悟空「ちょっくらヤードラット星人に新しい技習いに行ってくんぞ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 23:41:51.29 ID:jmDdfDgc0
魔人ブウが元気玉によって倒され、地球には平和が訪れた。
Z戦士たちはそれぞれの日常へと戻っていた…。そして悟空も…。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467211310
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 23:43:46.29 ID:jmDdfDgc0
悟空「チチ!今日もちょっくら界王さまンとこに修行しに行ってくんぞ!」

チチ「悟空さ!また修行だべか!いい加減に働いてけれ!もうお父の財宝も底をついてしまったべ!」

悟空「いや~…わかってんだけどさぁ…すまん!チチ!また今度にしてくれ!」シュンッ

チチ「あっ…消えた!悟空さ~!!!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 23:45:55.93 ID:jmDdfDgc0
~界王星~
界王「ふ~んふふ~ん♪やっぱりドライブはたのしいな~♪ふんふふ~ん♪」
シュンッ
界王「ウワァ!!」キキィーッ

悟空「オッス!界王さま!修行しに来たぞ!!」

界王「いきなり危ないじゃないか!ばかもん!車は急には止まれんのじゃぞ!!」

悟空「へへ、心配かけてわりぃ界王さま」

界王「お前の心配はしとらん!」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 23:47:39.83 ID:jmDdfDgc0
界王「まったく…お前さんの瞬間移動、そいつのせいでワシは酷い目に遭いっぱなしじゃわい…」

悟空「そうか?オラは結構便利だけどなぁ」

界王「お前さん、ワシの断りなくいつでも勝手にやってくるじゃろ!ワシにだってプライバシーはあるんじゃぞ!おまけにセル爆弾まで持ってきて殺しおって…」

悟空「まぁまぁ界王さま、かてぇこと言うなよ~。オラと界王さまの仲じゃねえかよ~」

界王「お前さん、ワシが界王だってこと絶対忘れとるじゃろ……」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 23:50:40.55 ID:jmDdfDgc0
界王「それにしてもお前さんが瞬間移動を教わったヤードラット星人という奴らはスゴイのぉ…。みんなが悟空と同じ技を使えるんじゃろ?」

悟空「ああ、そうみたいだな」

界王「プライバシーも何もあったもんじゃないのう…」


悟空「あっ!!!そうか!!!」

界王「ど、どうしたんじゃ悟空」

悟空「ヤードラット星人は他にもまだいろんな技を持ってるって言ってたんだ!あいつらに技を教わればオラもっともっと強くなれるかもしれねえ!界王さまサンキュー!!」
シュンッ

界王「行ってしまいおった…やれやれ」

界王「……1年はゆっくりできるのう…。」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 23:54:42.89 ID:jmDdfDgc0
~ヤードラット星~
シュンッ

悟空「いや~久しぶりにヤードラット星に来たぞ、懐かしいな~」

見知らぬヤードラット星人「あ、あなたはひょっとして孫悟空さんでは…?」

悟空「おう、オラは孫悟空だ」

見知らぬヤードラット星人「やっぱり!魔人ブウを倒された時は感動しましたよ!」

悟空「いや~あれはオラ一人の力じゃねえからよ~。もっと強くならなきゃならねえんだ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/29(水) 23:58:01.73 ID:jmDdfDgc0
悟空「…あれ?おめぇなんで魔人ブウのこと知ってんだ??」

見知らぬヤードラット星人「千里眼ですよ、我々ヤードラット星人なら使えぬものはいません。」

悟空「せんりがん・・・?せんりがんって何だ?」

見知らぬヤードラット星人「簡単に言えば、その場にいながら遠くの物が見通せる能力ってことですね」

悟空「あー!界王さまや界王神さまがよく使ってるアレかぁ~!おめぇたちそんなことまで出来んのか、驚ぇたなぁ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:02:35.63 ID:s+pnIDKy0
見知らぬヤードラット星人「あなたは以前我が星に訪れていますね、魔人ブウの一件を知らないヤードラット星人の間でもあなたは有名ですよ。

見知らぬヤードラット星人「ところでどうしてやってきたんです?」

悟空「オラ、前来たときは瞬間移動を教えてもらったんだけども、おめえたちが他にどんな技があるかを聞かねえままだったことを思い出したんだ」

悟空「まだオラが覚えられそうな技があるんなら、そいつを教えてもらえばもっと強くなれるんじゃねえかと思ってよ」

見知らぬヤードラット星人「なるほど、それで今回いらしたと」

悟空「おう、だから出会ったばっかでわりぃんだけどよぉ、ちょっとオラに技を教えてくれねえかな~」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:05:43.39 ID:s+pnIDKy0
見知らぬヤードラット星人「ヤードラット星人はたしかに皆がいろいろな技を使うことが出来ます、しかし皆が技に詳しいわけではありません。」

見知らぬヤードラット星人「私からある人を紹介しましょう。大賢者と崇められている彼ならきっとあなたの力になってくれるはずです」

悟空「えっ!?そんなやついたんか!?」

悟空「前来たときはその辺のオッチャンとかオバチャンからよくわからずに教わってたもんな…」

悟空「そう考えると最初からちゃんと詳しい奴に聞いときゃよかったな~」

見知らぬヤードラット星人「それではさっそく行きますよ」シュンッ
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:07:46.35 ID:s+pnIDKy0
~マスターヤードラットの大神殿~

見知らぬヤードラット星人「着きました、孫悟空さん、それではまた!」シュンッ

悟空「おう、あんがとな!」



マスター「うぉっほん!わしはマスターヤードラット!マスターと呼びたまえ!」

悟空「よろしくな!マスター!」

マスター「悟空殿、おぬしの望みは千里眼ですでに存じておるぞ」

悟空「マジか!それなら話は早ぇ、ヤードラットの技を教えてもらって、オラもっと強くなりてえんだ!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:10:03.08 ID:s+pnIDKy0
マスター「わしは力ではおぬしに到底及ばぬ、だが技の多彩さでは宇宙一の自信があるぞ」

悟空「マスターは全部で何個の技があるんだ?」

マスター「ざっと100種類ほどだな」

悟空「あれ?意外と少ねえんだな?それ全部覚えるのにどれくらいかかったんだ?」

マスター「5000年ほどだ」

悟空「」

マスター「まぁすぐに覚えられるようなものから、修得に1000年もかかるようなものまであるというわけだ」


マスター「ちなみにおぬしが覚えた瞬間移動はヤードラット星人が幼稚園で習う技だ、わしらには出来て当然ともいえるものだ」

悟空「なんかへこんじまうなぁ…結構必死こいて覚えたっちゅうのに」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:13:35.08 ID:s+pnIDKy0
マスター「わしの知っている技のうち、おぬしが生きてる間に短期間で修得できるのは瞬間移動を除けばあと3つだ」

悟空「おっ、3つもあんのか!」

マスター「ちなみに全部わしらが幼稚園で習うレベルのものだ」

悟空「そういうこと言わねえでくれよ~」


マスター「一つ目は千里眼だ、遠くを見通せるだけじゃない、心の中も見通せるようになるぞ」

悟空「ひぇ~心ん中もか~!ほんとに界王さまたちみてえな能力だな」


マスター「二つ目は念力、サイコキネシスとも呼ばれる能力で触らずに物を動かす能力だ」

悟空「フリーザがクリリンに使ってたあの技か…。」


マスター「戦いに使えそうなのは以上だ」

悟空「なんだってぇ!?んじゃ2つじゃねえかぁ…」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:16:02.05 ID:s+pnIDKy0
悟空「千里眼を身に着けても戦ってる最中じゃ使いようが無さそうだよなぁ…、界王神のじっちゃんみたいに女湯のぞくわけでもねえしなぁ」


悟空「かといって触らずに物を動かせるようになってもなぁ、つえぇ奴にはそんなのあんまり効かなさそうだしなぁ…」



悟空「あ、そういやマスター!最後の一つって何なんだ?」

マスター「それはな…」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:18:57.41 ID:LeKpeVmTO
心読めたら回避や攻撃命中が格段に上がるんじゃ…
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:44:29.31 ID:s+pnIDKy0
>>15
激しく戦ってる最中に集中して思考回路を読むのは難しいのと、この頃の悟空は魔人ブウ(純粋悪)を超えるべき目標としてるから心を読むことにそんなメリットを感じてない…というイメージ
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:18:45.10 ID:s+pnIDKy0
~1年後の地球~

シュンッ

チチ「悟空さ!!」

悟飯・悟天「お父さん!!」

悟空「よっ!ただいま!」


チチ「悟空さ、今までどこ行ってただ?心配しただよ」

悟飯「そうですよお父さん、いきなり1年もいなくなるだなんて」

悟空「いや~悪かったなみんな!オラこれからちゃんと稼ぐから心配すんな!」


チチ・悟飯「はっ…!?」

悟空「んじゃ、行ってくるぞ」シュンッ


チチ「悟空さ、稼ぐって言ってなかっただか??」

悟飯「お父さん、どうしちゃったんでしょうね…」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:20:53.42 ID:s+pnIDKy0
~界王星~

界王「ふ~んふんふふ~ん♪今日もドライブ日和じゃわい♪ふんふふ~んふん~♪」

シュンッ

界王「ウワワワワァ~!!!」

ドゴンッ プシュー

悟空「痛ってぇな~界王さま、ひどいじゃねえかよ~」

界王「おい悟空!!いきなり飛び出してきておいて何を言う!!お前さんのせいでワシの愛車が壊れてしまったではないか!!」

悟空「かてぇこと言うなよ界王さま~、オラと界王さまの仲じゃねえかよ~」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:26:51.06 ID:s+pnIDKy0
悟空「あっところで界王さま、オラ、金属っちゅうもんを探しに来たんだけどどこかにねえか?」

界王「ふんっ、それならたった今お前さんがぶち壊しおった愛車はもうただの金属の塊じゃわい」

悟空「ほんとかぁ!そりゃあ良かった!壊れてんならもう要らねえだろ!もらってくぞ界王さま!」

シュンッ

界王「あっ!おい悟空!勝手すぎるじゃろ!!」

界王「…まぁ修行しにきたわけじゃないだけマシかのう…」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:29:59.66 ID:s+pnIDKy0
~孫悟空の家~

シュンッ

悟飯「…!お父さん!どうしたんですかその車…稼ぐってまさか廃車を盗ってきて部品でも売るっていうことですか…」

悟空「安心してくれ、こいつは界王さまから譲ってもらったもんだ、まぁ見てなって」

悟空はそういうと精神を集中し気を溜め始めた。


悟空「はぁぁぁぁぁぁぁ!どりゃああああ!」

悟飯「(破壊するつもりなのか!?しかしそれにしては弱すぎる気が…)」

放たれたエネルギー波は車全体を覆った。

目映い閃光ののち、光に包まれて廃車が現れた。


悟飯「これは…車が金色になっている…!?お父さん!」

悟空「ああ、そうだ。これは全部金だ」

悟飯「す、すごいですよ!お父さん!」

悟空「オラがヤードラット星人から教わってきたのは錬金術っちゅう技でよ、どんなものでも金属なら金に変えられるって話だ」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:34:50.87 ID:s+pnIDKy0
悟空「ヤードラット星人は幼稚園児でもこれが出来るらしくてよ、星中の誰でも金に変えられるから金なんて全く価値ないんだってよ。」

悟空「だからオラがこれを習いたいって言ったときは向こうも変な感じだったっけなぁ」



悟飯「それにしてもお父さん、まさか戦闘系以外の能力を教わってきたとは夢にも思いませんでしたよ」

悟空「ホントはオラが覚えられそうなイイ能力が無いから早く帰ろうと思ってたんだ。けど、錬金術の説明を聞いてたら、家族みんなの顔が頭に浮かんだんだ」


悟空「オラ、おめえと違って難しいことわかんねえし、畑仕事するくれえしか稼ぐ手段がねえと思ってたんだ。でも畑仕事じゃ大した稼ぎにはならねえ。これからおめえが大学っちゅう所に行こうとしてるのはチチから聞いてる。悟天もこれから学校に通うようになりゃ金も要るようになる。チチにだって楽をさせてやりてえ。」


悟空「そう思ったら、1年くらい家族のために頑張るのもいいじゃねえかってなったんだ。悪い魔人ブウもいなくなって地球も平和になってたことだしな」


悟飯「お父さん…」


悟空「んじゃ、出来上がった金を売りに行っか!」

悟飯「はい!」

シュンッ
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:40:11.83 ID:s+pnIDKy0
~西の都 カプセルコーポレーション~

シュンッ

ブルマ「あら、孫くん!悟飯くんも一緒にどうしたのよ」

悟空「オッス、ブルマ!突然でわりぃんだけど、コイツ買ってくんねえか?」

ブルマ「えっどうしたのよこれ…車の形をした金塊じゃない」

悟空「へへ、ちょっと…な」

ブルマ「これはかなりの量ね…機械にかけて調べてみるわ…」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:48:44.84 ID:s+pnIDKy0
ブルマ「調べ終わったわ、この重量だと今日のレートで50億ゼニーって所ね…」


悟飯「ご、ごじゅうおくゼニー!?」


悟空「それってどんぐらいだ?」

悟飯「僕にも見当がつきません…」

ブルマ「孫くんの方はどうやら億が何なのか分かってないようね…」



悟飯「ブルマさん、ほんとに大丈夫なんですか?」

ブルマ「なによ、金でこの量ならこれぐらい当たり前でしょ?」

悟空「いやぁ、おめえは慣れてるかもしんねえけどよ、オラは金の価値とかイマイチよくわかってねえからな~」

悟飯「お父さん、やっぱりよした方がいい気がしてきました…」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:51:08.15 ID:s+pnIDKy0
ブルマ「ホントはこんな仕事はやってないんだけど、あんたたちだから特別に買ってあげるわ。はい、10億ゼニーの金庫が入ったホイポイカプセル5つね。」

悟空「おう!サンキュ!」

悟飯「あわわわわわわ…」


悟空「また売りにくるかもしんねえから、そん時は頼むぞ!それじゃな!」

シュンッ

ブルマ「…これどこで手に入れたのかしら」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:54:45.67 ID:s+pnIDKy0
~悟空家~

悟空「いや~稼いだな~これで1ヶ月分くらいにはなったか?」

悟飯「(ひ孫の代まで遊んで暮らせますよ…)」


チチ「悟空さ!稼ぐって言ったのにどこさ行ってただ!?畑仕事はどうしたんだべ!?」

悟空「オラはもう畑仕事やんねえぞ、それよりもっと稼ぎのいい仕事を見つけたんだ。チチ、オラの今日の稼ぎを見てくれよ」

そう言って悟空は5つのカプセルを開け、中から巨大な金庫が飛び出した。
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:57:41.16 ID:LeKpeVmTO
日本円とどの位差があるか判らんが、もう働かなくていいだろ
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 00:58:24.54 ID:s+pnIDKy0
チチ「な、なんだべこれは…」

悟空「チチ、これ1個に10億ゼニー、全部で50億ゼニーあるんだってよ!これでしばらくは金に困らねえと思うぞ」


チチ「ご、悟空さ…あ、新しい仕事っていうのは…」




チチ「銀行強盗のことだったんだべか!!!!!」


悟空「ち、違うって…チチ、誤解だって」


チチ「じゃあなんだべ!こんな大金、どうやって手に入れただべか!?」


悟空「話すと長くなるんだけど、ヤードラット…」


チチ「問答無用だべ!今すぐそのお金を返してくるんだべ!今すぐに!」


悟空「だからチチ、違うんだって…」


チチ「言い訳なんて聞きたくないべ!瞬間移動で今すぐ返しに行かないと即離婚だべ!」


悟空「お、おうっ…(しょうがねえなぁ…」

シュンッ
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:03:05.33 ID:s+pnIDKy0
~西の都 カプセルコーポレーション~

シュンッ

ブルマ「あら、どうしたの?」

悟空「ブルマ、すまねえこのカプセル返すわ、んじゃな」シュンッ

ブルマ「あっ、ちょっとー!だったらこれ持って帰んなさいよー!」

ブルマ「まったくもう…いつも急なんだから…」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:07:23.55 ID:s+pnIDKy0
~悟空の家~

シュンッ

チチ「…帰ってきただか」

悟空「チチ、あのな、あれは銀行強盗じゃないんだ、本当だって」

チチ「そんなことさわかってる!!悟空さが銀行強盗なんかするわけねえべ!!」

悟空「えっ、じゃあ…」

チチ「悟空さがどんな手を使ったか知らねえ、だけどもあんな短時間でこったら大金を稼げるなんておかしいに決まってるべ!!

チチ「オラはそったらことで得られたお金なんてまっぴらごめんだべ!」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:11:14.22 ID:s+pnIDKy0
チチ「オラほんとは別にお金なんて要らねえ、悟飯ちゃんも悟天ちゃんも学費はどうにかなるべ。」

チチ「悟空さに働いてほしいのは金じゃねえ。オラたち家族のそばにいてほしいからだべ。だからうちの近くで畑仕事をしてほしかったんだべ。」

悟空「チチ…すまなかったな、オラが間違ってた。」

悟空「これからは畑仕事頑張るぞ」

チチ「悟空さ…やっとわかってくれただか…」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:14:44.74 ID:OTpLXcX7o
これは三男が生まれる日も近いな
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:20:49.48 ID:s+pnIDKy0
悟空「あっ、いけねぇ!金は置いてきたのに車を持って帰ってくるの忘れてたぞ!」

シュンッ

チチ「あ!悟空さ~!!」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:24:59.95 ID:s+pnIDKy0
~西の都 カプセルコーポレーション~

シュンッ

ブルマ「あ、戻ってきたわね」

悟空「ブルマ、さっきの車なんだけど返してくれねえか?」

ブルマ「お金も返してもらったし、もともとあんたのものじゃないの。あ、故障してるみたいだったからついでに直しておいてあげたわよ」

悟空「マジかよ!ブルマ、サンキュ!」

悟空「でも、もうオラには必要ねえし、界王さまに返しに行くかぁ」

シュンッ

ブルマ「あっ!超加速ジェットがついてるから説明しようと思ったのに…まったくもう…」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:27:05.70 ID:s+pnIDKy0
~界王星~

界王「悟空の奴め…わしの車を壊しおって…おかげでおしっこを遠くに飛ばして遊ぶくらいしか暇がつぶせんじゃないか…ふぅ」

シュンッ


悟空「オッス界王さま!」

界王「あわわわわわわわ!!」

悟空「ちょっと界王さま~きたねえじゃねえかよ~」

界王「いきなりひとがおしっこしてる目の前に現れて何を言うか!」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:30:01.73 ID:s+pnIDKy0
界王「もうお前さん出入り禁止!これ以上は許せん!」

悟空「そういうなよ界王さま~ちゃんと車直してきたんだからさ~」

界王「なんじゃと!?…おお!金ぴかに変わっておるじゃないか!」

悟空「これでどうか許してくれよ~界王さま~」

界王「うーん、しょうがないのう、今回だけじゃぞ」

悟空「やった!ありがとう界王さま!」


悟空「じゃあこれでオラは帰るぞ」シュンッ



界王「さて、じゃあわしはドライブを満喫するかの…」


界王「…まったく動かんじゃないか?いったいどうなっとるんじゃ…」

界王「ん?こんなボタンあったかの?」ポチッ
ギュイィィィィィン ドゴォン


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 01:44:54.12 ID:SGuXRNXe0
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 02:22:12.56 ID:LeKpeVmTO
乙、チチが母親の鑑すぎる…
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 03:01:58.00 ID:s+pnIDKy0
おまけ:>>26以降からの分岐

チチ「な、なんだべこれは…」


悟空「チチ、これ1個に10億ゼニー、全部で50億ゼニーあるんだってよ!これでしばらくは金に困らねえと思うぞ」

チチ「悟空さ…こったらお金、どうやって手に入れただか…?」

悟空「オラ、ヤードラット星人から錬金術っちゅうのを教えてもらってよ、どんな金属でも金に変えられるようになったんだ」

チチ「ご、悟空さ…すごいだ!そったら能力さあったらもう畑仕事なんかする必要なんかないべ!!」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 03:18:29.02 ID:s+pnIDKy0
チチ「オラ、悟空さの嫁でホントに良かったと心から思ってるだよ~」

悟空「ホントか!いや~チチに喜んでもらってオラもうれしいぞ~!」

悟飯「(お母さん、ホント現金な人だなぁ…)」



チチ「悟空さ!もっともっと稼いでけれ!オラ、ずっとブルマさんみたいな暮らしをするのが憧れだっただよ~」

悟空「おう!任せてくれ!」


悟空は畑仕事をやめた。

悟空「もうオラにはこんなもん必要ねえや」

手始めに畑仕事に使っていた鍬やスコップ、農作業用の機械を金に変えた。

それから悟空は山に不法投棄されていた粗大ゴミを拾って、それらを金に変えるのを仕事にするようになった…。
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 03:40:04.98 ID:s+pnIDKy0
あれから1週間…

悟空「おう、帰ったぞ!」

チチ「悟空さ!今日はどうだったか?」

悟空「今日も大量だったぞ~!ほら、こんなに空き缶見つけたんだ!」

チチ「さすがオラの悟空さだ~!今日もご馳走作って待ってたかいあっただよ!」

悟空「おっ!メシ出来てんのか!ちょうどよかった~、オラもう腹ペコペコでよ~」

チチ「あっ、メシの前に忘れず換金してくるだ!」

悟空「おっと、そうだったな!じゃあ行ってくるぞ」シュンッ



悟飯「(お父さんがゴミ拾いしてるだけでお母さんがこんなに機嫌良くなるなんて…)」
悟飯「(やっぱりお金は無いよりあった方がいいんだなぁ…)」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 03:57:12.52 ID:s+pnIDKy0
~西の都 カプセルコーポレーション~


シュンッ

悟空「オッス!ブルマ!また買い取ってほしいんだけど」

ブルマ「あんたまた来たの?うちは買い取り屋じゃないのよ」

悟空「そういうなよ~長い付き合いじゃねえか~」

ブルマ「だいたい金は金でも全体が金じゃないし、処理するのがいろいろとめんどくさいのよ!あとなんで毎回ちょっと壊れた電化製品持ってくるわけ!?」

悟空「へへ、すまねえな…でも今回は空き缶なんだ、電化製品じゃねえぞ」

ブルマ「ぜっっっっったいに買わないっっ!!」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 03:58:31.81 ID:s+pnIDKy0
悟空「じゃあどうすりゃいいっていうんだよ~」

ブルマ「あんた、もう結構なお金持ってるでしょ!そのための会社作って好きなように売ればいいじゃない!私はもう知らないからね!」

悟空「そっかぁ!ブルマおめえやっぱ頭いいなぁ!」

悟空「悟飯に聞いて早速やってみっぞ!!」シュンッ

ブルマ「あっ…なんかマズいこと口走っちゃったかしら…」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 04:32:01.65 ID:s+pnIDKy0
~悟空の家~

シュンッ

悟空「悟飯っ!オラ、起業すっぞ!」

悟飯「い、いきなりどうしたんですかお父さん…。空き缶持ったままだし…。ブルマさん所に換金しに行ったんじゃなかったんですか」

悟空「いや~それがよ~ブルマのやつ、もう金を換えてくれねえらしいんだ。」

悟空「代わりにすっげえアドバイス貰ってきたってわけさ」

悟飯「それが起業しろってことですか…(ブルマさんも無茶なこと言うなぁ…)」

悟空「んでよ、オラにはビジネスっちゅうのがよくわからねえからさ、悟飯っ!おめえに社長をやってもらいてえんだ!」

悟飯「ええっ!ぼくに社長を!?」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 04:39:57.29 ID:s+pnIDKy0
チチ「おっ、悟空さ帰ってきただべか」

悟飯「お母さん、なんとか言ってくださいよ…お父さんが起業して、僕にその会社の社長をやれって言うんですよ…」

チチ「なっ…!起業…社長だべか…!?


悟空「チチ、しょうがねえんだ。ブルマの奴ももう頼りにできねえし。でもこれはチャンスだと思わねえか?ビジネスっちゅうのを始めればもっとでっかく稼げる気がすっぞ」

悟飯「お母さん…僕は学者になるのを目指してきたんですよ…」

チチ「学者なんかよりも社長になる方がよっぽど偉いべ!悟飯ちゃん、悪いことは言わねえ!とりあえず社長になってけれ!学者になるのはその後でも十分だ!」

悟飯「えええ…もう、しょうがないですね…(僕まだ高校生だった気がするんだけどな…」

悟空「よし!決まりだ!」

こうして孫一家は起業し、会社は孫貴金属工業と名付けられた。
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 05:21:40.44 ID:s+pnIDKy0
社長になった悟飯は手腕を発揮し、悟空の能力を存分に発揮し、最大限の利益を得ることができるような仕組みを作っていた。

一方で、悟空の錬金術については企業秘密とし、孫一家以外の人間に知られることのないよう、外部に漏れることのないように徹底した。

1年後…

悟空「おう!社長!頑張ってっか?」

悟飯「お父さん!順調ですよ!」

悟空「忙しくなっちまっておめえなかなか家にも帰ってこねえんだもんな」

悟飯「すみません、でも会社がうまくいってるってことですよ!」

悟空「いや~まさか1年でこんな大きな会社になるとは思ってもみなかったぞ!」

この頃、孫貴金属工業は悟空たちが住む東のエリアでトップクラスの企業へと成長していた。
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 05:33:52.45 ID:s+pnIDKy0
悟飯「それもこれも、お父さんの能力のおかげですよ」

悟空「へへ、そうか?つってもオラは1日1回、鉄クズを触って金に変えてるだけなんだけどな、あんなんで大丈夫なんか?」

悟飯「工場の方はオートメーション化が済んでますから、お父さんが鉄くずを金にしてくれれば、あとは全部機械が勝手に精製、鋳造してくれますよ、ほら出来てるでしょ」

悟空「はぇ~、便利なもんだな」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 05:36:04.06 ID:s+pnIDKy0
悟空「なぁ悟飯、オラ別に1日1回じゃなくてもっと何回でも出来っぞ。オラがもっと多く金に変えればもっと稼げるんじゃねえか?」

悟飯「ダメですよ!お父さん!世界中に金があふれるようになったら金の価値が暴落してしまいます!!そういうのをちゃんと考えて供給してるんですよ!」

悟空「へ?売れば売るほど儲かるんじゃねえのか?」

悟飯「今のペースが最適なんです!余計なことは考えないでください!」

悟空「お、おう…わかったよ…怖えな…なんかおめえチチに似てきたな…」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 05:51:52.49 ID:s+pnIDKy0
~次の日~

悟空「ふぅ、今日の仕事も終わったな」

悟空「久しぶりにブルマに会いに行くか、あいつに礼も言わないといけねえしな」

シュンッ


~西の都 カプセルコーポレーション~


ブルマ「あら、孫くん。久しぶりじゃないの」

悟空「オッス!ひっさしぶりだな~」

ブルマ「いやぁ驚いたわよ、まさか起業しなさいって冗談言ったらホントに起業しちゃうんだものね。しかもそれが今じゃ東でも有数の大企業じゃないの」

悟空「ははっ、そうだな!おめえのアドバイスが無かったらこんな風にはなってなかったろうしな、サンキュ!」

ブルマ「もう、よしてよ。私は冗談言っただけよ。その様子だと経営は悟飯くんがやってるみたいね。礼を言うならあの子の方にしなさいよ」

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 06:16:04.35 ID:s+pnIDKy0
ベジータ「…カカロット!!」

悟空「おう!ベジータじゃねえか!久しぶりだな!」

ベジータ「ふん…貴様、ここ最近見かけないと思ったらどうやら真面目に働いてるらしいじゃないか…」

悟空「おっ?なんで知ってんだ?まぁ真面目かどうかわかんねえけどちゃんと給料もらって働いてんぞ」

ベジータ「なっ!貴様ッ!よくも恥ずかしがらずに働いてるなどと堂々と言えたものだなッ!貴様にはサイヤ人の誇りが無いのか!!」

ブルマ「サイヤ人の誇りって何よ!!」

悟空「ベジータよぉ、オラ農作業してた時より修行の時間が増えたから働くのも案外悪くねえと思ってるぞ!」

ベジータ「サイヤ人は誇り高き戦闘民族なんだぞぉぉぉぉ!!俺様はサイヤ人の王子ベジータ様なんだぞぉぉぉぉ!」

ベジータ「くそったれぇぇぇぇぇ!!俺は絶対働かんぞぉぉぉ!!」ダダダッバタンッ



悟空「なんでぇあいつ…」

ブルマ「ごめんね、『孫くんは働いてる、あなたはいつ働くの?』って毎日詰ってたらここのところ精神がおかしくなってしまったみたいで…」

悟空「は、はは…ま、ベジータなら大丈夫さ」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 06:31:51.86 ID:s+pnIDKy0
悟空「そろそろ飯の時間だしオラも帰るとするかな、あんまりベジータいじめてやんなよ!んじゃ!」
シュンッ


ベジータ「認めん、認めんぞぉぉぉぉぉ!サイヤ人は戦うことこそが仕事だぁぁぁぁ!!」

ブルマ「いじめてるつもりはないんだけどね…」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 06:53:34.81 ID:s+pnIDKy0
~悟空の家~

シュンッ

悟空「おっ、メシの匂いだ!今日もご馳走だな~!」

悟飯「お父さん!おかえりなさい!」


悟空「あれぇ!?悟飯、今日は帰ってこれたのか」

悟飯「重要な商談が片付きまして、今日ぐらいはゆっくりできそうですよ」

チチ「そりゃあよかったべ!悟飯ちゃん、社長になってからずっと働き詰めで心配だっただよ~」

悟飯「すみません、でもこれからもっと忙しくなるかもしれませんね」

悟空「えっそうなんか?オラもこれから頑張っちゃった方がええんか?」

悟飯「お父さんは今まで通りで大丈夫です」

悟空「そ、そうか…わりぃ…(悟飯がなんか怖ぇんだよな…社長だからか?)」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 07:54:22.62 ID:s+pnIDKy0
~社長室~

悟飯「ふう…今日の仕事はここまでにしとこうかな」

ピッコロ「よう悟飯…」

悟飯「…!ピッコロさん!どうやって入ってきたんですか!?」

ピッコロ「俺らにとっちゃあの程度の警備、気付かれずに入るのも訳はねえだろ?」

悟飯「まぁそうですね、それにしても久しぶりですね」

ピッコロ「お前が全然遊びに来なくなっちまったからな、こうして顔を見にきてやったってわけだ」

悟飯「寂しかったんですか?」

ピッコロ「ばっ馬鹿な…そんなわけないだろう…デンデが遊んでほしそうにしてるから仕方なくお前に催促しにきたんだ!仕方なくだぞ!」

悟飯「ははは…」
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 08:33:09.42 ID:s+pnIDKy0
悟飯「…ピッコロさん、こんな茶番が目的じゃないでしょう?」

ピッコロ「…ああ」

ピッコロ「…悟飯ッ、お前何をするつもりだ!何を企んでやがるっ!!」

悟飯「気付くとすればピッコロさんしかいないと思ってましたよ、他の人たちは脳筋ばっかりですから」

悟飯「せっかくだからピッコロさんには教えてあげますよ…」
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 08:45:57.71 ID:iA+ftUOh0
何気にひでぇなwwwww悟飯
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 09:42:02.10 ID:s+pnIDKy0
悟飯「ピッコロさんはどうして僕の動きに気が付いたんですか?」

ピッコロ「悟空が錬金術を手に入れたことは神の神殿から見てすでに知っていた。お前たちがその能力で儲けてるのも知っていた。それ自体は好きにやればいいさ」


ピッコロ「だがな、悟空が錬金術を持っているのだからする必要のないお前の不可解な行動が2つあるのさ」

ピッコロ「…お前、金鉱山の買占めをしてるな?」

ピッコロ「いや、本来だったら何らおかしいことじゃない。貴金属を加工してる会社が事業を拡大して鉱山事業に手を伸ばしたってぐらいのもんだ。」

ピッコロ「…ただ、お前らにとっては別だ。鉱山を買うにしたって銅鉱山でも買って悟空に錬金してもらうほうがよっぽど利益は出るはずだ」

悟飯「…そうですね」
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 09:46:36.55 ID:s+pnIDKy0
ピッコロ「もう一つ、奇妙だったことがある。この頃、市場に出回る金の量が急速に減少している」

ピッコロ「お前の会社は最近金を買う方に力を入れているようだな?延べ棒作ってる工場も稼働させてない日が多いみたいじゃないか。悟空の奴には毎日錬金させてるみたいだが」



悟飯「…ピッコロさん、結局僕が何をしようとしてるって言いたいんですか?」

ピッコロ「…お前は金を独占し、金の価格を吊り上げようとしている!そして不当な利益を得ようとしているなっ!!」

ピッコロ「師匠として、このような行為を看過ごすわけにはいかんっ!!悟飯、今すぐにでもやめるんだ!!」

悟飯「すみません、ピッコロさん。僕はもう後に戻るつもりはないんです」

ピッコロ「クッ、ならば力ずくでも止めてみせるぞ!!魔貫…」

ドンッ

ピッコロ「!?ぐはっ…」ドサッ

悟飯「修行はしてなくても、まだ僕の方が強いですよ」


悟飯「あとピッコロさん、さっきの答えは50点です」

ピッコロ「な、なんだと…?」
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 09:48:24.81 ID:nZvlF7Vjo
流石ピッコロさんや。他の奴等はまず気付かんだろうな
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 09:52:25.95 ID:s+pnIDKy0
悟飯「この世界の通貨ゼニーは金本位制によって価値が規定されてるんですよ。
   ゼニー紙幣は金との交換価値を持つ兌換紙幣です。
   つまり、ゼニーの価値は金の価値と同じ動きで変動するんです、この意味が分かりますか?」

悟飯「このままいけば金の価値は僕の思うがままに操ることが出来る…そうなれば経済全体を意のままに操ることが出来るんですよ。
   金の延べ棒売って稼ぐなんてビジネスはもう終わりです」

悟飯「ピッコロさん、聞いてますか?…気絶しちゃったか…」

悟飯「神の神殿に返しに行くのめんどくさいな…」
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 09:54:59.89 ID:s+pnIDKy0
ピラフ「いいか!お前たち!東のエリアで馬鹿みたいに稼いでるこの企業、絶対何か秘密があるに違いない!その企業秘密を探るのだ!」

シュウ・マイ「はいっ!」


ピラフ「セキュリティが厳しいともっぱらの評判だが…」

マイ「ピラフさま!こんなところに通気口がありますよ!」

ピラフ「おおっ!なんだ結構ガバガバじゃないか!早速侵入するぞ!」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 09:57:06.54 ID:s+pnIDKy0
マイ「なんだか結構簡単に侵入できましたね」

ピラフ「なんだ、誰もいないじゃないか。機械ばっかりだぞ」

シュウ「ピラフ様…今日は日曜日でございます…」

ピラフ「なっ、なんでそれを先に言わんのだ!!覗くことしかできんのだから、機械が動いてなきゃ企業秘密も何も分からんだろう!!」

マイ「ピ、ピラフさまッ!誰か来ますよ!!」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 10:00:01.99 ID:s+pnIDKy0
悟空「さ~て、今日もいっちょ働くかぁ~!」

ピラフ「あっ!!あいつは孫悟空!!こんなところで働いてやがったのか!!」

シュウ「嫌な予感がしますね…」

マイ「ま、また今度出直しますか?」

ピラフ「…!待て!あいつ何かし始めるみたいだぞ!」


悟空「はぁぁぁぁぁぁぁ…」


ピラフ「あいつ鉄くずに向かって何をしようとしてるんだ…」

悟空「せいやっ!」パァァァァ

ピラフ「鉄くずが光り輝いて…!アレは金ではないか!」


悟空「ふぅ~今日の仕事は終わりだ~界王さまんとこでも遊びに行くか~」シュンッ


マイ「ピラフ様!!スゴイ量の金ですよ!!」

シュウ「あれ、盗んじゃえばスゴイお金になるんじゃないですか??」

ピラフ「そんなことやったらすぐに捕まるじゃないか!!」


ピラフ「ワシはもっと儲かる方法を思いついたぞ(ニヤリ)」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 10:18:47.03 ID:s+pnIDKy0
~後日~

工場前にて

悟空「さ~て、今日もいっちょ働くか~」

変装ピラフ「そ、孫悟空さん!(裏声)」

悟空「お、なんだおめえたち?」

変装シュウ「わ、私たちは社長の命を仰せつかってやってまいりました!(裏声)」

変装マイ「今から私たちについてきてもらえますか?(裏声)」

悟空「おめえたち、どっかで見たことあるような気がすんだけど…」

変装ピラフ「いえいえ!!今日が初めてですよ!(裏声)」

悟空「だよな!そんな変な声の奴今までいなかったもんな!」

変装ピラフ「そ、そうですよ!はははは…(裏声)」

変装ピラフ「(ふう…心臓に悪いわ…)」

変装ピラフ「という訳で、社長の命で今日から異動していただくことになりました、これから私たちがご案内します!(裏声)」

悟空「おう!頼んだぞ!」
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 10:42:51.16 ID:s+pnIDKy0
変装ピラフ「ここです!(裏声)」


悟空「ひゃ~でっけえ鉱山だな!これからここがオラの仕事場か?」


変装マイ「はい、そうです(裏声)」


悟空「でもよぉ…オラ悟飯からあんまりやる気出すなって釘さされてた気ぃすんだけど…」


3人「(ギクッ!)」

変装ピラフ「だ、大丈夫ですよ!社長は今こそ悟空さんがフルパワーを出すときだとおっしゃっていました!(裏声)」


悟空「マジか!!オラやっと本気で働かせてもらえるのか!うれしいぞ~悟飯に礼を言わなきゃな~」

変装ピラフ「ああっ!!社長はお忙しいので当分お会いすることはできませんよ!!」

悟空「そうか~そりゃ残念だな~」


悟空「あれ?おめえそんな声だっけ?」

変装ピラフ「(しまった!焦って地声を出してしまった!)あー、最近風邪気味で…(裏声)」

悟空「まぁいいや、よっし!じゃあ目一杯働いてくっぞ!」


ピラフ「ふう…どうにかうまくいったな…(裏声」

マイ「ピラフ様!もう裏声じゃなくて大丈夫ですよ!」
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 11:07:14.57 ID:s+pnIDKy0
シュウ「ピラフ様、この鉱山っていったい…これってピラフ様の所有物なんですか?」

ピラフ「そんなわけあるかーっ!!鉱山って結構高いんだぞ!!」

マイ「じゃあこれはいったい…?」

ピラフ「こいつはな、かつてレッドリボン軍が管轄していた銅山だって聞いとる」

ピラフ「もともとレッドリボン軍が支配してた地域ってこともあって人も寄り付かん。奴らが壊滅後も誰が奪うわけでもなく、こうして何十年も放置されてるってわけだ。」


マイ「つまり…これから私たちのものになるってことですね!」
ピラフ「まぁそういうことだ!ナッハッハッハー!」
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 11:16:54.77 ID:s+pnIDKy0
そのころ悟空は…

悟空「うーん、どこまで行っても金属らしいものが見えてこねえぞ?」

悟空「いつもならもう帰ってる時間なのに、今日はまだ一回も錬金してねえ」

悟空「これもうわっかんねえなぁ、また明日頑張ることにすっか!」シュンッ
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 11:24:41.87 ID:s+pnIDKy0
~次の日~

悟空「しまった!昨日あいつらに連れて行ってもらったから新しい仕事場がどこにあるのか全然わかんねえぞ!」

悟空「悟飯に聞くか…っておっといけねえ!悟飯は忙しいんだったな、オラが邪魔しちゃダメだ!」

悟空「かといってオラ他に聞ける奴いねえんだもんな、同僚もいねえし…」

悟空「しょうがねえ!自分で探すしかねえや!」
76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 11:50:24.96 ID:s+pnIDKy0
悟空「この辺だったかなぁ…全然わかんねえぞ」


悟空「おっ!あの辺になんかありそうだぞ」


悟空「おおっ!こりゃ立派な鉱脈じゃねえか!何の金属かは分かんねえけどこれだけありゃすっげえことになりそうだな!よしっ、フルパワーで働くぞ!」
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 12:36:14.57 ID:s+pnIDKy0
~1か月後 社長室~

悟飯「ふふふ…順調だ…僕のシナリオ通りに進んでいる…」

悟飯「お母さんのためにも僕は世界一の社長にならないといけないんだ…」


秘書「社長!大変です!」

悟飯「どうしたんだ!」

秘書「とにかくテレビを見てください!!」ピッ


ニュースキャスター「…銅山とみられていた鉱山から、金の大鉱床が発見されました!この鉱山の関係者からは、『今朝になったらいきなり金になっていた』と驚きの声を隠せないようです。このような現象は世界各地で見られており、市場の金不足が解消された一方で、世界的な金価格の下落に懸念の声があがっています。経済の専門家は、金価格の暴落がハイパーインフレをもたらすと…」ピッ


悟飯「これは…どういうことだ!!」

悟飯「お父さんは…何をやってるんだ!!」

秘書「?孫悟空さんは1か月前から無断欠勤しておられますが」

悟飯「なっ…どうして知らせなかったんだ!!」

秘書「はっ…?お父様とは言え、一社員の欠勤報告など社長も煩わしいかと思いまして…」

悟飯「(しまった!お父さんのことは秘密だった!)もういい!僕は出掛けるからあとは頼むぞ!」
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:08:13.48 ID:s+pnIDKy0
悟飯「お父さんを探して止めなきゃ…お父さんの気は…こっちだ!」


悟空「いや~今日もたっぷり働いたな~サービス残業っちゅうやつか?ははは」

悟空「おっ、悟飯じゃねえか!オラおめえに言われた通りしっかり働いてっぞ!」

悟飯「何やってるんですかお父さん!」

悟空「へ?いやおめえの言ったとおりに…」

悟飯「僕は一度もそんなこと言った覚えありませんよ!!」

悟空「まぁいいじゃねえか!オラ結構働いたんだぞ」

悟飯「ちっともよくありません!!この1ヶ月の間に行った鉱山を全部破壊してきてください!!!」

悟空「なんだそりゃあ?悟飯、オラも必死に頑張ってたんだぞ。なのにそれを全部壊してこいだなんてあんまりじゃねえかよ~」

悟飯「お父さんのせいですよ!このままじゃ僕の今までの苦労が水の泡です!お父さんがやらないなら僕がやってきます!!」

悟空「おい悟飯、あれもこれもオラが1か月間頑張って働いた証だ、それをぶっ壊そうとするなんてオラが許すと思うか?」

悟飯「…力ずくで行くしかないようですね…」
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:29:54.30 ID:s+pnIDKy0
悟空「でもよぉ、ずっと修行してきたオラと魔人ブウが倒されてからなんもやってねえおめえとじゃ戦う前から勝負は分かり切ってるじゃねえか」

悟飯「(クッ…たしかにそうだ)」

悟飯「(お父さんは脳筋だ…どうにかしてこの場を切り抜ける方法を考えろ…)」


悟飯「…わかりました。お父さん、僕が間違ってました。」

悟空「おっ?なんだ、随分ものわかりがいいじゃねえか。わかりゃあいいんだよ」


悟空「オラ、しばらくはこのあたりで働いてるからよろしくな!」

悟飯「はい、お仕事頑張ってください。それでは失礼します。」



悟飯「(お父さんを止められるのは、あの人しかいない…!!)
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 13:57:02.46 ID:s+pnIDKy0
~西の都 カプセルコーポレーション~

悟飯「すいません!!ベジータさんいますか!!すいません!!」

ブルマ「ちょっと!悟飯くんじゃないの!」

悟飯「ブルマさん、すいません。ベジータさんに手を貸してもらいたいんですけど」

ブルマ「あんたがベジータに?珍しいわね…どういう風の吹きまわしかしら」

悟飯「実はかくかくしかじかで…」


ブルマ「えーっ!孫くんってそんな能力持ってたの!?今起きてる金価格の暴落も孫くんが引き起こしてるってこと!?」

悟飯「そうなんです、だから一刻も早くお父さんが働くのをやめさせないといけないんです!僕の力ではもうお父さんを止めることは出来ません!」

ブルマ「なるほど…それでベジータってわけね…」
83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 14:47:17.20 ID:s+pnIDKy0
悟飯「ところでベジータさんはどこに…」

ブルマ「ああ、ベジータならあそこにいるわよ」

ベジータ「……」

悟飯「…あれベジータさんですよね…?ちょっとハゲました…?」

ブルマ「『純粋なサイヤ人は頭髪が生後から不気味に変化したりはしない』なんて言ってたくせに、いま結構不気味な髪型よねぇ…。トランクスに遺伝しないかしら…」

悟飯「いや、ハゲててもお父さんと同じぐらい強いことには変わりないですよ!ベジータさーん!」
84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 14:49:59.18 ID:s+pnIDKy0
ベジータ「ふん、悟飯か…この俺に何の用だ」

悟飯「あの~実はお願いがあって来たんですけどね…(チラッチラッ)」

ベジータ「貴様…何をさっきからチラチラ見てやがる?」

悟飯「いや、何も見てないですよ…(ジロジロ)」

ベジータ「嘘をつくな!そう言ってる間も貴様は俺の頭を見ているだろう!!」

ベジータ「どいつもこいつも馬鹿にしやがって!話してる時くらい相手の顔を見やがれ!!」

ベジータ「ブルマの野郎も『いつ働くの?孫くんは立派に働いてるわよ』とか『孫くんはハゲてないのにあんたはハゲなのね』とかいつもいつもカカロットと比べやがって!!いい加減にしやがれ!!」


悟飯「(完全に怒らせちゃったみたいだな…。)」

悟飯「(こんなんじゃ絶対協力してくれないよな…)」

悟飯「(ん、待てよ…そうだ!この手があったか!)
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 15:06:19.79 ID:s+pnIDKy0
悟飯「ベジータさん!」

ベジータ「とっとと失せろクソガキ!!」

悟飯「お父さんが『ベジータってさ、弱っちいよな~。サイヤ人は戦うのが仕事だ~つって働かねえくせに、働いてるオラには全然勝てそうにねえしよ。そのくせ最近ハゲてきてるっていうじゃねえか?やーいやーい弱虫ハゲニート~悔しかったらオラを倒してみろ~』って言ってました!」

ベジータ「カカロットぉぉぉぉぉ!!許さん!許さんぞぉぉぉぉ!!」

悟飯「(よし、きたきた)」

ベジータ「おい!カカロットの野郎の所まで案内しろ!今すぐにだ!!」

悟飯「はい♪」
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 15:25:38.53 ID:0mqyB95Uo
なんやこの煽りセンスは…
88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 15:45:40.23 ID:s+pnIDKy0
悟空「いや~深夜残業は疲れるなぁ~」

ベジータ「カカロットーッ!!貴様ァー!」(気功波)

ドーン

悟空「わっ!ベジータ!いきなりあぶねえじゃねえかよぉ」

悟空「ははっ、なんだおめえ面白い髪型してんなぁ?イメチェンっていう奴か?」

ベジータ「貴様…下級戦士の分際でよくも…よくも俺様をコケにしてくれたな!!!貴様は絶対許さんぞ!!カカロットーッ!!」

ベジータ「はあああああああああああああああああ!!(気功波連打)」

ズドドドドドドドド

悟空「あっ…!オラがせっかく頑張ってたっちゅうのに粉々にしやがったな…!ニートのくせに許せねえぞ!!」

ベジータ「カカロットーッ!!貴様は俺が」
悟空「ベジーターッ!!おめえはオラが」

ベジータ/悟空「ぶっ殺す!!」



悟飯「(よし、今のうちだ…!!)」
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 16:04:19.20 ID:s+pnIDKy0
※ベジータのハゲ具合ですが、私の中では三浦マイルドみたいな感じをイメージしています。
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 16:12:19.59 ID:xZf9j671o
Mハゲがただのハゲになったのか
91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 16:20:34.75 ID:dC758Fi3O
>三浦マイルド
これは…手遅れですねぇ
92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/30(木) 16:28:26.40 ID:s+pnIDKy0
悟飯「さっきのニュースで報道されてた鉱山は…あった!ここだ!」

悟飯「良かった!まだ採掘は始まってないみたいだ!真夜中だから人もいないみたいだしラッキー!」

悟飯「というわけで、この鉱山は無かったことに…」

悟飯「はああああああああ!!せいやぁあああああああ!」ブオンッ
ギュイィィィィィン チュドォォォォン

悟飯「よし!これで一番ヤバかったのをどうにかできた!」

悟飯「いや、まだだ!他の鉱山も場所が分かってるのから潰しに行かないと!!」
94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 01:50:41.25 ID:vklI9W+u0
~社長室~

悟飯「クソッ!もうこれ以上は分からない…発見され次第破壊しに行くしかないぞ…」

悟飯「いや、でも何とか最悪の事態を避けることが出来た…これからはお父さんをちゃんと監視下に入れておかないとな…」

秘書「社長!大変です!」

悟飯「いったいどうしたんだ!」

秘書「何者かによって我が社の金庫が破られました!!」

秘書「警備が入った時にはすでに何も無くなっていたとの報告です!」

悟飯「な、なんだと…」

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:25:44.07 ID:vklI9W+u0
~3週間前~

ピラフ「あれから1週間経ったし、もういい加減に金に変え終わっただろ!」

マイ「孫悟空を元の工場に異動させるんですね!」

ピラフ「うむ!当初の予定通りだ!」


~旧レッドリボン軍の鉱山~

ピラフ「…おかしいぞ?いつまで経ってもやつがやってこないじゃないか」

シュウ「ピラフ様!鉱山の中ですが、蜘蛛の巣が張っていて最近人が入った形跡はありません!」

ピラフ「な、なんだと!じゃあ奴はどこに!」

マイ「奴を監視していませんでしたからね…おそらく他の鉱山に間違えて行ってしまっているのかと…」

ピラフ「い、急いで探すぞ!!」
96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 02:41:24.68 ID:vklI9W+u0
~現在~

悟空「はぁ…はぁ…」

ベジータ「はぁ…クソッ…」

悟空「ベジータ、おめえ強くなったじゃねえか」

ベジータ「ふん…貴様には負けておれんのだ…」


悟空「このままじゃ一向に勝負がつかねえ…次でケリをつけようぜ」

ベジータ「望むところだァ!カカロットーッ!!」


ベジータ「ファイナルフラーッシュ!!」
悟空「かめはめ波―ッ!!」




ピラフ「いったい奴はどこにいるんだ…もうクタクタだぞ…」

ズドーン ゴゴゴゴゴゴゴ

マイ「ピ、ピラフ様!!」

ピラフ「な、なんだこの地響きは!」

シュウ「あっちの方角からです!」

ピラフ「よし、行ってみるぞ!!」
97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 04:47:16.39 ID:vklI9W+u0
悟空「はぁぁぁぁぁ!!」

ベジータ「はぁぁぁぁぁ!!」


ベジータの髪「いや、ちょっとこの風速は厳しいっすね…」


ベジータ「な、なんだ!?俺の髪が急速に抜け飛んでいくぞ!?」


悟空「どうしたベジータ!おめえの力はそんなもんか!!はぁぁぁぁぁ!!」

ベジータ「ま、マズイぞ!!このままでは…ナッパになってしまう!!」

ベジータ「背に腹は代えられん!クッ…」サッ


悟空「おい、ベジータ!おめえなんでやめ…」

悟空「…ははは!こいつは驚えたな!さっきまで面白い髪型だったのにやめちまったのか?随分さっぱりとしちまったじゃねえか」

ベジータ「くそぉ!!8割方イってしまった…」


ベジータ「(こんなみっともない状態で戦うことなど出来ん…俺はサイヤ人の王子なんだ…)」

ベジータ「カカロット…今回は勝負を預けるぞ。次は必ず貴様をぶちのめしてやるから首を洗って待っておけ!!」サササッ

悟空「おい!あー、いっちまったな…まぁいっか」
98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 06:34:11.56 ID:vklI9W+u0
ピラフ「おい!いたぞ!!」

マイ「ど、どうするんですかピラフ様!」

ピラフ「大丈夫だ!わたしに任せておけっ!さぁお前らっ、変装しろっ!」

シュウ/マイ「は、はい!」



変装ピラフ「孫悟空さん、お仕事の方は順調みたいですね(裏声)」

悟空「おっ、おめえたち久しぶりだなぁ、今日はどうしたんだ?」

変装ピラフ「実は社長の命を受けてやってきました、一緒に来ていただきましょう(裏声)」

悟空「えっ悟飯が?オラあいつと何時間か前に話した気するんだけどな…なんで直接言わねえんだろ」

変装ピラフ「(ぐっ!)しゃ、社長もご多忙ですから…忘れてたんだと思いますよ(裏声」

悟空「まっ、どうでもいっか!おし!連れてってくれ!」
99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 06:56:54.19 ID:vklI9W+u0
※現在と書いてしまいましたが、悟飯が金庫破りに気付くちょっと前くらいの出来事だと思ってください

時系列的には今書いてる方が先です
100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 13:13:58.23 ID:vklI9W+u0
変装ピラフ「あっ!少々お待ちを…おい、ちょっとお前らこっち来い(裏声)」



変装ピラフ「(よいか、シュウは一足先に我らのアジトに帰れ。そして倉庫にあるものを全部外に出しておくんだ)」

変装ピラフ「(そしてマイはわたしと一緒に来てもらう。)」

変装シュウ/マイ「(わかりました!)」


変装ピラフ「それでは行きましょう(裏声)」



変装ピラフ「着きました(裏声)」

悟空「あれ?オラが昔いた工場じゃねえか」

変装マイ「すみません、トイレに行ってくるのでちょっとここで待っていてもらえますか?(裏声)」

悟空「おう、ゆっくりしてこいよ」



変装ピラフ「(マイ、手筈通りに頼むぞ)」

変装マイ「(はい、では)」サッ
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 13:20:14.72 ID:vklI9W+u0
変装マイ「以前この工場を訪れたとき、政府所轄のマークが描かれた立ち入り禁止の洞窟が近くにあった…。」

変装マイ「ピラフ様の読みではそこがこの企業の秘密の金庫に違いないと仰ったけど…この辺りか…?」

変装マイ「…!あった!警備員は…2人か…」

変装マイ「まぁ何人いようと眠らせてしまえば関係ないが」ポイー

コロコロコロ プシュー

警備員A「な、なんだこれは…」

警備員B「い、意識が遠のいていく…」

バタンッ

変装マイ「あとはこいつらを人目のつかない場所まで移動させてと…。ん!?これは…カードキーだ!」

変装マイ「警備員が持ってるようじゃセキュリティ甘いな…」



変装マイ「(ピラフ様!うまくいきましたよ!カードキーも手に入れました!)」

変装ピラフ「(でかしたぞ、マイ!)」


悟空「どうしたんだおめえたち?なんかやけに嬉しそうだな」

変装ピラフ「い、いえ、なんでもないですよ!さぁ、付いてきてください(裏声)」

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 14:50:37.90 ID:vklI9W+u0
変装ピラフ「(意外と簡単に入れたぞ…自分で言っといてアレだがホントにこんなところに金庫があるのか…?)」



変装マイ「どうやら行き止まりのようですね…(裏声)」

変装ピラフ「(…む!これは扉のようだな…金属のようだが…)」

悟空「あーっ!これカッチン鋼じゃねえか?」カンカン


変装ピラフ「(な、なにぃ!?宇宙一硬いと言われてるあのカッチン鋼だと!?)」

変装ピラフ「(いや、こんなところにカッチン鋼を使っているなんてよほど重要なものが入っているという証拠だ!わたしの読みは正しかったのだ!!)」

変装ピラフ「(問題はこれをどうやって開けるかだが…カードキーを使うような場所は見当たらないぞ…)」

変装マイ「(ピ、ピラフ様…、金属ならば孫悟空の奴に錬金してもらえば簡単に壊せるのでは??)」


変装ピラフ「(たしかにそうだが…それは最終手段だ!金にしたからと言っても破壊するときに外部の人間に気付かれしまう可能性がある、それに孫悟空の奴に破壊してもらわにゃならん。奴に力のさじ加減などお願いする方が無謀だ)」

変装マイ「(そうですね…さすがピラフ様!)」


変装ピラフ「(よし、まずはあの扉がどうやって開く仕組みなのかを探るぞ!!)」

変装マイ「(はい!)」


103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 15:32:16.36 ID:vklI9W+u0
変装ピラフ「(とは言ったものの、扉を制御しているだろう機械の類が全く見つからん…)」

変装ピラフ「(あまりゆっくりもしておれん…このままでは孫悟空の奴にやってもらうはめになるぞ…)」


変装マイ「ああああっ!!」

変装ピラフ「(ど、どうしたマイっ!!)」

変装マイ「(カッチン鋼の扉を手で触って調べていたら、いきなり力が吸い取られたようになって…、申し訳ありません…)」


悟空「おい、おめえたち。さっきから何やってんだ?」



悟空「おっ、なんか扉に浮き出てきたぞ?なんだこりゃ」


扉には“5/999999999”と表示されている


変装ピラフ「(…なるほど!エネルギーを吸い取って開く仕組みというわけか!マイのエネルギーで5しか埋まらなかったとすると、常人には開くことなど到底できまい…考えおったな…)」
105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 16:33:43.82 ID:vklI9W+u0
変装ピラフ「(だが誤算だったな!あの社長に開けられるんだったらそんなもの、孫悟空なら屁でもないわ!)」

変装ピラフ「孫悟空さん、扉に手を当てて力を振り絞ってもらえますか?(裏声)」

悟空「お、こうか?」トンッ

悟空「うひょ~なんだなんだ?力が吸い取られっぞ!」

悟空「オラ負けてらんねえ!はぁぁぁぁぁああ!!!」


ピピピピピピピッ

変装ピラフ「(おおっ!凄いぞ!すさまじい勢いで数字が大きくなっていく!!)」

悟空「はぁっ!!」

ピーッ ゴゴゴゴゴゴゴ

変装マイ「(開いたっ!)」

変装ピラフ「(これで中に入れるぞ…!!)」
106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 17:45:55.83 ID:vklI9W+u0
変装ピラフ「(こっ、これは!!!!)」

変装マイ「(スゴイ!!)」


広大な敷地には巨大な金塊が何百と並べられていた。


悟空「あっ!思い出した!オラここに来たことあるぞ!!」


悟空「悟飯に言われて金を瞬間移動でここまで持ってきてたんだったけな…」


変装ピラフ「(よし…!この金塊を運び出すぞ…!)」

変装ピラフ「孫悟空さん!さっきまで私たちと一緒だったもう一人を覚えてますか?(裏声)」

悟空「ああ、あの犬みてえな奴だろ」

変装ピラフ「そうです!いま、彼をとある場所に待機させています。(裏声)」

変装ピラフ「社長からは、この場にある金塊を全てその場所に移動させてくれ、との命を受けております。孫悟空さんにはその場所まで金塊を瞬間移動で運んでいただきます。(裏声)」

悟空「おう、任せとけ!」


変装ピラフ「(マイ!奴に何度も瞬間移動させにゃならんから、誰かがここにいる必要がある。お前はここで待機して、最後の金塊と一緒にアジトに来い!)」

変装マイ「(わかりました!ピラフ様!)」
108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 17:58:10.11 ID:vklI9W+u0
変装ピラフ「また迷われるといけませんので、私も一緒に付いて移動します(裏声)」


悟空「おう、んじゃ早速はじめっか!あの犬みてえな奴の気は…これだな!」

シュンッ

変装シュウ「うわぁ!!出たーっ!!」

悟空「なに驚いてんだよぉ、こっちがビックリするじゃねえか。」

悟空「んじゃ、金塊はここに置いてくぞ。」

悟空「次はあの女の気か…これだ!」

シュンッ


シュンッシュンッシュンッシュンッ…




悟空「よし!これが最後の金塊だ!」

マイ「ま、待って!!置いてかないで!!」

シュンッ
111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/01(金) 19:40:19.24 ID:vklI9W+u0
悟空「ふぅ~全部運び終えたぞ」


変装ピラフ「お疲れ様でした。実は社長からもう一つ伝言を預かっております。(裏声)」


悟空「へ?それっていったいなんだ?」


変装ピラフ「孫悟空さん、あなたは我が社に多大なる貢献をしてきていただきました。(裏声)」

変装ピラフ「今まで頑張って働いてきたあなたに無期限の休暇を与えるとのことです。(裏声)」


悟空「うへぇ~!こりゃ驚ぇたな!オラ、うちの会社には休みなんてもんはねえと思ってたぞ!!」


悟空「もしかしたらブラック企業っちゅうやつかもしんねえな~って思ってたんだけど、実はホワイト企業っちゅうやつだったんだな!」


悟空「よぉ~し!バカンスだ!界王さまんところで修行しまくっぞ~!!」シュンッ





ピラフ「ふう…やっと終わったぞ…」


マイ「ピラフ様!!やりましたね!!」

シュウ「これでわたしたち大金持ちですよ!!!」

ピラフ「このピラフ大王が世界を牛耳る日も近いぞ!!!ナッハッハッハー!!」
112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:09:28.83 ID:M9W9atrP0
悟飯「金庫の扉を開けられるのは僕以上の気を持つ人しかいない!!」


悟飯「それにあれほどの金をこんな短時間で移動させられるのは…お父さん以外にいない
!!」


悟飯「お父さんを探さなきゃ!!」






悟飯「……ダメだ!!お父さんの気が感じられない…」

悟飯「クソッ!!いったいどこにいるんだ!!」






悟空「か~め~は~め~」

悟空「波ァァァァ!!!」ズォッ
ドーン

界王「ああああ!!わしの家を壊すんじゃない!!」

悟空「わりぃ界王さま!どうなるかちょっと試したくなってよ…へへ」

界王「壊れるに決まっとるじゃないか!!お前そんなこともわからんのかーっ!!」







113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 01:45:12.03 ID:M9W9atrP0
ピラフ「いいか!よく聞けお前たち!」

ピラフ「こんな量の金が一度に盗られたんだ!表の世界で売ったんじゃすぐに足がついてひじょ~にめんどくさいことになる!」

ピラフ「そこでだ、私も世界各地の裏の勢力に少なからずコネをもっているわけだが…こいつらに金を全部一斉に売りさばく!!」

ピラフ「奴らはろくでもない連中だ、盗品であることを知ったら足元を見てくるに違いない」

ピラフ「だが、そんなことは承知の上だ!とにかくこれを全部売り飛ばしてしまう!奴らの言い値で買わせてやれ!!相場の半分とか言ってこようとも問題ない!」

ピラフ「とにかく全部売って現金に換えてしまうぞ!孫悟空の奴が休んでる間が勝負だ!」

マイ「さすがピラフ様!完璧な計画です!知的でワルなピラフ様、素敵ですわ!」

ピラフ「そうだろそうだろ!もっと褒めて構わんぞ!ハッハッハッハ!」
115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 02:59:04.23 ID:M9W9atrP0
~2週間後~

悟飯「あれから必死になって探してるのに一向に見つからないぞ…どうなってるんだ…」

悟飯「金価格はわずかに下がってきているようだが…。あれだけの量の金だ、市場に流れているなら金価格はもっと下落していてもおかしくない…。」

秘書「社長!大変です!テレビを見てください!!」ピッ

ニュースキャスター「臨時ニュースをお伝えします!!続落していた金価格が市場の不安を誘い、つい先ほど世界各地から膨大な量の金が一斉に売りに出された模様です!!金価格は過去最悪の大暴落を記録し、ゼニーの貨幣価値も急速に低下しています!!これから未曾有のハイパーインフレが起こることが予想されています!!ま、まもなく、キングキャッスルの国王陛下から緊急の会見が…」

悟飯「そ、そんな…間に合わなかったか…(ガクッ)」
116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 03:16:47.28 ID:M9W9atrP0
※私たちの世界では、今まで人類が採掘してきた金の総量は約17万トン。

オリンピックの50mプール3杯と半分くらいだそうです…これで全部だとしたら意外と少ないですね

銀が100万トン以上、銅に至っては何億トンも採掘されてきたとのことなので、金が如何に希少な金属であるかが分かります…
117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 03:28:26.94 ID:IPUUUsE6o
そんな少ないのか
118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 03:37:47.38 ID:M9W9atrP0
ピラフ「よし!これで全部売り終わったな!」

ピラフ「見ろ!このゼニーの山を!!数えるのも嫌になるくらいあるぞ!!」

シュウ「ピラフ様!やりましたね!」

マイ「これだけのお金があればピラフ様の世界征服も目前ですよ!!」

ピラフ「よーし!世界征服の前祝いだ!この金でパーッとうまいもんでも食いに行くぞ!!ワハハハハ!!」
119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 04:17:47.58 ID:M9W9atrP0
ピラフ「さぁお前たち!何でも好きなものを言うがいい!100万ゼニーも持ってきたからなんだって食べられるぞ!!」

マイ「ピラフさま!わたし、あそこにあるクレープ屋さんのクレープ、一度でいいから食べてみたかったんです!!」

ピラフ「なんだ、クレープなんかでいいのか?まぁたしかに旨そうな匂いだ!行くぞ!!」


クレープ屋「ハイらっしゃい!」

マイ「すいません、このデラックスクレープを3つ下さい!!

クレープ屋「ハイよ!じゃあ3つで3万ゼニーだね!」


ピラフ「んなっ!!1つ1万ゼニーのクレープだと!?」

ピラフ「(クレープにしては高すぎるぞ!?…いや、それだけおいしいクレープだということも考えられる…。まぁ今のわたしにとっては1万ゼニーなどはした金に過ぎんがな!)」

ピラフ「よし、3つおくれ!」

クレープ屋「ハイ毎度ぉ!」


マイ「う~ん、おいしい~!!ピラフ様、ありがとうございます!」

シュウ「しかしクレープ1つに1万ゼニーだなんて相当自信があるみたいですね。ちょっと高すぎる気もします…」

ピラフ「な~に、気にするでない!金ならまだまだたっぷりあるぞ!これしきのことでケチケチする必要ないわ!」


マイ「ピラフ様、わたしもう一つおかわりしたいんですが…」

ピラフ「よいぞ!じゃんじゃん食え!」

ピラフ「おーい!もう一個作ってくれ!」

クレープ屋「ハイ毎度ぉ!5万ゼニーになります!」

ピラフ「な、なにぃ!?さっき1万ゼニーって言ってたじゃないか!?」

クレープ屋「すいません、お客さん。つい先ほど値上げさせてもらったんですよ」

ピラフ「(こいつ…金を持ってる客だと思って値段を吊り上げてきやがったな…)」

ピラフ「まぁいいだろう!5万ゼニーごときくれてやる!さっさとクレープをつくりやがれ!」

クレープ屋「ハイ毎度ぉ!」
120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 04:42:04.07 ID:M9W9atrP0
ピラフ「くそっ…確かに味は良かったが…ぼったくられたような気がして気分が悪いぞ」

シュウ「ピラフ様!たこ焼き食べましょうよ!たこ焼き!」

ピラフ「たこ焼きだと!?まったくどうしてお前らはそんな庶民的なもんばっかり食いたがるんだ…」

ピラフ「…だがまぁ、旨そうな匂いを嗅いでしまった以上は食べざるを得んな!」



シュウ「すいませーん!たこ焼き3パックください!」

たこ焼き屋のおやじ「あーじゃあ…あんたたち、米とか持ってねえか?」

ピラフ「は?」

たこ焼き屋のおやじ「米が無いんだったら酒とかでもいい!なんか交換できそうなもんはねえのか?」

ピラフ「いや、ここにゼニーならあるんだが…」

たこ焼き屋のおやじ「ゼニーなんか要らねえんだよ!俺はもうゼニーなんか信用してねえんだ!!交換できるものがねえんだったら売ることはできねえな!!」

ピラフ「なっ、なんだこのイカれた親父は…たこ焼き屋のくせに…」

ピラフ「ゼニーが要らないだなんてどうかしてるんじゃないのか全く…」
121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 05:15:36.38 ID:M9W9atrP0
歴史的な大暴落の日から1週間が経った…。

あれからもゼニーの貨幣価値は刻一刻と低下し、パン一切れを買うにも膨大な量の紙幣が必要となるほどインフレが進行していた。

しかし、金との交換価値を持つ紙幣であったからこそ、金の価値が暴落したことによって引き起こされたインフレ…紙幣が増刷されたわけではない…。

当然一般市民は満足に買い物を出来るだけのゼニーを持っていなかった。

市場では刻一刻と価値が落ちていくゼニーよりも、食べ物などの生活必需品と物々交換することが当たり前の光景となっていた。

市民にとってもはやゼニーは紙屑同然となっていた。
122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 05:46:50.24 ID:M9W9atrP0
シュンッ

悟空「よっ!悟飯!」

悟飯「…お父さん!今までどこにいたんですか!」

悟空「いや~界王さまのとこで修行してたんだけどよ~久々にチチの飯が食いたくなって帰ってきたっちゅうわけだ!」



悟空「悟飯、どうした?なんか元気ねえじゃねえかよ?」

悟飯「お父さん、それが…会社が倒産して、家も土地も全部差し押さえられてしまったんです…」

悟空「え!?オラがいねえあいだに倒産しちまったのか!?」

悟空「でも安心してくれ!オラが帰ってきたからにはバリバリ働いてもう一度会社を立て直してみせっぞ!!」

悟飯「お父さん…それはもう出来ないんです…」



悟飯「お父さん、昔言ってましたね…。『ヤードラット星人はみんなが錬金術を使えるから金になんて価値が無い』って」

悟飯「いま、地球がまさにヤードラットと同じ状況になってしまったんですよ。金の価値を保ってきていた希少性という要素が無くなってしまった…。お父さんがこれからどれだけ頑張ったとしても、石ころを作り出すのと変わらないんです…」

悟空「ひぇ~!じゃあオラの力はもう役に立たねえってことじゃねえか!」
123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 05:54:15.69 ID:M9W9atrP0
悟飯「僕が望んだのはこんな世界じゃなかった…世界で一番の社長になってお母さんに喜んでもらおう、ただそう思って今まで頑張ってきたつもりです。」



悟飯「でも僕は欲に流されてしまった…。ピッコロさんが止めに来てくれたときにホントはやめておくべきだったのかもしれない…」



悟飯「家族を不幸にしただけじゃない、世界中の人々に迷惑をかけてしまったのは僕の責任です…。お父さん、僕はいったいこれからどうしたらいいんですか?」







悟空「オラには難しいことはわかんねえ、けど…」






悟空「でえじょうぶだ!ドラゴンボールでなんとかなる!!」





124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 06:07:54.25 ID:M9W9atrP0
初めてのSS投稿でしたが、いかがでしたでしょうか?


おまけが予想以上に長くなり、こちらの方が本編かのようになってしまいました(汗


専門的な部分は微妙なところがあると思いますが、架空の話だと思って目をつぶっていただければ幸いです

それではこれで終わりにします、次はホイポイカプセルを使ったSSでも書こうかなと思っています


では、ありがとうございましたノシ
125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 06:47:44.91 ID:sJ3SMBnLO
乙!
適当に考えてそうなssだと思ったら壮大な内容だった
126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 08:08:52.95 ID:33OleStjO
乙!
むしろDBSSでこんなしっかりしたの読めるとおもってなかったから感動したわww
オチも完璧
127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 08:18:01.90 ID:r6MZhAsCO
悟空さバカだけど危険性だけでも軽く説明されていればこんなことには…なってたかなぁ
129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/03(日) 17:22:46.46 ID:Oy9BtvXxo
オチひっでえなww
面白かった乙

この書き手のSS:

悟空「ちょっくらヤードラット星人に新しい技習いに行ってくんぞ」


ブルマ「ついにホイポイカプセルの封印を解くときがやって来たわね…」


悟空「オラ、大学に通ってみっぞ!」受験勉強編


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク