[金色のガッシュSS]清麿「だ、誰だお前は!?」カッコいい僕「最後の本の使い手さ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 09:08:18.97 ID:kJUuANA80
・オリジナル呪文注意


~ 原作最終巻、ブラゴの本焼却後 ~


ガッシュ「おぉ………おおおおおおおおおおおおお!!!」

清麿「勝った………勝ったぁああああああああああ!!!」

ガッシュ「うぉ……お……」ナミダダラダラ

清麿「これ………で………」ナミダダラダラ

???「戦いが終わったと思っていたのか?」

シェリー「…っ!誰っ!?」

カッコいい僕「僕ですよ」ドンッ

ガッシュ「誰なのだっ!!?」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1476058098
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 09:12:40.76 ID:kJUuANA80
僕「誰だって?愚問ですね、僕と貴方達は初対面なのですから、
  知らないのは当然でしょう?」ウッフフフフ

清麿「そんなことを聞いてるんじゃない!何でこんな場所にいるのか聞いて……っ!!?」

僕「フッ…流石は「答えを出す者」だ。もう僕の正体に気付いたようですね。
  そう……皆さんもこれを見れば分かるでしょう?」つ本

シェリー「魔物の……本!?」

ガッシュ「まさか……人間界に残っていた魔物は私の他にはブラゴしか
     残っていなかったはず……!?」

清麿「いや……ガッシュ。認めざるを得ない、俺の中でもう「答え」は出てしまっている。
   こいつは正真正銘……魔物の本の使い手だ!!」キッ

僕「理解が早くて助かるよ。流石は千年前の魔物たちや、ファウード。
  ついにはクリア・ノートにブラゴとの戦いすら勝利に導いた天才クンだ」

ガッシュ「…っ!お主……今までの戦いを知っておるのか?」

僕「当たり前だよ。僕はこの魔物の戦いが始まってから一度たりとも魔物と戦わず、
  自分を磨き続け、君たちのことを徹底的にストーキングしてきたのだからね」キリッ

シェリー「な、何ですって………」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 09:20:15.61 ID:kJUuANA80
僕「もちろんシェリー、君の事も徹底的にストーキングしてきたよ。
  ほら、裸写真こそ撮れなかったものの、君の私室での下着姿や戦闘中の
  パンチラも全て僕の秘蔵のアルバムに…」つアルバム

シェリー「ああああああああああ!!!!!!!!!!!
     殺して!清麿、早くあの男を殺して!!!!!
     貴方が躊躇うなら私自らあの変態を捻り殺して!!!」

清麿「ま、待て!気持ちは分かるが落ち着けシェリー!!
   お前、俺たちのことを研究し続けてきたと言ったな!」

僕「研究じゃない!!ストーキングだ!!二度と間違えるんじゃないぞピヨ麿!!」

清麿「殺すぞお前!!!とにかく質問に答えろ!!
   つまりお前はガッシュとブラゴの戦いが終わるのを見計らっていたということか!?
   消耗した俺たちを倒すために!!」

僕「もちろんその通りだ!気力充分の君たちに真正面から挑むなんて愚の骨頂さ!
  ぐちゃぐちゃのミンチにされて僕もパートナーの魔物もズタボロにされてしまう!」

ガッシュ「随分と素直だのお主……」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 09:21:14.75 ID:kJUuANA80
放送コードに引っかかったので再投稿です。

僕「もちろんシェリー、君の事も徹底的にストーキングしてきたよ。
  ほら、裸写真こそ撮れなかったものの、君の私室での下着姿や戦闘中の
  パンチラも全て僕の秘蔵のアルバムに…」つアルバム

シェリー「ああああああああああ!!!!!!!!!!!
     殺して!清麿、早くあの男を殺して!!!!!
     貴方が躊躇うなら私自らあの変態を捻り殺して!!!」

清麿「ま、待て!気持ちは分かるが落ち着けシェリー!!
   お前、俺たちのことを研究し続けてきたと言ったな!」

僕「研究じゃない!!ストーキングだ!!二度と間違えるんじゃないぞピヨ麿!!」

清麿「コロすぞお前!!!とにかく質問に答えろ!!
   つまりお前はガッシュとブラゴの戦いが終わるのを見計らっていたということか!?
   消耗した俺たちを倒すために!!」

僕「もちろんその通りだ!気力充分の君たちに真正面から挑むなんて愚の骨頂さ!
  ぐちゃぐちゃのミンチにされて僕もパートナーの魔物もズタボロにされてしまう!」

ガッシュ「随分と素直だのお主……」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 09:25:39.80 ID:kJUuANA80
僕「そうだ、僕は素直なんだ!どうだピヨ麿!ウィキで見たぞ!
  お前は素直な子がタイプなんだよな!?どうだ、僕をお前の愛人n」

清麿「ガッシュ!!戦闘だ!!あの変態を地獄に叩き落すぞ!!!」グワッ

ガッシュ「お、落ち着くのだ清麿!お主まで熱くなってどうする!?
     ……お主、パートナーの魔物はどこにいるのだ?」

僕「君の眼は節穴かいガッシュ?もう目の前にいるじゃないか」

ガッシュ「ヌ?私にはお主しかいないようにみえるが……」

僕「しょうがないなぁ……馬鹿な君に見えるようにしてあげるか…フサルゴ!!」

フサルゴ「フサァ……」ヒョイ

清麿「あ……あれ?変態の頭の髪の毛が……」

シェリー「頭からずり落ちた?」

ガッシュ「お、お主……カツラを付けていたのか……?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 09:30:40.04 ID:kJUuANA80
僕「名誉棄損で訴えるぞブリジャンキーが!!!
  僕の頭皮を見ろ!薄らと産毛が生えているだろ!!
  僕はハゲじゃあないんだ!!!」

ガッシュ「ウヌ……どこからどうみてもハゲにしか見えぬが……」

清麿「いや…ガッシュ、あいつの頭皮には間違いなくほんの少しだけ産毛がある。
   そしてずり落ちた奴の長髪……足元を見てみろ。細いがちゃんと足がある。
   あれが奴のパートナーの魔物らしいな」

僕「流石はピヨ麿。一々説明をしなくても大丈夫みたいだね。
  そう、僕の魔物、フサルゴは魔物の気配を消せるのさ。そして
  僕の頭の上に乗ってさえいれば、例え魔物の気配を強く察知できる
  魔物でさえ、僕らを見つけることはできない」

清麿「そうか……モモンでさえ見つけられなかったのは、魔物の元々持っている
   能力のせいだったのか……」

シェリー「変態の上にハゲ……救いようがないわね」

僕「うるさいぞ雌豚!!フサルゴが王になった暁にはボロボロの清麿を僕の
  ペットにしてお前は僕専用の愛人として受精アクメを極めさせてやるからなぁ!!?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 09:42:34.57 ID:kJUuANA80
ガッシュ「一ついいか……お主。なぜ、今までの戦いを知っていながら、
     力を貸してくれなかったのだ?」

僕「………あ?」

ガッシュ「今までの戦いを知っておるのなら分かるであろう。
     数えきれぬほどの可哀想な魔物たちがいたことを……。
     ファウードが人間界を壊そうとしたことを……。
     クリアがお主のパートナーの住む魔界を滅ぼそうとしたことを…。
     なのになぜ、お主たちは何も行動せず、このタイミングで
     姿を現したのだ?」

僕「はっ!そんなの分かりきっているだろう!?
  僕らは今まで散々自らの能力を高めてきた!!
  だが敢えて言おう!!僕らは弱いのさ!!!」

シェリー「………貴方達、そんなことおおっぴらに言って恥ずかしくないの?」

僕「さっきも言っただろうが雌奴隷!!!僕らは素直が取り柄なのさ!!
  僕らの呪文の効果は中々に癖が大きくてね。
  あんな勝つ可能性が皆無の戦いになんて絶対出たくなかったのでガン無視していたのさ」

ガッシュ「可哀想な者たちがいると、分かっていても、か?」ワナワナ

僕「うん」アッサリ

ガッシュ「…フサルゴといったな?お主、魔界の王になったら、どんな王様になりたいのだ?」

フサルゴ「フサァ………」

ガッシュ「………何を言っているのか分からぬ」

僕「しょうがないなぁ、アホな君のために僕が代弁してあげようじゃないか。
  フサルゴ、もう一度君の目標を言ってごらん?」

フサルゴ「フサァ………」

僕「ふむふむ……通訳すると可愛い女の子の魔物と貧弱な体の魔物だけ残して、
  他は消滅。貧弱魔物を奴隷として可愛い魔物は僕の精奴隷としてハーレム王国を」

ガッシュ「清麿!!手を貸してくれ!!!私はあの者を倒さねばならぬ!!!!!」

清麿「ああ……当然だぜ!」

シェリー「私も手伝うわ、清麿」ザッ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 09:42:43.35 ID:URtFvzXIO
なんかワロタ
おもしろい
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 09:50:06.73 ID:kJUuANA80
僕「ふっ……ブラゴとの戦いで消耗した今の君たちじゃあ、僕らにすら勝てないよ。
  いくぞフサルゴ!!」

フサルゴ「フサァ………」

僕「ヌケル!!!」


ブチィ!!!


ガッシュ「ぬ………」

ガッシュ「ヌオオオオオオオオオオオオオ!!!??」

清麿「なっ……目にも止まらない速さの光線が!?
   大丈夫かガッシュ!!?」

ガッシュ「う…ウヌ!大丈夫なのだ!!」

シェリー「い、一体今の術の効果はなんなの!?光線を浴びたガッシュが
     急に痛みだして……!」

ガッシュ「わ、分からぬ…だが光線を浴びた箇所が急に痛み出したのだ!」

僕「ふっ………ピヨ麿。君ならばもう分かっているだろう?
  僕らの力の正体を……!!」

清麿「ああ…『答えを出す者』が教えてくれた。
   お前の術の正体……それは、『光線が当たった箇所の体毛を、痛いように抜く』力!!」

シェリー「な、何ですって!!?」

僕「ふっ…ご名答。どんな魔物にだって体毛がある。それは目に見えないほどの
  産毛の場合もあるが、関係ない。体毛さえあれば、僕らの術はダメージを与えられる」

僕「しかもこの術は育毛の力もあってね。一度抜けてしまった産毛も……」

ガッシュ「ヌ!?な、何だか痛かった場所がこそばゆいのだ!」

僕「一瞬で復活する」

僕「つまり何度でも何度でも、ダメージを与えることができるのさ。本には効果はないがね」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 10:01:17.28 ID:kJUuANA80
僕「さあ、今度はどんな風に痛がってくれるかな!? ヌケルガァ!!!」

清麿「ガッシュ!!」バッ

ガッシュ「清麿っ!?」

僕「なっ……避けただとっ!目にも止まらない速さなんだぞっ!?」

清麿「確かにお前の術は速いさ。だがフサルゴから放たれるその光線は直線だ。
   なら術を唱えた瞬間にフサルゴの動きにさえ注意していれば
   避けることは可能……そうだろう?」

シェリー「流石ね、清麿!!」

僕「く……僕の穴兄弟になる予定のくせして偉そうに…!
  その程度で僕らの術を攻略した気になるのは」

清麿「隙だらけだぜ!!ザケルガァ!!」ビゴゴゴゴゴ

フサルゴ「フ、フサッ!!?」

僕「大丈夫だフサルゴ!!ゾリスッ!!!」


ゾリィイイイイイイイイ!!!!!!


清麿「なっ………力のバリカンが現れて……」

シェリー「ザケルガを……剃り上げた…!?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 10:08:50.21 ID:kJUuANA80
僕「ふっははははははぁああああ!!!!!
  どうだい僕らの力は!!!
  攻撃技のヌケル!!敵の攻撃技を打ち消すゾリス!!
  この鉄壁の布陣!!まるで君たちが倒したクリア・ノートのようだろう!!?」

清麿「お前らの力なんざクリアの足元にも及ばねぇよ!!!
   だったら今の術じゃ消せない威力をぶつけるまでだ!!!
   エクセレス・ザケルガァ!!!」ビゴーーーーーー

僕「はぁ!!!??? 何でブラゴとの戦いで消耗した状態でそんな強い術が
  出せるんですかぁ!!??」

清麿「戦いの前に散々俺たちを煽ってくれたからだよ!!
   お蔭でお前への怒りで心の力が尽きる気配がない!!!」

フサルゴ「フサァアアアアア!!!」ジョーー

僕「フサルゴ、粗相をするのはやめてくれ!!
  くそ、ならば……ディゴウ・ゾリシルド!!!!」


ゾリリリリリリィ!!!!


シェリー「地面から二つのバリカンを交差させた紋章が入った縦が現れたわ!!」

僕「はっ!僕らの最強の防御呪文だ!!ディオガ級でもないそんな術なんて
  たちどころに剃り上げて」


バカァァァァン


シェリー「壊れたわね」

僕「うわぁあああああああ!!! フサルゴ!! 僕の盾になれ!!」

フサルゴ「フサアアアアアアアア!!!!」イヤイヤ



ドォォォォォォン!!!
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 10:16:28.69 ID:kJUuANA80
清麿「……………」

シェリー「決まった…………の?」

ガッシュ「清麿………………」

清麿「ああ、分かってる。奴め、まだ………」

僕「ぐっ………………ディゴウ・ゾリシルドで威力を殺してなければ
  一撃で吹き飛ばされていた……。フサルゴ、大丈夫か?」

フサルゴ「フサァ………」クッタリ

清麿「悪いが攻撃の手は緩めないぜ。お前のような変態を王にするわけには
   いかんからな……ラウザルク!!」


ドカァアアアアン


ガッシュ「ウヌ……いけるぞ清麿!!」

清麿「よしガッシュ!素早く四方八方に動いて撹乱しつつ奴に組み付けぇええ!!」

ガッシュ「おおおおおおおおおおおおお!!!」

僕「はっ!!肉体強化か!!残念だが僕は君たちの術の対抗策も練りに練ってきて
  いるのだよ……フケルッ!!」

フサルゴ「フサァ………」パッパッ

シェリー「な…頭からフケを辺りにまき散らして………」

ガッシュ「ヌオオオオオオ!!!」バリィ!!
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 10:27:53.21 ID:kJUuANA80
清麿「く………ガッシュ!!」

僕「はっ!体が痺れるだろう!?このフケを喰らったら体が痺れてしまうんだ!!
  いくら肉体を強化しようともねぇ!!この隙に距離を取らせてもらうよ!!」

フサルゴ「フサァ………」バッ

ガッシュ「……ヌ?痺れがもう取れたのだ」

清麿「なるほど、術の効果は3秒程度か」

シェリー「弱い術ね」

僕「肉便器どもがぁ……好き勝手言いやがってぇ………!!
  だったら俺の最大級の呪文を喰らわせてやるぜぇ!!」

清麿「何、勝負をつけに来るつもりか!?」

僕「ディオハゲル・ヌケルドン!!!」カッ!!!


シーン


ガッシュ「………何も起こらぬのだ」

清麿「どうやら心の力が切れたようだな」

シェリー「確かに、心が狭そうだものね」

僕「貴様らぁ!!僕をいじめて楽しいか!!心が狭そうとか言うなぁ!!!」ブワッ
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 10:31:08.25 ID:CTS+lKRwo
呪文のセンスすげえな
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 10:35:24.13 ID:kJUuANA80
僕「言っただろうが、お前らへの対抗策は練っていると!!
  心の力が切れた!?問題あるか!切れたもんは回復させればいいんだよぉ!!」つカツラ

ガッシュ「ヌ?新しいカツラなのだ!」

清麿「まさか………」

僕「」パサッ

僕「あぁ~~~~~、心が満たされるぅ~~~~」ギュインギュイン

シェリー「……カツラを被って恍惚な表情を浮かべているわ」

清麿「しかし、実際に心の力が見る見る内に回復してるぞ。これは厄介だな…」

僕「ふぅ…充填完了。このままカツラを装着したまま戦えば、僕らに心の力切れはない。
  残念だったね、肉便器」

シェリー「爺に頼んでスナイパーに遠くから狙撃してもらおうかしら」

清麿「本来ならその策に乗りたいが、流石に殺すのは不味い。
   ここはあのカツラごと奴を一気に焼き尽くすことにしよう」

ガッシュ「ウヌ…清麿、撃つのだな?」

清麿「ああ……いくぞガッシュ!!バオウ・ザケルガァーーーーーー!!!」

バオウ「バオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!」

フサルゴ「ヒエッ………」

僕「お、おおおおお落ち着けフサルゴ!大丈夫、この術なら例えバオウでも
  押し切れる!いくぞ!ゾリゾリス・ゾリスドンッ!!!!!」


ゾリィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 10:38:57.70 ID:kJUuANA80
放送コードに二度、引っかかったので再投稿です。


僕「言っただろうが、お前らへの対抗策は練っていると!!
  心の力が切れた!?問題あるか!切れたもんは回復させればいいんだよぉ!!」つカツラ

ガッシュ「ヌ?新しいカツラなのだ!」

清麿「まさか………」

僕「」パサッ

僕「あぁ~~~~~、心が満たされるぅ~~~~」ギュインギュイン

シェリー「……カツラを被って恍惚な表情を浮かべているわ」

清麿「しかし、実際に心の力が見る見る内に回復してるぞ。これは厄介だな…」

僕「ふぅ…充填完了。このままカツラを装着したまま戦えば、僕らに心の力切れはない。
  残念だったね、肉便器」

シェリー「爺に頼んでスナイパーに遠くから狙撃してもらおうかしら」

清麿「本来ならその策に乗りたいが、流石にコロスのは不味い。
   ここはあのカツラごと奴を一気に焼き尽くすことにしよう」

ガッシュ「ウヌ…清麿、撃つのだな?」

清麿「ああ……いくぞガッシュ!!バオウ・ザケルガァーーーーーー!!!」

バオウ「バオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!」

フサルゴ「ヒエッ………」

僕「お、おおおおお落ち着けフサルゴ!大丈夫、この術なら例えバオウでも
  押し切れる!いくぞ!ゾリゾリス・ゾリスドンッ!!!!!」


ゾリィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 10:47:41.05 ID:kJUuANA80
バオウ「バ………オ……………」シュウウウウウウ

ガッシュ「そ、そんな……バオウが………」

シェリー「体の毛という毛を剃り上げられて……」

清麿「涙を流しながら……消えていく………」

僕「僕の勝ちだ!!畳みかけるぞフサルゴ!!カミノケ・ヌケルガ!!」


ブチィイイイイイイイイ!!!!


清麿「う…………」

清麿「うおおおおおおおおおおおおおお!!?」

ガッシュ「き、清麿の髪の毛が……抜けきってしまったのだーーーー!?」

シェリー「き、清麿っ!!」ダッ

僕「次だ!!ハナーゲ・ヌケルガ!!」


ブチィイイイイイイイイ!!!!!


清麿「どぉおおおおおおおおおおおお!!!!!」

ガッシュ「次は鼻毛が抜けたのだーーーーーー!!」

シェリー「清麿ーーーー!」ダダダッ

僕「止めだ!ワキーゲ……」

シェリー「やめて!!これ以上は、清麿を攻撃させないわ!!」バッ

僕「ヌケルガーーーーー!!!」カッ

清麿「シェ、シェリー………!」ガクガク

ガッシュ「あ、危ないのだーーー!」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 10:58:10.47 ID:kJUuANA80
シーーーーーン



清麿「………あ、あれ?」

ガッシュ「何も、起こらぬのだ?」

シェリー「え、ええ。確かに光線は当たったのだけど」

僕「そ、そんな馬鹿な…………な、ならば!シリノケ・ヌケルガ!!!」


シーン


シェリー「………何も、起こらないわね?」

僕「まさか……まさか………ア、アソコゲ・ヌケルガ!!!!」


シーン……………


清麿「そうか………シェリー、君は………」

ガッシュ「き、清麿?どうしたのだ?」

僕「恐れていたことが……シェリー、君は……君は……」


清麿・僕「「 パイパンッ!!!! 」」


シェリー「お、大きな声で言わないでよ!!気にしてるんだからっ!!!」

僕「し、しかも尻毛も腋毛も生えていない、だと………?
  どれだけ男好きの体をしているんだ………!!?」

清麿「………」ゴクリッ

シェリー「き、清麿までいやらしい目で見ないで!」ソワソワ

僕「ぐっ……ここに来てシェリーの裸写真を撮れていなかったことが
  裏目に出るとは、何たることだぁ………!!」

僕「し、しかし清麿はもう虫の息なんだ!!ここは最大級の呪文で一気に
  吹き飛ばしてやるぜ!!いくぞ、ディオハゲル・ヌケルドン!!!!」



シーーーーーーン………



僕「………あれ?何で術が出ないんだ?
  カツラのお蔭で心の力は……あれ?」ペタペタ

僕「何で……頭がこんなに涼しいんだ?ツルツルしているんだ?
  あのフサフサな質感はどこへ?」ペタペタ

ガッシュ「…お主が清麿ばかり攻撃しているから、背後に回ってカツラを取らせて
     もらったぞ」つカツラ

僕「ブリジャンキーーーーがぁああああああああ!!!!!!!!!」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 11:01:22.13 ID:kJUuANA80
゚カァアアアアアア


清麿「あ、赤い本が金色に光っている……」

清麿「行くぞ、ガアアアアアアアアアッシュ!!!!!!」

清麿「シン・ゴライオウ・ディバウレン!!!
   シン・ガルバドス・アボロディオ!!!
   シン・ヴァルセレ・オズ・マール・ソルドン!!!
   ミコルオ・シン・ゼガルガ!!!
   シン・チャーグル・イミスドン!!!
   シン・ドラゴノス・ブロア!!!
   シン・グラード・ガンズ・コファル!!!
   シン・スオウ・ギアクル!!!
   シン・ベルワン・バオウ・ザケルガァアアアアア!!!!!」


僕「ぽ………………」

フサルゴ「ヒエッ……………」



カッ






こうして僕はシにました。
幽霊になって清麿くんたちを見に行くと、
清麿くんは、大海恵ちゃんとシェリーちゃんと水野鈴芽ちゃんと
コルルの本の持ち主のしおりちゃんとゾフィスの本の持ち主のココちゃんと
ウォンレイの本の持ち主のリィエンちゃんと結婚して
海外で幸せに暮らしていました。



終わり
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 11:02:42.72 ID:nkmpTn3ho
無茶苦茶で糞みたいな話なのにちゃんとガッシュ読み込んでるのわかってクソワロタ
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 11:06:11.51 ID:URtFvzXIO
おつ
ピヨ麿勝ち組で草
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 11:32:48.71 ID:IOKCLqHJ0
この最後の最後の戦いがまたひとつ清麿を成長させてハーレムに至ったのか
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 11:42:52.20 ID:cslh+39fP
逃げ回って最後に美味しいところを取ろうとするこういう魔物も結構いただろうな
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 18:57:42.27 ID:Kk4m02PUo
くっだらないけど呪文の名前にセンスを感じた
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 20:22:41.21 ID:Dhmf1ttdo
ガッシュ愛が伝わった。乙

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク