千歌「エッチしないと出られない部屋!?」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 20:47:12.34 ID:8ruxczIN
千歌「ううん…」

千歌「あれ…ここどこ…?」

曜「……んあ?」

梨子「ここは…」

千歌「曜ちゃん、梨子ちゃん…」

曜「あれ…千歌ちゃん。ここどこ?」

千歌「わかんない…何故か目が覚めたらこんな所に…」

梨子「私も…確か最後は…普通に自分の部屋で寝てたはずなのに」
2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 20:47:56.83 ID:L8i/wXSz
かなまりの人だ!!!


過去作

果南「えっちしないと出られない部屋…?」


3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 20:49:00.70 ID:8ruxczIN
千歌「おかしいな…」

千歌「何か心当たりある?」

曜「ううん…」

梨子「ないね…」

千歌「ううん…」

千歌「まあいいや。帰ろう、とりあえずここから出よう…」

ガチャガチャ

千歌「あれ?」
5: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 20:51:35.55 ID:8ruxczIN
梨子「どうしたの?」

千歌「開かない…」

曜「ええっ? ちょっと代わって…」

ガチャガチャ!!

曜「……なにこれ、どうなってるの…?」

梨子「開かないの…?」

曜「そうみたい…」

千歌「どうなってるんだろう……」
9: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 20:54:28.94 ID:8ruxczIN
千歌「窓、窓はあかないの?」

カッ…

曜「あかない…」

梨子「どうして…」

千歌「これって……まさか私達誘拐されてるんじゃ…」

曜「ええっ!?」

梨子「ゆ、誘拐……!?」
12: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 20:59:05.91 ID:8ruxczIN
千歌「だって、こんなの監禁だよっ……ん?なんだろう、この紙…」

千歌「え〜と…ここから出たければ…3人でセック…!?」

曜「千歌ちゃん?どうしたの?」

千歌「い、いや……これ」
13: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 21:01:41.61 ID:8ruxczIN
梨子「ん?……ん!?」

曜「な、なにこれ……っ!?」

千歌「こ、こんなの……なにかのいたずら、だよね……?」

曜「あ、当たり前だよ。こんなのっ……!」ポイッ

梨子「気にすることなんかじゃないよ、千歌ちゃん…」

千歌「うん……」
14: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 21:05:12.51 ID:8ruxczIN
千歌「…」

千歌「とにかく、何か…生活できるようなものは揃ってるみたいだね」

曜「……千歌ちゃん、まさかここで?」

千歌「それ以外、ないと思う。どうしたら出られるかも…わからないんだし」

梨子「…そう、ね…それが最善かはわからないけど……」
16: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 21:13:05.09 ID:8ruxczIN
ーーー

曜「冷蔵庫にいっぱい食材あったから、適当にご飯つくったよ」

千歌「ありがとう」

梨子「…あれだけ食材があれば……しばらくは過ごせそうだけど」

千歌「でも、他に何か出る方法あるのかな」

曜「さあ……」
24: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 21:36:45.60 ID:8ruxczIN
ーーー

千歌「私、先にお風呂入っちゃうね」

曜「いいよ〜」

梨子「ごゆっくり……ん?」

『ミッション』

『高海千歌と、一緒に風呂にはいること』

『拒否すればペナルティ』

『達成でボーナス』

梨子(なにこれ…?)
25: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 21:42:21.87 ID:8ruxczIN
梨子「曜ちゃん、ねえこれ……」

曜「ん…? なにこれ、梨子ちゃんが書いたの?」

梨子「違うよ…ここに置いてあったの」

曜「ミッションかぁ…」

曜「やらなかったらペナルティって……何があるんだろう」

梨子「うん…」

梨子「どうする?」
26: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 21:48:31.02 ID:8ruxczIN
曜「……こんな状況だし…何があるかわからないし、従う事にしよう」

梨子「そうしようか…なら、いこ」

曜「うん」

チカチャーン!

ーーー

千歌「3人だと…ちょっと狭いね」

曜「ごめんね、いきなり……」

千歌「ううん、いいの」
27: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 21:51:50.65 ID:8ruxczIN
千歌「…ミッション、だっけ」

梨子「うん」

千歌「これからもそういうの、増えるのかな…」

梨子「どうだろう、でも、それも考えられるね」

曜「まあ、これくらいのことなら、平気だよね」

千歌「そうだね!」
28: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 21:53:52.98 ID:MziJNXcB
まあ、この3人なら結構やるだろうな
31: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 22:02:11.77 ID:8ruxczIN
ーーー

千歌「じゃあ、おやすみー」

梨子「おやすみ」

曜「おやすみー」

ーーー

チュンチュン……

千歌「おはよう…ん?」

千歌「な、なんかすごい……箱?」

千歌「ねえねえ、二人共、起きて起きて」

梨子「うゆ……なに?」ムニャ

曜「はこぉ……?」
36: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 22:08:26.43 ID:8ruxczIN
千歌「開けてみるよ…?」パカッ

高い肉『やあ』

千歌「ん?!」

梨子「な、なんかすごい……高そうなお肉……!」

曜「うわあ……!」

千歌「も、もしかしてこれが……ボーナス!?」

曜「そうだよ! きっとこれが……!」

梨子「すごい……!」

千歌「これ夜食べよう!ね!」
41: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 22:19:20.23 ID:8ruxczIN
ーーー
ジュワ〜…

千歌「うわわわわっ……!」

曜「す、すごい……!」

梨子「あわぁ…!」

千歌「食べよ、食べよっ!」

イタダキマース!

千歌「はふっ……!」

千歌「おっ、おいしー!」

曜「ふわぁっ、すごい、とける……!」

梨子「やわらかい…!」

千歌「こんなことなら、ミッションどんどん来てもいいね!」

曜「そう思っちゃうね…!」

梨子「うん……!」
42: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 22:21:14.39 ID:N28f6Yib
こいつら普通に生活し始めて受け入れているぞw
43: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 22:28:39.12 ID:MziJNXcB
しかも超お得にwwww
44: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 22:28:51.11 ID:8ruxczIN
千歌「ごちそうさま〜」

曜「おいしかった…」

梨子「本当……とっても……」

千歌「大満足〜……ん?」

千歌「あれ、これ…」ピラッ

曜「なになに?」

梨子「紙……もしかして」

千歌「ミッションだ! え〜っと?」
48: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 22:38:59.42 ID:8ruxczIN
『ミッション』

『高海千歌は今日、入浴してはいけない』

『達成すればボーナス』

『拒否すればペナルティ』

千歌「えー? お風呂入っちゃいけないの……?」

曜「そういうことだよね…」

千歌「えー…嫌だなぁ…」

梨子「拒否したらペナルティ、ってあるけど、どういう内容なのかな」
49: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 22:46:27.79 ID:8ruxczIN
千歌「1日入らないだけでも体臭っちゃうしなあ」

曜「…はいっちゃえば?」

千歌「…いいのかな? ペナルティ…」

梨子「……まあ、わからないけど、そこまで重くないかもしれないし」

梨子「いいんじゃない?」

千歌「んー……そうだね。はいっちゃおうかな」
52: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 23:02:31.80 ID:8ruxczIN
ーーー

千歌「ふう……さっぱり」

曜「やっぱりお風呂は入っておきたいよね」

梨子「大事なことよね」

千歌「いくら部屋の中でも、汗とかかいちゃうもんね」

千歌「ふぁあ〜…もう眠いや……」

梨子「じゃあ、今日はもう寝ましょ」

曜「そうだね。…明日には、ここから出る方法も考えよう」

千歌「うん…じゃ、おやすみ」
53: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 23:12:12.43 ID:8ruxczIN
チュンチュン…

千歌(んん〜……朝、か…)ムニャムニャ

千歌「ふぁあ〜…おはよう、梨子ちゃん、曜ちゃん…」ジャラッ…

千歌「ん?ジャラ?」

ジャラ、ジャラ…

千歌「……く、鎖…どこにつながっ、て……」

千歌「あれ!?」

曜「んん…なに、どうしたの千歌ちゃん…」

千歌「…よ、曜ちゃん」

曜「ん……?」

千歌「……私、ベッドに鎖で…なんかペットみたいに繋がれてるんだけど…」
56: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 23:18:47.80 ID:8ruxczIN
曜「ええ?」

千歌「今起きたらこんな事に……」ジャラ、ジャラ

梨子「…ふぁあ……」

梨子「……あれ……千歌ちゃん、なにしてるの?」

千歌「なんか繋がれてて…」

曜「……もしかして、これがペナルティ?」

千歌「あっ…」

梨子「そっか…そうじゃないとこんな事…」

千歌「そ、そんなぁ…」

千歌「うう、こんな犬みたいに首に……」
57: 名無しで叶える物語(うめぼし)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 23:19:39.07 ID:zDnS6QoO
もう既に最高
60: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 23:25:24.22 ID:8ruxczIN
千歌「どうしよう……これ、いつになったらとれるんだろう」

梨子「1日……とか?」

千歌「うええ…」

曜「本当に取れないのかな? えいっ、えいっ」

千歌「ぐえっ!」

曜「あっ、ごめんごめん!」

千歌「ううん、大丈夫…」

千歌「…とりあえず、ご飯にしよ」
64: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 23:31:48.68 ID:8ruxczIN
ゴチソウサマ

千歌「…はぁ〜あ」

曜「早くとれるといいんだけどね…」

梨子「重そうだし、邪魔だよね、それ」

千歌「もうすっごく…」

千歌「はあ…こんな事なら、あの時1日お風呂入るのくらい、我慢しておけばよかった…」

千歌「ちょっとトイレ行ってくる…」ガキンッ

千歌「……」

梨子「あ…」

曜「……」

千歌「…」グイッ、グイッ

千歌「……ど、どうしよう」
65: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 23:34:19.72 ID:8ruxczIN
曜「ど、どうするって言ったって…」

曜「我慢するしかないんじゃ……」

千歌「でっ、出来ないよぉ!?」

梨子「! そうだ! ベッドを動かしたら、ギリギリトイレまで、届くんじゃ?」

千歌「おおっ!ナイスアイデア!」

曜「さっそくやってみよう!」

セーノ!

千歌「おもっ……いや、違う!?」

梨子「固定されてる……?」

曜「なんてこったい……」
68: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 23:43:56.09 ID:8ruxczIN
千歌「ううっ、おしっこ行きたい……!」

曜「千歌ちゃん、我慢できない?」

千歌「出来ないってばぁ……!」

曜「……」

梨子「……」

タッタッタ…

千歌「……曜ちゃん? 梨子ちゃん……?」

曜「千歌ちゃん、これ使って」

『洗面器』

千歌「え」

曜「私達、見ないから」

千歌「……え、まさか」

梨子「大丈夫。漏らすよりは……きっと、ましだよ」

千歌「えええええ!?」
117: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:41:40.31 ID:av0G1kVi
千歌「いっ、いやだよっ、洗面器なんて!?」

曜「でもトイレが……」

千歌「そうだけどぉ…!」

梨子「一応、おいておくね…」
119: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:49:51.76 ID:av0G1kVi
千歌「……」

洗面器『やあ』

千歌「い、いやいや……」

千歌「無理だって……本当に」

千歌「…」モジモジ

曜「千歌ちゃん、お昼ご飯だよ」

千歌「あ、うん…ありがと」
120: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 22:56:00.04 ID:av0G1kVi
千歌「…」モグモグ

千歌(…おしっこ行きたい)

千歌「でも…」

梨子「…千歌ちゃん、状況が状況だから…」

曜「うん……」

千歌「…うん」

千歌「…じゃあ……ちょっと、向こうの部屋、入っててくれる?」

ーーー

千歌「ふう……」

シュルシュルッ

千歌(洗面器におしっこするはめになるとは……)
121: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 23:02:37.24 ID:av0G1kVi
ボトトトトトッ…

千歌「ん、んん……」チョロロッ…

千歌「はあ…」

千歌「…」フキフキ

千歌(……でも、これを)

千歌「…曜ちゃん、梨子ちゃん。いいよ……あと、お願い…」

ーーー

ジャー…

千歌(洗面器に出したのを流してもらうなんて…恥ずかしすぎるよ…!)

梨子「千歌ちゃん、本当に気にしなくていいからね…?」

曜「そうだよ、ね?」

千歌「…うん。ありがとう」

ーーー

千歌「…というか、これがついてるって事は、お風呂にも入れないのかぁ」
125: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 23:14:57.77 ID:av0G1kVi
梨子「早く寝ちゃって、明日に取れてることを祈るくらいかな…」

曜「そうだね…」

千歌「むう……つぎからは、本当にちゃんとしよう…」

ーーー
チュンチュン…

千歌「んんん……あれ」

千歌「あっ、首輪ない!」

梨子「よかったね、千歌ちゃん!」

曜「ペナルティは1日間だけ、みたいだね」

千歌「そういうことみたいだね…でも良かった」

千歌「安心したらお腹すいてきちゃった!ご飯にしよー!」
126: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 23:24:50.14 ID:av0G1kVi
梨子「じゃ、ご飯いっぱい注がないとね…あれ?」

曜「どうしたの?」

梨子「また紙……まさか」

『ミッション』

梨子「また…」

曜「内容は?」

梨子「えっと…」

『3人全員、一発ギャグを行うこと』

『拒否すればペナルティ。達成でボーナス』

梨子「って、今度はまた簡単ねずいぶんと」

曜「高低差激しいよね…」
127: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 23:32:09.12 ID:av0G1kVi
千歌「一発ギャグ?」

千歌「なら任せて!とっておきのがあるから!」

梨子「え、千歌ちゃんって、そういうの好きな人だったの?」

曜「いや、特に聞いたことないけど…」

千歌「……」スゥー

曜「ん?」


千歌「ブラジルの人聞こえますかぁぁぁあっ!!!」


曜「いやいやいやいや!!!」

梨子「あははははっwww」

曜「え!?」
129: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 23:37:24.99 ID:av0G1kVi
千歌「…」ドヤァ

曜「え、次私!?」

曜「え、ええと、えっと……!」

曜「……」


曜「『命』ッ!!!」


千歌「懐かしいー!」

曜「ふっ、ふふ……」

曜「小っ恥ずかしい……!!」

梨子「最後私かぁ」
130: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 23:42:49.14 ID:av0G1kVi
梨子「……」

梨子「どんだけ〜!」



千歌「え、それって一発ギャグにはいるの?」

梨子「え」

曜「入らないと思う」

梨子「え、そんな……他に何も思いつかない…」

曜「頑張って!」

梨子「ええと…」

梨子「……」


梨子「げっつ!!」


曜「いまさらだけどなんで皆ブームが過ぎ去ったものばっかりなの」

梨子「知らないよっ!!」
132: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 23:51:31.21 ID:av0G1kVi
千歌「でも、これでいいよね?」

曜「まあ多分」

千歌「ボーナスって、今度はなにかな〜」

曜「千歌ちゃん、あんまりこの生活に適応しないでね」

千歌「わかってるわかってる〜」

ーーー
翌日。

千歌「また小包が!」

梨子「なにかな」

曜「とにかく開けてみよう!」

パカッ

PSVR『やあ』

千歌「ゲームだ!」

曜「しかもこれ高いし新しいやつだ…」

千歌「すごーい!」
133: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/09/27(火) 23:55:00.07 ID:nw14fH3o
まさかのPSVR
134: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 00:01:50.02 ID:SF1jIiu3
千歌「私やってもいーい?」

梨子「いいよー」

千歌「ソフトは……げっ、バイオハザード……?」

曜「千歌ちゃん、ホラーゲーム苦手だよね?」

千歌「うん……でもま、いっか。ちょっとやってみよう」

ーーー

千歌「お、おおおっ…」

千歌「やだもう怖い!!」(VR)

梨子「そんなにリアルなの?」

千歌「視界いっぱいにはいるのが、このゲーム画面だからさ……」

曜「うわあ……」
136: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 00:08:08.66 ID:SF1jIiu3
梨子「なんか、すごい光景…ん?」ピラッ

『ミッション』

曜「また?」

『渡辺曜と桜内梨子は』

梨子「ふん……?」

『高海千歌に気づかれないように背後でキス』

曜「え」

『拒否すれば、高海千歌にペナルティが下される』

『達成すればボーナス』

梨子(えええええ!?)
曜 (えええええ!?)
157: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 08:14:23.40 ID:ehSCPDeS
やべえ、最高だな
162: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 10:27:57.12 ID:N1+kLWH2
梨子がいつ暴走するか楽しみにしてる
168: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 22:15:18.22 ID:SF1jIiu3
曜「き、キス……?」

千歌「ん? 曜ちゃん、なんか言った?」

曜「あっ、ううん!梨子ちゃんに言ったの!」

千歌「そっかー」

梨子「……ど、どうする?」

曜「そ、それは…」

曜「で、でもキスだなんて…」

梨子「うん…」

曜(…でもしなかったら…千歌ちゃんにペナルティが…)

梨子(今度はもっとひどいペナルティかもしれないし…)

千歌「うわぁぁっ、怖い!! きゃー!」

曜「……梨子ちゃん」
171: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 22:21:01.63 ID:SF1jIiu3
梨子「え…」

曜「…大丈夫、一瞬だけ、ほんの一瞬だから……ね?」

梨子「……うん」

曜「……」

梨子「…」

梨子「は、早くしてよ…」

曜「あっ、う、うん……」
180: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 23:22:37.04 ID:SF1jIiu3
曜「……い、いくよ?」

梨子「う、うん…」

曜(女の子同士、でなんて……!)

曜「…ん、ちゅ……」

梨子(あ……)チュッ

曜(あっ、ぁ、しちゃったぁ……!)

梨子(どうしよう、曜ちゃんと……キスしてる……!)

千歌「ねー曜ちゃん、梨子ちゃーん……」

曜「っ!?」

梨子「っ!!」
183: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 23:29:32.89 ID:SF1jIiu3
曜「なっ、なに!?」

千歌「怖くてこれ以上進められない…こうたいしよ…」

梨子「あ、うん! じ、じゃあ私やるね…!」

ーーー

曜(…バレて…ないよね)

梨子「大丈夫だよ、ゲームに夢中だったもの、千歌ちゃん」

曜「だよね…」

千歌「うぅ〜ん…そろそろやめておこうかな。ちょっと酔ってきちゃった…」

梨子「そろそろお昼にしようか。ちょっと遅いけど」

曜「そうだね」
184: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 23:35:11.22 ID:SF1jIiu3
ーーー

梨子「じゃあ、私、先にお風呂入らせてもらうね」

曜「あいよー」

千歌「はーい」

ーーー

ジャァァッアッ……

梨子「……」

梨子(……キス…)

梨子「あれが、私の……初めて…」

梨子(……ううん、あれは仕方ない事、だったんだから)

梨子「…だから、気にしない」シャワシャワ

梨子「あ……」

梨子「これリンスだ……」
187: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 23:39:24.44 ID:lGgDok60
>>184
梨子「あ……これリンスだ……」

可愛いw
189: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 23:42:23.16 ID:SF1jIiu3
曜「千歌ちゃ〜ん、寝る前にそんな怖いゲームやってて大丈夫?寝られる?」

千歌「大丈夫大丈夫わああああ!!!」

曜「あはははっ!」

千歌「あ、死んだ……」

曜「もうそのへんにしときなよー、ゲームのし過ぎはよくないし」

千歌「はーい」

梨子「そろそろ寝ようか」

千歌「その前にトイレ〜」

ーーー
194: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 23:59:21.07 ID:SF1jIiu3
千歌「……」zzz

梨子「…」

梨子「…曜ちゃん、曜ちゃん起きてる?」

曜「ん……?」

梨子「…その、ね」

梨子「昼間の……その…」

曜「…!」

曜「…ごめんね……やっぱり、嫌だったよね」

梨子「ううん、いいの。そんな事ない」

梨子「…でも、なんていうか」

梨子「落ち着かなくって…」

曜「うん……」
195: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:02:05.67 ID:WjS2UcZl
梨子「……おやす」

千歌「……」ムクリッ

梨子「っ!?」

曜「っ……!」

曜(お、起きて……!?)

千歌「……」チラッ

曜(な、なんだろう……?)

千歌「……」テクテク…

ガララッ…

梨子(…別室に……?)
199: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:06:51.20 ID:WjS2UcZl
梨子「何しに行ったんだろう…」

曜「トイレじゃない?」

……

……アッ

梨子「でも何か聞こえるよ……?」

曜「本当だ……」

梨子「見てみる?」

曜「うん……」

ガラッ…

梨子(ん〜……?)


千歌「んっ、ん……ぁ…」クチュクチュ

曜「っ……!?」

曜(ち、千歌ちゃん……?!)
201: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:12:04.32 ID:WjS2UcZl
梨子(千歌ちゃんが……!)

曜「見、見ちゃダメ……!」

梨子「あ……!」

曜「…千歌ちゃんだって……その、ああいう事もしたくなるんだよ…」

曜「……私達だって……そうでしょ?」

梨子「…」

曜「ほら、見なかったことにしよ…」

ーーー
チュンチュン…

曜(結局寝られなかった…)

梨子(いつの間にか千歌ちゃん戻ってまた寝てるし…)

千歌「おっはよー!」

千歌「……ん?二人共、なんだか寝不足?」

曜「うっ……」
202: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:15:16.76 ID:WjS2UcZl
曜(どうしよう、千歌ちゃんの顔まともに見られない…)

千歌「まあ、いっか。そうだ! 見てみて!起きたらこんなのが届いてたんだ!」

梨子「なに?」

千歌「ビリーズブートキャンプ」

曜「なんで!?」

梨子(えっ、まさかこれがボーナス?)
205: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:23:11.20 ID:WjS2UcZl
千歌「最近運動できてなかったし…せっかくだからやろうよ!」

曜「それもいいかもね…」

ーーー
その後しばらく。

千歌「だぁっー!!きついー!」

梨子「うう、疲れた……私、ちょっとトイレ……」

曜「ぁ〜…ん?パッケージになにか……?」

『ミッション』

『渡辺曜へのミッション』

曜(私だけ……?)

『高海千歌の昨夜の自慰について、本人に訊くこと』

『拒否すれば、桜内梨子へ凶悪ペナルティ』

曜(……!)
206: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:25:02.62 ID:xgSiyrAm
これはひどい
207: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:27:03.19 ID:WjS2UcZl
曜(え、な、なにこれ……)

千歌「あつい〜…」

曜(こ、こんな、の、もう千歌ちゃんからしたらペナルティみたいなもんじゃん……!)

曜(でも言わなかったら……梨子ちゃんに、しかも凶悪なって… )

曜(ど、どうしたら……)
211: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:32:38.76 ID:WjS2UcZl
千歌「…曜ちゃん?」

曜「あっ……」

曜(わ、私、私は……!)



曜「……ううん、なんでもないよ」


曜(……ごめん、梨子ちゃん)

ーーー

梨子「ふぁあ…おやすみ」

千歌「おやすみー」

曜「…おやすみ」

曜(…けっきょく、言わなかった……だから、ペナルティは…梨子ちゃんに……)

曜「……っ!」

ーーー

梨子「……」スヤスヤ

『……』グイッ

梨子「……」zzz

ーーー
213: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:36:34.81 ID:WjS2UcZl
カチャガチャ…

ブブブブブッ…

梨子「ん……ん、ん…?」

梨子「あれ……私、なんで……椅子?」

梨子「……!? 手が……足も動かせないっ……!?」

梨子「拘束されてっ、んむっ!?」ガチャガチャ

梨子(なっ、なに!? 口になにかはめられて……)

梨子「んまー、んむっー!?」

カチッ

ーーー
215: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:38:20.17 ID:n3ulllbI
拘束キタコレ
216: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 00:43:11.73 ID:WjS2UcZl
千歌「おは……あれ?」

千歌「梨子ちゃんいない?」

曜「え……あ、本当だ」

千歌「梨子ちゃーん?」

曜「……どこに行っ…」


ンンンンァッッ……!!

千歌「! 梨子ちゃん!?」

曜「なにっ、今の声……!?」

千歌「こっちだよ、たぶん…!」

ガララッ

千歌「梨子ちゃん、大丈」


梨子「んっ♡っ、ん゛っ、ぁあっあ……!」ブブブブブッ

曜「……え」

そこには椅子に拘束されて、体の至る所にローターが貼り付けられた梨子ちゃんがいた。

千歌「り、梨子ちゃん…?」

梨子「ん〜…ん、んむごっ……♡」ガクガクガクッ
229: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 04:45:38.25 ID:Y/O1U+FH
凶悪すぎて笑うしかねえ
244: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 21:44:39.42 ID:WjS2UcZl
千歌「り、梨子ちゃんっ……!?」

梨子「んっ、んむっ、ぐ、ぐっ……♡」ビクッ、ビクッ

曜「目線が、あってない…!」

曜(まさか、これが…ペナルティ……!?)

梨子「こひゅー、こひゅー…」

曜「……!」

曜「なに、あのカウント…」

千歌「……あと、12時間……?」

曜「まさか梨子ちゃん、あと12時間あのまま……!?」
250: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 21:57:26.29 ID:WjS2UcZl
梨子「う〜、う〜……」ピクピク…

ムワァッ……

千歌「うっ……」

曜「…あれ、外そう。口の…せめてなにか飲ませないと…!」

千歌「うん…!」

梨子「……っ」ピクッ

梨子「っ……!?」

曜「…梨子ちゃん…?」

千歌「気づいた…?」
251: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:01:44.11 ID:WjS2UcZl
梨子「んんっ、うんん!んんんっ、んんっ〜!!」フルフル

千歌「、梨子ちゃん、落ち着いてっ、いますぐとってあげるから……!」

梨子「んんんっーー!!んんひぃあーー!!」ジタバタ

千歌「わ、落ち着いて、梨子ちゃんっ……!」

曜「…取れた!」

千歌「梨子ちゃ……」

梨子「来ないでええええ!!!」

ミチッ

梨子「あ゛っ……」
253: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:10:42.97 ID:WjS2UcZl
千歌「え」

梨子「あ、ぁぁぁあっあ……」ガクガクガクッ

ムワァッ…

曜「梨子ちゃん……」

梨子「うっ、ううっ、みない、で、っ、ひっく……」ポロポロ…

千歌「……曜ちゃん、雑巾って、あったよね」

ーーー

フキフキ…

梨子「ごめん……」

千歌「ううん、気にしないで、梨子ちゃん」

曜(……私のせいだ…)

曜(でも……どうしたらよかったのさ……)
256: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:17:36.98 ID:WjS2UcZl
梨子「……私、気づいたらこうなってて…」

千歌「どうしてなんだろう…」

梨子「……」

曜「……あ、あのっ!」

千歌「ん?」

曜「…じ、実は」

曜(言わないと、これは私のせいなんだ……!)

ーーー

千歌「……ペナルティ?」

曜「うん…」

千歌「それなら、話してくれれば良かったのに……どうして…」

曜「そ、それは……だって…」

梨子「……!」

梨子「…千歌ちゃん、いいの。起きちゃった事はもう、仕方ないから…」

千歌「梨子ちゃん…」

曜(…)

梨子(…たぶん、千歌ちゃん絡みだったんだね…?)

曜「……」
260: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:25:25.86 ID:WjS2UcZl
梨子「私は大丈夫だから、2人は向こうに…」

ブブブブブッ!!

梨子「んきゃあっ!?」ビクッ!

千歌「あっ…!」

梨子「……っ、お願い、時間になるまでっ、向こうに……!」

曜「……わかった」

ーーー

ァァァッア、ァゥ……!!

曜(……ごめん)

千歌「…ねえ、曜ちゃん」

曜「っ、な、なに…?」

千歌「どうしてミッションがあったこと、話してくれなかったの?」

曜「…そ、それは……」
263: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:30:34.53 ID:WjS2UcZl
千歌「……話して」

曜「っ……わかった」

曜「……あのね」

千歌「うん」

曜「ち、千歌ちゃんが……その……」

千歌「なに?」

曜「……ひとりで…えっちしてた、から……それを千歌ちゃん本人に言えって言う…ミッションだったの…」

千歌「……え」

曜「…」

千歌「……!!」

千歌「み、見たの?」

曜「……」コクンッ

千歌「〜〜〜ぁ」カァアッ

千歌「うわああああ!?」
265: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:35:51.96 ID:WjS2UcZl
千歌「う、うぅう〜…」

曜「……ごめん」

千歌(……でも、つまり曜ちゃんは……私に恥を欠かせないように……してくれたのかな……今言われちゃったから意味無いけど…)

千歌「……」

千歌(私がひとりえっちしなかったら良かったのか…)

千歌「…ごめんね、なんか責めたみたいになって」

曜「えっ、ううん!そんなことない!」

千歌「……でも」
269: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:45:47.26 ID:WjS2UcZl
曜「…言いあいっこなしにしよう。とにかく、梨子ちゃんには私は謝らないと行けないのは変わらないから…」

千歌「……梨子ちゃん」

千歌(…大丈夫かな)

ーーー
11時間後。

ンンンンッーー!!!アッ、ァアッ、イグゥ、ァッ……!!

千歌(…来ないで、なんて、言われたけど……!)

曜(ずっとあの調子の梨子ちゃん、放っておけない…!)

千歌(よし……ん?)

『ミッション』

千歌「これは…」

『高海千歌はこの香水をつけ、1時間後に部屋に入れ』

『拒否すればペナルティ』

千歌「……一時間後……ちょうど梨子ちゃんがあれから解放されるときだ」

曜「…千歌ちゃん」

千歌「…あと一時間、待ってて。梨子ちゃん」プシュ、プシュ

千歌(でも、これ、なんなんだろう…)

ーーー

『ぁっ、や、だぁ、もういやぁ!!イきたく、な、ぃいいっ……!!』

千歌「……一時間!」

ガチャッ!

千歌「梨子ちゃん!」

梨子「あっ、いやぁっあ……! ぐ……〜〜〜っ!!!」ビグビクッ!!

梨子「あ、ぁあ、ああ……」フラフラ

カチャンッ!カチャン!

千歌「拘束具が外れた……梨子ちゃん!」
271: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:51:27.16 ID:WjS2UcZl
梨子「あ、ぁっ……」クラッ

千歌「梨子ちゃんっ!!」ダキッ

梨子「……ち、かちゃん…」

千歌「…もう、大丈夫だよ、もう終わったんだよ」

梨子「……そ、っか……やっとおわ……」ドグンッ

梨子「えう……?」クラッ

スンスン…

梨子(……甘い……匂い…)

梨子「……」ポワポワ

千歌「…梨子ちゃん?」
272: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 22:56:11.85 ID:WjS2UcZl
梨子「……千歌、ちゃん」

千歌「なに? りこ……」チュッ

千歌「……っ!?」

梨子「んむっ、ちゅっ……」チュルッ

千歌(……なっ、な!?)

梨子「千歌ちゃん、千歌ちゃ、ん……!」チュッ、チュルッ

千歌「り、梨子ちゃんっ、やめ、どうしたの……!?」

梨子「ん、はむっ、ちゅるっ……!」チュルチュクッ

千歌「〜〜!?」
275: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:03:46.98 ID:WjS2UcZl
千歌「……っ!」

千歌(まさか、あの香水……!?)

梨子「千歌ちゃん、千歌ちゃん……♡」ハアハア

千歌(間違いない……!)

千歌「梨子ちゃんっ、落ち着いて……!」

梨子「む、無理、ごめん、本当にごめん、だけど、無理、もうむりなのっ……!」ガシッ

梨子「んむっ……!」チュッ

千歌「ひぁぅ……!?」

千歌(しっ、舌が、絡んで……!?)
276: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:09:03.50 ID:WjS2UcZl
クチュ、ニュチュッ…

千歌(梨子ちゃんの舌が……私の舌と絡んで…梨子ちゃんの唾液が…生暖かい…)

梨子「じゅるっ、ごくんっ……」ハムハム

千歌「ん、ぁ、……あ……」

千歌(私の舌、食べられてるみたいだよぉ……!)

梨子「…ち、千歌ちゃん、千歌ちゃん……」プチッ、プチッ…

千歌(あ……服、脱がされる…)
277: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:13:18.39 ID:WjS2UcZl
梨子「ち、か……」バタンッ

千歌「……え」

ーーー

梨子「……」zzz

曜「…うん、もう眠ってる」

千歌「そっか……よかった」

曜「…倒れたって聞いたけど…まあ、あんな目にあっていれば……そうだよね。今はたっぷり睡眠をとらせてあげよう」

千歌「うん、そうだね…」

千歌(……やばい、まだドキドキしてる……それに)

ヌチャッ…

千歌(くっ……)カァアッ

曜「……千歌ちゃん?」

千歌「んんっ!?」
278: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 23:19:26.38 ID:WjS2UcZl
曜「いや、見て。またミッションがきてるよ」

千歌(な、なんだ……びっくりした)

千歌「そ、それで、どんな内容?」

曜「えっと……」

『ミッション』

『渡辺曜は、桜内梨子が眠っている側で

高海千歌の性処理を行え』

『拒否すれば高海千歌に凶悪ペナルティ』

千歌「え」

曜「は」

曜「えっ……!?」
311: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:16:15.63 ID:YL8orgLR
千歌「そっ、そんな…」

曜「…で、でも……千歌ちゃん、これも凶悪ペナルティって…」

千歌「……っ!」

千歌「…わ、私も……あんな目に……?」

曜「千歌ちゃん……」
315: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:38:15.82 ID:YL8orgLR
千歌「……」フルフル

曜「……千歌ちゃん!」

千歌「えっ…ひゃっ……!」ドサッ

曜「……悪いけど…もう…千歌ちゃんの意見は聞く気はないから…」

千歌「曜、ちゃん…」

曜(もう2人のどっちだって、あんな目に合わせたりしたくない…)

曜(ごめんね千歌ちゃん。こうするしか…ないの……)
316: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:42:43.65 ID:hvV82NXt
これは曜に選択肢ないだろうなあ…
318: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:52:13.62 ID:YL8orgLR
曜「…」ガサガサッ…

千歌「あっ…」

曜「……ん?」

ヌチャッ…

曜「…千歌ちゃん、もう、濡れて……?」

千歌「……っ!?」

千歌(さっ、さっきの、梨子ちゃんの時に……!)

千歌「ちっ、ちが、違くて……! 」

曜「いいの、千歌ちゃん…するよ?」
320: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:58:36.44 ID:YL8orgLR
クチュ、ニュチュッ…

千歌「ふぁ……!」

曜(うわぁっ、ぬるぬる指がはいっていく……!)

千歌(よ、よ、曜ちゃん、にされ、されてっ、るぅ……!)ビクッ、ビクッ

曜「こう、かな……こんな事初めてだから、よくわからないや…」ニチュッ、グチュッ…

千歌「す、ごっ、あっ、自分でするより、これっ……!」ハアハア

曜(千歌ちゃん…気持ちいいのかな……)
321: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 23:08:31.37 ID:YL8orgLR
千歌「ん、んぁ、きゃっ……ぁっああ……!」ビクッ、ビクッ

曜「ち、千歌ちゃん、声、抑えて……梨子ちゃんが起きちゃうよ……!」

千歌「う、で、でもぉ……」

曜「我慢してね……!」グチュニチュッ

千歌「ぁぁっ……!」

曜「千歌ちゃん、すごい溢れてくる……!」

千歌「いわない、でぇ、ぁっ…!」ビグッ!
323: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 23:16:29.76 ID:ze5PtQxX
千歌「よ、曜ちゃん、私っ、もう、もうぅぅ……!」ビグビクッ!!

千歌「あっ! だ、めぁ、大きな声出ちゃうっ……!」

曜「えっ、ま、待って……っ!」

千歌「だっ、いっ、くっ、いくっ、あっ……!?」

ムチュッ

曜「ん……」

千歌「んむぐっ!? ……っ!!」

千歌(い、いくっ、ぁああっあっ……!!)ビグビクッビグビクッ!!

千歌「ふっー、ふっー…!」クラクラ

曜「ぷはぁっ……!」ニチャアッ

千歌「ふ、ぁあっ……」トローン
326: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 23:23:06.63 ID:ze5PtQxX
千歌(こんなの、癖に、なっちゃう……キスされてイクの……)トローン

ーーー

梨子「んっ、んっー!」グイッ

梨子「はぁっ、なんだかすごい寝ちゃったなぁ…」

千歌「仕方ないよ、ずっとあの状態だったんだから」

曜「…梨子ちゃん、ごめん。私、勝手に決めちゃって…」

梨子「ううん、気にしないで」

梨子「……それより、お腹すいちゃった。ご飯にしよ?」
331: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 23:28:03.13 ID:lqsBgINb
ーーー

梨子「……今回のことで、わかったこと」

梨子「このミッションには、必ずこなした方がいいってことね」

曜「そうだね…」

千歌「あんな事になるなら……多少難しい事でも……やるべきだよね」

梨子「ええ」
336: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 23:37:00.82 ID:lqsBgINb
梨子「…そういうことを認識して……今日は寝よう」

曜「うん」

ーーー

『ミッション』

『渡辺曜は今日1日衣類の着用を禁止』

『拒否すればペナルティ』

曜「……っ!」

千歌「……曜ちゃん」

梨子「……悪趣味ね…!」

曜「いいの、大丈夫。……脱ぐから」
340: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 23:53:20.20 ID:YL8orgLR
スルッ、シュルッ…

曜「……」

曜「…あんまり、見ないでよね」ジトッー

千歌「あっ、うん」

曜「……」

曜(…落ち着かない)

梨子「……曜ちゃんって、なんていうか」

梨子「スタイルいいね」

曜「ぶふぉ……!」
342: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 23:57:25.21 ID:YL8orgLR
曜「なにさ急に……!」

千歌「それは私も前から思ってたなー」

曜「千歌ちゃんっ!?」

千歌「……あれ、でもちょっとお腹ふにふにしてない?」フニフニ

曜「ひゃいっ……!?」

梨子「ここにいてから、運動は出来てないし……そういうことかもね」

曜「だ、だからっていきなり……!」
351: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 00:20:51.44 ID:hkvyICu+
曜「もう……」

曜「…ん?」

曜「ねえ、2人共、なんかまた紙……ミッションかな」

千歌「もう?」

梨子「まだ終わってないのに……なにかな」

『ミッション』

『高海千歌と桜内梨子は、一時間、渡辺曜の胸を吸う事』

『拒否すれば渡辺 曜に凶悪ペナルティ』

曜「え……」
357: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 00:30:12.92 ID:4S6A05lU
辛すぎだろwww
359: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 00:53:35.87 ID:ymYxJxfY
1時間以内にかと思ったら1時間吸うのか…
384: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 22:30:30.35 ID:hkvyICu+
曜「な、なにこれ…」

千歌「む、胸を?」

梨子「吸う……?」

曜「いっ、いや、でもこれは……!」

曜「いや、どっちにしたっても、か…」

『凶悪ペナルティ』

曜(……でも……!?)

千歌「あむっ……」
386: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 22:34:28.08 ID:hkvyICu+
曜「ふぇあっ!?」ビクッ!

曜「ち、千歌ちゃ……!?」

梨子「はむっ…」

曜「っ、あ、梨子、ちゃん?!」

千歌「…言ったでしょ、出来ることは絶対しようって」
389: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 22:42:28.15 ID:hkvyICu+
曜「そ、そうだけどぉ……!?」

曜「んっ……!」

千歌「はぁっ、あむっ、ちゅぱっ……」

梨子「んむっ……」チュパッ

曜(んっ、これが、一時間っ、か……!)
390: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 22:50:37.72 ID:hkvyICu+
曜(で、でもこれくらいなら、なんとか……!)

ーーー
30分後。

曜「あ、ぁあえっ……!」ヒクヒク

千歌「んむっ……」

梨子「ちゅぱっ…」チュパッ

曜(も、もどかしい……!)

曜(なんなのこれぇ……!)
393: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 23:03:06.90 ID:hkvyICu+
曜「ち、千歌ちゃん、梨子ちゃんっ……!?」

曜(っ、わ、私……今なにを……!?)

千歌「んっ……なに?」

曜「なんでもないの!!」

梨子「…」

曜(……もっと強くだなんて……言えないし……!)
394: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 23:08:58.74 ID:hkvyICu+
千歌「そう……ちゅっ…」

曜(んきゃあっ……!)

ーーー

キュンキュンッ…

曜(や、だぁっ、疼いてるぅ……!)キュンキュンッ

曜(2人は…解消、曲がりなりにも出来てるかもしれないけど……私は1度も……!)

梨子「曜ちゃんっ、あと10分だよ、頑張って……!」

曜(もっと、もっと……!)
395: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 23:15:19.21 ID:hkvyICu+
だけど……。

千歌「ぷはっ…!」

曜(あ……)

梨子「終わった…よね」

千歌「うんっ、一時間経ったよ!」

曜(……終わっちゃったんだ…)

曜(こんなの生殺し……っ!!)

ピンッ

曜「わ、私っ、トイレ……!!」

千歌「あっ、曜ちゃん……」

ーーー

曜「や、やだっ、乳首ぃ……たってる……」
404: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 23:49:30.89 ID:hkvyICu+
曜「どうしよう、これ…」

曜(このままじゃ、戻れない…)

曜(……)ウズウズ

曜「……い、いいよね、別に…」

ヌチャアッ…

曜「う、うわぁ……」

ニュルルププッ…

曜(う、わっ、すんなり指はいってっ……)
434: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/02(日) 21:16:13.37 ID:D7VYMv3k
曜「う、ぁあ……」

曜(も、もう歯止めなんか効かないっ……!)グチュニチュッ

曜(トイレで、全裸で、だなんて……!)

コンコンッ

曜「っ!?」
470: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/03(月) 21:50:15.86 ID:nx//igcS
曜(なっ、なに!?)

千歌「曜ちゃん、大丈夫…?」

曜「ち、千歌ちゃんっ、なに? どうしたの?」

千歌「いきなりトイレに駆け込んだから、何かあったのかなって。お腹痛かった?」

曜「え、あ〜、うん、そう……だね……」

トロッ……ピチャ…

曜(う、うう……我慢できない……!)グチュニチュッ

千歌「…曜ちゃん?」
471: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/03(月) 21:52:42.22 ID:nx//igcS
曜「ん、んん、なに…?」グチュニチュッ

千歌「なんだか声が…呼吸が荒いよ?大丈夫?」

曜「うんっ、平気、なんでもない、からぁ…!」

曜(どぅ、しよう、これとまんない…!)
476: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/03(月) 22:00:17.71 ID:nx//igcS
千歌「曜ちゃん、本当に大丈夫?」

曜(む、むこうに千歌ちゃんいるのに……バレたら大変なのにっ…!)

曜(さっきので、もう抑えられないっ……)

曜「あっ、んあっ……!」ビクッ

曜(声も出しちゃっ、だめ、ぇ……!)
479: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/03(月) 22:05:53.29 ID:nx//igcS
千歌「…大丈夫なら、もう行くよ?」

曜「う、うんっ、大丈夫だから……行っていいよ…!」

曜(あっ、ぁぅ、早く、行って、そしたら思いっきり、いっ…)

千歌「……何かあったら呼んでね」

曜「うん……!」

タッタッタ…

曜(はっ、早く、行って、行って…!)

カチャリッ

曜(イっ……っ!!)

曜「っ、〜〜〜!!」ビグビクッ!!

曜「ふ、ぁぁっあ……」ガクガクガクッ
485: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/03(月) 23:16:15.96 ID:nx//igcS
曜「はぁっ、はぁっ……!」

曜(すっご、これ……癖になりそう……)

曜「……うわ」

曜(床がびしゃびしゃ……片付けないと……)
486: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/03(月) 23:19:46.17 ID:nx//igcS
ーーー

千歌「あ、曜ちゃん戻ってきた」

曜「た、ただいま」

曜(って普通に返してるけど…全裸なんだよね……)

梨子「……」

曜「とにかく、今日はこれで過ごさないといけないんだから…!」

ーーー

曜「寒い」
488: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/03(月) 23:33:03.45 ID:nx//igcS
曜「とてもシンプルな問題がここにきて…」

千歌「タオルもまいたらだめなんだよね…」

梨子「こんなの続けてたら風邪ひいちゃうね…」

曜「寒い……」

千歌「曜ちゃん曜ちゃん、こっち来て来て」

曜「ん…?」

千歌「ぎゅっー」

曜「わっ、千歌ちゃん…!」

千歌「こうしたら少しは温かいでしょ?」

梨子「……ふふ、そうだね。じゃあ私も」ギュッ

曜「梨子ちゃん…!」
489: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/03(月) 23:43:23.99 ID:nx//igcS
曜(……本当だ)

曜(あったかい…)

ーーー

曜「へっくち」

千歌「ありゃ…」

梨子「やっぱり風邪ひいちゃった…?」

曜「んー…そうかも…2人とも、うつしたら悪いから、離れてなよ」

千歌「でも…」

曜「いいのいいの、大丈夫だから……」
490: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/03(月) 23:51:43.62 ID:nx//igcS
曜「心配しないで。…あ、私、先にお風呂入っちゃうね」

千歌「うん」

ーーー

曜「…」

チャポンッ…

曜「……ぁ」

クチュ、ニュチュッ……

曜「…っ」

曜(いけないのに、どうしよう…興奮しちゃう……!)

曜「……」チラッ

曜(もしかしたら二人のどちらかが入ってくるかもしれない)

曜(こんなところ見られたら私は…でも!)

曜(もう一度、あの快感を……!)
509: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 22:01:18.55 ID:Dlw4JIlC
曜「あっ、ぁくっ……!」

曜(自分の声が、快感に身を任せて漏れる声が響く…)

曜(も、もうまたっ……!)

ガララッ

曜「っ!」

梨子「曜ちゃん、私も入っていい?」

曜(びっ……くりした…)

曜「う、うん。いいよ」
510: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 22:07:08.74 ID:Dlw4JIlC
梨子「ごめんね、今日結構暑くって…汗かいちゃったから、汗流したくて」

曜「う、ううん。いいんだよ、別に」

梨子「…ここに閉じ込められてから…結構経つよね」

曜「…そうだね」ハア、ハア…

梨子「誰がなんのために、こんな事したのかは分からないけど…必ず脱出しよう」

曜「……うん」クチュ、ニュチュッ

梨子「みんなも心配してるだろうし…せめてここがどこなのかさえわかればいいんだけど」

曜「うん…」グチュニチュッ

梨子「…曜ちゃん、聞いてる?」

曜「き、聞いてる、よっ…」

曜(んふぁ……!)グチュニチュッ
511: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 22:20:30.55 ID:Dlw4JIlC
曜(梨子ちゃんがいるのに、そこにいるのに……!)クチュ、ニュチュッ

曜(とめたくない、無理、むり……!)

梨子「…曜ちゃん、顔赤いよ? やっぱり風邪でもひいちゃったんじゃ…」

曜「だ、大丈夫!大丈夫だから」

梨子「……そう?」
512: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 22:35:40.75 ID:Dlw4JIlC
曜「うん…」

梨子「……湯船、私も浸かるね」

曜「うん…!」

チャプンッ…

梨子「…ふう」

曜(はぁぁっ、あつ、ぁあっあ……!)ドキドキドキドキ

曜(だっ、だめっ、もう私だめぇ……!)

ビグッ!

梨子「……曜ちゃん?」

曜(はあっ、はぁ、はぁ……!)

曜(いっ、いっちゃった……梨子ちゃんの、隣で……)
514: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 23:06:56.50 ID:Dlw4JIlC
梨子「曜ちゃん、本当に大丈夫なの? 呼吸も荒いし…」

曜「わ、私っ、もうあがるねっ!」

梨子「あっ、曜ちゃん…」

梨子「……ん?」

梨子「なんかぬるぬるしてる……?」

ーーー

曜(なにっ、してんの私は……!)
516: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 23:27:33.02 ID:Dlw4JIlC
曜(馬鹿じゃないの、もううう……!)

曜(もういい寝るもん…)

千歌「曜ちゃーん、その格好で寝て大丈夫?」

曜「うん…大丈夫……」

ーーー

チュンチュン…

梨子「ん、ふぁ…」

梨子「朝か…」

梨子「…ん、なに……これ」

『ミッション』

『本日から、全員の自慰行為を禁止とする』

『互いの性処理は認める。ただし拒否した場合ペナルティ』

梨子「……」
517: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 23:31:37.70 ID:Dlw4JIlC
ーーー

梨子「……っていう、事らしい」

千歌「…」

曜「……」

梨子「…? どうしたの二人とも、そんな暗い顔して……」

千歌「え、いや……」

曜「別に……」
518: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 23:36:30.41 ID:Dlw4JIlC
梨子「…ま、これくらいなら、なんとかなるんじゃない?」

梨子「朝ごはんにしよっか」

ーーー

曜「今日は雨かぁ…」

千歌「最近は晴れてたからね」

千歌「……」

曜「……」
519: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2016/10/04(火) 23:49:11.06 ID:UO76Bz6c
まだ自慰してないのは梨子だけか
522: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 00:06:18.20 ID:1S4ASlw+
梨子「…なーに二人して、ボッーとして」

千歌「いや、なんでも…」

梨子「…」

曜「…」

曜(言えないよねぇ……)

ーーー

千歌(じ、自分でやっちゃだめだなんて……)

曜(シンプルできついやつ……)
523: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 00:16:31.39 ID:1S4ASlw+
千歌(……はあ…ん?)

千歌(またミッションの紙が…)

『ミッション』

『3人全員、用意された小瓶に入った液体を飲むこと』

『その後一週間は、自慰行為をしてもよいが絶頂してはいけない』

『した場合この部屋からは二度と出られない』

『1週間経てばボーナス』
525: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 00:21:16.72 ID:Y4zKOszL
何か分かんないけど、何か分かる気がするから、過酷だなこの部屋はw
528: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 01:11:25.49 ID:yFxhurHN
つまりセックスなら良いと!
543: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 22:43:30.22 ID:1S4ASlw+
曜「……え?」

千歌「で、出られない…?」

梨子「二人とも、どうしたの?」

千歌「梨子ちゃん……」

ーーー

梨子「……なるほど、そんなミッションが」

曜「ペナルティは、ここから出られない事だって……」

千歌「…とにかく、これを3人で飲んで…」

曜「1週間…」

梨子「…絶頂しないこと?」

梨子(別にそれくらいなら大丈夫なんじゃ…)

千歌「よしっ、じゃあ飲むよ!」
545: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 22:48:30.91 ID:1S4ASlw+
ゴクッ…

千歌「……ん?」

梨子「あれ、特になにもないね」

千歌「なんなんだろ、こ…」


曜「あっ、アぁっあ、ぁ゛っ……!?」ガクガクガクッ

梨子「!? 曜ちゃん!?」

千歌「どうしたの!?」
547: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 22:55:00.23 ID:1S4ASlw+
曜(頭くらくらあついチカチカ……)

千歌「曜ちゃんっ、大丈夫!?」

曜「ひぁっ……!」

曜「…だ、だめ、こない、で……!」

千歌「え……」

曜(自分でしたいとかじゃない)

曜(『そういうこと』だけどそういうことじゃない)

曜(この2人をっ、襲いたくて……仕方がないっ……!?)
550: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:01:33.43 ID:1S4ASlw+
曜(きっとそうしたら、最後までしちゃう)

曜(でもそんな事になったら……いろんなものが終わりだ……!)

曜(たえ、ないと…!)

曜「…わ、私、しばらく……1週間…独りで、過ごすね…」ハアハア

千歌「……わ、わかったよ」

ガチャリ…

千歌(……曜ちゃん、大丈夫かな…)

千歌「ねえ、梨子ちゃ……」




梨子「はぁっ、ぁっ、ぁあ……!」グチュニチュッ

千歌「え……えっ!?」
551: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:06:18.34 ID:1S4ASlw+
千歌「梨子ちゃんっ!?」

梨子(おかしいっ、おかしいっ、疼いて、仕方がないのぉ……!)ハアー、ハァー

梨子(無性にっ、こういう事がしたくなって、ぇ……!)グチュニチュッ

『自慰行為をしてもよいが絶頂してはいけない』

梨子(わかってる、わかってる……けどぉ…)

千歌「梨子ちゃんっ!」

梨子「ひっ…!」

千歌「だめだよっ、なにかの間違いで……その……絶頂……しちゃったら!」

梨子「だって、だってぇ……!」ガクガクガクッ
553: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:15:00.33 ID:1S4ASlw+
千歌(これも、あの薬の、せいってこと……?)

千歌(…でも、それでも我慢してもらわないと)

千歌「…梨子ちゃん、1週間、我慢して。…あとさ、部屋も分けよう。曜ちゃんだけ一人ってのは……さ」

梨子「でも私…」

千歌「我慢できなくなってしそうになったら教えて。止めるから…」

千歌「きっと、1週間経てば、この薬の効果もなくなるはずだよ」
555: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:19:12.04 ID:1S4ASlw+
梨子「わか、った…」

ーーー

その日から、私たちはそれぞれ別の部屋で過ごし出した。

曜「はぁっ、ん、っっ……!」ジタバタ

梨子「ぁっ、あっ、ぁあん、っ……!」ムラムラ

両隣の部屋から、そんな声が聞こえる……二人とも苦しんでる…。そして、私も…。

千歌「いっ、痛いっ、痛い……!」

千歌(なん、なの……体が痛い……!)
556: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:21:24.20 ID:1S4ASlw+
全身が軋むように痛む。
体も重い。
骨がずきずきするような痛み…。

千歌「こっ、これが私、へ、の……薬の、効果……?」

千歌(こんなの、なんで私だけ……!)
557: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:25:54.08 ID:1S4ASlw+
そして、いくら状況が状況だからとはいえ、お腹はすいて喉は乾く。だけどお互いの顔を見ている余裕が、全員にはなかった。
食事も各々が適当に、時間もバラバラに済ませてた。

そんな日から、6日が経った。

曜「…………」

梨子「……あひ、っえっあ……」ガクガクガクッ

千歌(2人はもう限界みたい…)

千歌(……そういえば、体。今日は痛くないな)

千歌「なんだったんだろう……まあいいや…普段もなにも集中できないくらいだったんだから…顔洗おう」

ーーー

千歌「ふー……ん?」

千歌「……あれ?」

千歌(…私、こんなに髪伸びて……いや)

千歌「わ、私こんなにおっぱいあったっけ……?」
559: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:28:57.82 ID:1S4ASlw+
千歌「……!?」

千歌(あれっ、あれ!?)

千歌「おっぱいどころじゃない……身長が…いや…見た目が…」

千歌「私っ、成長してるっ!??」

千歌(こっ、これ、あの薬のせいなの!?)

千歌(そ、そうじゃないと説明がつかない…なんというファンタジー……)

千歌(だから体が痛かったのかな)
561: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:31:46.40 ID:1S4ASlw+
千歌「はえ〜…」

千歌「あれ、大人千歌、結構いいお姉さんじゃないっ?」

千歌「……て、ちゃんとこれ戻るのかな」

千歌(…明日の二人の反応が、楽しみかもしれない)

ーーー
1週間後。
562: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:34:31.74 ID:1S4ASlw+
ガチャリ…

曜「あ、ぁぁ、あ…」トボトボ

梨子「…」フラフラ

『ミッション達成』

『ボーナスは……で……は…そこに……』

曜「……」

梨子「……」


千歌「…あっ、二人とも!やったね!ミッション達成だよー!」

曜「千歌ちゃ……!?」
563: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:36:22.36 ID:1S4ASlw+
梨子「その姿は……!?」

千歌「すごいでしょ〜? 大人な千歌に魅入っちゃった?」

千歌「あ、そういえばボーナスってな…… 」ガバッ

千歌「へえっ?!」ドサッ

曜「千歌ちゃん、千歌ちゃん……」

梨子「お願いっ、もう無理なのっ……!」
564: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:40:21.16 ID:1S4ASlw+
曜「千歌ちゃん……えっちしよう…!」チュパッ

千歌「ひぇっあっ!? お、おっぱい吸っちゃ……!」ビクッ!

梨子「私たちもう気が狂いそうな位我慢してきたんだよっ……!」パクッ

千歌「梨子ちゃんっまで……っ!」


『ボーナスはこれまでの欲を発散していいこと。道具が必要ならいろいろと用意してある』

梨子「ね、ね……いい、でしょ?」

曜「いづれ、そうしないと、出られないんだから……!」チュパッ

千歌「んっ、や、ぁっあ…!」ビクッ!
567: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 23:46:59.41 ID:1S4ASlw+
梨子「千歌ちゃ…」スッ

曜「千歌……」スッ


千歌「大丈夫だよ……いいよ……おいで」

千歌「私がぜーんぶ……受け止めてあげる、から…」

梨子「っ〜!千歌ちゃんっ!」ガバッ

曜「言ったからねっ、もう無理だからねっ……!」

千歌「うん……だってここ…えっちしないと出られない部屋なんだもん…仕方ないよね…」

ー♡ー
587: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 16:18:08.33 ID:COan2DQY
梨子「千歌ちゃん、千歌ちゃん……!」パクッ

曜「なに、千歌ちゃんこんなにおっぱい大きくなって……!」

千歌「わっ、もう、がっつきすぎだよ、二人とも…」

曜「1週間、ずっと我慢して、たんだから……当たり前じゃん……!」
589: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 16:31:40.09 ID:C0yWaQkB
千歌「わかっ、てる、よ!」ニュチュッ…

曜「ひぅんっ!?」ビクッ!

梨子「あっ…!」ピクッ

千歌「二人ともここすごいことになってる…」グチュニチュッ

梨子「だってぇ……!」ピクッ

曜「はぁ、ぁっ……!」チラッ

曜(も、もう無理……)

曜「千歌ちゃん……」
590: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 16:38:25.35 ID:COan2DQY
千歌「ん…?」

曜「これ、これを…」ガサゴソ

曜「履いて…これで……」

千歌「これは……」

『ペニバン』

千歌「…!」

千歌「曜ちゃ…」

曜「は、はやくっ、早くしてっ……!」フリフリ

千歌(そんなお尻ふっちゃって……)

梨子「曜ちゃんずるい…」

曜「私が先っ、いれて、いれて……!」クパァッ

千歌「……うん」シュルッ

千歌「じゃあ…いれるからね?」

曜「うんっ…!」
591: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 16:43:43.88 ID:COan2DQY
ニプッ……

曜「あっ……」

曜(は、いってき…)

ズンッ

曜「@#&*+]=-*★!♡?!」ビリビリッ!

曜「か、はぁっ……!」

千歌「全部入った……曜ちゃん?」

曜(なにこれ、な、にこれっ……!)

千歌(動いていいのかな……?)

曜(いっ、今動かれたらやばっ……)ズンッ

曜「いぅっ……ー!!」

千歌「こうかなっ、こうかな!?」パンッ、パンッ

曜「あっ、ぁんっ、ああぅ……!」ビグッ!
592: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 16:47:35.18 ID:COan2DQY
曜「ふっー、ふっー…!」ビクッ!ビクッ!

曜(きっ、きっもちっいいぃいい……!!)ギュウウウッ

曜(こんなの自分じゃ無理だよぉっ……!)

グチュニチュッズニュッ!

千歌「すごい音だよっ、曜ちゃん濡れすぎ……!」

曜「らっ、きもちっ、……!」

梨子「千歌ちゃん、私にもぉ…」

千歌「先に指でしてあげるっ……」ズニュッ!

梨子「はぁぅっあ……!」
595: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 17:33:58.08 ID:COan2DQY
曜「あっ、ひっ、んっんんん……!」ビグッ!

梨子「ふぁぁぅあ気持ちいい……っ!」

千歌「……」パンッ、パンッ

ゾクゾクッ…

千歌「ふ、ふふ……」パンッ、パンッグチュニチュッ

グチュニチュッズニュッ!

梨子「へぇっあっ!? ち、千歌ちゃんっ、激しいっ……」

千歌「ここがすきでしょ……?」クリクリ

梨子「んぎっ……!」
598: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 17:54:45.91 ID:COan2DQY
梨子「千歌ちゃんっ、ま、私もういっ……!」

千歌「いいよ、いっちゃえ……!」グチュニチュッ!!

梨子「あっ、ぁぁっあ……んんっ…ぁ゛っ……!」ビグゥッ!

梨子「はっ、ひっ……!」ガクガクガクッ

曜(な、なんか……千歌ちゃん…キャラ変わってない…?)

曜「ひぅ!?」ビクッ!

千歌「ふ、ふふふ……次は曜ちゃんだね…」
600: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 18:16:32.62 ID:COan2DQY
ーーー
『性欲が抑えられなくなる薬』

『誰かを性的に襲いたくなる薬』


『身体が成長しサディストになる薬』

ーーー

千歌「ほらっ、ほら……!」パンッ、パンッ

曜「ンにぁっ……!」

千歌「曜ちゃんっ、もうイキそう?」

曜「うっ、うんっ、もうだめっ、だからおねがいっ……!」

千歌「ふふ……!」パンッ、パンッ

曜(あっ、いくっ、もういくっ、いっちゃ……!)

曜「イっ……!」

ヌポンッ

曜「……えっ!?」

千歌「ああ、ごめん。抜けちゃった。入れ直すね」

曜「う、うん……」
602: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 18:46:48.51 ID:CJ+gK97H
ニュチュッ…

曜「ふぁぁ……!」

千歌「気持ちいいでしょっ、曜ちゃん…!」パンッ、パンッ

曜「うんっ、うんっ、だから、早くイかせっ……!」

千歌「……!」パンパンパンッ!

曜「あっんっ、くぁぁう……!」ビクッ!

曜(こ、今度こそイケる、いくっ、イク……!!)

ピタッ

曜(……!?)

千歌「…」

曜(な、なんで……!? なんでやめるの千歌ちゃん……!?)
603: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 18:55:23.85 ID:CJ+gK97H
曜「ち、千歌ちゃぁん…」

千歌「……へ、へへ」

千歌「…曜ちゃん」

曜「…な、なに?」

千歌「どうして欲しいか言ってよ」

曜「え……?」

千歌「これから私になにされたいか…教えてよ」
604: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 19:02:32.05 ID:COan2DQY
曜「そ、それは……」

千歌「ん〜?」クチュクチュ

曜「あっ……」ビクッ

千歌「…おねえさんに教えてほしいな〜、なてね」

曜「……」

曜「…し、してほしい」

千歌「ん?」

曜「最後まで…その……梨子ちゃんみたいに……」

曜「イかせてほしいです……!」

千歌「よく言えたね……じゃあそうしよう!」ズニュッ!

曜「んぁあうっ……!」
605: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 19:13:15.95 ID:COan2DQY
千歌「ふんっ、んんっ…!」パンッ、パンッパンッ、パンッ!!

曜「ぁあっ、あっ! いぐっ、あっ、にっ……!」

千歌「いっちゃえいっちゃえ…!」パンッ、パンッ

曜「あ゛っ、ぁっ、あっ、ぁいっ……!」

曜「いぅ、いっ、いく、ぁっ、イグっっ、ぅ、ぁあっあ……ぁあっあああああ!!」ビクッ!

曜「はぁっ、はぁっ、はあっ……!」ガクガクガクッ

千歌「……ふふ、お疲れ様。曜ちゃん」

梨子「千歌ちゃん、今度は私…」

千歌「いいよ、わかってる……」
609: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:05:12.35 ID:COan2DQY
ニュルルププッ…

梨子「んんっ…!」

千歌「すぐに良くしてあげるからね…」パンッ、パンッ

梨子「うっっ、すご、い…!」

梨子(奥まで届いて…こんな、手を押さえつけられて……)

千歌「梨子ちゃんっ、好きな時にイっていいからね?」パンッ、パンッ

梨子「うんっ、うゆっ…!」
610: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:20:26.15 ID:COan2DQY
梨子「っ、ち、千歌ちゃんっ、ごめんっ、私っ、もうっ…!」

千歌「いいよっ、イって…!」ズンッ!!

梨子「んっ、い、っ、あわぁっあ……ぁっ!!」ビクッ!

梨子「はあっ、ひぁー…」プルプル

梨子(やっ、ぱり、すごい…こんなにきもちい)ズンッ

梨子「え゛う゛っ……?」

千歌「……」パンッ、パンッパンッ、パンッ

梨子「なっ、ん!? ま、まって千歌ちゃんっ、今イったばかりでっ……!」

梨子「っ、わっ、ふぁっ……!」ビクッ!

千歌「ふんっ、ふんっ……!」パンッ、パンッ!!

梨子「や、やめっ、まってぇ……!」ガクガクガクッ
611: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:29:18.27 ID:COan2DQY
梨子(まっ、またっ、いくっ、イッちゃうっ、うううっ……!)

梨子「う゛ぁっ、ぁあっあぁあっ!!」ガクガクガクッ!!

プシャァァッ!

梨子「あ゛っ、ぁ〜、あ〜……」ハアハア

梨子「ち、千歌ちゃん、ちょっと休憩……」

ズンッ!!

梨子「〜〜〜〜〜っ!?」ガクガクガクッ

千歌「まだまだっ…!」グニルグニルッ

梨子「っか、かはっ……!!」

梨子(あぅ、頭おかしくなひゅっ……ぁあっ!!)

千歌「ふふふっ……!」

梨子「しんじゃうぅ! もうしぬぅううう!!」ガクガクガクッ

千歌「大丈夫だよっ、もっともっと!」パンッ、パンッ

梨子「や、だぁぁっ……!」カチッ

梨子(あっ……この、かん、かく……)

ーーー

梨子『やだあっ!もうい、いやっ、いきたくないぃいい!!』

ーーー

梨子「……っ!!」

梨子「い、いやぁぅ、もう、いやぁあっ!!」

梨子「イきたくないっ、もういやっ、許して千歌ちゃぁっ……!」

千歌「まあまあそう言わず」グイッ

梨子「ふわっ……!?」
612: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:34:26.91 ID:COan2DQY
千歌「そりゃっ……!」ズンッ

梨子「ふぁっ……!」

千歌「下から突かれるのも気持ちいいでしょ…?」ズンズンッ

梨子「や、やぁっ、いやぁあ、イきたくないっ……!」

梨子「もういやだぁぁっあ……!」

千歌「……」

梨子「お願い千歌ちゃんっ、もう許して、私もうこれ以上は……壊れるぅ……!」パンッ、パンッ

千歌「……梨子ちゃん」

梨子「っ、なに…?」



千歌「私もう動いてないよ」
613: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:42:08.95 ID:COan2DQY
梨子「……え」ニチュッ…

千歌「と、いうかね。もう結構前から」

梨子「え、え…?」

千歌「…梨子ちゃん、自分で腰振ってたんだよ」

梨子「な、な、な……!」

千歌「よいしょっ……!」ズンッ

梨子「はぁっぅ……!?」

千歌「梨子ちゃんはえっちだね…!」

梨子「ちっ、ちがぁっ……!」
614: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 21:59:47.05 ID:COan2DQY
千歌「ほらっ、いっちゃえっ!!」ズンッ!!

梨子「あっ、ぁんっ、いぐぅっ、うあああああ!!」プシャァァッ!

梨子「ぁはぁあ、あぁあぅあ…」チョロロロロッ…

千歌「もう、漏らしちゃって…」

梨子「は、はひっ……♡」

ーーー
617: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 22:05:36.86 ID:COan2DQY
曜「ぁっ、あ、ひぁ……♡」ガクッ

梨子「おっ♡ ん、にゃ……」ビグッ

千歌「ふふ……二人とも…もう動けない?」

千歌(いや〜……それにしても、なぜか急にいじめたくなってた……不思議だなぁ)

千歌「さて、じゃあお布団綺麗にして、ふたりが起きた時のためにご飯作って……」ガシッ

千歌「……え?」

曜「千歌ちゃん、千歌ちゃん……♡」

梨子「今度は……♡」


千歌「……え?」ゾワッ
619: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 22:08:54.08 ID:COan2DQY
ーーー

千歌「は、離してっ!?わ、私はいいからっ……!」

梨子「そんな事言って…すごいびしょびしょ…」

曜「これはお返し……」ジュルッ

千歌「んぐぅ!?」ビクッ!

曜「ぜんぶ任せてね、千歌ちゃん……♡」チュパニュルッ

千歌「うわぁっうっ!し、舌はいってるぅうう……!」
621: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 22:19:54.00 ID:COan2DQY
梨子「私は胸…」クリクリチュパッ

千歌「んぁぁ……!」

曜「ぷあっ……」

曜「へへ、こういうのもあったんだよね、そういえば…」

ブブブブブ…

千歌「ひっ……!」

梨子「…電動…ディルドって書いてあるね」

曜「これってさぁ……つまり…」ニチュッ

千歌「まっ、まぅて……」
624: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 22:27:28.27 ID:COan2DQY
ニュルプッ!

千歌「ぅ、ぁぁっあ!」

ブブブブブ!!

千歌「びっ!?」

グニングニンッ

千歌(な、中で……蠢いて……!)

曜「気持ちいい…?」

千歌「ぁっ、あ、ぁぅ、うきゅっ……!」

梨子「ふふ……♡」
625: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 22:37:16.39 ID:COan2DQY
曜「ほらほら…♡」グニルグニルッ

千歌「うあっあっああああ!?」

梨子「あむっ……かりっ……」チュパッ

千歌「んっ、気持ちいい……!」

曜「千歌ちゃん、スタイル抜群だよ……将来もこうなれるんじゃない…?」サワサワ

千歌「ん、んんっ……」
627: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 22:43:37.22 ID:COan2DQY
曜「よっし、もっと強くしよう……!」

千歌「えっ!? まっ……」

ブブブブブッ!!

千歌「んぎっ……ふぁっ……!」ゾクゾクッ

梨子「うわあ、振動がすごい伝わってくる……」

千歌「あっっ、あん、んぁ…!」ガクガクガクッ

曜「…千歌ちゃん、もういきそう?」

千歌「っう、うん、もうっ、限界ぃい……!」

梨子「じゃあイキそうになったら言ってね…」チュパニュルッ

千歌「ぅんっ、うゆっ……!」

ジュポッ、ニチュッズプッ!

千歌「ぅ、も、うだめ、っいっ、イクっ、あっ……!」ブルブルブルッ

ニュポッ!

千歌「えっ!?」

曜「……ふふ」
630: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 22:51:09.70 ID:COan2DQY
千歌「なっ、なんでっ、曜ちゃん…」

曜「……うふ、ごめんね。抜けちゃった」

ズニュッ!

千歌「ひぁっ……!」

曜「今度はちゃんとするから…!」

梨子「ふふ……」クリクリ

千歌(いっ、イキたいっ、はやく、もう胸が張り裂けそう……!)

千歌「あっ、いく、いくよっ、曜ちゃん、梨子ちゃんっ……!」ガクガクガクッ

ニュポッ!

千歌「ぇっ……!?」ビクッ!

千歌(そ、そんな、また……!)

曜「…これはねー」

曜「……仕返し♡」

ーーー
632: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 22:57:11.36 ID:COan2DQY
その後も……

曜「はいだめー♡」

千歌「あ゛っ……!」

梨子「残念でした……♡」

何度も…

千歌(いっ、いけるっ!絶対いけるっ、もう今っ、イクっ、ほらっ異ぐぅ、いくいく……!)

曜「だめー…!」ニュポッ!

千歌「んっ、きゃぁぁあ……!」

梨子「あと少しだったかな…?」

ーーー

千歌「はぁっ、はぁ、おね、がい……イかせて……」ビグッビグッ

曜「ん〜ふふふ……♡」
633: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 23:02:03.30 ID:COan2DQY
梨子「そろそろさ…」

曜「そうだね……じゃ、バイブも最強にして…もっと太いのに」

梨子「千歌ちゃん、意識朦朧としてるよ」

曜「目さまさよ、きっと……!」

千歌「……はぇ……?」

ズプンッ!!

千歌「ーーーーーーー」
634: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 23:06:05.46 ID:COan2DQY
ゾクゾクッ!!

梨子「千歌ちゃ…」


千歌「いっ、イグゥッうぁぁああああ!!?」プシャァァッ!

千歌「はぁっー! はぁっー♡あっ、ぁあうっああ、ぁ♡」ビグッビグゥッ!

梨子「まだまだっ……♡」

グニルグニルッグチュニチュッ!!

千歌「おっ、んんっ、い、はゃっ、ぃまいっれ……♡」ガクガクガクッ

千歌「いっれふ、からぁぅあっああああっ……♡」ガクガクガクッ
635: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 23:09:32.16 ID:COan2DQY
千歌「しぬうっうう……っ♡」プシャァァッ!

ジョロロロッ…

千歌「あ、あひっ♡……きもっ、ちよかっ……♡」ガクッ、ガクッ

ーーー
ーーー
ーーー

曜「……ん、んん…」パチッ

曜「うわっ、寝てた……うわっ!おしっこくさァ……」
636: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 23:17:53.04 ID:COan2DQY
曜「掃除するの忘れてた…」

梨子「うわっ…」ムワァゥ

千歌「……」スヤスヤ

曜「…あ、千歌ちゃん。元の姿に戻ってる」

梨子「本当だ…」

曜「……やっぱり、この千歌ちゃんの方が好きだな」

梨子「私も…」

ーーー

千歌「う、ううん……なんか…昨日は……すごいことしちゃった…」

曜「まあちょっと理性飛んでたよね」

梨子「あっ、あれは薬のせいだから……!」

千歌「…あ、紙」

〖ここからの脱出を許可する〗

千歌「……え…あっ!」

ーーー

千歌「開いた…」

曜「そうだよね、あれもうえっちだもんね…」

梨子「…出られてよかったね」

千歌「うん」
638: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 23:24:53.14 ID:COan2DQY
曜「…じゃ、帰ろうか。家に」

千歌「あっ、あのっ!」

梨子「ん? なに、どうしたの?」

千歌「えと……その…」

千歌「…ふたりが良かったらでいいんだけど……」

千歌「……ま、また…あれ、2人にいじめられ…ああっ、やっぱなんでもない! はい、終わり!なしなし!」

曜「……千歌ちゃんはえっちだなぁ」

千歌「にゃっ!? だ、だから無しだってばー!」

梨子「そういうのは、帰ってから、ね?」

千歌「もう……ん? え、それって、どういう…」

曜「……さあ、どういうこと、だろうね♪」

千歌「えっー!? なんなのさー!」

千歌「はぁ…もう、えっちしないと出られない部屋なんて懲り懲りだよ…」



おわり
639: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 23:26:35.09 ID:ZVjM9e63
おつ
最高だった
642: 名無しで叶える物語(筆)@\(^o^)/ 2016/10/06(木) 23:33:25.28 ID:0pH5U4zG
一つの伝説を目撃した
649: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/10/07(金) 02:00:59.19 ID:Qwo3EVH9
完結おつ。最後の勢い好き

このシリーズSS:

果南「えっちしないと出られない部屋…?」


千歌「エッチしないと出られない部屋!?」


関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

この部屋を使えば…!?

閃いた!!

とあるSSの訪問者

ナニコレめっちゃ良い話じゃないか
俺この部屋ちかちゃんとはいりたい


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク