絵里(26)「巨乳レズデリヘル呼んだら希がきた…」 【前編】

1: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 01:51:24.22 ID:44WvFv3R
のぞえりです


絵里(26)「ハイ…ハイ…。○○ホテルの○号室です…。ハイ…メグミチャンデ…ハイ…ヨロシクオネガイシマス…」

ピッ…

絵里(26)「フッ…フフフフ…フフフ…」

絵里(26)「ついに呼んじゃった…レズ専デリヘル!」

絵里(26)「……あぁ…ついに…私…卒業できるのね…」

絵里(26)「今まで男女問わず数多のアプローチを受けてた私だけど…」

絵里(26)「男の人は正直恋愛対象になれなかったし、かと言ってレズバレはプライドが邪魔してどうしても踏み込めないまま気が付けば誰とも触れ合うこともなくアラサーに片足突っ込んじゃった…」ホロリ…

絵里「レズデリヘルの存在を知った時は涙がでそうだったわ…一筋の光…唯一の希望よ…」

絵里(26)「ボーナスも入ったし…日頃の自分へのご褒美よ」

絵里(26)「あぁこの期待と不安と高揚感…悪くないわ…うん」

絵里(26)「………」ソワソワ…

絵里(26)「……とりあえずもう一度歯磨きしておきましょう…」

ーーーーーーー
ーーーー
ーー
4: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 01:59:56.42 ID:44WvFv3R
絵里(26)「………」ソワソワ…ウロウロ…

ピーンポーン

絵里(26)「!!!……キタ」

絵里(26)「…………ゴクリ」スタスタ…

???「こんばんわー…メグミです」

絵里(26)「は、は、はいっ、今開けます」

がちゃり 

恵(24)「こんばんわ『巨乳レズ天国』のめぐみ…で……す……」

絵里(26)「ヨ、ヨロシクオネガイシ……ま…す……」

恵(24?)「!?」

絵里(26)「!?」

シーン…

恵(24?)「…あ、チェンジですか?わかりましたー失礼しまーs」スッ

ガシッ! グイッ バタン!

恵(24?)「ちょ、ちょっと!お客様?なにするんですか?」

絵里「……それはこっちのセリフよ……希」
8: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 02:08:12.36 ID:44WvFv3R
恵(24?)「な、なんですか?のぞみって?私はめぐm」

絵里(26)「何やってるのよ……希…」

恵(24?)「……だから……………はぁ~…」

希(26)「はいはい…久しぶりやね…えりち」

絵里(26)「……………」

希(26)「…………何なんその顔?怖いわー…」

絵里(26)「もう一度聞くわよ。なにやってるのよ…希」

希(26)「はぁ?ちょっと質問の意味わからんけど…」
14: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 02:12:21.90 ID:44WvFv3R
絵里(26)「っ!だから!なにをしt」

希(26)「そんなん呼んだえりちが一番わかってるんちゃう?」

絵里(26)「…!」

希(26)「なに?代わりに言って欲しいん?レズデリヘr」

ムグッ…

絵里(26)「……………!」

希(26)「…んー!んー!ぷはっ!なにすんのえりち!えりちがしつこく聞いてきたから」

絵里(26)「…もういいわよ」

希(26)「…………」

絵里(26)「こんな再会ってある?最悪よ…卒業してから全然連絡とれなくて…」

希(26)「…………」
19: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 02:15:25.78 ID:44WvFv3R
絵里(26)「……こんな事やってたなんて…最低だわ」

希(26)「……フン…なんよ。自分かて『こんなん』呼んどいて…よう言うな?」

絵里(26)「……」グサッッ

希(26)「かつての親友を『こんなん』呼ばわりか…あ~あ!ウチかなしー」

絵里(26)「…なによ!そんな事いってないじゃない!?」

希(26)「言ったやん!『こんな事』って!」

絵里(26)「なによ!こんな事なんだからこんな事でしょ!?希の事『こんなの』なんて言ってないわよ!!」

希(26)「はぁ…こんな事こんな事って…ハァ…もう一回言うでえりち…こんな事やってる女の子呼んだんは他でもないえりちやん」
24: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 02:19:45.68 ID:44WvFv3R
絵里(26)「っ!……」

希(26)「…フン……で、どうすんの?」

絵里(26)「………なによ」

希(26)「やーかーら!どうすんのって」

絵里(26)「…何がよ」

希(26)「ハァ…やから、今晩えりちがしようとしてたこと…やるの?やらないの?」

絵里(26)「私と……希が…?」

希(26)「うん」

絵里(26)「……冗談じゃないわ。できるわけ無いでしょう」
28: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 02:26:17.03 ID:44WvFv3R
希(26)「…………フーン…あっそ!じゃあチェンジってことやね」

絵里(26)「…チェンジはしない」

希(26)「なんなん?えりち…どうしたいんよ」

絵里(26)「…わからないわよ」

希(26)「………」

絵里(26)「……どうしたらいいかわからない」ポロ…

希(26)「………え、ちょ…」

絵里(26)「このまま…希を…帰したくない…」ポロポロ…

希(26)「えっ…ちょ…、えりち…!ちょっと…」
29: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 02:27:36.27 ID:+OeEqvfL
やべえキュンってしてきた
30: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 02:29:29.22 ID:44WvFv3R
絵里(26)「うっ…グスッ…なによ…こんなのってないわよ…うぅ…かつての親友とか…言わないでよっ…」ボロボロ…

希(26)「ちょ、ちょっとえりち…!…あーもー…」

ダキッ…ギュッ…

絵里(26)「……!」

希(26)「わかったわかった…ちょっと言い過ぎたわ…堪忍な?」ヨシヨシ…

絵里(26)「うぅ…グスッ…希ぃ…」グズグズ…

希(26)「はいはい…のんたんはここですよー…」トントン…

ノゾミィ…ヒック…ノゾミ…ウゥゥ…グスグスッ…
ハイハイ…ヨシヨシ…エリチハアイカワラズヤナ…ヨシヨシ…

ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
99: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 22:22:07.13 ID:hfCekwQj
希(26)「……落ち着いた?」

絵里(26)「……ええ…なんか…ごめんなさい…いい歳して…」

希(26)「ん、ええんよ」アト、ネンレイヒョウキモモウエエカラ

絵里「…………」

希「…………」

絵里「………」

希「…でも一応規則やしお金はいただくからな?」

絵里「………」

希「そんな顔せんでよ。しゃあないやろ?お金持って帰らんとウチペナルティやし」

絵里「……わかってるわよ」

希「………まぁ…安くしとくわ」

絵里「……うん…」

希「………」

絵里「………」

シーン……

絵里「ねぇ…」

希「ん?」
101: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 22:27:07.19 ID:hfCekwQj
絵里「どうしてこんな事してるの…?」

希「…………」

絵里「……言い方が悪かったなら謝るわ」

希「……別にええよ、実際こんな事やし」

絵里「希…」

希「…特に理由なんかないんよ」

絵里「………」

希「えりちは今仕事してるんやんな?」

絵里「…そうね」

希「なんでその仕事してるん?」

絵里「…それは……」

希「そんなもんやろ」

絵里「……………」

希「………軽蔑した?」

絵里「………別に…希の言う通り…頼んだ時点で何も言う資格はないわ」

希「……………」

絵里「……………」
104: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 22:36:22.40 ID:hfCekwQj
希「なぁ」

絵里「……ん?」

希「……えりちって…ビアンやったんね」

絵里「……ぐっ……な、なによ…希だって……………」カァァァア

希「……ウチは仕事やし?」

絵里「ズルくない?それ…」

希「女の子とも普通にできるし男の人よりハードル低いからレズ専やってるだけ」

絵里「………」

希「まぁ…別にどっちでもええんやけど」

絵里「………そ」
105: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 22:48:34.44 ID:hfCekwQj
希「………しかし…えりちがねぇ…」

絵里「だ、だから!ズルいわよ希!」

希「………まぁどっちかと言えば全然女の子のが好きってのは…事実やね」

絵里「………そう、なのね」

希「…うん」

絵里「………ふーん…」

希「………なぁ」

絵里「…なに?」

希「…巨乳好きなん?」

絵里「ブッ!!」ボンッ

希「プッ…すごい反応」ニシシ…

絵里「べ、ベツニ…グウゼンヨ…テキトウニネットデシラベタラヒットシタダケ…」

希「フーン…へぇ~?」ニヤニヤ
107: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 23:03:21.26 ID:hfCekwQj
絵里「な、なによ…」

希「別に~?………なぁ、せっかくやし、触っとく?」

絵里「っ!!け、結構よ!」

希「あはは…勿体無いなぁせっかくお金払うのに」ニヤニヤ

絵里「……別に…触ったこと無いわけじゃないし、今更じゃない」

希「…そやな、学生の頃…ん?ウチ触られた事あったっけ?んー…あー、そう言えばえりちよくおっぱいくっつけてきてたなぁ」

絵里「はぁ!?違うわよ!希の方からくっつけてきたんでしょ!?」

希「え~?えりちー……えりちこそそれはズルいんちゃう?」ズイッ

絵里「な、なによ…」

希「ほい」ムニュ…

絵里「!?ちょ、ちょっと…」カァァ
113: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 23:14:34.23 ID:hfCekwQj
希「ほーれほれ、えりちこうやっておっぱい同士くっつけるの好きやったやろ?」ムニュムニュ…

絵里「ちょ、ちょっと……や、やめてっ!」グイッ…

希「……!……おおっと…ごめんごめん…」ニヤニヤ…

絵里「わ、私達の場合並んだら必然としてくっついちゃうだけよ…!」

希「あぁ…ウチらなんか並んでツーショット写真めっちゃ撮られてたもんな…」

絵里「そうだったわね…」

希「……………」
114: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 23:23:08.59 ID:hfCekwQj
絵里「…と言うか希…あなたこんな趣味なのにワシワシとか言ってみんなの胸触ってたの?」

希「ん?あー、まぁコミュニケーションの一環やん?」ニヤ

絵里「過激すぎるわよ…今となっては意味合い変わってくるわよ…」

希「アハハハ…酷いなーえりち…当時のウチは純真そのものやったよ?…今はこんなやけどな…」

絵里「希…」

希「てかえりち…別にレズデリヘルなんか頼まんでもよくない?女の子からのわりとガチの告白とかいっぱいあったやん」

絵里「……そ、それは…!……ガチなレズだと思われたくなかったから…」

希「ふーん…」ジトー…

絵里「な、なによ…」

希「相変わらずしょうもないとこでプライド高いやんな、えりちは」

絵里「……ほっといてよ」
119: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 23:32:34.71 ID:hfCekwQj
希「臆病者」ボソッ…

絵里「…っ!………なによ、希だって……」

希「……なんよ」

絵里「……別に、なんでもないわよ」

希「……えりちの事…ようわらんわ」

絵里「……なによ…私だって希の事…もう…わからないわよ…」

希「……ウチらお互いの事なんでもお見通しやったのにね」

絵里「…………」

希「…………」

ピピピピピ……

のぞえり「」ビクッ
122: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 23:38:47.64 ID:hfCekwQj
希「……はい、恵です、ハイ……ハイ、ハイ…わかりました」

絵里「……」

希「……時間やね」

絵里「………帰るの?」

希「そら…そやろ」

絵里「………そう」

希「ん…あ、お会計○○円になるけど」

絵里「…わかってるわよ」スッ…

希「はい、ありがとうございました…っと」

絵里「……ねぇ希…また皆で集まりましょうよ……あの子達皆あなたに凄く会いたがってるわよ」
124: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 23:43:20.95 ID:hfCekwQj
希「……ありがとな、えりち…でも…やめとく」

絵里「………そんな」

希「ウチはもう皆には…会えへん」

絵里「…そんなの、認められないわ」

希「じゃあなに?ウチらが再会した事なんて言うんよ」

絵里「……そんなのいくらでもそんなの誤魔化せるでしょ」

希「……もう遅いんよ、全部」

絵里「……希」

希「ありがとな、えりち…久しぶりにちょっと…昔を思い出せたわ」
126: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 23:55:02.14 ID:hfCekwQj
絵里「…ねぇ、じゃあ私とは…?私とならお互い様だし……いいでしょ?今度ご飯食べに行きましょう?…一度貴方とお酒呑みに行きたかったの」

希「………」

絵里「…連絡先交換しましょう?ライン…やってるんでしょ?」

希「………………」

絵里「………………」

希「………お客様?連絡先の交換は違反行為ですよ」

絵里「…………」

希「会いたかったらまた指名してくださいね?」

絵里「……………本気なの?」

希「………せやね」

絵里「……そう。わかったわ…さよなら」
128: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 23:57:07.68 ID:OuTNQNyn
辛いのになくてはならないこのもどかしい感じすき
はよはよ
130: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 00:02:15.83 ID:gXI9ya5G
希「………お客様、メグミと~っても楽しかったです!また指名してくださいね?」

絵里「………」

希「………なんか言え」

絵里「……あなたのその自然過ぎる標準語………変よ?」

希「プッ…えりちはホンマ…飽きひんなぁ……………ほなね…」

ガチャ…バタン…

絵里「………………」

絵里「………………グスッ」ブワッ

絵里「………ウッ……ヒック…」ポロポロ…

絵里「なによ……希のバカ…ホント…あなたは大バカよ……」ボロボロ…

絵里「…でも……グスッ…それ以上に………私……ウッ……最低ね………」ボロボロ…

ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
132: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 00:10:40.43 ID:gXI9ya5G
4月1日 某所

絵里(18)「…やりきったわね」

希(18)「ホンマに…最高やった…ウチ…絶対忘れへん…」

絵里(18)「私も…忘れない…絶対に…」

希(18)「終わっちゃったんやな…スクールアイドル…」

絵里(18)「……寂しいけど…限られた時間の中で精一杯輝けるのが…スクールアイドルだから…これでいいのよ」

希(18)「…えりち…そやね…同感!ホントに…ホーントに全力だしきったん!なーんの悔いもないわ!」ニコッ

絵里(18)「フフッ…ほんとにね?」
133: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 00:15:16.14 ID:gXI9ya5G
希(18)「……なぁえりち」

絵里(18)「…なに、希?」

希(18)「ホントにありがとな、色々と…」

絵里(18)「私は何もしてないわ…むしろ私の方が希には感謝してもしきれないくらいよ」

希(18)「ちゃうんよ…μ'sにとっての太陽は穂乃果ちゃんやけど…ウチにとっての太陽は…えりちやった」

絵里(18)「希……」

希(18)「えりちがおらんかったら…ウチ…ずーっと一人ぼっちやった」

絵里(18)「………」
134: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 00:23:47.61 ID:gXI9ya5G
希(18)「えりちがウチを連れてってくれたん…すっごく素敵で…夢みたいな世界…」

絵里(18)「……」

希(18)「……ウチ…えりちと会えて…めっちゃ幸せやった…」

絵里(18)「……希」スッ…

ダキッ…ギュッ…

希(18)「……!!」カァァァ

絵里(18)「もう一度いうけど…感謝してもしきれないのは…私のほう…」ギュッ…

希(18)「………」ドキドキ…

絵里(18)「…多分私一人だったら…一人で空回りして…周りを傷付けて…頑張ってるつもりになって…最終的に自分の事嫌いになってた」

希(18)「えりち…」

絵里(18)「希がいてくれたから…希が…どうしようもない不器用な私の手を引いてくれたから…今の私があるの」ホロリ…

希(18)「…………ん…」ウルウル…

絵里(18)「希…本当にありがとう……大好きよ……」
135: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 00:27:26.47 ID:gXI9ya5G
希(18)「………!!」ピクッ

絵里(18)「………………」

希(18)「………えりち…」ポロポロ…

絵里(18)「……………そ、その…だから…、……………私達……最高の…………親友よね…?」

希(18)「………………」ピタッ

絵里「………………グスッ…」ホロリ…

希(18)「…えりち………」

絵里(18)「ウッ…………ヒック………ゥゥ…グスッ…」ボロボロ…

希(18)「………ちょ…えりち…泣かんとって…?ほら…美人さんが台無しやで?」ゴシゴシ…
136: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 00:36:58.04 ID:gXI9ya5G
絵里(18)「希…、ウッ…ヒック……グスグス…」

希(18)「なーに泣いとんよ…ホンマ…えりちはウチの前では泣き虫さんやね?」ゴシゴシ…

絵里(18)「ウッ…ヒーン…ウッ……ノ、ゾミ………グスッ…」ボロボロ…

希(18)「はいはい…のんたんはここですよー?」ヨシヨシ…

絵里(18)「うぅ……グスッ……希…私達…ずっと……親友よね?ずっと一緒よね?」ボロボロ…

希(18)「……当たり前やん」

絵里(18)「希……ありがとう……」

希(18)「………うん」

この日以来…希は私達の…私の前から姿を消した

私の最高でほんっっとに最低な思い出……

ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
144: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 01:36:32.90 ID:GyQDSWm7
救ってあげてください(´;ω;`)
152: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 02:41:01.44 ID:PN4qu0cB
なんかすごく寂しいわ
167: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 22:19:23.23 ID:vxorH9Pr
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
 
都内某所

ドンウォーリードンゥォーリー!イマカラ-チョーセンシャ?

ピッ…

にこ(26)「…なに絵里?どうしたのよこんな時間に…」

…………

にこ(26)「ちょ、どうしたのよ?スマホ越しですらわかるわよ…アンタのドス黒いオーラ…」

…………

にこ(26)「…まったく…にこ明日早いのよ?……ハァ…しょーがないわねー?ちょっと待ってなさい…」ヤレヤレ…

ピッ

真姫(24)「…誰?エリー?」

にこ(26)「そうよ。面倒だけどちょっと会ってくるわ…。なんだか知らないけど、先週末は妙に機嫌が良かったっていういうか…ソワソワしてたと思ったら一転して暗黒エリーチカよ…」

真姫(24)「何かあったのかしら…」

にこ(26)「さぁ?まぁどうせ大したこと事じゃないわよ」

真姫(24)「そうかしら…………まさか…希が見付かった…とか?」
170: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 22:24:00.71 ID:vxorH9Pr
にこ(26)「アハハ!ないない、それだったらあのポンコツならテンションぶち上げマックスで軽くパニックになってるわ!『ねぇにこ!にこ!今来て!今すぐよぉ!希よぉ!希と会ったのよぉぉ!!』」

真姫(24)「エリーの真似?…似てないしキモチワルイ」

にこ(26)「ぬぅゎによっ!フンッ!絵里の要件がもし希と会ったって事なら、真姫ちゃんがこの前物欲しそうな顔して眺めてたバック買ったげるわ♪」

真姫(24)「ベ、ベツニッ!物欲しそうな顔なんかしてないわよっ!」

ーーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーー

絵里ハウス

絵里(26)「希と会ったの………」ズーン…

にこ(26)「」
172: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 22:34:28.89 ID:vxorH9Pr
絵里(26)「……?…にこ?」

にこ(26)「……なによ」

絵里(26)「……あんまり驚かないのね…」

にこ(26)「…ん……まぁ…たしかによく考えたらアンタをそんな揺さぶれるのって希くらいだわ…完全に私の負けね……」

絵里(26)「…?」

にこ(26)「ん…なんでもないわ…なんでも………あのバックいくらだっけ…セイカツヒガ…ブツブツ…」アト…アイドルノネンレイウツスナ

絵里「…………」

にこ「コホン…それで!希のやつどこにいたのよ?どこで会ったの?」

絵里「…………それは…言えないわ……」

にこ「はぁ…?」
176: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 22:38:36.51 ID:vxorH9Pr
絵里「私はいいけど…希の名誉のために絶対に言えない」

にこ「………フーン……あっそ…(レズバーででもバッタリ会っちゃったのかしら…?そりゃ気まずいわ…)」

絵里「ゴメンナサイね…」

にこ「うん、まぁ別にそこはいいけど…それで、ちゃんと話はしたの?」

絵里「…もちろんよ」

にこ「ふーん…で、その希は今どこにいるのよ」

絵里「……わからない」

にこ「はい?」

絵里「……連絡先聞いたのだけれど……断られたわ」
180: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 22:46:52.92 ID:vxorH9Pr
にこ「…………。…ねえ絵里…ちょっと聞いていい?」

絵里「…えぇ」

にこ「希が私達の前からいなくなった原因…アンタなにか知ってるんじゃない?」

絵里「…………」

にこ「……連絡がつかなくなった当時間違いなくアンタが一番こたえてたから何も聞かなかったと言うか…聞けなかったけど」

絵里「…………」

にこ「…どこであったか知らないけど連絡先も教えてもらえないなんておかしいわよ。どうなの?」

絵里「…………関係が…あるかはわからないけど…あるわ、心当たり」
182: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 22:53:16.50 ID:vxorH9Pr
にこ「………話せる?」

絵里「………えぇ。…でもその前に一ついい…?この話する前に言っておかなきゃいけない事があるの…」

にこ「なによ?」

絵里「……わ、私ね………私……」

にこ「う、うん…」

絵里「希の事…す…好きだったの……その………ラブな意味で……」カァァァ

にこ「うん」

絵里「………え」

にこ「ん?」
183: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 22:58:11.45 ID:vxorH9Pr
絵里「えと………聞こえなかった…かしら?」

にこ「え、聞こえてたけど」

絵里「え、えぇ……え?……ん?」

にこ「なによ…煮え切らないわね…先に話したい事ってなによ?」

絵里「もう言ったんだけど…」

にこ「ん?絵里が希の事ラブな意味で好きって事?」

絵里「ちょ、ちょっとそんなはっきり言わないでよ」カァァ

にこ「んな事知ってるわよ」

絵里「え………えぇぇぇ………そうなの…」ガーン…

にこ「いや…普通にわかるわよ…今更何言ってんの、このポンコツって思ったわ」
187: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 23:06:30.56 ID:vxorH9Pr
絵里「ポンコツは余計よ………さすがにこね…人をよく見てるわ…」

にこ「真姫も知ってるわよ」

絵里「!!?」

にこ「花陽も凛も…と言うか希以外察してるんじゃない?」

絵里「…ウソでしょ………」

にこ「……そんな知ってた速報な前情報なんかいいからサッサと話なさいよ」

絵里「…………さすがにこね…」

にこ「ほんとにね」

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
189: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 23:14:35.10 ID:vxorH9Pr
132~136を泣いたこと以外正直に説明ーチカ

にこ「…………………………」

絵里「…………………………」

にこ「………とりあえずさ」

絵里「……」

にこ「………………アンタにも色々と言い分があるだろうし、希も勿論落ち度はあるわ。臆病者同士完全にお互い様の自業自得よ。…でもね」

絵里「…ええ」

にこ「…歯食いしばりなさい」

絵里「……」ギュッ…

バチーンッ…!

にこ「アンタは最低よ」

絵里「……ほんとにね」ヒリヒリ…
192: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 23:21:04.36 ID:vxorH9Pr
にこ「…念のため聞くけど…何で希がアンタから離れたかわかる?」

絵里「………こんな私に愛想をつかしちゃったのよ」

にこ「逃げの答えね。じゃあどうして愛想をつかすの?」

絵里「……私が…はっきり…言わないで…逃げちゃったから…」

にこ「なにを?」

絵里「………親友としての好きじゃないって事…」

にこ「……ちょっと違うわね。アンタの話信じると言ったのは『親友として好き』って言ったんでしょう?」

絵里「……そうね」
193: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 23:27:28.36 ID:vxorH9Pr
にこ「だいぶ近付いてきたわね。それじゃどうして、親友として好きって言ったら希がアンタから離れるの?」

絵里「それは…………」

にこ「……賢いアンタならわかってるんでしょ?」

絵里「…………わからないわy」

にこ「いーえ!アンタはわかってるわ」

絵里「……わからないわよ!」

にこ「…………」
194: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 23:35:11.24 ID:vxorH9Pr
絵里「にこ…私達ってね、お互いの事何でもわかったの。無理してるな、とか、口ではこう言ってるけどホントはこうしたいんだろうな…とか」

にこ「……フーン?…続けて?」

絵里「……あの時私は…告白するつもりとか…無かったの。ホントに…ホントに大好きって…口から溢れ出たの」

にこ「………」

絵里「自分でもビックリしたわ。……そして…希が凄く動揺したのがわかったわ…ハッキリ言って困惑してた」

にこ「………………」ヤレヤレ…

絵里「……………慌てて取り繕ったけど…遅かったわ。希は察してた。私の好きが…親友の好きじゃないって」

にこ「………………」フンッ…
195: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 23:40:53.41 ID:vxorH9Pr
絵里「……そんな事があった日から…私の前からいなくなったのよ?…ねぇにこ……どうしてだと思う?」

にこ「アンタの足りない頭のレベルでってこと?希が親友としてアンタを好きだから避けたってとこかしら」

絵里「………色々と容赦ないわね」

にこ「フンッ…まぁね」

絵里「………当時どれだけ悩んだかわからないわ…私が希を好きになりさえならなければ…こんな事にならなかったのにって…」

にこ「……」イライラ…
196: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 23:48:16.71 ID:vxorH9Pr
絵里(26)「忘れようとしたけど…無理だった…新しい恋とか探してみたけど、無理…ほら←みて?無駄に歳くっちゃって…焦って…挙句の果ては………」

にこ「……」

絵里(26)「…なんでもないわ……。とにかく…原因が私にあるのは……確かよ」

にこ「……」

絵里「…それなのに……今日偶然…希と会っちゃって…その…なんて言っていいか…その前提を間違えてたかもしれなくて…でも…結局の所よくわからなくて…」

にこ「……」

絵里「時がたちすぎちゃって…希の事…ホントにわからなくなっちゃって……私……どうしたらいいか…わからないの…」
197: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/09(土) 23:56:58.94 ID:vxorH9Pr
にこ「……終わり?」

絵里「……」

にこ「反対側にもう一発いっとく?」スッ…

絵里「できれば勘弁してほしいわね…」

にこ「自惚れるんじゃないわよ」

絵里「……」

にこ「何が希の事ならなんでもわかる、よ。アンタ希の事甜めてるわね、完全に」

絵里「そんなことっ…!」

にこ「あるわね」

絵里「…っ!…だかr」

にこ「あるわよ!」

絵里「………………」

にこ「………………」
200: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 00:00:25.31 ID:3dO+U5OG
まさかこんな真面目な話になるなんて
203: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 00:05:27.34 ID:sLo6IVHO
絵里「……そうね……にこの言う通りよ…そんなことくらいで希は…皆との絆を…絶ったりはしないわ…」

にこ「そうね。アンタ達たしかにツーカーの仲(死語)だけどお互い本当の根っこの部分の事となるとからっきしね。二人そろってポンコツだわ、ポンコツ」

絵里「………ポンコツ…」

にこ「ハァ~…あのさ、にこの憶測だけど…希はアンタが親友としての好きじゃないって事、わかってないわよ」

絵里「えっ……」

にこ「アンタが希の気持ちぜーんぜん、理解できてないのと同じ様に、希もアンタの事となると…からっきしよ。お得意のスピリチュアルパワーどこ行ったのよって話」

絵里「……でも」
204: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 00:12:49.32 ID:sLo6IVHO
にこ「デモもテロもないわよ。………誤解…解いてあげなさい」

絵里「………」

にこ「あの希が…私達μ'sの事が大好きな希がよ?理由はわからないけどヤケになって私達と連絡絶っちゃうくらい傷付いてるのよ。どうするの?」

絵里「…!………にこ…私……」

にこ「アイツがどこに居てどこで会ったか知らないけど…アンタが責任持って何とかしなさい」

絵里「………………そうね…そうよ…希からμ'sを…あなた達を私のせいで…奪っていいはずがないわ…」

にこ「…なんかちょっと微妙にベクトル違うけど、まぁいいわ…希の事、連れ帰って来てちょうだい……いいわね?」

絵里「にこ……わかった…ありがとう」

にこ「気合入れとく?」スッ…

絵里「……うっ………えぇ、お願いしようかしら」

にこ「ん」スクッ

絵里「…っ」ギュッ
206: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 00:17:58.65 ID:sLo6IVHO
デコピンッ

絵里「っ………え?」

にこ「ちょっと不安だけど、アンタならもう大丈夫よ」

絵里「にこ…」

にこ「大したこと言えてないけど…希の事…頼んだわよ?」

絵里「わかったわ……ありがとう……背中押してくれて……。それに…にこなら…ちゃんと私の事怒ってくれるって信じてた」

にこ「フフンッ?とーぜんでしょ?…絵里もよく話してくれたわ。アンタが希以外の誰かを頼れるなんて、結構な成長じゃない?」

絵里「なによそれ…もう…」

にこ「とりあえず、私は帰るわね。スーパーアイドルは忙しいのよ?」

絵里「本当にありがとう…にこ…タクシー呼ぶわ」

にこ「あ、大丈夫よ。真姫ちゃんに迎えに来てもらうからー♪」

絵里「…クスッ…真姫も大変ね…」
208: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 00:21:41.40 ID:sLo6IVHO
にこ「それじゃ、結果報告待ってるわよ?絵里?」

絵里「えぇ…。…にこ」

にこ「ん?」

絵里「…本当にありがとう……私達…ずっと親友よ?」

にこ「絵里……プッ…アハハハ…そうそう!ここよ!それはこういう時に使うの!使いどころ間違えすぎよ!バカね?」

絵里「……フフッ…ほんとにね」

ーーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーー
215: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 00:29:31.13 ID:sLo6IVHO
真姫カー

カチャ…

にこ「ただいま」バタン

真姫(24)「オカエリ…どうだった?エリー」

にこ「え?」

真姫(24)「…何の件だったの?」ッテナンデワタシダケ!トシウツサナイデッ!!

にこ「ん?…んー…?………ニコッ♡?」ニコニー

真姫「……希の件ね」

にこ「」

真姫「今度の休みはアウトレット行くわよ?空けといてよね」クルクル…

にこ「に゙ごぉ……」

真姫「それで、どんな要件だったのよ?希はどうだったの?」

にこ「……うーん…そうね…」

真姫「………」

にこ「………まぁ…壮大な痴話喧嘩みたいなものね…時間かけすぎよ。絵里も希も不器用すぎて気の毒ね」

真姫「はぁ?イミワカンナイ」
218: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 00:34:24.74 ID:sLo6IVHO
にこ「なーんか相談とか言ってほとんど最初の方でほぼ結論出てたし」

真姫「…?よく分かんないンダケド」クルクル…

にこ「まぁ、近いうちに話すわよ?さぁ!ニコチカお家に帰るにこー♪」

真姫「ヴェェェ!?ズルいわよにこちゃん!ちゃんと話してよ!」

にこ「真~姫~ちゃ~ん!にこもう眠いにこ~!アイドルが夜更かししちゃダメにこ!」

真姫「キモチワルイ」

にこ「切り返し早っ!…大丈夫よ。近々希も交えて話しましょ。絵里ならきっと大丈夫…希を連れてきてくれるから」ニコッ

真姫「にこちゃん…ハァ…わかったわよ……」

にこ「さっすが真姫ちゃん!にこのマッキーにこ♪」
219: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 00:40:31.56 ID:sLo6IVHO
真姫「…………フンッ……少し…飛ばすわよ」クイッ…ガオォォォン…

にこ「え゙ッ!?」

真姫「夜更かしは美容の天敵なのよね?…スーパーアイドルさん?」ガオォン……グォォン…ボボボボボ

にこ「ま、真姫ちゃん?…に、にこ…やっぱりタクシーで帰るにk」

真姫「出発…!」ガコッ…ガォォォ…ンンンン

ガコッ…グオ゙ォォォ…ンン!!!

ニ゙ゴォォォォォ……!!










トロトロ…

にこ「……相変わらず音だけですっごい安全運転というか普通に遅いよね…」

真姫「ナニヨッ!この車ちょっと踏んだだけですっごい唸るのよっ!」ガォォォ…ゥゥンンンン ボボボボ

にこ「まきちゃん」

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーー
230: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 01:08:53.02 ID:w+OxszDQ
ちょいちょい挟んである遊び
わりと好き
240: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 10:34:13.72 ID:euhdNZYJ
のぞえりもえりにこもにこまきもすごく面白い
会話にセンスを感じる
257: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 22:57:01.24 ID:VBd3qrA0
都内某所 ラブホ部屋前
>>130後…

バタン…

スタ…スタ…スタ…

あっ…

これはちょっと……アカンやつや…

なんかフラフラする…歩いてるけど…歩いてないみたいや…歩くのってどうやるんやっけ…?

…視界がぼやけてきた…苦しい…

苦しい…?そういえば息吸ってたっけ?
スー…あー…吸ってなかったっぽい

…ちょっと頭が回った気がする…

って冷たっ…!あ、泣いてたっぽい…

…てか…まだ苦しい…スー…ハー…

スーハー…うーん…なーんか息吸ってる実感ない…気持ちよくない…
スーー…、ハー…、あれ…?
なんか逆に苦しくなってきた…あかんなーこれは…ちょっと…洒落になってないわ…
264: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 23:02:59.43 ID:VBd3qrA0
ペタン…

ついにへたり込んじゃった…なーんか他人事みたいや…

希「ウッ……フッ……ウウゥゥゥ……グスッ、…ウェッ…ヒック……ゴホゴホ……グスッ…」ボロボロ…

止まらない…あー…アカンわ…今日はもうおしまい…
仕事できそうにありません

てかこのままじゃ明日からも仕事できへんわ…あー…

ダレカタスケテー……

誰も助けてくれへんよな……

………ん、いや…いるか…助けてくれる人…
何かあったら呼べって言われてた…

でも…いいんかな…頼っちゃって…

ウチなんか…ウチなんかが…………

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーー
266: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 23:08:14.51 ID:VBd3qrA0
都内某所 園田邸

ピロリピロリピロリ…ピロリピ…

ピッ…

海未(25)「………希?…どうしたのですか?定例会は来週の筈ですが……えっ……」

…………………………

海未(25)「……絵里が…!?……わかりました…凛には私から連絡を入れておきます」

…………………………

海未(25)「……ええ……ええ…そうです…何時もの場所で……時間は後ほど…ええ…」

…………………………

海未(25)「……いいんですよ……ええ…では後ほど……あ!それと…凛には一時間ほど遅らせて集合時間を伝えます…ええ。…いいんですよ…それでは…」

ピッ…

海未(25)「…………よりによって絵里に…」

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーー
271: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 23:16:21.36 ID:VBd3qrA0
都内のとある個室料亭

海未(25)「……」

トトト…カラッ…

希(26)「海未ちゃん?おまたせ!…ごめんな…急に時間取らせて…」

海未(25)「いいんですよ。凛も後ほど来るそうです。こちらへ…ビールでいいですか?」

希(26)「うん、ありがとな」

ポンッ…トクトクトク…

希(26)「ん…ありがと…海未ちゃんも」

海未(25)「はい、ありがとうございます」

トクトクトク…

海未(25)「……ありがとうございます。…では、リリホワ緊急定例会…第一部を始めましょうか」カンパイ

希(26)「フフ…海未ちゃんってそうやってタイトル付けすんの好きやんな?」カンパイ

カチン……ングング…

海未(25)「ふぅ……。電話でも申し上げましたが凛には一時間程遅らせて連絡しています…今の内に絵里の件を…」ソレト、ネンレイハイイカゲンサガリナサイ

希「うん…ホンマ…海未ちゃんは気が利く子やんね…?ありがとな」

海未「いいんですよ」ニコ

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーー
272: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 23:23:18.47 ID:VBd3qrA0
>>4~130を色々と端折りつつ簡単に説明のぞみん

海未「……そうですか…遂にバレてしまいましたか…」

希「うん…ゴメンなぁ…せっかく庇っててくれてんのに…」

海未「まったく…だから私は何度も辞めておくように言ったのです。それにしても…情無いのは絵里です…安直にそちらに流れるなんて…」

希「……えりちを責めないであげて?…ウチも…すっごくわかるから…」

海未「しかし…」

希「それにほら、ウチの方がよっぽど情無いやん?レズヘル呼んだのも早いし」

海未「それは…」

希「でもな…前も言ったけど…それでホントに救われる人もいるんよ…?誰にも言えない悩みやしな」

海未「っ…!す、すみませんでした…私は…希の意志を尊重すると決めたのに…」

希「ううん、ありがとな?海未ちゃんは優しいなぁ」ヨシヨシ…

海未「そんなことは……」
275: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 23:27:37.65 ID:VBd3qrA0
希「でも…海未ちゃんに見つかった時のラブアロービンタは効いたなぁ……」シミジミ

海未「あ、あれは私も無我夢中で…パニックになってて…」

希「今でもトラウマやもん」

………
……………………
………………………………

海未(24)「希…!見付けましたよ…まさか本当とは……貴方は…何を………何をやっているのですか…!」ザッ…

希(25)「……?…う、海未ちゃん!?こ、これは……」

海未(24)「貴方は……!貴方と言う人はっ!!」

希(25)「ちょ、海未ちゃん落ちt

ビュンッ バシーーンッ!!

希(25)「ブッ!!」

海未(24)「貴方は最低です!!」

シーン…

海未(24)「………?…希…?……希っ!?」

………………………………………
…………………………
……………

希「本来めっっちゃシリアスなシーンなのになんかギャグみたいになってるもんな」

海未「そ、その節は…その…!」
277: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 23:31:54.53 ID:VBd3qrA0
希「顔が吹っ飛ぶかと思ったわ…」

海未「い、言い過ぎですっ!」

希「いや、ホンマに!…ホンマに。叩かれる瞬間世界がスローモーションに見えたからな」

海未「も、もう…許してください…」

希「フフ…ごめんごめん…海未ちゃんの必死な思い…伝わったから!(そのままあの世に逝きそうやったけどな…)」

海未「勘弁して下さい…」

希「アハハ…ごめんごめん」

海未「…もう!」

希「アハハ………」

海未「………希…」

希「ん?」

海未「…どうするんですか?」
280: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 23:40:07.99 ID:VBd3qrA0
希「………辞めへんよ」

海未「……そう、ですか」

希「お店は良くしてくれてるし…ウチ自身…救われてる所あるんよ」

海未「そうですか…」

希「えりちは自分の事もあるし、流石に広めたりはせんやろ」

海未「…そうですね」

希「まぁ…どっちでもええけど…」

海未「わかりました…。貴方がそう言うならもう私は何も言いません。ですが…もし少しでも辞めたいと思うことや…困ったことがあったなら…言ってください。私が…いえ、この園田が力になります」

希「ホンマ…心強いなぁ海未ちゃん…ありがとうな?」(海未ちゃんが苗字で言い直すのってめっちゃ威圧感あるな…)

海未「いいんですよ」

希「うん…」ウル…

海未「どうぞ…」ハンカチ スッ…

希「ん、ごめん……カッコええなぁ海未ちゃん…モテるのもわかるわ」ニシシ

海未「よしてください」

希「えりちももーちょっとウチの前でもカッコよくしt……あ…うん…もう関係ないけどな…」

海未「……………希」

希「ん?」
281: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 23:45:37.33 ID:VBd3qrA0
海未「凛が来るまで後30分はあります。それまでに…絵里への不満を吐き出して下さい」

希「……海未ちゃん…」

海未「私達の可愛い妹分に、希の荒れた姿を見せるわけにはいかないでしょう?凛はあれで勘がいい子ですから絵里の事を悟られてしまいます。今日の緊急会は嫌~なお客さんに会ったからって事にしましょう」ニコ

希「……海未ちゃん…」グスッ…

海未「さっ…どうぞ?今日の私は海の様に広い心の、仏の海未ですよ?」

希「……ホント…ありがとな…。……じゃあ…いくで!」キッ

海未「どうぞっ!」

希「あんのぉポンコツぅ!!何やねんレズって!!だったらウチにしとけやぁ!!!」

海未「まったくです!」

希「しかも!レズバレがどうのって!!正直雰囲気とかでバレとったからあんな女の子からモテてたんやろがアホぉっ!!」

海未「絵里は臆病者ですっ!」

希「しかも巨乳かっ!?おっぱいがええのか!!この変態がぁぁ!!」

海未「絵里は破廉恥ですっ!!」

希「ぜーったい学生の頃おっぱいくっつけてきたのわざとや!あのむっつりーチカ!!」

海未「胸などただの飾りです!!胸が大きい人や巨乳好きな人など皆変態で破廉恥ですっ!!」

希「おぉ!?海未隊員!個人的感情でなんかこっちも巻き添えで被爆しているぞっ!!」

海未「すみませんでしたっ!」

ギャーギャー ワイワイ

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーー
283: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/10(日) 23:51:23.05 ID:VBd3qrA0
30分後… 個室料亭

トトト…カラッ…

凛(24)「おまたせー!遅くなっちゃったよー…あーっ!二人とも先にお酒飲んでる!ずるいにゃー!」

希「あ、凛ちゃん!ごめんなぁ急に呼び出しちゃって」スッキリ

海未「ごめんなさい、凛?私も希も早く着き過ぎてしまいまして…」キリッ

凛(24)「もー!凛も乾杯したかったよー!」

希「よーし!海未ちゃん、やり直そうか」

海未「凛、グラスはこちらですよ」

凛(24)「…なんか今日は二人ともいつもより落ち着いてるね…?」

カンパーイ!
ヤハリビールハサイコウデスネ
カクベツヤネー
ネェ、コノスウジナンニャ?

ーーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーー
289: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:01:59.22 ID:7Evp+iIL
料亭前

希「今日は…ホントに…ありがとな?…正直今日の…お客さんは結構こたえてたんよ…でも…二人に会えて吹っ飛んじゃった」

凛(24)「凛もすっごく楽しかったにゃー!やっぱりリリホワは最高だねっ!」

希「もぉー、凛ちゃんはいくつになっても可愛いなぁ…まじえんじぇ~」ヨシヨシ

凛(24)「ムッ!歳のことは言いっこなしだよっ!」アッ!コノスウジッテネンレイナノッ!?

海未「また、何かあったら遠慮せず連絡くださいね?」

希「うん……明日からまた頑張れそう!」

海未「……希」

希「ん?」

海未「…本音を言いますと貴方の事…力ずくでも止めるべきなのかもしれませんし、そうしたいと考えていました」

凛(24)「う、海未ちゃん…?」

希「……」
290: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:07:33.60 ID:7Evp+iIL
海未「貴方を見逃して庇う事の条件として三年を抜いた学年に一人…貴方の無事と健在を知る者を設定する事。そして月に一度定例会を開く事としていましたが…最初は嫌がる希を文字通り無理矢理引っ張りだして定例会を開いたものです」

希「あはは…なんか…苦労かけてごめんな?」

凛(24)「苦労なんてぜーんぜんだよ?」

海未「…ですが、今日は希から私達を頼って声をかけてくれて…安心しました」

凛(24)「そうにゃそうにゃ、わかるにゃー」

海未「私は改めて…貴方を…希を信じます」

凛(24)「そうにゃそうにゃ!凛もにゃ!」

希(26)「……海未ちゃん……凛ちゃん……もお…ウチのが年上やのに…ホンマ…ダメな隊長でごめんな?」ホロリ…

海未「いいんですよ。それから…学年で一人というわざとらしい条件で人選を選びましたが…正直、私のワガママです。単純に私は、あなた達と…リリホワとでいるのが楽しいです」ニコ

凛(24)「ワカルニャー!!」

希「………うん…ウチもや」
291: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:12:35.95 ID:7Evp+iIL
海未「私と凛は…何があっても貴方の味方です。それを覚えておいて下さい」

凛(24)「…ぜーんぶ海未ちゃんに言われてたから便乗してたけどホントだよ?凛は希ちゃんの味方だからね!」

希「うん………ありがとな…なんか今日お礼いいっぱなしやね…」

キキッ…

海未「タクシーが来たようです…希、本当に歩いて帰るのですか?近くならなおさら乗っていけばいいんですよ」

希「……うん!大丈夫!こっから5分くらいやし、そんな飲んでへんし!ちょっと歩きたいん!」

海未「しかし…」

凛(24)「…大丈夫にゃ!海未ちゃん!我らが隊長を信じるのだー!」

希「おっ、さすが凛二等兵!褒めて使わす!」

凛(24)「はっ!ありがたき幸せ!」

海未「なんですこれ?」

凛(24)「フフッ!希ちゃん!定例会じゃなくても大歓迎だよ?また飲みにいっくにゃー!」
292: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:13:29.88 ID:kClvGlfk
幸せな世界
294: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:18:38.61 ID:7Evp+iIL
希「…うん!わかった!ほなね?…ありがと!」

海未「えぇ、また…」

凛(24)「バイバーイ!」

ブロロ……

希「…………」

希「スー…ハー…」

うん…全然ちゃうわ…一人になっても大丈夫

すっごいなー…海未ちゃん凛ちゃん…名医やん…

スー…ハー…こんな都内の空気なのに…めっちゃおいしー…

んー…呼吸って…気持ちいい…

当たり前やと…気付かへんもんやねー…

………明日からも頑張れそう

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーー
298: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:26:25.56 ID:7Evp+iIL
タクシー 車内

凛(24)「…ねぇ海未ちゃん?」

海未「なんですか?」

凛(24)「希ちゃん…絵里ちゃんと会ったりしたの?」

海未「…やはり気付いていましたか…」

凛(24)「んー…何となくだけど…そっか!」

海未「……何も聞かないのですか?」

凛(24)「そりゃ気になるけど…でも凛的にはリリホワで楽しく飲めたら…今はそれで良いかなーって?」ニコッ

海未「凛……ありがとうございます。やはり貴方で良かったです」

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
299: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:30:18.05 ID:7Evp+iIL
ーー
ーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーーー
一年ほど前 都内某所

ダレカタスケテー…チョットマッテテー…ダレカタスケ

ピッ

凛(23)『はーい…もしもし?海未ちゃん?わー!久しぶりだねー!』

海未(24)『久しぶりです…凛…。今一人ですか?』

凛(23)『んー?今かよちんとショッピングしてるけど』

海未(24)『そうですか…少し席を外して、一人になれますか?』

凛(23)『?…いいけど……カヨチン、チョットゴメン……ウン!………………………はい、席外したよ』

海未(24)『そこから花陽は見えますか?』

凛(23)『んー?見えないけど…?』

海未(24)『そうですか。では…単刀直入に言います。希を見付けました』

凛(23)『えぇ!?ほんとに!?どこ!!どこにいるの!?』
300: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:33:15.14 ID:7Evp+iIL
海未(24)『ちょっと…今は言えません。詳しい話は長くなるので近いうちにあった時に話します……凛、この事は誰にも言ってはいけません』

凛(23)『へっ?なんで?』

海未(24)『……希の希望と名誉ために、です。…訳はまた話します。…花陽にも誰にも言ってはいけませんよ?』

凛(23)『う、うん…わかった…それで…希ちゃんは大丈夫なの?』

海未(24)『正直良くありません…心身的にもだいぶ衰弱しています』…ビンタハカンケイアリマセン

凛(23)『そ、そんな…』

海未(24)『そこで凛…あなたに頼みたいことがあります。聞いてくれますね?』

凛(23)『な、なに?凛に出来ることなら!』

海未(24)『希の事を皆に黙っている代りに私も条件として心配をかけないためにも学年に一人…希の健在を知る人を作ると話をつけました』

凛(23)『う、うん……え、それが凛ってこと?』

海未(24)『そうです』

凛(23)『う、うん…わかった…でも…なんで凛?』

海未(24)『勝手ながら私が適任と判断しました』

凛(23)『そ、そうかな?』
301: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:36:00.07 ID:7Evp+iIL
海未(24)『えぇ、あなたしかいませんよ。……凛二等兵!』

凛(23)『へっ!?あっ…はいっ!海未ちゃん隊員!?久しぶりだねそれ!』

海未(24)『特別任務です!…希隊長の心と身体のケアのために……どうか貴方は…貴方のままで…希と接して下さい…これは凛、おそらく貴方にしかできません』

凛(23)『…!……うん、…了解しました!海未ちゃん隊員!希隊長の救出作戦、開始にゃー!』

海未(24)『もう救出はしてますけどね…。さすがは凛二等兵…頼りになります!……宜しくお願いしますね』

凛(23)『まっかせるにゃー!』

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーー
302: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:37:26.46 ID:T9uF/Gpd
このリリホワの安心感
304: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:37:43.62 ID:TvhPbz5b
ありがとう海未ちゃん凛ちゃん
305: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/11(月) 00:38:49.61 ID:7Evp+iIL
現代 タクシー車内

海未「私は…信じています…いつか…皆で…9人で再び集れる日を…」

凛(24)「きっとくるよ。凛も希ちゃん信じてる!」

海未「そうですね」

トコロデ…リンノネンレイサイゴマデデタママニャ…
イッタラキエマスヨソレ?
エッ?!ナンデダマッテタニャー!
ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
391: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:23:10.00 ID:QJvFsCFb
都内某所 店内

ーーー冗談じゃないわ。できるわけないでしょうーーー

希「……なんよ…そんな嫌わんでもええやん…」ボソッ

希「…ま……嫌やんなこんなウチ…」ボソッ

女店長「恵ちゃーん、そろそろ車乗ってちょーだーい?」

恵「…!…はーい!」

ーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
都内某所

恵「こんばんわーメグミです」コンコン…

カチャ

モブ客1「わぁ…///恵さん…会いたかった…」ギュッ…

恵「私もです♪いつも指名ありがとね?」

モブ客1「恵さん…///」
392: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:24:26.39 ID:QJvFsCFb
ーーー
ーーーーーーー
ーーーーーーーーーー

移動中 車中

ーーーどうしたらいいかわからない…ポロポロ…ーーー

希(…ウチかて…わからんよ…)

ーーーこのまま…希を…帰したくない…ーーー

希(あのまま帰してくれたら…こんな想い…思い出さずにすんだのに………ん、いや無理やな…会った時点で無理やわ)

モブ運転手「はい、到着!ここで待ってるね」

恵「はーい…いってきまーす」

ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーー

恵「こんばんわーメグミです」

モブ客2「恵ちゃん!いらっしゃい!待ってたわ」ヨシヨシ

恵「お待たせしました?」エヘヘ

モブ客2「喉乾いてない?ちょっとだけお茶しましょう」

恵「わぁ!ありがとうございます!」

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーー
396: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:27:36.50 ID:QJvFsCFb
移動中 車中

ーーーちょ…ちょっと…!やめてっ!!ーーー

希(…そやったな…あの頃のウチじゃないんや…)

ーーーそ、それは……ガチなレズだと思われたくなかったから…ーーー

希(いやー…ちょっとホント意味わからないっすねー…レズて…えりち…ガチレズて……)

キッ…

モブ運転手「恵ちゃん!つきましたよー初めてだって、このお客さん」

恵「はーい…いってきまーす」

ーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーー

恵「初めまして、こんばんわ!恵です!」

モブ客3「そ、その………ヨ…ヨロシクオネガイ…シマス…」アタフタ…

恵「そんなに緊張しなくて大丈夫ですよ?」ニコッ

モブ客3「は、はひ…」カァァ…

恵「………はーい…先ずはリラックスしよっか?ほら、大丈夫……?ね?」ギュッ… ヨシヨシ…

モブ客3「…っ!……はい…」ウル…

ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
399: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:30:47.77 ID:QJvFsCFb
移動中 車中

ーーー希の事…もうわからないわよ…ーーー

希(時間ってホンマに…残酷やな…ウチもえりちの事…わからんくなってたわ…)

ーーー私とは?私とならお互い様だし…いいでしょ?ーーー

希(全然お互い様ちゃうし。それに……それは残酷やで…えりち…)

キッ

モブ運転手「とーちゃーく。今日はこれでラストだよ」

恵「あ、はーい…いってきます」

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーー
恵「綺麗なマンションやなぁ…」

コンコン…

恵「……こんばんわーメグミです」

……ガチャ

絵里「……いらっしゃい」

恵「」
401: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:33:11.32 ID:QJvFsCFb
絵里「…どうかしたかしら?」

恵「……………はぁ~ー…」

絵里「……あのね…仮にもお客の前でそのため息はないんじゃない?…希」

希「………すみませんでしたお客さま?」

絵里「…とにかく入って」

希「……嬢にも拒否できる権利が欲しいもんやな」

絵里「こんな可愛くて美人なお客さんをNGだなんて、そんな贅沢認められないわ」

希「…うっさいわ」

ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー
404: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:34:47.51 ID:QJvFsCFb
絵里ハウス

絵里「適当にくつろいで」

希「……今日はラブホじゃないんね」

絵里「住居バレが嫌だったけど希なら別にいいじゃない」

希「あっそ…(お店にはバレるやん…)……ん…?どうしたんそのほっぺのガーゼ?なんかケガしたん?」

絵里「………生意気な猫に引っ掻かれたのよ」

希「えりち…やっぱり相変わらずどっか抜けてんなぁ…」

絵里「…ほっといてよ」

希「…………」

絵里「…………」

希「…で、何なん?ウチとエッチする覚悟でもできたん?」
405: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:37:21.85 ID:QJvFsCFb
絵里「……っ!…ち、違うわ」カァァ

希「……なんよ…話するためにわざわざ呼んだん?えりち…自分で言うのもなんやけどさ、ウチ結構高いで?」

絵里(26)「まったくよ。商魂たくましくて頭が下がるわ。…でも平気よ。この歳でそこらの同世代の男が裸足で逃げ出す程度の収入はあるから」

希「そおっぽいな…広くていい部屋やん」

絵里「そうでしょ?気に入ってるの。……貴方を招待してみたかったの」

希「……良かったやん。望みが叶って」

絵里「それはどうも」

希「こんな形やけどね」

絵里「………そうね、できれば別の形で招待したかったわ」

希「そやねー?こんな騙すみたいなやり方やなくてね」

絵里「……悪かったわね…貴方が連絡先を教えてくれなかったんだからしょうがないじゃない」

希「しゃあないやん?規則やしー」

絵里「…………」

希「…………」
407: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:40:01.54 ID:QJvFsCFb
絵里「……違うのよ」

希「………」

絵里「こんな皮肉の言い合いがしたくて…貴方を呼んだんじゃないわ」

希「…じゃあなに?何がしたくて呼んだんよ?」

絵里「っ!…あなたと…仲直りがしたくて…」

希「…別にそもそも喧嘩してへんし」

絵里「してるじゃない!こんな不機嫌な希見たことないわよ!」

希「はあ?えりちこそこーんな嫌味な性格なんてやったなんて知らんかったわ!」

絵里「希が変な事言ってふっかけてくるからでしょう!?」

希「なんよ!えりちが勝手に動揺してアタフタしてるだけやん!」

絵里「…………」

希「…………」
409: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:42:25.82 ID:QJvFsCFb
絵里「……やめましょう…先に進まないわ。私はただ…希と話がしたいだけよ」

希「……せやね。しかし話がしたいだけ、かー。たまにおるわ、ほとんど話しかしない人」

絵里「へぇ、そんな人いるのね」

希「まぁこっちはそっちのほうが楽でええけど?」

絵里「その人はきっと希の事が好きなのよ」

希「やめーよそんなん」

絵里「……その気持ち…よくわかるわ」

希「…!……またよぉわからん事言って」

絵里「あら、わからない?希に恋しちゃう気持ちがわかるって言ってるの」

希「…!」

絵里「私も…そうだから…」ガーゼ ギュッ…

希「!…………」カァ…

絵里(……にこ…勇気を頂戴…)
410: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:44:28.95 ID:QJvFsCFb
希「…………あのさ」

絵里「なにかしら?」

希「……それでウチが喜んでさ、ウチも好きやったーん!とか言って胸に飛び込んでいってハッピーエンド!…になるとか考えてる?」

絵里「……………………」スタスタスタ…

ガタッ…ストン…

絵里「もちろん…考えてないわ?」ニヤリ

希「……へぇ…その顔めっちゃ久々に見るわ。その顔わりと好きやで?」

絵里「いい加減そろそろそこのソファーにでも座ってよ。今日は…逃さないから」

希「別にウチ逃げてへんし…」スタスタスタ…ポスン
411: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:48:39.09 ID:QJvFsCFb
絵里「……お茶飲む?」

希「いい…。だいたいさ、話したかったってウチがお店辞めてたらどうするつもりやったんよ?普通辞めてもおかしくないであれ」

絵里「見つけ出すわ」

希「…?」

絵里「どこに逃げても無駄よ?絶対見つけ出して捕まえる」

希「…今まで見つけられなかったくせに」

絵里「そうね…でも私はもう逃げないって決めたの。生意気な猫に誓ってね」

希「………」

絵里「絶対捕まえるわ。それにね、捕まえるのが得意な子が私以外にも後二人もいるのよ?逃げられるわけないじゃない」

希「……そやったね…かなわんなぁ…」
(まぁウチ既にリリホワに捕まってるけどな)
413: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:51:45.99 ID:QJvFsCFb
絵里「……ねぇ希。私貴方にこの前聞いてなかったことがあるの。ずーっと気になってた事。聞いていい?」

希「…なんよ」

絵里「どうして私の前からいなくなったの?」

希「………別に、何となく」

絵里「何となく…ね。なんの答えにもなってないわね」

希「…………」

絵里「………私の…中途半端な告白のせいよね?」

希「……」

絵里「ねぇ、私ね…ずっと後悔してたの。なんであの時…あんな事言っちゃったんだろうって」

希「……………」

絵里「…なんで…女性の…希の事…す、好きになっちゃったんだろうって」カァ…

希「…!!」カァァァ
414: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:53:13.16 ID:QJvFsCFb
絵里「………私がこんな気持ちにさえならなかったら…ちゃんと隠し通せてたら…希と最高の親友としてずっと一緒にいられたかもしれないのにって」

希「…………」

絵里「……でも…無理よ…だって……隠せるわけ無いわよ」

希「…………」

絵里「……貴方を…希が好きって気持ちが消えないの。ずっとよ?」

希「…そんなことないやろ」

絵里「ホントよ。……あの日…希は私の事…太陽っていったわよね?」

希「よくそんなん覚えてるね…」

絵里「忘れた事はないわ」

希「……」
415: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:55:09.91 ID:QJvFsCFb
絵里「私が希にとっての太陽なら私にとって希は月よ。私ね、暗い所が大の苦手で…臆病で…夜道なんて月が出てなかったら怖くて歩けないの」

希「…そやったね」

絵里「私ね…夜は苦手で嫌いだったけど、月は好きなの。…ほんのり明るくて、ホッとして…太陽みたいに強い光じゃないけど確かに明るく照らしてくれて…優しくてどこか神秘的な光…まるで希みたいじゃない?」

希「…言いすぎやろ」

絵里「他の人はどうか知らないけど私にとってはそうなの」

希「あっそ…」フイッ…

絵里「……貴方私に尽くし過ぎよ…おかげでもう貴方無しじゃ駄目になっちゃったわ」

希「…せやね。…ウチめっちゃ尽くしたもんなぁ…。……そらえりちも好きになるわな」

絵里「…!そ、そうよ…だから…」

希「でももう遅いわ」

絵里「…!」
416: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 20:57:15.30 ID:QJvFsCFb
希「ウチだってな…えりちがおらんと…ダメなん…えりちと縁切ってからもずっ~ーっとえりちの事考えて……」

絵里「…………」

希「…こんなに女の子の事ばっかり考えて…自分がどこかおかしいんじゃないかな、とか考えたり…。それで忘れるためにレズヘル呼んでみたりして…」

絵里「…」

希「………弱いやろ?ウチ」

絵里「……そんな事ないわ。わかるもの…私も呼んじゃったし」

希「……そうやって女の子と実際やってみたけど…気は晴れへんかった。余計に虚しくなった」

絵里「……」

希「…でもな、…なんか安心したん」

絵里「…………」

希「……こうやって女の子の事抱いてくれる人がいて…大丈夫って、頭撫でてもらって…なんか…少し…救われたん」ウル…

絵里「…そう、なのね」

希「……自分は異常じゃないって…認めてくれてるみたいで…。気が付けばウチもその安心感を与える側になってあげたいって思ってた…」

絵里「そう……」

希「でもな…やっぱり…アカンよ」

絵里「………」
417: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 21:01:07.48 ID:QJvFsCFb
希「………正直さ、この前お互いこんな形でばったり会っちゃって…何となく察したやろ?…ウチら取り返しのつかないすれ違い起こしちゃったんだなー…って」

絵里「………そう…ね」

希「もうな、お互い好きとか…親友とか…そんな次元の問題ちゃうんよ」

絵里「そんなことないわ」

希「…本気で言うてる?それポンコツってレベルじゃないで?」

絵里「本気よ。ポンコツでもなんでも構わない。貴方が何をしていようが関係ないわ」

希「…関係ないわけないy」

絵里「関係ないのよ!貴方が何をしてようと…!希が…私を支えてくれながら…あんなに…本当に素敵な世界に導いて…最高の夢を見せてくれた事に変わりはないでしょう…?」ホロリ…

希「…っ!…えりち……でも…」

絵里「誰があなたを否定しようと関係ないわ。例え希自身が自分を否定しようと…私が貴女を認め続ける」ゴシ…

希「………アホ」
418: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 21:03:55.77 ID:QJvFsCFb
絵里「それにね、…悪いけど貴方の事…『恵』の事…やっぱり気になってた調べちゃったの」

希「……ま、そやんな」

絵里「貴方…界隈じゃなんて呼ばれてるか知ってる?」

希「……さぁ?あんまり自分の風俗の評判とか知りたくないやん。その辺見てない」

絵里「貴方の源氏名のメグミをもじって…女神って呼ばれてるのよ?」

希「…っ!……」ホロリ…

絵里「私達μ'sは9人で女神だったけど……希は一人になっても女神であり続けるのね…。きっと希と同じように…貴方に救われた人は大勢いるはずよ…」

希「……っ!………グス…………」ポロポロ…
419: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 21:06:43.53 ID:QJvFsCFb
絵里「…!……希…」ガタッ…

希「……ウ…ウチ…」ポロポロ…

絵里「………はい」ハンカチ スッ…

希「…………」

絵里「………でもね…やっぱりそれも関係ないの」

希「…………」ゴシゴシ…

絵里「…私はね……月でも女神でもなくて…希が…の、希が…」ジワリ…

希「………!」

絵里「の、希が…ウッ……グス…フッ……」ポロポロ…
420: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 21:08:08.86 ID:QJvFsCFb
希「………」ソッ…

ギュッ…

絵里「……!!」

希「………ガンバッテ…」ボソッ

絵里「………!…グスッ…!…私ね、月でも女神でもなくて…ただ希が…好きなの…!希が必要なの……希と…特別な関係で…ずっと一緒にいたいの……!」ボロボロ…

希「………………ハイ…ヨクデキマシ…タ…」ボロボロ…

ギュウ……

ノゾミ…ウッ…ウェッ…ノゾミィ…ゥゥ…グスッ…

ケッキョクコウナルンヤネ……グスッ…ホンマ…ヒック……ウッ…エリチハシャアナイナァ……ウゥ…

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーー
421: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 21:08:45.43 ID:j55Lgj3z
うるっとしてしまった
438: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 23:27:07.08 ID:jxcqewLH
これ以上ないぐらいにのぞえり。
ありがとうございます!
439: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/04/13(水) 23:30:49.32 ID:2FDdUQ+/
いいね クオリティあがってる
会話が不自然なほど自然だ ドラマ見てるように再生される
次スレ:

絵里(26)「巨乳レズデリヘル呼んだら希がきた…」【後編】




このシリーズSS:

絵里(26)「巨乳レズデリヘル呼んだら希がきた…」【前編】


絵里(26)「巨乳レズデリヘル呼んだら希がきた…」【後編】


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク