武内P「渋谷さんが武内P×ふたな凛もののエロ本隠し持ってた……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:24:26.85 ID:WIhqhHGZ0
母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」のデレマスパロディです
※武内P注意
※ふたなり注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454340266
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:25:16.79 ID:WIhqhHGZ0
武内P「渋谷さんがぁ、渋谷さんが怖いぃ!」ガタガタ

凛「誤解だから!誤解だから!」

武内P「渋谷さんに犯されます……」ブルブル

凛「やめて!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:26:15.09 ID:WIhqhHGZ0
凛「ご、誤解だよ!」

武内P「そうなのですか……?」

凛「うん」

武内P「じゃああの本、渋谷さんのではないのですか?」

凛「いや、それはまぁ、私のなんだけど……」

武内P「犯されます! 担当アイドルに犯されます!」ガタガタ

凛「ち、違うのぉ!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:27:05.15 ID:WIhqhHGZ0
武内P「あの、渋谷さんも年頃なので、そのような事に興味を持つ事自体は否定しません」ビクビク

凛「……うん」

武内P「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思いません……」ブルブル

凛「……あの、プロデューサー」

武内P「な、何でしょう!?」ビクゥッ

凛「な、なんで距離とってるの?」

武内P「怖ろしいですから……!犯されますから……!」ガタガタ

凛「やめて!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:28:03.33 ID:WIhqhHGZ0
武内P「超マニアックな方法で犯されますから!」

凛「しないよそんなの!」

武内P「CPルームの私のデスクに寝かされて
『ふーん、いつも仕事している場所でこんなになるんだ……』とか言われながら犯されますから!」

凛「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:28:57.52 ID:WIhqhHGZ0
武内P「なにかアイドル特有のマニアックな言葉責めとかするつもりでしょう!」

凛「しないよ!やめて!」

武内P「『プロデューサーのアナル調教(レッスン)は順調だね!』とか言いながら犯すつもりでしょう!」

凛「抜粋やめて!音読やめて!」

武内P「渋谷さんがマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:30:00.79 ID:WIhqhHGZ0
武内P「とにかく、そういうマニアックなプレイをしようとしてるのでしょう……?」

凛「違うから!そういうんじゃないから!」

武内P「さ、さらにマニアックな……?」

凛「違うよ!ていうかさっきプロデューサーが言ったみたいのはP×ふたなりアイドルものでは全然マニアックの範疇じゃないよ!」

武内P「……え?」

凛「……あ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:30:40.91 ID:WIhqhHGZ0
武内P「……あ、あれくらいは、基本なのですね?」

凛「なんでもない!さっきのなんでもない!」

武内P「正直さっきのでもかなりエグいところを抜粋したつもりだったのですが……」クビニテー

凛「聞いて!さっきのは間違いだから!」

武内P「もうあれくらいじゃ、満足できないのですね……?」

凛「やめて!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:31:15.36 ID:WIhqhHGZ0
武内P「渋谷さんがどんどん遠くに行く……」

凛「遠くに行ってるのはプロデューサーだよ……物理的に距離とってるじゃない……」

武内P「だ、だって犯されますので……」

凛「しないよ!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:32:25.67 ID:WIhqhHGZ0
武内P「接し方が悪かったのでしょうか……。知らず知らずの内に、またコミュニケーション不足になっていたのでしょうか……」

凛「やめて!重い感じにしないで!」

武内P「私自身、自然な笑みができるようになってきたと思っていたのですが……」

凛「聞きたくないよ!成長はうれしいけどこのシチュエーションでは聞きたくなかったよそれ!」

武内P「で、でもプレイ的な見地から言えばアヘ顔ダブルピースも興奮ポイントに……?」

凛「やめて!嗜好を探るのやめて!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:33:26.77 ID:WIhqhHGZ0
武内P「だ、だって先ほど言ったくらいはもう基本なんでしょう?」

凛「間違いだよ!さっきの無しで!」

武内P「とするとアヘ顔ダブルピースとかそっち系に行かざるを得ません……」

凛「っていうか何でちょっと協力的なの!?さっきまで犯される!とか言ってたよね!?」

武内P「さ、逆らったらもっとひどい目にあうと思いまして……」

凛「そ、そういうことか!いや、しないから!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:34:09.65 ID:WIhqhHGZ0
武内P「じゃ、じゃあ面と向かって言ってください……」

凛「何を?」

武内P「『私は自分のプロデューサーを犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」

凛「何その宣言!?」

武内P「言っていただけなければ信用できません!獣のプロデュースはできませんから!」

凛「ケモノとか言わないで!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:36:44.14 ID:WIhqhHGZ0
武内P「と、とにかく言っていただければ、安心できるかもしれませんから……」

凛「……うーん……」

武内P「や、やっぱり虚偽の申告はできませんか?」ビクビク

凛「虚偽じゃないから!」

武内P「いいです!私は君を嘘つきにしたいわけじゃないので!」

凛「その感じやめて!」

武内P「君にその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私は君の嗜好と向き合います!」

凛「言うから!言うから第1話でしかしてない年長者としての呼び方やめて!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:37:40.96 ID:WIhqhHGZ0
凛「え、な、なんだっけ……『私は』……」

武内P「『私は自分のプロデューサーを犯したいと思っていないし』

凛「そ、そうだね。『私は自分のプロデューサーを』……」

武内P「……ど、どういたしましたか?」ビクビク

凛「あ、あのー、一応、一応確認ね?」

武内P「な、何でしょう?」

凛「こ、この『犯す』の範囲って……?」

武内P「!!」

凛「い、一応だよ!!」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:38:28.97 ID:WIhqhHGZ0
武内P「そ、それはつまり範囲によっては……」

凛「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃん!」

武内P「範囲によってはありえるということでしょうか?」

凛「いやだからその確認!」

武内P「そ、そうですね。渋谷さんの基準はちょっとアレですからね」

凛「アレとかやめて」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:39:08.48 ID:WIhqhHGZ0
凛「えーと、じゃあちょっとずつ確認してこう?」

武内P「は、はい。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」

凛「……うん」

武内P「渋谷さんが先ほどの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけですね」

凛「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!!」

武内P「そうですよね!」

凛「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」

武内P「まずは『キス』!」

凛「えッ!?」

武内P「えッ!?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:41:27.48 ID:WIhqhHGZ0
凛「ストップで! 一旦ストップで!」

武内P「怖い怖い怖い怖い!!」

凛「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! プロデューサーとアイドルで!」

武内P「しないしないしない怖い怖い怖い」

凛「私がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、プロデューサーとアイドルでキスはセーフだよ!」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:42:07.81 ID:WIhqhHGZ0
武内P「どれだけ汚れた業界なんですか……」

凛「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『下の兜同士で』とかそういうんじゃないよ?そのつもりで私はOKにしたんだよ?」

武内P「当たり前です……。というか今言った方OKにしてたら本当に担当変更してましたよ……」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:42:50.30 ID:WIhqhHGZ0
武内P「あの、ということはなら、キスが基準だとアウトなの?ですよね? あの、言わなくてよいですが」

凛(心底屈辱的……)

武内P「うーん……。となるともう、お聞きします……。ど、どこラインにしたら先ほどの宣言ができるのでしょうか?」

凛「……えー?」

武内P「し、渋谷さんが決めてください。それを聞いてプロデュースしますから」

凛「……う、ん……」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:43:21.68 ID:WIhqhHGZ0
(五分後)

凛「……」

武内P「……」ドキドキ

凛「……あの」

武内P「ひっ!?」ビクゥッ

凛「そ、そこまで怯えなくても!」

武内P「も、申し訳ありません。驚いただけですので。すみません、マイク挿さないで?」

凛「やめて!」

武内P「……というか、これ長考した時点で相当ヤバ……」

凛「言うから!今すぐ言うから!」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:43:52.45 ID:WIhqhHGZ0
凛「え、えーと……」

武内P「言ってください!ドンと!」

凛「えーと……」

武内P「もう驚きませんから!」

凛「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」

武内P「え」

凛「あの、だって、したいし……」

武内P「うわああああああやっぱりガチじゃないですかぁぁぁぁ!!!」

凛「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだものぉぉぉぉ!!」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:44:21.56 ID:WIhqhHGZ0
武内P「最初ので合ってたじゃないですかぁぁぁ!! 最初のリアクションでむしろ正解でしょう!!!!」

凛「ごめんなさい! 本当にごめんなさい!でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」

武内P「それは聞いてませんよぉぉぉ!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」

凛「し、静かにしてよぉ!! 犯すよッ!?」

武内P「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:44:51.25 ID:WIhqhHGZ0
武内P「職場プレイは?」

凛「基本」

武内P「肛門と書いて?」

凛「ケツマンコ」

武内P「トコロテンは?」

凛「極上」

武内P「征服感は?」

凛「正義」

武内P「こわいよぉぉぉ!渋谷さんが怖いよぉぉぉ!」

凛「う、うるさい! 下着口に詰めるよ!?」

武内P「なにそれ!?」

凛「よくあるんだよ!」

武内P「よくあるんだ!?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:45:24.40 ID:WIhqhHGZ0
凛「色々装着したまま会議に行かせたりしたい!」

武内P「何急に!?」

凛「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」

武内P「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」

凛「Live会場で常務とポエムバトル中にリモコンでいじりたい!」

武内P「やめて怖い!」

凛「こういう時に限って常務はプロデューサーのおかしな様子に気づいて心配するの!」

武内P「細かな設定とか怖い!」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:45:58.99 ID:WIhqhHGZ0
凛「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」

武内P「落ち着いて! もうやめて!」

凛「他のアイドルに見られない舞台袖の死角でキスしたい!」

凛「打ち合わせの電話してる後ろからお尻揉みたい!」

凛「私の足跡を残していきたい!」

武内P「最後のは蒼いこと言ってるはずなのに怖い!」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:47:16.79 ID:WIhqhHGZ0
凛「そういうことだから!に、逃げないでよ!」

武内P「何から逃げるのでしょうか?」

凛「……じゃ、じゃあ私帰るから!もう帰るから!」

武内P「このタイミングで引き上げられるとより怖いです!というかなにに向き合えばいいのしょうか?」

凛「お疲れさまでした!」ダッ

武内P「ええ……絶対明日から何か仕掛けてきますね……」
武内P「本当に嫌です本当に怖ろしい……」
武内P「何故あのような本見つけてしまったのでしょう……」
武内P「他のアイドルにはなんて言いましょう……いや、言えない……こんな稀有な悩み……」

~~~~~

みく「ふっふっふ、李衣菜ちゃんのエロ本見っけたにゃ!勝手に読んでやるにゃ!!」
みく「……ん?」

おしまい
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:47:27.48 ID:DMal2PFxo
実際に探せばあると言うのが…
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:58:14.78 ID:IUDfP8jM0
汎用性高いなあ…
で、このしぶりんは実際に生えてるんですかね?
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 09:57:26.14 ID:H7mA4glWO
面白かったわ、乙!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク