もうドンと言ってください」

美優「うぅ……」

モバP「今更何を言われても驚きませんから」

美優「……多分、何をラインにしても、変わらないでしょうね……」

モバP「それはつまり……」

美優「だって……色々したいですし……///」

モバP「あぁ、やっぱり……」

美優「ご、ごめんなさい。でも……Pさんとなら……ううん、Pさんと色んなプレイがしたいんですもの」
27: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/06(木) 16:48:18 ID:OflDc1E6
モバP「というか、気付いたら最初と立場逆転してますよね、これ」

美優「ごめんなさい。本当にごめんなさい……。でも、さっきの言葉責めとか凄くして欲しいです!」

モバP「それは聞いてないです」

美優「し、静かにしないと、仁奈ちゃんを私達の娘(養子)にしますよ!」

モバP「だから仁奈ちゃんを自分のプレイに巻き込まないで下さい!」
28: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/06(木) 16:57:57 ID:OflDc1E6
モバP「枕営業プレイは?」

美優「基本」

モバP「喪服と書いて?」

美優「私だけの特権」

モバP「秘密のレッスンは?」

美優「極上」

モバP「背徳感は?」

美優「正義」

モバP「もうダメだ。俺のアイドルはもう手遅れだ……」

美優「そ、そんな事言うなら……し、下着を口に詰めますよ?」

モバP「脱ぎたて?」

美優「ぴ、Pさんがお望みなら……///」イソイソ

モバP「自分から言っといて何だけど、この場でマジで脱ごうとしないで下さい!」
29: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/06(木) 17:04:08 ID:OflDc1E6
美優「色々装着させられてステージに出されたりしたいですね……」

モバP「急に何言ってるんですか⁉」

美優「あ……すみません、ちょっと我慢してないと欲望が出てしまって……」

モバP「それは内に秘めておいて欲しかった!」

美優「楓さんや瑞樹さん達と飲んでる時にリモコンで弄られたり……」

モバP「止めて、それマジで怖い!!」

美優「こういう時、何も知らない瑞樹さんは『大丈夫?』って優しくしてくれるんですよね……」

モバP「そんな細かい設定までいらないですから!」
30: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/06(木) 17:09:11 ID:OflDc1E6
美優「何ででしょう……願望が止まりません……///」

モバP「落ち着いて下さい!アイドルとしても、女性としてもアウトです!」

美優「他のアイドルに見られない事務所の死角でキスしたいです」

美優「飲む約束をしている電話の後ろから胸を揉んでほしいです」

美優「夜景の見えるレストランで二人でディナーを楽しみたいです」

モバP「最後は普通の事の筈なんだけど、その後何か有りそうで怖い!」
31: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/06(木) 17:19:18 ID:OflDc1E6
美優「そういう事なので……ま、待ってますね?」

モバP「ま、待つって何を?」

美優「……じゃあ、今日は私帰りますから。明日から三船美優、頑張りますから……!」

モバP「ちょ、それ他のアイドルのだから!ていうかこのタイミングで引き上げられると困るんですけど!頑張るってアイドル活動の事ですよね⁉」

美優「……お疲れ様でした!」ダッ

モバP「早っ⁉……あー、絶対明日から何か仕掛けてくるよ……」

モバP「本当に怖い……社会的な意味で」

モバP「何であの本見つかっちゃったんだろ……?ていうかこういうのって普通逆だよな?」

モバP「誰かに相談出来るかな……無理か……こんな稀有な悩み……」
32: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/06(木) 17:22:20 ID:OflDc1E6
マストレ「ん?ルキトレの奴もこんな本読むのか……。まぁ年頃の娘だから、そういう事もあるか。どれどれ」

マストレ「……ん?」


おわり
34: ◆RvP0jJIDI2 2016/10/06(木) 17:38:16 ID:OflDc1E6
はい、という訳でこれにて終了です。
元ネタ見たらもう5年も前の作品なんですねこれ。今見ても発想も完成度も凄い作品だと思います。
何番煎じかもわからないこのSSを読んで頂き、有り難うございます。コメントを頂くとテンションが上がります。

誤字脱字、キャラ崩壊失礼しました。
デレマスCoのお姉さまSSとMAXコーヒーが流行る事を祈りつつ、この後の夜勤に備えて寝ます。
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/06(木) 20:40:40 ID:Y8PEdp2A
なんだこのありそうでなかった感
乙です
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/07(金) 15:44:37 ID:pkkQ9F9U
続き妄想して書いても良いと思います!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク