小日向美穂「私達のプロデューサーと。」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:01:05.59 ID:Fxpubhq+0
ー事務所ー

美穂「はあ…」しょんぼり

P「よう、どうした美穂、アホ毛に元気がないぞ」

美穂「あ…プロデューサー…おはようございます…」

P「おう、おはよう。で、どうしたんだ、そのアホ毛」

美穂「あの…髪の毛っていうか…元気がないのは私なんですよ…」


P「はあ?レッスンであがりまくって叱られた?」

美穂「そうなんですよ…最初の挨拶だって…」ほわんほわんほわ~ん(回想)

ーーーーー
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:01:43.94 ID:Fxpubhq+0
ベテトレ「では今からレッスンを行う。 ビシバシ行くからそのつもりでな!」

美穂「ははは、はいっ!よ、よろしくお願いしまひゅっ!」

加蓮「…ぷっ」

美穂「う、うう…」

ーーーーー

ベテトレ「ワンツースリーフォー、ワンツースリーフォー!」

加蓮(…なんだろう、あれ)ぽかーん

美穂「いち、にい、さん、しい…」ぎくしゃくぎくしゃく

ベテトレ「ストップストップ!北条、よそ見をするな!
小日向は手と足が連動しててロボットになってるぞ!」パンパン

美穂「うう…す、すみませ~ん!」

ーーーーー
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:02:16.67 ID:Fxpubhq+0
P「だはははははは! お前それは、緊張しすぎだろ~」

美穂「うう…プロデューサーもそう思いますよね…」

美穂「レッスンは途中で止めちゃうし…周りにも、ご迷惑かけちゃって…はあ…」

P「………うし」

P「外行くぞ、気分転換だ」

美穂「へ?」

P「そのしおれたの、気になってしょうがないからな、ほら、光合成するんだよ」

美穂「こ、これはそういうのじゃありませんよ~っ!」

PaP(仲がいいなあ…)かたかた

ーーーーー
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:03:21.80 ID:Fxpubhq+0
ー事務所内、庭園ー

美穂「うわあ…ぽかぽかして気持ちいいですね、プロデューサー」

P「そうか、…まあ、こんなにあったかいならすぐに元気になるな」

美穂「はいっ!小さい悩み事なんて、ふっとばしちゃえそうです。」

P「アホ毛が飛ぶのはちょっとなあ…」

美穂「だから、これはそういうのじゃありませんってば~っ」

夕美「あ、CuPさん、美穂ちゃん!」たたたっ

美穂「夕美さん、こっ、こんにちは!」

夕美「あははっ、そんなに緊張しなくても大丈夫なのに。」

P「そうだぞ、緊張しすぎるとPaPみたいな頭になるからな」

夕美「あはは…ところで二人はお散歩なのかなっ」

美穂「は、はいっ! 夕美さんは、お花のお世話ですか?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:04:03.01 ID:Fxpubhq+0
夕美「うん、もうすぐ私のお誕生日だから、PaPさんの机に、これを飾ろうかなぁって。」

美穂「わあ…ちっちゃくてかわいいお花ですね…! 」

夕美「ゴテチアって言うんだよっ! 私の誕生花なんだっ♪」

P「へえ、食えんの?」

美穂「ぷ、プロデューサー!」

夕美「食べられはしないけど…
あ、でも最近ね、育てたお花やハーブで、お茶とかお菓子とか作ってみてるんだっ」

美穂「わあ、すごく楽しそうですね、そういうの…」

P「ふーん…あ、これ今から植えるのか?」

夕美「うん、ミントをね、植え替えようかなって。」

P「俺も手伝おうか、この花壇なんかどうだ?広いし花もいっぱいだし」植え替えっ

美穂「あ、いいですね、私も手伝います!」ざくざく…

夕美「気持ちはありがたいんだけど…
ミントは繁殖力強いから、そこに植えたら他のお花が枯れちゃうんだ…」

美穂・P「えっ」

ーーーーー
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:05:14.81 ID:Fxpubhq+0
美穂「謝ってたらすっかり遅くなっちゃいましたね」

P「そうだな、これじゃ光合成できないよなあ」

美穂「ぷ、プロデューサー!」

P「ははは…悪い悪い。…けど、言っとくが、ミントの件はわざとじゃないからな」

美穂「私も知りませんでしたし、仕方ないですよ…」

美穂・P「はあ…」

夕美『ごめんね、先に言わなかった私が悪いから気にしないでほしいなっ』

夕美『けど…次からは一言言って欲しいな…お花も、こんな風にされたらかわいそうだもん』

P「いくらなんでも、俺もやりすぎたな…」

美穂「余計に落ち込んじゃいます…」しょんぼり

P「はあ…」とぼとぼ

美穂(プロデューサーさんは、悪い人じゃないんですけど…
たまにこうやって失敗するところが、なんだか私と似ているような気がします。)

P「アホ毛、しおれてんぞ…」

美穂「アホ毛じゃないですよ…」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:06:04.16 ID:Fxpubhq+0
ーそれからしばらくして、美穂、ダンス補習中ー

ベテトレ「ほお…」

美穂「はぁ、はぁ、ど…どうでしょうか…」

ベテトレ「まさか踊りきるとはな…何かあったのか?」

美穂「いえ、その…なんだか、踊ってるうちに楽しくなってきちゃって…」

美穂「って、あれ? 今、私、踊れてましたかっ⁉︎」

ベテトレ「あ、ああ…形だけ、ではあるが一応はな…」

美穂「わ…わあ…」へたっ

ベテトレ「こ、小日向⁉︎」

美穂「えへへ…私が…踊れちゃうなんて…」ふにゃっ

ベテトレ「……かわいらしいな」

美穂「ほえっ⁉︎」

ーーーーー
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:06:36.17 ID:Fxpubhq+0
美穂「それで、気がついたら、踊れちゃってたんです!しかも、か、かわいいって!」

P「へえ…じゃああれか、ダンスはもう完璧なのか」

美穂「はいっ!今なら私、歌いながらだって踊れちゃいそうです!」

P「へえ、そりゃすごいな…よし、一つやって見せてくれ」

美穂「は、はいっ! えっと…あ、あれ…?」

P「どうした?」

美穂「さ、最初のステップってどんなでしたっけ…?」

P「俺が知るかっ」

美穂「うう、夢中で踊ってたから、振り付けとか、全部飛んじゃいましたぁ~っ!
ど、どうしよう~っ⁉︎」

P「はあ…こりゃまだまだみたいだなあ…」

ーーーーー
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:08:04.58 ID:Fxpubhq+0
ー休憩室ー

PaP「そんなに髪の毛薄いかな…」

夕美「気にしなくても、私、そのままのPさんが好きだよっ!」

PaP「夕美はやさしいなあ…」なでなで

夕美「えへへ…」

CoP(女性P)「夕美ちゃーん、お菓子ーおかわりぷりーずぷりーず!」

加蓮「プロデューサーさんは少し空気を読もうよ…あ、でも本当美味しい」

CoP「空気くらい読めるよー、CuPじゃないんだから」

P「おい、誰だ今俺の事イケメンとかいったのは」

美穂「わあ…美味しそうなお菓子ですね!」

夕美「ちゃんとみんなの分、焼いてあるからねっ。ハーブティーもどうぞ♪」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:08:37.59 ID:Fxpubhq+0
ベテトレ「おや、随分賑わってるじゃないか…おい小日向」

美穂「ひゃ、ひゃいっ⁉︎」

ベテトレ「さっきCuPから聞いたが、振り付けを全く覚えてなかったらしいな」

美穂「う、うう…それはその…」

CoP「あー、CuPチクりだー」

CuP「誰がチクリだよ、報告と言え報告と」

美穂「お、怒ってますよね…?」

ベテトレ「いや、構わん。 逆にしごきがいがあるというものだ」

加蓮「だってさ。よかったじゃん。」

美穂「う、うん…って、私、しごかれちゃうんですか⁉︎」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:09:26.99 ID:Fxpubhq+0
ベテトレ「当たり前だろう…というか、横で笑いをこらえてる北条もだぞ」

加蓮「げっ、私⁉︎ なんで…」

ベテトレ「なんでも何もないだろう、体力面だけで言うなら、お前は小日向以下だからな
小手先の技量だけでやっていけるほどこの世界は…」くどくど

加蓮「あ、ああ、そういえばベテトレさんの分のお菓子、確か作ってたよね」

ベテトレ「何? それは本当か…?」

加蓮「本当ですって、ねえ夕美…」

CoP「だいたい一言多いんだよ、CuPは! こないだもそれで怒られたの私なんだよ⁉︎」

CuP「うるせえなあ、いいだろ、埋め合わせでケーキおごっただろうが…」

CoP「あれっぽちで私の胃袋は満たされませんー」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:09:57.95 ID:Fxpubhq+0
加蓮「あの、プロデューサーさん」

美穂「ぷ、プロデューサー!」

二人「何⁉︎」

加蓮「いやその…夕美達は? 」

美穂「ベテトレさんの分のお菓子、まだ出してもらってなかったなーって。」

ベテトレ「いや、私は別に、そんな…食べたいとかじゃなくてだな
…ただ、美味しそうだなぁ…と」もにょもにょ

CoP「あの二人なら…」

CuP「ほれ、見てみろあそこ」

美穂「向こう…?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:10:24.97 ID:Fxpubhq+0
夕美「はい、Pさん、あーん♪」

PaP「いや、自分で食べられるったら」

夕美「いいからっ! …私のあーんじゃ…嫌かな?」

PaP「…………!」なでなで

夕美「ひゃっ、もう…いきなり撫でたらびっくりするからやめてってば…もぉ」///
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:10:51.68 ID:Fxpubhq+0
CoP「とまあ、あんな感じで。」

CuP「末長く爆発しろ、つかハゲろ」

加蓮「あはは…残念だったね、ベテトレさん…」

美穂「わ、私の分でよければ、少し食べますかっ?」

ベテトレ「…よし、相葉は後でお前らの倍しごくことにしよう」

美穂「あ、あはは…」

ーおしまいー
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/09(木) 14:40:45.67 ID:+mgTqo0po

やはり小日向ちゃんはかわいい

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク