夜神月「>>6……っと・・・・・・」カキカキ リューク「何してんだ・・・?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:30:59.128 ID:OEy1pAie0
夜神月「死因は・・・・・・>>11だな」
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:33:11.100 ID:6v8Cl7fD6
両津勘吉
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:33:33.568 ID:P+g/QoYhK
香取○吾
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:34:11.712 ID:oO5lNMjl0
作者死亡
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:38:54.304 ID:OEy1pAie0
リューク「なんだよそれは・・・」

夜神月「十数年越しの映画化・・・こち亀さえ消えればこの僕が再び再びWJに降臨できる」

夜神月「確証はないが可能性は高いしやる価値はあるよ」

リューク「でも何故わざわざ作者死亡なんだ?両津勘吉さえ死ねばいいんじゃないか?」

夜神月「馬鹿だな、リュークは・・・あの両さんがノートに書かれただけで簡単に死ぬと思うか?40年続いたギャグ漫画の主人公だぞ」

リューク「それは・・・・・・・・・そうか」

リューク(デスノートをなんだと思ってるんだ)

夜神月「だから両さんを殺すためには作者という土台から崩さなきゃね」
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:41:46.166 ID:OEy1pAie0
夜神月「さあて・・・・・・じゃあ作者の無様な死に様でも拝んでおくか」

リューク「?作者がどこにいるのかわかっているのか?」

夜神月「ああ、>>19にいるよ。僕達もそこに向かおう」
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:49:02.524 ID:0TmQI7wA0
ラピュタ
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 00:53:38.190 ID:OEy1pAie0
リューク「ら、らぴゅた?なんかきいたことあるような」

夜神月「ああ、天空の城だ 飛行機の準備なら出来てる。40秒で支度しな」

リューク「ところでなんでこち亀の作者がそんなとこにいるんだ?」

夜神月「簡単なことさ…取材旅行だよ……こち亀のね」

夜神月「こち亀の取材中にこち亀の敵に殺されるなんて皮肉だよな さあいこうリューク」

???「連れてって!!!」

夜神月「!! お前は・・・>>26!!」
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:03:12.323 ID:qrd3UZo+d
ムスカ
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:12:57.185 ID:OEy1pAie0
夜神月「ムスカ大佐・・・」

ムスカ「ほう?わたしのことを知っているのか 光栄です」

ムスカ「私もラピュタに行きたい!もちろん報酬は弾もう」

夜神月「・・・・・・」

リューク「連れてってやってもいいだろライト?」

夜神月(こいつは極悪人だ・・・殺そう)

ムスカ 死因>>32
32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:16:23.730 ID:6TCtOI9Y0
かめはめ波
33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:22:16.122 ID:OEy1pAie0
夜神月(あくまで事故に見せかける必要があるな・・・たしか今日は……よしこれでいこう)カキカキ

ムスカ「どうした?連れてってくれるのかねくれないのかね」

夜神月「いいでしょう。じゃあ飛行機のうしろに乗ってください」

ムスカ「あやうく私のリボルバーが火を吹くところだった・・・・・・」

バラララララララララララ・・・

ムスカ「なかなかのヘリではないか」

夜神月「そうですね…」

ギュイーーーーン

カッ

ドガーーーーーン

ムスカ「がはぁっ!!っ!!!!」

ヒューー

リューク「!!?なんだあれは!?」

夜神月「今日は天下一武道会の日だ・・・たぶんそれの流れ弾のかめはめ波だろう」

夜神月「邪魔者も消えたしステレオでもかけるか」

携帯『プルルルル』

夜神月「ん?だれだ?」ピッ

>>39>>46
39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:25:55.375 ID:WcXxvMKu0
ルイズ
46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:26:42.367 ID:tgThFZz90
私だ
47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:29:37.084 ID:OEy1pAie0
ルイズ『私だ』

夜神月「お前だったのか」

ルイズ『暇を持て余した』

夜神月「神々の」

ルイズ•夜神月『「遊び』」

夜神月「…」ピッ

リューク「・・・・・・?」

プルルルル

夜神月「おっとまた着信だ」ピッ

>>50>>62
50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:30:43.377 ID:oO5lNMjl0
工藤しんいち
62: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:40:00.043 ID:FYShQ25P0
犯人はお前だ
64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:48:41.478 ID:OEy1pAie0
新一『犯人はお前だ』

夜神月「!!?」グラッ

夜神月(な、なにを言ってる・・・?ぼ、僕がキラだとどうやって・・・・・・エ、Lの策略か?し、しかし・・・・・・)

夜神月「な、なんのことです?だいたい何の犯人なんですか・・・」

新一「とぼけるなよこの大量殺人機!」

夜神月(や、やはり・・・・・・こいつ・・・)

夜神月「す、すみません何のことか分かりませんが今ぼくは飛行機の運転中なんです。その話は後でしましょう」

新一「・・・目的地はどこだ?」

夜神月「・・・・・・・・・・・・ラピュタ・・・」

新一「じゃあ俺もそこに向かいます。ラピュタで落ち合いましょう!」

夜神月「!!・・・・・・はい」ピッ

リューク「ククッ、大ピンチだな」

夜神月「・・・・・・・・・・・・!!!」
66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:51:19.386 ID:OEy1pAie0
リューク「ところでラピュタはどこにあるんだ?」

夜神月「この竜の巣の中だ」

ゴオオオオオ

リューク「入れるのか?」

夜神月「こんなものは根性だよ」グッ

ゴオオオオオオオオオオオオ

ラピュタ到着かどっかに吹き飛ばされるか(場所も)>>70
70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:52:56.883 ID:BPg//MUS0
73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 01:58:07.191 ID:OEy1pAie0
グオオオオオオオオオオ

夜神月「こ、これは・・・・・・!!!」

夜神月「やばい・・・!!!やはり無理か!」

グオオオオオオオオオオオオオオオ


───────────────────────
──────────────
──────

夜神月「いてて・・・・・・・・・ここは・・・」

リューク「月だな」

夜神月「呼んだか?月はぼくだぞ!」

夜神月「・・・・・・・・・って月(ツキ)じゃん!!」

>>76「あ、どもっす・・・」

夜神月「!! なぜあなたがここに!?」
76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 02:02:03.409 ID:8intlCatd
戸塚
78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 02:08:48.215 ID:OEy1pAie0
夜神月「あなたは…戸塚さん……!!なぜここに!!?」

戸塚「無理矢理ここに飛ばされたのさ…」

夜神月「飛ばされた…って・・・だれに・・・?」

戸塚「決まってるだろ!!秋本治の野郎だ」

夜神月「なに!?」

戸塚「あの野郎・・・都合が悪くなるとてめえで作ったキャラクターを竜の巣に落とし存在を消そうとしやがるんだ…」

夜神月「そういうことだったのか・・・・・・」

夜神月「・・・!そういえば今日秋本治先生はラピュタに出向いてた」

戸塚「・・・ということはまた誰か飛ばされるんだ!!キャラクターを消すために!」

夜神月「なんて奴だ・・・」
79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 02:19:06.369 ID:OEy1pAie0
リューク「だが誰も来ないじゃないか」

夜神月「・・・そうか!安心してくれ!秋本治は僕が殺した!つまりもうここに誰かが飛ばされることはない!」

戸塚「ほんとか!朗報だな!よっしゃ!宴だ!わはは!」

夜神月「はい!もう戻れないのでここに住まわせてください!」

戸塚「あたぼうよ!俺の毎晩の酒に付き合ってもらうぜ!」

ワハハハアハハハ


ーその頃・・・ラピュタではー

新一「これは・・・死んでる・・・」

秋本治「」

両津「どういうことだ!この作者の野郎にこんなとこに連れてこられたと思ったら急に倒れだしたぞ!!」

部長「うむ!作者はワシらを竜の巣だかに落とすとかなんとかとかと言っておったが・・・」

中川「というか作者が死んでしまったら僕たちの存在も消えてしまうんじゃ!?」

麗子「キャア!」

マリア「そんなのいやですわ!」

本田「ところで竜の巣ってなんでしょうね?」

ガヤガヤワイワイ

新一(秋本さんはこち亀を終わらせるつもりだったという噂があった・・・
だけど真偽はわからないし40年の幕をここで下ろして良いものだろうか・・・)

新一「・・・わかりました、みなさん安心してください」

新一「青山剛昌に名探偵コナンの連載を終わらせて「新・こち亀」として引き継がせてもらいましょう。それならこち亀は終わることはありません」


こうしてこち亀は向こう40年もつづいたのだった・・・

終了
80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 02:39:02.293 ID:WcXxvMKu0
81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 02:43:40.491 ID:xQhwKfSAp
無理矢理感
82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/09/05(月) 04:09:08.401 ID:tQUGr1I6H
こんどは新一たちが消えるじゃんワロタ

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

このSSの生でこち亀は終わったのか


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク