穂乃果「真姫ちゃんは何色の穂乃果が好き?」真姫「じゃ、じゃあ……」

2: ◆S54RkZf7aI 2014/09/18(木) 22:32:17.71 ID:TMBNSOyL0
穂乃果「まっきちゃーん!」

真姫「ん、どうしたの穂乃果」

穂乃果「真姫ちゃん何かピアノ弾いてよ!」

真姫「……なんで弾かなきゃいけないのよ」


穂乃果「……ここが音楽室だから!」

真姫「はぁ……しょうがないわねぇ」


穂乃果「よしっ!」

真姫「嬉しそうね」

穂乃果「だって真姫ちゃんのピアノが聞けるんだもん!」

真姫「う……わかったから顔近づけないでっ!」グイッ

穂乃果「はーい!」
3: ◆S54RkZf7aI 2014/09/18(木) 22:35:52.64 ID:TMBNSOyL0
真姫(さて……何を弾こうかしら)

穂乃果「真姫ちゃん!」ズイッ

真姫「何よ!?」


穂乃果「穂乃果はどこで聞けばいいかな?」

真姫「どこでも……」

真姫(正面……は緊張しそうね……)

真姫(後ろ? 何されるかわからないわ……)


真姫「いつぞやの時のようにドアを挟んで……」

穂乃果「……真姫ちゃんひどいっ」

真姫「冗談よ」

穂乃果「じゃあ隣に座るねっ!」ピョンッ


真姫「ヴェエ!?」

穂乃果「あ、真姫ちゃん温かいね」ヒシッ

真姫(うぅ……近すぎよばか……)
4: ◆S54RkZf7aI 2014/09/18(木) 22:46:19.39 ID:TMBNSOyL0
~~♪

~~~~♪


穂乃果「ほえぇ~」パチパチパチ

真姫「ん、満足したようね」

穂乃果「やっぱり真姫ちゃん凄いよ!」

真姫「そんなんでもないわよ、小さい時からやれば誰だって……」


穂乃果「穂乃果には出来ないことをやってるから凄いの!」

真姫「ま、ありがと」

穂乃果「うーん……なにかお礼をしないとなぁ」

真姫「え? いいわよお礼なんて」

穂乃果「それじゃあ穂乃果の気が済まないから!」

真姫「えーでも……」


穂乃果「……だめぇ?」ウルッ

真姫「……わかったわよ! だからうるうるするのやめて!」

穂乃果「やったー!」パァ

真姫「で、何をしてくれるの?」

穂乃果「あっ」
5: ◆S54RkZf7aI 2014/09/18(木) 22:57:22.59 ID:TMBNSOyL0
真姫「まさか、何も考えてないわけ……?」

穂乃果「いやいやいや、全然考えてるようん!」

真姫「じゃあ早く言いなさいよー?」

穂乃果「ほ……」

真姫「ほ?」


穂乃果「ほむまんを食べに家に来よう!」

真姫「穂乃果の家のお饅頭って美味しいって海未から聞いたわ」

穂乃果「とっても美味しいから一緒に食べよ? ねっ♪」

真姫「ちょっとママに電話するから待ってね」

穂乃果「ママ……」

真姫「!」

真姫「あーもうー! 復唱しないの!」
7: ◆S54RkZf7aI 2014/09/18(木) 23:09:30.58 ID:TMBNSOyL0
穂乃果「はいはい、真姫ちゃん入って入って!」

真姫「お、お邪魔します……」

真姫(そういえば穂乃果の家に入るのは初めてね)

穂乃果「今、お饅頭持ってくるから待っててねー!」

真姫「う、うん」


真姫(ここが穂乃果の部屋……)

真姫(漫画の本が適当に並んでるわね……)サッサッ

真姫(これが少女マンガ……?)パラパラッ


真姫「なによこれ、面白いじゃない」フフッ

穂乃果「真姫ちゃん?」

真姫「うええぇっ!?」

穂乃果「そんなに驚かなくても……」

真姫「びっくりしただけよ!」
8: ◆S54RkZf7aI 2014/09/18(木) 23:17:17.89 ID:TMBNSOyL0
穂乃果「そんなことよりたーんと召し上がれ!」ドドンッ

真姫「いや、多すぎじゃない? 二人で10個って……」

穂乃果「売れ残りが少々……」

真姫「さ、私は帰るわね」

穂乃果「じょ、冗談だってばー!」

真姫「はいはい、いただきます」パクッ

穂乃果「…………」ジー


真姫「美味しい……」

穂乃果「やった!」

真姫「あっ、いや、今のは……うん。美味しいわよ」ニコッ

穂乃果「喜んでもらえてよかったー!」
9: ◆S54RkZf7aI 2014/09/18(木) 23:35:00.94 ID:TMBNSOyL0
真姫(本当に嬉しそうに笑ってくれるのね……)

穂乃果「真姫ちゃん、穂乃果の顔に何かついてる?」

真姫「えっ、いやなんでもないわよ!」


穂乃果「そういえば真姫ちゃんは穂乃果の家に入ったのは初めてだね!」

真姫「そうね、他の皆は入ったことあるの?」

穂乃果「あー真姫ちゃん以外は全員入ったことあるかも……」


真姫「ふぅん……」ジトー

穂乃果「わわっ、真姫ちゃんを仲間はずれとかにしたわけじゃっ!」

真姫「わかってるわよ、そんなこと」ツーン

穂乃果(うぅ……真姫ちゃんの機嫌が悪くなっちゃった……)
10: ◆S54RkZf7aI 2014/09/18(木) 23:45:37.33 ID:TMBNSOyL0
真姫「私以外ねぇ……ふーんふーん」

穂乃果(根に持っちゃった……)

真姫「そうねぇ……仕方ないわよねぇ……」

穂乃果(いじけちゃった……そうだ!)

穂乃果「真姫ちゃん!」


真姫「……何よ」

穂乃果「決めたよ!」

真姫「? だから何をよ?」


穂乃果「今度穂乃果の家に泊まりにおいでよ!」

真姫「……ええっ?」

穂乃果「幼馴染の二人以外は初めてだよ!」

真姫「……穂乃果がいいなら」

穂乃果「私は大歓迎っ!」

真姫「じゃ、じゃあ次の日曜日にでも!」

穂乃果「うん! 決まりだねっ!」ギュッ

真姫「~~/// 抱きつかないで!」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 01:58:57.18 ID:M8T5Q0raO
最近ほのまき好き
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 02:15:16.45 ID:AilQd9E+O
いじけた真姫ちゃん可愛い
26: ◆S54RkZf7aI 2014/09/28(日) 15:14:18.27 ID:VaFlSZ2D0
真姫(ふふ、穂乃果の家に行くのは初めてね)

真姫(まったく……私だけ入ってなかったなんてちょっと悔しいわね)

真姫(でも泊まれるからいいかな……なんてねうふふ)ニコニコ



凛「真姫ちゃんがにこにこしてるよかよちん」ヒソヒソ

花陽「本当だ、なにか良いことあったのかな?」ヒソヒソ

凛「お弁当がトマトいっぱいだったとか!」

花陽「えぇっ!? そうかなぁ……」

凛「聞いてみようかな……」

花陽「う、うん……」
27: ◆S54RkZf7aI 2014/09/28(日) 15:18:52.18 ID:VaFlSZ2D0
凛「まっきちゃーん!」

真姫(……何を話そうかしら、話題の一つや二つは考えておきたいわね)

凛「真姫ちゃん真姫ちゃん!」

真姫(うーん、穂乃果はイチゴ好きだから持って行こうかしら)

凛「む~真姫ちゃああああん!」

真姫(穂乃果の家にピアノってあるのかしら……)


凛「だめにゃ、自分の世界に入ってるよぉかよちん……」

花陽「……こんな真姫ちゃん初めて見た……」


真姫(うふふっ♪)ニコニコ
28: ◆S54RkZf7aI 2014/09/28(日) 15:26:30.04 ID:VaFlSZ2D0
真姫(昨日は楽しかったわね……)

真姫(結局、昨日はほむまん食べただけで帰っちゃったから……)

真姫(あ、抱きつかれたわねそういえば……)ウフフ

真姫(日曜日はちゃんとじっくり話したり、くつろいだりしてみようかな……)

真姫(アレだけじゃ入ったことになんてならないわ……)

真姫(他の皆は聞けば一時間以上だし、私だけ三十分なんて論外!)




真姫(今日は金曜日だから……はぁ、早く終わらないかな)


凛「昼休みなのに全然凛の声に反応がないにゃ……」

花陽「真姫ちゃん調子悪いのかな……」


ガラッ


穂乃果「まっきちゃーん!」

真姫「穂乃果!?」




凛「あ、今凛すっごく負けた感じがした……」グッ

花陽「うん、私も感じちゃった……」ガクリ
29: ◆S54RkZf7aI 2014/09/28(日) 15:30:36.60 ID:VaFlSZ2D0
穂乃果「今日も穂乃果の家に来るー?」

真姫「ヴェエェッ!? こ、心の準備が……!」

穂乃果「ほむまんあるけど……だめかなっ」チラッ

真姫「行くわ!」

穂乃果「それじゃあ放課後にねっ!」ニコッ

真姫「待ってるから迎えに来なさいよ?」

穂乃果「わかってるって! それじゃっ!」


真姫(……うふふっ)



凛「……真姫ちゃんがときめいてるねかよちん」

花陽「……ポーカーフェイスのつもりなのかなあれって……」
30: ◆S54RkZf7aI 2014/09/28(日) 15:39:17.98 ID:VaFlSZ2D0
――――――放課後――――――

穂乃果「あ、やっぱりここにいたっ!」

真姫「あ、教室まで行ったの? ごめん……」

穂乃果「ううん、真姫ちゃんならここにいると思ってたよ!」

真姫「それならいいわ。行きましょ?」

穂乃果「んと、凛ちゃんと花陽ちゃんは?」

真姫「あの二人は今日はラーメン食べに行くって言ってたわ」

穂乃果「あの二人も仲良しだねぇ~」

真姫「そういう穂乃果、海未とことりは?」

穂乃果「いや、衣装関係でちょっと揉めてたから逃げてきた……」アハハ

真姫「また露出度の高い服なの……?」

穂乃果「穂乃果は可愛いと思うんだけどねー海未ちゃん恥ずかしがり屋だから……」

真姫「海未も大変ね」

穂乃果「うふふっ、じゃあそろそろ行こう真姫ちゃん!」ギュッ

真姫(手をにぎっ……私も握ろうっ)ギュッ
31: ◆S54RkZf7aI 2014/09/28(日) 15:50:40.96 ID:VaFlSZ2D0
穂乃果「最近穂乃果は占いにハマっててねー!」

真姫「希の影響?」

穂乃果「そこまで本格的じゃないけどねっ」

穂乃果「真姫ちゃんの血液型はー?」

真姫(血液型占いかしら……)

真姫「私はAB型よ」

穂乃果「AB型はー確か……おー! 天才型だって! 凄いね真姫ちゃん!」

真姫「当然でっしょー!」フフン

穂乃果(あ、ドヤ顔可愛い)

穂乃果「穂乃果との相性はー!」

真姫(ドキドキ)

穂乃果「……相性最悪……」ズーン

真姫「穂乃果、血液型なんてどうせ迷信よ」

穂乃果「そうかなぁ……そうだよねっ!」

真姫「わ、私と穂乃果は相性いいじゃない!」


穂乃果「……そうだねっ!」

真姫(あれ、でもメンバーで一番家に入るの遅かったの私よね……)
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/28(日) 16:57:56.18 ID:Qe1QGfaBo
にやにや真姫ちゃんかわいい
34: ◆S54RkZf7aI 2014/09/29(月) 01:05:46.26 ID:Y2HeKQ6w0
穂乃果「あーっ!?」

真姫「ん。穂乃果どうしたの?」

穂乃果「真姫ちゃん! お金が落ちてたよ!」

真姫「……それで、どうするの?」

穂乃果「? もちろんおまわりさんに届けるよ!」

真姫「てっきり穂乃果ならネコババすると思ったわ」フフ

穂乃果「も~しないよぉそんなこと!」

真姫「うふふ」

穂乃果「あははっ♪」
35: ◆S54RkZf7aI 2014/09/29(月) 01:09:02.76 ID:Y2HeKQ6w0
「いつもありがとね」

穂乃果「いえいえ、それでは!」



真姫「手馴れてるわね」

穂乃果「結構穂乃果ってお金拾ってて……」

真姫「生きてるうちにどうやって五万円以上も拾ってるのかしら……」

穂乃果「小さいうちからコツコツと?」

真姫「それにしても拾いすぎよ……」

穂乃果「落として困ってる人がいるかもしれないからねっ!」

真姫「お人好しなんだから」

穂乃果「もうそろそろ家だね! 昨日はゆっくりできなかったけど今日はゆっくりしようねっ♪」

真姫「ありがと、穂乃果」
36: ◆S54RkZf7aI 2014/09/29(月) 01:17:55.91 ID:Y2HeKQ6w0
真姫「そういえば穂乃果の家にピアノはあるの?」

穂乃果「いやぁ……さすがにないかなぁ」

真姫「穂乃果の隣の部屋は……」

穂乃果「あれは、雪穂の部屋だよ」

真姫「……妹さんね。そういえば見たことないわね……」

穂乃果「あ、ピアノならあるっ!」

真姫「……嫌な予感しかしないんだけど?」

穂乃果「ほら、鍵盤ハーモニカ!」

真姫「……やっぱりね」ハァ

穂乃果「ダメ……かな?」チラッ

真姫「しょうがないわね、別に弾けるわよ」

穂乃果「やった! ありがとっ真姫ちゃん!」モッギュー

真姫「もう、どっちが先輩かわからないじゃない……//」

穂乃果「先輩禁止だからねっ♪」ダキッ

真姫(~~~~っ///)
37: ◆S54RkZf7aI 2014/09/29(月) 01:23:35.07 ID:Y2HeKQ6w0
――――――穂乃果の家――――――

穂乃果「ただいまー」

真姫「お邪魔します……」

ほのママ「あ、真姫ちゃん。今日はゆっくりしていってね」ニコニコ

真姫「あ、ありがとうございます」

穂乃果(……緊張してるのかな?)


バタン


真姫「ふぅ……」

穂乃果「真姫ちゃん緊張してる?」

真姫「ううん、とっても優しそうな人だと思ったからつい……」

穂乃果「えぇ~そんなことないよ~?」

穂乃果「穂乃果には厳しいよ! テスト悪かったら怒るし……」

真姫「いや、それは穂乃果が悪いでしょ……」

穂乃果「も~真姫ちゃんが勉強教えてよー!」

真姫「……掛け算から教えてあげるわ」クスクス

穂乃果「穂乃果のこと馬鹿にしてぇ~!」

真姫「はいはい、今度ね今度」

穂乃果「よーっし占いの続きやるよ!」

真姫「えーまだやるの?」

穂乃果「今度はとっておきだよ!」

真姫「わかったわ、どんな占い?」

穂乃果「それはね……」
41: ◆S54RkZf7aI 2014/09/30(火) 23:44:31.86 ID:518L2En10
穂乃果「色占いだよ!」

真姫「……はぁ」

穂乃果「むっ、穂乃果の占い馬鹿にしたらだめだよ?」

真姫「当たるの?」

穂乃果「……海未ちゃんは恥ずかしくなってたかな……」

真姫「……?」

穂乃果「ことりちゃんも地味に恥ずかしがってたかも……」

真姫「それって占いなの?」

穂乃果「じゃあやってみるよ!」

真姫「はいはい、何色でもいいの?」

穂乃果「どんと来いだよ!」

真姫(赤……だと私のイメージカラーを聞いているようでいやね)

真姫(……よし)

真姫「じゃあ黄色で」

穂乃果「…………」

真姫「?」

穂乃果「シャアアアアァッ」
42: ◆S54RkZf7aI 2014/09/30(火) 23:49:41.86 ID:518L2En10
真姫「……猫?」

穂乃果「にゃぁ~ん」ゴロゴロ

真姫「ちょ、穂乃果!」

穂乃果「真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃぁ~んっ」スリスリ

真姫「近い近い近いっ!」グイグイ

穂乃果「負けないにゃ~!」

真姫「占いはどこ行ったのよ!」

穂乃果「……占いだよ!」

真姫「どこらへんが!」

穂乃果「……相性?」

真姫「なんで疑問形よ……」ハァハァ

穂乃果「真姫ちゃんと黄色の相性度は……」

穂乃果「70点!」

真姫「へぇ、どうして?」

穂乃果「もっとスキンシップを取るにゃ」ニコッ

真姫「うるさいっ!」ビシッ

穂乃果「いった~!」

真姫「あ、ごめん……」
43: ◆S54RkZf7aI 2014/09/30(火) 23:53:53.38 ID:518L2En10
真姫(予想通りとはいえ……これはどうしよう)

穂乃果「じゃあ次の行ってみよう!」

真姫(……黄色が凛だとしたら……赤は私?)

真姫(いやいや、いきなり聞くのも……)

穂乃果「次は何色との相性占う?」

真姫「……青で」

穂乃果「オッケー! 青だねっ!」クルッ

真姫「振り向く意味あるの?」

穂乃果「脳内でイメージを……」

真姫(やっぱり)

穂乃果「……真姫」

真姫(呼び捨てなんて初めてね……)

穂乃果「真姫、体調はどうですか?」キリッ

真姫「へぇ、なかなか上手いわね」

穂乃果「何を言っているかわかりませんよ」ニコニコ

真姫(う……地味にキラキラして見えるのが腹立たしいわね……)
44: ◆S54RkZf7aI 2014/10/01(水) 00:00:30.59 ID:p4ZZwIbE0
真姫(……良く考えれば、穂乃果がμ’sのメンバーをどう思ってるかがわかるってことね)

穂乃果「ふふ、真姫。とても可愛らしいですね」ススッ

真姫「……近いって!」

穂乃果「いいじゃないですか、真姫をこんなにも近くに感じられるなんて」スッ

真姫(……海未イメージちょっと耽美過ぎない!?)

穂乃果「真姫、目を閉じて……」

真姫「う……うん」スッ

真姫(何流されてるのよ私っ……)

穂乃果「えへへっ、ドキドキした?」

真姫「…………」

穂乃果「真姫ちゃん?」

真姫「……アソバナイデ!」


穂乃果「……でも、真姫ちゃんの事呼び捨てはどきどきしたかも!」

真姫「…………バカ」
45: ◆S54RkZf7aI 2014/10/01(水) 00:04:20.41 ID:p4ZZwIbE0
穂乃果「気になる点数は!」

真姫「え、まだやってたの……」

穂乃果「うーん80点!」

真姫「海未とは相性いいのね」

穂乃果「青だよ! も~~!」ジタバタ

真姫「青だったわね」フンッ

穂乃果「真姫ちゃんは押されると弱いっと……」

真姫「……穂乃果?」

穂乃果「ナンデモナイノヨナンデモ」

真姫「ものまね結構出来るのね……」

真姫(皆のこと……良く見てるの……かも)
51: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 09:11:54.21 ID:+wq6LM/i0
真姫(凛と海未の評価はわかったわ)

真姫(次は3年生のほうがいいかな)

穂乃果「つ~ぎ~は~?」スリスリ

真姫「……ピンクで」

穂乃果「ピンクはイメージしやすいね!」

真姫「確かに、身近なピンクがいるからね」

穂乃果「真姫ちゃぁん……」ヒシッ

真姫「ど、どうしたの?」

穂乃果「穂乃果……ちょっとあっつくなっちゃって……」

真姫(あ、あれ? にこちゃんじゃないの……!?)

穂乃果「真姫ちゃん、ごめんね……」ドンッ

真姫「きゃっ!?」ドサッ
52: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 18:17:10.17 ID:063vD60+0
穂乃果「真姫ちゃん……」フーッ

真姫「ひあっ……ちょ、ちょっと穂乃果!」

穂乃果「ねぇ、真姫ちゃん……穂乃果だけを見て……」ウルッ

真姫(忘れてたわ……蕩ける声のPrintempsに所属してるのよね穂乃果も……)

真姫(あぁ、なんかぼーっとしてきたわ……)

真姫(もう、委ねちゃおっと……)フッ

穂乃果「ほっのほっのほ~♪」

真姫「……」ジトー

穂乃果「笑顔届ける高坂穂乃果! 委員長だけど道端でよく転ぶっ!」

穂乃果「ほのっ♪」

真姫「…………」スタスタ

穂乃果「あ、あれ?」

真姫「台無しじゃないっっ!」スパーン

穂乃果「さっきより痛いっ!?」

真姫「あーもー! 意味分かんない!」

穂乃果「穂乃果だって叩かれ損だよ!」
53: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 18:21:47.65 ID:063vD60+0
真姫「全く、期待した私がバカみたいじゃない」

穂乃果「んんっ? 真姫ちゃぁん? 穂乃果に期待したのかなぁ?」ウッシッシ

真姫「くっ」

穂乃果「えっへへーピンクはお色気の色って教えてもらったからね!」

真姫「誰によ……」

穂乃果「にこちゃんだよ~」

真姫(一番色気がないじゃない……)

穂乃果「点数はー! 25点!」

真姫「……にこちゃんだから25?」

穂乃果「ぎくっ……い、いやだなーそんなわけないじゃん?」

真姫「図星のようね、やれやれ」

穂乃果「はいっ! 次!」
54: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 18:26:21.43 ID:063vD60+0
真姫(……誰をチョイスするかいよいよ難しくなってきたわね)

真姫(私を最後にする? いやいや、自分をメインディッシュに考えるなんて……)

真姫(でも、軽く扱われたら嫌よね、うん)

真姫(……蕩けるボイスを二連続で受けると耐えられる自信がないわ)

真姫(花陽とことりは除外……絵里か希……)

真姫「じゃあ紫で」

穂乃果「了解やよー!」

真姫「完全に希じゃない?」

穂乃果「違うよ! 紫のイメージだわさ!」

真姫「おばさんっぽいわよ」

穂乃果「もー! 集中させてよー!」

真姫「はいはい……」
55: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 18:36:13.92 ID:063vD60+0
穂乃果「ふふ……油断したね真姫ちゃん!」

真姫「あっ……しまった……!」

真姫(希といえばわしわしじゃない……! 油断したっ……)

穂乃果「わしわしぃぃぃ!」

真姫「んあっ……//」

穂乃果「おぉ……お?」

真姫「……何よ……///」

穂乃果「真姫ちゃんあんまりおっきくないね!」

真姫「うっさいばかーーーっ!」スパコーン

穂乃果「いだっ……でも真姫ちゃん軽いね」ヒョイッ

真姫「お、お姫様抱っこ……」カァ-

穂乃果「紫穂乃果は力持ち!」

真姫「何よそれ」フフ

穂乃果「うーんなんだろうねっ♪」アハハ
56: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 18:42:32.59 ID:063vD60+0
真姫「で? 何点よ」

穂乃果「78点!」

真姫「……あんまり聞きたくないけど理由は?」

穂乃果「スピリチュアルやね!」

真姫「うん、全部終わったら覚えておきなさいよ」

穂乃果「よっと」トサッ

真姫「お姫様抱っこなんて……初めてよ」

穂乃果「海未ちゃんくらいしか穂乃果のこと持ちあげれないから……」

真姫(イラッ)

真姫「ふん、私がやってあげるわよ」グッ

穂乃果「わわっ、真姫ちゃん! ムリしないで……!」

真姫「無理じゃっ……ないわよっ……」ググッ

穂乃果(あれは無理してる……どうしよどうしよ!)
57: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 19:43:09.75 ID:063vD60+0
穂乃果「次は白ね!」

真姫「いみっ…………わかんないことっ!」グググッ

穂乃果「真姫ちゃん……もうやめておねがぁい♪」

真姫「わわっ!?」ドサッ

真姫「ハーハー……はぁはぁ……」

穂乃果「真姫ちゃんて首筋柔らかいね……」

真姫「はぁ……はぁ……んっ、うるさい!」

真姫(なんで穂乃果のこと持ちあげられないのよ……)

穂乃果「でもぉ……真姫ちゃんには真姫ちゃんしか出来ないことが有りますっ」キャピキャピ

真姫(脳に響く声ねやっぱり……落ち着くわね)

穂乃果「はいっ!」

真姫「鍵盤ハーモニカ……わかったわよ」

穂乃果「~♪」
58: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 20:06:32.90 ID:063vD60+0
穂乃果「やっぱり真姫ちゃんのピアノはいいなぁ……」

真姫(結構肺活量がいるわね……)

穂乃果(眠くなってきちゃった……)

~~♪


穂乃果「スースー」

真姫「……穂乃果寝ちゃったわね」

真姫「ん、机の上に本があるわね、なになに……?」

『よく分かる占い……これで楽しい会話をしよう!』

真姫「なにこれ……あぁ、気でも使ってくれたのかしらね」

穂乃果「もう食べられないよ……」ムニャムニャ

真姫「……普通でいいのにね、ありがと」ナデナデ
59: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 20:17:10.35 ID:063vD60+0
真姫「こうしてみると……に可愛いわね穂乃果って」

真姫「髪もさらさらだし、手入れとかもしっかりしてるのかな」サワサワ

真姫「ほっぺた柔らかい……」ツンツンプニプニ

穂乃果「んん……」ゴロン

真姫(ドキッ)

真姫「正面から見ると……大人っぽい……かも」

穂乃果「えへへ……」スピー

真姫「海未やことりが知らない穂乃果っているのかしら」

真姫「やっぱり癪ね……」ツンッ
60: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 21:29:05.59 ID:063vD60+0
真姫(キスとかしたら……)

真姫「不意打ちとかは卑怯よね……」

真姫「あぁ……でも……」

真姫「…………」

真姫「はぁ、馬鹿らしいわ。穂乃果で欲求を満たすためだけにそんなこと考えるなんてね」

真姫「いいじゃない、こういう表情を見るのだって楽しいコトよ」

穂乃果「すやすや」

真姫「人がどんな気持ちで見てるかも知らないで……ねぇ」ナデナデ
62: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 21:41:41.57 ID:063vD60+0
真姫「ほんと、穂乃果に誘われてよかったと思ってるわ」

真姫「貴女は知らないだろうけど私のことを救ってくれてるのよ」

真姫「確かに最初は……何この人って感じだったんだけどね」

穂乃果「…………」クー

真姫「知らないうちに皆を引っ張っていってくれて」

真姫「穂乃果、ありがとう」


真姫(起きている貴女に面と向かって言えたらどれだけいいなって思う)

真姫「でも、寝てる穂乃果に言えるのが精一杯」

真姫「素直になれればなって思うわ」ハァ
63: ◆S54RkZf7aI 2014/10/05(日) 21:55:14.44 ID:063vD60+0
真姫「一年しか違わないのに、こんなに性格も何もかも違うものなのね」

真姫「……いや、μ’sの皆の根っこは同じかな……」

穂乃果「……ぐぅ」

真姫「ふわぁ……」

真姫「私も眠くなってきちゃった……」

真姫「寝ようっと……おやすみ穂乃果」クゥ
71: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 18:30:53.17 ID:OxYU8/oq0
真姫(ん……長い時間寝てたかも……)

真姫(あれ、ベッドに寄りかかってただけなのに布団の感触が……)

真姫「ん……」ウスメ

穂乃果「真姫ちゃんって髪綺麗だなぁ」ナデナデ

真姫(ななな、なんで膝枕!?)

穂乃果「これで一年生……羨ましい……」ナデリナデリ

真姫(でも気持ちいい……寝てるフリしておこうかな)

穂乃果「ねぇ、真姫ちゃん。ありがとね」
72: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 18:38:52.58 ID:OxYU8/oq0
穂乃果「穂乃果もピアノ弾きたいなー!」

真姫「……弾けるわよ穂乃果も」

穂乃果「うぇっ!? 真姫ちゃんおはよう?」

真姫「ん、ごめんね。寝ちゃってたみたい」

穂乃果「ううん、穂乃果も真姫ちゃんのピアノ聞いてたら寝ちゃってたから」タハハ

真姫「ところで今何時?」

穂乃果「あっ……10時だよ……」

真姫「もうそんな時間ね。帰らないと……」グイッ

真姫「えっ?」

穂乃果「ねね、真姫ちゃん。明日土曜日だし泊まっていこう!」

真姫(期待してなかったと言ったら嘘になっちゃうわね)

真姫「泊まってくわ、穂乃果」

穂乃果「今日は夜通し喋れるねっ!」

真姫「う、うん」ドキ
73: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 18:46:48.62 ID:OxYU8/oq0
穂乃果「色占いだけど続きどうしよっか?」

真姫「うーん、もういいわ」

穂乃果「えーっ!? 理由は?」

真姫「なんていうかね、穂乃果がどう思ってるかが見えるのがわかるからかな」

穂乃果「あはは、やっぱりバレちゃうよね……」

真姫「ピンクはどうしてああなったのよ……」ハァ

穂乃果「ちょっとお色気を……」

真姫「……」ジー

穂乃果「な、なに?」

真姫「穂乃果は健康的な色気があるから大丈夫よ」

穂乃果「健康的な?」

真姫「ま、元気にしてれば魅力的ってことよ」

穂乃果「真姫ちゃん穂乃果の事良く見てるねっ!」ニコッ

真姫「別に、そんなんじゃないわよ! きっと……」
74: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 18:55:30.28 ID:OxYU8/oq0
真姫(あぁ、でも紅色の私は見たかったかな)

真姫(あれ、スカーレットは……緋色だったかしら)

穂乃果「真姫ちゃん真姫ちゃん! じゃあご飯食べに行こう!」

真姫「えぇ、ごちそうになるわ」

真姫(別に、瑣末なことよね)

真姫(今が一番楽しいから)


穂乃果「わぁ……」

真姫「量が凄いわね」

穂乃果「イチゴがいっぱい……」

真姫「誰かの誕生日かしら?」


雪穂「お母さんが真姫さんいるから張り切っちゃって」

ほのママ「こら、雪穂。余計なことは言わなくていいの!」


穂乃果「あはは……」

真姫「ありがとう……ございます。穂乃果のお母さん」ペコリ
75: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 19:59:24.41 ID:OxYU8/oq0
真姫(家族での食事……ね)

穂乃果「雪穂いただきっ!」

雪穂「あーっ! 私のイチゴが!」

ほのママ「こらっ! 穂乃果!」ペシッ

穂乃果「いたっ!」

ほのパパ「……」モシャモシャ


真姫(手作り……うちは料理人がいるから……)フゥ

穂乃果「ん? 真姫ちゃんお腹痛いの?」

真姫「いいえ、ちょっと感傷に浸ってただけよごめんなさいね」パクパク

ほのママ「お口にあう?」

真姫「えぇ、とても……とっても美味しいです! 特にトマト!」

ほのママ「あらあら、良かったわ」ニッコリ

雪穂「真姫さんは礼儀正しいなぁ。どこかのおねえちゃんも見習ってほしいな~」チラッ

穂乃果「ふーんっ! 穂乃果はいっぱい食べるからいいもん! おかわりっ!」
76: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 20:13:48.59 ID:OxYU8/oq0
――――1時間後――――

穂乃果「た……食べ過ぎた……」ドサッ

真姫「そりゃあ調子に乗って3回もおかわりしたらそうなるわよ」ハァ

穂乃果「うぐぐ……何も言い返せない……」

真姫「美味しかったわ……なんか懐かしかった」

穂乃果「……? 楽しんでくれたなら良かったよ!」

真姫(お母さん料理作ってくれるかな)

穂乃果「お風呂にする? まだ喋る? それとも……ほ の か?」

真姫「……さて、本でも読もうかしら」

穂乃果「うあぁぁっ!? ごめんなさい!」ガバァ

真姫「冗談よ」フンッ
77: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 20:23:23.36 ID:OxYU8/oq0
穂乃果「にしても日曜日になる前に泊まっちゃったね」

真姫「そうね」

穂乃果「突然でごめんね?」

真姫「謝るなんてらしくないわよ」

穂乃果「そうかなぁ」

真姫「そうよ。というか私は……泊まりたかったから」

穂乃果「えっへへ♪」

真姫「なによ……」

穂乃果「楽しんでもらえて嬉しいなって♪」ニコニコ

真姫「……楽しいわよ」ボソ

穂乃果「今のもっかい!」

真姫「もう言わない!」
78: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 20:33:09.33 ID:OxYU8/oq0
穂乃果「あ、お風呂沸いたみたい。真姫ちゃんお先にどうぞ」

真姫「えぇっ、悪いわよ。穂乃果からどうぞ」

穂乃果「ほらほら、真姫ちゃんはお客さんなんだから先だよ先!」グイグイ

真姫「お、押さないで!」


穂乃果「じゃあ何かあったら呼んでねー」ピシャッ

真姫「強引なんだから……」スルッ

真姫(人の家のお風呂初めてかも)パサッ


真姫「……緊張するわね」ザバッ

真姫「温かいわ……」チャプン


真姫「ふぅ……」
79: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 20:38:06.13 ID:OxYU8/oq0
真姫(気持ちいいわ……)

真姫「あ」

真姫「私着替えまでは持ってきてない……」

真姫「制服でいいわよね……」


真姫(1年前まで誰かの家でこんな親密になんて思ってもみなかった……)


真姫「こんなまったりとした日々が続けば……いいわね」


穂乃果「まっきちゃーん! 背中流しに来たよーっ!」バァン


真姫「」
80: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 20:48:28.03 ID:OxYU8/oq0
真姫(なんで来るのよ馬鹿!)ブクブク

穂乃果「真姫ちゃん潜ったら背中流せないよー!」

真姫「穂乃果!」ザバァッ

穂乃果「わぁ……真姫ちゃんすべすべ……」

真姫「どこ見てんのよ!」

穂乃果「……穂乃果も落ち着いたし……まぁ座って座って」

真姫「……わかったわよ」

真姫(私を見てドキドキしたってこと……?)

穂乃果「せっかくだから頭から行くよー!」シャコシャコ

真姫「んんっ……」

穂乃果「お痒いところはありませんかー?」

真姫「ない……わ……」

穂乃果「それでは流しますー!」ザーッ
81: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 20:54:00.94 ID:OxYU8/oq0
穂乃果「次は背中です!……あむっ」

真姫「ひぁっ!?」

穂乃果「あ、つい……」

真姫「つい、でかじりつく人がいるわけ無いでしょ!」

穂乃果「憧れる背中だなって思っちゃって……」

真姫「しょ、しょうがないから許してあげるわ」

穂乃果「えへへ」ゴシゴシ

穂乃果「今日はいろんな真姫ちゃんが知れて穂乃果は嬉しかったよ」

真姫「そ、良かったわね」ツン

穂乃果「ちょっと冷たい真姫ちゃんも好きだよ」

真姫「~~~っ///」

真姫「早く上がるわよ!」

穂乃果「えぇ~もうちょっとー!」

真姫「ほら!」
82: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 21:00:49.67 ID:OxYU8/oq0
真姫「そういえば穂乃果」

穂乃果「どうしたの?」

真姫「……布団は?」

穂乃果「えっ? 一緒に寝るんだよ?」

真姫「やっぱりね……」

穂乃果「ほら、おいで!」

真姫「……うん」ゴソゴソ

穂乃果「ちょっと狭いかな」

真姫「穂乃果が温かいからいいわよ」

穂乃果「恥ずかしいよ、真姫ちゃん」

真姫(こんなに近くに……色々熱くなりそう)

真姫「服ありがとね。洗って返すわ」

穂乃果「気にしなくてもいいのに」

真姫「私が気にするのよ」
83: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 21:06:52.33 ID:OxYU8/oq0
真姫「そういえば、色占い楽しかったわよ」

穂乃果「研究したかいがあったかなっ!」

真姫「私色の穂乃果は見てみたかったけどね」

穂乃果「今……する?」

真姫「結構よ。自分で見ていくことにするわ」

穂乃果「ちなみに花陽ちゃんだったらおにぎり握ったかも」

真姫「太るわよ穂乃果」

穂乃果「うぐっ、ダイエットするもん!」

真姫「また、口だけなんだから」クスクス

穂乃果「そうかもねぇ」ウフフ
84: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 21:14:18.33 ID:OxYU8/oq0
穂乃果「あ、色占いやったけど……」

穂乃果「真姫ちゃんは何色の穂乃果が好き?」

真姫「難しいわね」

穂乃果「選べるのは一色ね! 全部とかなしだよ!」

真姫「じゃ、じゃあ……」

真姫(……素直に言おう)

真姫「私は穂乃果色が好きよ」

穂乃果「……あ、あれ穂乃果そんな色で占いしたっけ……?」

真姫「えぇ、ずーっと最初からその色よ」

穂乃果「……真姫ちゃん」

真姫「ん……」

穂乃果「恥ずかしいから禁止ね……//」

真姫「はいはい。わかってるわよ」
85: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 21:20:57.32 ID:OxYU8/oq0
穂乃果「あれだけ寝たのに眠くなってきたね……」

真姫「えぇ、お肌にも悪そうだし寝ましょうか」

穂乃果「日曜日どうしよう?」

真姫「うん、皆で遊ぶのも悪く無いわね」

真姫(私一人だけ独占っていうのはフェアじゃないからね)

穂乃果「皆でお泊りでもする?」

真姫「穂乃果の家で?」

穂乃果「うんっ」

真姫「……それは駄目かな」

穂乃果「えぇっ!?」

真姫「私の家に来なさいよ」

穂乃果「いいアイディアだね!」

真姫「ふふ、最高のおもてなしをしてあげるわよ」

穂乃果「真姫ちゃんの家入るの初めて!」
86: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 21:26:30.08 ID:OxYU8/oq0
真姫「いつもは別荘だったからね」

穂乃果「別荘羨ましいなぁ」

真姫「入りたければいつでもいいわよ」

穂乃果「うん……」

真姫「眠そうよ、無理しないの」

穂乃果「うん、おやすみ……」

真姫「おやすみ、穂乃果」
87: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 21:30:14.49 ID:OxYU8/oq0
今日はいろんな穂乃果を見ることが出来た。

まだまだ知らない穂乃果がたくさんいる。

そんな穂乃果を、新しい穂乃果を発見していって、

楽しい毎日を過ごすことができたらいいなって漠然と思う。

「今日はありがとう、穂乃果」

眠ってる穂乃果に話しかける。

もちろん返答はない。


あぁ、そうだ。今度は私の好きな星を紹介しよう。

少しずつ、素直な私も見てもらおう。

決めたわ。日曜日は天体観測ね。



じゃあ今日は……もうおやすみなさい。


FIN
88: ◆S54RkZf7aI 2014/10/12(日) 21:31:50.83 ID:OxYU8/oq0
お疲れ様でした。ほのぼのって難しいですね。

見てくださって有難うございました。

それでは、また次の作品で。
90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 22:06:45.66 ID:t78RHZBSO
お疲れ様。
ほのまき大好きだからまた書いてくれ
93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/14(火) 01:17:22.57 ID:LngBDT2eo
乙です!
綺麗にまとまっていて素晴らしかったよ
また書いてくださいな
94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/14(火) 05:08:13.32 ID:sxiQaZVJO
乙ー
ほのかわいい
96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:00:39.94 ID:d+wAl5p6o
おつ
続きがでたら絶対読む。面白かった。

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク