モバP「奈緒に彼氏がいた。」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:34:44.15 ID:kcMp8yGB0
凛・加蓮「おはようございまーす。」

モバP「凛んんんんん加蓮んんんんんん!!!!!」ダバァッ!

凛「うわ汚っ!どうしたのプロデューサー、朝っぱらからみっともないよ。」ドンビキ

加蓮「いっつもおかしいけど今日は一段とヤバイね。病院行く?紹介するけど。」ドンビキ

モバP「奈緒…奈緒に…。」ヒックヒック

凛「奈緒?奈緒がどうしたの?」

モバP「か、かかかか…ヴォエエエエ!!」ゲロゲロー

凛・加蓮「きゃあああああああ!!!!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:35:48.43 ID:kcMp8yGB0
〜〜掃除中〜〜
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:36:28.11 ID:kcMp8yGB0
加蓮「落ち着いた?プロデューサー。」

モバP「」コクコク

凛「はぁ…で、一体なんなの?ハッキリして欲しいんだけど。」

モバP「な、奈緒にか、彼氏がいたんだ…。」ズーン

凛・加蓮「!?」

--2○

加蓮「そんな訳ないじゃんプロデューサー、私達の奈緒だよ?彼氏なんているはずない!」

凛「そうだよプロデューサー、奈緒が私達に黙って彼氏作るはずなんてない。なんかの間違いじゃない?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:37:11.05 ID:kcMp8yGB0
モバP「でも…聞いたんだ…。」

加蓮「何を?」イラッ

モバP「彼氏と仲良く話してる奈緒の電話を…。」ズーン

凛・加蓮「!?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:37:49.37 ID:kcMp8yGB0
凛「なんかの聞き間違いじゃない?」

加蓮「ぜ、絶対そうだよ!奈緒に彼氏がいるなんてありえないもん!」

モバP「でも凄い顔を赤らめながら「大好き」って…。」

加蓮「ほ、ほらこの前母の日だったじゃん?お母さんに電話してたんだよきっと!」

凛「そうそう!奈緒って恥ずかしがり屋だし!普段言えない感謝の言葉を伝えてたんだよ多分!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:38:22.59 ID:kcMp8yGB0
モバP「でも…見たんだ…。」

加蓮「何を?」イラッ

モバP「彼氏と腕組んで歩いてる奈緒を…。」ズーン

凛・加蓮「!?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:39:08.52 ID:kcMp8yGB0
凛「だ、だから見間違いだって!他人の空似だよ絶対!!」

モバP「……これ…。」つスマホ

凛「な、なに……え?これって…。」ガクガク

加蓮「お、男の人と腕組んでる奈緒おええええええええ!!」ガハァッ

モバP・凛「加蓮んんんんんんん!!!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:40:05.58 ID:kcMp8yGB0
凛「大丈夫!?しっかりして!」

モバP「き、救急車!救急車ぁぁぁ!!」ガチャッ

奈緒「何を騒いで…か、加蓮!?」

凛「奈緒!加蓮が…加蓮が死んじゃう!」

奈緒「だ、大丈夫か加蓮!しっかりしろ!」

加蓮「な、奈緒…彼氏なんていないよね…?私達…ずっと一緒だよね…?」コヒューコヒュー

奈緒「か、彼氏!?いないよそんなの!ずっと一緒なんだろ!?なら起きてくれよ加蓮〜!」グスッ

加蓮「」ガバァッ

奈緒「うわぁっ!」ビクッ
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:40:44.08 ID:kcMp8yGB0
加蓮「本当に彼氏いないの?ホントにホント?」

奈緒「あ、あぁ本当だよ。」

加蓮「嘘ついたら事務所に監禁するよ?本当にいないの?」

奈緒「怖いこと言うなよ…。いないってば。」

加蓮「!奈緒〜〜!」ギュウーッ

奈緒「お、重い!重いって!そもそもなんでアタシに彼氏がいるなんて話になってんだ!?」

加蓮「それは…プロデューサーが…。」ジロリ

奈緒「え?」

モバP「」ビクッ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:41:55.69 ID:kcMp8yGB0
奈緒「は、はァ!?アタシに彼氏がいると思って3人で大騒ぎしてた!?バッカじゃないのかお前ら!」

加蓮「あっ!奈緒が馬鹿って言った!奈緒のくせに!」

奈緒「アタシのくせにってなんだよ!」

凛「プロデューサーと加蓮が動揺して大変だったんだよ。」

加蓮「自分だって震えてたくせに。」

凛「うっ、うるさい!」///

モバP「良かったぁ…彼氏に汚される奈緒はいなかったんだ…良かったよぉ…。」メソメソ

奈緒「けがっ…///てっ、ていうかなんでアタシに彼氏がいるなんてことになったんだ?」

モバP「それは…電話とか、写真とかで…。」

奈緒「電話?写真?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:42:36.72 ID:kcMp8yGB0
モバP「ほら、ちょっと前に奈緒が仕事先で電話してたろ?それをちょっと聞いちゃって…。」

奈緒「え?あぁーあれか。お母さんに電話してたんだよ、アレ。」

加蓮「ほーら言ったじゃんプロデューサー!早とちりしすぎ!」

モバP「すんません…。」

凛「でも珍しいね、奈緒が「大好き」なんて。」

奈緒「そ、それは…///周子とフレデリカにからかわれて、流れでそのまま…。」

加蓮(あの二人…後でシメる。)

---------------------------------------------

周子・フレデリカ「」ゾクッ

---------------------------------------------
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:43:06.63 ID:kcMp8yGB0
モバP「じゃ、じゃこの写真はどうしたんだ?やっぱり別人なのか?」

奈緒「こっ、これは…//////」プシュー

モバP・凛・加蓮「!?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:43:43.70 ID:kcMp8yGB0
モバP「も、もしかして本当に彼氏なのか!?」

凛「う、嘘でしょ奈緒……。本当に…?」ガクガク

加蓮「監禁…監禁しなきゃ…奈緒を守らないと……。」ハイライトオフ

奈緒「だーっ!落ち着けお前ら!!従兄弟だよい・と・こ!」

モバP「よ、良かった…。」ヘナヘナ

凛「そんなことだろうと思ってたよ。」キリッ

加蓮「奈緒〜〜〜!!!」ギュギューッ!

奈緒「痛い痛い痛いって!ちょっと離れろ加蓮!」

加蓮「や!」

奈緒「子供か!」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:44:35.60 ID:kcMp8yGB0
凛「でも従兄弟同士で腕を組むって変だよね…。」

モバP「確かに…。」

奈緒「なんかその人しょっちゅうメールしてくるんだよ。いつ会える?とか、そんな感じで。」

モバP「」

凛「は?」

加蓮「………。」

奈緒「その日は断り切れなくてさ〜、仕方なく出掛けたんだけど、なんか…その…すごい近くて///」

モバP「」

凛「は??」

加蓮「………………。」

奈緒「離してって言ってもずっとそのままで、元々距離が近い人なのかな?でもちょっと怖かったんだ…。」

モバP「」

凛「は???」

加蓮「………………………。」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:45:29.61 ID:kcMp8yGB0
奈緒「今日もその…断り切れなくて、これから会う予定なんだけどどうしたら……ってオイ!どこ行くんだよお前ら!!」

モバP「ヤらなきゃ(使命感)」

凛「早苗さんと清良さんと木場さん呼んでくるね。」

加蓮「私が奈緒を守らなきゃ私が奈緒を守らなきゃ私が奈緒を守らなきゃ(ry

奈緒「おい!待て!おっ、落ち着けえええええええええええええ!!!!!!」

おわり
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:47:12.71 ID:kcMp8yGB0
個人的にTPは奈緒にベッタベタに依存してると思ってます。

お目汚し失礼しました。m(_ _)m
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:48:25.78 ID:Zb63AV3MO
守りたいこの太眉
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 12:48:27.90 ID:TJy9TlhLo
おつ
こういうTP大好き

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク