モバP「とある歳末Pの1日」

1: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:19:24.13 ID:KPPGBGHd0
P「うぅ…寒いなあ…どっかで一休みといきたいトコだけど」

営業もひと段落し、せっかくの外回りと言うこともあって少し休憩を挟む事にしよう、と。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449631163
2: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:20:43.42 ID:KPPGBGHd0
P「別にサボりってわけじゃないぞ? 次の予定まで時間が空いてるんだ。」

P「だから適当な店で時間を潰しても、サボりじゃないから経費で」

P「……落ちませんよね。ハイハイ、知ってますよ分かってますよ」

などと一人寂しく言ってる間も時間は過ぎる。仕方ないので適当に目に入った店に入ることにした。
3: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:22:00.73 ID:KPPGBGHd0
「いらっしゃいませー♪ お客様何名様……あ」

P「志保? お前、何やってんだこんなトコで」

槙原志保「あ、あはは…ばれちゃいました」

P「や、まあ別に言いつけたりとかしないけどさ。びっくりしたよ」

志保「あ、本当ですか? やったぁ♪ あ、ここのお店のパフェ美味しいんですよ? お礼にご馳走しちゃいますね!」

P「あ、おい…行っちまった…」
4: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:23:14.30 ID:KPPGBGHd0
P「や、志保がいる時点でパフェが美味いのはそうなんだろうけどさ…」

……軽くコーヒーだけでよかったんだよなぁ…

P「……つか、座ってていいんだよな、適当に」

色々あっけに取られたので座る席を選ぶのも忘れていた。ひとまず適当に確保。

しばらくすると、志保がパフェを持って現れた。
5: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:23:50.59 ID:KPPGBGHd0
P「おぉ、こりゃまた彩りが豪勢だな…」

志保「はい。クリスマス仕様のパフェなんですよ♪ いつもより多めに乗せちゃいました!」

P「確かに多いな…てか、営業の合間なんであまり量あってもな…」

志保「大丈夫です!余ったら私食べますから!」

P「おいウェイトレス」

大丈夫かこの店。美味しいから大丈夫なのだろうか。
6: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:24:53.94 ID:KPPGBGHd0
P「で…結局なんでバイトしてるんだ? ……ちゃんと給料出してるんだよな、ちひろさん」

志保「あ、ハイ…それはちゃんと頂いているんですけど…」

志保「この時期は忙しくって、手伝えないかな、って」

P「頼まれたのか?」

志保「いえ、自分から…その、ダメでしょうか?」

P「んー…ダメって事ないだろうけど…まあなあ、アイドルだし…」
7: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:25:39.88 ID:KPPGBGHd0
P「つっても、凛も雫も家の商売手伝ってるしなあ…バイトだって、765の響ちゃんなんてずっとやってたみたいだし」

我那覇響は沖縄から上京したての頃、動物達のエサ代等を稼ぐため、ボーリング場でアルバイトをしていたらしい。

知り合いから聞いた話ではあるが、根が真面目な彼女のこと、ありそうな話だと思ったのを覚えている。

P「まあ、差し支えない範囲であれば構わないんじゃないかな。ちひろさんだって鬼じゃないんだし」
8: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:26:19.15 ID:KPPGBGHd0
P「ちゃんと事情を話せば聞いてくれ……あれ」

志保「はい?」もぐもぐ…

P「……ひとつ質問いいかな。俺のパフェ、どこいった?」

志保「……勘のいいプロデューサーさんは……ごくん。 嫌いじゃないですけどね♪」

P「……お前、実は自分が食いたかっただけだろソレ」
9: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:26:57.04 ID:KPPGBGHd0
志保「だって美味しそうだったんですよ~。作ってばっかりで食べる暇なかったんです」

P「いや、まあいいけどな。おかげで時間も潰せたしパフェも消化できたわけだし。さて…」

志保「あ、もう出られます?」

P「ああ。また寄らせてもらうよ。今度はきちんとお金払って食いにくる。」

P「だから、ほれ。」

志保「お金…お代は大丈夫ですよ、私のご馳走…と言うか、私が食べちゃいましたし」
10: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:27:32.90 ID:KPPGBGHd0
P「じゃあそれはお駄賃ってことにしといてくれ、時間潰せたし、お礼。」

志保「なおさら受け取れませんよ、お仕事中です!」

P「…それもそうか。じゃあ…そうだな、次の機会に、休みとか…どっかで奢ってやるよ、スイーツ」

志保「本当ですかっ!?」ぐわっ

P「うお、近い、近いってば」

ーーーーーーー
11: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:28:13.85 ID:KPPGBGHd0
「お気をつけて~♪」と上機嫌で手を振る志保を尻目に、店を後にして営業の続き。

一見地味な仕事ではあるが、下積みが大事なのはアイドルもプロデューサーも同じ。

輝く舞台への道は、暗く、その道筋も見えないほどだが…

だからこそ、俺達はそれを照らしだす案内役でないといけないのだ。

お姫様が転んで、ドレスを汚してしまわぬように。

P「……なんて、やってる事は結局お偉いさん方の挨拶回りのドサ回り、なんですがね…っと」
12: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:29:13.44 ID:KPPGBGHd0
そして、夕方。事務所に書類等を置いて、再び外へ。

年末のライブへ向けて、会場周りの下見と諸々の打ち合わせだ。

P「詰め込みすぎ、とは思うけど…まあ、仕事ないよりはマシだよな」

着々と準備が進んでいるようで、特に懸念する様な事もなく、予定通りの時間に解散となった。
13: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:30:09.41 ID:KPPGBGHd0
P「あとは…っと、予定が無いし直帰したいけど…流石にな」

重要な書類は基本的に社外秘で。つまるところ事務所に戻らなくてはいけなかった。

P「パパッと戻って、それから飯にするかな…何を食ったものか…」

最近はファストフードと牛丼とコンビニ弁当のローテだったので、我ながら不健康だなとは思っていたのだが。

響子「あ、プロデューサー! お帰りなさいっ。上着、預かりますね。」
14: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:30:45.31 ID:KPPGBGHd0
P「響子? お前、こんな時間まで何を…?」

響子「えへへ…事務所のお掃除をしてまして、気がついたらこんな時間に…」

P「掃除…って、うぉ…なんだこのピカピカの床!」

響子「床だけじゃないですよ、デスクも窓もピカピカです!頑張りました!」

P「大したヤツだ……これだけの量の掃除、たった一人でこなしたってのか…」
15: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:31:15.63 ID:KPPGBGHd0
響子「いえ、別にそんな褒められるようなこと…あ、プロデューサー、ご飯まだですよね。」

P「ん、ああ…確かにまだだけど…って、まさか」

響子「はい、お弁当作ってきちゃいました♪ 一緒に食べませんか?」

ーーーーーー
16: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:32:02.56 ID:KPPGBGHd0
P「美味いけど、それにしたってかなりの量だなぁ」

響子「プロデューサー、最近はあまりちゃんとしたものを食べてないって聞いたので…」

響子「せっかくだから張り切っちゃいました♪」

P「聞いたので、って…誰情報だソレ、ちひろさんか…?」もぐもぐ

響子「いえ、まゆちゃんですよ?」

P「ごふっ!」
17: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:32:34.69 ID:KPPGBGHd0
響子「ぷ、プロデューサー!?」

P「いや、大丈夫、ちょっとむせただけだ…そっか、まゆかー」

響子「はい。今度はまゆちゃんもお弁当作ってくるって、張り切ってました!」

P「気持ちは嬉しいんだけどな。まあ貰ったら食うし、ありがたいんだけど…」

響子「?」ニコニコ

P(なんていうか、忍びないんだよなあ…美味い分、余計に)
18: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:33:16.37 ID:KPPGBGHd0
響子「あ…口元に…」

P「ん?」

響子「じっとしててくださいね。…よいしょっと」ずいっ

P「んん!?」

P(響子の顔が、近い、めっちゃ近い!)
19: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:33:55.22 ID:KPPGBGHd0
響子「……はい、終わりました♪ ケチャップが付いてましたよ?」

P「お、おう…そっか」

響子「ふふ、美味しそうに食べてくれて、嬉しいです♪ まだまだありますからね。」

P「響子…お前、少しは自覚をだな…」

響子「はい? 自覚?」きょとん
20: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:34:30.09 ID:KPPGBGHd0
P「…いや、いい。お前はそのままでいてくれ…」

P(流石に誰彼構わずやってるわけじゃないだろうし…な)

響子「あ、お茶、美味しいのがあるんですよ」

P「ん、そうなのか?」

響子「はい。この前、事務所のお茶っ葉が切れてたので買いに行ったんですけど、そこでなんと!」

響子「あの雪歩ちゃんにお会いしまして。お勧めを教えてもらっちゃいましたから♪」
21: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:35:03.30 ID:KPPGBGHd0
P「へえ、雪歩ちゃんに…ってか、未だにお茶っ葉はあの子が買いに来てるんだな」

響子「かなりこだわりがあるみたいなので、自分で選びたいらしいですよ?」

響子「あ、でも最近は缶のお茶も普通に美味しいから、『ライバル登場です、これは負けていられません!』」

響子「って。ものすごく燃えてました!…あ、お湯、わきましたね…ちょっと行ってきます!」
22: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:35:58.37 ID:KPPGBGHd0
P(そう言えば昔、缶のお茶のCMに出てたっけ、雪歩ちゃん…)

P(こういう、自分の趣味に全力全開なとこ、うちで言えばパッション属性なのかなぁ)

P(まあ、とはいえうちの属性システムもわりとあてになんないからなあ…)

P(藍子と夕美がパッションなのはまだわかるんだが…)

P「エンジンかかると止まらないからなあ…あの二人も」
23: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:37:03.30 ID:KPPGBGHd0
美世「なになに、クルマの話?」にゅっ

P「……その理屈だとお前がキュートなのが謎なんだよなあ…つかどこから出てきた」

美世「いやあ、なんとなくドライブしてたら明かりが付いてたから。」

美世「差し入れに色々持ってきたの、ほらっ」

P「おお…こりゃまた色々…チキンにハンバーガー…ってオイ、ドライブスルーだろこれ」

美世「あ、ばれた? っていうか、それ美味しそうだね、何食べてるの?」
24: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:37:53.24 ID:KPPGBGHd0
P「ああ、これは…」

響子「あ、美世さん!こんばんは♪」

美世「響子ちゃん? ………ああ、そういうこと!」ぽんっ

美世「プロデューサーも隅におけないね、このこの♪」

P「何勘違いしてんのか知らんが、違うからね、これは差し入れだから、お前のと同じだよ」
25: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:39:12.19 ID:KPPGBGHd0
美世「えー、ウソだよ、こんなに美味しそうなのに。」

美世「あ、ねえ響子ちゃん、私もこれ、もらっちゃっていいかな?」

響子「いいですけど、まず手を洗ってからですよ?」

美世「やりぃっ♪ そうこなくっちゃねー♪」ぱちんっ

P「お、なんかソレ似てるな、真ちゃんに」

美世「ああ、この前ばったり会ってね。ほら、あの子のお父さん、レーサーだし」
26: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:39:43.02 ID:KPPGBGHd0
P「ああ、そういやそうだっけか…確か、そのお父さんの影響であんな風になったんだっけか」

美世「本人はあまり納得してないみたいなんだけどね。かわいいと思うけどなー。」

美世「ちなみにさっきまでカーステレオで流れてた曲は」

P「迷走Mindだろ?」

美世「ぴんぽーん、正解です。 では正解したプロデューサーにはパジェロをプレゼント」

P「いや、それ微妙に間違えてるからな?クイズの景品じゃないからアレ」
27: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:40:30.42 ID:KPPGBGHd0
美世「なーんて、残念ながらパジェロはないので、プロデューサーにはたわしを進呈するね」

P「…なんでたわしはあったんだよ…」

美世「ん、なんかスタンドで貰っちゃった♪…っていうか、事務所綺麗だよね、びっくり。」

P「ああ、それはな…」

響子「もう、いつまで話してるんですか、二人とも。」

響子「お弁当はともかく、せっかく買ってきたもの、冷めちゃいますよ?」
28: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:40:57.96 ID:KPPGBGHd0
美世「あ、そう言えばそうだったっけ! じゃ、ぱぱっと手を洗ってくるね」

響子「はーい。お茶淹れて待ってますねー」

美世「ありがとー♪」

P「………ってか、思い出したんだが。マジで今何時だ?」

響子「へ…? あっ!」

ーーーーーーー
29: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:41:26.62 ID:KPPGBGHd0
P「ちょうど美世が来てくれたから助かった…響子も無事に家に送ってもらえるだろう」

P「それはそれとして、俺はあいもかわらず事務仕事なわけだが」
30: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:42:11.51 ID:KPPGBGHd0
P「いや、おかしいだろ。なんで帰るつもりだったのに働いてんだよ俺」

P「習慣って怖えなあ…気がついたらPCの電源入れて机に向かってたぞ…」

P「……つか、あれもこれもまだやりかけじゃないか…」

P「なんで気がつくかなぁ…帰れそうだったのに…はあ…」
31: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:42:39.99 ID:KPPGBGHd0
P「…………でもま、それもこれもあいつらのため、なんだよな」

P「それに、曲がりなりにも業界人なんだしな…夜うち朝がけは当たり前、ってか」

P「スタドリでも飲んで…ん?」
32: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:43:46.28 ID:KPPGBGHd0
書き置き「お身体、壊さないようにしてくださいね? よろしければどうぞ、特製ドリンクです。 栗原」

P「ネネか…いつの間に…あれ、こっちは…」

「なんかお仕事毎日お疲れっぽかったし、ここにビタミン剤置いとくんで飲んでちょー♪ リナ」

「疲れた時は甘いものだよ! ドーナツ置いとくから食べてねー♪ 法子」

P「…………お前ら…」
33: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:44:23.64 ID:KPPGBGHd0


むぐっ、がつがつ、ごく、ごくん!

P「…………よし!」


34: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:45:05.87 ID:KPPGBGHd0
P「そうだ、負けてられるか。俺はプロデューサーなんだ。あいつらに、魔法をかける魔法使いなんだ」

P「12時で帰るのはシンデレラだけでいい、ってな。お姫様が帰ったあとは…」

P「魔法使いが頑張らないと、だよな。ずっと解けない魔法を、かけ続ける為に、さ」
35: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 12:45:32.79 ID:KPPGBGHd0


ーおしまい。
38: ◆tPHkm/jYV. 2015/12/09(水) 13:00:18.00 ID:KPPGBGHd0
投下作品リスト

モバP「小悪魔夕美とハロウィン」


北条加蓮「もう一度だけ、夢を見て」


小日向美穂「私達のプロデューサーと。」


加蓮「12月…か」


モバP「卯月と秋の日に」


モバP「ristorante(レストラン)・ザ・アイドル」


武内P「忘年会企画案検討会議」


加蓮「流れ星キセキ」


新田美波「オトナ、一歩手前の距離で」


モバP「冬の夕焼けとシンデレラシューコ」


モバP「ほう、赤緑青ピカチュウか」


モバP「冬はつとめて」



ではでは、依頼出してきます。
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/09(水) 17:06:56.40 ID:DAlSEhMmo
>>27
美世「なーんて、残念ながらパジェロはないので、プロデューサーには「わたし」を進呈するね」
にみえた
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/09(水) 19:07:53.60 ID:+1S/9aCvO
>>40
おまおれ
3回ぐらい読み直した

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク