希「にこっちって18やん?」 にこ「そうね」

1: 名無しで叶える物語(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 21:30:00.06 ID:D0yKWqIu
希「そっかぁ」

にこ「……えっ、終わり!?」

希「終わりやん」

にこ「そうなの……何で聞いたのよ」

希「いや、18かぁって思って」

希「ウチと同じやんって思って」

希「あっ、聞こっ! って思って」

希「聞いた」

にこ「そ、そうなの」
3: 名無しで叶える物語(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 21:33:33.56 ID:D0yKWqIu
希「いや、聞くのやめようかなって思ったんよ」

希「よく考えたら当たり前やし、誕生日この前祝ったし」

にこ「そうね。でも希は聞いたワケよ」

希「そうやね」

にこ「……だから何でよ!!」

希「えぇっ!? びっくりした」

にこ「何でちょっと黙ったのよ!!」
6: 勢いだけで書いていく(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 21:37:17.32 ID:D0yKWqIu
にこ「そうや……じゃないわよ!!」

にこ「希の話のターン終わってなかったわよ!!」

希「にこっちにこっち、落ち着いて!!!!!!!!!!!!!!!」

にこ「あんたの方がうるさいんだけど!?」

にこ「記号がうるさい!」

希「落ち着いてにこっち。そうやね、ってさっき言ったんよ」

にこ「今そこ良いでしょうがぁ……」

希「ふふっ」
7: 勢いだけで書いていく(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 21:39:51.97 ID:D0yKWqIu
にこ「えっ、何でいま笑ったの!?」

にこ「ねぇ、何で今笑ったのよ、ねぇ」

希「えっ、だってにこっち……ふふっ」

にこ「だから何で笑ってんのよおおおお!!」

にこ「さっきから一個も答えてない! 一個も!!」

希「いっこっち……ぶふっ」

にこ「あああああ!!」
10: ごめんね湖北省(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 21:44:59.54 ID:D0yKWqIu
にこ「何で笑ったのよぉ……何でよぉ」

希「ふふっ。そうやね」

希「にこっちってちっちゃいし、もしかしたら1年かなって思って」

にこ「……それさっきの話じゃない!!」

にこ「今の!! 話!!」

希「今の!! 話!!」

にこ「マネはやめなさいよおおおおお」

希「いや、びっくりしちゃって」

にこ「こっちがびっくりしたわよ! さっきの諦めて何で笑ったかに照準絞ったのに!」

希「にこっち? こっち? ぶふっ」

にこ「笑うなあああああ」
14: 名無しで叶える物語(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 21:51:02.19 ID:D0yKWqIu
にこ「話を戻すけど、にこが、もしかしたら1年かもって思ったのよね」

希「うん……うん?」

にこ「いやアンタが言ったのよ! 何首傾げてんのよ! 首すわってないの?」

希「そんなにわーわー言わんといて。耳が死んでしまうやん」

にこ「死なないわよ! わーわー言ったら死ぬの!?」

希「わーわー……どうやら死なないみたい」

にこ「違うわよ! アンタじゃなくて、にこがわーわー言ったら死ぬのかって言ってんの!!」

希「? 死ぬわけないやん?」

にこ「知ってるわよおおおおおおおおおおお!!!」
15: 名無しで叶える物語(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 21:57:26.29 ID:D0yKWqIu
希「それに、にこっちは一年ではないよ?」

希「にこっちはウチと同じ三年やん」

にこ「知ってるのよ、それは。アンタが言い出したのよ最初に」

希「面白いなぁ、にこっち。今の全部冗談やん♪」

にこ「あっ、そうなの? 希眠いのかと思ったわよ」

希「にこっちに構って欲しくて……つい」

にこ「何なのよ。めんどくさいわね」
17: 名無しで叶える物語(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 22:03:22.71 ID:D0yKWqIu
希「……」

にこ「いや、しゃべりなさいよ!!」

希「にこっち……ウチもちょっと考えたい事とかあるんよ?」

希「それを、にこっちのペースに無理やりもっていくのはどうなんかな?」

にこ「悪かったわよ……今のは」

にこ「私だって希のことを考えての発言だったんだからね」

希「うん……分かってるよ。ウチもごめん」
18: 内容なんて無いよう(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 22:10:11.44 ID:D0yKWqIu
にこ「暇ね……あ~寒いわね!」

希「そうやね。ウチ寒いのって苦手」

にこ「そうだっけ。まぁ私も寒いのは苦手かなぁ」

にこ「今日なんてめちゃくちゃ寒い……って、アンタこの前冬は大好きみたいなこと言ってたわよね!?」

希「あぁ……アレ気の迷い。雰囲気で言っただけやから。冬いらん」

希「スピリチュアルやね、みたいなもんや」

にこ「自暴自棄すぎるでしょ。アンタのアイデンティティ消えたわよ」

にこ「私も雪とか嫌いだわ」
20: メンゴメンゴ(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 22:19:41.66 ID:D0yKWqIu
にこ「あー早く穂乃果たち来ないかしら」

希「ウチがいるやん?」

にこ「分かってるわよ……助かってる」

にこ「一人じゃ寂しいもんね。すぐダメになるから」

希「せやね。にこっちは寂しがり屋やもんね」

にこ「誰でもそうでしょうが……今の自分の境遇とか、普通の人だったらこんな元気でいられないわよ」

希「ふふっ、違い無いね」

――ジジッ
21: 名無しで叶える物語(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 22:24:13.30 ID:D0yKWqIu
にこ「あーもういいわ!! もう待ってられない!」

にこ「寝るわ!」

希「あかんって、にこっち。ここで寝たら風邪引いちゃうよ?」

にこ「もうムリだから。これ以上待ってても誰もこないわよ」

にこ「おやすみ」

希「にこっち? にこっち!! 起きてよにこっち!!」

希「にこっち……ウチの方が一人は寂しいんよ。寂しがり屋なん」

希「一人にしないでよ……にこっち」

希「ごめんね、にこっち。皆」

希「おやすみ」
22: 名無しで叶える物語(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 22:28:35.29 ID:D0yKWqIu
救助隊「……してくれー」

救助隊「返事をしてくれー!」

救助隊「いたぞ!! ここだ!!」

救助隊「くそっ、ダメか……これは、ボイスレコーダー?」

救助隊「これも持って行ってやるからな」

――ブチッ
23: 名無しで叶える物語(雨が降り注ぐ世界)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 22:29:24.80 ID:00X5//pk
え?
24: 名無しで叶える物語(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 22:39:23.24 ID:D0yKWqIu
穂乃果「これがにこちゃんと希ちゃんの最期」

海未「遭難して、絶命しても、このボイスレコーダーを離さなかったらしいです」

真姫「うっ……にこちゃん……希ちゃん」

花陽「雪山は寒かったよね……頑張ったんだね」

凛「うぅ……こんなのひどいよ」

ことり「もう2人に会えないなんて」

絵里「会えるわよ。ずっと二人は私たちが覚えているから」
25: 完(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 22:39:42.55 ID:D0yKWqIu
ちゃんちゃん
31: 名無しで叶える物語(もも)\(^o^)/ 2015/05/10(日) 00:15:18.98 ID:g+weLBCG
ちよっと泣きそうになった
完(笑)のせいで台無しになった
33: 名無しで叶える物語(もみじ饅頭)\(^o^)/ 2015/05/10(日) 00:53:48.09 ID:Ii6td5rQ
悲しいなぁ...こういうの好き
だが、完(笑)は卑怯

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク