雪ノ下雪乃「二人が腕くんで部室に来た」

1: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:49:14.39 ID:yZOWrQRu0
雪乃「……(読書中)」

ガラッ

八幡「うーっす」

結衣「やっはろーゆきのん」

雪乃「こんにちは二人共、今日は一緒なのね……!?」

八幡「? どした?」ガッチリ

結衣「ゆきのんなんかあったの?」ガッチリ

雪乃「…何かあったのはこっちのセリフなのだけれど、なぜ腕を組んでいるのかしら?」

結衣「えっ、だって付き合ってるなら普通じゃない?」


雪乃「……は?」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1473274154
3: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:51:44.27 ID:yZOWrQRu0
雪乃「…由比ヶ浜さん大丈夫? 何か弱みを握られてるの?」

結衣「いや弱みって…」

雪乃「あなたにも一言言っておくけど、脅迫は犯罪よ脅しがやくん」

八幡「いや脅迫て、告白してきたのは結衣の方だぞ」

雪乃「……ちょっとあなたたち、そろそろふざけるのもいい加減に「せんぱーい」

いろは「暇になったんで来ちゃいましたー…ってあれ? なんか空気重くないですか?」

雪乃「……一色さん」
4: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:52:54.40 ID:yZOWrQRu0
いろは「えっと…なんかお取り込み中でしたか?」

八幡「あー大丈夫だよ、あんま気にすんないろは「待ちなさい」

雪乃「……なぜ比企谷君はさらっと一色さんを下の名前で呼んでいるのかしら?」

いろは「へ? いや付き合ってるからですけど」

雪乃「……その男は今由比ヶ浜さんと付き合ってると聞いたのだけれど…」

いろは「だから一緒に付き合ってるんですって」

雪乃「何を考えているのあなたたちは!?」

八幡「…3人くらいでならいけるかなって」

雪乃「いいわけないでしょう!!??」
5: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:54:59.42 ID:yZOWrQRu0
結衣「まあまあゆきのんちょっと落ち着きなよー」

雪乃「おちついていられるわけないでしょうこんなの…」

八幡「というか本当に言ってなかったっけか?」

雪乃「聞いてたらその時点で止めてるわ」

いろは「まあでも当人たちは全員納得してますし」

雪乃「それでもよ、3人で付き合うなんて不健全だし異常だわ」

いろは「いやー実を言うと3人で付き合ってるってわけじゃ…「邪魔するよー」

雪乃「……川崎さん」
6: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:56:09.80 ID:yZOWrQRu0
雪乃「こんにちは、今日は奉仕部に何の御用かしら?」

沙希「いや、用ってほどじゃないんだけどさ…ち、ちょっとか、か、彼氏、の、顔が見たくなって……」カオマッカ

雪乃「一応聞くけど…その彼氏というのは?」

いろは「? この中に男なんて一人しかいないじゃないですか」

雪乃「どれだけ節操がないのあなたは!?」
7: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:56:38.23 ID:yZOWrQRu0
八幡「まてまて節操が無くはないぞ、現に最近付き合ってる女性以外は全くエロい目で見てない」

雪乃「そんなの言い訳になるわけがないでしょう! 三股かけられてる方の身にもなりなさい!」

沙希「いや別に私たちはそんなに不満があるわけじゃないけど」

結衣「本人たちは納得してるから、ね?」

いろは「そーですよー」

雪乃「あなたたちはもう少しまともな貞操観念を持ちなさい!」
8: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:57:54.55 ID:yZOWrQRu0
雪乃「というかあなたさっき3人でならいいとか言ってたのは何だったのよ!」

八幡「いやだから3人くらいなら一気に抱けるなって」

雪乃「このド腐れ鬼畜変態野郎!!!」

結衣「ちょ、ちょっと落ち着いてゆきのん!」

いろは「雪ノ下先輩口調が壊れてます!」
9: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:58:39.12 ID:yZOWrQRu0
沙希「いや雪ノ下もちょっと待てって、これには理由があるんだよ」

雪乃「…どんな理由があったって複数人で交際することの正当化は無理よ」

沙希「じゃああんたは部員や友達の釈明も一切聞かずに、ただ悪って切り捨てるのかい?」

雪乃「っ! それは…」

結衣「お願い、ゆきのん。少しでもいい、話を聞いて」

いろは「こうなったのには結構ちゃんとした、深刻な理由があるんです」
10: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:59:09.50 ID:yZOWrQRu0
雪乃「……ごめんなさい、少し頭に血が上っていたみたい」

八幡「…雪ノ下」

雪乃「理由…あるとするなら比企谷君によね?」

八幡「…ああそうだ、俺の事情に巻き込んでしまっている」

雪乃「悩んでいるなら少しは力になれるかもしれない……話して、くれるかしら」

八幡「…………」
11: ◆dD80sbGR9k 2016/09/08(木) 03:59:35.86 ID:yZOWrQRu0



八幡「実は俺は……人より性欲が強すぎて……」




雪乃「ダァラッッッシャアアアアイ!!!!!!!」ガシャ–ン

結衣「ゆきのん!!」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/08(木) 07:03:30.99 ID:RjMdP04hO
「誰か忘れてないかね?巨乳の美人教師とか」
26: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:22:08.79 ID:RHF9S9G60

八幡「ま、待ってくれ雪ノ下! 別にふざけてるわけじゃねえんだ!」

雪乃「ふざけている以外でそんな発言が出るかぁ!」

結衣「待ってゆきのん!もうちょっとだけ話を聞いて!」

沙希「言葉が足りなかったのは認めるからさ、あたしたち視点の話だってあるし」

雪乃「フゥー! フゥー!」

いろは「まあ簡単に言っちゃうとあれですよ、理性の化け物の理性の下には、化け物みたいな性欲があったって話しですよ」

結衣「1回制御外しちゃうと、どうやってもヒッキーが自分では戻ってこれなくなっちゃうレベルなんだよ!」

雪乃「……それの、どこが、多人数交際の理由に、なるのかしら?」

沙希「いやすっごいシンプルにさ、一対一じゃ体が持たないんだよ」

雪乃「……は?」
27: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:22:42.39 ID:RHF9S9G60

結衣「最初はあたし達も普通の交際をしようと思ってたんだけど…」

沙希「初めてするってなった時に、全員正気も記憶も消され、足腰も立たないってぐらいまでぶっ飛ばされたんだ」

いろは「毎回こうなっちゃうんじゃ流石に、って事で先輩との交際を諦めてたんですけど……」

めぐり「なんかどうもこうなるのは自分だけじゃないってことに気がついてね」

陽乃「独り占めできないってことは業腹ではあるけどー」

静「どちらかというと体が持たないのはこちらの問題だし、これで適度に愛されるならまあこの形の交際で妥協するか、となった訳だ」



雪乃「あなた! たちは! どこから! わいて! きたの!!」


28: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:23:15.90 ID:RHF9S9G60

雪乃「なんなの!? 6人!? 姉さんも先生までいて揃いも揃って何を考えているの!?」

陽乃「いやまあ無理だろうけど落ち着きなって」

雪乃「流石に無理よ!!」

結衣「でもこの人数にして、抱かれる間隔とか一回の密度とかも調整して、やっとなんとかなったんだよ」

めぐり「ここまでしてようやく、終わった後に愛し合えたって実感できるようになったんだよー」

いろは「最初の頃なんてこの人数でも相当きつかったですしね」

沙希「まあでもみんな…ちょっとずつ慣れてきてると思うけどね…」

静「…つまるところ…今は小康状態みたいな感じというわけだ…」ギラギラ
29: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:24:54.60 ID:RHF9S9G60

雪乃「…………そう」フゥ–

陽乃「お、ちょっと落ち着いたね?」

雪乃「……ええ」

雪乃(もう無理なのかもしれないという思いや、ありえない事態に動転してしまったけど…今がこういう状態であれば私にもまだチャンスはあるのかしら…)

雪乃(だとすればここで…このタイミングで言わないともう…)

雪乃(こんなところに飛び込んで、後悔するかもしれないけど…何もせずに諦めるくらいなら…!)


雪乃「……あの」
30: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:25:29.46 ID:RHF9S9G60

陽乃「あ、言っとくけどこれ以上ハーレムのメンバー増やすのはNGだからね」

雪乃「なっ!?」

沙希「さっきも言ったでしょ、そろそろ慣れてきたって」

いろは「ここからは減ることはあっても増えるのはありえません」

雪乃「そ、そんな…」

めぐり「もしかしたら最後まで一人にはならないのかもしれない、でも」

静「出来る限り自分を見てもらう時間を増やすんだ、女の子ならば誰でも思うことだろう?」

八幡「いや先生女の子って年じゃ……」

静「どりゃああああああっ!!」

八幡「シェルブリッt…うぼぁー!? 」
31: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:25:56.75 ID:RHF9S9G60

八幡「」キゼツ

沙希「ちょうどいいから今日はこのまま運んで行こうか」

いろは「集まってますし久々に皆でやってみますか?」

陽乃「んじゃ相手してもらえてないときはめぐりいじってよーっと」

めぐり「はるさんわざわざ体力減らさなくてもじゃないですかー」

結衣「先生もほら、いじけてないで行きましょう?」

静「うう…今日はいっぱい可愛がって貰わないと心の傷が癒えない……」



雪乃「ちょっと待ちなさい……ま、待って……」

32: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:26:24.97 ID:RHF9S9G60







結衣「ごめんね…でも…ヒッキー争奪戦、ゆきのんは予選落ちってことで」

陽乃「じゃねー、ゆ・き・の・ちゃん」




雪乃「あ、ああ、あああああああああ___』




33: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:27:00.43 ID:RHF9S9G60



雪乃「いやあああああああっっ!!」ガバッ




雪乃「え……ここは……」

雪乃「私の家……」チュンチュン

雪乃「まさか……全部、夢……?」

34: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:27:39.06 ID:RHF9S9G60

_____


雪乃(あんな夢を見てしまうなんて…やはり私は彼のことを…)

「よう」

雪乃「…!!」バッ

八幡「お前なんで朝からこっちにきてんだ? この先は駐輪場以外ないだろ」

雪乃「え…あ…」

八幡「なんだ? 駐輪場に用事でも…あ、まさか、そういうことか、すまなかった、さっさと行くから…」スッ

35: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:29:02.05 ID:RHF9S9G60

雪乃「あ、あ、あなたね!」

八幡「お、おうっ!?」ビクッ

雪乃「そんな、多人数との交際なんてそんなっ!」

八幡「へ…? いや待て、なんの話だ」

雪乃「そんな、そんな不健全なことをするぐらいなら………わ、私一人と付き合いなさいっ!!」

八幡「おいちょっと落ち着け雪ノ下! お前何を言ってんだ!」

36: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:29:33.58 ID:RHF9S9G60

雪乃「うるさいわよっ!」ダキッ

八幡「待ってください雪ノ下さん! 本当に状況についていけません!」

雪乃「あなたは黙ってハイと言えばいいのよ!」ポコポコ

八幡「そんな可愛いパンチしたって痛くもかゆくも…いや待て本当に何も感じねえ何だこれ」

雪乃「うるさいうるさいうるさい!」ポコポコ

八幡「おいおいまてまてまてまさかこれ全部___』

37: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:30:20.07 ID:RHF9S9G60

カマクラ「」テシテシテシ

八幡「……………………」

小町「おにいちゃーん朝だよー…って起きてるし。早くご飯食べなよ」

八幡「……………………」

小町「……お兄ちゃん大丈夫? なんか目の濁りがいつもより10倍ドブ臭いんだけど……」

八幡「…………………………………………死にたい」

小町「朝から重すぎるよごみいちゃん」

八幡「小町………俺を………殺してくれ………………」

小町「小町先行くねーごみいちゃんも遅れないようにしなよー」




八幡「………あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!!!」


38: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:31:34.57 ID:RHF9S9G60

_____

八幡(バカかよ俺は…どんな夢見てんだよ…)

八幡(由比ヶ浜、一色、川崎、城廻先輩、はては雪ノ下さんに平塚先生)

八幡(彼女達と爛れた生活送ってるって内容の夢を見た雪ノ下に告白されて…そこまで全部夢で…)

八幡(いやほんと救いようがねえなどんだけ欲望満載の夢見てんだよ、頭空っぽだからって夢詰め込みすぎでしょ)

八幡(由比ヶ浜とも顔合わせずらいし…雪ノ下にあったら開幕土下座しちゃうまである。向こうからしたら意味不明だから、気味悪がられ罵られるだろうけどそうまでしても俺の気は晴れそうにない)

八幡(気づいたらもう放課後だし…とりあえず今日は休んじゃおうかな……いやこれは敗走ではなく戦術的撤退でどうせ今日行ってもなんもできなさそう)ポンポン「ハヒィ!!!」

39: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:32:09.36 ID:RHF9S9G60

結衣「うわっ! びっくりしたー」

八幡「お、おう、由比ヶ浜、何か用か」

結衣「なんでそんなキョドッてるの?」

八幡「い、いあ、いや、なんでもない」

結衣「なんでもないわけないし…まあいいや、今日はちょっと部活休んじゃうんだけどさ」

八幡「あ、そ、そうか、わかった」

結衣「サッカー部休みらしくて皆でサーティワン行こうってなって…だから行けないんだ」

八幡「そ、そっちの付き合いだって重要なものだろう、そこまで気負うことじゃ…」


40: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:33:22.49 ID:RHF9S9G60

結衣「それはそうだけど勝手に休んでごめんねって…メールもしたんだけど、ゆきのんに伝えて?」

八幡「あ、お、おう……おう?」

八幡(あれこれ俺休んじゃダメ系? ダメっぽいですねー頼まれて了承したからねー)

三浦「結衣ーまだー?」

結衣「あ、待って優美子ー! じゃ、よろしくね! 二人だからって変なことしちゃダメだよヒッキー!」

八幡「ば、ばばば馬鹿野郎そんなことするわけが……ってもういないし」

八幡(この精神状態の上、依頼が来なきゃ二人っきりか…滅茶苦茶気まずいけどそう思うのは俺だけだもんな……帰りたい)

41: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:33:50.82 ID:RHF9S9G60

八幡(ついてしまった……)「よ、よーっす」ガラッ

雪乃「っっ! こ、こんにちは、比企谷君」

八幡「あ、お、おう……えっと、由比ヶ浜が」

雪乃「あ、聞いて、いるわ。向こうの付き合いも大切でしょうし、しょうがないわよ、うん」

八幡「お、そか…」

雪乃「…………」

八幡(き、気まずい……っていうかなんかあいつもちょっと変じゃねえか?)

42: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:34:36.18 ID:RHF9S9G60

八幡「あ、あのな「ひ、比企谷君!」

八幡「うん!? あ、な、なんだ?」

雪乃「こ、こんなこと言われても、何を言ってるかさっぱりでしょうけど…実は今日、夢でとても恥ずかしい失敗をしてしまったのよ」

八幡「……そ、そか」

雪乃「焦りすぎて、変なところで、変な感じで、あることをしてしまったの。本当はもっときちんと、伝えたかったのに」

八幡「………え、い、いや、まさか」

雪乃「だから、だから…それを教訓にして、かつ、夢の勢いのまま、今、きちんと言いたいの」

八幡「あの、いや、まって、心の準備が……!」

43: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:35:09.49 ID:RHF9S9G60






雪乃「比企谷八幡さん、私と___」





44: ◆dD80sbGR9k 2016/09/09(金) 00:35:59.20 ID:RHF9S9G60

おわり

二重夢オチとかいうクッソわかりにくい構成ですまんな

兎狩りの合間の妄想話に付き合ってくれてありがとう
土竜とジーンは死ね
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 01:18:54.25 ID:FvkA7Ep1O
乙です
いきなりめぐりはるのん静が出てきてワロタ
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 04:20:43.68 ID:5srhai6Uo
おつおつ
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/16(金) 15:14:07.06 ID:KYoWqx0ho
乙です
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/17(土) 12:22:51.49 ID:6OHClOyC0
乙でございます

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク