fc2ブログ

クリスタ「師匠!」ミカサ「……は?」

1 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 00:50:57 ID:lryjxApI
訓練兵男子A「神様…」

訓練兵男子J「女神…」

訓練兵男子L「結婚したい…」

訓練兵女子 「なんなのお高くとまって。嫌な感じー」

訓練兵女子 「ちょっとモテるからって調子に乗ってさー」

訓練兵女子S「神様ですか!?あなたが!?」

訓練兵女子Y「ペロペロ」


クリスタ「なんか私訓練兵団で浮いてる気がするなぁ…」 



2 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 00:59:50 ID:lryjxApI

クリスタ「皆人類のために戦う技術を養いに来てるんだよね…」



クリスタ「せっかくだから私もそうしたい…けど…」



~~食事中~~



エレン「このクズ野郎が!」ガタッ



ジャン「才能が無いからって僻むんじゃねぇよ!」ガタッ



ドガバキガスベコ オラオラオラオラ~ オオーイイゾヤレヤレ



クリスタ「(なんか住んでる世界が違う気がするんだよねぇ……)」ダンシッテコワイ 






4 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 01:10:54 ID:HxK8GrIA

ミカサ「二人とも。やめて。」



クリスタ「(え……?)」



ジャン「!!」



エレン「だってこいつが…」



ミカサ「や め て」ギロッ



エレン「う……」



クリスタ「(女の子なのに…男子に割って入るなんて凄い…カッコイイ…)」 




5 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 01:17:34 ID:lryjxApI

~~翌日・対人格闘訓練~~



クリスタ「あの…ミカサ…さん?」オドオド



ミカサ「…何?クリスタさん」ドーン



クリスタ「(威圧感スゴ!でも頑張れ私!)」ビクビク



クリスタ「わた、私と組んでくれましぇんか!?」



ミカサ「…いいけど。(噛んでる…)」 




6 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 01:25:28 ID:HxK8GrIA

クリスタ「じ、じゃあ行きますね!えいっ!」ビュッ



ミカサ「甘い。足払い」ポーン



クリスタ「(えっ…なにこれ…空が見える…!?)」グルーッ



ユミル「あ、頭から落ちる!危ないクリスタ!」



ミカサ「キャッチ。」パシッ



クリスタ「え…あれ…?///」カァァ 




7 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 01:30:15 ID:HxK8GrIA



コニー「おい見ろよあれ!」



ライナー「お姫様だっこされる女神…」



アルミン「なんて愛らしいんだ…!」



ジャン「ミカサ美しい…」



エレン「(ミカサ…お前ってやつは…)」



アニ「エレン早く!私もあれやりたい!」



ユミル「ミカサ…あの野郎…っ!」ワナワナプルプル 




8 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 01:35:51 ID:HxK8GrIA

クリスタ「あの…降ろしてください…///」



ミカサ「ああ、ごめん。ちょっと強く蹴り過ぎた。反省している」ヨッコラセ



ミカサ「怪我はない?」



クリスタ「なな…ないです!」ズキューン



ミカサ「なら今度は私が…」 




9 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 01:39:48 ID:HxK8GrIA

クリスタ「お願いします!ミカサお姉さま!」



ミカサ「……は?」



ユミル「なっ!?」



クリスタ「……ハッ!?しまった!?」



エレン「…今なんて?」 




10 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 01:48:33 ID:HxK8GrIA

クリスタ「(てっ、訂正するんだ私!今ならまだ間に合う!)」アセアセ



クリスタ「お願いします!ミカサ…ミカサ師匠!」



ミカサ「……はい?」



ユミル「(そう…それならまだマシ…さっきのは空耳!空耳だ!)」



エレン「(聞かなかったことにしとこう…)」 




11 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 02:00:28 ID:HxK8GrIA



~~夕食~~



アルミン「今日はクリスタと何があったんだい?」



ミカサ「別に…変わった子だったというだけの話」



エレン「…お姉様」ボソッ



ミカサ「……」グリグリ



エレン「痛い!?冗談!冗談だって!」グリグリ 




12 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 02:10:50 ID:mP8k5ULs

キース「夕食は終わりだ!さっさと片付けろガキども!」



ミカサ「(さて、女子寮へ…)」



クリスタ「あの…ミカサ…」



ミカサ「…今度は何?」 




13 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 02:19:29 ID:mP8k5ULs

クリスタ「これからも…いろいろ教えてもらえない?」



ミカサ「はぁ…断わる。私はそんなに大した人間じゃない」



クリスタ「…私は、もうここにしか居場所がない…」



ミカサ「!」



クリスタ「開拓地には行きたくないの…私はここであなたのような戦士になりたい!」 






16 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 02:47:56 ID:mP8k5ULs

ミカサ「なら、クリスタ…私にその覚悟を見せてほしい」



クリスタ「覚悟…!?」



ミカサ「明日の対人格闘で…ある人物に挑んでみて」



クリスタ「……ゴクリ」 




17 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 02:51:27 ID:PaXH1GV.

~~翌日・対人格闘訓練~~



教官「では二人組作って~…はじめ!」



アニ「……珍しいね」



クリスタ「う、うん…アニとも一度組んでみたいな~って…」ブルブル



アニ「ふん…いくよ!」バッ



ミカサ「……」



クリスタ「(アニから一本取れば…!)」ブルブル 




18 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 02:55:56 ID:mP8k5ULs

アニ「はい」バシッ



クリスタ「うわっ!?」クルッドサッ



アニ「ほい」ゲシッ



クリスタ「きゃ!?」クルッドサッ



アニ「ほら」バキッ



クリスタ「やん!?」クルッドサッ



エレン「ミカサ!アニのやつ本気だぞ!?」



ミカサ「そうでなければ意味がない」 




19 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 02:59:13 ID:mP8k5ULs



ハゲ「やめ~!そこまでだ!次の訓練に移るぞ!」



アニ「なんのつもりか知らないけど…出直して来な」スタスタ



クリスタ「待って…まだ…!」フラフラ



ミカサ「クリスタ。」ガシッ



クリスタ「ち、違うの!まだ、まだ…」ウルウル



ミカサ「大丈夫。十分本気さは伝わった。」 




20 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 03:02:36 ID:mP8k5ULs

クリスタ「え…?」



ミカサ「あなたは今、立てないでしょ。」



クリスタ「うん…」ガクガク



ミカサ「そんなになるほどアニのローキックに向かっていける兵士はそうそういない。」



エレン「(俺でもごめんだな)」



クリスタ「それじゃあ…?」



ミカサ「明日から私が教えてあげる。覚悟しといてね。」



クリスタ「はい!おね…師匠!」 




25 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/05/10(金) 22:33:28 ID:gyJH80aI

~~翌日・対人格闘訓練~~



ミカサ「まず大事なのは自分の中で相手を大きく考えないこと」



クリスタ「恐がらないってこと?」



ミカサ「そう。目を瞑ってしまっては相手の攻撃を見きれない」



ミカサ「だから…」ビュッ



クリスタ「ひっ!?」ビクッ



ミカサ「恐怖をなくすことから始めよう」 




26 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 22:48:23 ID:gyJH80aI

ミカサ「いい?クリスタ。殴られるたり傷つくのは誰だってイヤ」



ミカサ「だから拳やナイフを目の前にすると咄嗟に目を瞑ってしまう」



クリスタ「うん…」ビクビク



ミカサ「でも私たちは兵士。殴られて当然なの。傷つくことが仕事」



ミカサ「だから殴られるのにもなれておかなきゃ」ボカッ



クリスタ「キャッ!?」


 




27 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 22:52:01 ID:gyJH80aI

クリスタ「……あれ?」



ミカサ「思ったほどじゃないでしょ?」ニコ



クリスタ「うん!想像よりずっと痛くなかった…」



ミカサ「その想像が相手を大きくしている。巨人は別だけど」



ミカサ「だから目を瞑っちゃだめ。恐怖を払拭して。まずはそこから」



クリスタ「はい!師匠!」 




28 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 22:57:11 ID:mDKnwbRY

エレン「(ミカサのやつ教え方上手いな~…)」



アニ「エレン!もう一回!もう一回!」



エレン「だからあれは無理だって…何回やっても」



アニ「コツは掴んできたから!早く!」



エレン「俺はサッカーボールじゃないぞ…」 




29 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 23:06:07 ID:gyJH80aI

~~食事中~~



クリスタ「うぅ…訓練で体が疲れすぎて食欲が出ない…」



ミカサ「ダメよクリスタ。それでは明日動く分の体力が無くなる」



ユミル「そうだぞクリスタ。病気になっちゃうぞ」



ミカサ「ユミル。クリスタは辛そうだけど頑張って食べさせてあげて」



ユミル「合点だ」 




30 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 23:13:49 ID:mDKnwbRY

ミカサ「じゃあ私はエレンと食べるから」スタスタ



ユミル「(クリスタと過ごす時間は減ってしまうが…)」



ユミル「(このまま鍛え上げられて上位10番内にでも入れればクリスタも憲兵団に行ける)」



ユミル「(そうなってくれれば安心だ。ミカサには頑張ってもらうか)」



ユミル「ほらクリスタ!あ~んしろ、あ~ん!」



クリスタ「一人で食べれるよぉ」 




31 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 23:24:17 ID:mDKnwbRY

~~翌日・立体機動訓練~~



ミカサ「立体機動はアンカーが刺さったかどうかの見極めがカギ」



ミカサ「刺さった、と思ったら迷わずガスを吹かせるようにならなきゃ」



ミカサ「早すぎても遅すぎてもダメ」



クリスタ「はい!師匠! 




32 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 23:31:09 ID:mDKnwbRY

クリスタ「えいっ!」パシュ



クリスタ「アンカーが…刺さった!ガスを…」シュッ



クリスタ「って…キャアァァ!?」ビュオーン



コニー「クリスタが真上に飛んだ!?」



クリスタ「(まだアンカー刺さってなかったの~!?頭から落ちるぅ~!?)」ヒュー 




33 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 23:38:10 ID:mDKnwbRY

ミカサ「キャッチ。」パシッ



クリスタ「ま、また…ごっ…ごめんなさい師匠…///」



ミカサ「今のは吹かすのが早すぎる。タイミングを覚えて」



ライナー「(それ…俺がやりたかったやつ…)」



ジャン「(ミカサ…何度見ても美しい…)」



アルミン「(僕の腕力ではあれは無理かなぁ…)」 




34 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 23:49:02 ID:mDKnwbRY

クリスタ「(ミカサの腕の中の居心地…なんか癖になりそう…)」



ミカサ「はい、教官に見つからないうちにもう一回」ヨッコラセ



クリスタ「(ああ、終わっちゃった…)…はい!師匠!」 




35 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/10(金) 23:57:25 ID:gyJH80aI

~~兵站訓練~~



ミカサ「これは兎に角走るだけ」



ミカサ「毎日罰則で余計に走ってるサシャは流石に速い」



サシャ「これが終わったらご飯だご飯だ~♪」ドドドドド



ミカサ「でもクリスタだって毎日私と走っている」



ミカサ「そのうち皆より速くなるはず」



クリスタ「うん!私頑張る!」



ミカサ「その意気。じゃあお先に」ピュー



クリスタ「……」 






37 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 00:07:30 ID:ldiD9EG6

~~夜~~



クリスタ「212…213…」



ユミル「げぇ…クリスタ、何してるんだ!?」



クリスタ「毎日腹筋300回…ミカサとの約束だから…214…」



ユミル「ちょ…待てって!腹筋われたらどうすんだ!?」



クリスタ「そうなりたいんだけどなかなか…ああ!?数わすれた!」



クリスタ「もう…ユミルのせいだからね!仕方ないからもう一回最初から…」



ユミル「待て待て待て待て!」 




38 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 00:16:06 ID:ldiD9EG6

~~巨人討伐演習~~



ミカサ「斬撃は体重を乗せなくては深く斬れない」



ミカサ「立体起動装置のスピードが調節できないと体重が乗せられなくて浅くなるから気をつけて」



クリスタ「うん!やってみる!」



ミカサ「私が先導して見本をみせる…クリスタは私と同じターゲットを狙って」



クリスタ「わかった!」 




39 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 00:21:31 ID:a/RGvdI2

ミカサ「ハッ!!」ザクッ



クリスタ「(凄い深い斬撃…私だって!)」



エレン「負けないぞミカサ~!」ドンッ



クリスタ「うわっ!?」グラッ



ミカサ「エレンったら…」 




40 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 00:24:43 ID:ldiD9EG6

クリスタ「(イタタ…エレンに吹っ飛ばされちゃった…)」



クリスタ「(はっ!?でも師匠は前に格闘訓練で「やられたらやり返さなきゃダメ」と言ってた!!)」



クリスタ「(今こそ教えを実践する時!勇気を出してやり返すのよ私!)」



クリスタ「え~い!」ドカッ



エレン「ぐほぉ!?」



ミカサ「!?」 




41 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 00:31:17 ID:a/RGvdI2

~~休憩~~



ライナー「大丈夫かエレン?」



エレン「どってことねぇ…」イタタ



コニー「エレンを吹っ飛ばすとは…」



サシャ「クリスタ、意外にやりますね…」



ジャン「これも『ミカサ塾』の効果か…パネェ」



クリスタ「(皆から評価されてる!?やった♪)」



ミカサ「クリスタ…エレンにはやり返さなくてもいいから…」ギラッ



クリスタ「ひっ!?す、すいません師匠…」ビクビク 




42 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 00:38:39 ID:ldiD9EG6

~~夜~~



クリスタ「ミカサはエレンのことが好きなの?」



ミカサ「!??」



クリスタ「今日私が怪我させちゃったとき凄く怒ってたから…ごめん」



ミカサ「え、エレンは私の家族。だから大切にするのは当たり前。」



ミカサ「クリスタはエレンのことが嫌い?」



クリスタ「えっと…嫌いじゃないけど…目が怖い、かな?…えへへ」



ミカサ「……あの目がいいのに…」



クリスタ「家族かぁ…」 




43 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 00:45:03 ID:a/RGvdI2



『お前なんか生まれてこなければ良かったのに!』



『お前が生きてるから皆が迷惑してるんだ!』



『一族の恥さらしが!』『邪魔者は消えろ!』



クリスタ「……」



ミカサ「どうしたのクリスタ。明日も早い。もう寝よう」



クリスタ「うん……」 




44 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 00:50:49 ID:a/RGvdI2

~~対人格闘訓練~~



エレン「痛った!!」ドサッ



アニ「違う…もっとボールを蹴り上げるように…ポーンと…」ブツブツ



エレン「…もう限界だ。俺は他の奴と組む」



アニ「もうちょっと!もうちょっとだから!」

.

.

.



ユミル「そらっ!」ガッ



クリスタ「甘いっ!!」バシッ



ユミル「うわっ!?」ドサッ 




45 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 00:54:59 ID:ldiD9EG6

ユミル「あいたた…」



クリスタ「ごめんユミル…大丈夫!?」



ユミル「謝っちゃダメ…じゃなかったか?」



クリスタ「あっ…そう言われたんだった」



ユミル「しかしほんっと成長したなクリスタは。これなら上位10番まで入れるかもよ?」



クリスタ「そんな…私なんて…」



ユミル「(まあ私が色々手を打ってんだけどね)」 




46 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:01:30 ID:a/RGvdI2



ミカサ「だいぶ恐怖心が消えてきたみたいねクリスタ」



クリスタ「師匠のおかげです!」



ミカサ「でもまだ不十分。そこで今夜…」ゴニョゴニョ



クリスタ「…ええ~!?」 




49 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:06:56 ID:a/RGvdI2

~~夕食~~



エレン「てめぇ今なんつったコラ!」ガッ



ジャン「うるせぇテメエが突っかかってきたんだろうが!」ギラッ



ミカサ「(よしっ!クリスタ!)」



クリスタ「(こっ、この二人の喧嘩を止めることができれば…)」



ミカサ「(対人戦においては完全に恐怖を払拭したと言える!)」 




50 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:13:08 ID:a/RGvdI2

ユミル「おいおいクリスタ!危ないって!」



クリスタ「(ジャンも怖いしエレンに至っては原作で一度も話したことない!でも私頑張る!)」



クリスタ「や、やめて~二人とも!」ダッ



ジャン「ああん!?」ギロッ



エレン「引っ込んでろ!!」ギロッ



クリスタ「お、お願いだから…」ウルウル



ジャン「う…」



エレン「む…」 






52 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:16:43 ID:a/RGvdI2

ジャン「エレン…」



エレン「ああ…今日はやめとくか…」



一同「オオ~~!!」パチパチ



クリスタ「(やった!!師匠!私やりました!)」グッ



ミカサ「(やったねクリスタ。なんかちょっと違う気もするけど…)」 




53 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:25:20 ID:a/RGvdI2

~~討伐演習~~



トーマス「もらったぁ!」



クリスタ「えい!」ザクッ



クリスタ「やったぁ♪」



トーマス「ええっ!?クリスタに先越された!?」スカッ



キース「立体機動の移動スピードが上がっている…」



~~兵站訓練~~



クリスタ「はぁ…はぁ…アルミン!頑張って!」



アルミン「ゼェゼェ…うん…!」



キース「兵站で使う体力もかなりのもの…」 




54 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:28:28 ID:a/RGvdI2

キース「クリスタ・レンズ…見かけによらず恐ろしいスピードで成長しているな…」



キース「なんと教官冥利に尽きる生徒だろうか…」



キース「彼女は私が育てたと言っても過言ではないな…」



クリスタ「(ミカサに教わったおかげでどんどん成長できてる!スゴイ!)」 




55 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:37:46 ID:ldiD9EG6



ミカサ「もうすぐ3年間の訓練も終わり」



クリスタ「ミカサはダントツの首席だもんね。憲兵団に行くんでしょ?」



ミカサ「私は調査兵団に行く」



クリスタ「ええ!?死にに行くようなものじゃ…」



ミカサ「確かにそう…でも…」



ミカサ「家族の…エレンのいるところが、私の帰る場所だから…」



クリスタ「……」 




56 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:40:45 ID:ldiD9EG6

ミカサ「クリスタは頑張った甲斐あって10番内に入れそう。憲兵団にも行けるけど…どうするの?」



クリスタ「…私も、調査兵団にしようかな…」



ミカサ「…最前線で、誰よりも早く死ねるから?」



クリスタ「!?」 




57 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:44:47 ID:ldiD9EG6

クリスタ「どうして…?」



ミカサ「やっぱり図星だったみたいね」



クリスタ「知ってたの…?」



ミカサ「ここで、何度もあなたと話すうちに、幾度となくあなたは絶望を表情に出していた」



ミカサ「それでピンと来たの…もしかしたらとは思ったけど…あなたもここに来るまでに辛い思いをしたって…」 




58 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:48:42 ID:ldiD9EG6

クリスタ「…ミカサには、何でもわかっちゃうんだね…」



ミカサ「何があったかなんて聞くつもりはない。けど…」



クリスタ「聞いてほしい。話させて…」



ミカサ「……」



クリスタ「私は、望まれない子供だったんだ…」 




59 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:54:05 ID:a/RGvdI2

クリスタ「家の後継者争いに巻き込まれて、家族や、兄弟皆から邪魔者扱いされて…」



クリスタ「酷いことも…言われたし…酷い仕打ちもたくさん…」ヒック



クリスタ「だから悟ったの。私は生まれながらにしてこういう運命なんだ、もうどうしようもないんだって…」ウルウル



ミカサ「クリスタ…」



クリスタ「とうとう家から追い出されて…ここに来た時も早く死にたくって…」ウルウル 




61 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 01:56:39 ID:ldiD9EG6

クリスタ「でもようやく訓練が終わる!これでようやく幕が引ける!ここで得た技術で、少しでも人類の役に立ってから、私は!」



バチィン!!



ミカサ「……」



クリスタ「み、ミカサ…何を…」ズキズキ 




62 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:02:05 ID:ldiD9EG6

ミカサ「私があなたに技術を教えたのは…あなたを殺すためじゃない!」



クリスタ「……」



ミカサ「ここで二人で話すとき、あなたが、とても寂しそうな顔をしていたから」



ミカサ「両親を殺された時の私と同じ顔をしていたから!」



クリスタ「!!」 




63 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:09:10 ID:ldiD9EG6

ミカサ「だから私の孤独を救ってくれたエレンのように、私があなたの家族になってあげたくって、それで…」



クリスタ「ごめんなさい、ごめんなさい…」ウルウル



ミカサ「…おいで」



クリスタ「……」ギュッ



ミカサ「あなたは私が教えた技術を使って生き残るの。幸せになって。いい?」



クリスタ「うん…」 




64 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:10:02 ID:a/RGvdI2

ミカサ「ありがとう。3年間楽しかった。実を言うとね…」



ミカサ「私もあなたみたいな妹が欲しかった」



クリスタ「えっ…」



ミカサ「泣いていいよ。今日だけは、私があなたの家族になってあげるから…」



クリスタ「……うえぇぇぇん!!」





ユミル「ええ話や…」ウルウル 




65 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:16:25 ID:ldiD9EG6

~~最終日・対人格闘訓練~~



アニ「(今日がラストチャンス…必ず成功させる…)」



ライナー「アニ…頑張れ…!」



ベルトルト「アニ…」



エレン「行くぞ!アニ!」ダッ 




66 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:18:15 ID:a/RGvdI2

アニ「…ここ!足払い!」ポーン



エレン「うわっ!?」グルーッ



ライナー「やった!エレンが宙に舞った!」



ベルトルト「けど難しいのは最後の…!」 




67 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:21:35 ID:ldiD9EG6

アニ「キャッチ!」パシッ



エレン「……///」



一同「オオー!!」



ライナー「やったぁ!アニがエレンをお姫様抱っこ達成した!」



ベルトルト「おめでとう、おめでとうアニ!」



アニ「やっと出来た…感無量だね…」フルフル



エレン「…気がすんだら降ろしてくれ…恥ずかしいから…」プルプル 




68 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:25:50 ID:ldiD9EG6

ミカサ「最後のならず者役ね」



クリスタ「集中…集中…」ブツブツ



ミカサ「……」ニッコリ



ミカサ「行くよ。クリスタ」 




69 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:27:40 ID:ldiD9EG6

ミカサ「ハッ!」ビュッ



クリスタ「(恐がらずに目を開けて…)」



クリスタ「見切って!足払い!」バッ



ミカサ「!」ガクン



ドサッ… 




70 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:32:21 ID:ldiD9EG6

クリスタ「やった…!」



一同「オオー クリスタスゲェ ミカサカライッポントリヤガッタ」



ユミル「マジかよ…」



ミカサ「やられたね、クリスタ。おめでとう」



クリスタ「う、うん!ありがとう(でも私にはわかってる。ミカサが手を抜いてくれたこと)」



クリスタ「(私に思い出をくれたということ…)」 




71 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/05/11(土) 02:35:29 ID:ify72V8Y

アニはずっとあれやってたのか 




72 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:35:41 ID:ldiD9EG6

~~後日~~



ユミル「よしときゃいいのに調査兵団なんかに入っちまってさ…」



クリスタ「いいの。せっかく培った技術だもの。ここで役立てなきゃ。」



ユミル「(ったく…せっかく順位の調整してやったのによぉ)」



ユミル「(まっ、一緒にいられるしいいか。)」 




73 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:43:40 ID:ldiD9EG6

ミカサ「(結局クリスタも調査兵団に入ってしまった。)」



ミカサ「(まあいいか。エレンもアルミンもクリスタも皆私が守れば…でも…)」



クリスタ「あっ師匠!今日もシブイですね!」キラキラ



ミカサ「(…どうやったら師匠と呼ぶのをやめてくれるのだろうか…)」ワリトハズカシイ



END 




74 : ◆xRKgWnSG5Y :2013/05/11(土) 02:45:32 ID:a/RGvdI2

アニメの対人格闘訓練で何故かミカサとクリスタが組んでたことから思いついたネタです

しかし寝るのが遅くなってしまった… 




75 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/05/11(土) 02:46:34 ID:REY6a8/M



なかなか面白かったよ
 




77 :以下、名無しが深夜にお送りします :2013/05/11(土) 21:25:20 ID:1HtqYZoY

意外な組み合わせで面白かった乙 





お勧めSS:

クリスタ「天使なんかじゃない」


クリスタ「ピアノの先生はじめました」その1


エレン「クリスタ、俺はお前の事が好きだ」







元スレ:クリスタ「師匠!」ミカサ「……は?」
http://jbbs.livedoor.jp/internet/14562/storage/1368114657.html


関連記事

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング