ジャギ「北斗羅漢撃ー!」ブォガガガ

1: 2016/07/03(日) 23:08:03 ID:YwqxlSq.
ジャギ「おいお前。俺の名を行ってみろ!」

男「ジャギだろう?北斗神拳の」

ジャギ「何ィ!何故本当の名を知っている!」

男「名前だけではない。弟のケンシロウに強くコンプレックスを持っている事も、それ故に勝つ為には手段を選ばん事も」

ジャギ「なっ!?テメェ!死にてぇか!!」ガチャッ

男「お前はケンシロウに勝てぬ!」

ジャギ「うぐっ!」

男「お前は戦う前から既に負けている!例えケンシロウを倒せても、ケンシロウに勝つ事は叶わぬ!」

ジャギ「…もういい。テメェは死にやがあ…」

男「勝ちたくはないのか?」

ジャギ「れっ!?」

男「ケンシロウに勝ちたくはないか、と聞いているんだ」
2: 2016/07/03(日) 23:15:46 ID:YwqxlSq.
男「要は勝てば良い。それが全てだ…とお前は言っていたな。だったらその手段を教えてやろう。その引き金を引くのは、その後でも遅くはあるまい」

ジャギ「そんな事まで知ってやがるとは、貴様は一体何者なんだ!」

男「よいか!」クワッ

ジャギ「おおぅ!」

男「お前にとって大事なのは俺が何者であるかではない…。お前にケンシロウを超える意志があるかどうかだ。」

ジャギ「超えるも何もねぇ!俺は最初からヤロウに」

男「負けてないと言うのか。それが貴様がケンシロウに勝てぬ要因である事に気付かぬのか」

ジャギ「何だと!?…さっきから倒せても勝てねぇとか、ヤロウに負けてないってのが勝てねぇ要因だとか、ワケのわからねぇ事ほざきやがって」
3: 2016/07/03(日) 23:26:07 ID:YwqxlSq.
部下A「ジャ…ケンシロウ様~」

部下B「何の騒ぎで…んっ、何だこの野郎は」

男「こいつらはお前の手下か?折角だからこの部下共にも聞いてやろう」

部下A「この野郎~ケンシロウ様に向かってお前だとぉ~?よぅし、そのクソったれな度胸に免じてお前にも聞いてやろう!」

部下B「この御方の名を」

ジャギ「黙れ!」

部下A・B「ひっ!」

ジャギ「コイツはどういう訳か色々知ってやがる。俺様の名がジャギである事も、ケンシロウとの事もな」

男「そういう事だ。そこのノコギリ男。このジャギはケンシロウに勝てると思うか?」

部下A「なっ?へっ…へへ。当たり前じゃねぇか。ジャギ様が弟に負ける訳がねぇや」
4: 2016/07/03(日) 23:37:33 ID:YwqxlSq.
男「ジャギよ。このノコギリ男に嘘を付いたら死ぬ秘孔を突け」

部下A「えっ?ちょっとジャギ様」ピシュウ

ジャギ「おい。俺はケンシロウなんざに負けるわけねぇよな?」ギロッ

部下A「そ、それはもちろんで…ぎっ!?がああ~い、いでてぇ!」モコモコ

男「嘘だったな。では、ジャギにケンシロウを超えてもらいたいと思うか?」

部下A「いでぇ~いでぇ…思うっ!思いますう~!いでっいでっいで…」シュウウ…

男「これはホントの様だ。では、そっちのヒゲ男はどうだ?」

部下B「あっ?えっ?いやぁ~そのあのこの~」

ジャギ「…」スチャッ

部下B「ひぃぃ!俺もそう思います!だけどケンシロウの奴に勝てるかどうかまでは…」

男「まぁ、本音だろうな」
5: 2016/07/03(日) 23:46:22 ID:YwqxlSq.
男「意外に部下に恵まれているようだな」

ジャギ「…」ギロォッ

部下A・B「ひっ…!へへへ…」

男「では全員の真意が一致したところで本題に入ろう」

ジャギ「全員だぁ?俺様は」

男「勝つ為に手段を選ばぬのではなかったのか!」カッ

ジャギ「ぐうっ!」

男「お前のリアクションに関わっていたら話が進まぬ。勝ちたいなら黙って俺の話を聞き、従い、実践しろ。いいな」

男「よいか。お前がケンシロウに勝てぬ根本的な要因はお前の意識に在る」

男「兄より優れた弟は存在しない。お前の口癖だったな。しかし、この言葉そのものが“自分は弟より劣っている”と告白しているようなものだ」

ジャギ「なっ!テメェ殺され」

男「それほど感情的な反応を示す事が、この上無い根拠だ」
6: 2016/07/03(日) 23:56:36 ID:YwqxlSq.
男「言っといてやるが、本当の意味で弟に劣らないという自覚があるのなら、わざわざそんな事はアピールしない。しようとする考えさえ浮かばん」

男「よって、お前が真っ先にせねばならぬ事は、“自分は弟に劣っている”と認める事だ」

ジャギ「おい、ふざけんな!そんなの死んだって」ガバッ

男「戦わずして負けたままでいるのと、今死んで後で勝つのと、どっちを選ぶんだ?」

ジャギ「だいたいテメェの言ってる事は意味が解らねぇ!全然筋にになってねぇ!」

男「北斗神拳は仏教と深い関わりがあると聞いたぞ。それなら微かにでも掴めるものがあるはずだ」

男「お前はうわべだけの修行しかして来なかったようだから改めて教えてやろう。お前の言動は全てお前の意識に支配される」
7: 2016/07/04(月) 00:06:43 ID:yirPKJ7Q
男「簡単に言えば、今のお前は“自分は弟に劣る”という意識だ。だから実際に弟に負けるような行動しか取れなくなる。さっき戦う前から負けていると言ったのはそれが理由だ」

男「この意識を覆す方法は、この意識を否定する事ではない。そのような意識である事を肯定する事だ」

男「自分は弟に劣るという意識がある…これを確りと自覚しろ。これでお前はとりあえず弟に並ぶ」

ジャギ「何故だ?覆すったら否定しなきゃ始まらねぇだろが」

男「何でもあべこべに解釈する脳では理解出来ん。やってみて始めて解る事だ」

男「あとな。お前は修行時代に師匠から北斗羅漢撃を伝授されただろう。その時師匠に何と教わったか覚えてるか?」

ジャギ「俺のガキの頃の事まで?!…いいや、覚えてねぇ」
8: 2016/07/04(月) 00:16:55 ID:yirPKJ7Q
男「憎しみ、恨み、妬み、嫉み、其の全てを捨てた時、真にこの奥義を極める…と教わったはずだ」

男「しかし、今のお前は全てを捨てられていない。お前の羅漢撃はうわべだけの、北斗神拳と呼ぶに値する代物ではないという事だ」

男「まさかとは思うが、そんな技とも呼べぬ技でケンシロウに勝つつもりでいたわけではあるまいな?」

ジャギ「ぐぬぬ…」

男「言わんでもいい。そのつもりでいた事は解っている。羅漢撃の羅漢が意味するは、仏教における至高の境地である阿羅漢だ」

男「お前が伝授された北斗羅漢撃は本来、北斗神拳究極奥義である無想転生に通じる程の秘奥義」

男「その秘奥義を真に極める為には、さっき言った通り、弟に劣る自分を受け容れる事だ」

男「さすれば、憎しみ、恨み、妬み、嫉みの全ては反転する。代わりの物がお前の中に芽生えるのだ」
9: 2016/07/04(月) 00:28:35 ID:yirPKJ7Q
男「その時、改めて北斗羅漢撃を放ってみろ。ケンシロウはおろか、ラオウやトキですら容易には避けられん」

ジャギ「無想転生だと?俺の知らねぇ奥義どころか、兄者達の事まで!テメェは一体…」

男「簡単だろう?自分は弟に劣っている事を認め、それから羅漢撃を放つだけだ」

男「そっちの二人以外の部下にも言っておけ。もはやケンシロウの名を騙って奴を貶める意味は無くなった…と」

男「お前は以前、アイリという女を拐っただろう。その兄が南斗水鳥拳が伝承者でな。その男とケンシロウが接触した」

男「その繋がりでお前の存在や居場所も遠からず突き止めるだろう。それまでに教えてやった事を完遂するのだ」

男「ではな。楽しみにしているぞ」
11: 2016/07/04(月) 15:28:36 ID:yirPKJ7Q
―数ヵ月後―

部下A「ジャギ様!ケンシロウが迫って来ています!」

ジャギ「フッ…来おったか。で、奴は今何処に居る?」

部下A「このビルの一階です!」

ジャギ「そうか」

ジャギ「ケンシロウに伝えろ。屋上で待っていると」

―屋上―

ケンシロウ「どういう心境の変化だ?闇討ちが得意のお前が!」

ジャギ「…見るがいいケンシロウ」スッ

ケンシロウ『馬歩の構え…北斗羅漢撃か』

ジャギ「今こそおのれに―」

この俺の真髄を見せてやるわ!

ジャギ「いくぞケンシロウ!」ヒュン
12: 2016/07/04(月) 18:31:07 ID:yirPKJ7Q
ケンシロウ「ほあっ!」シュッ

ジャギ「」

ケンシロウ「…!?」

ケンシロウ「ぐあっ!」ボコォッ

ジャギ「どうしたケンシロウ。腕が落ちたんじゃないのか?」

ケンシロウ「バカな…今の一瞬のすれ違いで何がっ…」

―拳の影すら見えず、殺気すら感じぬとは

ジャギ「受けろケンシロウ。羅漢撃の真の極意を、とくと味わわせてくれるわ」

ジャギ「ほおおおお…」

ジャギ「無想羅漢撃ー!」ブォガガガ

ケンシロウ「何っ!?ぐはあっ!」ズシャァ

ケンシロウ「ぐぐっ…信じられぬ。拳筋が全く読めぬ!まるで意識の隙間を縫って突きが飛んで来るかの様だ…」
13: 2016/07/04(月) 19:07:07 ID:yirPKJ7Q
ケンシロウ「しかし無想羅漢撃など、そんな奥義は知らぬ。知らぬが…」

―この拳は本物だ。

ケンシロウ「どこでそれを身に付けた…?」

ジャギ「フッ。ガキの頃の修行時代、組手稽古の時に見せてやっただろう」

ケンシロウ「違う。今の拳はあの頃の羅漢撃とは比較にならぬ別物だった」

ジャギ「貴様が何と思おうがあの頃に既に身に付けていたのよ。ただ、少しばかり目指す方向性が違っていたがな」

ケンシロウ「方向性…」

ジャギ「冥土の土産に良い聞かせてやろう。俺はある男に会ったのよ。そして羅漢撃を真に極めたのだ」

ジャギ「その為に受けた代償は死ぬより痛ぇものだったが、俺は勝つ為には手段は選ばねぇからな」
14: 2016/07/04(月) 19:18:42 ID:yirPKJ7Q
-男が去った直後-

部下A「妙なヤロウでしたねぇ…。しかしジャギ様、なんであのヤロウを生かして帰したんです?」

部下A「ケンシロウをぶちのめす方法を聞いた後だったんですから、もう用済みだったんじゃ?」

ジャギ「俺様に意見するのか?もう一度その悪い頭膨らませてやろうか?あん?」ギロォ

部下A「いっ!いえそんな、滅相もありませんです!」

ジャギ「だったら黙ってろクソが」バキャッ

部下A「へでっ!」ドサァッ

部下B『あ~あ…余計な事を言うから』

部下B「それにしてもジャギ様。認めろって具体的にどうしたら良いんでしょうねぇ」

ジャギ「あ?」

部下B「“俺はケンシロウより弱い!”って声に出して宣言すれば良いんでしょうかね…へげぱっ」バキャッ

ジャギ「ふがけんなクズが!誰がそんな事ほざけるか!」
15: 2016/07/04(月) 19:38:07 ID:yirPKJ7Q
-クラブSTORK-

部下A「うぐぐ痛え…痛えよ~」

部下B「ほひっほやはひくひへ(もうちょっと優しくして)」

部下C「お前らバカ過ぎんぜ。あのお方に意見しただと?」

部下C「しかしよく殺されなかったな。いつもならとっくに爆発してるぜ。ほら、終わったよ」ペシッ

部下B「ぎゃー」

男「賑やかだな」

部下A「あっ!お前は!このヤロウ、貴様のせいで俺達はこんな目に!」

男「そうやって自分に起こった出来事を他人のせいにする奴は、一生他人に支配される人生で終わるだろうな」

部下C「お前はどっから入って来やがった!何も無いところからいきなり現れたみてーな現れ方しやがって」

男「目の前の存在が何者かどうかなんて意味の無い事だ。重要なのは自分が何者であるか…だ」

部下C「何だか深い話だな」
16: 2016/07/04(月) 19:56:21 ID:yirPKJ7Q
男「ジャギに伝え忘れていた事があってな。自分を認めるとはどういう事か、奴は全く解らんだろう」

男「大方、“俺は弟に劣る事を認める!”と声に出して言う事だろうと勘違いしてるんじゃないかと思ってな」

部下B「…」

男「やっぱりか。まあ、俺の言葉が足らないせいもあったから補足しないとな。ジャギは何処に居る?」

ジャギ「ここだ」ヌゥ

部下達「ジャギ様!」

ジャギ「騒がしいから来てやったら…随分早い再会じゃねぇか」

男「急いで教えてやろうと思ってな」

ジャギ「急ぐ?」

男「思った以上にケンシロウが早くお前の前に現れそうだと知ってな」

ジャギ「それがどうした?」

男「早く覚醒させんとお前が爆死してしまうだろうが」

ジャギ「ああ?俺様が爆死だ?何を言ってんだテメェは!」

男「まだ解らんのか。お前がケンシロウに殺られるって事だ」
17: 2016/07/04(月) 20:20:49 ID:yirPKJ7Q
ジャギ「!~」ギリッ

ジャギ「テメェは殺す!脳みそぶちまけて死ねぇ!」ズドォン!

男「無駄だ。その銃弾はお前の目の前にある壁にしか当たらぬ」

ジャギ「げえっ!?」

部下A「」ポカーン

部下B「」ポカーン

部下C「」ポカーン

男「スクリーンの中で放たれた銃弾がスクリーンの外に居る者を撃ち抜いた話など今まで一例たりとも無い」

ジャギ「また訳の解らねぇ事を…!」

男「お前は解らなくて良いし、解る必要も無い。そもそも解る事なんて出来ん」

男「前置きは終いだ。本題にはいるぞ。お前はケンシロウを見ているようで、その実はお前自身を見ているのだ。」

男「つまり、お前がケンシロウに対して抱いていると思っているコンプレックスは、お前自身の中にある認めたくない自分だと言う事だ」
18: 2016/07/04(月) 20:34:35 ID:yirPKJ7Q
男「お前はそれを自分の弱味だと勘違いしているがそうではない。それを見て見ぬ振りをする態度こそが弱味なのだ」

男「その態度がお前を著しく弱くしている。お前が弱味だと思っているものは、むしろお前の強み!」

ジャギ「なっ!」

男「ケンシロウが伝承者に決まった後、荒れるお前に対して師匠が問うたな。“何故お前を伝承者候補としたか解るか?”と」

男「そして言ったな。“誰よりも人の目に敏感で繊細なところに可能性を見た”と」

ジャギ「うっ…」

男「何故お前は人の目に過剰に反応するのか?どんな目で見られたくて、その時はどんな自分になれると期待していたのか?その答えを見付けるんだ」

男「それがコンプレックスの裏に隠されたお前の本当の姿だ。偽りの姿で本当の力を出せるわけ無いだろうが」

ジャギ「あ、ああ…」
19: 2016/07/04(月) 21:00:48 ID:yirPKJ7Q
男「それが自分の弱さを認めるという事だ。まあ、弱さだと思い込んでいるだけで実際は強さだがな」

男「弱さを認めるならまだしも、強さを認めるんだぞ。何処に認めたくない理由があるんだ」

ジャギ「し、しかしだな…」

部下A「グロウアッープ!」

ジャギ「」ビクッ

部下B「びゃびはまー!はーふっ!(ジャギ様ー!ナーウッ!)」

部下C「ビリーブ!ユアセルフ!ジャギーッ!今こそケンシロウを超えるんです!」

ジャギ「うぐっ…テメェら」

男「見たか。人は気付かないだけで既に多くのものを持っているものだ。無いものばかりに目を向けてそれを見失ってさえいなければ…な」
20: 2016/07/04(月) 21:10:45 ID:yirPKJ7Q
男「それにお前はラオウ、トキ、ケンシロウという希代の伝承者候補の中に混じって修行を完遂した男」

男「お前達四人以外は全て早い時期に脱落していたのに、お前は最後まで残った。その事実が何を意味するか、とくと考えるが良い」

ジャギ「お、おお…」

男「では、今度こそさらばだ。次に会う時は、お前がお前に勝った時になるだろう」

部下A「…行っちまった」

部下C「何だったんですかね、あれは」

ズンッ

部下B「いてっ!」

部下A「どした?」

部下B「は…あれ?顎が痛くない。動く」

ジャギ「…」





男「…」

男「さて、どうなるかな」
21: 2016/07/04(月) 21:49:34 ID:yirPKJ7Q
-ヘリポート-

ケンシロウ『まただ…。気付いた時にはもう拳が当たっている…。無想羅漢撃…恐るべき拳だ』ハァハァ…

ジャギ『全ての拳は致命の秘孔を正確に狙えてるはず。しかし、ケンシロウは傷付いてはいるが身体そのものは無事と言っていい』

ケンシロウ/ジャギ『やはりこの男は強い!』

ジャギ「手も足も出んと悟り臆したか!それでも北斗神拳正当伝承者なのか?」

ケンシロウ「!…」ハーッ

ケンシロウ「俺は強敵の血を闘志に変えて生きて来た!この血は恐怖にはならぬ!」

ジャギ「強敵?シンか?シンの事だな?」

ケンシロウ「ぬああああ!」ボコオッ

     転 龍 呼 吸 法

ジャギ「バカめ、ようやく本気になりおったか」

-だが、まだ足りないな。
22: 2016/07/04(月) 22:01:46 ID:yirPKJ7Q
ジャギ「フッ…。何をしようが貴様に勝ち目はないわ。一つ面白い話をしてやろう。貴様が今強敵と呼んだシンの事だ」

ケンシロウ「何!」

ジャギ「貴様とユリアの仲を知ったシンは身を引くつもりでいた様だが、胸の内ではユリアを諦め切れていなかった。そこで俺は奴を唆して貴様を襲わせ、ユリアを奪わせたのだ」

ケンシロウ「貴様が…シンを?!」

ジャギ「そうだ。ユリアはビルから飛び降りし、シンはお前に倒された。俺は貴様の全てを奪ってやったと言うわけだ」

ケンシロウ「シンが狂ったのは…」グゴゴゴ…

ジャギ「どうだケンシロウ悔しいか?俺様は誰だ。俺の名を言ってみろ!俺様は北斗神拳真の伝承」

ケンシロウ「貴様の為にシンやユリアが死んだと言うのかーっ!」

ケンシロウ「おおお!許さん!許さんぞジャギ!あたあっ!あたたたたたた!」
23: 2016/07/04(月) 22:17:26 ID:yirPKJ7Q
ジャギ「フッ。当たらんな。怒りでは無想の拳を捉える事は出来ん」

ジャギ「奥義も出さずに今の俺様に勝てると思ったか!今の俺は昔の俺ではないぞ!」

ケンシロウ「ならば死を以て見届けるがいい!ほおお…あーあたたたたたたた!」

     北 斗 百 裂 拳

ジャギ「…!ぐっ?!」

ケンシロウ「おわったあっ!」バギャッ

ジャギ「ぐあっはっ!へぎっ!」ドシャッ

ケンシロウ「ジャギ…俺の名を言ってみろ!」

ジャギ「ぬくく…『無想羅漢撃でも凌ぎ切れなかったか。何て奴だ。しかし致命の秘孔だけは避けた。極意を体得していなかったら危なかったわ』」ググッ
24: 2016/07/04(月) 22:27:32 ID:yirPKJ7Q
ジャギ「んっ?なっ!?」モコモコ

ボシューッ

ジャギ「なあああっ!?」ガクッ

ジャギ『全部避けたはずだろ?何故だ!くそっ、これでは左脚が…』

ケンシロウ「貴様は死ぬべき男だ…」ザッ

ジャギ『何でだよぅ…。あの男は自分を認めれば勝てるって、少なくともケンシロウに並ぶって言ってたじゃねぇかよぅ』

ザッザッ…

ジャギ『俺が極めた拳で奴の秘孔は突けなかった。ラオウやトキでさえ簡単には避けられねぇ拳だって…。なのに奴の拳は俺の秘孔を…』

ザッザッ…

ジャギ『やっぱり俺はコイツに勝てねぇのか?!俺はコイツに殺られてここで死ぬのか?!』

ジャッ

ケンシロウ「覚悟を決めろ!」
25: 2016/07/04(月) 22:38:46 ID:yirPKJ7Q
ジャギ『駄目だ…。無想羅漢撃が通じねぇんじゃ勝ち目はねぇよ。奴の言う通り覚悟を…』

ケンシロウ「貴様の謀略に果てたシンとユリアの怒り!悲しみ!それを思い知るがいい!」グワッ

ジャギ『ひっ…もうダメだ…』

-今、お前は負けていない!

ジャギ『んっ?何だ今の声は!誰の声だ!?』

-今、お前は負けていない!

ジャギ『この場には俺以外にケンシロウしか居ねえ!だが、奴の声じゃねぇ!幻聴か…?』

-今、お前は負けていない!

ジャギ『いや、幻聴なんかじゃねぇ…。こんなに鮮明に聞こえるんだ。だが、誰だ。一体誰の…』

-俺はお前だ!

-俺(お前)を信じろ!

ジャギ「!」カッ

ケンシロウ「おあたあ!」ブシュン
26: 2016/07/04(月) 22:50:23 ID:yirPKJ7Q
ドゴォン!

-クラブSTORK-

部下A「何だ今の轟音は!?」

部下B「まさかジャギ様の身に何か?!」

部下C「おい、俺達もヘリポートまで出ようぜ!」

部下B「だけどジャギ様は絶対に来るなって命令してたじゃねぇか…」

部下C「お前が本気でそうしたいならそうしろ。俺は命令違反で殺されたとしても行くぜ!」

部下A「おお、俺も行くぜ!もしジャギ様が殺られていたら、仇討ってやるんだ!」

部下B「どっちにしても死ぬしかないじゃないかよぉ」

部下A「俺はジャギ様と一緒に極悪の華を咲かせてやるって決めてんだ。あの方と一緒なら咲かずに散ったって構いやしねぇ」

部下C「来たい奴は一緒に来い!来たくない奴はここに残れ!俺は行くぞ」ダッ

部下A「俺もだ!」ダダッ

部下D~Z「「「ジャギ様、今行きますぜ!」」」ドドドドド…

部下B「」ポツン
27: 2016/07/04(月) 23:11:51 ID:yirPKJ7Q
ケンシロウ「なっ!?こ…これは!」

ジャギ「」ユラア…

ケンシロウ「闘気が流れている…?いや、これは闘気ではない!場の流れが…場そのものが流れている?!」ハッ

ジャギ「」スッ

ケンシロウ「またも馬歩の構え!しかし場の流れが生み出すかの様な、この場の全てが顕れたかの様な構え…!」

-先程までのジャギではない!このままでは倒される!

-生半可な奥義では太刀打ち出来ぬ!今のジャギはそれ程の男である事を認めねばなるまい。

ケンシロウ「ならばこちらも北斗神拳伝承者として奥義を尽くさねばなるまい!」ハーッ
北斗神拳秘奥義 
     天 破 の 構 え

ジャギ「」フッ

-あれは天破の構え。天乱るる時天をも破ると言われる北斗神拳究極の秘奥義。

-フッ。今の俺は貴様にとって天に等しい存在になったという事か。

-行くぞケンシロウ!

北斗神拳秘奥義 
     無 想 の 馬 歩
28: 2016/07/04(月) 23:37:17 ID:yirPKJ7Q
-何処の誰だか知らねぇが、今となっては感謝するぞ男よ。上手く言えねぇが、俺は俺と一つになりたかったのだな。自分でも何ほざいてるか分からんが、そうだという事が何故か解るわ…。

ジャギ「ほおおおお…!」

-互いに秘奥義を出した!

ケンシロウ「はああああ!』」

-後は互いの能力が勝敗を分けるのみ!

-ヘリポートへ続く階段-

部下A「はぁっはあっ!」カンカン

部下C「ジャギ様!ジャギ様ー!」カンカン

部下D~Z「「「俺達も今そこに!」」」」ガンガンガンガン…

部下B「はあっ…ひいっ…まっ、待って止まって待って止まって待ってぇ~」ゼェゼェ
29: 2016/07/04(月) 23:44:49 ID:yirPKJ7Q
-ヘリポート-

ケンシロウ「ジャギ!!」

北斗神拳奥義
      天 破 活 殺

ジャギ「ケンシロウ!!」

北斗神拳奥義
     無 想 羅 漢 撃

ドドオオォォン!

ブォガガガガガ!

部下A「ジャギ様ぁー」ガチャッ

部下C「おおっ!」

部下D~Z「「「ああ!!」」」

部下B「ぶは~…ぶぶは~…何がどうなって…ああっ!?」

ジャギ「ぐっ…触れただけで…精一杯だったか…ぐはっ」ドシャッ

ケンシロウ「ジャギ…」ガクッ
30: 2016/07/04(月) 23:57:36 ID:yirPKJ7Q
ケンシロウ「危なかった…。あと3センチ前に居たら…ぐっ…」フラ…フラ…

ジャギ「…そうか。3センチ分、貴様に及ばなかったようだな…」ハーッ…ハーッ…

ジャギ「いや違うな。俺は貴様の致命の秘孔を突いたが、貴様の天破活殺は致死に至らぬ様に加減されていたな」

ケンシロウ「いや…。そんな余裕は無かった…。本気で殺しに掛からねば俺がこの場に倒れていた。死体となって…」

ジャギ「フッ…相変わらず嘘が下手なヤロウだ…。だが、兄より優れた弟も悪かねぇな…」

ケンシロウ「ジャギ…」

ジャギ「お前は大した奴だ。昔はお前を憎んでいたが、今となってはお前の様な弟を持って鼻が高ぇ…」

部下達「「「ジャギ様ー」」」
31: 2016/07/05(火) 00:05:23 ID:ChmCiKWw
ジャギ「お前ら…俺は負けちまったぜ…」

部下A「勝とうが負けようが、弟より優れてようが劣ってようが、俺達ゃそんなのどうだって良いんですよ!」

部下B「俺達はどんなジャギ様でも着いて行きます!いいえ、着いて行かせて頂きますとも!」

部下C「さあ、新ジャギ軍団の旗揚げと行きましょう!」

部下D~Z「「「おおーっ!」」」

ケンシロウ「良い部下だな」フッ

ジャギ「…ああ」フッ

ケンシロウ「おい、お前達」

部下A「ん?」

ケンシロウ「兄を頼む」ペコリ

-終わり-
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/05(火) 18:24:22 ID:3Cz2agbw
これは…北斗四兄弟の三男ジャギ…!
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/10(日) 09:43:26 ID:TN5SnrT.
感動した

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク