ことり「ここにトランプがあります」 海未「ありますね」

1: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:36:52.75 ID:43QklNCj
ことり「というわけで勝負しようよ!」

海未「どういうわけですか」

ことり「勝った方が負けた方に一つ、好きな命令出来るっていうルールね♪」

海未「話を聞きなさい」

ことり「えぇ~!やろうよぉ~!」グイグイ

海未「止めなさい、服が伸びるでしょう」

ことり「じゃあやろっ?」

海未「ことり、最近ワガママが多いですよ」

ことり「だって海未ちゃんとはお付き合いしてるから……甘えても大丈夫かなって」

ことり「だめ……だったかな?」ウルウル
2: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:38:52.06 ID:43QklNCj
海未「……別に駄目とは言いませんが」

海未「……まあ、わかりました。やってあげます」

ことり「えへへ……最近の海未ちゃん優し~♪」ギュ-

海未「ことりの思い違いじゃないんですか?」

ことり「そんなことないよぉ~♪」

海未「……はぁ」
4: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:41:48.63 ID:43QklNCj
海未「それで?トランプで勝負といっても内容は?」

ことり「ふっふっふっ~、そこは抜かりありません!」

海未「ほう、自信があるようですね」

ことり「だって海未ちゃんの苦手なゲームだもん♪」

海未「……なるほど、ババ抜きですか」

ことり「正解で~す!」パチパチ

海未「狡いですよ」

ことり「♪」ヒュ-ヒュ-
6: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:44:28.91 ID:43QklNCj
海未「……いいでしょう。その根性、私が叩き直してあげます」フフッ

ことり「やった!海未ちゃんに命令できる!」ピョンピョン

海未「何を言っているのです?叩き直してあげると言ったでしょう」

ことり「でも海未ちゃんが今までことりにババ抜きで勝てたことある?」

海未「いえ、ありません」

ことり「だよねっ♪」
7: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:46:35.29 ID:43QklNCj
海未「しかしそれは今までの話です」

ことり「まあまあ、とりあえず勝負すればわかるよっ」

海未「そんな余裕ぶって……負けても知りませんからね?」

ことり「海未ちゃんこそ、負けても言い訳なしだよ?」

海未「それは承知の上です」

ことり「それじゃあ~……スタート!」

――――――
8: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:49:49.48 ID:43QklNCj
海未「上がりです」ピラッ

ことり「ふえええええぇぇ!?」ピイィ!?

海未「さて……勝者が一つ、敗者に何でも命令できるのでしたね」

ことり「な、ななななんでなんで!?」

海未「何故、と言われましても……今まではわざと負けてあげていただけですよ」

ことり「うそ……」

海未「嘘などではありません。幼い頃、穂乃果と三人でババ抜きをした時に、ことりが負けたことがありましたよね?」

ことり「……多分」コクッ
10: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:52:39.34 ID:43QklNCj
海未「その時のことりは負けたショックで大泣きしたじゃないですか」

海未「それ以来、私はことりとの勝負の時には負けてあげるようにしたのです」

ことり「そうだったんだ……」

海未「ええ」

ことり「あ、あの……海未ちゃん」

海未「なんでしょう?」

ことり「それって……ことりの為ってこと?」

海未「……どうでしたかね」フム
12: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:54:43.70 ID:43QklNCj
ことり「もしそうだったら……ことり、嬉しいな///」

ことり「そんなに昔から、海未ちゃんがことりの事思ってくれてたなんて――」

海未「あ、思い出しました。確かことりの泣き声があまりにうるさかったからです」

ことり「ふえええん!」

海未「冗談です」
13: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:56:42.32 ID:43QklNCj
ことり「……やっぱり最近の海未ちゃん、優しくない」グスッ

海未「だからことりの思い違いだと言ったでしょう」

ことり「……うみちゃんきらいっ」プイッ

海未「別に嫌いでもいいですけど、命令はちゃんと聞いてもらいますよ?」

ことり「あっ……」

海未「忘れてもらっては困ります、ことりが言い出した事ですからね」

海未「さて、どんな命令をしてあげましょうか」ウフフッ

ことり「……ひっ」ビクッ
14: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:58:52.64 ID:43QklNCj
海未「……その豊満な胸を好きにさせてもらってもいいですし」ツツ-

ことり「やっ……」ウルッ

海未「スラリと伸びた綺麗な脚も捨てがたいですね」ツ-

ことり「……やぁっ」グスッ

海未「あるいはこの可愛い唇を」ス-

ことり「うみちゃぁ……やめてよぉ……」グスグスッ
15: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 13:00:38.17 ID:43QklNCj
海未「何故です?勝者の私にはその権利が有るはずですが」

ことり「ご、ごめんなさい……もう変なこといわないから……ごめんなさぁい」ポロポロ






海未「わかりました、ではやめましょう」ピタッ

ことり「ふぇ……?」グスッ
17: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 13:02:24.96 ID:43QklNCj
海未「元々そんな破廉恥な事をするつもりはなかったですし」

海未「これはあくまで、ズルをしようとしたことりにお灸をすえる為の演技です」

ことり「……よ、よかったぁ~」ホッ

海未「ことり、もうズルはしてはいけませんよ、わかりましたね?」

ことり「う、うん……ごめんなさい……」シュン

海未「いえ、わかれば良いのです」フフッ

ことり「……ごめんなさい」ギュッ

海未「そろそろ帰りましょうか」ナデナデ

――――――
18: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 13:04:32.48 ID:43QklNCj
海未「今日は少し怖がらせてしまいましたね、すみません」

ことり「う、ううん!ことりが悪かったから……」

海未「確かに、それもそうですね」

ことり「うぅ……」ズ-ン

海未「まあ、そんな事よりもです」

ことり「?」
19: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 13:06:15.80 ID:43QklNCj
海未「私はまだ命令を使っていません」

ことり「あれ?そうだったっけ?」キョトン

海未「そうですよ……なのでここで使わせていただきます」

ことり「……え、えっちなのはだめだよ?///」カアァ

海未「そんなのしません」ハァ…

ことり「じゃ、じゃあなに……?」



海未「……ことり」

ことり「は、はい!」ビクッ
20: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 13:08:19.24 ID:43QklNCj
海未「こんな私ですが、私の事を嫌わないでください……それだけです」


ことり「……ふぇ?」ポカ-ン

海未「さあ、行きましょう」スタスタ

ことり「…………あっ、ま、待ってよ海未ちゃ~ん!」ダッ



ことり「ねえねえ、海未ちゃん!さっきのどういう意味なの?」

海未「わからないのですか?」

ことり「うん、だって……ことり、海未ちゃんの事大好きだもん♪」

ことり「だから、嫌いになんてならないよっ」ギュ-
21: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 13:10:51.99 ID:43QklNCj
海未「……」

ことり「海未ちゃん?」

海未「……なら、ずっとそのままのことりでいてください」

ことり「うんっ!」ニコッ

ことり「……えへへ~」

海未「何です?」

ことり「なんでもないよ~♪」

海未「……そうですか」フフッ
22: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 13:11:50.18 ID:43QklNCj
おわり
24: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 13:32:08.96 ID:qCTHFOjy
>>20
これ素晴らしいわ
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 20:54:20.37 ID:2OUnTNzS

素晴らしい
31: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 21:13:51.32 ID:MD9TvKya
可愛い乙です

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク