【艦これ】提督「梅雨以来祥鳳の肩を見ていない」

1: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 18:54:24.00 ID:4YDy77rq0

艦これより、祥鳳型軽空母一番艦、祥鳳のSSです。前回少し間が空くと言ったな? あれは嘘だ



↓過去作

【艦これ】川内「夜戦だけが好きなわけじゃない」


【艦これ】提督「中破した浴衣浦風を襲ってしまった……」


【艦これ】比叡「司令のことを考えると眠れない」


【艦これ】提督「那智が好意に気づいてくれない」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443002063
2: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 18:55:47.84 ID:4YDy77rq0
提督(……梅雨の時期から、既に数ヶ月)

祥鳳「~~♪」カチャカチャ

提督(祥鳳が……以前のように、肩を出した格好をしなくなった……)

提督(まともに着付けをした祥鳳を見て「どちら様?」と散々からかったのを、暗に非難しているのだろうか……)

提督(普段の軽やかな雰囲気とは違うしめやかな雰囲気に、心動かされたのを誤魔化すためだったんだが……)
3: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 18:56:45.82 ID:4YDy77rq0
祥鳳「提督、お茶をどうぞ」コト

提督「あ……ありがとう、ございます」

祥鳳「? どうしたんです、変にかしこまって」

提督「い、いや……」

祥鳳「もう、変な提督ですね。ふふっ」

提督「…………」
4: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 18:58:02.35 ID:4YDy77rq0
提督(…………)

提督(人は……失ってみて初めて、当たり前だと思っていたものの大きさに気づくんだな……)

提督(以前は立場上、意識して抑えていたが……)

提督(……もはや抑えきれん! 祥鳳の素肌が見たい!)
5: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 18:58:34.50 ID:4YDy77rq0
提督(チラリズムを刺激する太もももいいけど、白くてすべすべしてるあの肩がもう一回見たい!)

提督(あああ、お触りしたいよおおお、胸元凝視したいよおおお!)

提督(…………はぁー。仕方ない)

提督(このままじゃ艦隊運営にも支障を来すからな(自己弁護)。どうにかして祥鳳に以前の格好に戻ってもらおう)
6: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 18:59:58.13 ID:4YDy77rq0
提督(……とりあえずは、機嫌取りでもしてみるか)

祥鳳「提督、どうかされましたか? 黙り込んで……お疲れなのでは?」

提督「……いや、大丈夫だ。……俺よりも祥鳳の方こそ、秘書艦務めで疲れてるだろう? 肩でも揉んでやろうか?」

祥鳳「え、そんな。私は大丈夫ですよ。提督に肩を揉んでもらうなんて……」

提督「……ままま、そう言わず。座って座って」

祥鳳「はあ……」
7: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:01:05.41 ID:4YDy77rq0
提督「……それじゃ」グッ

祥鳳「は、はい……」

提督「……」ギュッ

祥鳳「……っん」

提督「……」グッグッ

祥鳳「はぁっ……んっ、く」

提督「…………」ピタ
8: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:01:46.09 ID:4YDy77rq0
祥鳳「あ……? す、すみません、提督。お耳障りでしたか?」

提督「い、いや……祥鳳が構わないのなら、続けるが……」

祥鳳「はい……せっかくですから、お願いします……」

提督「そ、そうか……」

提督「……」ピト

祥鳳「……っ」ピク
9: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:03:19.25 ID:4YDy77rq0
 ※以下はKENZENなマッサージ風景です

祥鳳「んっ……はぁっ……あ、あっ」

祥鳳「ああっ、そこっ……も、もっとぐりぐりってして下さぃ、提督ぅ」

祥鳳「ん、もっと、強く……あ、いいっ……ぅんっだめぇっ、もっとぉ!」

祥鳳「はっ、あっ、ああっ……!」

祥鳳「あああ~~~っ!!」
10: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:04:03.98 ID:4YDy77rq0
祥鳳「……っはー、はー、はぁー…………」

祥鳳「……はっ、ご、ごめんなさい提督」

祥鳳「あんなに乱れてしまって……恥ずかしいです///」

祥鳳「でも、その……凄く……気持ち、よかったです……」

祥鳳「よろしければ、また……あ、でも今度は、私がしてあげますね……」
11: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:05:02.60 ID:4YDy77rq0
 ――――

瑞鳳「…………」

瑞鳳「はわわわぁ、とんでもないもの聞いちゃったよぉ……///」

瑞鳳「て、提督と祥鳳が……きゃ~っ///」パタパタ…

 ――――
12: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:05:50.58 ID:4YDy77rq0
祥鳳「それじゃ提督……おやすみなさい」

提督「あ、ああ……」

 パタン

提督「…………」
13: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:06:47.80 ID:4YDy77rq0
提督「っふぅ~……」

提督(……いや、イカンって。刺激強すぎるって)

提督(変に溜め込まないようにするのが目的だったのに……余計溜まってしまった)

提督「……今夜は寝れそうにねぇわ」
14: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:08:14.08 ID:4YDy77rq0
 ・
 ・
 ・

提督「……まんじりともせずに一夜を明かしてしまった」

提督(記憶の中の素肌と、耳に残った嬌声が…………ふぅ)

提督「早めにこの問題を解決せんと、イロイロやばいな……」

 ガチャ

祥鳳「おはようございます、提督」
15: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:08:59.70 ID:4YDy77rq0
提督「……おはよう」

提督(今日もちゃんと着付けてるな……)

提督「……」ジッ

祥鳳「…………あ、あの、提督?」

提督「……ん?」
16: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:09:58.99 ID:4YDy77rq0
祥鳳「そんなにじっと見られると……落ち着かないです///」

提督「あ、すまん……」

祥鳳「…………でいい?」ボソ

提督「え?」

祥鳳「! な、何でもありません。うふふ……」

提督(あー、いちいち色っぽいなぁ、もう……)
17: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:11:03.92 ID:4YDy77rq0
 ・
 ・
 ・

提督(……さて)

提督「最近涼しくなってきたけど……今日は久しぶりに暑いな」

祥鳳「そう……ですね」

提督「……祥鳳は、暑くないか?」

祥鳳「……少し、暑いですかね」
18: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:11:59.07 ID:4YDy77rq0
提督「ふーん……」

祥鳳「……」

提督「……暑いんなら、どうだろう、ほら。前みたいに、肩を出してみては……?」

祥鳳「えっ……」

提督「……」

祥鳳「えっと……あの……///」
19: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:12:45.40 ID:4YDy77rq0
祥鳳「が、我慢できない暑さではありませんから! 大丈夫です!」

提督「あ、そう……」

提督(にしては、顔が赤いが……)

提督(……しかし、自発的に脱がせるなんてのはやっぱ無理かなぁ)

提督(……こうなったら、強行策だな)
20: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:13:51.62 ID:4YDy77rq0
 ・
 ・
 ・

提督「……祥鳳、突然で悪いが今から出撃してくれるか」

祥鳳「え、今からですか?」

提督「ああ、今からだ」

祥鳳「構いませんけど……」
21: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:14:46.12 ID:4YDy77rq0
提督「よし。目的地はサブ島沖だ」

祥鳳「…………え?」

祥鳳「あそこは夜戦が主体となる海域では……?」

提督「そうだっけ」トボケー

祥鳳「…………」
22: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:16:00.28 ID:4YDy77rq0
祥鳳「……一緒に出撃するのは……?」

提督「一人で行ってくれ」

祥鳳「…………あ、あの……?」

提督「…………」

祥鳳「…………」

提督「それと、応急修理要員を三つほど積んでいってくれ。だが大破したらすぐ戻るように」

祥鳳「はぁ……??」

提督(……悪く思うな、祥鳳。これも円滑な執務のために必要なこと(自己弁護)なんだ……)
23: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:16:32.73 ID:4YDy77rq0
 ・
 ・
 ・

祥鳳「――只今戻りました」

提督「うむ(ぐへへ……)」クル

提督「……!?」
24: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:17:36.57 ID:4YDy77rq0
祥鳳(無傷)「どうかされました?」

提督「い、いや……」

祥鳳「幸い、傷を負うことはなかったのですが……申し訳ありません、敵を撃破することはできませんでした……」

提督「しょ、祥鳳が謝ることじゃあない。むしろよく頑張ったよ、うん……」

祥鳳「そう言って頂けると助かります。それでは私、ちょっと補給してきますね」

提督「あ、ああ。ゆっくり休んでくれ……」

祥鳳「はい。ありがとうございます」

 パタン

提督「…………」
25: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:18:40.77 ID:4YDy77rq0
提督「……っく! 常日頃から旗艦にして育てていたのが徒〈アダ〉になったか」

提督「はぁー……どうしよ」

提督「合法的かつごく自然に、祥鳳の柔肌を見て、触れるには……」

提督「………………」

提督「…………」

提督「……」
26: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:19:20.04 ID:4YDy77rq0
 ・
 ・
 ・

提督「……zzz」

提督「……はっ」

提督「……うーん、もうこの際恥も外聞も無視して、ストレートに言ってしまおうか」
27: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:20:44.42 ID:4YDy77rq0
提督「だいたい(ガチャ)祥鳳が悪いんだよ、あんなけしからん身体を見せびらかして。あれじゃ手に付くものも付かな……」

提督「…………ガチャ?」クル

祥鳳「…………」

提督「…………」

祥鳳「あ、あの……あの……っ///」プルプル
28: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:21:29.29 ID:4YDy77rq0
提督「し、祥鳳? 今のは、その……」

祥鳳「す、すみません、私ったら……知らず知らずのうちに、提督のお邪魔になっていたなんて……!」

提督「ち、違う! 字面通りに受け止めるな!」

祥鳳「いいんです……わ、私のような卑しい者を、今までお側に置いて頂き……ありがとう、ございましたっ」

祥鳳「これから先は、なるべく提督のお目に……入らない、ように……っ」ポロ
29: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:22:03.20 ID:4YDy77rq0
提督「祥鳳っ!」ガシッ

祥鳳「……て、提督……?」

提督「……違うんだ……俺はただ……祥鳳に……」グッ
30: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:23:34.70 ID:4YDy77rq0
提督「祥鳳に、肩を見せてほしいだけなんだーーーーっ!!」

祥鳳「へ? …………ふぇ?!」

提督「お前は卑しくなんかない、卑しいのは俺の方だ! 正直に言ってしまおう、俺はお前に欲情している!」

提督「お前の素肌を四六時中三百六十五日眺めていたいと、できることならば満足するまで撫で回したいと……」

提督「…………」
31: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:24:24.17 ID:4YDy77rq0
提督「…………いや、違う」

提督「――お前を俺のものにしたいんだ、祥鳳っ!」

祥鳳「――っ///」

提督「お前だから……お前が、愛しいから……だからお前に、こんなにも……!」

祥鳳「……提督……」
32: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:25:27.80 ID:4YDy77rq0
提督「……すまん、何言ってるんだろうな、俺は。……軽蔑してくれ」

祥鳳「…………軽蔑なんて、しません」

提督「…………」

祥鳳「私も、正直に言いますね……」

提督「……祥鳳?」
33: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:26:40.45 ID:4YDy77rq0
祥鳳「ずっと……提督のことを、お慕いしていました……」

提督「!」

祥鳳「提督のことを思う度に、提督の声を聞く度に、提督の隣にいるのを意識する度に……身体が熱く、切なくなるのを隠してきました……」

祥鳳「……好き。好きです、提督。……大好き」

提督「祥鳳……!」ギュッ

祥鳳「提督……」ギュ
34: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:27:29.64 ID:4YDy77rq0
祥鳳「……こんな日が、いつか訪れてくれないかと……願っていました」

提督「……」クイ

祥鳳「あっ……」ドキ

提督「祥鳳……いいんだな……?」

祥鳳「…………」ドキドキ

祥鳳「はい……」スッ

提督「……っ」
36: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:29:27.08 ID:4YDy77rq0
 提督に抱きすくめられた祥鳳が目を閉じる。その瑞々しい唇と提督の唇が――重なった。

 提督はやや性急に祥鳳の口に舌を侵入させる。この一時のキスだけで、溜め込んだ欲望全てを発散しようとしているかのような、荒々しい動き。

 祥鳳もそれに応え、舌を絡め、身体を押し付け、自らの思慕の念を余すところなく伝えようとする。

 ――野生的かつ情熱的なキスを交わす間に、祥鳳の着衣が乱れていた。胸元が緩み、左肩が少しずつ露になっていく。

 それに気づいた祥鳳は右手で衣服を整えようとするが――提督が、その手を掴み遮った。
37: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:30:28.93 ID:4YDy77rq0
祥鳳「あっ……」

 驚いた拍子に二人の唇が離れる。だがそれでも、鼻の頭がくっつきそうな至近距離で互いを見つめ合っていた。

祥鳳「提、督……」

提督「……」ギュッ

祥鳳「や……恥ずかしい、です……」
38: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:31:58.60 ID:4YDy77rq0
 嬉しさと恥ずかしさが入り混じり、祥鳳の瞳が潤む。頬も、肩も、そしてきっと全身が――熱を帯びたかのように赤くなっていく。

 提督が祥鳳の左腕に手を伸ばす。祥鳳はほんのわずかに顔を伏せはしたものの、拒もうとはしない。

 提督の手が祥鳳の肩に触れた。祥鳳の身体がピクリと震える。提督の手は、祥鳳の肩を、腕を、優しく摩<サス>りながら下へと伝っていく。

 指先が祥鳳の手の甲に達した――その瞬間、祥鳳は手のひらをくるりと返し、提督の手を握り、決して離すまいと指を絡める。
39: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:32:41.87 ID:4YDy77rq0
提督「……」

祥鳳「……」

 再び、間近で見つめ合う二人。いつの間にか反対側の手でも、自然と指を絡め合っていた。

祥鳳「……提督」

提督「……」
40: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:33:20.67 ID:4YDy77rq0
祥鳳「私……恥ずかしかったんです」

提督「え……?」

祥鳳「提督をお慕いする気持ちが強くなってから……提督の視線を、気にし過ぎてしまって……」

祥鳳「それで、いつもの姿が恥ずかしくなって……」

提督「そう……だったのか」
41: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:34:47.09 ID:4YDy77rq0
祥鳳「……でもそのことで、むしろ提督にご迷惑を……」

提督「……そのことは、いいんだ」

祥鳳「…………」

提督「お前のせいではなく……俺が節操なしだというだけだ」

祥鳳「……ふふ」
42: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:35:36.58 ID:4YDy77rq0
祥鳳「……でも……でも、ね」

提督「……?」

祥鳳「正直なところ……嬉しかったです。……提督が私のこと、女として見てくれていて」

祥鳳「……やっぱり私、卑しい女ですね」

提督「……そうかな」
43: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:37:19.25 ID:4YDy77rq0
祥鳳「…………」

提督「…………」

祥鳳「……ねぇ、提督」

提督「……ああ」

祥鳳「卑しい私に……お仕置き、して下さいませんか……?」

提督「……!」ドクッ
44: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:38:13.76 ID:4YDy77rq0
 ガバッ

祥鳳「きゃっ……!?」

提督「祥鳳……節操なしの俺にそんなこと言って……どうなってもいいんだろうな……?」

祥鳳「…………ぅん……」ポッ

提督「……我、夜戦に突入す……!」

 ・
 ・
 ・
45: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:38:50.77 ID:4YDy77rq0
空母は夜戦で無抵抗――後は解るな?

というわけでカット
46: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:40:14.48 ID:4YDy77rq0
 ――結局その後も、祥鳳はしっかり着付けをした姿で日々を過ごしていた。

 だが、もはや提督がそのことを気にする必要はなくなったのである。なぜなら――

提督「……毎晩のように、こうして見られるからな」

祥鳳「んもうっ……早く明かり消して下さい……///」
47: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:41:08.71 ID:4YDy77rq0
 ――――

瑞鳳「…………」ソロリ…

瑞鳳「はわわわぁ……また通りがかっちゃったよぅ……///」

 ただ、代わりに一人、悶々と眠れぬ夜を過ごす者が生まれていたが……



   ――艦
48: ◆GFAFNejGqE 2015/09/23(水) 19:43:19.80 ID:4YDy77rq0
今回もおまけなし、以上で終了です

ここ最近R-15寄りの描写が多くなってるので、次作では純粋純情な純愛を書きたい
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 19:51:22.07 ID:RGAFgJ0fO
勢いあるなあ
乙です
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/23(水) 20:08:35.29 ID:aX5avzmfo
乙乙
祥鳳さん可愛い
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/25(金) 00:11:07.21 ID:OD1C5MLKo
あああああ砂糖があああああ
おつつ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク