モバP「ユッコの超能力で事務所がヤバイ」

1: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/10(土) 22:18:19.11 ID:TnIIUfA1o
P「……なぁ」

裕子「はい!なんですか!?」

P「超能力の練習……やめにしないか?」

裕子「!?」

P「これいじょう続けても無駄と言うか……その」

裕子「そんな!?諦めなければ夢はかなうって……Pさんが!」

P「いや、言ったよ?言ったけどね?そもそも超能力は流石に不可能じゃないかなぁって……」

裕子「そんな……私ならできます!ふぬぬ!」

P「わ、や、やめろーっ!!」

裕子「えいっ!!」

ガチャ

輝子「フンフンキノコ、フンキノコ~」

ボンッ!!

輝子「!?」

裕子「また駄目かぁ……」

P「(キノコが大量繁殖したァーッ!!!)」

裕子「うう……やっぱり駄目なのかな」

P「そうなんだよ。さ、諦めようぜ」

裕子「あと一回だけ!一回だけ挑戦します!」

P「やめろ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399727889
2: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/10(土) 22:21:01.25 ID:TnIIUfA1o
裕子「ふぬぬ……!!」

P「やめろォー!!」

ガチャ

きらり「おっすおっすばっちーし☆Pちゃんおはようだにぃ!」

P「あっ」

杏「おはよー、輝子と裕子もおはよー……何やってんの?」

P「いや、裕子が超能力の練習をしててな」

杏「超能力?そんなもんできっこ」

裕子「ふんっ!」

ボンッ!!

P「あああああああー!!!」

輝子「……(キノコ、増えない)」

P「大丈夫かきらり!杏!輝子!」

輝子「キノコ……増えてない」

P「じゃあ輝子は無事か、きらり!」

きらり「私ですか?何ともありませんけど……」

P「手遅れだァーッ!!!」

きらり「いきなりどうされたんですか?」

P「凄惨な事態になりおったァー!!」
3: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/10(土) 22:26:56.02 ID:TnIIUfA1o
裕子「Pさん!ちょっと曲がりましたよ!ほら!」

P「お願い!ちょっと黙ってて!?」

裕子「アッハイ」

P「くそ、杏!きらりをなんとか……」

杏「当然だよ!」

P「何か元気になってる!!!」

杏「当たり前だよ。親友の性格が変わったなんて時に、だらだらしてられないよ!」

P「(Tシャツの文字が『有言実行』になってる……)」

杏「いこうきらり!晶葉なら何か知ってるはず!」

きらり「え、うん……」

タッタッタ……

P「(杏イケメンになったなぁ)」

輝子「増えたから……新しいの、持ってくる」

P「お、おう」

スタスタ

裕子「そろそろいいですか?」

P「おう成功したんだな。おめでとう」

裕子「いやいや、まだですよ!一度成功したと言う事は、次も成功する可能性があるということ」

P「ねぇから」

裕子「なので新たな超能力にチャレンジします!!」

P「やめて」
6: >>4 スマヌ 2014/05/11(日) 00:45:32.04 ID:FvBWLIjCo
ガチャ

菜々「おはようございまーす」

裕子「ほいさぁっ!!」

ボンッ!!

P「菜々ァー!!」

菜々「げほっ……なんですかこれ?」

P「菜々、無事か!?」

菜々「え、まぁ……体も……体……ん?」

グルングルン

グッグッ

菜々「(あれ……?上がらなかった肩が上がるようになってる)」

菜々「(肌も艶が出てる……)」

菜々「(なんというか体が軽い、これはまるで……)」「

菜々「(まさか)」

ゴソゴソ

スッ

菜々「……ぎょえーっ!?(免許証が学生証に!!)」

P「どうした菜々!?」

菜々「ぷぷぷプロデューサーさん!私17歳になってます!」

P「何言ってるんだ、お前は元から17歳だろう」

菜々「いや……えっ!?」
7: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 00:51:31.82 ID:FvBWLIjCo
菜々「(もしかして、世界ごと改変が!?何事!?割と本当に何事!?)」

裕子「あっ!今ちょっと浮きました!レシート浮きました!」

P「それ扇風機以下の能力じゃねぇか」

裕子「見てなかったんですか!?2mmは浮きましたよ!?」

P「それがどうしたの!?」

裕子「ならもう一回……」

P「やめろおぉぉぉ!!!」

菜々「(あ、裕子ちゃんの超能力……)」

ガチャ

凛「おはようプロデューサー、菜々さん、裕子」

裕子「はいさいっ!!」

ボンッ!!

凛「わっ……なにこれ」

P「凛!!無事か!?」

凛「うん、五体満足みたい」

P「よかった……ん……?」

凛「どうしたの?」

P「何かお前近くないか?」
8: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 00:55:54.60 ID:FvBWLIjCo
凛「え?そんなことスゥゥゥないよハァァァ」

P「めっちゃ臭い嗅いでる!?」

凛「か、嗅いでないよスゥゥゥ」

菜々「(モロに嗅いでる!!)」

凛「スーハークンカクンカフゥーフゥー だから嗅いでないってば」

P「何か志希みたいになっちゃったな……」

菜々「起こる出来事はランダムみたいですね」

凛「よくわからないけど……」

P「とりあえず晶葉の研究室に行ってくれ、解毒薬のようなものを作ってくれるはずだ」

菜々「菜々は正直このままでもいいんですが」

P「え?何かかわった?」

菜々「いえ別に」

裕子「どうですかプロデューサーさん!」

P「えっ何が?」

裕子「また見てなかったんですか!?」

P「あっ見てたよすごいね」

裕子「反応が適当です!もう!ならば今世紀最大のマジ……超能力をお見せしましょう!」

P「やめて」

裕子「あちらをごらんください」

P「やめろ」

裕子「あのトランプタワーを手を触れずに倒して見せます!!!」

P「やめぇぇぇぇ」
9: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 01:03:38.98 ID:FvBWLIjCo
ガチャ

こずえ「ほわー……おはよぉー……」

裕子「ファイアッ!」

ボンッ!!!

P「こずええええええええええ!!!」

菜々「こ、こずえちゃん!!」

こずえ「ほわ……」

P「よかった、無事か!?」

こずえ「わつ……はぷ」

P「えっ!?」

菜々「ああ、言語能力が……ん?」

菜々「may be……」

菜々「Do you speak English?(英語をしゃべってるの?)」

こずえ「……いえす」

P「英語!?」

こずえ「 What's happened……?(なにがおきてるの?)」

菜々「I don't know either.(それがわたしにもわからなくって)」

P「(こんなのこずえじゃない)」

菜々「Please,go Akiha's laboratory(とりあえず晶葉ちゃんの研究室に行ってくれる?)」

こずえ「sure(うん……)」

てくてく……

菜々「こずえちゃん一人だと心配ですね、菜々も……」
10: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 01:13:44.15 ID:FvBWLIjCo
ガチャ

美優「あれ?こずえちゃんに菜々ちゃん……」

P「美優さん!」

菜々「美優ちゃさん!」

美優「(ちゃ?)どうかしたの?」

菜々「こずえちゃんを晶葉ちゃんの研究室まで連れて行ってください!」

美優「う、うん……構わないけど」

P「よかった」

裕子「美優さん!みてください!私超能力使えるようになったんです!」

P「やめろおおおおおおおお!!!」

裕子「えい!マジカルウィンド!!」

ボンッ!

美優「きゃっ!」

P「美優さん!大丈夫ですか!?」

菜々「外見に変化はないようですが……」

美優「うん……僕は大丈夫みたいだよ」

P「美優さん!?」

菜々「美優さん!?」
11: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 01:18:06.36 ID:FvBWLIjCo
美優「こずえを連れて行けばいいんだったよね?僕に任せて!」

P「(何か滅茶苦茶違和感あるけど)」

菜々「(まいっか!)」

スタスタガチャバタム

P「やっと当面の危機は去ったか」

菜々「そうですね、流石に裕子ちゃんもネタ切れでしょう」

裕子「そんなことありませんよ!」

P「あれよ!!!」

裕子「まだまだ研究途中の能力ですが……トランプの数字当てとか」

P「微妙!!」

ガチャ

幸子「フフーン!可愛いボクのおかえりですよ!」

裕子「そぉい!!このトランプは6!」

トランプの数字:2

ボンッ!!!

P「幸子ォォー!!」

幸子「ごほっ……」

P「大丈夫か幸子!」

幸子「なんでちゅかこれは!」

菜々「あっ」

幸子「へ?」

P「さ、幸子……?」
12: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 01:23:28.69 ID:FvBWLIjCo
幸子「どうちたんでちゅか?ぼくがしょんなに可愛いでちゅか!」

P「うんかわ……ちっさ!!」

菜々「あ、本当だ!!すっごいちっさくなってる!」

幸子「し、しつれーにゃ!ぼくだって142cmありまちゅ!」

P「(146の菜々の肩までない時点で……)」

幸子「ばかにしないでくだちゃい。ぼくだってこれでもけっこうおとななんでちゅよ」

トテトテ コテン

幸子「あう」

菜々「(可愛い!!!)」

P「(可愛い!!)」

幸子「むぅ……なんだか歩きにくくなっちゃったでちゅ。どうしたらなおりまちゅか?」

P「とりあえず晶葉の所に行ってくれないか……」

幸子「ちかたないでちゅね。いってきまちゅ」

トテトテトテ

P「(可愛い……)」

菜々「(可愛い……)」

ガチャー

志希「おはよ~、にゃはは、何このちっさい子?」

幸子「ちっちゃくありまちぇん!」

P「志希!!丁度よかった!この超常現象を治す薬を!」

志希「よくわかんないけどおっけ~!この状況をまず把握してからね?」

P「ああ、もち……」
13: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 02:56:42.71 ID:FvBWLIjCo
裕子「もう一回おまけにどーん!!」

ボンッ!!

P「アアアアアアアアアアア!!!!」

志希「げほっ……何コレ?」

P「無事か!?」

志希「うん、ぶ……」

ペロ

P「うお!?何する!?」

志希「おいし……」

P「は?」

ベロッ ヂュルル チュッ

P「ちょ!おま!やめろ!なんだ!?」

志希「な、なんかわかんない!でもなんだか突然首筋がおいしそうに見えちゃって……はむ」

P「甘噛みするな!」

志希「(やば……これおいしい)」モグモグ

ガチャー

千枝「どうかしたんですか?」

P「千枝丁度いいところに!志希を外すために手伝ってく……」

裕子「景気よくもう一発!!」

ボンッ!

千枝「きゃっ!」

P「大丈夫か!?」

千枝「大丈夫です、それより……」

千枝「お○んちん、ってなんですか?」

P「え」
14: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 03:00:11.97 ID:FvBWLIjCo
千枝「勃起、ってなんですか?、プロデューサーさん、千枝わかんないので教えてください」

P「おいおいおいおいおい!!!」

千枝「プロデューサーさん、千枝いい子だからおちんちん見せてくれますよね?私おち○ちんとちゅっちゅしたいな」

P「(悪い子になってるー!!?)」

菜々「(なんぞコレー!?)」

P「千枝落ち着くんだ、お前は裕子の超能力にやられたんだ」

千枝「え?千枝ヤられちゃうんですか?」テレテレ

P「(照れてる場合じゃねぇよ!!)」

ガチャー

奈緒「おっすPさん。どうしたんだドタバタと」

P「奈緒!!丁度良かった!この状況をなんとか!」

裕子「できる!今の私ならできる気がする!そぉい!!」

ボンッ!!

奈緒「わっ!?」

P「奈緒ォォォォォォ!!!!」

菜々「奈緒ちゃん!大丈夫!?」

奈緒「ああ、あたしは大丈夫だけどさ……」

志希「もぐもぐ」

千枝「……」

カチャカチャ

P「千枝、頼むから俺のベルトを外そうとしないでくれ」

奈緒「で、何が起きてんだ?もう状況がさっぱり……」

P「ああ奈緒、実はな」


ドゴーン!!!


P「何事!?」

菜々「プロデューサーさん!!外で怪獣があばれてます!!」

P「何で!?」
15: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 03:02:27.30 ID:FvBWLIjCo
白い生き物「こんなところにいた!」

P「何こいつ!?」

白い生物「奈緒!早くマジカルプリンセスナオに変身して、あの巨大怪獣ウンエーイを倒すんだ!」

奈緒「何言ってんの!?」

P「(よかった奈緒は正常か)」

白い生物「うるさい黙れ!さっさとこっち来ないと今この場で変身させるぞ!?いいのか!?一回全裸は免れないぞ!?」

奈緒「わ、わかったよ!わかったから変身は勘弁!」

ドタバタ

P「(ついに怪獣きちゃったかぁ……)」


テイッ  ヤァッ

ドカーン

菜々「あ、奈緒ちゃん戦ってますよ」

P「よくあんな恥ずかしい格好できるな」

志希「もぐもぐ」

千枝「千枝ももぐもぐしたいんですけど」

P「やめようか」

裕子「うーん、外の怪獣が邪魔で集中できない……
こうなったら!」

P「何をする気だ!?」

裕子「あ、ヘッドフォンつけます。これで静かになって集中できます」

P「あっれー!?もっといろいろすることないの!?」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/11(日) 07:25:35.10 ID:r9ttyJcf0
一旦乙…なんだこれ……なんだこれ…
21: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 23:46:36.23 ID:FvBWLIjCo
ピポパ

P「もしもし?晶葉?」

晶葉『もしもし、Pか?大変なことになってるようだな……』

P「理解が早くて助かるよ、で、なんとかなりそうか?」

晶葉『なんとかならない事はないが、そもそも法則性がわからん。何が起きてるのかを理解しない限り、解決策はできないぞ』

P「何!?それはどういうことだってばよ」

晶葉『つまりだ、この一連の出来事が『一体何が起きているのか』を解き明かしてくれればいいんだ。曖昧でもいい、そこからは私が答えを見つける』

P「わかった……なんとか手がかりを探して見せる!」

晶葉『信頼しているぞ、助手よ!」

ピッ

P「しかし『何が起きているか』か……まずは起こった出来事を順々にまとめていかないとな」

P「こんな時頼りになるのは」

ガチャ

加奈「おはようございまーす」

P「おお!メモの子!」

加奈「へ?」

裕子「今私のマジ……超能力ショーの最中なんだよ!」

加奈「あ、そうなんだ……」

裕子「見ててね……とう!」

ボンッ!!

P「ああああああああああああああ!!!!」

志希「もぐもぐ」

千枝「ぺろぺろ」

P「やめなさい」

千枝「えへへ、怒られちゃいました」

P「加奈!大丈夫か!?」

加奈「え?まぁ別に大丈夫ですけど……」

菜々「見た目に異常はないみたいですね。あ、プロデューサーさん、さっき奈緒ちゃんが勝って世界の平和が守られました」

P「おうすごいな」
22: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/11(日) 23:56:22.74 ID:FvBWLIjCo
P「とりあえず今まで起こった出来事を振り返ろう、えっと、加奈、メモはあるか?」

加奈「え、ないですけど?」

P「なんで!?」

加奈「私『完全記憶能力』って言って、今まで耳にしたことは絶対に忘れないんです」

P「何か有能になってる!?」

菜々「ならプロデューサーさんが言って行けば加奈ちゃんがまとめてくれるのでは?」

P「なるほど……ええっとな」

・輝子のキノコが大繁殖
・きらりの口調と性格が変化
・杏の性格が変化
・菜々は変化なし

菜々「(17歳になったんですけどね)」

・凛が臭いフェチに
・こずえが英語しか喋らなくなる
・美優さんがボクっ娘に
・幸子が小さく
・志希が首筋フェチに
・千枝が悪い子に
・奈緒が魔法少女に
・千枝が悪い子に
・加奈に完全記憶能力が

P「……って感じかな」

加奈「なるほど、全て覚えました」

菜々「これらの事から導ける結論は……」

志希「うーん……それぞれの『個性』かにゃ?」

P「個性……?」

志希「一部そうでない人もいるっぽいけど、見たカンジ、それぞれの『個性』が変な風に暴走してるイメージかも?」

菜々「なるほど……個性が『潰れている』例もありますが、そのほかは、『逆に個性が伸びすぎている』ともとれますしね」

P「輝子の場合は輝子の個性……きのこが伸びすぎて繁殖したってことか」

加奈「つじつまが合いますね。これなら解決の方向に導けそうです」

千枝「もぐもぐ」
23: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/12(月) 00:07:44.44 ID:T6XhZ/eYo
ガチャーン

都「おはようございまーす!事件の香りがしますね!」

P「都!」

裕子「せっかくだしえーい」

ボーン

P「都ォォォォー!!!」

加奈「都ちゃん、大丈夫?」

都「え?なんですかこれ……?まぁ大丈夫です」

P「ならよかった」

菜々「都ちゃんは何が起きたんでしょうか?」

志希「見た目が変わってなければ、中身が変わってるはずだけど……」

都「いえいえ、私はいつも通りですよ!何か事件の匂いがしたので!」

P「あ、いつも通りだわ」

都「……この状況、裕子さんの超能力で、アイドルに何か変化が起きた、とかですか?」

P「!?」

菜々「!?」

都「千枝ちゃんがプロデューサーさんの下半身にしがみついていますし、志希さんは先ほどから執拗にプロデューサーの首筋を気にしている」

都「当のプロデューサーは争ったあとのようなものと首筋に歯型」

都「プロデューサーのあわてぶりからしても、加奈ちゃんがやけに落ち着いている事からしても、明らかにいつも通りではないはずです」

都「おそらく私がここに来る前にも10人くらいのアイドルが訪れ……そして超能力の餌食になったのでは?」

都「あくまで推測ですが、その人たちは晶葉ちゃんの研究室に行ったのではないでしょうか。彼女ならこの状況をなんとかできるはずですし」

都「そして今……私が来る前に、起こった出来事を順々に整理していた……といったところですか?」

P「(完璧だぁぁぁぁーーー!!!)」

菜々「(みみみみ都ちゃんに推理能力がァァーーッ!!)」

加奈「なるほど……そういう事ね」

志希「(キャラ変わってるような……)」

千枝「ぺろぺろ」
24: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/12(月) 00:12:25.36 ID:T6XhZ/eYo
加奈「……という感じで変化が起きてるの」

都「……個性に関わっている事は間違いないですね」

志希「そこからが難しくって」

都「おそらくですが、『個性のベクトル変換』ではないでしょうか?」

P「ベクトル変換……?」

都「はい。きらりさんや杏さんは自分の個性にマイナスのベクトルを、逆に幸子ちゃんや輝子ちゃんはプラスの方にベクトルがかかったのではないかと」

菜々「つまり、個性が強くなったり弱くなったり、という事ですか……?」

都「厳密には違いますが、ほぼそれで間違いないと思います。奈緒さんはそういうキャラ要素がありましたし、そこだけ伸びきったパターン、
美優さんは大人の女性のベクトルがマイナスになり、子供の、男の子のようになったのではないでしょうか」

P「なるほど……」

菜々「(頭のいい都ちゃんってなんだか違和感……)」

加奈「ありがとう、その除法を晶葉ちゃんに伝えてみるよ!」

都「お願いします」

P「(なんだろう、こいつらが有能だとすげー違和感……)」

志希「(なんだがむずむずする……)」
27: ◆ZWAJnJ4q9E 2014/05/12(月) 00:19:13.01 ID:T6XhZ/eYo
~一時間後~

晶葉「できたぞ助手よ!『個性ベクトル簡単変換君』だ!」

P「一時間でできるとかお前残しておいてよかったよマジで」

菜々「晶葉ちゃんが変換されてたら詰みでしたよね完全に」

晶葉「このマシーンに人を入れてこのベクトルつまみを回すと……」

キリリリ……

きらり「……何が起きるのですか?」

カチッ

ドーン!

きらり「にょわっ!?なんだかすっごい音がしたにぃ!」

P「ヤッタアアアアアアアアアアア!!」

菜々「万事解決ですね!!」

晶葉「ああ、ただしこれは一回しか使えないから、うっかり間違えてベクトル変換してしまわないようにだな」

カチッ

加奈「カチッ?」

幸子「なにがおきてるんでちゅか?これはどういうこ」

ドーン!!

P「幸子ォォォォォー!!!!」

晶葉「……あっ」

幸子「……ふふー!」

P「(幸子が2歳児くらいになってる……)」

よち よち

幸子「ふふーん!ぼく、かーいーでしゅー!」

よちよち

菜々「(可愛い……)」

志希「可愛い……」

きらり「幸子ちゃんお持ち帰りーーっ☆」

P「あっ」

ガッ


タッタッタッタ……


P「……」

菜々「……」

凛「……」


P「まいっか!!」



                            ~Fin~
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 02:38:32.77 ID:Rz6IykEIo
乙ー!面白かった!

地方レベルのヘレン、という字面だけでおもろいから困る
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 16:50:04.24 ID:ntksrjlGo
おっつおっつばっちし☆

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク