P「やっぱりアイマスは最高だぜ!え?シンデレラ?ミリオン?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:08:47.504 ID:8IcpUh050
P「うーん、やっぱり765プロの曲は良い曲ばっかりだな・・・」 

高木「うむ、我がプロダクションのアイドル達は、日々切磋琢磨しあい、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれているね」 

小鳥「この前のアリーナライブも凄かったですね~ 私、感動しちゃってつい涙が・・・」

ガチャ

律子「し、失礼します!遅れてしまってすちません!」 

高木「おぉ、律子くん。いやいやいいんだよ、竜宮小町は今や大人気のアイドルユニットだからね 私の方こそ、無理に予備戻してしまってすまない。」


高木「さて、全員揃ったようだね」 

P「それで社長、重要な話というのは・・・?」

高木「なんと、我々765プロダクションのアイドル達のお話が、映画化することになったんだ」
4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:14:53.337 ID:8IcpUh050
P「ほ・・・本当ですか!?」 

小鳥「ついに・・・ついにここまで来たんですね!あぁ、また涙が~」


社長「これが映画についての資料だ、各自、目を通しておいてくれたまえ」


社長「それと、アイドル達だけでなく音無くんと律子くんにも出演して貰うつもりだから、よろしく頼むよ!」 

律子「わ・・・私もですか!?私はもうただのプロデューサーですし、そんな・・・」
P「いいじゃないか律子、こんな機会滅多にないんだぞ?それに、律子や音無さんあっての765プロだからな!」 

小鳥「わ、私も入ってるんですね!嬉しいような恥ずかしいような・・・え、演技の練習しないと!」 


P「それで社長、俺の出番はあるんですか?」 

社長「いや、君の立ち位置については俳優さんに代役を頼んだよ」 

P「あ・・・はい」
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:16:27.309 ID:8IcpUh050
P宅

P「うーん・・・映画に出られないのはショックだけど、まぁ765プロの皆の活躍が見れるならいいか!」

P「さて、今日もらった資料を確認しないと・・・」ペラペラ

P「ん・・・?なんだこれは!」
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:20:29.941 ID:8IcpUh050
P「社長!どうなってるんですかこれは!!」ドンドン 

高木「なんだね君・・・こんな朝っぱらから・・・元気なのは良いことだが、ご近所の方々に怒られてしまうよ」 

美希「まったくなの!美希の安眠を妨害するのは、ハニーでも許せないって思うな!」 

響「そもそもなんで美希は朝から事務所のソファで寝てるんだ・・・?」 

美希「家で寝てたら遅刻して律子に怒られちゃうからなの」 

律子「はぁ・・・いい心がけ・・・でもないわよ あとさんを付けなさい。」
9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:25:17.331 ID:8IcpUh050
P「どうもこうもないです!このこの資料の・・・」 

小鳥「あ!み、美希ちゃん!響ちゃん!美味しいお饅頭が有るんだけど、あっちでいっしょにどうかしら!?」アセアセ 

美希「え、ほんとに!?いただくの!」キラキラ 

響「ピヨ子はなんでそんなに焦ってるんだ・・・?まぁ、貰うけど・・・」 

小鳥「じゃあさっそく行きましょう!ほら!」 

小鳥(プロデューサーさん・・・その話はまだアイドルの子達には秘密なんですって~!わ、私が隠れて食べようと思ってたお饅頭が~)
10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:30:19.802 ID:8IcpUh050
律子「小鳥さんが気を聞かせてくれたからいいものの・・・ちょっと配慮にかけてますよ?そんなに怒ってどうしたんですか?」

P「映画の脚本と登場キャラですよ!なんでミリオンライブの子達が映画に出演してて、こんなに重大ポジションなんですか!?」

律子「え・・・そ、そこなんですか?怒ってたポイント」

P「当たり前ですよ!この映画は765プロの映画じゃないんですか!?」

律子「この資料だってストーリーの最初のほうしか書いてませんし・・・まだバックダンサー役の子達の立ち位置だって不鮮明じゃないですか」
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:35:02.500 ID:8IcpUh050
P「それでも!映画化までの道のりを築き上げてきたのは俺は765プロなんですよ!」

社長「ううむ・・・その点に関しては私も最初は迷ったのだがね・・・
やはり、765プロのメンツだけでは話を広げるにも限界があってだね・・・」

P「黒井社長にまた嫌がらせをしてもらえばいいじゃないですか!」

律子(それはそれで駄目だと思うんですけど)

社長「君の言い分もわかるが、もう決まった事だ」

P「そんな・・・」

社長「なに、うちのアイドル達のことだ、きっと素晴らしい映画になるさ!ハッハッハ!」
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:37:52.229 ID:8IcpUh050
その後、P宅

P「くそ・・・俺はなんて無力なんだ・・・」

P「どんな映画ができてしまうんだろう・・・」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:42:16.547 ID:8IcpUh050
~なんやかんや、映画公開日~

小鳥「ついに今日ですね!プロデューサーさん!楽しみだけど、私の姿が全国の映画館で・・・あ、あなほってうまっ」

P「言わせませんよ」

小鳥「あ、あう・・・」

P(ついに公開日がきてしまったか・・・)

小鳥(プロデューサーさん、なにやら不満があったみたいだけど、大丈夫かしら・・・?)

P「」スチャッ

小鳥(あ、あれ前売り券・・・大丈夫そうね)
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:44:09.342 ID:8IcpUh050
P「それじゃあ映画館に行ってきます」

小鳥「え?もう行くんですか?まだ朝の6時・・・」

P「物販がありますから」

小鳥(チョロすぎて逆に心配になるくらいでしたね)
18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:47:25.278 ID:8IcpUh050
映画館

P「うわぁ・・・フルグラ着てる人がいる・・・ここ普通の映画館なんだけど・・・」

P2「あの人ライブTにライブ帽にリストバンドしてる・・・気合入りすぎて引くわ・・・」

「ママー!なんであの人たちは頭がPになってるの?」

「シッ!見ちゃいけません!」
20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:49:59.993 ID:8IcpUh050
シアター内

P「なぜ・・・なぜ俺はiPhoneじゃなくてandroidなんだ・・・くそっ!」

P「ラバーストラップも真美と千早が出なかった・・・まぁまた来るからそれはいいか」

ブーーーーーー

P「おっ始まるみたいだな・・・765プロの出番が多ければいいけど・・・頼むぞ・・・」ワクワク
21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:53:11.425 ID:8IcpUh050
上映後 765プロダクション

小鳥「おかえりなさいプロデューサーさ・・・うわ!目が真っ赤ですよ!」

P「うう・・・アイマス最高・・・」

小鳥「どれだけ泣いたらこうなるんですか・・・あ、ハンカチどうぞ」

P「ありがとうございます・・・
歌マスのイントロが流れた瞬間からもう駄目でした・・・765プロはここまで来たんだなって・・・」

小鳥「き、気持ちはわかりますけど・・・」
22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:55:49.548 ID:8IcpUh050
P「音無さん」

小鳥「どどど・・・どうしたんですか、そんな真面目な顔して・・・ま、まさか!」

小鳥(つ、ついに・・・ついに私の恋が実を結ぶのかしら!?)

小鳥(あぁ、妄想が流れて・・・だ、だめよ小鳥!しっかりプロデューサーさんの顔を見て!う、受け止めなくちゃ!)
23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 22:58:45.519 ID:8IcpUh050
P「俺、ミリオンライブやろうと思います」

小鳥「はい!こちらこそ!!」

小鳥「って・・・え?」

P「自己紹介の時点でもう耐えられませんでした
あぁ、この子たちもアイドルマスターのアイドルなんだなって・・・」

小鳥「プロデューサーさんってこんなにチョロの・・・!?私に対しては鈍感なのに!」(そうですね!みんなまとめてアイドルマスターですよ!)

P「心の声漏れてますよ・・・」
24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 23:01:58.569 ID:8IcpUh050
P「まず可奈ちゃんの転びそうな前のめりな挨拶・・・
やよいのような純粋な元気さを持ちつつ、そして春香のようないい意味での普通の女の子らしさを感じました
憧れの先輩を目の前にして緊張してる所もまた良かったです!」

小鳥「そ、そうですか・・・」
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 23:05:57.976 ID:8IcpUh050
P「そして志保ちゃん・・・出会った当初の千早を思い起こさせるような振る舞い、そして伊織のようなストイックさ・・・
実はダンスが苦手って話を他のプロデューサーさんから聞いたとき、本当に感動しましたよ
美希のあのセリフはそういうことだったんですね・・・」

小鳥「あ、あの・・・私のそろそろ帰らないとですね・・・アハハ」

P「音無さん!今日は飲みに行きましょう!そして語り明かしましょう!」

小鳥「ひえぇ~・・・普段は嬉しいですけど、今日はもう勘弁してください~!」
26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 23:07:39.168 ID:8IcpUh050
それから、しばらくして

春香「プロデューサーさん!ドームですよ!ドーム!」

P「な・・・なんだってー!?!?!??」
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 23:10:11.989 ID:8IcpUh050
P「社長!社長!!!!」

高木「なんだね君・・・朝っぱらから・・・」

真美「うあうあ~!また兄cが怒ってる!」

亜美「まさに兄cの怒りが有頂天ってカンジっしょ→!」

伊織「それ、なんかおかしいわよ・・・」
29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 23:15:19.359 ID:8IcpUh050
P「なんでプロデューサーであるはずの俺より先に春香がライブの事を知ってるんですか!・・・じゃなくって!」

P「なんでPなのにチケット抽選に応募したりグッズやCDを個人的に買わなくちゃいけないんですか!!・・・でもなくて!」

P「そもそも765プロは何時になったら給料払ってくれるんですか!!!・・・でもなくてですね!」

伊織「ここぞとばかりに本音を撒き散らしてるわね」

真美「兄cプロデューサーなのに給料もらってないんだ・・・
社会って不思議だね→亜美→」

亜美「でもちかたないね→真美→」
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 23:17:02.753 ID:8IcpUh050
P「10thライブのday1の・・・サポートメンバーって!どうなってるんですか!これは!!!」

おわり
35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 23:23:34.382 ID:8IcpUh050
小鳥「この後のプロデューサーさんは・・・
10thライブを後ろの方の席の席で迎え落胆するんですけれど
サポートメンバーであるシンデレラガールズの女の子が目の前にきて笑顔でシャボン玉を飛ばしてくれて即落ちしたみたいですね」

美希「チョロすぎだって思うな!」

響「美希も大概だと思うぞ・・・(SP並感)」

亜美「たぶん兄c今頃デレステにハマってそうだよね」

おわり
36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/10(火) 23:26:17.014 ID:6HmaCbh40
これ>>1の体験談かw

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク