【リゼロパロSS】悟空「親竜王国ルグニカ?」

1: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:04:20.91 ID:EOiWrfX/O
リゼロのn億番煎じネタです。原作殆ど読んでません。広い心で見て頂ける方は是非読んで行って下さい。


悟空「……ふぅ~、今日の修行はこの辺にしとくか。」

悟空「ハラも減っちまったし。チチの気を探して……あいつの気はちいせぇから見つけにくいなぁ」

悟空「よし、見つけた」シュン

悟空「……あれ?何処だここ?さっきまで暗かったのに空が明るいぞ」

カドモン「おいそこの兄ちゃん!リンガどうだい!」

悟空「兄ちゃんってオラのことか?リンガってのがなんなのかわかんねぇけどオラ金持ってねぇぞ」

カドモン「んだよ文無しか。ならとっとと失せろ!商売の邪魔だ!」

悟空「そっちから声掛けて来たんじゃねぇか……」

悟空「にしても、ここは何処だ?さっきからチチの気どころかベジータやピッコロみたいなでけぇ気まで感じられねぇぞ」

悟空「……もしかすっとオラ、てんで見当違いのところに瞬間移動しちまったのか?」

トン「おいそこの兄ちゃん、ちょっと面貸しな」

悟空「今度はなんだ?金は持ってねぇぞオラ」

チン「文無しか。そんなら着てるもん全部よこしな!」

悟空「……もしかしてゴートーって奴か?そういや薄暗い道に入っちまってるな」

カン「何余裕ぶってんだてめぇ!状況分かってんのか!」

悟空「……ちょっと痛い目見た方が良いみてぇだなお前達」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474056260
2: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:06:08.31 ID:EOiWrfX/O
悟空「……ん?誰かこっちに来るぞ」

トン「なに?……なんだ、誰も見えねぇじゃねぇか。下手な嘘で逃げようたってそうはいかねぇぞ」

悟空「すげぇ速さだ……ホラ来た」

フェルト「どいたどいたどいたー!」

カン「ほんとに来やがった……って、ガキじゃねぇか」

チン「邪魔するなら一緒にやっちまおうぜ!」

悟空「乱暴な奴らだなぁ」

フェルト「ん?なんか揉め事の最中みたいだけど……悪いな兄ちゃん!あたし急いでるんで!それに兄ちゃん強そうだし多分大丈夫だろ!」ピョン

トン「うわっ?」

カン「オレ達の上を飛び越えた!?」

悟空「ちっこい割に良い動きだぞ」

フェルト「じゃあな兄ちゃん!強く生きてくれ!」

チン「……なんだったんだ今の」

悟空「あいつ鍛えてやれば良いセン行くかもしれねぇな」

トン「ちっ、白けちまった。けど兄ちゃん、身包みは剥がせてもらうぜ。さぁ持ちもん全部置いてきな」

悟空「まだそんなこと言ってんのかオメェ達……ん?また誰か来るぞ。今度は二人来る」
3: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:07:42.38 ID:EOiWrfX/O
カン「ほんとだ、また誰か来やがるぞ!」

エミリア「そこまでよ、悪党!」

チン「……?一人しかいねぇじゃねぇか」

悟空「いや、二人分の気を感じるぞ。」

エミリア「……?なんの話?それより、盗んだものを返しなさい!」

悟空「盗んだもの?……オメェ達、こんな子供からもドロボーしてたんか?」

トン「し、知らねぇよこんな奴!」

エミリア「あれ……良く見ると見た目が全然違う……」

悟空「もしかしてさっき来たヤツか?あいつならもう行っちまったぞ」

エミリア「ほんと?なら追わなきゃ!……って言っても」

トンチンカン「?」

エミリア「見過ごせる状況じゃ、ないみたいね」ドーンガーンチーン

トンチンカン「ぐわー!雑にやられた!」

悟空「なんだ今の?気に似てるけどちょっと違うぞ」

エミリア「あとは役人を呼べばなんとかしてくれる筈だから。じゃあ私はこれで……」
4: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:08:53.16 ID:EOiWrfX/O
グゥゥゥ~~

悟空「ハ、ハラ減ったぁ~~!なぁ、ヤクニンってヤツって飯も食わせてくれるもんか?」

エミリア「え、えーっと……ご飯は多分食べさせてはくれないかな」

悟空「めぇったなぁ……オラ金も持ってねぇし、このままだとハラ減って死んじまうぞ」

エミリア「……良かったら、少しだけならご馳走するけど」

悟空「ほんとかぁ!?でもおめぇ急いでるんじゃ無かったのか?」

エミリア「考えてみれば情報を貰っておいて何もお返ししないんじゃ変だもの。だからこれは別にあなたが飢えているのが見てられないからじゃなく、行いに対する正当な対価なの。」

悟空「……良くわかんねぇけど、おめぇ良いヤツなんだな。それじゃあ甘えさせてもらうぞ」







5: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:10:44.42 ID:EOiWrfX/O
悟空「ふぅ~食った食ったぁ~!エミリアはあんまり食べてなかったけど少食なんか?」

エミリア「わ、私は朝ごはん食べてきたから……ゴクウは凄く良く食べるのね」(ラムに貰ったもしもの時用のお金全部無くなっちゃった……)」

悟空「お陰でハラいっぺぇだぞ。メシも美味かったしな!」

エミリア「な、なら良かったわ。それじゃあ悪いけど私もう行くわね」

悟空「さっきのヤツを探すんか?」

エミリア「ええ。あの子に盗まれた徽章はどうしても取り返さないといけないの。」

悟空「それならオラも手伝うぞ」

エミリア「ありがとう。でも大丈夫よ。一人で探せる」

悟空「居所に心当たりがあるんか?」

エミリア「それは……が、頑張って聞き込みするわ」

悟空「なんだ、ならやっぱりオラも付いていくぞ。さっきのヤツの気はちっさかったけど、妙な雰囲気だったから覚えてっからな。直ぐ見つかると思うぞ」

エミリア「キ……?良く分からないけどあの子の居場所知ってるの?」

悟空「ああ。えーっと……あっちの方だな」

エミリア(……パック、どう思う?)

パック(ううーん、確証は無いけど多分ゴクウは悪い人じゃないと僕も思うよ。……まぁリアがしたいようにすれば良いよ。君は僕が守るから)

エミリア「……うん、それじゃお願いしようかな。どうせ探す当てもないし」

悟空「任せとけ。でもその前に……あそこのリンガってやつ食べさせて貰えねぇかな?」

エミリア「……………さっきのお釣りで二つぐらいなら買えるかも」
6: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:12:01.23 ID:EOiWrfX/O







エミリア「ここに私の徽章を盗んだ犯人が居るの?貧民街は盗人の隠れ蓑になりやすいとは聞いたことがあるけど……」

悟空「ああ、このでっけぇ家の中にさっきのヤツが居るみてぇだぞ。入ってみれば分かる」

エミリア「分かった。それじゃ、ゴクウはここで待ってて。」

悟空「?どうしてだ?」

エミリア「……揉め事になるかもしれないし。これ以上は迷惑掛けられないわ」

悟空「あはは、なーんだそんなことか。でぇじょうぶだ。オラ鍛えてるし」

エミリア「それは見れば分かるけど……分かったわ。でも危なくなったら直ぐに逃げること。良い?」

悟空「分かった分かった、さぁ入るぞ」

ロム爺「ノックも無しに何の用じゃお前さん方」

フェルト「客か?……って、ゲッあんたは」

エミリア「やっと見つけた!盗んだものを返して!」
7: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:13:01.95 ID:EOiWrfX/O
ロム爺「なんじゃフェルト、下手を打ったのか」

フェルト「ちゃんと撒いたと思ったんだけどなぁ……って、横に居る兄ちゃんはなんか見覚えがあるな。もしかして兄ちゃんがなんか言ったのか?」

悟空「へへ、アタリだ。おめぇ独特の気してっから遠くからでも良く分かるぞ」

フェルト「キ……?なんかよくわかんねぇけどまぁ良いや。ねぇちゃんこれを取り返しに来たんだよな?」

エミリア「当たり前でしょ!さぁ返して!」

フェルト「分かった。んじゃ、幾ら払う?あたしは金貨10枚でこの仕事を受けたからそれ以上のカネを払って貰わねぇとな」

エミリア「な、何を言ってるの?どうして私のものを取り返すのにお金を払わないといけないの!」

フェルト「あんたのもの?今はあたしが持ってんだからこれはあたしのもんだぜ。盗まれたあんたが悪いんだよ」

エミリア「な、なんですって!この……悪党!悪もの!悪人!」

フェルト「全部同じ意味じゃんか……」
8: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:14:19.29 ID:EOiWrfX/O
悟空「オラ難しい話はわかんねぇけど、さっきからドアの前に居るヤツは誰だ?おめぇたちの仲間か?」

フェルト「え?」

ロム爺「そういえばそろそろフェルトの取引相手が来る頃じゃな」

エルザ「……あらあら、ちゃんと気配は消していたつもりだったのだけれども」

悟空「そんだけ血の臭いさせてたら嫌でも気付くぞ。おめぇあんまり良いヤツじゃねぇみたいだな」

フェルト「なんだ、あたしの依頼人じゃねぇか。……カモと依頼人がかち合っちまうなんて最悪だな」

エルザ「ええそうよ貧民街のドブネズミさん。まったく、あなたのような貧相な子供に依頼なんてするものじゃないわね」

フェルト「……あ?喧嘩売ってんなら買ってやるぜ?」

エルザ「ええ、なら買って貰おうかしら。代金はあなたの命ではいかが?」

ロム爺「フェルト!」

フェルト「え……?」

ガッキィィィイン!

エミリア「下がって!」

フェルト「ナ、ナイフ!?あんたいきなり正気か!?」
9: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:15:49.58 ID:EOiWrfX/O
悟空「今のを防ぐなんてすげぇなエミリア!」

エミリア「ありがと。ゴクウも下がって。」

エルザ「あらあら、少しは楽しめそうね。そっちのお兄さんも戦ってくれるのかしら?」

パック「その必要は無いよ、お嬢さん」

エルザ「ーーー!!」キィィィン!

パック「あら、今のを防がれるとは思わなかったな。不意打ち失敗しちゃった」

悟空「おめぇどっから出てきたんだ?」

パック「やぁゴクウ。エミリアをここまで案内してくれてありがとうね。ビックリさせちゃいけないと思って挨拶しなかったんだけど……」

悟空「もしかしてさっきからエミリアと一緒に居たキの正体はおめぇか?」

パック「キ?良く分からないけど僕の存在に気付いてたなんて凄いね。僕はパック、エミリアに付き従う精霊さ」

悟空「セイレイ……?まぁいいや。オラは悟空だ。よろしくな」

エルザ「あらあらあらあら、ハーフエルフに屈強なお兄さんにこの上精霊だなんて、今日はなんて良い日なのかしら。あなた達の腸を見るのが楽しみ」

エミリア「ーーー!」

フェルト「ハーフエルフ?ハーフエルフって言ったか?言われてみればねぇちゃんの耳……銀髪のハーフエルフってまさか!」

エミリア「ひ、人違いよ!私だって迷惑してるんだから!」

悟空「はーふえるふってなんだ?」

エミリア「え?えーっと、エルフと人間のハーフのことだけど……ゴクウは気にしないの?」

悟空「何を気にするんだ?オラの息子も地球人とサイヤ人のハーフだけど別に何も思わねぇぞ」

エミリア「……そっか、ありがと」

悟空「?」
10: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:17:48.94 ID:EOiWrfX/O
エルザ「……そろそろ良いかしら?私、早くあなた達のお腹を裂いてみたくてウズウズしているのだけれど」

エミリア「ええ。早いところあなたを倒して徽章を返して貰わないとね」

エルザ「うふふ……生意気な子、嫌いじゃないわよ。」

悟空「オラは暫く見物させて貰おうかなーーーっと、なんかこっちに飛んでくるぞ?」

フェルト「え?」

悟空「……来る!でっけぇ気だ!」

?「そこまでだ!」

ドォォォーン!

ロム爺「わ、ワシの盗品蔵が!」

エルザ「あなたは……」

ラインハルト「ラインハルト・ヴァン・アストレア、ここに参上させて貰ったよ。乱暴な入り方ですまない。この付近で腸狩りの目撃情報が有ったんだけど……来て正解だったね」

フェルト「腸狩り!?腸狩りって、腸狩りのエルザか!?や、ヤバいぞ兄ちゃんねぇちゃん!まともな人間に敵う相手じゃねぇ!」

ラインハルト「心配しないで良い。この場は僕が収めて見せる」

フェルト「飛んで来た兄ちゃんは何もんだ……って、ラインハルト・ヴァン・アストレア!?それってーーー!」

ロム爺「剣聖の家系、それも歴代最強と言われるあのラインハルトか!」
11: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:20:04.41 ID:EOiWrfX/O

悟空「なんの話だ?」

エミリア「え、えっーと……物凄い強い悪者が目の前に居るけど、とんでもなく強い英雄がそれを助けに来てくれたって感じかな?」

ラインハルト「そんな風に言われてしまうと恐縮ですが、可能な限りご期待に沿えるように奮闘させて貰いますよ。そっちの屈強そうなお兄さんもーーーー!!!!!!???????」

ラインハルト「な、なんだあなたはーーーに、人間なのか!?」

悟空「?オラのことか?」

エミリア「騎士様?その言い方はちょっと失礼じゃ……?」

ラインハルト「あ、あなたは―――――あなたは異常だ!な、何が…何がどうなればそれほどの力を持つことになるんだ!?あまりにも……あまりにも規格外過ぎる!」

悟空「良くわかんねぇけど、オラのしてきたことと言えば修行ぐらいだぞ。途中で超神水なんかの力に頼ったことも有ったけど……」

ラインハルト「修行!?バカな!鍛錬だけでそこまでの境地に達することの出来る人間が……いや、そもそもあなたは人間なのか!?」

エルザ「剣聖が何をそこまで驚いているのか気にはなるのだけれど、そろそろあなた達の腸を見せて貰っても良いかしら?この上剣聖まで加わったとなれば私もう辛抱堪らないのだけれど」

ラインハルト「…………君の名前は?」

悟空「オラか?オラは悟空だ。よろしくな。」

ラインハルト「ゴクウ……分かった、あなたのその埒外の強さは放置する訳には行かないが、幸い悪意は感じない。ひとまずこの場はエルザの相手を……僕はこの場に必要なのかな?」

悟空「オラはおめぇの戦ってる所見てぇぞ。おめぇ相当強そうだからな」
12: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:22:40.04 ID:EOiWrfX/O
ラインハルト「……あなた程の方にそう言われても素直に喜べませんね。ですがありがとう。ではーーーお望み通り、剣聖の力をお見せしましょう。僕の剣も鞘から顔を出している。

エルザ「それは確か使うべき時以外は抜けないようになっているという、アストレア家に代々伝わる聖剣よね?そんな剣に認めて貰えるだなんて、光栄だわ。」

ラインハルト「……おそらく細かな点では違いますが、とはいえ使えるものは全て使って相手をするのが道理でしょうね。あなたもかなりの強者なようだ」

エルザ「―――腸狩り、エルザ・グランヒルデ。」

ラインハルト「―――――剣聖の家系、ラインハルト・ヴァン・アストレア」

カッ!

フェルト「…………えっ?」

エミリア「眩し……あれ、エルザが倒れてる」

ロム爺「……目にも止まらぬ剣劇とは、正にこのことじゃな」

悟空「うっひゃぁ~!おめぇやっぱすげぇぞ!あれを二発目まで受け止めたエルザっちゅうんもすげぇけど、おめぇはもっとすげぇ!やるなぁ!」

ラインハルト「やはりあなたには全て見えていましたか。……この程度の技ではきっと、あなたには掠り傷一つ負わせられないでしょうね」

悟空「……うん、でもおめぇはまだまだ強くなれると思うぞ。そしたらわかんねぇかもな」

ラインハルト「ははは……精神面ならともかく、剣の技量が足りないと言われたのなんて数年ぶりですよ。……で、あなたは何者です?」

悟空「オラは悟空っちゅう地球人だけど……」
13: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:24:35.17 ID:EOiWrfX/O
ラインハルト「チキュウ……?」

悟空「そうだ、ここは何処なんだ?もしかしてオラ地球の外にまで来ちまったのか?」

ラインハルト「……ここはルグニカ、親竜王国ルグニカ。竜と契りを交わした国です。チキュウという国は聞いたことがありませんね」

エミリア「えっと……お話の最中悪いんだけど、とりあえず私の徽章返して貰いたいんだけど……」

フェルト「……ああ、分かったよ。依頼人がこうなった以上、こいつはあたしにとってなんの価値もねぇ。騎士サマが居たんじゃ逃げようもないしな」

ラインハルト「別に僕は君をどうこうするつもりはないよ。盗んだものを返さないと言うのなら別だけどね」

フェルト「え?」

ラインハルト「今僕は騎士としてではなく、1個人としてここに居るに過ぎない。生憎今日は非番でね。流石に腸狩りは放っておけなかったが、子供を叱るのはそっちのお爺さんに任せるよ。」

フェルト「あたしをガキ扱いすんな!……まぁいいや。ほら、返すよ。……悪かったな」

エミリア「良かった、これで……」

ラインハルト「――――これは!」

フェルト「いてっ、何すんだよ騎士サマ!」

ラインハルト「これは――――君、名前は?」

フェルト「いてて……フェルトだよフェルト!ただのフェルトだ!なんだってんだよ一体!そんなに強く握られたら手首がいてぇよ!」

ラインハルト「これは……今日はなんて日なんだ。国を滅ぼすほどの力を持った存在に出逢っただけでも大事なのに、この上……君、悪いけど一緒に来て貰うよ。」

フェルト「はぁ?何勝手なこと言って……うっ」カクリ
14: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:26:59.23 ID:EOiWrfX/O
ラインハルト「すまない。少し眠っていてくれ」

ロム爺「貴様、何をするんじゃ!」

ラインハルト「……すまないが、あなたも。悪いようにはしない」

ロム爺「ふざけ……うっ」バタリ

エミリア「騎士様らしくないやり方」

悟空「おめぇ不思議な術も使えるんだなぁ」

ラインハルト「事が事なのでね。さて、ゴクウ、あなたは……」

エミリア「あっゴクウはうちに招待しようかと思うの。助けてもらったお礼もしないといけないし」

悟空「お礼?オラなんかしたか?」

エミリア「ここまで案内してくれたじゃない。それにゴクウは今行くところがないんでしょ?寝食は提供するわ」

悟空「ほんとか?そういうことなら暫く世話になろうかなぁ」

ラインハルト「……あなたのことは放っておけないが、かといって僕にあなたをどうこうする力がある訳ではない。僕はこれからしなければいけないことが沢山増えてしまったことだし……分かりました、ゴクウの身柄はあなたに預けます、エミリア様」

エミリア「ええ、それじゃ……もう、夕月が出てきたわね」

ラインハルト「……こんな風に黄昏時を穏やかに見られるのも、今日が最後かもしれないな……」

悟空「良くわかんねぇけど、行くなら早く行こうぜエミリア!オラ腹減っちまった!」

エミリア「……さっきあれだけ食べてたのに……」


第一章 完

パック「あれ?もしかして僕空気?まだ居るんだけど」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/17(土) 09:43:27.01 ID:OuXls3Eg0
おつ
死に戻りが全く必要ないww
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/17(土) 10:06:27.64 ID:aYBW729YO
サックサクwww
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/24(月) 05:15:27.95 ID:iNXDvO57o
乙 また気が向いた時にでも書いてくれ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク