ハク「私のことは、『ハク様』と呼べっ!」千尋「うぅ……ごめんね、ハク」

1: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:00:40.573 ID:UCGqzN4W0
ハク「……!」ゾクゾクッ

千尋「……ハク?」

ハク「はっ!」

千尋「大丈夫?」

ハク「……『ハク様』と呼べと、そう言っただろう?」ジロッ

千尋「あぅ……ごめん、なさい」
3: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:03:01.919 ID:UCGqzN4W0
ハク「千、お前には……罰を与える」

千尋「ひっ!」ビクッ

リン「おい!謝ってんだから許してやれよっ!?」

ハク「リンは黙っていろ」ギロリ

リン「ぐっ……へ、へーんだ!そんな顔したって、怖くなんk」

千尋「リ、リンさんっ!私、大丈夫だから!」
4: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:06:01.769 ID:UCGqzN4W0
リン「千……」

ハク「それでは千……来なさい」

千尋「は、はい……」

リン「おいハク!千に酷いことしたら、承知しないからなぁ!!」

千尋「だ、大丈夫だよ、リンさん。ちょっと行ってくるね」

リン「千……危なくなったら、すぐ逃げんだぞ!!」
8: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:08:02.497 ID:UCGqzN4W0
空き部屋

ハク「……ここでいいだろう」

千尋「あの、ハク……私……あっ」

ハク「千、呼び方が戻っているよ。私はこの湯屋では嫌われ者だ。だから、そんな風に親しみを込めて呼び捨てにすれば、私との関係を邪推する者が出て来てしまう」

千尋「そっか……ごめんね、ハク」

ハク「リンのように敵意を込めて呼び捨てにしてくれるなら、わざわざ注意することもないんだけどね」

千尋「て、敵意なんて……そんなの、無理だよ……」
10: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:10:02.252 ID:UCGqzN4W0
ハク「君は優しい子だ。しかし、その優しさが、時には君を窮地に陥れることもある」

千尋「うん……気をつける」

ハク「この湯屋は危険で満ち溢れている。私は君を危険な目に遭わせたくない」

千尋「ハク……」

ハク「だから、今日は身をもって教訓を刻み付けて貰おうと思っている」

千尋「……えっ?」
13: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:13:01.863 ID:UCGqzN4W0
ハク「言葉の意味がわからなかったかい?ならば、こう言い換えよう。今から千にはお仕置きを受けて貰う、と」

千尋「お、お仕置き……?」

ハク「そう。いや、そんなに身構えなくてもいいよ。簡単なお仕置きさ」

千尋「う、うん……わかった」

ハク「いい子だね。それじゃあ、千。私に向かって……お尻を突き出すんだ」

千尋「!?」
22: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:15:23.091 ID:UCGqzN4W0
ハク「どうしたんだい?」

千尋「ちょ、ちょっと待って。お尻を突き出すの……?」

ハク「ああ、そうだよ。さっさと終わらせよう」

千尋「これも、私の為……なんだよね?」

ハク「もちろんさ」

千尋「……わ、わかった。私、頑張る」クイッ
25: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:18:02.553 ID:UCGqzN4W0
ハク「ああ……千。そうじゃない。そうじゃないんだ。ちゃんと、お尻を露出させてくれないと困る」

千尋「そ、そんなっ!?」

ハク「大丈夫、すぐ済むから。……私を信じなさい」

千尋「うぅ……わかった。ハクを信じる」プリンッ

ハク「……と、呼べと」ボソッ

千尋「……えっ?」

ハク「『ハク様』と呼べと、私はそう言った筈だっ!」パァンッ

千尋「ひぅっ!?」ビクッ
26: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:20:03.709 ID:UCGqzN4W0
ハク「大丈夫?痛かった?」

千尋「はぁ…はぁ…だ、大丈夫。ちょっと痛かったけど、平気」

ハク「千は強い子だね。でも……『平気』というのは、いささか困るな」

千尋「ハ、ハク……?」

ハク「身をもって教訓を刻み付けて貰わなきゃ、ねっ!」スパァンッ

千尋「ひゃうっ!?」ビクッ
28: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:23:01.870 ID:UCGqzN4W0
ハク「大丈夫?今度はさっきより、強めだったけど……」

千尋「だ、大丈夫。でも、ジンジンする……」

ハク「ああ、赤くなっちゃってるね。私の手のひらの跡が、クッキリついてるよ」

千尋「ヤダッ!み、見ないでっ!?」

ハク「ふぅ……いけないな。反抗的な態度は、良くない、よっ!」スパァンッ

千尋「ひぐぅっ!?」ビクッ
30: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:26:02.756 ID:UCGqzN4W0
ハク「これで手の跡が3つだね。綺麗だよ、千」

千尋「はぁ…はぁ…ハク、どうしちゃったの?今日のハクは優しいけど……ちょっと怖い」

ハク「竜は優しいよ。優しいけど、愚かだ。私よりも千、どうかしてるのは、君の方じゃないか」

千尋「わ、私……?」

ハク「そうだよ。君は痛いのに、どうしてそんなに興奮しているんだい?」

千尋「こ、興奮なんて……」
32: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:28:02.545 ID:UCGqzN4W0
ハク「だってほら、息も上がってるし、顔なんて叩かれたお尻と同じくらい真っ赤だ」

千尋「だ、だって、恥ずかしくて……」

ハク「千、嘘は良くないよ。いけない子だ。いけない子には、もう一度……」スッ

千尋「んっ」ピクッ

ハク「……どうして叩かれるのを待ち望んでいるんだい?」

千尋「ッ!?」///////
34: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:30:13.238 ID:UCGqzN4W0
ハク「そう言えば、先ほど庇ってくれたリンを押し留めていたね。もしかして君は、こうなることを望んでいたのかな?」

千尋「あぅ……そ、そんなことは……」

ハク「千、私の目を見なさい。これでも私は魔法使いの端くれなんだ。人の目を見れば、それが嘘か真かを見破ることなど、造作もない」

千尋「うぅ……私は……私は……」オロオロ

ハク「君は、この状況を望んでいた。そうだね?」

千尋「……はぃ」

ハク「いい子だ」スパァンッ

千尋「はぅっ!?」ビクンッ
35: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:33:03.623 ID:UCGqzN4W0
ハク「……私も同じさ」ポツリ

千尋「……えっ?」

ハク「君を叱るたびに、私は胸が締め付けられる」

千尋「……そう、なの?」

ハク「ああ。軽蔑……したかい?」

千尋「ううん……嬉しい」ニッコリ
36: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:35:06.176 ID:UCGqzN4W0
ハク「……千、君は本当にいけない子だね」

千尋「あぅ……ごめん、なさい」

ハク「どうやら、私のお仕置きは君には通用しないらしい。もう終わりにしようか?」

千尋「やっ……ハク、もっと、お願い……もっと!」

ハク「もっと、どうして欲しい?」

千尋「もっと……叩いて」

ハク「どこを?」

千尋「お、お尻っ!お尻を……もっと叩いてっ!ハク様っ!!お尻を叩いて、くらさいっ!!」

ハク「フハッ!」スパァンッ

千尋「はぁんっ……もっと!もっとぉ!!」ビクビクッ
37: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:36:41.651 ID:vZhBxv170
こうつぁもう手遅れだな
38: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:38:01.783 ID:UCGqzN4W0
ハク「フハハハハハッ!!!!」スパパパァンッ

千尋「あんっ!ひんっ!ふっ!ひゃんっ!」

ハク「千!もっとか!?」スパパパパパァン

千尋「もっとっ!もっとぉぉぉぉっ!!」


リン「……何やってんだ、お前ら」


ハク・千尋「「!?」」
39: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:40:02.712 ID:UCGqzN4W0
千尋「リ、リンしゃん!?」

釜爺「何やら随分お楽しみだったようじゃの」

千尋「釜爺さんまで!?」

リン「悲鳴が聞こえたから、釜爺と駆けつけて見りゃ……なんだよこの有様は」

千尋「こ、これは、その……ハクにお仕置きされてて……ね、ねぇ、ハク?……ハク?」キョロキョロ

リン「ハクならもういねーよ。さっき窓から飛び去った」

千尋「!?」
40: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:43:02.413 ID:UCGqzN4W0
釜爺「千!エンガチョ!エーンガチョ!!」

千尋「……」スッ

釜爺「切ったぁ!!」

リン「……まったく、何やってんだか」

千尋「うぅ……リンさん、ごめんね」グスンッ

リン「まぁ、何はともあれ、無事で良かった。これに懲りたら、もう心配させんなよ~?」

千尋「……うん。ありがとう」ニッコリ
42: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:45:03.286 ID:UCGqzN4W0
リン「しかしお前ら、本当に何してたんだ?まったく意味がわかんなかったんだけど……」

釜爺「わからんか、リン」

リン「なにがさ?」

釜爺「愛じゃよ。愛」

千尋「ッ!」///////

リン「はぁ?」
44: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:48:02.967 ID:UCGqzN4W0
湯婆婆の部屋

ハク「……ただいま戻りました」

湯婆婆「随分遅かったじゃないか。ん?手の平なんか見つめて……何かあったのかい?」

ハク「……いえ。別に、何も。……それでは、少し休みます」

頭「おい!」「おい!」「おい!」ゴロゴロゴロ


湯婆婆「何やら……良くない気配がするね」


FIN
49: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:51:24.192 ID:vZhBxv170
このあとめちゃくちゃセックスした
50: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:55:31.403 ID:fFlyP08Gd
わろた
45: 以下、\(^o^)/がお送りします 2016/11/13(日) 21:48:42.929 ID:LVe0ZEh90
面白かった

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク