P「おいおい、お前ら2人に不仲説が出てるぞ?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:44:52.120 ID:D/fY/au40
P「あれほど気をつけろって言っただろ?」

亜美「は?亜美は気をつけてるよ?真美じゃないの?」

真美「は?真美のせいにしないでくれる?気分悪いんだけど?」
2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:46:33.090 ID:D/fY/au40
P「…なら繋いでる手をはなしたらどうだ?」

亜美「は?兄ちゃん何言ってんの?」

真美「真美たちに死ねって言ってんの?」

P「いや、別に言ってないけど…」
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:47:56.780 ID:D/fY/au40
亜美「ってか待って?今真美『真美たち』って言った?何一緒にしてくれてんの?」

真美「は?ならさっさとはなせばいいじゃん、言葉より態度で示しなよ」

亜美「じゃあ1.2の3でお互いはなそうよ」

真美「いいよ、望むところだよ」
5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:49:09.431 ID:D/fY/au40
亜美「1…」

真美「2の…」

亜美真美「「3!」」

亜美真美「「…」」

亜美「…はなしてないじゃん」

真美「亜美こそ…」

P「…」
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:50:07.891 ID:D/fY/au40
真美「ほんと亜美ってそういうとこあるよね、出来もしないこと言っちゃってさ、出来ないなら言わなきゃいいのに」

亜美「は?真美だってはなさなかったんだから一緒じゃん、ブーメランだよ、それ?」

真美「あーぁ、ほんと嫌いだわー」

亜美「ほんとだよ」

P「もうつっこまなくていいか?これ」
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:51:05.351 ID:D/fY/au40
真美「じゃあ亜美はもう真美と一緒にお風呂入んなくていいんだよね?嫌いなんだから」

亜美「は?なんでそんな意地悪言うの?なら亜美だって真美の背中流してあげないもんね」

真美「一緒にお風呂入らない時点で背中流さないなんて当たり前なんだけど?」
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:51:55.437 ID:D/fY/au40
亜美「あっ…」

真美「ほんと亜美ってバカだよね、なんなの?可愛いすぎるんだけど、真美のこと萌え殺すつもりなの?」

P「あーあ、暇だなー」
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:52:43.302 ID:D/fY/au40
亜美「う、うるさいよ!じゃあ亜美は寝る時に真美のことギュッとしてあげないもんね!」

真美「な!?やめてよ!真美夜寝れなくなっちゃうじゃん!」

亜美「知らないよ、先に意地悪言ってきたのは真美じゃん」

真美「いいもん、勝手にギュッてするもん」

P「小鳥さーん?こないだの資料ありますー?」
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:54:03.652 ID:D/fY/au40
亜美「大体真美はゆきぴょんとかと仲良いんだから、ゆきぴょんと一緒に寝たらいいじゃん」

真美「は?それとこれとは全然別じゃん!そんなこと言い出したら亜美だって竜宮小町のメンバーにちやほやされてデレデレしちゃってさ…調子乗ってんじゃないの?」
12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:54:38.447 ID:D/fY/au40
亜美「は?別に乗ってないけど?ゆきぴょんに膝枕してもらってデレデレしてる真美に言われたくないし」

真美「それ今かんけーないじゃん!」

亜美「かんけー大有りっしょ!亜美に言ったらしてあげるのに…わざわざゆきぴょんにしてもらうとか…嫌がらせ以外のなんでもないじゃん!」

P「あーあー、なんでだろーなー、このコーヒークソ甘いなー、ブラックなのになー」
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:55:20.758 ID:D/fY/au40
真美「亜美だってあずさお姉ちゃんに膝枕してもらってるくせに…真美知ってるんだからね!」

亜美「は?それは真美が構ってくれなかったからだもん!だから真美のせいだよ」

真美「は?意味わかんないんだけど?それなら真美がゆきぴょんに頼んだのだって亜美が竜宮ばっかだからだったからだし亜美のせいだね」

P「おーい、律子ー?竜宮の仕事まだかー?そろそろこの2人引き離してほしいんだけどー?」
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:56:34.114 ID:D/fY/au40
亜美「言ってくれたらいいじゃん!真美ってほんとそうだよね肝心なことは何にも言わないくせに!」

真美「亜美だってそうじゃん!一回も真美に『愛してる』って言ってくれたことないし!」

亜美「そんなの普通言わなくてもわかるじゃん!」

真美「わかんないから言ってるんじゃん!」

P「どーしよっかなー、もう耳塞いだ方が早いかなー」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:57:38.562 ID:D/fY/au40
真美「もー怒ったもんね、もう真美からはチューしてあげない」

亜美「はぁ!?1時間毎のチューは偶数時は真美からするってこないだ決めたばっかじゃん!?」

真美「したけりゃ亜美からすればいいじゃん、真美はもう知んないよーだ」
16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:58:24.146 ID:D/fY/au40
亜美「…わかった、もう亜美からもしないもんね!」

真美「はぁ!?一日中チューしないの!?そんなこと出来るわけないじゃん!だからもっと考えろって言ってるっしょ!」

亜美「うるさいうるさいうるさーい!出来るもん!我慢できるもん!我慢…できる…もん…」ウルウル

真美「あー、もう…想像しただけで辛くて泣いてんじゃん、わかったよ、チューしないなんて言わないから泣きやみなよ…」

P「あー、何にも聞こえねーなー、耳栓最高!」
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:59:14.974 ID:D/fY/au40
亜美「うぅぅ…やだぁ…」

真美「なんでさ?チューしたげるって言ってんじゃん」

亜美「今してくんないと嫌だぁ!今すぐしてくんないと泣き止まないもんね!」
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:00:51.379 ID:D/fY/au40
真美「もう!」

チュッ

真美「これで満足?」

P「あれー?折角耳栓したのになー?視覚もダメかー」
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:01:49.584 ID:D/fY/au40
亜美「えへへ…今回だけだかんね!」

真美「あーあ、ほんとめんどくさいよ…」

亜美「あーあほんと亜美たち気が合わないね」

P「ほんとだな、何時から恋人繋ぎに変わってたっけな?」
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:02:43.105 ID:D/fY/au40
P「…ってことがあってさ」

美希「ふーん」

P「もう、爆発しろって思ったよ」

美希「まぁ、あの2人は思春期だから…素直じゃなくてもしょうがないの」

P「そんなレベルじゃない気がするけどな…」
21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:03:42.740 ID:D/fY/au40
美希「でもハニーも、不仲を心配するなら亜美真美じゃなくてミキたちをどうにかしてほしいの…」

P「え?美希、お前誰かと不仲なのか?」

美希「は?ハニーわかんないの?ミキはずっと…」

ガチャ
22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:04:11.430 ID:D/fY/au40
伊織「おはよ…何?あんたもいたの?」ストン

美希「…いちゃダメなの?」

P「…おい、なんで伊織は美希の膝の上に座ったんだ?」
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:05:01.273 ID:D/fY/au40
伊織「は?他に座るとこがないからに決まってるじゃない?」

美希「それはそうでしょ?ハニーどうしたの?」

P「いや、いっぱいあったと思うけど…」
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:05:47.868 ID:D/fY/au40
伊織「ほんとなら座りたくなんかないけど…しょうがなくよ」

美希「美希だってほんとは座らせたくなんてないの、何?この重さ!?絶対重くならないように気を使ってるの!そういうのやめてっていっつも言ってるのに…」ナデナテ
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:06:33.394 ID:D/fY/au40
伊織「気なんて使ってないわよ!あんたこそ、私を撫でるのやめなさいって前から言ってるでしょ!気持ちよすぎて寝ちゃうのよ!」

美希「だってデコちゃんの髪サラサラで気持ちいいんだもん!デコちゃんのせいなの!」

伊織「はぁ?意味わかんない、バッカじゃないの?あんたの手の方が細いくせに柔らかくって気持ちいいのよ!」
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:07:16.800 ID:D/fY/au40
美希「そんなこと言うならもうミキの家に泊まりにくるの禁止なの!ミキの部屋にあるデコちゃんの服も返すからね!」

伊織「はぁ!?じゃあ私の部屋にあるあんたの歯ブラシも持って帰んなさいよ!」
27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:08:07.571 ID:D/fY/au40
美希「そんな…デコちゃんもうミキの歯磨いてくれないの?あんまりなの!」

伊織「あんたが悪いんじゃない!」

美希「デコちゃんのそういうとこほんと嫌いなの…」

伊織「それはこっちのセリフよ!」

P「…」
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 01:08:34.845 ID:D/fY/au40
P「こんな事務所嫌だ…」

小鳥「本当は?」

P「永久に働かせてください!」

終わり

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク