ベジータ「ブルマ、ちょっといいか?」

1: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 01:58:09.457 ID:4xbcJEpbx
ブルマ「何?」

ベジータ「いや…なんでもない。すまん…」

ブルマ「…なんかあったの?」

ベジータ「い、いや、別に…」

ブルマ「まぁいいわ。じゃ、おやすみ」

ベジータ「あ、ああ」


バタン


ベジータ「(全然勃起しないなんて言えねー)」
2: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 01:59:19.669 ID:4xbcJEpbx
ベジータ「俺ももう歳なのか…ふん、サイヤ人として情けない…少し町に飲みに行くとするか」


~居酒屋~


ベジータ「おい大将!!大治郎を冷やで頼む」

ベジータ「ゴク…ゴク…旨い酒だぜ…くそったれめ」

○○「お~、ベジータじゃないか!一人酒か?」

ベジータ「!?誰かと思ったらヤムチャか。消えろ」

ヤムチャ「おいおい、いきなりそれはないだろう。どうかしたのか?」

ベジータ「消えろと言ったんだ。そもそも貴様ごときにタメグチで聞かれる覚えはない」

ヤムチャ「そうとうご機嫌ななめだな…ブルマと何かあったのか?」

ベジータ「ピク…」

ヤムチャ「図星のようだな。」

ベジータ「だったら何だというんだ!!」

ヤムチャ「いや…ひょっとしたら何かアドバイスできるかなと思ってだな」

ベジータ「余計なお世話だ。ゴクゴク、大将!おかわりだ!!」

ヤムチャ「完全にやけ酒じゃないか…」

ベジータ「ゴク…ゴク…」
3: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:00:17.994 ID:4xbcJEpbx
ヤムチャ「俺は…お前の知らないブルマを知ってるぜ」

ベジータ「どういうことだ?」

ヤムチャ「俺は…ブルマの元カレだ」

ベジータ「ほう、そんなに今すぐ死にたいのか。いいだろう、渾身のビッグバンアタックを」

ヤムチャ「待て待てwww落ち着けwww」

ベジータ「…たんのだ…」

ヤムチャ「え?」

ベジータ「その、なんだ、アレが…勃たんのだ」

ヤムチャ「やけ酒の原因はそれか…」
6: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:01:45.110 ID:4xbcJEpbx
ヤムチャ「ちょっと俺んちに寄れよ。いいもん見せてやるよ」


~ヤムチャの家~



ベジータ「いいものとは何だ?」

ヤムチャ「これさ!」

( ^-^)ノ【写真】

ベジータ「な!?なんて綺麗な美少女なんだワナワナ」

ヤムチャ「昔のブルマさ」

ベジータ「こ、この美少女がブルマだと!?」

ヤムチャ「ブルマが14歳の頃の写真だがどうだ?」

ベジータ「めっちゃくちゃ可愛いじゃないか!!」

ヤムチャ「チラリ…」

ヤムチャ「もう一枚写真があるんだが…」

( ^-^)ノ【写真】

ベジータ「ぐほっ!!ま、まさかこの写真に写ってる女の子はカカロットの…」

ヤムチャ「そうだ。悟空の嫁さんのチチだ。たしか…12歳のときだったかな?」

ベジータ「か か か 可愛い!!!!(;´Д`)ハァハァ」

ヤムチャ「チラリ…」
8: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:02:45.928 ID:4b7UyScip
チチって凄いベジータの好みのタイプそう
10: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:03:39.931 ID:4xbcJEpbx
ベジータ「14歳のブルマ…12歳のチチ…(;´Д`)ハァハァ」

ヤムチャ「ベジータ、自分の股間を見てみな」

ベジータ「?」


バキーン!!!

ベジータ「な、治ってる!!俺のチンコが勃ってる!!」

ヤムチャ「おめでとう」

ベジータ「どういうことだヤムチャ!?」

ヤムチャ「お前はこっち側の人間になったということだ」

ベジータ「ロリコン…だというのか?」

ヤムチャ「あぁ…伝説の超サイヤ人、スーパーロリータってところだな」

ベジータ「ふざけるな!!俺はロリータじゃない!!ベジータだ!!」

ヤムチャ「ならそのいきり立った股間を説明してもらおうか」

ベジータ「く…くそったれめーーー!!!不愉快だ!俺は帰る!!」


ギャウゥゥゥーーン…


ヤムチャ「帰りやがったか…あ、アイツ写真パクっていきやがった!」
14: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:06:28.481 ID:RKJm9s3/0
スーパーロリータ言いたかっただけだろw
17: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:07:45.310 ID:QSUUj9YB0
惑星ロリータ
13: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:05:42.419 ID:4xbcJEpbx
~カプセルコーポレーション~


ベジータ「(;´Д`)ハァハァ俺はロリコンなんかじゃない!俺はロリコンなんかじゃない!」


シコシコシコシコ…


コンコン

ブルマ「ベジータ入るわよ~」

ベジータ「なななな何のようだ!?」

ブルマ「あら、何してたの?」

ベジータ「せせせせ戦闘服の調整だ」

ブルマ「あのね、ベジータ…あんまり気にしない方がいいわよ」

ベジータ「(ば、ばれてる!?)」

ブルマ「ちょっとぐらいM字ハゲでもアタシは気にしないわよ。」

ベジータ「…そうか…」

ブルマ「じゃあね、おやすみ」

バタン

ベジータ「(…くそったれめ…)」
16: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:06:49.307 ID:4xbcJEpbx
~次の日~

トランクス「パパ~今日は父親参観の日だけど来てくれるんだよね?」

ベジータ「そうか、今日は父親参観日だったか。ああ、必ず行く」

トランクス「わ~い♪」



ピンポーン(家のチャイム)



ベジータ「ん?誰だ」

ガチャ

ヤムチャ「ようベジータ」

ベジータ「き、貴様!!何のようだ」

ヤムチャ「今日はトランクスの学校で父親参観があると聞いてだな…ガサゴソ…これを貸してやるよ」

ベジータ「ハンディカム?」

ヤムチャ「あぁ、それでトランクスを撮影してやれよ。きっと喜ぶぜ」

ベジータ「ふん、せっかくだから使ってやるよ」

ヤムチャ「ニヤニヤ」
18: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:07:56.905 ID:4xbcJEpbx
~学校~

ベジータ「ここがトランクスの教室か」

ガラガラ

先生「はい、じゃあこの問題が解ける人」

生徒たち「はーいはいはーい」

ベジータ「(すでに授業が始まってたか。おっといかん、トランクスを撮影してやらねば)」

トランクス「チラ…あ!パパだ!!ピースピースv(o´ з`o)v♪」

ベジータ「馬鹿者!!前を向いてなさい!!」

トランクス「てへ(*´∀`)」

ベジータ「まったく…よし、ハンディカム準備完了っと」
20: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:08:57.857 ID:4xbcJEpbx
※撮影中

先生「はい、じゃあこの問題はユカちゃんに解いてもらおうかな」

ベジータ「(ユカちゃん…スラッとしていて目がパッチリでなかなかの美少女じゃないか…)」

先生「はい、正解。じゃあ次はレイナちゃん」

ベジータ「レイナちゃん…まだ小学生だというのにもう胸が膨らんでいやがる…けしからん…」

先生「はい。じゃあ次は…」

ベジータ「(;´Д`)ハァハァ」

先生「あ、あの…どうかされました?」

ベジータ「(;´Д`)ハァハァ」

先生「あの…」

ベジータ「(°Д°)!?」

先生「大丈夫ですか?」

ベジータ「だ、大丈夫だ。ちょっと寝不足なもんで、ははwはははwww」

先生「…」

ベジータ「(いかん!!トランクスを撮るはずだったのに女児ばかりを撮影してしまっていた)」
23: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:09:38.124 ID:4xbcJEpbx
キーンコーンカーンコーン


トランクス「パパー!しっかり撮れた?」

ベジータ「す、すまんトランクス。どうやらバッテリーがあーでこーで撮れなかった…」

トランクス「えー…( ´-ω-)シュン」

ベジータ「だが一時も目を逸らさずにお前を見ていたぞ!」

トランクス「ほんと?(о´∀`о)パァ~♪」

ベジータ「(本当は女児ばかり見ていてお前のことなど全く見ていない…すまん)」
28: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:11:30.097 ID:4xbcJEpbx
~ヤムチャの家~



ベジータ「ハンディカムを返しにきた」

ヤムチャ「しっかりトランクスのこと撮ってやったか?」

ベジータ「あ~、その、なんだ、バッテリーがトラブってしまって撮れなかったんだ」

ヤムチャ「嘘はいけないな、ベジータ」

ベジータ「!?」

ヤムチャ「実はこのハンディカムには細工がしてあって、撮影した映像が自動的に俺のPCにライブ中継されるようになってんだ」

ベジータ(滝のような汗)

ヤムチャ「女児ばっか撮影してたな…ニヤニヤ」

ベジータ「う…うおーーー!!!!!!」


ギャウゥゥン!!!!


ヤムチャ「逃げやがったか…」
29: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:12:13.893 ID:QSUUj9YB0
すぐ逃げるねこのベジータ
30: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:12:37.025 ID:4xbcJEpbx
キーーーーーーン…(舞空術で飛んでる)


ベジータ「俺は…俺は…うっ…ううう…」



助けてーーー!!!


ベジータ「!?」


女児「助けてーーー!!!」

ろりんぼおじさん「ちょっとだけ、先っちょだけだから、ね、ね コーホーコーホー」

女児「嫌だー!!!誰かー!!!」

ろりんぼおじさん「ふ、膨らみかけのオッパイ最高に可愛いよ///ワレメもまだツルツル/// コーホーコーホー」
33: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:13:41.886 ID:4xbcJEpbx
ベジータ「いかん!助けなくては!!」


ギャウン! スタッ…

ベジータ「おい貴様!!その女の子に何のようだ?」

ろりんぼおじさん「ロリ、可愛い、触りたい、舐めたい、入れたい コーホーコーホー」

ベジータ「ファイナルフラーーーッシュ!!」

ドカーン!!!!!!!


ベジータ「怪我はないか?」

女児「ありがとうおじさん。お名前は?」

ベジータ「YESロリコン・NOタッチ!!
俺が伝説のスーパーロリータだ!!!!!」




34: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:14:01.719 ID:q/jc54kq0
35: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/07/11(月) 02:14:55.706 ID:QSUUj9YB0
夢中になれるものがいつかキミをすげえロリにするんだ乙

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク