魔王「世界の半分」女勇者「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:14:44.76 ID:TPsRFZGt0
魔王「私に付けば世界の半分をお前にやろう」

勇者「半分!?」

魔王「(なんかリアクションが大げさだな……)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443780884
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:41:36.18 ID:TPsRFZGt0
勇者「は、半分……」

魔王「(なかなかいい手応えだな、所詮人の子か)」

勇者「ひ、一つ聞きたい!」

魔王「何だ」

勇者「その半分にお前は含まれているのか!」

魔王「」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:42:35.97 ID:TPsRFZGt0
魔王「は?」

勇者「世界の半分だろ!
   それは土地だけじゃなくそこに住む者も含めての話のはずだ!」

魔王「もちろんそうだが」

勇者「な、なら!」

魔王「だが私を含むわけ無いだろう」

勇者「」ガーン
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:43:07.15 ID:TPsRFZGt0
勇者「そ、そんな……」ガク

魔王「(なんだ一体……)」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:43:43.61 ID:TPsRFZGt0
勇者「じ、じゃあ! 10分の1でいいからお前を入れるというのは!」

魔王「10分の1だろうと1000分の1だろうと
   私がお前のものになったら分前の意味などあるまい」

勇者「なら、私もお前のものになれば問題ないって事だな!」

魔王「(なんか戦ってないのに疲れてきた)」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:44:09.23 ID:TPsRFZGt0
魔王「お互いがお互いのものなんて恋人でもあるまいし」

勇者「! お、お前……」

魔王「?」

勇者「そういうのは約束が成立したあと少し恥ずかしそうに言えよ!」

魔王「…………」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:44:48.18 ID:TPsRFZGt0
魔王「お前は私に何を求めているんだ」

勇者「お前自身だ!」

魔王「……? 魔王の座が欲しいというわけか?」

勇者「違う!」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:45:23.02 ID:TPsRFZGt0
勇者「ああもう、お前と話していても埒が明かん!」

魔王「こっちのセリフだ」

勇者「よし、お前の親連れて来い!」

魔王「何故」

勇者「で、その後私の両親に会え!」

魔王「何故」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:47:07.98 ID:TPsRFZGt0
魔王「お互い親を持ちださねばならん歳でもあるまい」

勇者「! ……」

魔王「……?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:48:38.43 ID:TPsRFZGt0
勇者「そう、だな……」

勇者「親の許可なんて必要ない!
   大事なのは私達の気持ち、そうだよな!」

魔王「当たり前だ」

魔王「……」

魔王「(しかし私の考えとは微妙に違う気がする)」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:50:33.51 ID:TPsRFZGt0
勇者「じ、じゃあ聞くが!
   お前の気持ちはどうなんだ!」

魔王「お前のことは高く評価しているが」

勇者「ど、どの辺を評価したんだ!?」

魔王「どの辺て」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:52:48.47 ID:TPsRFZGt0
魔王「たった一人、我が軍の精鋭たちをなぎ倒して現れたのだ
   その力は私さえ超えている可能性もあるだろう
   世界の半分と言ったとおり、私と同格と認めよう」

勇者「うんうん、そうだ、互いが同格、認め合う、当たり前だよな」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:54:26.59 ID:TPsRFZGt0
魔王「……」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「………………」

魔王「?」

勇者「……それだけか?」

魔王「それだけ?」

勇者「お、お前、それだけのことで自分に付き合えだなんてよく言えるな!」

魔王「…………」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:57:03.13 ID:TPsRFZGt0
勇者「私は何もできない女だ……生まれた時から勇者として鍛錬に明け暮れ、
   他のことなど何もできない」

魔王「そうなのかもしれんが、苦手なことは私がいくらか補佐してやるぞ」

勇者「!」

魔王「……?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:57:59.23 ID:TPsRFZGt0
勇者「ふ、ふふ……お前はなんて男だ
   いや、私が馬鹿だった
   そうだ、共に生きるとはそういうことなんだ……」

魔王「(なんかよくわからんが、納得したようだ)」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:59:57.68 ID:TPsRFZGt0
勇者「よし、私はお前とともに歩む!」

魔王「そうか、嬉しいぞ」

勇者「う、嬉しいって、臆面もなくそういうこと言うな!」バシッ!

魔王「(顔真っ赤にして何を言ってるんだこいつは?
    ちょっと涙目だし……)」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 20:02:40.74 ID:TPsRFZGt0



一ヶ月後
魔王と並ぶ地位を手に入れた勇者主導の元
盛大な結婚式が魔王城にて開かれた
魔族人間を問わない客人たちの祝福の拍手の中
真っ白なドレスに身を包み、涙で頬を濡らしながらブーケを投げる勇者を横目に
式が終わり子供が生まれるその日まで
魔王の頭の上には疑問符が浮かび続けていたという

おしまい
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 20:10:50.27 ID:TPsRFZGt0
最後まで読んで頂きありがとうございます
楽しんでいただけたら幸いですが、なんでしょう、このお話?
私には意味がよくわかりませんでした
意味がわかった方は是非私にも教えて下さい
では
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 20:38:40.09 ID:LCVu1YCKo
ちょっとよくわからないからもうちょっとつづけて?
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 21:37:49.78 ID:V8aBWisH0
子供が生まれるまでってことは子供が生まれた時に魔王に心境の変化があったんだな
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 12:55:56.99 ID:qGKub6LO0

・・・・・・・・・・・

魔王「これが、私と母さんの馴れ初めだ」

勇者子「(私達が生まれるまで理解が追いついて無かったんだ……)」

魔王子「(っていうか理解してないのにやることやったんだ……)」

魔王「今にして思えば、全ては勇者の策略だったのかもしれんな」

子s「え?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 12:57:13.54 ID:qGKub6LO0
魔王「魔物の統率者である私がいなくなれば、世の混乱は大きなものとなっただろう
   だが、勇者は平穏に両種族の平和を手に入れた
   全く、敵わないな」

魔王子「(絶対に違うと思う)」

勇者子「(確実に違うと思う)」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 12:59:05.78 ID:qGKub6LO0
魔王「ふぅ……」

魔王子「? どうしたの、父さん?」

魔王「勇者は、幸せなのだろうか?」

勇者子「え?」

魔王「思えば、あの時も勇者は泣いていた
   いかに最良の手段とはいえ、戦士として、女として
   好きでもない相手に身を捧げるなど、嫌悪と屈辱でいっぱいだったはずだ」

勇者子「(兄さん)」

魔王子「(何?)」

勇者子「(お父さん一発殴っていいかな?)」

魔王子「(本人は真剣に悩んでるから……)」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:00:03.22 ID:qGKub6LO0
魔王「今の平和は……お前たちが生まれたのも、もしかしたら私が今生きているのも
   勇者のおかげ、と言えるかもしれない
   私は今幸せだ、だが、勇者のことを思うと……」

勇者子「お父さん」

魔王「? どうした?」

勇者子「もしかしてバカなんじゃな」フガッ(口に手

魔王子「シッ!」

魔王「?」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:00:44.88 ID:qGKub6LO0


魔王子「それなら、母さんに一言言ってあげればいいよ」

魔王「一言?」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:03:51.28 ID:qGKub6LO0
ガチャ

魔王「勇者」

勇者「あ、ま、魔王か」

魔王「今日も魔族の言葉の勉強か、
   私や通訳もいるのに、お前の勤勉さには頭が下がる」

勇者「お前は私と会った時から、人間の言葉がペラペラだったじゃないか」

魔王「為政者として当然だ……と言いたいが
   実のところ、お前が現れなければ学ぼうとも思わなかったろうな」

勇者「え?」

魔王「一度お前と語らってみたかった
   そのために勉強していたが……
   はは、お前の来るペースが想像以上に早くてな、少し焦ったぞ」

勇者「だ、だからっ! いつもいつもそういうことをさらっと言うな!」カァァ
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:04:31.74 ID:qGKub6LO0
魔王「……お前には本当に感謝している
   あの時には見えなかった、人間の面も色々と見ることができた」

勇者「な、なんだ、神妙な顔で……」

魔王「私にこんなことを言う資格があるのか、わからないが……
   ありがとう、愛している」

勇者「」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:04:58.54 ID:qGKub6LO0
勇者「」

魔王「」

勇者「」

魔王「……」ドキドキ

勇者「」

魔王「あ、あの……」

勇者「」ブワッ!

魔王「!?
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:05:37.47 ID:qGKub6LO0
魔王「ど、どうした!?」

魔王「(や、やはり私の事など!?)」

勇者「す、すまん……か、勝手に涙が……」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:06:25.81 ID:qGKub6LO0
勇者「さ、最近、ちょっと、思ったんだ……」

勇者「もしかしたら、お前、私の言ってること、全然わかってないのに、
   その場の勢いで結婚とかしたのかな、って……」グスッ

魔王「そこはまぁ、そうだっ!?」ガスッ(石

ドアの影
子s「」ゴゴゴ

魔王「(殺気!?)」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:09:37.99 ID:qGKub6LO0
勇者「で、でも、今、愛してるって言ってくれて……
   そしたら、なんか、嬉しくって……」グスグス

魔王「……」ギュ

勇者「ま、魔王?」

魔王「ふふ、今、初めてお前を抱きしているような気がする」

勇者「こ、子供まで生まれてるのに何言ってるんだ!?」カァッ
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:10:08.48 ID:qGKub6LO0

勇者「っていうか、やっぱり何もわかってなかったのか!?」

魔王「何を気にする必要がある?」

勇者「な、何をって……」

魔王「私は今、幸せだ
   愛する者に愛されていたと、今更わかった」

勇者「~~~っ! 遅すぎだ、バカ!」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:10:42.84 ID:qGKub6LO0




魔王子「」グイッ

勇者子「あ、ちょ、ちょっと引っ張らないで!」

魔王子「親がイチャイチャしてる所覗くなんて趣味悪いでしょ」テクテク

勇者子「えー……」ズルズル
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:11:25.44 ID:qGKub6LO0


この出来事は、世界に平和が訪れたことに比べればとても小さいが
この家族にとっては、とても大きな出来事であったという



おしまい
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 13:49:35.04 ID:wyld1Q0ko
おつ
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/03(土) 15:19:10.93 ID:CxBJ9K/to
最後がハッピーエンドで気持ちよかった(小並感)

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク