モバP「つんでれらガール?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 18:30:13.02 ID:3/CsbZhmO
P「ツンデレか……学生時代はいいと思ったが……」

P「まあ忙しいし……この企画は没で……」

アイドル共用盗聴機
???「ツンデレ……」

???「なるほど……」

???「これで……」

???「Pさんを……」

???「落とせる!」


なんばんせんじ
デレ成分が少ないのは仕様です

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1446456613
2: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 18:36:16.08 ID:3/CsbZhmO
翌日
P「ういーっす!お、凛!早いな!」

凛「……………………」

P「ん?凛?もしもーし」

凛「何?聞こえてるんだけど」

P「あ、ああ……凛?何かあったか?」

P(心なしか冷たいような……)

凛「別に何も……レッスン行ってくる」ガチャ


凛「フフフ、これでPもメロメロに……」ニヤニヤ
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 18:48:24.91 ID:kPBmngAtO
共用で使えるのか……優しい世界
4: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 18:52:28.72 ID:SYbKBTtxO
ありす「おはようございます」ガチャ

P「お、ありす!おはよう!」

ありす「橘です。名前で呼ばないで下さい」

P(あれ?名前で呼んでいいと言われていたのに)

ありす「何固まっているんですか?今日の予定は?」

P「いつものラジオの収録が……」

ありす「わかりました。行ってきます」

P「あり……橘!橘がこの前言っていたイチゴケーキを買って来てあるんだが……」

ありす「…………い、いりません!」ガチャ

P「え……」



ありす「食べたかったですけど……我慢です」グスッ
6: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 19:03:57.02 ID:SYbKBTtxO
まゆ「おはようございまーす♪」

P「まゆううううううう!!」ダッ

まゆ「キャッ!ち、近づかないでください!」

P「えっ!?あ、ごめん……」

P「あ、その……仕事行くか」

まゆ「今日はまゆ一人で行きます」ガチャ

P「あ、まゆ……」ポツーン



まゆ「つんでれ?というものはこれでいいんでしょうか?」
7: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 19:14:36.99 ID:SYbKBTtxO
その後
智絵里「キャッ!」

美嘉「近づかないで!」

響子「今日の」

藍子「仕事は」

かな子「おいしいから大丈夫だよ」

卯月「私」

早苗「一人で」

ゆかり「行きますから」

肇「あと」

幸子「名前で」

美優「呼ばないで」

美波「ください!」


P「」

10: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 19:20:57.59 ID:SYbKBTtxO
ちひろ「おはようございます」

P「お……は…………よう……ご……」ズーン

ちひろ「どうしたんですか?」

P「あ、アイドル達に……き、嫌われて……」

ちひろ(まさか……そんな事はないと思いますけど……)

ちひろ「何か心当たりはありませんか?」

P「今日の朝から急に……」

ちひろ「はぁ……ん?」

ちひろ(この企画書は……なるほど……まあ面白そうだから放っておきますか)

ちひろ「とりあえず仕事してくださいね」


※ちひろは盗聴機の存在は知っています
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 19:26:30.74 ID:MFUlOzF7o
>アイドル共用盗聴機
発想が狂っとる
15: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 19:51:59.89 ID:SYbKBTtxO
こずえ「ふわぁ……ぷろでゅーさー、おはよー」

P「お、おはよう……」

みりあ「おはよーP!」

P「おはよう……」

みりあ「あれー?P、泣いてるのー?」

こずえ「ふぇ?ぷろでゅーさー……かなしいの……?」

P「い、いや!何でも……ないよ……」

こずえ「だいじょうぶだよ~……こずえはぷろでゅーさー……だいすきだよ~……」ナデナデ

みりあ「Pも疲れてるよね……よしよし、大丈夫だよー」ダキッ

P(え……俺にも味方が……)グスッ
22: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 20:05:46.28 ID:SYbKBTtxO
P「うおおおおおお!!!みりあ、こずえ!」ダキッ

みりあ「大人だって甘えたい時があるよね」ナデナデ

こずえ「ぷろでゅーさー……なにかあったのー……?」

P「実はカクカクシカジカで……」

かな子「唐揚げ」

みりあ「あ、それは昨日ねー」






P「そうだったのか……俺てっきり嫌われたのかと……」

P「とりあえず盗聴機は壊すとして……仕返ししてやる……」

こずえ「………………すぅー」




というわけでPがアイドルに対して無視をするスレです
ロリ(ありす以外)は除く
25: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 20:10:25.17 ID:SYbKBTtxO
あ、唐揚げ食べてる間に無視するアイドルを↓
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:11:45.83 ID:t0rVO2pE0
ままゆ
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:14:00.74 ID:yQ9bnk6uo
ありす
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:18:27.06 ID:n25AYcjuo
幸子
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:18:33.59 ID:Vb72Xkre0

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:20:02.43 ID:0xyIFwwbO
早苗さん
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:21:18.94 ID:h/itw84g0
美優さん
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:32:20.91 ID:iw5BmOhJo
からあげからあげうっせぇよ!!!!!

しまむー
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:34:37.73 ID:/w1Iq5DVo
(からあげください)
和久井さん
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:35:49.94 ID:n25AYcjuo
楓さん
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:36:18.23 ID:BO1C/T+0o
前川あああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:37:06.46 ID:SEWSdKGMo
森久保オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:39:28.42 ID:MFUlOzF7o
村松ぅぅぅぅぅ!
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:39:31.47 ID:4sDxnjiz0
文香さぁぁぁぁん!!
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:41:17.70 ID:ffZICEsmo
橘ァ!
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:42:48.96 ID:/o+gkvaHo
未央
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:46:40.74 ID:+qHTbVsA0
藍子
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:47:30.50 ID:ReU5espc0
からあ…

かれえええええん!
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:48:29.79 ID:238TEVXx0
ユッキ
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 20:49:11.89 ID:EzX5/lfxo
智絵里
46: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 20:50:32.87 ID:SYbKBTtxO
数日後
まゆ「おはようございますぅ♪」

まゆ(この前のは不発でしたが……Pさんはまゆが……)

P「ああ、おはよう」カタカタ

まゆ「そ、そのぉPさん?お弁当を作って来たのですが……」

P「ん?ああ、今日は千枝が作ってくれてからな。いらないよ」

まゆ「え……そ、そうですか……。あ、そろそろお仕事の時間で……」

P「ちひろさん。みりあ迎えに行ってきます」バタン

まゆ「……………………お仕事……行ってきます……」



P「大人げなかったかな?」

47: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 21:01:39.28 ID:SYbKBTtxO
ありす「おはようございます」

P「おいっ!遅いぞ橘!」

ありす「ありすです。まだ時間まで1時間あるじゃないですか」

P「昨日メールで時間が変わった事を伝えただろ!」

ありす「……へ?そんな……」ポチ

ありす「あ……タブレットの電源が……」
プルルル
P「もしもし!あ、はいすみません!今すぐ向かわせるので……はい、この度は申し訳ありませんでした……」

P「何ボーッとしてるんだ!早くスタジオに行け!」

ありす「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい……」ハイライトオフ パタン


P「スタジオの人にも手伝ってもらったドッキリだが……正直胃が痛い」
51: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 21:14:59.65 ID:SYbKBTtxO
スタジオ
キャメラマン「はーい!ポーズ取ってくださーい」

まゆ(まゆが仕掛けた別の盗聴機はまだバレていませんし……)ポケー

カメラマン「まゆちゃーん?大丈夫?」

まゆ「あ、はいっ♪」

まゆ(でも……Pさんがまゆの事を嫌いになったとしたら……)

カメラマン「はいオッケー!」

まゆ「………………グスッ」

カメラマン「うえっ!?どうしたの!?」

まゆ「はっ!いえ、なんでもありませんよぉ……」
52: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 21:23:04.00 ID:SYbKBTtxO
別のスタジオ
ディレクター「はいオッケー、お疲れさまー」

ありす「ありがとう……ございました……」

ありす「その……遅刻して……すみませんでした……」

ディレクター「あーもういいよ。収録は問題なく終わったから」

ありす「はい……すみませんでした……失礼します」

帰り道
ありす「Pさん怒っていました……この前の事もありますし……」

ありす「Pさんに嫌われたら………………グスッ……うわあああああああああん」
54: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 21:32:51.47 ID:SYbKBTtxO
事務所
P「………………」カタカタ

まゆ「Pさあああああああああん」バターン ダキッ

P「うおっ!どうした!?」

まゆ「ごめんなさいっ!グスッ……まゆの事を嫌いにならないで下さいっ!」ヒシッ

P「あ、ああ……」

ありす「うえええええええええええええん……ぶろでゅざーざああああああああん」バターン ダキッ

P「ありすまでっ!?」

ありす「ごめんなざああああああああああああい」

ちひろ(何やってんだこいつら……)カタカタ
56: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/02(月) 21:43:09.09 ID:SYbKBTtxO
────────
──────
────
──


P「二人とも落ち着いたか?」ナデナデ

まゆ「グスッ……ごめんなさい……」

ありす「すみませんでした……ヒグッ……」

P「俺も辛かったんだぞ?もうやめてくれよな?」

まゆ「は、はい……」

ありす「もうやりません……」

ちひろ(自分もやり返してるのに……)ッターン

P「よし!そうだ、橘が食べたがっていたケーキがあるぞ!」ゴソゴソ

ありす「あ、あの……ありすでいいです……」モジモジ

P「あ、まゆの仕掛けた盗聴機は外しといたからな」

まゆ「え……あ、はい……」ズーン

かな子「ケーキ美味しい~♪」

70: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 06:37:42.31 ID:xCTELZJeO
幸子「Pさん!カワイイボクが来ましたよ!」バターン

P「ん?ああ……」カタカタ

幸子「むぅ……反応が薄いですね……」

P「………………」カタカタ

幸子「Pさん!カワイイボクが来たのに何ですかその反応は!」

P「幸子……忙しいからちょっと静かにしてくれ……」カタカタ

幸子「え……?あ、はい……」シュン

幸子(いつもより冷たい……)

こずえ「ふぁー……ぷろでゅーさー……おはよー……」ガチャ

P「おう!おはよう!」

こずえ「ふぁー……ぷろでゅーさーのおひざで……ねるー……」ゴソゴソ

P「ハッハッハ、少しだけだぞ?」

こずえ「………………すぅー……」

幸子(あれ?)

71: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 06:44:38.78 ID:xCTELZJeO
幸子「あ、あの?Pさん?そろそろお仕事の時間なんですが……」

P「そうだな……一人で行けるだろ?」カタカタ

幸子「え……あの……ボクと一緒に行っては……」

P「この前一人で行くって言ってただろ。俺も今日は忙しいんだよ」カタカタ

幸子「いや……それは、その……悪ふざけといいますか……」

P「おっと!こずえ、仕事に行くぞ!」

こずえ「ふぇ?ぷろでゅーさーも……いっしょに……いくー」ネムネム

P「はいはい。ちひろさん、こずえ送って来まーす」バタン

幸子「………………」ボーゼン





ちひろ(後で刺されても知りませんよ)
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 07:56:23.12 ID:7Sr0fh65o
幸子カワイイよ!
75: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 08:34:30.19 ID:ouTDgV33O
その後
幸子「あ、Pさん!カワイイボクがお弁当作って……」

P「いやーやっぱりみりあの作った弁当は美味いな~」ムシャムシャ

幸子「あ……」


幸子「Pさん!たまにはカワイイボクがマッサージを……」

P「あ~仁奈~そこ気持ちエエわ~」モミモミ

幸子「………………」プルプル


幸子「Pさん!今日の仕事なんですが……」

P「ちょっと桃華迎えに行ってきます」

幸子「………………グスッ」





P「少し胃が痛いな……」
77: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 08:46:13.35 ID:ouTDgV33O
数日後 山
幸子「………………」ズーン

紗枝「幸子はん?大丈夫どすか?」

幸子「アハハハ……大丈夫ですよ~」

幸子(プロデューサーに嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた嫌われた」ブツブツ

紗枝「」

スタッフ「あ、この辺り道が狭いから気をつけてね~」

幸子「………………」ブツブツ

紗枝「あっ!幸子はん!そっちは……」

幸子「へ?……キャアアアアアアアア」

80: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 10:30:13.51 ID:ouTDgV33O
病院
P「ハァハァ……幸子!」ガララ

P「う、嘘だろ……幸子おおおおおおおおおお」ガシッ

紗枝「Pはん?その方は別人どすえ……」

P「え?」

ヨボヨボの婆さん「」チーン

P「おっと……すみませんでした。お詫びにスタドリを……」スタドリプシャアアアア

婆さん「おや?ここは……」
ガララ
医者「残念ながら先ほど……って生き返ってる!?」



P「こっちの部屋だったか」

紗枝「幸子はん?入りますよ~」ガララ

81: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 10:40:29.65 ID:ouTDgV33O
※紗枝は共用盗聴機を使っていません。代わりに革靴の中に個人的に仕掛けています。

幸子「あ……Pさん……」

P「だ、大丈夫か!?心配したんだぞ!」

幸子「あ……はい……ごめんなさい……」

医者「ケガハタイシタコトナイケドネー。イチオーケンサニュウインハシテモラウヨー」

P「は、はい。よろしくお願いします……」

医者「ナニカアッタラヨンデネー」バタン

P「で、幸子……どうしてこんなことに?」

幸子「………………グスッ……ヒグッ……うえええええええええええええん」

P「え?え?なんで!?」
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 10:45:22.14 ID:rgSH8U390
スタドリすげぇw
83: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 10:46:27.37 ID:ouTDgV33O
P「べ、別に責めている訳じゃないぞ!?」

幸子「ぷ、Pざんにぎらわれだどおもっで……そうしたら……びえええええええええええええええええん」

P「は?嫌う?何の事……あ」

P「幸子……実はな……」






幸子「じゃあPさんは私の事を……」

P「全然嫌いになってないぞー」ナデナデ

幸子「……と、当然ですよね!カワイイボクの事を嫌いになんてならないですよね!」フンッ

P「そうだなー」ナデナデ

幸子「なんですかその目は!……でも……もうやめて下さいね?」ウワメ

P「はいはい」ナデナデ







壁際
紗枝「………………」ハイライトオフ
95: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 15:22:09.16 ID:ouTDgV33O
P「次は凛か……」


 

凛「おはようP」

P「凛……そこに座りなさい」

凛「何?仕事の話?」

P「少し聞きたい事があるんだが……最近俺のロッカーの中からYシャツが無くなるんだが……知らないか?」

凛「………………知らない」

P「本当か?」

凛「知らないよ」

P「………………」
96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 15:26:36.79 ID:4ejwjBbmO
おい
97: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 15:36:11.51 ID:ouTDgV33O
P「わかった……じゃあ凛の部屋から出てきたこのYシャツはなんだ?」

凛「!?」

P「すまないが凛の親御さんに調べてもらった」

P「俺のYシャツにはタグのところに名前が書いてあるんだが……やはり俺のか……」

凛「………………」

P「なんで凛の部屋に俺のYシャツがあるんだ?」

凛「………………」

P「言えないのか……凛とは初期の頃からの付き合いだから信頼していたのに……」

凛「あっ……その……」

P「凛……いや、渋谷……無期限の謹慎処分だ。もう帰りなさい」
98: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 15:51:59.53 ID:ouTDgV33O
凛「ぷ、P!」

P「渋谷……お前の顔はもう見たくない……早く帰りなさい」

凛「あ……うん……」




P「これで凛も半分犯罪だということに気づいて欲しいのだが……」


凛の部屋
凛「Pに嫌われた……?そんな事は……」

凛「とりあえずPBOXでP成分を……あれ?無い……」

凛「は、はへへへはへはへふふはひほへははははひへはははふへははははふはは」
99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 15:55:17.81 ID:OTwBcWjYO
半分も何も完全な犯罪だと思うんですが
100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 15:58:36.88 ID:VAr1Woqso
早苗さん捕まえて
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 16:15:01.41 ID:iPCiE7oGO
仕返しとかドッキリとか抜きに窃盗はアカン
102: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 16:30:15.97 ID:ouTDgV33O
1時間後
凛「Pに嫌われた……」ブツブツ

2時間後
凛「私はこんなに愛してるのに……」ブツブツ

3時間後
凛「Pは私の事が好きだからこんな意地悪を……」ブツブツ

4時間後
凛「Pはツンデレ……そうツンデレなんだよ……フフフフ」ブツブツ

凛「そうだよね……Pのツンデレに気づいてあげれなかった私が悪いよね……」

凛「フフフフ……待っててね……今行くから……」
103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 16:34:15.95 ID:4ejwjBbmO
あかんやつや、これ
107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 16:46:46.16 ID:7Tz89iRPo
やんでれらガールだあああああ
109: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 17:45:34.87 ID:ouTDgV33O
事務所
P「ふぅ……今日の仕事も終わったな……」

P「凛には明日にでもネタばらしするかな」

P「さーて、帰るか……」ガチャ

P「ん?誰ですか?」

凛「……………………」

P「り……渋谷……どうしたんだ?まだ謹慎を解いてないぞ……」

凛「ふ、フフ……P……そんなにツンツンしなくてもいいんだよ……?」

P「は?何の事……」

凛「ごめんね……私……Pの気持ちに気づいてあげれなくて……」

P「お、おい?」

凛「でも大丈夫……これからはずっと……一緒だからね」ニター

P(目が逝ってる……)
111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 17:56:12.99 ID:Ua2j3G5lO
おわかりいただけただろうか
112: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 17:57:50.92 ID:ouTDgV33O
かな子「おかわりいただけるだろうか」
114: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 18:02:04.06 ID:ouTDgV33O
P「り、凛!落ち着け……!」

凛「私は冷静だよ……」ハイライトオフ

P(クソッ……頼みのまゆは昨日からロケに行っているし……仕方がない)

凛「Pはこれからずーっと私といるの……全部私が面倒見てあげるから……」

P「………………」ススッ

凛「なんで逃げようとしてるの!なんで!?なんでなの!?」

凛「………………そうだよね……私とずっと一緒なら……手足はいらないよね……」スッ

P「ほ、包丁は下ろそうな……」アセアセ

凛「大丈夫だよ……少し痛いけど……全部私が面倒見るから」
115: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 18:06:19.47 ID:ouTDgV33O
凛「ふ、フフフ、アハハハハハハハハハ」ダッ

P(チッ……しょうがないが……)

P「よっと!」カラーン

P(サイキック習っといて良かった)

凛「あれ……包丁が……」

P「凛っ!」ダキッ

凛「へ?」

凛(あれ?Pに抱きつかれてる?なんで……あれ?私は何をして……)

凛「あ……えっと……ごめん……」

P「落ち着いたか?」


118: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 18:29:29.12 ID:ouTDgV33O
P「ごめんな……謹慎は冗談だ……」

凛(冷静に考えたら生P臭が……)ハスハス

P「でもなYシャツを盗むのはやめてくれ……」

凛「うん……」クンクン

P「あれがないと夏場は困るんだよ……」

凛「うん……」ハァハァ

P「凛?聞いてる?」

凛「聞いてるよ……」レロレロ

凛「これからは新品と入れ換えればいいって事でしょ」ハスハス

P「やっぱり謹慎処分にしようかな……」




女子寮
ヤッパリキンシンショブンニシヨウカナ……
紗枝「Pはんのかほり……ぐぬぬ……」
120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 18:32:01.83 ID:7Tz89iRPo
紗枝はんの様子がおかしい
126: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 19:15:09.87 ID:pNQPb6wbO
閑話休題1
芳乃「そなたー、この世界は滅ぼすのでしてー」ゴゴゴゴ

P「や、やめろ!俺が悪かった!」

芳乃「そなたが悪いのでしてー」ゴゴゴゴ

P「芳乃!悪かった!だからやめ……」

芳乃「悔い改めるのでしてー」ドンッ

ドコオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン



P「はっ!」チュンチュン

P「ゆ、夢か……」ハァハァ

P「芳乃は……やめておこう……実害ないし……」

127: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 19:19:46.48 ID:pNQPb6wbO
閑話休題2
凛「ちょっと!なんでPのロッカーが無くなってるの!」

P「ん?これからは私物は必要なときだけ家から持ってくるようにしたからな」

凛「じゃ、じゃあ……Yシャツは……?」

P「鞄の中だけだぞ?鞄は輝子に預けてあるからな?」

輝子「フフ……頼まれた……」

凛「ガッデム!!!!!!!」







紗枝「PはんのYシャツ……グスッ……欲しかったどすなー」
137: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 21:18:08.81 ID:pNQPb6wbO
P「とりあえず大人組はトレーナーとの禁酒レッスンツアーにぶん投げといて……」

P「卯月か……」

卯月「おはようございます!島村卯月がんば」

P「おはよう。卯月……ちょっと話があるんだが」

卯月「?分かりました」

P「最近卯月のキャラに限界を感じててな……ここ最近は半年前より仕事が減ってるし……」

卯月「え……あ……Pさんは私は私でいいって言ってくれましたので……」

P「それでもな……このままだと仕事無くなるぞ?」

卯月「その……頑張りますので……」
138: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 21:22:14.72 ID:pNQPb6wbO
P「うーん……具体的には何を頑張るんだ?」

卯月「えっと……レッスンをもっともっと頑張って……その……」

P「レッスンじゃなくてだな……キャラ作りの話なんだが……」

卯月「あの……笑顔を……その……活かして……」

P「今日のレッスンが終わるまでに考えてくれ。俺は仕事に戻る」

卯月「あ……はい……」パタン




卯月「私のいいところ……笑顔……あれ?それ以外って……?」
139: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 21:26:01.38 ID:pNQPb6wbO
夕方
P「で、どうなんだ?」

卯月「あの……笑顔を活かして……頑張ります……」

P「頑張りますじゃなくてだな……はぁ……」

卯月「頑張ります……レッスンもお仕事も頑張って……」

P「頑張りますしか言えないのかっ!」ドンッ

卯月「ッ!」ビクッ

P「あ、悪い……ちょっと頭冷やしてくる」パタン




P「卯月の怯えた表情……いいね!」
141: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 21:29:34.27 ID:pNQPb6wbO
卯月(私のいいところ?)

卯月(Pさんは笑顔がいいって言ってくれた……)

卯月(それを否定されたら……)

卯月「なにも……ない」

かな子「ケーキがあるよ~」モグモグ

卯月「あれ?私って……なにもない?」

卯月「アイドルに……向いてない?」

卯月「…………………………グスッ」

卯月「う、うわあああああああああん」

142: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 21:30:10.18 ID:pNQPb6wbO
ツンデレ関係無くなってきたが

だがそれがいいよね
続けます
144: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 21:35:50.87 ID:pNQPb6wbO
P「卯月いいいいいいいいいい!!!!!」ダキッ

卯月「うわあああああああああん、Pさあああああああああん」ダキッ

P「 卯月ごめんな!卯月はそのままでいいからな!」ナデナデ

卯月「でもっ、でもっ、このままじゃお仕事が……」

P「それはわざと減らしているんだよ」

卯月「え……?やっぱり……私は必要ないんだ……ヒグッ」

P「ち、違う!実はな……」






卯月「え?CDデビューですか?」

P「ああ……そのために減らしているんだよ」
145: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 21:41:26.84 ID:pNQPb6wbO
卯月「え……でも……私でいいんですか?」

P「ああ、卯月は人気アイドルなんだ!もっと自信を持っていいぞ!」

卯月「は、はい……」

P「俺がついているからな!これからも一緒に頑張っていこう!」

卯月「は、はい!島村卯月がんばります!」



某所
凛「ラブコメの波動を感じるっ!」ピクッ
149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 21:54:15.56 ID:2yxa4E+io

卯月の怯え顔はホントたまらん。
150: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 21:57:29.10 ID:pNQPb6wbO
閑話休題3
P「ふぅ……」

みりあ「あれー?P疲れてるのー?」

P「いや……うん、少し疲れてるな……ちょっと寝るわ」

みりあ「えへへ……じゃあみりあがマッサージしてあげるねー」

雪美「私も……する……」

こずえ「こずえもいっしょにねるー……」




みりあ「よいしょ……」

雪美「ねえP……気持ちいい……?」

P「ああ……」

こずえ「すぅー……」
151: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 22:00:39.94 ID:pNQPb6wbO
みりあ「よいしょ……ここもするねー」

P「あっ……そこは!」

雪美「何か……かたい……」

P(まずいっ!)

p→P

みりあ「大きくなってきたー」

雪美「かわいそう……今……出してあげる……」カチャカチャ

P「あっ!ちょっ……」ボロン

こずえ「すぅー……」

152: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 22:05:12.71 ID:pNQPb6wbO
みりあ「うわー大きいねー」

雪美「これも……マッサージ……」グニグニ

みりあ「みりあもやるー」グニグニ

P「あっ!ちょっ!」

P(体が動かない!?)

こずえ「ふぁー……あ、あめだー……こずえもなめるー」ペロッ

P「ック!」ビクッ

雪美「私も……舐める」ペロペロ

みりあ「P?気持ちいいー?」シコシコ

P(あっ……最近抜いてないから……)

P「うっ……みんなごめんっ!」ドピュルルル
153: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/03(火) 22:06:17.22 ID:pNQPb6wbO
P「っ!はあはあ……ゆ、夢?」チュンチュン

P「最近変な夢が多い……あ……」

P「夢精……してる……」






158: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 06:43:07.98 ID:7PxClYi0O
P「みくか……」

みく「おっはにゃ~っ☆」

P「前川。そこに座りなさい」

みく「え?Pチャンいつもとキャラ違うにゃ」

P「この前のさかなさんのお魚天国の収録……あれはどういうことだ?」

みく「え……あれは~みくのキャラに合わなかったというか……」

P「猫キャラに魚だろ……合っているだろ」

みく「いや、みくにも嫌いなものが……」

P「前川……お前は好き嫌いで仕事を分けるのか?」
159: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 06:49:57.75 ID:7PxClYi0O
みく「でも……あの仕事は……」

P「かな子だと食べ過ぎるという理由で代役を探してる時に自分で出るって言っただろ」

みく「うぐっ……それはその……」

P「信頼して出したのに……さかなさんにあんな失礼な態度を……」

P「そのまま反省してろ」

みく「え……」






P「みくの怯えた表情もいいね!」
160: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 07:27:21.74 ID:7PxClYi0O
30分後
P「反省したか?」

みく「仕事に対する姿勢は悪かったと思うにゃ……でも魚は……」

P「あ?」

みく「っ!」ビクッ

みく(Pチャンいつもと違うニャ……)

P「わかった……来週までに魚嫌いを直せなければ猫キャラをやめろ」

みく「えっ……それは……」

P「やれ」

みく「」
161: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 09:04:08.19 ID:7PxClYi0O
1日目
みく「魚肉ソーセージから……」

かな子「おいしいから大丈夫だよ~」バクバク

2日目
みく「ちくわ……」

かな子「大明神」バクバク

3日目
みく「あん肝……」

かな子「鍋~」バクバク

4日目
みく「リュウグウノツカイ……」

かな子「多分食べれるから大丈夫だよ~」バクバク

5日目
みく「くさや……ってくさいニャ!」

早苗「お酒のつまみに……くぅ~」
162: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 09:09:14.42 ID:7PxClYi0O
6日目
みく「サケガシラ……」

かな子「焼いたらおいしいよ~」バクバク

7日目
みく「アブラボウズ……」

かな子「アブラ……油……大丈夫だよね?」ブヨブヨ





みく「ダメだったニャ……」

ちひろ(チョイスがおかしい……)

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 09:13:13.58 ID:gpGL6c1A0
かな子ぇぇ
164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 09:17:21.11 ID:GoyLzzyAO
かな子のたるんだ腹をぷにぷにしたい
167: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 09:43:50.61 ID:7PxClYi0O
P「さて……克服したか?」

みく「その……ダメだったニャ……」

P「………………はぁ……これからは真面目系キャラ『前川さん』でいくぞ」

みく「え……嫌ニャ……」

P「ん?」

みく「みくは……自分を曲げたくないニャ……だから……これからも……グスッ……猫キャラで……」

みく「うえええええええええええええん」

P(あ、あれ?そんな泣くほどの事だったか?)
168: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 09:54:46.91 ID:7PxClYi0O
P「お、おい!ちょっとした冗談だよっ!」

みく「で、でも最近Pチャンみくのこと前川って呼ぶし……びえええええええええええええええええん」

P「それは……たまには厳しく指導も……」

みく「Pチャンはみくの事を嫌いに……ヒグッ……なったんだニャ……うえええええええええええええん」

P「そ、そんなわけないだろ!」

みく「ふぇ?」

P「俺はみくのことが(アイドルとして)大好きだぞ!」

みく「え?ほ、ほんと?」

P「ああ、本当だ!」

みく(Pチャンがみくの事を(女として)大好きって……)

みく「Pチャアアアアアアアアアアン」ダキッ

P「おっと……みくはそのままのキャラでいいからな」ナデナデ

みく「えへへ……みくもPチャンの事大好きニャ」スリスリ






女子寮
オレハミクノコトガダイスキダゾ
紗枝「………………」ハイライトオフ
169: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 10:00:58.47 ID:7PxClYi0O
閑話休題4
未央「ねえP?見てみて」

P「ん?」

未央「私たち」ボンッ

みく「ナイス」キュ

藍子「バディーですよね」ペターン




P「うわああああああ」チュンチュン

P「酷い夢を見た……」
183: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 12:31:47.60 ID:7PxClYi0O
P「文香……正直なにもされてないんだが……」

P「まあ面白いからやるんだけどね」

文香「おはようございます……」

P「ああ、おはよう」

文香「今日は何もないので……本読んでてもいいですか?」

P「ああ、いいぞ」

P(とりあえず文香が積んでいた本を全部官能小説に入れ換えておいた……)

文香「……………………っ!」ビクッ

P(顔を真っ赤にしてる……)ニヤニヤ

文香「…………ェ…………ソンナ…………エエッ!//////」

P(そのまま読み続けるのか……)
184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 12:33:47.71 ID:ojCbZTabO
すり替えておいたのさ!
185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 13:10:00.75 ID:GoyLzzyAO
当然この後は何を読んでるのか見に行くんだよな
188: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 18:02:06.57 ID:7PxClYi0O
P(ちひろさんは工場から出てこないし……)

P「文香ー、ちょっと雪美を迎えに行ってくるから留守番よろしくー」

文香「!は、はい……分かりました……」




P「別室から様子を見ておこう」
※あまりにりn……アイドルが私物を盗むので監視カメラを仕掛けています

P「ふむふむ……まだ読んでるな……」

風呂入って西友行ってから再開
200: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 19:30:53.91 ID:taqd3m8CO
文香(ええ……こ、こんなことまで……)ハァハァ

文香「………………」チラッ

P(俺の机のほうを見た?)

文香「はぁ……Pさん……」フラフラ

文香「ンッ……アッ…………Pさんっ……」クチュ

P「か、角オナだと?」

文香(Pさんに同じようにされたら……)ハァハァ

P(アカン……胸まで触りはじめた……)
201: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 19:39:04.08 ID:taqd3m8CO
文香「……ンッ……アンッ……」クチュクチュ モミモミ

P(どうすんだよこれ……)

文香(Pさんが帰ってくるかもしれないのに……私……)

P(Oh……文香のナイスバディーが……)p→P

文香「Pさんっ……私……もうっ……」クチュクチュ

文香「ンッ……アアアアアアアアアアアア」プシャアアアア

P(あ……書類が……)

文香「ハァハァ……やってしまいました……」ズーン

文香(なぜこのような本が……)

文香「………………」キョロキョロ スッ

P(鞄に入れやがった……)
203: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 19:46:44.43 ID:taqd3m8CO
文香「………………」フキフキ

P「よ、よう……今戻ったぞ」

文香「あ……お、おかえりなさい」

P「俺の机……何かあったか?」

文香「あ……そ、その……お掃除しようかなと」

P「ああそうか……ん?この書類濡れて……」

文香「あ……それは…………その……すみませええええええええええええええん」ダッ バターン

P「あの文香があんなに早く……それにしてもこの書類……」

P「………………」ムシャムシャ

204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 19:51:17.37 ID:tbEB+Sx4O
食ったwwwwwwww
205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 19:53:26.80 ID:JDiATjOoO
山羊かよw
207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 19:59:31.02 ID:EkMvMpFyo
塩をかけて食うと上手いらしい
208: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 20:00:52.47 ID:taqd3m8CO
翌日
P「おはよう」

文香「お、おはようございます……」

P「ん?顔が赤いぞ?大丈夫か?」

文香「な、ななななんでもありません!」

P「……そうか」

文香「あ、Pさん……この前のおすすめの本を持ってきましたよ……」ゴソゴソ

P「……………………」

P(まゆに頼んでそれも官能小説に入れ換えておいたがな)

P「ありがとう、時間もあるし早速読ませてもらうよ」
209: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 20:09:15.87 ID:taqd3m8CO
P「お、おいっ……文香……これはなんだ?」

文香「私のおすすめの小説ですが……?」

P「いや……まあ文香の趣味にケチつける訳じゃないが」

P「一応小さい子もいる事務所だからな……官能小説はちょっと……」

文香「!?え……な、なんで……」

文香「か、返してください!」ガバッ

P「おっと、文香のおすすめだからなーありがたく読ませてもらうぞ」ニヤニヤ

文香「返してくださいよー!」ピョンピョン

P(大分はっきり喋れるようになったな……カワイイ)



211: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 20:19:37.34 ID:taqd3m8CO
夕方
P「文香にはなにもしていないのに……これくらいにしとくか……」

女子寮
文香「Pさんにあ、あああんな小説を……渡してしまうなんて……」

文香「いったい誰が……」

文香「………………も、もう一回……ンッ……」



翌日
文香「あ、あの……Pさん……これを……」

P「ん?栞?」

文香「て、手作りですので……使ってください」タタッ

P「半透明の紙をラミネートして……和紙かな?」




文香(私のあれに浸した紙をPさんに……/////)



無理矢理だけど終わり
216: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 20:32:58.27 ID:taqd3m8CO
閑話休題5
ちひろ「そう言えばPさんの身につけているものってプレゼントされたのが多いですよね」

P「そうですね……」

腕時計……GPS内蔵桃華から
ネクタイピン……盗聴機内臓智恵理から
革靴……盗聴機内蔵紗枝から
ペン……盗聴機内蔵ゆかりから
小銭入れ……凛の体液に3日浸したもの
ハンカチ……まゆの経血に浸した後さらに赤く染めたもの


ちひろ「あっ……」
225: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 20:56:39.12 ID:taqd3m8CO
P「藍子はこの騒ぎに便乗してるからな」



藍子「おはようございます」

P「………………ああ」カタカタ

藍子「Pさん、今日はカフェに行く約束していましたよねっ!私楽しみでこんなにはや……」

P「悪い高森……今日は行けなくなった」

藍子「え………………あ、そうですか……分かりました……」

藍子「そ、その……なんで名字なんですか?いつもみたいに名前で……」

P「最近高森との距離感が近すぎると思ってな、気にしないでくれ」

藍子「私は……近くてもいい……なーんて、てへへ」

P「おっと、時間か。まゆ、行くぞ」

まゆ「はーいっ♪」バタンッ

藍子「あっ………………」
227: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 21:04:48.69 ID:taqd3m8CO
夕方
P「戻りましたー」ガチャ

藍子「お疲れ様です。今紅茶を入れますね……かな子ちゃんの作ったケーキもありますよ」

P「さっき卯月とカフェに行ってきたからいらない」

かな子(助かった~、美味しくて1ホール全部食べちゃったところでした)

藍子「あ……そうですか……」シュン

P(効いてる効いてる)

P「高森、悪いけど明日から仕事も一人で行ってくれ。いつものスタジオだから大丈夫だろ?」

藍子「え……あ、はい……わかりました……」
228: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 21:13:21.35 ID:taqd3m8CO
翌日 公園
藍子(Pさんが冷たい……本当なら昨日はいっしょにお散歩出来たのに……)シュン

藍子「あれ……Pさん?」

P「高森……おはよう」

藍子「おはようございます……」

藍子(夢じゃなかったんですね……)

藍子「そ、その……事務所まで一緒に行ってもいいですか?」

P「ああ、いいぞ」

藍子「あ、ありがとうございます!」




藍子「わぁ~、結構木も色付いてきましたね」

P「そうだな」

藍子「あ、この辺りでPさんをモデルに1枚いいですか?」スッ

P「高森……そういうのは……もうやめてくれ」

藍子「え……」
230: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 21:17:47.85 ID:taqd3m8CO
P「一応アイドルなんだ……もう少し自覚を持った行動をだな……」

藍子「そ、そうですよね!……す、すみません、勝手な事を行って……」ウツムキ

P「………………行くか」

藍子「……………………」トボトボ




夕方
藍子(なんで……なんでこんな事に……)

藍子「あ……Pさんと……幸子ちゃん?」ササッ

藍子(何で私隠れているんだろう……)
231: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 21:24:02.85 ID:taqd3m8CO
幸子「フフーン、Pさんはカワイイボクと散歩が出来て幸せ者ですね!」

P「はいはいカワイイカワイイ」ナデナデ

藍子(え……)

幸子「あ、Pさん!この辺りで写真を撮りましょうよ!」

P「ああ、いいぞ!」

藍子(なんで……)

幸子「ほらPさん!もっと近づかないと写りませんよ」

P「はいはい」

藍子(その場所は……)

幸子「えへへ、この写真は宝物にしますね♪」

P「お、そいつは嬉しいな~」

藍子(私の……)

藍子「………………」ジワッ

藍子「……………………」ダッ



幸子「あれは……藍子さん?」

P「そう……だな……」

234: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/04(水) 21:30:29.82 ID:taqd3m8CO
すまねえ明日4時起きなんよ
243: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/05(木) 06:50:50.73 ID:4HY660VbO
高森家
藍子(なんで……なんでこんな事に……)

藍子(きっとこの前のあれで……)

藍子(明日謝ろう……そうすれば……)




翌日
藍子「あの……Pさん、ちょっといい……」

P「さーて、こずえを迎えに行ってくるかな」ガタッ

藍子「あ………………」 バタンッ

藍子「…………………………」





P「そろそろかわいそうになってきた」

249: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/05(木) 12:28:25.18 ID:wW+nCwHDO
藍子(やっぱり……Pさんは……)

藍子「私……散歩……行ってきます……」フラフラ




夕方
P(そろそろネタばらしするか)ガチャ

P「戻りました~」

ちひろ「あっ!Pさん!藍子ちゃん何処に行ったか知りませんか!?」

P「いや、知らないですよ?」

ちひろ「今朝散歩に行くって言って出てから戻って来ないのですが」

P「な……」

253: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/05(木) 17:32:43.92 ID:35/jaHiHO
公園
藍子「………………レッスン……休んじゃったな……」

藍子「Pさん……怒っているのかな……」

P「藍子おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」ドドドッ

P「藍子っ!心配したんだぞっ!」ダキッ

藍子「えっ……Pさん……名前で……?」

P「ごめんなっ!今までのは……」
カクカクシカジカ

藍子「私……Pさんに嫌われたと思って……グスッ……他の子は名前で……お散歩も……うえええええええええええええん」ダキッ

P「ごめんな~、もうしないから許してくれ」

藍子「嫌です……私……許しません……」グスッ

P「えっ……なんでもするからさ……」

藍子「じゃ、じゃあ……きききききキs」

紗枝「あら?Pはんに藍子はん、奇遇どすな~」

藍子「さ、紗枝ちゃん!?Pさんっ、なんでもありません!」

P「?」

紗枝(ふぅ……危ないところでした……)



翌日藍子と散歩して許してもらいましたとさ


276: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/05(木) 18:39:31.93 ID:35/jaHiHO
加蓮「え?今日はからあげくん食べていいの?」

P「ああ、しっかり食え。おかわりもいいぞ」

加蓮「やった!」ハグハグ

P「遠慮するな、今までの分食え」



数時間後
加蓮「気持ち悪い……」グデー

P「分かったか?これがジャンクフードの恐ろしさだ」

加蓮「う、うん……プロデューサー……」

P「これからは西友の唐揚げを食べるんだぞ!安くてうまい!西友の唐揚げ!」

加蓮「もう当分いいや……」




282: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/05(木) 20:19:46.86 ID:35/jaHiHO
友紀「ただいまー!」

友紀「あ!プロデューサー、キャッツ対タイガース見てるんだ!」

P「チッ……ウルセーノガキヤガッタ……」

友紀「え?」

友紀(き、気のせいだよね?)

友紀「一緒に見ようよー!」

P「ちひろさん、まゆを迎えに行ってきます」

P「そのまま直帰するので」

ちひろ「あ、はーい」バタンッ

友紀(何かプロデューサーいつもと違う……)



283: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/05(木) 20:26:32.55 ID:35/jaHiHO
翌日
友紀「おはようございまーす!」

P「……………………」カタカタ

友紀「プロデューサー?おはよー」ツンツン

P「友紀……わかったから……仕事の邪魔だ」

友紀(あ、あれ?)

友紀「あ、アハハ……プロデューサー元気出してよー」ダキッ

P「邪魔だって言ってるだろ!」バンッ

友紀「ッ!」ビクッ

P「もっとアイドルとして自覚ある行動をしろと言ってきたのに……まだわからないのか!」

友紀「あ……あの……ご、ごめんなさい……」ガクガク

P(Paの怯えた表情……いいね!)
284: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/05(木) 20:35:17.00 ID:35/jaHiHO
夕方
友紀「あんなに怒ってるの初めて見た……」

友紀「忙しいのに邪魔をしたあたしが悪いよね……」トボトボ

友紀(明日は先月から約束していた野球観戦に行く日……)

友紀「仲直りできるといいな~」ニヘラッ



翌日 水道橋ドーム前
友紀(ひ、久しぶりにプロデューサーと二人きりだからお、オシャレして来ちゃった)

友紀「プロデューサー……可愛いって言ってくれるかな////」ブーブー

友紀「あれ?メールだ……」

P
悪いが用事が出来て行けなくなった




友紀「え……」
285: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/05(木) 20:43:18.78 ID:35/jaHiHO




友紀(本当なら今頃プロデューサーと一緒に見ていたのに……)

友紀(いつもより見てて楽しくない……)ドグワァァァァァン

友紀(あ……菅野が大和にホームラン打たれた……)

友紀(はぁ……ちょっとトイレに行こ……)




トイレ前
友紀「………………」トボトボ
タチバナーモラサナカッタカー?
アリスデス……ソレハジョセイニタイシテシツレイデス
ハッハッハ

友紀「えっ……?」

友紀(ありすちゃんと……プロデューサー?)

ありす「Pさん!阪神の試合に連れていってくださってありがとうございます」

P「なーに、ありすの為ならいつでも連れていくよ」ナデナデ

ありす「えへへ……また連れてきてくださいね?」


友紀「な、なんで……」

友紀「っ!」ダッ
287: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/05(木) 21:15:54.06 ID:35/jaHiHO
キャッツ対タイガース
タイガースが先発全員安打で大勝。特に大和が3打席連続ホームランを含むサイクルヒットの大活躍。先発の藤浪は今季3度目の対キャッツ戦完全試合を達成。キャッツは菅野が3回16失点の大乱調で今季2度目の16連敗

P「さて、ありすも送ったし俺も帰るかな……」プルルル

P「ん?美優から?また楓さんかな?」

P「もうすもうす」

美優「あ、Pさん。遅くにごめんなさい……その……今日もお願いしたいのですが……」

P「へいへい、今いきますよー」



288: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 21:28:55.04 ID:pQUXRLtpO
美優さんは何をお願いしたんですかねえ?
291: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/06(金) 06:45:46.62 ID:jFAsnucMO
居酒屋
P「えーっと……いたいた」

美優「すみません……いつもお手数をおかけしての……」

P「いやまあいつもの事だから……って、友紀?」

美優「はい……電話がかかってきてのんでいたのですが……結構なペースで飲んでいまして……」

P「はぁ……相変わらず手がかかる20歳児だな……」

美優「お願いしますね」

P「はいはい」ヨイショ

友紀「うええん……プロデューサー……」グスッ
292: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/06(金) 06:52:26.11 ID:jFAsnucMO
帰り道
P(それにしても軽いな……)

友紀「美優さ~ん……それでねー」ムニャツムニャ

P「……寝言か」

友紀「プロデューサー……あたしより……ありすちゃんと……うえええええん」

P(明日謝ろうかな)

友紀「あたしだって……こんなにプロデューサーの事……ズビッ」

友紀「好きなのに……」

P(!?)

友紀「………………そりゃあ……あたしはみんなより……アピール……出来てないけど……」

友紀「今日だって……似合わないけど……スカート履いて……」

友紀「なのに………………グゥ……」

P「………………………………」
293: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/06(金) 21:40:56.34 ID:ZNIY5uzUO
翌朝
友紀「ん……んみゃ?」チュンチュン

友紀「あれ……?ここは……」

P「おう起きたか、朝飯出来てるぞ」

友紀「え……?あれ……?ここは……」

P「ん?俺の家だが?」

友紀「あ、そっか……ってええええええええええええ!?」

友紀(えっ!?なんで!?昨日は美優さんと……)

P「酔っぱらってたみたいだが全部聞かせてもらったぞ」

友紀「えっ……な、なにを?」
299: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/09(月) 18:46:24.67 ID:kVB/phERO
翌朝
友紀「………………んみゃ……ここは……?」ゴソゴソ

P「お?起きたか。朝飯出来てるぞ」

友紀「……はーい………………って、ええ!?」

P「鍵が無いっていうからしょうがなく家に泊めてやったが……」

友紀(えっ!?ええ!?な、なななななんで!?)

P「昨日の友紀は凄かったなー」ウンウン

友紀(凄かったって……)キョロキョロ
シーツに血
友紀「」

P「とりあえず朝飯食って仕事に……」

友紀「ええええええええええええ!?」
300: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/09(月) 18:49:44.13 ID:kVB/phERO
P「どうしたんだよ……」

友紀「え?私……美優さんと……そのあと……その後?」

友紀(プロデューサーとやややヤったって……)

友紀「ウッ……グスッ……うえええええええええええええん」

P「な、なんで泣くんだ!?」

友紀「ウッ……ヒグッ……う、嬉しくて……うえええええええええええええん」

P「わ、わかったから泣くなって!」





紗枝「……………………」ギリッ

???「……………………………………」
301: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/09(月) 18:57:14.79 ID:kVB/phERO
──────
────
──


P「部屋を出るのは別々にするか……友紀、先に行きな」

友紀「う、うん……行ってきます!」チュッ

P「!……いってらっしゃい」パタン



P「さーて、俺も着替えて……」クルッ

???「……………………」スッ バチッ

P「うおっ……」バタンッ

???「…………………………」バキッ ザー



紗枝 ゆかり「盗聴機が!?」ザー



???「…………………………」グシャッ



桃華「PちゃまのGPSの反応が!?」



302: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/09(月) 19:04:23.70 ID:kVB/phERO
その後、Pは行方不明になりました
友紀さんを始めアイドルの多くは元気がなくなりそのまま引退
かな子ちゃんは止める人がいなくなってぶt……変わり果てた姿に……
ちひろさんは大量のスタドリの在庫を抱えそのまま……

そして私は……

智絵里「ただいまです!Pさん♪」

P「……………………」ハイライトオフ

智絵里「今日の夜も……楽しみましょうね?」



おわり



305: ◆V/WAt1L6wI 2015/11/09(月) 19:05:52.99 ID:kVB/phERO
亀更新ですみませんでした
次書くことがあればよろしくお願いします



つんでれ?何の事ですか?
306: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 19:10:23.91 ID:ArJaO8a70
ふぁ!?
思わずラスト何度も見返してしまった
309: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 07:32:39.09 ID:BaQO0zsUO
とりあえず>>1乙
しかし意外な娘が持ってったな(困惑)
310: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 15:25:48.81 ID:pD4tvnvAO
「つ」じゃなくて「や」だったな……
311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/10(火) 16:11:30.76 ID:7Zg6LIHuO
なんでちえりかと思ったらアイドルの安価の最後がちえりになってるんだな

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

スタドリ笑うわw


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク