モバP「アイドル商品企画部ー!!」ちひろ「は?」

1: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/24(土) 00:53:57.92 ID:w2fev807o
P「いやぁ、最近おかげさまで、アイドルの人気も上々」

ちひろ「いいことですねー!」

P「ですが、アイドルの体は一つしかない……」

ちひろ「二つあるのはアイドルじゃないですね、もう」

P「てなわけで、関連グッズを売ろうと思います!」

ちひろ「え?何で急に……」

P「だって関連グッズなら、本人いなくても売れるじゃないですか。
待ってるだけでガッポガッポ」

ちひろ「……そんな甘い話じゃないんですけどねぇ」

菜々「何の話ですか?」

P「おう実は、かくかくしかじかうんたらどーの」

菜々「なるほど!なら菜々も何か考えてきますね!」

P「ほほう、もうこれはいっそのこと、アイドル皆に考えてきてもらおうかな?」

ちひろ「それはそれで面白そうですねー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400860437
3: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/24(土) 00:56:35.71 ID:w2fev807o
――――― で、一週間後


P「アイドル商品企画大会ーー!!」

ちひろ「いえーい!!」

ありす「騒がしいですね」

きらり「にょわーーー!!!」

P「元気でよろしい!皆に集まってもらったのはほかでもない!君たちの、『関連グッズ』を売りだすためだ!」

杏「すると働かなくてもお金が入るんだよね!?」

P「そうだ!」

杏「ヤッホーイ!今日の杏は一味違うよ!」

P「よーし、それじゃ発表してもらおうか!まず初代!」

愛梨「はーい!」

菜々「ああ、初代……」

愛梨「私の提案は、こちらです!」

ババン!


十時愛梨提案 『愛梨おすすめらくらくカーデ』


P「見た感じ普通のカーディガンだけど」

ちひろ「デザインが可愛い事は認めますけど、ごく普通ですよね」

愛梨「ふふん……見ててくださいね?」

スッ

バサァッ!!

P「ナニィーッ!?ボタンを外さずそのまま脱ぎやがった!!」
5: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/24(土) 00:58:46.44 ID:w2fev807o
ちひろ「そんなことしたら、ボタンがちぎれて……ない!?」

愛梨「このカーディガンは、ちょっと特別なんです!」

P「ほうほう!」

愛梨「実はここ、ボタンはフェイクになってまして」

P「あ、ホントだ」

愛梨「本当はここ、微力な磁石で止めてるんです」

P「なるほど……ならばいちいちボタンをはずしたりつけたりしなくていい!」

ちひろ「お手軽にカーディガンが着られるということですね……!!」

愛梨「はい!まぁちょこちょこ他の磁石とくっついたり、勝手に外れたりしますけど!」

P「実用性低い!?」

愛梨「でもでも、脱ぎたい時にはぴったりですよ!?」

P「えーっと……」



結果: アイディア自体は悪くないが、保留。


愛梨「残念です……」
6: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/24(土) 01:02:16.74 ID:w2fev807o
P「はい次ー」

杏「はいはい!!」

ちひろ「いつになくやる気ですね!」

杏「当たり前だよ!働かずに収入だけ入るなんて夢のようだよ!」

杏「杏の提案はこれ!」

双葉杏提案 『あんずのだらだらピロー』


ちひろ「……一見、普段のウサちゃんのようですが」

P「どこが違うんだ?」

杏「持てばわかるよ」

スッ

ふわ

P「アーッ……!これパウダービーズ!」

※MOGUとかに使われてるすっごいふわっとしたクッションの素材。

杏「そう!このぬいぐるみは……パっと枕にすることのみを想定してるよ!」

P「おお……たしかにふかふかだ」

杏「制作はまゆだよ」

P「(あいつすごいいい子だな)」

杏「どうかな?これなら売れると思うんだけど」

P「むむ……確かに。ファングッズとしても良し、コタツの傍に置いて良し、これは良いかもしれん……」

ちひろ「流石杏ちゃん、働かない事に関しては一流ですね……」


結果: 企画開発部に提案 コスパ次第で実現
8: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/24(土) 01:04:56.42 ID:w2fev807o
杏「やったー!」

ちひろ「これが働かないプロというヤツでしょうか」

P「流石杏といったところですね……」


まゆ「次はまゆですよぉ……」

P「まゆか、まゆはどんなアイテムだ?」

ちひろ「編み物とかでしょうか?」

まゆ「こちらです……」


佐久間まゆ提案  『運命の赤い糸ペアリング』


P「……なんでペアリングがくっついてるんだ?」

まゆ「とりあえずPさん、小指に……」

P「おう」

まゆ「うふ……」


キリリリリリリリリー

P「おお!?指輪と指輪の間から、赤い糸が!」

カチン

P「カチン?」


まゆ「指輪をひっぱってくださぁい」

P「……」グッ グッ


P「とれない」

ちひろ「!?」


グッ

まゆ「この糸はNASAで開発された特殊な糸ですよぉ……」

P「……」

まゆ「うふふ……これで一生一緒ですねぇ……?」
10: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/24(土) 01:08:29.71 ID:w2fev807o
P「……」カチ

まゆ「あっ」

キリリリリー

ちひろ「あ、糸が」

P「そして多分……」

ズンズンズン

まゆ「ひゃ、P、Pさん近いですよぉ……」ドキドキ

P「……」

カチン

P「ほれ」

スッ

まゆ「あっ……」

P「やっぱりな、一定の距離まで糸を縮めると、外せるようになるんだな?
あーこわかった。一体何を作って来たのかと」

まゆ「わかっちゃうんですねぇ……流石私のPさん……」ウットリ

P「そしてこれは事故が起きそうなので却下!」

まゆ「うふふぅ……構いませんよぉ」


結果: 事故が起きそうなので却下。
11: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/24(土) 01:11:50.91 ID:w2fev807o
P「はいはーい、次はだれだーい」

菜々「はーい!菜々、考えてきちゃいました!」

ちひろ「菜々さんの商品はまともそうですね」

P「年の甲かな?」

杏「やめてさしあげよう」


菜々「ひ、ひどいです……ナナの提案はこれですよ!」


安部菜々提案 『ウサミンレシーバー』


菜々「試作品を晶葉ちゃんに作ってもらいました!」

P「流石あきえもん仕事がはやい」

ちひろ「で、これは一体どういうシステムが……?」

P「デザイン自体は菜々のメルヘンな感じを良く出した、ニンジン型で結構可愛いが……」

菜々「はい!これは何とですね!30m離れた人と会話できます!!」

P「ん?」

菜々「壁の向こうでも会話できますよ!あ、あんまり厚い壁だと駄目なんですけど……」

ちひろ「(これ……)」

P「(まさか……)」

ちひろ P 「(昔流行った、ガチャガチャのヤツ!?)」


13: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/24(土) 01:16:49.90 ID:w2fev807o
菜々「あの……なんか急に静かになってません?」

P「いや……これは」

ちひろ「ちょっと」

菜々「えっ」

P「あの……凄く言いにくいんだけど」

菜々「は、はい」

P「古い」


菜々「……!!!」ガァァーンンッ!!



結果: 古いので却下。
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 01:32:31.18 ID:u4/3a86Bo
ウサミン星人17歳とトランシーバー型おもちゃにどんな関連性があるんですかねぇ・・・・・・
46: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 01:30:29.37 ID:crNW5qfCo
>>17
菜々「ウサミン星の電波を受信するアイテムとしていいかなぁって・・・・・・」

P「30mじゃねぇ・・・・・・」

――


凛「じゃあ次は私かな」

P「オッ!三代目ェー!」

菜々「なんか火影みたいな言い方ですねぇ・・・・・・」

凛「私の提案はこちら」


渋谷凛提案 『ブルーローズ・フレグランス』


P「香水か!」

ちひろ「これはまた、手堅くきましたね・・・・・・」

凛「まずこれをこうして」

シュッ

P「わぶ」

凛「しっかり塗りこむと・・・・・・」

グリグリ

P「何で俺なんだ!?」

凛「はい完成、お風呂に入ろうがエステに行こうが、一週間はこの匂いが取れないから」

P「強力すぎだろ!?」

ちひろ「(マーキング・・・・・・)」

菜々「(マーキング・・・・・・)」
48: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 01:33:31.82 ID:crNW5qfCo
凛「志希に協力を仰いだからね、おかげでいいものができたよ」

P「うちのアイドルなんでもありだな・・・・・・」


結果:強力すぎるので却下


P「普通香水って1日だろ・・・・・・」

凛「残念。まぁプロデューサーに使えるからいいかな」

P「やめてくだしい」

ちひろ「次は誰ですか?」

亜子「どーもどーも!」

P「やはり来たか」
50: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 01:40:37.09 ID:crNW5qfCo
P「別に差し置いてないがな・・・・・・」

亜子「そんなアタシの提案はこれ!」


土屋亜子提案 『亜子さんのハッピーレジスター』


P「・・・・・・これ」

ちひろ「・・・・・・レジですね」


亜子「せやで!」

菜々「あの、お会計に使う・・・・・・」

杏「どうやって作ったんだこんなの・・・・・・」

亜子「ふふん、これはただのレジやないで!ここにお金を入れると・・・・・・

ザララララー

レジ『まいど!』


P「レジがしゃべった!?」

亜子「それだけやない!お金を入れればビタ一文間違えず自動計算することは当然として、このボタンや!」

P「なにこれ」

ちひろ「『あっ、しもた間違えてもうたボタン・・・・・・?』」

亜子「そう!一度計算してしまってもこれを押すと・・・・・・」

ポチ

レジ『なんや間違えたんか!?はよ計算しなおしいや!』


亜子「・・・・・・と!もう一度計算しなおすとともに、叱咤激励してくれるんや!」

P「(めんどくせぇなこのレジ)」

ちひろ「割と便利で、キャラクター性もあることは認めますが・・・・・・」


結果:そもそもアイドルの関連グッズじゃないため却下


亜子「盲点やった・・・・・・」

P「まずお前自分の仕事の理解からはじめような」

ちひろ「業務用の機械を仕入れても・・・・・・」
51: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 01:48:51.31 ID:crNW5qfCo
P「じゃ次」

文香「あの……」

P「お、ふみふみ!?」

ちひろ「ふみふみちゃんがこういう場に来るって珍しいですね」

菜々「ふみふみさんのアイテム楽しみですね!」

文香「……もうふみふみでいいです」

文香「……私の提案は、こちらです」


鷺沢文香提案 『ふみふみブックエンド』


P「ふみふみブックエンド!?」

凛「ふみふみブックエンド……」

加奈「ふみふみブックエンド!」メモメモ

杏「ふみふみブックエンドかぁ」

文香「あの……名前の考案は私じゃ……もういいです」


文香「……といっても、デザイン以外は、普通のブックエンドです」

ちひろ「ちっさい文香ちゃんが!」

P「なるほど!ふみふみに本を管理してもらってる気分になれるブックエンドか!」

杏「これなら読んでない本も読んだ気になるね」

文香「買った本はちゃんと読みましょう……」

菜々「このイラストは……比奈ちゃ、比奈さん作ですか?」

文香「……はい、お願いしました」

P「デフォルメされてて可愛いな」

ちひろ「実用性も高そうですねー」


結果:商品開発部に提案 コスパ次第で実現


文香「……」パァァァ

菜々「うれしそうですね……」

P「意外と堅実な商品だしな」

ちひろ「実際に売るときのことを考えてるアイテムですよね」

愛梨「私ももっと実用性を追及しなきゃ……」

亜子「むむむ……アタシはまだ上り始めたばかりや。この長い金儲け道を……!」

P「トップアイドル目指せよ」
53: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 02:00:39.06 ID:crNW5qfCo
蘭子「次こそは我が真なる魔術!(次私やりたいです)」

P「きたか二代目!」

加奈「シンデレラガールは商品開発も積極的……」メモメモ

蘭子「我が真の能力、とくと見よ!(私の提案はこれ!)」


神崎蘭子提案 『暗黒の魔儀典(グリモワール・オブスキュリテ)』

ドドン!


P「何かまがまがしいな……」

ちひろ「開けたら魔物でも召喚されそうな勢いですけど」

菜々「サイズ自体は普通の手帳と変わりませんが……」

パラパラ……

P「あ、蘭子語の対照表」

ちひろ「これは便利ですね」

杏「あ、こっちには『闇』とか『光』とかのラテン語、イタリア語変換表が……」

菜々「中二小説を書くのに便利そうですね」

P「ってことはこれ、蘭子の総合辞典か?」

ちひろ「にしてはページが多いような……ん?」

パラ

ちひろ「あ、これスケジュール帳です!」

P「え!?」

菜々「あ、本当です!これMaiusって書いてありますけど……要はラテン語の五月ですよ!」

蘭子「真なる言の葉を見つけたり!(そうです!私の用語とかが載ったスケジュール帳なんかいいかなーって思ったり)」

P「むぅ……コールやファンレターにも使えそうだし、ファン垂涎の品になるかもな……」

ちひろ「予想より遥かに使い勝手は良さそうですよね」


結果:商品開発部に提案 ファングッズとしてライブ会場で売り出す可能性アリ


蘭子「闇の導き!(やったー!)」


菜々「さっきから結構実用性高いものが出てますよね」

P「ブックエンドにスケジュール帳なんかは、アイドルとの親和性が高いのかもな」

亜子「実用性……なるほど」

加奈「実用性も必要である……」メモメモ
55: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 02:09:21.22 ID:crNW5qfCo
P「さ、次は?」

春菜「私です!」フフン

P「(眼鏡か……)」

ちひろ「(眼鏡ですね)」

杏「(眼鏡だろうなぁ)」

菜々「(眼鏡なんでしょうねぇ)」

きらり「(きっと眼鏡だにぃ)」

凛「(眼鏡だね)」

加奈「眼鏡、と……」メモメモ

春菜「なんか凄い皆さん以心伝心されてるようですが……私の提案はこれです!」


上条春菜提案 『まいにちメガネ』


P「やはり眼鏡か」

ちひろ「まいにちメガネ……?」

春菜「はい!私は眼鏡のよさを少しでも多くの人に知ってもらおうと思いまして!」

スッ

春菜「まずはこちらの眼鏡をご覧ください!」

P「やけにシンプルだな」

菜々「全体的に凄く細いですね?」

春菜「ふふ……これに」

カチッ

ちひろ「あ、右のフレームがピンクに」

カチッ カチッ

P「おお、微妙にグラデーションかかったピンクのメガネに早変わり!」

春菜「そう!この眼鏡は簡単にカスタマイズできる設計にしてあり、毎日その日の気分で眼鏡のデザインや色を変えられます!」

愛梨「(変える必要あるのかな……?)」

春菜「ちょっと暗い気持ちのときはディープブルーの丸メガネ……。
明るく元気なときはオレンジベースの角メガネ!人に合わせて気分に合わせて、自由で素晴らしいメガネライフを!!」

P「……えっと」


結果:却下。ただしメガネ会社に提案


P「アイドル関係ないよな」

春菜「あはっ、バレました?」

ちひろ「まぁ発想自体は悪くないですよね」

菜々「皆自分がアイドルであることを忘れているような気がします……」
58: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 02:23:54.70 ID:crNW5qfCo
P「さ、次は」

幸子「フフーン!ボクですよ!」

P「お、カワイイ幸子じゃないか」

幸子「そうです!ボクはなんたってカワイイですからね!
そんなカワイイボクの提案はこちらです!」


輿水幸子提案 『カワイイさちこ抱き枕』


幸子「フフーン!!どうですか?抱いてみても構わないんですよ!?」

P「……」スッ

幸子「寝心地を確かめてもいいですよ?ボクはカワイイので!」

P「セイヤァ!!!」

ドムッ

幸子「!?」

P「ハァッ!セイヤァ!ウリャアァッ! オィェァアアァ!!」

26 COMBO!!

ドズムッ……

P「フゥ~」スッキリ

幸子「なななな、何をするんですか!?」

P「いや~これ、すっげぇ殴り心地いいわぁ……一個ほしい」

幸子「用途が違いますよね!?」

ちひろ「確かに日々のストレスはたまる一方……殴れる抱き枕は優秀ですね」

亜子「でもバランスわるいなぁ。下砂とかつめへん?」

菜々「空気で膨らませられるシステムにするとか」

杏「天井からチェーンで吊るそうよ」

幸子「あれ!?それはもう完全にサンドバッグのシステムですよね!?」

P「……うん!」ニコッ


結果:採用。ただし製作工程で別物になる可能性あり


幸子「腑に落ちません!」

P「大丈夫!幸子カワイイから!」

幸子「なら仕方ないですね!納得してあげます」

ちひろ「(ちょろいなぁ)」

加奈「ちょろい……、と」メモメモ
60: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 02:41:32.37 ID:crNW5qfCo
ちひろ「次の方どうぞー」

輝子「フヒヒ……」

菜々「輝子ちゃん?」

幸子「あれ、完成したんですね」

ちひろ「完成……?」

輝子「フヒ、そう、私の提案は、これ……」


星輝子提案 『たのしいきのこ栽培せっと』


ちひろ「一見普通の栽培セットですが……」

P「パッケージが輝子なだけで、ただのきのこ栽培セットだな」

ハラリ

P「ん?」

菜々「QRコード?」

輝子「アクセス……」

P「……アプリ?」

輝子「レッツ、ダウンロード……」

P「ふむ……」

P「起動してみるか」

スマホ『ヒャッハー!!きのこ栽培の時間だぜェーッ!!』

P「!?」

ちひろ「!?」

スマホ『オラァ!!さっさとパッケージから苗木を取り出せェ!キノコが傷む!!』

P「は、はい!!」

ガサガサ

ちひろ「なるほど……!」

亜子「アプリ連動型、ということやね」

輝子「フヒヒ、そう……」
62: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 02:54:22.37 ID:crNW5qfCo
P「えーっとこんな感じでいいのか?」

スマホ『適度に湿っていて日陰で涼しいところ!』

P「お、おう!」

スマホ『よくできました……あとは一日一回霧吹きをかけて経過観察……』

P「なるほど……これなら初心者でも簡単に栽培できるな」

菜々「アプリ連動型とは考えましたね」

杏「うまく文明の利器を利用したね」

輝子「フヒ……それにキノコは自宅栽培にぴったり……簡単、手間いらず。
忙しい現代人にピッタリ……ウェルカムキノコワールド」

P「ふむむ……これは評価せざるを得ないな」

きらり「アプリの輝子ちゃんもかわいいにぃ」

つんつん

スマホ『キノコーキノコーボッチノコーホシショウコー♪
……私をつついても何も出ないよ……』

P「タッチに反応するのか……アプリ単体でも欲しいな」

スマホ『今日のキノコ知識……カエンタケは非常にキケン……。
触るだけでも危ないから、絶対食べちゃ駄目……』

菜々「無駄にキノコに詳しくなりそうですね……」



結果:商品開発部に提案。アプリ関係ももう一度見直し。問題なさそうなら商品化


輝子「フヒ……やった」

幸子「フフーン!まぁ悪くないですね!」
63: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 03:03:43.18 ID:crNW5qfCo
ポンッ

幸子「む……!」

P「どうした?」

幸子「フフーン、ついてきてください、次の発表者ですよ!」

P「?」

ちひろ「?」


―――


P「本当にここか……?」

ちひろ「あ、この倉庫、最近あまり使ってないですね……」

ガチャン ギィィィ……

P「……え?」

ちひろ「……ッ!」

愛梨「きゃあああああああああああ!!!」

菜々「こ、小梅ちゃんの……死体!?」

加奈「死体発見時刻、14時17分……と」メモメモ

幸子「まぁまぁ皆さんおちつ」

都「事件ですか!?」 ザシャァッ!

幸子「登場早!?」

都「皆さん動かないで!!これからアリバイを確認します」

P「アリバイ……!?」

都「はい、小梅さんはこの事務所で殺害されていますが、ご覧ください……争った形跡がない!」

菜々「本当です!」

都「つまり……『争う必要が無かった』!!
――そう、犯人は『身内の中に存在する』!!」

P「なにぃ!?」

菜々「こ、この中に……」

凛「犯人が?」

都「はい、この事務所にいるのは商品企画のために集まったアイドルのみ。
つまり、外部の犯行でない以上、この中に犯人がいるはずです!」

菜々「(なんで都ちゃんいるんだろう)」

P「ふ、ふざけるな!犯人と同じ部屋になんていられるか!俺は自分の部屋に帰るぞ!」

菜々「プロデューサーさんそれ死亡フラグです!!」

小梅「そろそろ……いい?」

P「ウワアアアアアアアアアーーーー!!!」

菜々「い、生きてますーーー!?」

加奈「やっぱ生きてた……と」メモメモ

凛「まぁさっきからこっちチラチラ見てたよね」

杏「タイミング図ってたんだよね、かわいそうに」
65: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 03:21:55.16 ID:crNW5qfCo
むくり

P「ホワァァァ……ホントに生きてる」

小梅「さ、流石に死んでは、ないです……まだ」

菜々「(まだ!?)」

小梅「わ、私の提案は、こちら……」


白坂小梅提案 『ブラッドリィパーカー&小梅の簡単死体セット』


P「いつものパーカーとはちょっと違うんだな」

ちひろ「結構リアルな血ですね……」

凛「暗い所で見たら、本当に流血かなって思っちゃうね」

小梅「で、でしょ……頑張ったん……だ……」

P「こっちのナイフは……あ、途中で折れてたのか」

小梅「服の内側に……磁石を入れて、こう」

カチッ

菜々「わ!ナイフが刺さってるように見えます!」

幸子「やっぱりよくできてますね!一瞬この僕も焦りましたよ!」

輝子「口の血は……ケチャップ?」

小梅「ううん?今回は……趣向を、こらしてるの……」

スッ

P「カプセル?」

小梅「う、うん……このカプセルを、口に含んで……」

パクッ

デロォ

P「うわっ!?血!?」

菜々「血糊ですね。唾液と混ぜて液体の量を多くしたんですか」

小梅「ちょっと……コ、コストがかかるけど……リアルだから、好き……」

P「こ、ここまでこだわらんでも……」


結果: 怖いので却下。


小梅「残……念……」 シュン

幸子「まぁ次がありますよ!」

輝子「えいえい、おー……」

P「頼むからアイドルとして何か考えてきてくれ……」
66: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/25(日) 03:36:32.64 ID:crNW5qfCo
卯月「アイドルと言えばこの私!島村卯月です!」

P「おお、次は卯月か!」

菜々「ていうか一旦事務所戻りましょうよ……いつまでこの倉庫にいるんですか」


――――


卯月「というわけで、私の提案です!」


P「卯月といえばなんなんだろう?」

ちひろ「うーん……長電話ですから、電話関係?」

凛「スマイルセットとか?」

亜子「あえてのブルマとかはどうや?」

杏「売れそうだけどアイドルがやっちゃ駄目だよね」

加奈「アイドルがブルマを売ってはいけない……」メモメモ

愛梨「元気さを売りにして、元気出スイーツとか?」

P「若干楓さんが寄ってきそうなネーミングだな」

菜々「(17歳JKの戸籍とか売ってくれませんかね?)」


卯月「ふふーん……どれも違いますよ!私の提案はこちら!」


島村卯月提案 『うづきの携帯ストラップ』


卯月「私をデフォルメしてデザインした、可愛い携帯ストラップです!」

ばーん!


P「(普通だー!!!)」

ちひろ「(ふ、普通すぎる……!?)」

亜子「(ていうか売ってるやろ!これお近くのグッズショップで売ってるやろ!?)」

菜々「(この前まん○らけで見ましたよ似たようなの)」


凛「卯月……」


卯月「凛ちゃんと未央ちゃんのもあるよ!」

ばっ

凛「……卯月!」キュン

P「えーと、卯月、言いにくいんだけどな」

卯月「はい?」


結果: もう売ってます。いくらなんでも普通すぎ。


卯月「そんなぁ……」

P「卯月の携帯ストラップは、Amazonほか、お近くのグッズショップでご購入いただけるぞ!」

凛「ちなみにつままれストラップっていうのも売ってて、私はそっちの方が好きかな」

加奈「これがステルスマーケティング……!」メモメモ

菜々「言っちゃ駄目ですよね?」
81: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/26(月) 23:44:45.94 ID:6DZALpCAo
P「で、次は?」

日菜子「むふふ……」

杏「うわ、いたんだ」

菜々「そんな妖怪みたいな言い方しなくても……」

幸子「でも、普段から色々考えていそうな日菜子さんは、どんな商品を提案するのか気になりますね」

ちひろ「妄想の産物というものですか……」

亜子「日々の努力が実るっていうんか……?」

日菜子「むふ、日菜子ワールドに不可能はありませんよぉ~?」

日菜子「日菜子の提案は……こちら~」


喜多日菜子提案 『日菜子の妄想ノート』


P「……デザイン自体は可愛らしいが」

ちひろ「またデフォルメされた日菜子ちゃんですね」

日菜子「これは自分で描いて印刷したんですよぉ」

幸子「絵、上手かったんですね」

日菜子「いや……よくわからないので妄想でカバーしました。むふふ♪」

杏「妄想の万能性をここで披露されても……」

パララ

P「……あれ?これ白紙じゃないか」

ちひろ「ですね。何も書いてない……?」

菜々「……?どういう趣旨の商品なんですか?」

日菜子「それはその名の通り……妄想を記録しておくノートです!」

愛梨「えっ」

P「えっ」

ちひろ「え」

日菜子「妄想とは……妄想とは自分自身の思い描くイメージです。しかし人間の脳には限界があり、
日々の妄想も記憶の底に埋まっていってしまうかもしれない……」

日菜子「一つ一つが私たちの大切な妄想……それをむげにするなんてとんでもない!」

日菜子「ならば、と思い……こうやって記録しておくノートを考案したんです」キリッ

日菜子「……というわけです。むふふ、日菜子ってすごくないですかぁ?」

P「……あの」

亜子「……うん」

ちひろ「……えっと」


結果:お近くの文房具屋さんでご購入ください」


P「どう見繕ってもただの白紙のノートだよね!?」

日菜子「あ、あれには日菜子の熱い妄想への思いがぁ~……」

ちひろ「うん、わかった。わかりましたから……」

菜々「……うん!」
83: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 00:03:31.61 ID:DUbpZM6uo
ムフフ……

ムフ……ムフフ……!?

ムッ……!?


P「はい次ー」

愛海「あたしー!」

P「はい次ー」

愛海「ちょっとー!?」

P「だってお前なんか……ヤバそうじゃん。商品化どころか放送が危ういじゃん」

愛海「今回は真剣に考えてきたんだよー!制作を手伝ってくれたまゆさんに謝ってよ!」

P「(まゆ……)」

ちひろ「(この子プロデューサーさんが関わらないとなるとマジでいい子ですね……」

まゆ「うふふ……」

杏「(ヤンデレキャラ返上して振り回されお姉さんキャラとかどうかな?)」

凛「(なんか同情するよ)」

愛海「そんなあたしの提案はこちらー!」


棟方愛海提案 『愛海の手ブラブラ』

P「……手だな」

ちひろ「……手ですね」

杏「……手だよね」

亜子「……手ぇやな」

愛海「その通り!これは胸を覆うパッド部分にあたしの手形を採用!
あたしの手に優しく包み込まれているような気持になれる新感覚のブラ!素材はこの通り」


結果:却下。


愛海「何で!?」

P「むしろ何で採用される要素があった!?」

ちひろ「まゆちゃんお疲れ様です……」

まゆ「困った時は助け合いですよぉ……年下の頼みを聞くのが年上の仕事です」

愛海「まゆさんッ……!!」バッ

ガシッ

ギチッ

愛海「あ痛ッ……!?」

ギリリリッ……

まゆ「こぉら。おイタは駄目でしょう……?」

愛海「ごめんなさぁーい……」

まゆ「私の胸を揉みたい時は、ちゃんとプロデューサーさんの許可を取って、って言ってるでしょう……?」

P「あれ!?」

愛海「プロデューサー……!」キラキラ

P「却下」

愛海「ええー!?」
85: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 01:12:30.92 ID:DUbpZM6uo
P「次―」

未央「はいはーい!私私ー!」

P「元気があってよろしい」

ちひろ「(正統派異常商品、定番普通商品ときて次はなんでしょう……?)」

卯月「未央ちゃんの気になるねー!」

凛「変なものじゃないといいけど」

杏「(凛が言うの?)」

未央「ふっふーん、私の商品は~、こちらっ!」


本田未央提案 『未央ちゃんのパーフェクトスター☆コンパクト』


ちひろ「コンパクトですか……」

P「フタのデザインが星形である以外には特におかしい事はないような……」

菜々「ん?底に何かついてません?」

P「え?」

未央「ぽちっとな」

カッ!!!

P「グワアアアアアアアアアアアアアア!!!」

凛「まぶしっ!?」

卯月「何この光!?」

加奈「強い光で私たちは視力を奪われてしまった……!」メモメモ

未央「いえーい!大成功!」

P「何が!?」

未央「ここにはねー!総合50個からなる強力なLEDライトが仕込んであるの!」

P「なんで仕込んだ!?」

未央「暗い所でもお化粧できるかなって……?」キョトン

杏「まぁここまでの明かりはいらなかったよね」

きらり「うきゃー……目がちかちかするにぃ☆」

愛海「あー見えないなーこれはだれかに触ってしまっても仕方ないなー事故だなーあー」

グニ

愛海「ぐに?」

P「……おい」

愛海「えっ……!?これぷろ、プロデューサーの……!?」

グニグニ

愛海「……これはこれで、アリかな?」

P「え!?」


結果: 却下。もはや危険です。


P「いちいち50個にした意味は?」

未央「ないでーす!あとここ押すとね~」 ピロピロリーン!

P「……変身グッズか何かか?それ」
87: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 01:36:20.16 ID:DUbpZM6uo
P「つぎ……」

ヘレン「私よ」

バァァァァーーーン!!!


P「おわ!巷で噂の!」

菜々「例の……」

凛「あのヘレンさん」

加奈「ついに現る……!と」メモメモ

亜子「で、何の商品や?」

ちひろ「口癖は、『世界レベル』なので普通のものではないような気がするんですが……」

ヘレン「私の提案は……ダンサブル!」


ヘレンの提案 『ザ・ワールド・オブ・ヘレン』


ゴトッ……


P「……これ」

菜々「アレですよね」

凛「私も知ってるよこれ」

亜子「うちらの見解に間違いなければ……」


愛梨「地球儀ですよね、これ」


ヘレン「違うわ」


P「違うの!?」

杏「どう見ても地球儀にしか見えないんだけど……」

亜子「どっからどうみても……ん?」

カチ

加奈「……カチ?」メモメモ

P「なにこれ、開くのか?」

杏「内部構造かな?」

ガチャ

P「アッ……これはァーーーッ!!?」
88: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 01:43:23.05 ID:DUbpZM6uo
P「な、なんてこった……これは『ただの地球儀』なんかじゃあないッ!!」

P「地球儀を開くと……中に!!」

菜々「ヘレンさんの精巧な人形が!?」

ヘレン「人形ではないわ、『偶像』よ」

凛「深い!?」

P「世界はヘレンを中心に回っていたのかァ……」

ヘレン「逆に、私こそが世界とも言えるわね」

亜子「あかんなーうちそろそろついていかれへん」

まゆ「うふふ……(なんでしょうか……もうまゆわけわかんないんですけど……助けてくださいPさん)」プルプル

幸子「……!」ドヤア!

杏「何か言えよ」



結果:わけわかんないので却下。


ヘレン「ノット……テイクオフ!」


凛「……あれは悔しがってるの?」

杏「世界に否定された気持ちになったんじゃないかなぁ」

P「うん。こういうのは国際問題に発展しかねないから絶対だめだぞおまえらー」


\ ハーイ! /
90: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 01:55:41.15 ID:DUbpZM6uo
P「はい次ー」

かな子「はいはーい!」

P「やっとまともなのが来た」

杏「まともかな?」

かな子「ひどいっ!?」ガーン

菜々「まぁ、今までが結構アレでしたから……」

卯月「かな子ちゃんというと……やっぱりお菓子かな?」

ちひろ「それだと安直すぎるような気がしますけど……」

かな子「まぁまぁ見ていてください」

かな子「私の提案はこちらー!」


三村かな子提案 『かな子のちょい食べ手作りスイーツセット』


コトッ……

かな子「このスイーツセットです!今回は私が手作りしてみました!」

パク

菜々「む!やっぱりおいしいですね!」

モグモグ

杏「ん~やっぱおいしいね」

パク……

凛「確かに。美味しい」

P「で、なんだ?おいしいのはわかったけど……こんなのじゃ何も」

バリバリィー!!!

P「ホゲェェェーー!?容器を食べやがったァァ!!?」

ちひろ「かかかかかな子ちゃん!?大丈夫!?落ち着いて!?」

杏「たたりじゃー!!たたりじゃー!!」

かな子「なーんちゃって!」テヘ

P「へ……?」
91: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 02:00:55.20 ID:DUbpZM6uo
スッ……

かな子「実はこの容器、乾パンでできてるんです!」

P「あ!マジだ!」

亜子「確かに珍しい容器やとは思たけど……」

かな子「スイーツを食べた後って、食器の片付けとかがやっぱり面倒になっちゃうんです。
そこで、容器まで全部食べられるスイーツがあったらいいな、って!」

P「うーん……」


結果: 保留。コスト的に却下になる見通し。


かな子「うーん……駄目でした?」

P「いや、発想自体は悪くはないんだが」

ちひろ「容器ってどうしても場所をとるんです。それに手作りですから、
洗い物ってどうしても増えるわけじゃないですか」

杏「手作りにしないほうがよかったかもね」

P「いや、それを抜きにしても、容器を乾パンで作るとコストがすごいんだよ。
アイドルのコラボお菓子として売るには合わないかなぁ……」

かな子「残念です……」シュン

P「いや、発想自体はいいんだがな。キャラにあわせてるし、ちゃんとした商品だし」

ちひろ「でもこういう独特な発想のものほどコスト的な面で実現されにくいんですよね」

輝子「フヒ……現実は、いつも、厳しい……!」
94: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 03:11:42.62 ID:DUbpZM6uo
P「はい次ー。もう終わりかー?」

美鈴「まだだっ!」

P「おお美鈴、いたのか」

菜々「さっき来たみたいですね」

美鈴「いちゃ悪いか!?」

P「そこまで言ってないぞ!?」

美鈴「まぁいいか……ウチの提案はこれだ!」


早坂美鈴提案 『美鈴のスーパーイタイツメ!』


P「どんなゴテゴテした金属が出てくると思いきや……」

ちひろ「予想以上にかわいらしい……」

愛梨「小さい美鈴ちゃんががおーってしてますね!」

杏「両手が稼働式になってるんだね」

P「このボタンはなんなんだ?」

カチッ

『がおー!』

ブンッ!  ザクゥッ!!

P「いたい!!」

美鈴「おお、ナイス!」

菜々「AからJまでの10個のボタンにしくみが……?」

P「そんなことより痛いんだけど!?」
95: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 03:17:01.05 ID:DUbpZM6uo
菜々「あ、菜々わかりましたこれ!イタイワニーのシリーズですね!」

幸子「イタイワニー?」

※別に菜々さんが知ってるからって古いゲームじゃない。
ワニ型のおもちゃで、歯を一本ずつ押していくゲーム。ハズレ(アタリ)の歯に当たっちゃうとワニの口が閉じて痛い!

美鈴「たぶんそうだ!このゲームはランダムにボタンの当たり外れが変わり、
そのボタンを押した奴をひっかくぞッ!」

P「発想としては面白いが痛い!」

美鈴「ツメにはこだわりがあるから、ちゃんと鉄を使ってるぞ!」

P「なぁなんでそここだわった!?」


結果:普通に危険なので却下。でもアイデアは残しておく。


美鈴「うー……なんか悔しいぞ」

P「まぁまぁ、発想自体は良かったんだから次があるって」

ナデナデ

美鈴「撫でるな!」

ザシュッ!

P「すごく痛い!」

まゆ「(照れ隠しに殺傷能力は必要ないと思いますよぉ……)」
96: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 03:23:49.79 ID:DUbpZM6uo
P「次ー……」

P「もういないか?」

菜々「そうっぽいですね!皆発表しましたね!」

加奈「全部メモしておきました!」

P「えらいぞー」

ナデナデ

加奈「えへへ!」

美鈴「(くそっ!うらやましくなんかないぞ!?)」

まゆ「あまり自分を押さえつけるのは良くないと思いますよぉ……」

美鈴「ひっ!?」ビク

輝子「フフ……私は新たな、キノコの商品化を……」

幸子「フフーン……あまり女子寮に菌糸を撒かないでくださいね?」

小梅「死……?」

愛梨「そこだけピックアップしてどうするの!?」

未央「未央ちゃんフラッシュ!」 カッ!!

凛「目を瞑れば平気だよ」

P「ぎゃあああああああああああ!!」

凛「あっ」

卯月「あっ」

ザワザワザワ……


―――――


ちひろ「ふー、一通り商品の企画終わりましたね」

P「あの子たちが結構使えるアイデアを出してくれて助かりましたね」

ちひろ「まさかサンプルまで作ってくるとは思いませんでした。
プロデューサーは何か考えたんですか?」

P「あ、考えたんですけど……そのメモどっかやっちゃって」

ちひろ「え?メモ失くしたんですか?ドジですねー」

P「いや、ジャケットに入れてたら……ジャケットごと」

ちひろ「……え?」




                                          終わり
97: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 03:33:37.32 ID:DUbpZM6uo
■おまけ   前日談


―――数日前、渋谷家


凛「(もうすぐ商品企画大会……)」

凛「(色々考えたけど、どれにしよう?)」



■商品No.1『凛ちゃんのわくわくリード付きチョーカー』

チョーカー(首輪)にリードをつけて、ご主人様に散歩してもらえるようになったよ!
さぁ皆もこのチョーカーを付けて、ご主人様と夜の散歩に出かけよう!


凛「うーん……これはちょっと違うかな。あまり犬キャラ推してないし」


■商品No.2『プロデューサーのジャケット』

普段プロデューサーが着てるジャケットを盗んできたよ!
同じサイズのものを代わりにロッカーに入れておいたから安心だね!

凛「……いい香りがする。これは売っちゃだめかな」


■商品No.3『花屋が進める可愛いお花!≪ダチュラ≫』

草全体に強い有毒性を持ち、食べると酷い幻覚症状を起こす。
所謂『理性が吹っ飛んだ』状態になる。プロデューサーに食べさせるとどうなるんだろ?

凛「うーん……花屋のイメージでもないかなぁ。私って何のイメージで売ってるんだろ?」


凛「間を取って、この香水かなぁ……志希に手伝ってもらったしね」


『凛ー!ご飯よー!』

凛「あ、はーい!今いく!」
98: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/27(火) 03:35:10.74 ID:DUbpZM6uo
以上です。お付き合いありがとうございました。
アイドルの商品は考えてて割と楽しいもんですね。
99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 03:56:12.42 ID:a9IaGZX/o
凛が相当アカン子や…
100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/27(火) 04:51:50.41 ID:/5NcBEREo
早苗さんこの凛です
104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/27(火) 14:37:11.69 ID:BF4dDtyH0
乙です
次回作に期待してます

かな子と愛梨のは欲しい

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク