奈緒「イジられるのはもう嫌だ……

1: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/19(木) 23:33:45.93 ID:xWjhSQt20
~事務所~

奈緒「なんでだ……なんで私ばかりイジられるんだ……」

奈緒「TPでは一番年上なのに凛にまでイジられるし……」

奈緒「……そうだよ、凛の奴がだいたい悪いんだ。ニュージェネでイジられるストレスを私で解消してるんだ!」

奈緒「こうなったら、私も誰かをイジってストレス解消してやる!」

ちひろ(ダメな匂いしかしないなぁ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447943625
2: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/19(木) 23:34:56.66 ID:xWjhSQt20
奈緒「というわけで森久保ォ!」

乃々「ひっ!?」ガンッ

奈緒「あっ、ごめん……」

乃々「びっくりしたせいで机に頭ぶつけたんですけど……いぢめですか」

乃々「もりくぼは、机の下で静かに暮らしたいだけなんですけど……」

奈緒「いぢめじゃないから。ごめんごめん」

乃々「そ、それで何か用ですか?」

奈緒「あー、そうだな」
6: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/19(木) 23:42:41.43 ID:xWjhSQt20
すまない…乃々の字を間違えて覚えてすまない…


奈緒(凛と加蓮が私をイジる時は、可愛い可愛い言ってくるよな)

奈緒(そういう感じでいけばいいんだな)

奈緒「い、いやその、乃々って可愛いよなって……」

乃々「え、ええ……? きゅ、急になんですか……」

奈緒「ほ、ほら! 前に着たリスとかドレスとかさ! 小動物的で可愛かったぞ!」

奈緒(恥ずかしいけど、本気で言ってる感じ出さないとからかってるのがバレるから……)

奈緒(つっても、やっぱり恥ずかしいな……)

乃々「そんなこと言われても、もりくぼは困ってしまいます……」

乃々「ああ、もりくぼは小動物だからいぢめられるんですね……」ドヨドヨ

奈緒「自分で言って落ち込むのはやめろよ!」
7: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/19(木) 23:46:24.57 ID:xWjhSQt20
奈緒「もっと自信持てって! 乃々は可愛いぞ!」ガシッ

乃々「ひゃっ、い、いきなり肩を掴まないで欲しいんですけど……」

奈緒「それに、乃々のことをいぢめたくなるって奴もいるけど、私は守ってやりたいと思うぞ」

奈緒「嫌だって言ってても、ちゃんと最後までやり遂げてるだろ? そういうのさ、偉いと思うし」

乃々「ぷ、プロデューサーさんが無理矢理引っ張るからですし……もりくぼは偉くないですし……」

奈緒「それでも、最後には自分の意志で決めてるんだろ? だから、ファンの人も応援するし、私も応援してるんだって」

奈緒「だから、もうちょっとだけ自分に自信もってみな?」

乃々「……ううっ」

奈緒(顔赤い……ってことは照れてる……やった、私でもイジれてる!)
8: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/19(木) 23:51:00.70 ID:xWjhSQt20
乃々「……奈緒さんは、もりくぼのことを守ってくれるんですか」

奈緒「うん? まあ、いぢめるよりかは守りたいぞ」

乃々「……可愛い衣装も一緒に着てくれますか」

奈緒「お、おう! か、可愛い乃々がみみ見たいからな!」

奈緒(『可愛い』って言われるのも照れるけど……他人に言うのも恥ずかしいな……)

乃々「じゃ、じゃあ……ちょっとだけ……自信持ちます……明日から」

奈緒「いや、今から持とう?」

乃々「今からは、うう……むーりぃー」

奈緒「あっ、おーい」

奈緒(それっきり、乃々は体育座りのまま顔を上げなかった)

奈緒(けど、かなり照れてたみたいだし、イジれたってことでいいよな?)
9: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/19(木) 23:53:39.10 ID:xWjhSQt20
~プロダクション廊下~


奈緒「乃々はイジれたし、次は……」

幸子「奈緒さん、お疲れ様です! カワイイボクですよ!」

奈緒「おっ、ちょうどいいのが」

幸子「……? 何がです?」

奈緒「いや、こっちの話。お疲れ様」

幸子「お疲れ様です! カワイイボクに会えて幸せですね!」

奈緒「お、おう」
10: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/19(木) 23:56:07.30 ID:xWjhSQt20
奈緒(幸子と言えばイジられ役だし、私でもイジれるよな?)

奈緒「幸子はカワイイよな」

幸子「なんですか急に?」

奈緒「いや、ふと思ってさ。ちょっと憧れるかも……な、なんて」

奈緒(まあ、これは少し本当だし。自分でカワイイと言い切れる自信は憧れる)

幸子「本当のことでも急に言われると照れますね!」
11: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/19(木) 23:59:55.75 ID:xWjhSQt20
奈緒(とりあえず、乃々の時と同じく褒め殺してみよう)

奈緒「いや、本当にカワイイ。私が男だったら放っておかないな!」

幸子「……」

奈緒「あ、あれ……?」

奈緒(どうして落ち込んだ顔になるんだ……?)

幸子「プロデューサーさんも、男ですよね」

奈緒「う、うん? そうだな」

幸子「プロデューサーさんは、ボクのことをどう思ってるんでしょうか」

奈緒「あー……」
12: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/20(金) 00:03:05.15 ID:MZQf2qyq0
奈緒(幸子はプロデューサーさんにべったりだもんなー)

奈緒(自分とプロデューサーさんで、気持ちに温度差あるかも、って不安なんだろうな)

奈緒(私もわからなくは……いやいや! 私は別にプロデューサーさんのことは!)

幸子「奈緒さん? 顔赤いですけどどうしたんです?」

奈緒「えっ!? い、いやこれは……さ、幸子に見とれてたんだよ!」

幸子「ボ、ボクに見とれて……?」

奈緒「そ、そう! 幸子はカワイイからな! こんなカワイイ娘と話してると思うとつい!}

奈緒(うおー!? 何言ってるんだ私!? ええい、言ってしまったからには突っ切るしか無い!
13: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/20(金) 00:05:46.31 ID:MZQf2qyq0
幸子「そ、そうですね! ボクはカワイイから仕方ないですよね!」

奈緒「そうそう! 仕方ない!」

奈緒「ほ、ほら! プロデューサーさんもいっつも言ってるし!『幸子はカワイイ』って!」

幸子「えっ?」

奈緒「毎日うるさいくらい皆に言ってるぞ! まあ、本当のことだししょうがないよな!」

幸子「へ、へえ……。そうなんですか……」

奈緒「え、ええと……じゃ、じゃあな! 私は行く所があるから!」ダッ

幸子「プロデューサーさんが……」

幸子「…………えへへ」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:08:01.29 ID:NJUIhPyx0
なんだコイツら…可愛すぎか(昇天)
15: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/20(金) 00:09:14.77 ID:MZQf2qyq0
~レッスンルーム前~

奈緒「逃げ出すような形になったけど、あの二人は肩慣らしみたいなもんだ……」

奈緒「私がイジらないといけない相手……それは」

ガチャ

凛「奈緒? 何してるの?」

奈緒「凛……お前だ!」

凛「えっ、何の話? 」
16: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/20(金) 00:11:26.15 ID:MZQf2qyq0
奈緒「お前は、いっつも私のことをイジって遊んでるよな?」

凛「まあ、そうだね。奈緒って可愛いから」フフッ

奈緒「ぐっ……またお前はそうやって!」

凛「顔、赤いよ。そういうところが可愛いよね」

奈緒「……ふふふ」

凛「……奈緒?」
17: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/20(金) 00:13:53.23 ID:MZQf2qyq0
奈緒「私がいつまでも気づかないと思ってるのか?」

凛「何を……」

奈緒「私をからかうのは、自分がイジられないための防衛手段だということに!」

凛「っ!」

奈緒「その証拠に、ニュージェネだと二人から散々イジられてるよな?」

凛「そ、それは……」

奈緒「『今日はキュンキュンハートで、皆の心を鷲掴みにしちゃうぞ☆しーぶりんっ☆』」

凛「なっ! あれはラジオでやれって言われたから……!」
18: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/20(金) 00:16:29.08 ID:MZQf2qyq0
奈緒「凛って髪綺麗だよなー。本当に羨ましいなぁ」

凛「な、何言って……」

奈緒「おおっと! 逃げようたってそうはいかないぞ!」カベドン

凛「な、奈緒。顔近いよ……」

奈緒「ち、近づけてるんだから当たり前だろ? こうしないと凛のか、可愛い顔が見れないからな」

奈緒(め、めっちゃ恥ずかしい……! けど、凛の奴も顔真っ赤だし、ここで退くわけには……!)

凛「奈緒……」

奈緒(うああああ! 照れてる凛可愛い! 私もドキドキしてきた!)

奈緒「り、凛……」

パシャ
19: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/20(金) 00:21:11.07 ID:MZQf2qyq0
奈緒「……パシャ?」

加蓮「いやー、奈緒がこんなに積極的とは思わなかった」パシャパシャ

奈緒「か、加蓮!? 何してんだよ!?」

加蓮「私がそう言いたいんだけど。乃々と幸子も口説いてたんでしょ?」

奈緒「んなっ!? だ、誰がそんなことを!?」

加蓮「ちひろさんが言ってた。乃々も、机の下から出れなくなってたよ?」

奈緒「あ、あれは別にそういう意図はないんだって!」

凛「ふーん、奈緒って私以外も口説いてたんだ」

奈緒「ちがっ! というか、私は別に凛のことを口説いたわけじゃ!?」
20: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/20(金) 00:23:38.60 ID:MZQf2qyq0
凛「じゃあ、私の髪を褒めたのは嘘だったの?」

加蓮「あー、奈緒が凛を泣かしたー」

奈緒「ご、ごめん……って! どう見ても嘘泣きだろ!」

凛「そんな……ひどいよ奈緒。私のことを信じられないの?」

奈緒「そういうことじゃなくて!」

加蓮「奈緒ってプロデューサー一筋だと思ってたんだけど、プレイガールだったんだね」

奈緒「だから違うんだってー!」


おわり
21: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/20(金) 00:26:21.73 ID:MZQf2qyq0
~その後~

凛「奈緒ってば、急に変なこと言い出すんだから……」

凛「……ちょっとドキドキしたな」

未央「しーぶりんっ」ニコニコ

卯月「凛ちゃんっ」ニコニコ

凛「な、何? なんでそんなニコニコしてるの?」

未央「ちょっと寸劇するから見てくれない?」

凛「いいけど……」

未央「よしっ、じゃあしまむー!」

卯月「頑張ります!」スッ

凛(壁まで移動した?)

未央「凛って綺麗な髪してるよな、羨ましいよ」カベドン

卯月「な、奈緒……恥ずかしいよ……」

凛「~~~~っ!? み、見てたの!?」

未央「いやー、やっぱりしぶりんって可愛いよね!」

卯月「はい! すっごく可愛いです!」

凛「わ、忘れて……! お願いだから……!」


おわる
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:28:47.37 ID:bAIpK4010

イジラレ奈緒、ぼのの、しぶりんと可愛いかったが幸子のえへへが破壊力一番だった。
Pと煽られた幸子の暴走編やっていいんだよ(チラッ
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:37:03.65 ID:glf40e0Ho

凛ちゃんきゃわわ
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:39:17.64 ID:WMXxA8aSo
良えなぁ癒される
もっと書いてもいいのよ
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:50:45.28 ID:bavKgmqC0
おつおつ
奈緒は天然タラシなのは公式だからなぁ…(なお自覚無し)

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク