【艦これ】夕張「鎮守府のみんなが欲望に素直になってしまいました!」

1: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:52:09.74 ID:GwzGWspLo
夕張「良いですか、提督。いかに私達、艦娘が軍艦の魂を継いだ海の戦士と言えども、ストレスとは完全に無縁ではいられません」

夕張「深海棲艦との闘い、それによる精神的負担は放置するのは大きな問題に繋がりかねないのです」

提督「それは分かっている」



電「あの……あの、頭撫でて欲しいのです」

響「ハラショー、やはりここは居心地も眺めも最高だ。他では味わえない」



夕張「もちろん、提督を始めとした鎮守府の皆さん、大本営、周囲の方々も配慮して下さっていることは理解しています」

夕張「ですか、全ての問題、全ての艦娘に対して万全に対応するというのは不可能です」

夕張「そのようなことをできるのは、それこそ神様の様な全能の存在でしょうね」



雷「ねえ、私にもっと頼っていいのよ? だから早くなにか頼み事してよね、ねっ!」

子日「子日、かくれんぼしたーい!」

島風「だめー! 私とかけっこするんだからー!」



夕張「だからこそ継続的、恒久的なメンタルケアを心掛けなければいけない。私はそう考えます」

夕張「今回のこの発明も、その一環の活動による副産物なのです」



文月「ねえねえー、あたしおままごとしたいなぁー」

菊月「いや、ここはやはりスニーキングミッションだ」

長月「世界の命運をかけた極秘潜入捜査。燃えるシチュエーションだな!」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1468335129
2: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:53:35.94 ID:GwzGWspLo
夕張「戦いの日々、気の知れた仲間同士とはいえ、集団生活の日々」

夕張「その中で、時にその人のやりたいこと、したい事……つまり欲望や欲求、そういうのを表に出せず、ストレスとなってしまうこともあるでしょう」

夕張「それを解放し、溜め込まないようにすること。それが今回の目的です」



暁「ねえ、暁はもっとレディーとして上にいきたいの! 阿武隈さん、レディーとしての極意を暁に教えて!」

霞「なによ! 私だって甘いもの位食べてもいいじゃない! はむっ、ケーキ美味しいーっ! 今まで意地張っていたのが馬鹿みたいだわ!」



提督「まあ、言いたいことは分かった。そこで改めて頼みがある」

夕張「……なんでしょうか?」



五月雨「わ、私もしっかりしてるってたまには言ってもらいたいんです!」

漣「漣も、本当はちゃんとお話したいなって……聞いてくれる?」

吹雪「私も、扶桑さんみたいに立派になりたいんです!」
3: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:54:10.51 ID:GwzGWspLo
電「阿武隈さん、もっと電の頭を撫でて欲しいのです」

雷「だから雷にもっと頼ってってば! ほら早く、ねっ、ねっ!」

暁「電、甘えるのならお姉ちゃんに甘えていいんだから! ほら、暁はここにいるわよ!」ちらっちらっ

五月雨「もっとしっかりできるようにしたいですーっ! どうしたらいいでしょうー!?」

漣「あのね、漣、いろいろお話したいことがあるの」

子日「ねー! 子日もっと楽しいことしたーい!」

菊月「世界を核の恐怖にさらす兵器……メダルギアを破壊するのが我々エージェントの使命だ」

長月「文字通り、世界の命運を左右するミッションだな。皆、抜かるなよ。大佐、ブリーフィングを頼む」

阿武隈「大佐ってあたしのこと?」

文月「そんな良く分からない遊びじゃなくてー! おままごとー!」

島風「だから、かけっこするんだってばー!」

響「阿武隈さんの頭を触っていると気分が高揚するな。すぱしーば」

吹雪「どうすれば扶桑さんのような航空戦艦になれますか!? 教えてください!」

霞「もうケーキないの!? もっと食べたいのに! ねえ、阿武隈さん! もっといっぱいケーキ作ってよケーキ! ねえってば!」

阿武隈「みんなお願いだからちょっと落ち着いて―! あと響ちゃん降りて、痛い重いふらつくーっ!」

提督「この状況を収めてくれ」

夕張「無理です諦めてください」

阿武隈「のん気に話してないで助けてくださいよぉー!?」

夕張「いやー、下手に突っついたら私も巻き込まれそうだし……」

阿武隈「貴方が根本の原因でしょうがーっ!?」

五月雨「夕張さんもあーそーぼー!」

夕張「えっ、ちょっと五月雨ちゃん!?」

文月「えへへ、夕張さんもいっしょー」

雷「ほらほら、夕張さんも雷にもっーと頼って良いのよ?」

夕張「――きゃあああああっ!?」
4: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:54:56.18 ID:GwzGWspLo
――しばらくして。

足柄「ほら、響ちゃんこっち来なさい。クッキーあるわよ」

響「ハラショー」

文月「わーい」

五十鈴「はいはい、他の子も慌てない。みんなの分はちゃんとあるわよ」

熊野「私が入れたハーブティーもありましてよ」

長月「あれは苦いから……苦手だ」

阿武隈「怖い……響ちゃん怖い……」プルプル

夕張「うう……阿武隈、大丈夫?」

阿武隈「だ、大丈夫……けど、首が痛いですぅ。もー!」

夕張「ま、まあ頭の上に乗りたがると言っても実際は肩車だし、いいんじゃない?」

提督「この状況はそれだけ阿武隈が好かれているってことだ、良い事じゃないか」

阿武隈「ふえ……? それなら、まあいいかもしれないけど……」

夕張(やだこの子ちょろい)

提督(自分で話逸らそうとしてなんだが、お人好し過ぎるのも問題な気がするぞ……)

阿武隈「夕張さんこそ、大丈夫でしたか?」

夕張「阿武隈ほどじゃないわよ。平気平気」

阿武隈「でも五十鈴お姉ちゃんや足柄さん達が助けてくれなければ、もう参っちゃいましたよ」

阿武隈「夕張さん、これ一体どうなっているんです?」

夕張「えーと、ちょっと実験が失敗しちゃったってことまでは話したわよね?」

提督「私もそこまでは聞いた。あとこれは一時的なものだと言うこともな」

提督「これが長く続くようなものなら、とっくに緊急的な対応をしなければならないところだ」

夕張「ご迷惑をおかけします……はあ、まさかこんな失敗しちゃうなんて」
6: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:55:38.16 ID:GwzGWspLo
夕張「そうね。阿武隈にも最初から説明しましょうか」

夕張「あれは私が太陽系の外側に向かう途中、宇宙怪獣をちぎっては投げ、ちぎっては投げと大暴れしていたときのことよ――」

阿武隈「そういうボケは良いから」

響「夕張さんにちぎられて、不死鳥再び参上だよ」がばっ

阿武隈「うえぇぇぇ!? だから飛び付いてくるのやめてー!」

響「はらしょー」わしゃわしゃ

暁「ひびきーっ!」

電「響ちゃん、阿武隈さんから降りるのです!」

雷「そうよ! 響降りてきなさい!」よじよじ

阿武隈「ふえええ!? なんで雷ちゃんまで登ってくるの!?」

雷「響を降ろすためよ!」

夕張「こらこら、君達! 話が進まないでしょ!」

提督「誰のせいだと思ってるんだ」

夕張「私ですね、はい」
7: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:56:31.62 ID:GwzGWspLo
――二時間ほど前

夕張「……アカン、これは失敗作や」

秋津洲「なんで関西弁なの?」

夕張「いや、つい気分で……これはダメね、やり直し。処分するにはもったいないし、サンプルデータとして保管しておきましょう」

秋津洲「夕張さん、失敗しても落ち込んじゃダメかも! 失敗は成功の母って言うし!」

夕張「ふふ、ありがとうね秋津洲ちゃん。とりあえずここに……鍵もしっかりかけてっと」

妖精さん(……?)

夕張「あら、妖精さんどうしたの? え、この音楽聴きたい? ダメよ、この音楽は人や艦娘が聞いたら変な影響が出るの」

秋津洲「妖精さんにも影響あるかも?」

夕張「……いや、特にないんじゃない? 妖精さんは普段から大体気の向くままに生きているから」

夕張「というのも、この音楽は理性を弱め、その人の望むことを表に出させるものだからね」

秋津洲「ふーん? それってどんな意味があるの?」

夕張「欲望を溜め込むことはストレスになることもあるのよ。普段心の奥底に眠っている欲望を発散させることで、ストレスの解消を促そうとするのが目的なわけ」

妖精さん(うずうず)

秋津洲「えっと、それだけ聞くとそんなに悪くないかもなんだけど?」

夕張「それが、影響の大きさや、効果時間、はたまた効果が表れるまでに個人差があり過ぎるのよ……あくまでシミュレーション上だけど」

夕張「シミュレーション結果では、聴いてすぐに効果が出る人もいれば、聴いたすぐにはなにもないのに、半日以上たっていきなり効果が表れる人もいる」

夕張「効果時間も、最低数分から最高二時間程度」

妖精さん(こじんてきにきくだけならー)

妖精さん(へっどほんをせっとすれば、おとはそとにもれないです?)

妖精さん(それってめいあん)

夕張「なによりもまずいのは影響の幅ね。全く影響がない人もいれば、かなーり理性が薄れて、欲望のままに動いちゃう人までいるって結果が出たの」

夕張「更に自覚症状のあり、なしまで。もう千差万別ね」
8: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:57:04.88 ID:GwzGWspLo
秋津洲「うええええぇ!? それはまずいかも! 表に出しちゃいけない物だよ!」

夕張「分かってるわよ。こんなもん表に出してなるものですか。試験データとして残しておくのみで、厳重に保管しておくわ」

妖精さん(じゃあすいっち、おん)

妖精さん(それちがうのです、ちんじゅふないのぜんいきほうそうです)

妖精さん(うっかりですな)

妖精さん(あらためて、おんがくをながすです?)

妖精さん(らじゃー)

夕張「だから妖精さん、それ触っちゃ駄目――」

妖精さん(ぽちっとな)

妖精さん(ちょっとまって、へっどほんまださしてないです)

夕張「だから……ね?」

~♪ ~♪

妖精さん(きゃー、みつかったのです)

妖精さん(……もしかして、ほうそうのすいっちいれたまま?)

妖精さん(このおんがく、ちんじゅふないにながれたです?)

夕張「……は?」

秋津洲「え?」

夕張「えええええええ!?」

妖精さん(てーへんだてーへんだ)
9: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:57:47.11 ID:GwzGWspLo
夕張「そして現在に至る」

阿武隈「で、響ちゃん達がこんな風になっちゃったわけですか」

響「阿武隈さんエネルギー、現在40%。充電完了まであと六時間」(←こんな風)

響「充電完了する前に引き離すのは大変危険だから、しないようにね」

電「響ちゃんの言っていることが理解不能なのです……」

暁「いつにも増してフリーダムねこの子」

提督「電とか一部の子に関してはもう戻ったみたいだな……響は絶賛ハジケ中みたいだが」

阿武隈「よりによって響ちゃん……もう頭が痛いんですけど」

雷「そう? いつもの響と変わらないような気もするわ!」

阿武隈「なにげに雷ちゃんが酷い!?」

響「頭が痛い? 風邪かい、阿武隈さん。あまり無理はしないで欲しい」

阿武隈「だれのせいだと思っているの!?」

響「困ったな……いくら私でも病原菌に対しては無力だ。なんとかしてあげたいのだけど」

暁「いいから早く降りなさいよ」

響「せめてあと二時間」

阿武隈「長すぎですっ!?」

響「……はっ!?」

阿武隈「どうしたの響ちゃん」

響「わたしは しょうきに もどった!」

電「なぜかものすごく不安な発言なのです!?」
10: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:58:16.66 ID:GwzGWspLo
阿武隈「もう、響ちゃん! いいかげんにしないと怒っちゃうんだから!」

響「前髪を崩して良いのは、前髪を崩される覚悟がある奴だけだよ。覚悟はできているさ」

阿武隈「うりゃうりゃー」わしゃわしゃ

響「うーわー」(棒読み)

阿武隈「えへへ、どう、反省しましたかー?」

提督「頭撫でてるだけに見えるんだか」

響「参ったよ。さすがは阿武隈さんだ」キラキラ

夕張(阿武隈、思いっきり逆効果よ……)

雷「まーた響ったら、戦意高揚状態になってるわね」

提督「しかし、半日以上経ってから効果が表れるかもしれないのは怖いな。時限爆弾抱えているようなものだぞ」

阿武隈「ものすごく怖いですね……自分がなにをしでかすやら。効果がなければいいんですけど」

電「ものすごく恥ずかしいのです……はわわ」

暁「一人前のレディーとして、恥ずかしい振舞いだったわ……」

阿武隈「仕方ないよ、理由が理由だし」

阿武隈「それに電ちゃんや暁ちゃんに甘えられるのも、悪くなかったかも。えへへ」

電「か、からかわないでよぉ……」

暁「むー。子供扱いしないでって言ってるじゃない」
11: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:58:50.54 ID:GwzGWspLo
響「阿武隈さん、私は?」くいっくいっ

阿武隈「頭の上に登らないでください」

響「これが……差別か」

暁「当然よ!」

提督「阿武隈達見ていると和むなぁ」

夕張「なに惚気てんですか、提督」

提督「こほん。とにかくこれではまともに業務もできないな。仕事中に変になったらと思うと目も当てられん」

電「何か予定があれば、そういうわけにもいかないですけどね。幸いなにもないし、仕事自体も大丈夫だと思うのです」

阿武隈「航空基地設営の後処理も終わったばかりですし、空白期みたいなものですもんね」

夕張「これで忙しい時期だったり、大規模作戦遂行中だと想像すると……ゾッとします」

提督「不幸中の幸いだな」

提督「しかし他の皆の様子は――」
12: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/12(火) 23:59:24.15 ID:GwzGWspLo
霞「ねえ、阿武隈さんケーキ! 霞、阿武隈さんが作ったケーキもっと食べたい!」くいっくいっ

阿武隈「あ、えっと……あんまり食べ過ぎると体に悪いから、また今度ね」

霞「うー……ケーキ……」じわっ

阿武隈「あー……えっと」わたわた

阿武隈「短い間に沢山食べると、体に悪いからね。霞ちゃんが訓練沢山頑張って、良い子にしてたら、また作ってあげる」

霞「本当?」

阿武隈「うん、約束」

霞「うんっ! あの、それでね……」

阿武隈「なあに、霞ちゃん?」

霞「響にしてるように、霞も肩車して欲しいの!」

阿武隈「なんだ、そんなことならいつでもしてあげるのに」

霞「は、恥ずかしいじゃない……けど、今日はなんだか素直にお願いできるから」

阿武隈「そっか……はい、いいよ」

霞「うん……わあ、高いわ! すごいすごい!」

島風「お姉ちゃん、島風も島風も!」
13: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:00:04.87 ID:JrVUW2K2o
若葉「初霜はやっぱりもふもふだな。さすが初霜だ」もふもふ

初霜「あの……若葉? 一体これはなんですか?」

電「若葉ちゃん? なにをしているのです?」

若葉「決まっている。はつしもふもふだ」もふもふ

阿武隈「なにそれ……以前寝ぼけてた時も言ってたけど」

若葉「もふもふな初霜をもふもふすることだ。これは良いものだ」

若葉「はつしもふもふ……はつしもふもふ……素晴らしい」

初霜「若葉……今日、ちょっと変ですよ?」

提督「ちょっと変で済ませるのか……初霜は寛容だな」

電「そ、そんなに良いものなのですか……?」

阿武隈「ど、どうなんだろう……?」

初霜「あの、二人とも。そんなに大したものじゃありませんからね?」

若葉「二人もやってみるといい。はつしもふもふは世界の共有財産にするべきだ」

初霜「しなくていいですから」

若葉「電。丁度良かった。はつしもふもふ、あぶくもふもふも素晴らしいが、前から電のもふもふも試してみたいと思っていたんだ」

電「はい?」

阿武隈「え?」
14: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:00:39.97 ID:JrVUW2K2o
若葉「いなづもふもふ……あぶくもふもふ……むう、やはりちょっと語呂が悪いな」

若葉「だがもふもふ度は、はつしもふもふに匹敵する。それが若葉の予想だ」

若葉「さあ、電。存分にもふもふさせてもらうぞ。ついでに若葉に甘えるといい」

電「え、えっと……はにゃー!?」

阿武隈「電ちゃーん!?」

暁「電ーっ!?」

霞「電……惜しい奴をなくしたわね」

暁「電を勝手になくさないでよ!?」

若葉「やはりだ。このもふもふ感。初霜や阿武隈さんと同等……若葉の目に狂いはなかった」

若葉「もふもふもふもふもふ……なるほど、これが奇跡のもふもふ。いなづもふもふ……むう、やはり語呂だけはどうにかならないか」

初霜「若葉、楽しそうですね。ふふっ」

提督(この光景を微笑ましく眺めている初霜も、影響受けている気もする……)
15: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:01:16.67 ID:JrVUW2K2o
電「はうう……もふもふされちゃったよぉ」

若葉「なんだ? なんだったら、今度は電が若葉をもふもふしてもいいぞ?」

電「遠慮しておくのです……」

若葉「むう。電は遠慮する子だな。たまには自分のやりたいことを素直に表現した方がいいぞ」

阿武隈「そういう問題じゃないと思う……」

若葉「さあ、次は阿武隈さんの番だ」

阿武隈「え?」

若葉「……なぜ逃げる? 大丈夫だ、阿武隈さん。あぶくもふもふも、はつしもふもふ、いなづもふもふに十分匹敵する」

若葉「自分のもふもふに自信を持て」

阿武隈「もふもふに自信とか持ちたくないから!?」

若葉「じゃあそこも若葉が教えよう。ふむ、普段教えて貰っている阿武隈さんに対して、教える側に周るのも新鮮だな」

阿武隈「教えてもらわなくていいです」

若葉「阿武隈さんも頑固だな。じゃあ霞にしよう」

霞「はあっ!? なんでそうなるのよ!?」

電「初霜ちゃん、若葉ちゃんどうしたのです?」

初霜「ちょっと前に、いきなりはつしもふもふさせてくれとか言い出しまして……それまでは普通だったのですが」

提督「どういう欲望だ」

電「仲良くしたかった……のでしょうか?」

初霜「仲良く……仲良く?」
16: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:02:03.10 ID:JrVUW2K2o
電「初霜ちゃん、どうしたのです?」

初霜「電……私とお友達になってくださいっ!」

電「えっ? 初霜ちゃんは以前から友達だと、電は思っていたのです!」

初霜「そ、そう……ありがとう電。そう思ってくれていたんですね」

初霜「私って、いつも真面目で、少し面白くない子かもって……そう思っていたのだけど」

電「そんなことないのです! それが初霜ちゃんの良いところで、電は大好きなのです!」

初霜「……電。ふふっ、電の優しいところ、私も好きですよ」

電「て、照れるのです……」

初霜「……そうね、私も少し恥ずかしいわ」

初霜「でも、みんなと一緒に遊んだり、おしゃべりしたり……そういうの、とっても楽しいと思うの」

電「電もなのです」



霞「ちょっ、やめ、やめなさいったら!」

若葉「かすみもふもふ……これもまた素晴らしいな」

響「そうなのか? 私も少し試させて貰って良いかな?」

島風「島風もいい?」

霞「いいわけないでしょうが!?」

暁「皆、そこまでよ! 人の嫌がることをやるのはレディーとしてふさわしくない行為だわ!」

雷「大丈夫よ暁。ああ見えて霞は喜んでいるから問題ないわ!」

霞「そんなわけないでしょこのバカ!」
17: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:02:43.91 ID:JrVUW2K2o
叢雲「そこまでよ若葉!」バンッ!

若葉「叢雲? どうしたんだ?」

叢雲「決まってるじゃない。若葉をもふもふしに来たのよ!」

若葉「……なんだと!?」

電「決まってるのです!?」

雷「なにをどう判断して決まってるのかしら?」

阿武隈「なんだろうね?」

若葉「しかし、なぜ若葉なんだ? 若葉よりも初霜や阿武隈さんの方がもふもふ甲斐があると思うが」

阿武隈「もふもふ甲斐ってなに……?」

初霜「さあ? けど、若葉のことだからきっと深い考えがあるんだわ」

五十鈴「あるわけないでしょ」

叢雲「……あなた、覚悟してきているのよね?」

叢雲「人をもふもふするってことは……自分も、もふもふされる危険を常に覚悟して来ている人ってことなのよね?」

若葉「……なるほど、叢雲の言うとおりだな。いいだろう。どっちが相手をもふもふするか、勝負だ」

叢雲「望むところよ!」

若葉「……いくぞ!」バッ!

叢雲「はあああっ!」バッ!

阿武隈「……なにこれ?」

雷「お互い譲れないもののために、後に引けない戦いをしているのよ! 邪魔をしてはいけないわ!」

電「そういうものなのです!?」
18: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:03:32.50 ID:JrVUW2K2o
長月「大変だ! いつの間にか吹雪がいないぞ!」

五十鈴「はあ!? 一体どこへ行ったのよ!」

足柄「落ち着きなさい! 自分の部屋とかじゃないの?」

菊月「それが……こんな書き置きが」



『扶桑さんのような重雷装航空戦艦を目指して旅に出ます。心配しないでください』

  ――特型駆逐艦、みんなのお姉ちゃんより。



五十鈴「あの子、扶桑さんをなんだと思っているのかしら……まあ、放っておきましょう」

足柄「そうね」

長月「いいのか?」

五十鈴「お腹空いたら帰ってくるわよ」

菊月「それもそうだな」

足柄「そうね、修行の旅に出た吹雪ちゃんのために、カツカレーを作っておいてあげましょう!」

足柄「自分の夢に勝つ! そう勝利のためのカツカレーよ!」

足柄「きっと吹雪ちゃんも、立派な重雷装航空戦艦になれるわ!」

清霜「戦艦!?」がたっ!

漣「おめえじゃねえ、座ってろです」
19: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:04:03.22 ID:JrVUW2K2o
熊野「いいですか、五月雨さん。ドジをなくすための第一歩。それは、常に心を落ち着けて行動することですわ」

五月雨「心を……落ち着ける」

熊野「ええ。そうすれば、間違えたり、失敗することは少なくなりますし、もし失敗しそうになっても、気づけることも増えますわよ」

五月雨「でも……」

熊野「もちろん、最初からいきなり完璧にできるなんてことありえませんわ。この熊野も、今もこれからも勉強中ですもの」

五月雨「ええ? 熊野さんもですか?」

熊野「ええ。レディーとしての道は、終わることはないのですわ。精進を常に心がけること、それはレディーとしてのたしなみですわ」

五月雨「熊野さん……! はい、私頑張っちゃいます!」

暁「さすが、暁が目標とする七大レディーの一人、熊野さんね……憧れるわ!」キラキラ

提督「七大レディーって……なんだ?」

雷「残り六人は誰なのかしら?」

暁「赤城さん、妙高さん、金剛さん、阿武隈さん、飛鷹さん、大和さんよ!」

暁「それぞれ違う良さがあるけれど、みんな一人前のレディーとして目指すべき人だわ!」キラキラ

雷「そ、そう……が、頑張ってね」
20: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:04:40.81 ID:JrVUW2K2o
榛名「賑やかだから来てみましたが……みなさん、楽しそうですね」

ビスマルク「見つけたわよ榛名!」バンッ!

榛名「ビスマルクさん? 榛名に、なにか御用でしょうか?」

ビスマルク「ええ。榛名……私と勝負よ!」

榛名「勝負……ですか? 良いですけど、なぜ今なのですか?」

ビスマルク「明確な理由はないわ。けど、何故か今あなたと勝負したくなったのよ!」

榛名「ビスマルクさん……!」

ビスマルク「あなたは違う? いいえ、そんなわけないわ。穏やかなあなたの胸に秘めた闘志、情熱……」

ビスマルク「このビスマルク、気づかないと思っていたのかしら!?」ビシッ!

榛名「っ!? やはり、隠せませんでしたか」

五十鈴「え? そんなの普通気づかないでしょ?」

提督「だよな」

阿武隈「ですよね」

電「なのです」

若葉「若葉だ」

響「響だよ」

阿武隈「若葉ちゃん、髪ボサボサじゃない。ほら、梳(と)かしてあげるからこっち来て」

若葉「助かる。厳しい戦いだった……だが、悪くない」

若葉「叢雲……お前はもふもふだったな。しかし、それは間違ったもふもふだった」

電「若葉ちゃんが意味分からないのです……」
21: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:05:13.66 ID:JrVUW2K2o
榛名(ビスマルクさん。ドイツの誇る大戦艦)

榛名(英海軍の象徴『マイティ・フッド』こと、当時世界最大級の巡洋戦艦フッド、及び最新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズに勝利)

榛名(それだけじゃない。英海軍の大艦隊を相手に、四日間も激闘を繰り広げた闘志)

榛名(そして艦娘となってからも、大和さんや武蔵さんを前にしても、お二人を超えようと不断の努力を続けるその敢闘精神)

ビスマルク(日本の金剛型戦艦三番艦、榛名)

ビスマルク(金剛と共にいくつもの戦場を駆け巡り、傷つきながらも奮闘を重ねてきた武勲艦)

ビスマルク(最後はボロボロになりながらも、呉で国を守るため戦い続けた、その勇敢さと献身)

榛名(まさしく、榛名の尊敬する人です!)

ビスマルク(まさしく、私が尊敬する艦だわ)

榛名「だからこそ、榛名はビスマルクさんに勝ちたいです!」

ビスマルク「そんな榛名を相手にしてこそ、勝利に大きな意味があるのよ!」

榛名「いいでしょう! ビスマルクさん、勝負です!」

ビスマルク「Gut.その闘志、その覇気! それでこそ私のライバルよ!」

榛名「榛名、例えビルマルクさんが相手でも……いいえ、ビスマルクさんだからこそ負けません! 全力でお相手致します!」

ビスマルク「それはこちらの台詞ね。榛名、あなたが相手だからこそ極限まで燃えるというものだわ!」

榛名「さあ、ビスマルクさん! 決着を付けましょう!」

ビスマルク「望むところよ!」
22: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:05:40.46 ID:JrVUW2K2o
五十鈴「ちょ、ちょっと待ちなさいよ! あんたらが今ここで、全力で戦ったりしたら大変なことになるわよ!」

熊野「その通りですわ! レディーたるもの、時と場所を弁えなくてはなりませんわよ!」

阿武隈「たぶん大丈夫だと思うけど……」

熊野「え?」

ビスマルク「というわけで、提督。後で演習のための書類持って行くから」

榛名「場所の確保、資材や艤装の手配もしておきますね」

提督「了解した」

五十鈴「あんだけ決着どうこう言っておいて、きっちりしてるわねあんたら!?」

榛名「え? でも当然のことでは?」

ビスマルク「守るべき規律や手順を守らないでどうするのよ?」

五十鈴「言ってることは正論なのに、納得いかない!?」
23: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:07:09.15 ID:JrVUW2K2o
睦月「ちょっと待つのです! 勝負ならこの睦月だって負けないのね!」バンッ!

夕張「睦月ちゃん!?」

鎮守府職員「その通りにゃしい!」

鎮守府職員「にゃしい!」

夕張「って誰よ貴方達!?」

鎮守府職員「睦月様は可愛くて(燃費的に)小食の働き者です!」

鎮守府職員「睦月様は妹想いの良いお姉ちゃんです!」

鎮守府職員「睦月様は褒められて伸びるタイプにゃしい!」

鎮守府職員「睦月様には主砲も魚雷もあるんだよ!」

如月「うふふ、睦月ちゃん人気者ね」

鎮守府職員「にゃしい!」

睦月「ふふふ……よいぞよいぞ。睦月をもっともっと称えると良いぞ」

鎮守府職員「にゃしい! にゃしい!」

阿武隈「……えっと、この人達って」

提督「ああ、認めたくないが、うちの職員達だな」

望月「なんであたしがこんなことに付き合わなきゃなんねーだ……まじめんどー」

弥生「うーちゃん、どこ行ったのかな……?」きょろきょろ

睦月「ふふーっ! この溢れる歓声、睦月感激ぃ! 皆の者、大義であるぞよ!」

鎮守府職員「ははー!」
24: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:07:40.02 ID:JrVUW2K2o
睦月「およ? 提督、阿武隈さんに電ちゃん。他のみんなもどうしたの? なんでそんなに沈黙してるのかにゃ?」

電「いや睦月ちゃんがどうしたのです?」

睦月「にしし、これは偉大なる睦月を称える会なのです!」

睦月「あれれ? みんな、なんできょとんした顔してるのかにゃ? ダメだよ、笑顔笑顔!」

提督「この光景を、すぐ笑顔で見れる方が異常だと思うぞ」

阿武隈「というか睦月ちゃんを讃えてるこの人達……鎮守府で働いている方々ですよね?」

如月「その通りよ、びっくりした?」

提督「びっくりしないわけないだろう……というか、彼らはこんな欲求を秘めていたのか?」

電「睦月ちゃんが、これだけ人気だったということなのです?」

睦月「えへへ、睦月照れるにゃしい」

望月「こいつら、正気か……? 正気じゃねえんだろうな、はあ……」

弥生「うーちゃん、せっかく弥生が渾身のダジャレ披露しようと思ったのに……」
25: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:08:23.52 ID:JrVUW2K2o
睦月「良かったら、皆も睦月を称える会に参加するかにゃ?」

阿武隈「あたし的にはNGです」

電「睦月ちゃんは好きだけど、さすがにこれはちょっと……」

提督「提督がこの集まりに参加したら、さすがにまずいだろう」

睦月「ふぇぇぇぇ……三人には睦月の魅力が通じないのです」

如月「諦めちゃ駄目よ、睦月ちゃん。いつか三人も、他の皆もきっと睦月ちゃんの魅力に気づいてくれるわよ」

睦月「そうだね如月ちゃん。睦月張り切ってまいりますよーっ!」

白露「それはどうかな!?」バンッ!

時雨「そこまでだよ!」バンッ!

睦月「何奴っ!?」

白露「白露型の一番艦、そして全ての一番をいつか掴む者――白露です!」

時雨「そして僕は白露型二番艦、時雨。よろしくね」

白露「もちろん、鎮守府内の人気も一番なんだから!」

如月「ふふ……それは睦月ちゃんに対する、宣戦布告と受け取ってもらってもいいのかしら?」

白露「戦うまでもないかな? だってあたしがいっちばーん! なんだから!」

阿武隈「二人とも、ケンカしちゃ駄目!」

睦月「そ、そうだよぉ! みんな仲良くするにゃしい!」

電「睦月ちゃんの言う通りなのです!」

如月「そ、そうよね。ごめんなさい、みんな」

白露「……うん、ちょっと悪乗りしちゃったかも。ごめんね」

電「分かってくれて、嬉しいのです」

阿武隈「うん、二人とも偉いよ。電ちゃんも、睦月ちゃんも止めてくれてありがとうね」

睦月「にひひ、もっと睦月を褒めるにゃしい」

提督「ああ、三人が止めてくれて助かったよ」

提督(欲求が前面に出ても、睦月達の本質は変わってない、か。良い事だ)
26: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:08:50.42 ID:JrVUW2K2o
鎮守府職員「白露ちゃんがやっぱりいっちばーん!」

鎮守府職員「いやいや、やはり睦月様も負けてはいないぞ!」

睦月「はれ?」

鎮守府職員「つまり二人がいっちばーん、と言うことだな!」

鎮守府職員「いいだろう、特別に睦月様を称えることを許してやろうではないか!」

ガシッ!(←固い握手)

鎮守府職員「にゃしい!」

鎮守府職員「いっちばーん!」

如月「……なにかしら、これ」

阿武隈「あたしに訊かれても」

鎮守府職員「聞き捨てならんぞぉ!」

鎮守府職員「然り然り然り!」

電「どこからか人が沢山出てきたのです!?」

阿武隈「うえええええぇ!? なんなんですかこの人達ぃ!?」

提督「落ち着け、全員この鎮守府で働く人達だ! 顔は知っているだろ!」

白露「そ、そりゃそうだけど……」
27: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:09:27.46 ID:JrVUW2K2o
鎮守府職員「二人が一番ということは、即ち他の子達を下だと言ったも同然!」

鎮守府職員「金剛さんを差し置いて一番を名乗るとはいい度胸デース!」

鎮守府職員「頭に来ました」

鎮守府職員「五月雨ちゃんに敵う子がいるわけないだろ、いい加減にしろ!」

鎮守府職員「世に文月のあらんことを」

鎮守府職員「あらあら」

鎮守府職員「イムヤの事、嫌いになったの……?」

鎮守府職員「神通さんが魅力も夜戦も一番に決まってるだろ!」

鎮守府職員「バカね、撃ってくれってこと?」

鎮守府職員「熊野様の魅力が分からない奴がいるとはな!」

鎮守府職員「阿武隈ちゃんの前髪思いっきりなで回したい!」

鎮守府職員「「「いや上官の恋人はまずいだろ」」」

鎮守府職員「なにぃ!? おまえらいきなり素に戻るなよ!?」

時雨「これは酷い。君達には失望したよ。いや割と本気で」

提督「悲しいが、時雨に反論できない」

ビスマルク「提督。この人達撃っても良いかしら?」

提督「気持ちは分かるがやめてくれ。この人達も今は正気じゃないんだ」

五十鈴「ああ、そう言えばそうだったわね。さっきからいろいろあってすっかり忘れてたわ」
28: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:10:31.59 ID:JrVUW2K2o
デデン!

加賀「そこまでよ! 皆、武器を捨て争いをやめなさい!」(←マイク装備済み)

加賀「加賀ちゃんのライブ! はっじまっるよー!」

五十鈴「……頭痛くなってきた」

夕張「なにしてるの五十鈴! あなたがツッコミを放棄したら、一体だれがツッコミをするというの!?」

白露「そうだよ! 追撃戦は五十鈴さんの十八番じゃない!」

五十鈴「人をツッコミマシーンみたいに言うんじゃないわよ! そんなの阿武隈がいくらでもやってくれるわ!」

阿武隈「あたしに振らないでお姉ちゃん!?」

加賀「戦争なんてくだらないわ! 私の歌を聴いてー!」

熊野「お構いなしですわね!? 加賀さんは相当影響が強かったみたいですわ!」

響「まったく、こんな簡単に理性を失うなんて情けないな。少しは私を見習って欲しい」

「「「お前が言うな!」」」

響「……阿武隈さん、なぜか涙が出てくるんだ。どうしてだろうね」

阿武隈「よしよし。ほら、泣かないの。響ちゃんは強い子でしょ?」

提督「なんていうか、もう半分くらい阿武隈が響のお母さんになってないか?」

響「じゃあ司令官がお父さんかな?」

提督「こら、からかうんじゃない」

阿武隈「えっと……あたしがお母さんで、てーとくがお父さん……えへへ」

五十鈴「惚気てんじゃないわよ」
29: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:11:14.52 ID:JrVUW2K2o
加賀「……なぜ? なぜみんな私の歌を聴かないの?」

那珂「どうしたの加賀ちゃん!」

加賀「那珂さ……ちゃん」

那珂「加賀ちゃん、あなたは歌うんじゃなかったの!? 歌え、歌いなさい加賀ちゃん!」

加賀「歌う……そうね。それが、一番良い判断ね」

那珂「加賀ちゃん!」

加賀「那珂ちゃん、私は歌うわ。そして歌でこの戦争を止めてみせる」

那珂「その意気だよ加賀ちゃん!」

赤城「……すうっ」

加賀「みんな、私の歌を――」

赤城「いいかげんにしなさい貴方達!」

鎮守府職員「っ!?」ビクッ!?

赤城「話は聞きました、なんでも理性を減退させる現象が起きているとか」

赤城「それは理解できます。ですが何事ですか! ここにいる全員が恥もなく騒ぎ、目の前にいる子達への思慕を叫び、あまつさえその子達の優劣を競い合うなどと!」

赤城「それでも深海棲艦から国を守る鎮守府の一員ですか! もっと誇りと自覚を持ちなさい!」

赤城「貴方達ならできないはずないでしょう! ……いつも、貴方達がどれだけこの鎮守府に貢献してくださっているか、皆知っています」

赤城「そんな貴方達なら、もっとしっかりできるでしょう? 私は、ちゃんと信じていますよ」

赤城「そうでしょう、皆さん?」

鎮守府職員「「「はい、すみませんでした!」」」」

赤城「よろしい……私こそ、怒鳴りつけてすみませんでした」
30: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:12:00.05 ID:JrVUW2K2o
加賀「……」

赤城「……あら、どうしたんですか、加賀さん?」

赤城「って、どうして泣いているんですか!? あの、私なにかしましたか!? 加賀さん!?」

那珂「あ、えっと……ドンマイ、加賀ちゃん!」

加賀「……そうね」

赤城「あの、その……ご、ごめんなさい加賀さん!」

加賀「……いえ、赤城さんはなにも悪くないわ」

阿武隈(すっごく落ち込んでるーっ!?)

響「……加賀さーん」パンッ!

雷「響? どうしたの、手なんか叩いて」

電(……響ちゃん)

電「……加賀さーん!」バンッ!

暁「かーがさん!」パンッ!

若葉「かーがさん」パンッ!

初霜「若葉……そうね、かーがさん!」パンッ!

雷「……もう、響ったら。なかなか憎いことするじゃないの。かーがさん!」パンッ!
31: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:12:28.47 ID:JrVUW2K2o
加賀「……これは?」

白露「加賀さーん!」パンッ

時雨「かーがさん」パンッ!

菊月「かーがさん」パンッ!

長月「燃えてきたよ……やってやれ加賀さん!」

阿武隈「加賀さん、ファイトです!」パンッ!

提督「加賀、今日は特別だ! 思いっきり歌ってやれ!」

五十鈴「しょうがないわね、付き合うとしますか。加賀さーん!」パンッ

熊野「加賀さん、あなたの心からの歌を聴かせてくださいな!」

ビスマルク「一度くらいくじけただけで、落ち込んでちゃ駄目よ!」

榛名「加賀さん!」パンッ!

島風「ほらほら、霞ちゃんも!」

霞「ちょっ、こら引っ張るな! あーもう、やればいいんでしょやれば!」

夕張「素直じゃないわねえ、さっきまで阿武隈にケーキ食べたいとか、肩車してって甘えん坊さんだったのに」

霞「ああああ、あれは忘れなさいっ!?」

足柄「霞ちゃん、私に甘えても良いのよ!」

霞「するか!」
32: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:13:26.61 ID:JrVUW2K2o
睦月「夕張さん、睦月達も加賀さんに声援を届けるのです!」

如月「睦月ちゃん、如月もご一緒するわ」

弥生「弥生も……」バンッ!

望月「……なんか面倒なことになってやがるし。まっ、少しだけなら付き合うとすっか」バンッ

夕張「睦月ちゃん、如月ちゃん、弥生ちゃんに、望月ちゃんまで……」

夕張「そうね。第六水雷戦隊、加賀さんに声援を届けるわよ!」

睦月「おー!」



加賀「……みんな」

赤城「加賀さん。皆が加賀さんの歌を求めているんですよ」

加賀「赤城さん……」

赤城「もちろん、私も加賀さんの歌を聴きたいです。お願い……できますか?」

加賀「……ありがとう、そしてごめんなさいね。赤城さんは悪くないのに、一人で勝手にすねてしまって」

赤城「ええ、でもそれは後で。今は、皆の声援に応えてあげてください」

加賀「そうね。みんな、ありがとう」

加賀「加賀……全力で歌います!」

那珂「さあ! 私達のステージ始まるよーっ!」

「「「おまえも歌うのかよ!?」」」」

那珂「ええっ!? 那珂ちゃんのけ者!? ひどーいっ!?」
33: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:13:55.56 ID:JrVUW2K2o
提督「とりあえず、一件落着か……?」

阿武隈「とりあえず、ですね。まだ他にも後から影響出てくる人がいるかもしれないですし」

夕張「けど、大抵の人はもう一度影響出てから戻ってますからね。残りの人に影響が出ても、抑えられるでしょう」

夕張「気をつけていれば、大した問題にはならないと思いますよ?」

五十鈴「そうね。まさかみんなを縛り付けておくわけにもいかないし」

提督「それもそうか。注意しつつ、問題が起きれば対処という形でいいか」

夕張「ええ、私は念のため対処法を準備しておきますね!」

提督「頼んだ」

阿武隈「ひとまず、お疲れ様です。提督」

提督「ああ、阿武隈もお疲れさま。大変だったな」

阿武隈「いえ、大丈夫です。それになんだか楽しかったです」

五十鈴「あんだけ駆逐の子達に振り回されて楽しかったって……あんたも変わってるわねえ」

電「ともあれ、大きな問題がなくてなによりなのです」

暁「なのです!」

初霜「な、なのです!」

若葉「初霜、無理して乗らなくてもいいぞ」
34: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:18:38.23 ID:JrVUW2K2o
――夜。

提督「……予想外の大きな問題だな、これは」

阿武隈「えへへ、てーとく、あーん」

提督「いや、あのな阿武隈」

阿武隈「てーとく、ほら口開けてください。あーん」ニコニコ

提督「……もぐ」

阿武隈「どう、てーとく? 味は変じゃない?」

提督「ああ、すごくおいしい……おいしいんだが」

阿武隈「良かったです。それじゃ、次は卵焼き……あーん」

提督「……おいしい」

阿武隈「えへへ」にぱー

提督「いや、阿武隈。いちいち私に食べさせてたら、阿武隈が疲れるだろ?」

阿武隈「好きでやってることですから。あたし的には、とってもOKです!」

提督「いや、しかし申し訳ないからな。ほら、阿武隈も食べないと駄目だろ?」

阿武隈「てーとくが気にする必要、ないですよ?」

提督「いや気にしないわけにはいかないだろ。顔が近いとか、阿武隈の良い香りがするとか」

阿武隈「提督、何か言いました?」

提督「何でもないぞ? ほら、せっかくだし私一人で食べるより、阿武隈と一緒に食べた方が楽しいだろう?」

阿武隈「そう? それもそうですね、てーとくがそうしたいならそうします!」

提督「ああ、それがいい……五十鈴。さっきから、なににやけた顔してこっちを見ているんだ」

五十鈴「べーつーに? ただ姉の私がいる前で、まあお熱いことで」

提督「時間差で夕張……じゃなくて妖精さんの流した音楽の影響が出てるんだ。大目に見てくれ」

五十鈴「まあ、そうね。恥ずかしがり屋なところもある阿武隈が、人前でこんなことするのはちょっと考えにくいものね」

提督「五十鈴以外、誰もいなくて良かったよ」
35: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:19:16.91 ID:JrVUW2K2o
提督「で、なんとかならないか?」

五十鈴「する必要あるの? 阿武隈が甘えてきているんだから、ちゃんと受け止めてあげなさいよ?」

提督「む」

五十鈴「普段は阿武隈が駆逐の子達のお姉さんして、一杯甘えさせているんだもの。たまには阿武隈が提督に甘えてもいいんじゃない?」

提督「たしかに。阿武隈の力になれるのなら、むしろ望むところか」

五十鈴「その相手が五十鈴じゃないのは、ちょっと残念だけど」ぼそっ

提督「何か言ったか?」

五十鈴「別に? なんだかんだ、提督も嬉しいんじゃないの?」

提督「否定はしない」

五十鈴「はいはい。邪魔者は退散するわ。馬に蹴られたくないし」

阿武隈「お姉ちゃん、どうしたの? まだ食べ終わってないよ?」

五十鈴「残りは部屋で食べるわよ。二人でゆっくりイチャついてなさい」

阿武隈「イチャ……ふええ!?」

五十鈴「今日は部屋に戻ってこなくてもいいわよー」

阿武隈「お、おねえちゃーん!?」

提督「ほら、阿武隈。食事中に騒ぐのは良くないぞ」

阿武隈「てーとく落ち着き過ぎです……」

提督「阿武隈といると、落ち着くからな」

阿武隈「ふえ? そうですか?」

提督「ああ、癒やしオーラでも出てるんじゃないか? 主に子供を引き寄せるような。特に響あたり」

阿武隈「よく分かりませんけど、てーとくが褒めてくれて嬉しいです」

提督(……普段より更にほわほわしてるな)

阿武隈「えへへ、てーとく、ありがとう」

提督(けどすごくかわいい)
36: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:19:44.29 ID:JrVUW2K2o
提督「ごちそうさま、すごくおいしかったよ」

阿武隈「お粗末様でした」

提督「いつもありがとうな」

阿武隈「えへへ、どういたしまして」

提督「さて、風呂にでも入るか。阿武隈はもう部屋に戻るか?」

阿武隈「えっと……あ、あの」

提督「……どうした?」

阿武隈「よ、よければ背中、流しましょうか?」

提督「……なんだって?」

阿武隈「で、ですからお背中流しましょうか?」

提督「……誰が?」

阿武隈「あたしが」

提督「誰の?」

阿武隈「そ、その……てーとくの」

提督(恥じらう阿武隈もかわいい……じゃなくて!)

提督「あのな、阿武隈。もうちょっと自分を大事にしようか」

阿武隈「ふえ?」

提督(一緒にお風呂なんか入って、私が我慢できる保証なんてないだろう! 初めてがお風呂とか駄目でしょうが!)

妖精さん(ていとくさん、ていとくさん、くちょうかわってるです)

提督(こいつ直接脳内に……!?)

提督「ともかく、お風呂は一人で平気だから、阿武隈はそこまでしなくていい」

阿武隈「で、でも提督もお疲れでしょうし、少しでも癒やしてあげられたらって……」

提督(いや、余計に疲れることになると思う)
37: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:20:27.39 ID:JrVUW2K2o
提督「そ、そうだ阿武隈! なにかして欲しいことないか!?」

提督(欲望に素直になっている今こそ! して欲しいことを訊くことで話題をそらす!)

阿武隈「どうしたんです、急に?」

提督「いや、阿武隈に恩返しをしないと思ってな。なんでもいいぞ」

阿武隈「えーっと、それじゃあてーとくの背中を流して――」

提督「それ以外で」

阿武隈「え、でも今なんでもって……」

提督「すまん、それ以外ならなんでもいいから、それだけはまた今度だな」

阿武隈「むー。それ以外ならなんでもいいですか?」

提督「ああ、阿武隈の願いならな。ただし私にできることだけだぞ」

阿武隈「えっと、それじゃあね、それじゃあね、てーとく……一緒に寝てもいーい?」

提督「……はい?」

阿武隈「てーとくと一緒にお休み、えへへー」ぎゅー

提督「……まあ、たしかに私にできることだなあ」

阿武隈「提督、一杯お話しよ? ふふっ、楽しみー」

提督(本当にほんわかした笑顔しているな、まったく)

提督(けど、そこまで甘えてくれるのは、嬉しいことだ)

提督(それに五十鈴の言うとおり、普段一生懸命に頑張ってくれている阿武隈を甘えさせるのも、大切なことだろう)

提督「……そうだな、私にできることならなんでもするって言ったしな」

提督「ああ、いいぞ。阿武隈と一緒に沢山話するの、楽しみだな」

阿武隈「はい! ありがとう、てーとく」ぎゅー

提督「いや、お礼を言うのはこっちの方だ」

阿武隈「ふえ? どーして?」

提督「気にするな」

阿武隈「変なてーとくですねえ? でも、ちょっとかわいいです」

提督(さっきから柔らかいのが当たってるとは言えない)

提督(まあ、私が我慢すればいい話だ……これでも軍人だ、自制が効かなくてどうする、やってやるさ)
38: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:21:30.83 ID:JrVUW2K2o
――その後。提督自室。

阿武隈「それでね、それから電ちゃんがねっ――」

提督「ははっ、それは電らしいなあ」

阿武隈「それでその電ちゃんに、初霜ちゃんがね」

提督「なるほど、やっぱり初霜も良い子だ」

阿武隈「うん、電ちゃんも初霜ちゃんもとっても良い子ですっ」

阿武隈「そういえば、ちょっと前に神通と那珂……ちゃんのライブ言ったんですけど、神通がすごい盛り上がっちゃって、ちょっとびっくりしました」

阿武隈「けど、一生懸命応援している姿を見て、神通は本当に那珂ちゃんのことすっごく大切なんだなって」

提督「ああ、蒼龍から聞いたぞ。二人とも一生懸命那珂を応援してたそうだな」

阿武隈「ふえ!? そ、蒼龍さん……恥ずかしいです」

提督「恥ずかしがることないだろう。阿武隈もそれだけ那珂のこと応援したいって思ったんだろう?」

阿武隈「ま、まあそうだけど……はい」

阿武隈「那珂ちゃんの歌、すっごく良かったですよ? 今度はてーとくと一緒に行けたらいいな」

提督「そうだな、今度は行けるようにするよ」

阿武隈「はい、楽しみですっ」

提督「……やっぱり和むなあ」

阿武隈「ふえ? てーとく? あたしの髪、どうかしましたか?」

提督「いや、いつもの髪型じゃないんだなって。軽く結んでいるだけなんだな」

阿武隈「そりゃ、寝るときはあの髪型にしませんよ。変な癖が付いちゃいます」

提督「それはそうだ」サワサワ

阿武隈「大体、提督も何回も髪をこうしているところ、見てるじゃないですか」

提督「いつもの髪型もいいけど、こういうのも良いなって思っただけだ」

阿武隈「そう言ってくれると、嬉しいです。えへへ」
39: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:22:28.34 ID:JrVUW2K2o
提督「それにしても、いい手触りだな」

阿武隈「てーとくってば……それじゃあ、もっと触ります?」ぎゅっ

提督「阿武隈?」

阿武隈「てーとくだから、特別です。いくらでも、触っても良いですよ?」

提督「あ、ああ……それじゃあ」サワサワ

阿武隈「んっ……くすぐったいです」

提督「嫌か?」

阿武隈「ううん……大丈夫ですぅ……てーとく、どーお?」

提督「そうだな……すごくどきどきしてるけど、酷く落ち着く……なんだか不思議な気持ちだ」

阿武隈「てーとくも? あたしも……同じ気持ちです」

阿武隈「さっきから、心臓がバクバクして、すごく熱いのに……本当に安心できるんです」

阿武隈「相反している気持ちが、ぴったりと填まる、不思議な気持ち……面白いですね、てーとく」

提督「そうだな……不思議で心地良い感覚だ」

阿武隈「提督、ちょっと良いですか?」

提督「なんだい? なんでも言ってくれ?」

阿武隈「それじゃ、失礼しますね」ぎゅっ
40: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:23:07.87 ID:JrVUW2K2o
提督「――っ? あ、阿武隈……?」

阿武隈「……え、えっと……その」

阿武隈「いつも、提督に抱きしめて貰ったりしてますから……その、あたしが提督を抱きしめてあげたいなって」

阿武隈「……嫌じゃなかったですか?」

提督「それはありえないし、むしろ良いんだが……」

阿武隈「良かった。それじゃ、さっきのお返しです」サワサワ

提督「なんだかくすぐったいな……前にも言ったけど男の髪なんて、固いだけで触っても面白くないだろう?」

阿武隈「そんなことないですよ? 新鮮で楽しいです」

提督「そ、そうか……」

阿武隈「提督? どうかしましたか?」

提督「えっとだな。その、さっきから、阿武隈のがな。顔に当たって……」

阿武隈「ふえ? ……あ!」

阿武隈「え、えっと、その……てーとくが良ければ、あたし的には……OKです」

提督「お、オーケーか? わ、私的にもOKだが」

阿武隈「……てーとくのえっち」

提督「おい」

阿武隈「えへへ、冗談です。でも……あたしの大きさじゃ物足りなくありません……?」

提督「いや、十分だと思うが……周りと比べ過ぎだろう。十分な感触あるし、少なくても私は好きだぞ」

提督(……って何を言っているんだ私は)

阿武隈「そうですか? てーとくに喜んでもらって、良かったです」
41: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:23:39.08 ID:JrVUW2K2o
提督「阿武隈はとても魅力的な子だから、もっと自信を持って良いぞ? 私が保証する」

阿武隈「提督に保証して貰えたら、それで十分ですね。ありがとう、提督」

阿武隈「提督、大好きです」ぎゅっ

提督「ありがとう……私も、大好きだ」

提督(阿武隈の息づかいと、トクントクンという心臓の音)

提督(頭を撫でられるながら、優しく包まれる感触、温かい体温、明るく穏やかな声……すごく安心する)

提督(阿武隈を甘えさせるつもりが……逆に私が甘えているな)

阿武隈「提督、いつもありがとう」

提督「……特にお礼を言われるようなことはしてないと思うが?」

阿武隈「いつも、あたし達のために鎮守府と艦隊の指揮、運営に一生懸命に頑張ってくれているじゃないですか」

阿武隈「けど、提督はすぐ頑張り過ぎちゃいます」

阿武隈「ですから、あたしにできることがあればって……そう思ったんですけど」

提督「十分過ぎるほどだよ。こちらこそ、いつも阿武隈には助けて貰っている」

提督「水雷戦隊の指揮、駆逐の子達の統率や訓練の指導、精神面のフォロー。空母や戦艦、他の水雷戦隊との連携……」

提督「本当に頭が下がるばかりだ。苦労をかけるな。ありがとう」

阿武隈「ううん、電ちゃん達やお姉ちゃん達に助けてもらっているから、あたしは大丈夫です」

阿武隈「あたしの方こそ、いつもありがとうございますっ」

提督「そうか、でもあまり無理はするなよ?」なでなで

阿武隈「はい……ん、てーとくの手、安心します」
42: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:25:05.14 ID:JrVUW2K2o
提督「でも、それならもう少しお礼を貰ってもいいか?」

阿武隈「ふえ? 別に良いですよ?」

提督「それじゃ……」

阿武隈「あ……んっ」

阿武隈「……てーとく、キス気持ちいいです……」

提督「そう素直に言われると、こっちも照れるな……」

阿武隈「てーとく、その……もう一度……」

阿武隈「……んっ」

阿武隈「……えへへ、なんだかあたしがお礼貰ってるみたいです」

提督「いやいや、間違いなく私の方がお礼を貰っているだろう」

阿武隈「そうでしょうか……? あたしの方だと思うんですけど」

提督「いややはり私の方が――っ!?」

阿武隈「……えへへ、そんな聞き分けのないお口は塞いじゃうんだから」

提督「それだと阿武隈の口も塞がれているんだが」

阿武隈「別に構いませんけど? ふふーん」ぎゅっ
43: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:25:54.62 ID:JrVUW2K2o
阿武隈「やっぱりてーとくの胸は広いですねえ」ぐりぐり

提督「こら、あまり顔を押しつけてくるんじゃない」

阿武隈「良いじゃないですか、減るもんじゃないですし」

提督「いや、そういうわけじゃなくてだな……」

阿武隈「なにか困るんですか?」

提督「困るというか……」

阿武隈「ふえ? 提督、このズボンの中にある固いの、なんでしょうか? 鍵とか?」

提督「そ、その通りだ。だから気にしないように」

阿武隈「なんで鍵なんで寝るときに持っているんですか? どこかにしまっておきましょうよ」

提督「それがそういうわけにはいかなくてだな……」

阿武隈「どうして? もしかして起きるのが面倒なんですか?」

阿武隈「しょうがないですねえ。あたしが置いて来てあげますね。ほら、出して」

提督「それは絶対に駄目だ」

阿武隈「なんでですか? 別に遠慮しなくて良いですって。貸してください」

提督「待て、それはまず――」

阿武隈「……あ」

提督「……」

阿武隈「え、えっと……その……」

提督「……あー、阿武隈。これはだな、理性とかそういうのとは別の、勝手に起こってしまう反応であり、決してやましいことは」
44: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:26:56.52 ID:JrVUW2K2o
阿武隈「こ、これって……そういうことなんですよね」

提督「阿武隈?」

阿武隈「その……てーとくが、あたしに、興奮してくれたって……思ってもいいのかな?」

阿武隈「も、もしかしたらてーとく、あたしをそういう風に見てないかもって思ってたから……嬉しいです」

提督「……当たり前だろう」ぎゅっ

阿武隈「……提督?」

提督「大好きな子に、ましてや阿武隈のような可愛くて良い子とこうしていて、平静でいられるほど私は自制心は強くないぞ」

阿武隈「え、えっと……ひゃう!?」

阿武隈(て、てーとくがあたしの首にキ、キスしてる……それに、手もあたしのむ、胸とか……)

提督「前から、阿武隈とこうしたいって思っていたんだぞ?」

阿武隈「そ、そうなの……?」

提督「まだ疑うなら、証明しようか?」

阿武隈「……それって」

提督「嫌なら、抵抗してくれ。阿武隈の嫌がることはしたくないからな」

阿武隈「……それは、駄目ですよ、てーとく」ぐいっ

提督「おっと……ん」

阿武隈「……んっ」

阿武隈「えへへ、提督から勇気貰っちゃいました……あたし的に、準備OKです」

提督「……阿武隈」

阿武隈「提督は優しいから、あたしを傷つけないように嘘ついちゃうかもしれません」

阿武隈「ですから……あたしに証明してみせて……ください」

阿武隈「あたしは大丈夫です……さっきも、てーとくの手は優しかったですし」

阿武隈「それに……あたしだっててーとくとこうしたいって、思ってましたから」
45: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:27:34.00 ID:JrVUW2K2o
提督「分かった。できる限り優しくするけど、嫌だったらちゃんと言ってくれ」

阿武隈「は、はい……」

阿武隈(提督があたしの服脱がそうとしてる……あ、あたしの体見られちゃうんだ)

阿武隈(そ、それだけじゃなくても、もっとすごいことを……)

阿武隈(どうしよう……すごい恥ずかしいのに、あたしを見て欲しい……触れて欲しいって思ってる)

阿武隈(あ、あたし……変じゃないかな? 提督、どう思うんだろう?)

阿武隈(……あ。駄目だ、自分のことばかり考えてちゃ……て、提督だってきっと緊張してる)

阿武隈「そ、その提督。提督の服も、脱がしますね」

提督「え?」

阿武隈「あたしばかり恥ずかしい思いさせて、ずるいです。だから、一緒に恥ずかしい思いしましょ、ねっ?」

提督「ははっ、そうだな。じゃあ、お願いできるか?」

阿武隈「えへへ、任せて任せて」

――パサッ。

阿武隈「提督の体、やっぱりゴツゴツしてますねえ。逞しいです」

提督「これでも軍人の端くれだからな。阿武隈は……すごく綺麗だ」

阿武隈「そ、そう? 提督が気に入ってくれたなら、嬉しいです」

阿武隈「やっぱりお姉ちゃん達に比べると、子供っぽい体してるかなって思うんですけど……」

提督「だからそれは謙遜しすぎだ。十分過ぎるほど魅力的だぞ」

阿武隈「きゃっ!? て、てーとく……」

バタバタバタ! ドタン!

ガチャ!

暁「ふえええええん! おばけ、おばけが出たーっ!?」

阿武隈「暁ちゃん!? どうしたの!?」
46: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:28:13.07 ID:JrVUW2K2o
暁「あっ、阿武隈さん!? うわーん!」

――タタタタ! ボスッ!

暁「ふえええ、怖かったよう……」ぎゅっ

阿武隈「よしよし、もう大丈夫だからね。あたしも提督も側にいるから」

提督「もう心配ないぞ、暁。安心していいからな」

暁「ふぇ……う、うん……」

――バタバタバタ! ガチャ!

白露「暁、ごめんごめん! おばけじゃなくてあたし! 白露、白露だから!」

暁「きゃっ!? ……し、白露?」

阿武隈「ほら、白露ちゃんだから大丈夫だよ、暁ちゃん」

暁「う、うん……ありがと」

阿武隈「白露ちゃん、どうしたの? どういうこと」

白露「えっとね。川内さんが夜戦相手を捜し回って、鎮守府内を駆け回ってたんだけど」

提督「またか……ってもしかしてこれも妖精さんの流した音楽が影響しているのか?」

白露「あ、川内さん昼間寝てたから影響ないだろうって那珂ちゃんが言ってたよ」

阿武隈「そ、そうなんだ……素なのね」

暁「まったく一人前のレディーとは呼べないわね」
47: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:28:56.58 ID:JrVUW2K2o
白露「それで、見つかったら面倒だなーってカーテンの裏に隠れてたの」

白露「しばらくそこに隠れて、川内さんをやり過ごせたかなーってカーテンの中から外の様子伺ってたんだけど……」

暁「え? つまり、白いオバケだったと思ってたのは、白露がカーテンの中で動いてただけ……?」

白露「ごめんね、暁。怖がらせちゃって」

暁「べ、別に怖がってなんかないし! へっちゃらだし! だから白露が謝る必要なんてこれっぽっちもないんだから!」

白露「そう? ありがとうね、暁!」

暁「別にお礼を言われる筋合いなんてないわよ、白露はちっとも悪くないじゃない」

暁「むしろ……えっと、急に逃げ出してごめんなさい」

白露「それこそ暁が謝る必要なんてないでしょ、もー」

阿武隈「二人ともちゃんとごめんなさいと、ありがとうが言えてえらいね。うん、あたしも嬉しいな」

暁「ふわ……阿武隈さんったらすぐに暁の頭撫でないでったら」

白露「えへへ、褒められちゃった! やったね」

提督「暁、怖かったのによく頑張ってここまで来たな。白露も暁を心配して追いかけてきてくれて、ありがとう」

白露「別に当たり前のことをしただけだよ?」

暁「だから怖くなんてなかったし」

提督「そうだったな、ごめんごめん」
48: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:29:40.64 ID:JrVUW2K2o
暁「もう……あれ?」

阿武隈「暁ちゃん、なにかあった?」

暁「阿武隈さんに司令官……どうして下着姿なの?」

阿武隈「えっ」

提督「あ」

白露「そういえば本当だ? なんで?」

阿武隈「うわあああああっ!? 提督、暁ちゃん達の前でいつまでもそんな姿でいたら駄目です! 早く服着て!」

提督「す、すまん! というか阿武隈も!」

阿武隈「あああ、そうだった!?」

暁「……?」

白露「なにそんなに慌ててるんだろう……?」

暁「駄目じゃない、司令官、阿武隈さん。そんなお行儀の悪い格好でいたら」

暁「この季節でも、そんな格好でいたら風邪引いちゃうって前に暁に言ったの、阿武隈さんじゃないの」(←純粋な眼差し)

白露「それに、提督はまだしも、なんで阿武隈さんが提督のベットにいたの? それもそんな格好で?」(←同じく)

阿武隈「え、えっと……」

提督「それはだな……」

暁「あ、もしかして夜更かしして二人で遊んでたのね! 阿武隈さんずるいわ! 暁も混ぜて!」

白露「えー、阿武隈さんずるーい。夜更かしするなーって白露達には言うくせにー」

阿武隈「え、えっと……そ、そうだね。ごめんね。ちょっと眠れなかったから……」

暁「そう? なら暁も一緒にその遊びするわ! 暁ももうちょっと眠れそうにないし」

白露「あたしもあたしも!」

阿武隈「ふええええ!? えっとそれはその……」

暁「どうしたの、阿武隈さん? さっきからやたら慌てて、今日は変じゃない?」

白露「ふふーん、さては白露達には言えないようなことしてたんでしょー」

提督「いや、そんなことはないぞ」

阿武隈「そ、そうです! そんなこと……」

阿武隈「いや明らかな嘘つくのは良くないけどでもまさか本当のこと言うわけにもいかないしごまかざすかつそれでいて……」

提督「阿武隈、落ち着け」

阿武隈「ひゃう!? え、えっとその……はい」
49: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:30:24.78 ID:JrVUW2K2o
暁「ねえ、司令官と阿武隈さんどうしたのかしら?」

白露「きっと二人用のゲームでもやってたんだよ。暁とあたしと四人だと遊べないゲームだから慌ててるんだよね!」

暁「なーんだ、それならそうと言ってくれればいいのに」

白露「阿武隈さんも提督も優しいからねー」

阿武隈「え、えっとそうなんです!」

白露「もう、隠さなくていいのに」

阿武隈「えへへ、ごめんごめん」

暁「で、なんで阿武隈さんは服脱いでたの?」(←純粋な眼差し)

阿武隈「そこに戻っちゃうの!?」

白露「だって変じゃない? なにかあったのかなーって心配になるし」(←純粋な眼差し)

提督「そ、そうか……暁も白露も優しいなあ」

暁「そう? ありがと! で、なんで?」キラキラ

白露「あたしにも教えてよー!」

提督(好奇心旺盛なお年頃か!?)
50: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:31:24.26 ID:JrVUW2K2o
――数十分後。

暁「すーすー……」

白露「むにゃむにゃ……」

提督「ふう……」

阿武隈「暁ちゃん達、ここで寝ちゃいましたねえ」

提督「一応ぼかして説明できたか」

阿武隈「そ、そうですね……ひやひやしました」

提督「すまない、変な苦労をかけてしまって」

阿武隈「別に提督は悪くありませんよ、謝らないでください」

提督「いや、阿武隈が普通じゃない状態だったのに、私はそれにつけこんで――」

阿武隈「違います、提督」

提督「違う?」

阿武隈「あ、あたしは途中からその……影響なくなってましたから……その、えっと」

提督「そ、そうか……」

阿武隈「ですから、気にしないでください。それに、不謹慎かもしれませんけど、少し夕張さんに感謝です」

阿武隈「提督にこうやって甘えることができましたから」ポスッ

提督「なら、私もお相子だな。良くないが、阿武隈に甘えられて嬉しかったぞ」

阿武隈「えへへ、それなら嬉しいです」

提督「続きはまた今度だな」

阿武隈「ふえ!?」

提督「阿武隈さえ良ければだけど」

阿武隈「あ、あの……はい。よ、よろしくお願いします」

提督「あはは、こちらこそ」
51: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:32:03.39 ID:JrVUW2K2o
――やせん、みんな夜戦しよー!

――お酒飲みましょー! 極上もの見つけましたよ-!

――ちょっと待て! それは秘蔵の……おいバカ、本気でやめろ!

提督「……なんだか騒がしいな」

阿武隈「そういえばさっき川内が騒がしいって、白露ちゃんが……」

提督「止めにいくか……」

阿武隈「ですね……むー」

白露「ん……あぶくまさん、どこ行くの……?」

阿武隈「白露ちゃん? えっと、ごめんね、ちょっとだけですぐ戻るから、ここにいてね」

白露「やー……ここにいるの……」

暁「しれーかんも、阿武隈さんも……いっちゃやだ……ぐう」

阿武隈「えーと……」

提督「離してくれないな。さすが阿武隈、人気者だな」

阿武隈「提督こそ、人気者じゃないですか……それはいいけど、どうすれば良いんでしょう?」
52: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:32:59.20 ID:JrVUW2K2o
――その頃。鎮守府廊下。

川内「やっせん! やっせん! さあ私と夜戦しよ!」

ポーラ「やっせん! 行ってみましょうやっせんーっ!」

江風「川内さん気勢がいいねえ! 江風も負けてらンねえなあ! いっくぜー!」

金剛「あーもう、やかましいデース! 今何時だと思ってるんですか!? これじゃちっとも眠れないデース!」

川内「眠れない? じゃあ一緒に夜戦しようよ! ね!」

金剛「するわけないでしょ!? 夜更かしは美容の大敵デス!」

ザラ「ポーラ! また酒飲みながら騒いで! 皆さんに迷惑掛けちゃ駄目じゃない!」

ポーラ「まあまあそう固いこと言わないでくださいよ、ザラ姉様。ほら、姉様も飲みます?」

ザラ「飲みません! いいから少し静かにしなさい!」
53: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:34:00.99 ID:JrVUW2K2o
時雨「まったく騒がしいね。仕方ない、江風……それ以上騒ぐなら僕が相手になるよ」

江風「うえ!? 時雨の姉貴!? いや……むしろ望むところさ! 返り討ちにしてやンよ!」

時雨「にしても白露はどこ行ったんだろう……? まあ、いいさ。この場を鎮めたらゆっくり捜してみるとするよ」

由良「じゃあ、川内さんは由良達が止めないと……五十鈴姉さん、いい加減気を取り直して欲しいんだけど……」

五十鈴「だって、阿武隈がちっともお姉ちゃんに構ってくれないんだもん!」

由良「まさか今更になって、姉さんに妖精さんが流した音楽の影響が出てくるなんて、困ったわね……」

五十鈴「ちょっと前まで五十鈴お姉ちゃん、五十鈴お姉ちゃんってあんなにも懐いてくれてたのに……」イジイジ

由良「姉さん、思い出をねつ造しちゃ駄目よ」

五十鈴「ねつ造じゃないもん! 阿武隈はお姉ちゃん大好きだもん!」

由良「……駄目だわ、話が通じない。仕方ない、由良一人でも――」

電「由良さん! 電も手伝うのです!」

響「やってやるさ」

雷「雷もいっきますよー!」

初霜「私も助太刀するわ!」

若葉「若葉だ。昼間迷惑かけた分は取り返す」

夕立「夕立も由良さんの力になるっぽい!」

由良「みんな……ありがとう。よし、これなら!」
54: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:34:54.32 ID:JrVUW2K2o
川内「甘い甘い! 由良と金剛、駆逐六人で私の夜戦への情熱を止められると思ったら大間違いだよ!」

若葉「くっ……! この人数差でも押し切れないのか?」

雷「どうしてよ!?」

江風「はっはっはっ、どうした時雨の姉貴! 動きが鈍いぜ!」

時雨「くっ、痛いじゃないか! 江風、君こそ一体どうしたのさ!?」

ザラ「きゃっ!? 江風さん、まさか手加減なしで攻撃してきてませんか!?」

夕立「いくらなんでも、変っぽい! 川内さんも江風もポーラさんも、いつもの様なおふざけじゃすまないっぽい!」

電「……まさか」

初霜「そうね……これは危険だわ」

由良「電ちゃん、初霜ちゃん、どうしたの?」

電「おそらく、寝ていても川内さん達は音楽の影響をしっかり受けていたのです」

若葉「なんだと?」

初霜「そして理性のタガが薄れている今、川内さん達は仲間の私達相手でも手加減がほとんどない……そう感じるわ」

時雨「その一方、僕達は本気で攻撃するわけにもいかない。ちょっと困ったね」

ポーラ「おや? 降参ですか? ならポーラ達は那智さんだけじゃなくて、他の人達の持ってる秘蔵のお酒、みーんな開けちゃいますよー」

若葉「さっき那智さんの悲鳴が聞こえてきたのはそれか……」

時雨「那智さん……不憫過ぎる」

川内「私は目についた人、全員夜戦に連れ回す!」

金剛「はた迷惑も良いところデース……」

江風「あたいはありとあらゆる夜戦自慢を破るために、鎮守府をさすらうとするよ!」

電「思考が道場破りそのものなのです……」
55: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:35:37.11 ID:JrVUW2K2o
由良「特に問題なのは、これがいつもの川内さん達のバカ騒ぎと同じだと思われて、遠くの人達からは不自然に思われていない可能性が高いことね」

電「大概、川内さんのストッパーは神通さんか阿武隈さん、五十鈴さんあたりが止めてくれるのが定番なのです」

雷「大抵の人は、もう川内さんの夜戦騒ぎを止めるの諦めてるから……」

若葉「今日はいつものメンバーが止めに入るの遅いなー、くらいに思われているかもしれないな」

初霜「まさにオオカミ少年、ならぬオオカミ少女ね」

時雨「不利益被っているのは僕達だけどね、まったく……タイムアップでも狙う?」

若葉「それも一つの手だが、いつ効果が切れるのか不定である以上、最後の手段だな」

時雨「だよね。肝心の五十鈴さんがまだこれだし」

五十鈴「由良ー、由良まで五十鈴お姉ちゃん無視するの……?」うるうる

由良「うう……五十鈴姉さん、今それどころじゃ……」

夕立「それで、神通さんはどこですか?」

響「私に訊かれても」

響「今頃イメージトレーニングでもしてるんじゃないかな。単なる予想だけど」

時雨「まあ、そんなところだろうね」
56: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:36:24.31 ID:JrVUW2K2o
――神通自室。

神通「はあ……やっぱり那珂ちゃんのライブは最高ね」(←ビデオ再生中)

神通「さてと、次は阿武隈と第六駆逐隊の子達が、水雷戦隊ポーズを決めたところを堪能しましょう」

神通「阿武隈達も素敵……私も二水戦の子達と一緒にこんな風に遊べたらいいのだけど……」

神通「私って、やっぱり皆から固い人だって思われているのでしょうか……?」

陽炎「そ、そんなことないと思いますけど? ねえぬいぬい!」

不知火「不知火に振られましても。あとぬいぬいはやめてください」

朝潮「いえ! そんなことないと思います!」

朝潮「この前の魔法少女姿、朝潮はとても素晴らしいと思いました! ぬいぬいもそう思いませんか!?」

不知火「ですから不知火に振らないでください。それとぬいぬいはやめて」

神通「そうですか? じゃあ……もし良かったら今度一緒に同じポーズをやってみませんか?」

陽炎「え」

不知火「え」

朝潮「ええ、是非ご一緒させてください!」キラキラ

陽炎(即座に同意しちゃったー!?)

不知火(朝潮……恐ろしい子!)
57: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:37:16.50 ID:JrVUW2K2o
――再び鎮守府廊下。

由良「……せっかく追い詰めたのに」

江風「おっと、動くなよ。こいつがどうなってもいいのか?」

時雨「くっ……まさか人質とは。江風、君はそこまで墜ちたのかい?」

江風「そう言うなよ、時雨の姉貴。できれば江風だってこんなことしたくねえンだ」

夕立「そんなことは許さないっぽい!」

江風「そこまでだ。あと一歩でも近づいてみな。こいつはバラバラになるぜ」

大吟醸「……」←こいつ

那智「くそっ! 追いかけてみれば、まさか私の大事な酒が人質に取られていようとは……!」

ポーラ「ちょっと、おいしいおいしいお酒を人質に取るなんて、人道に反してますよ! ポーラゆるせませーん!」

金剛「そういうポーラこそ、私の大事なティーカップになにしてるデース!?」

ポーラ「酒を人質に取るのは気が引けますけど、ティーカップならそれはありませんからねー」

ザラ「ポーラ、なんてことを……」

響「人質というより、物質(ものじち)だね」

初霜「なんて卑劣な……!」

若葉「人質、人質、人質……艦娘として恥ずかしくないのか!」

電「けど効果的なのです……! さっきから金剛さんが動かなかったのはこれが原因だったんですね」

金剛「面目ないデース……」

雷「金剛さんが気に病む必要はないのよ……けど」
58: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:38:21.09 ID:JrVUW2K2o
川内「さっ、今度こそみんな私の夜戦に付いてきて貰うよ!」

時雨「仕方ないね……」

那智「時雨……!? おまえ、まさか」

金剛「私達のために、要求を飲むつもりデスか!?」

時雨「みんな、総攻撃だ!」

川内「え?」

江風「なにぃ!? こいつがどうなってもいいのか!?」

那智「ちょっと待てー!?」

金剛「仕方ないってそっちデス!?」

時雨「諦めなよ、人命じゃなくてお酒とティーカップなんだから」

那智「諦められるか! あれがいくらしたと思っている!?」

雷「千円くらい?」

那智「そんなわけあるか! 五万円だ!」

江風「ごまっ……!?」

時雨「うわぁ……桁が違いすぎる……」

ポーラ「江風! 今すぐそれこっちに寄越すのです! さあさあさあ! 今すぐ、早急に、迅速に!」

江風「うわあああっ!? 寄って来んなーっ!?」

金剛「ちょ、なにやってるデス!? ティーカップ割ったりしたら承知しませんからね!?」

那智「おい本気でやめろ! ポーラ、その酒勝手に飲むようなら許さんぞ!」

ポーラ「おっとっと。危ない危ない、酒に目がくらんでティーカップを割るわけにはさすがにいきませんねー」

ポーラ「酒を粗方開けるまではちゃんと持っておかないとー」

金剛「粗方開けたらどうする気デス!?」

ポーラ「それは……どうでしょう?」

金剛「そこは嘘でも返すって断言するべきでショ!?」

ザラ「金剛さん……本当に迷惑かけて申し訳ありません」
59: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:39:20.10 ID:JrVUW2K2o
阿武隈「そこまでです! 川内、ポーラさん、江風ちゃん! おとなしく投降しなさい!」

電「この声は……!」

雷「阿武隈さんだ……わ?」

阿武隈「三人とも! みんなに迷惑掛けちゃ駄目でしょ!」

提督「その通りだ。あまり騒がしくするようなら、なんらかの措置を取らなければならなくなるぞ」

白露「むにゃ……」(←阿武隈の服の裾を引っ張りつつ寝ぼけ眼)

暁「くー」(←提督に背負われつつ夢の世界)

川内「……なにしてんの、二人、いや四人とも?」

阿武隈「し、仕方ないじゃない。暁ちゃんも白露ちゃんも離してくれないし……」

川内「それはいいけどさ。それで私を抑えるなんて、できないでしょ?」

阿武隈「と、ともかく静かにしてよね。今何時だと思っているの?」

川内「夜戦の時間」

江風「夜戦の時間」

ポーラ「酒盛りには絶好の時間でーすぅ」

響「駄目だね、これは」

初霜「そろそろ元に戻ってくれないかしら……」

ザラ(言えない……ポーラはいつもこんな感じだなんて)
60: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:40:04.28 ID:JrVUW2K2o
金剛(提督と阿武隈、それに暁に白露……まるで仲の良い家族の様デス! まさかもう二人はそこまでの関係になっているデスか!?)ガーン!

金剛(テートクは阿武隈のような癒やし系ガールがタイプなんデス!?)

由良「なんだろう……金剛さんがすごくショック受けてるけど」

雷「自分の大事なティーカップが危機に晒されているんだもの。平気でいられるわけないわ」

阿武隈「大体そこまで騒ぐ元気があるなら、ちゃんと昼の訓練もしっかりやってよ! 昨日も三水戦の子の訓練をあたしに押しつけて!」

川内「えー、昼に訓練してたら夜戦が満足にできないじゃん」

川内「それに夜戦ではしっかり他の子の訓練見てるじゃない」

阿武隈「無理矢理連れ回すのを面倒見るって言わないから。あたしだけじゃなくてお姉ちゃん達にも手伝って貰ったりして、いろいろと迷惑かかってるんだから」

川内「そうなの? 阿武隈は細かいこと気にし過ぎる傾向があるからね。いちいち非効率的なんだよ、もっと効率よくやらなきゃ」

阿武隈「あ、あのねえ……そういう問題じゃないでしょ」

時雨「川内さんは気にしなさすぎだと思うんだ」

若葉「川内さんの野戦バカも筋金入りだな」

電「神通さんも阿武隈さんも大変なのです……」

江風「甘いねえ、阿武隈さんも。口げんかで阿武隈さんが川内さんに勝てるわけないじゃンか」

時雨「そんなこと誇らしげに言われても」
61: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:40:54.34 ID:JrVUW2K2o
五十鈴「あーぶくまっ♪」だきっ

阿武隈「きゃっ!? お、お姉ちゃんいきなりどうしたの?」

五十鈴「えへへ、阿武隈やっぱり五十鈴お姉ちゃんが恋しくて会いに来てくれたのね! お姉ちゃんうれしい!」

阿武隈「ちょ、お姉ちゃん痛い痛い! ちょっと強く抱きしめすぎ!」

五十鈴「だーめ、離さないんだからね!」

阿武隈「ふええええええ! てーとく、由良お姉ちゃん助けてー!」

提督「五十鈴、離さなくていいからちょっと手加減してくれ。阿武隈が痛がってる」

五十鈴「むー」

由良「姉さん、阿武隈ちゃんを困らせたら駄目でしょ」

五十鈴「仕方ないわね、はーい」

阿武隈「ふ、ふう……ちょっと落ち着きました」

響「それはなによりだ、はらしょー」よじよじ

阿武隈「……それで、五十鈴お姉ちゃんが離れたらすかさず登ってくるし」

響「せっかく阿武隈さんが背中を開けておいてくれたからね」

阿武隈「響ちゃんのために開けておいたわけじゃないんだけど。響ちゃんってば、どうしてすぐにあたしに登ってくるの?」

響「阿武隈さんに登るのに、理由がいるかい?」

若葉「なるほど、正論だ」

電「どこが正論なのです!?」

阿武隈「それはそうと……由良お姉ちゃん、五十鈴お姉ちゃんや川内達はやっぱり音楽の影響を受けてるの?」

由良「ええ、そろそろ元に戻ってもいいと思うんだけど……」
62: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:41:42.98 ID:JrVUW2K2o
江風「だー!? おまえらさっきからなに漫才してやがる! こっち無視すんなー!」

秋雲「別に無視なんてしてないぜー?」

夕雲「ええ、ただ今任務完了しました」

ポーラ「あれ? 秋雲さん達、いつの間に……ってあれ?」

江風「はれ? 江風が持ってた酒が……ねえ?」

ポーラ「金剛さんのティーポットも……?」

島風「ふふーん、それってこれのこと?」

江風「げっ!? それなンでおまえらが持ってンだ!?」

風雲「貴方達が阿武隈さん達に気を取られている間によ。完全に無防備だから、楽勝だったわね」

秋雲「これでも秋雲達はキスカ撤退に参加したメンバーだよ? 隠密行動ならお手の物ってね」

由良「なるほど……ここに来る前に秋雲ちゃん達に協力を仰いでいたのね。ナイスよ、提督さん、阿武隈ちゃん」

阿武隈「別にあたしは大したことはしてないんだけど……」

響「でも相手の目をこちらに釘付けにする、見事な作戦だよ。五十鈴さんも素晴らしい演技だったね」

五十鈴「ねえ、阿武隈。明日お姉ちゃんと一緒にお出掛けしない? ねっ、ねっ?」

響「……演技じゃなくて素だったよ」

電「まだ元に戻ってないから、仕方ないのです」

初霜「それもそうね。五十鈴さんも、川内さん達も、別段悪くないわ」
63: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:43:04.48 ID:JrVUW2K2o
川内「それがどうしたのさ! この川内、ちょっとぐらい相手が多くても夜の戦いでは負けたりしないよ!」

金剛「なるほど、じゃあ川内の夜戦の実力とやら、見せてもらうデース!」

電「神妙にお縄につくのです!」

響「無駄な抵抗はしない方がいいと思うな」

雷「雷もいっきますよー!」

暁「すっかり眼が覚めちゃったじゃない、もう! ともかく暁の出番ね! 見てなさい!」

初霜「やっちゃいます!」

若葉「若葉、出撃する」

島風「島風、突撃しまーす!」

秋雲「探照灯は……屋内だから必要ないか」

夕雲「さあ、覚悟してくださいね」

由良「由良もやっちゃうから!」

夕立「由良さん、夕立も突撃するっぽい!」

風雲「それじゃあ私も行くわよ!」

白露「白露も眼が冴えちゃった! 時雨、いくよー!」

時雨「分かったよ姉さん。時雨、突貫する」

那智「那智の戦! 見てて貰おうか!」

夕張「間に合ったわね! えっと……」

五月雨「夕張さん! 五月雨も頑張っちゃいます! やあああああっ!」

夕張「って五月雨ちゃん!? ちょっと、置いてかないでよー!?」

長波「おっと! この長波サマも忘れてもらっちゃ困るぜ!」

熊野「夜中のバカ騒ぎ……レディーとしてあるまじき振る舞い、この熊野! 見過ごすわけにはいきませんわ!」

磯風「よし、磯風も力になろう!」

古鷹「よーく狙って……てー!」

羽黒「十倍の相手でも――支えられますか!?」

蒼龍「江草隊! 頼みます!」

飛龍「友永隊も頼んだわよ!」

大鳳「さぁ、やるわ! 第六〇一航空隊、発艦始め!」

榛名「勝手と! 夜中の騒音は榛名が許しません!」

ザラ「さあ、ポーラ観念しなさい!」

ポーラ「さすがに多過ぎですぅ!?」

川内「……これはさすがに無理無理無理無理!?」

江風「おまえら限度ってもんがあンだろぉ!? 三人相手に一体何人で来てンだよ!?」

ポーラ「正解は提督抜かして二十九人ですね……って数えている場合じゃありませーん!?」

川内「うわああああっ!? ちょ、暴力はんたーい!」
65: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:44:31.14 ID:JrVUW2K2o
夕張「……ようやく理性がすぐに元に戻る機械が完成したって言いに来たのに」

提督「一足遅かったな。けど短い時間で良くやってくれた、お疲れさま」

阿武隈「あの、提督」

提督「ああ、今回は別に川内達に非はほとんどないからな。ちょっとした注意くらいで済むだろう」

夕張「きついお仕置きだったら原因である私の方が、気が重くなりますからね……個人的にも助かります」

ザラ「ポーラ、しばらくお酒禁止」

ポーラ「お姉様はポーラに死ねと!?」

ザラ「あと持ち出したお酒の代金はしっかり支払うこと」

ポーラ「そ、そんなーっ!?」

電「川内さんはちゃんとお昼の訓練に出てもらうのです。あと夜戦訓練はしばらく禁止なのです」

熊野「江風さんは私のマナー講座を受けてもらいますわ」

川内「死刑宣告!?」

江風「江風達をストレスで殺す気か!?」

白露「江風ってば大げさなんだから。それくらい大丈夫だから、いい機会だと思って教育受けてきなさい」

江風「か、勘弁してくれよ白露の姉貴! さっきまで三人ともおかしくなってたんだからさ! 本当反省してるって!」

阿武隈「あはは……ふう、今日は疲れました」

由良「お疲れ様、阿武隈ちゃん……それで」

五十鈴「ゆらー、あぶくまーっ。今日は一緒に寝よ?」ぎゅー

由良「五十鈴姉さん、なんとかして欲しいんだけど……」(←五十鈴に思いっきり抱きしめられてる)

阿武隈「無理ですぅ!?」

電「まだ戻ってなかったのです!?」

夕張「それじゃあ五十鈴を元に戻すために、さっそく機械用意しなくちゃ! テスト第一号ね!」

阿武隈「テスト第一号!? ちょっと待って!? それ大丈夫なの!?」

夕張「成功確率は50%、残りの50%は勇気で補えば良いわ!」

由良「勇気で補うってそんな無茶苦茶!? ちょっと夕張さんスト――」

夕張「ポチッとな」
66: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:45:18.49 ID:JrVUW2K2o
電「五十鈴さんが元に戻ったのです!」

初霜「ええ、それはいいのだけど……」

五十鈴「……穴があったら入りたい」

初霜「落ち込んでしまったわね……こういうとき、どうすればいいのかしら?」

阿武隈「お姉ちゃん、しっかりして!」

雷「そうよ! たとえ五十鈴さんが妹離れできないお姉さんでも、私達は気にしないわ!」

五十鈴「はうっ!?」

暁「雷! いつでも素直にものを言えば良いってわけじゃないわ!」

由良「……はあ、良かったあ」

夕張「嫌ですね。成功率50%なんてちょっとしたジョークですよ」

提督「心臓に悪いぞ」

磯風「師匠、この磯風を褒めてもいいぞ?」どやっ

阿武隈「あはは、磯風ちゃんってばもう。でも、来てくれてありがとうね」

川内「……あのさ、阿武隈」

阿武隈「どうしたの、川内?」

川内「ごめん、さっきは言い過ぎたよ……それと、昨日のこともごめん」

阿武隈「別に気にしてないよ、あたしも怒鳴ったりしてごめんね」

川内「……へ? そんなあっさり?」
67: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:46:04.40 ID:JrVUW2K2o
阿武隈「昨日のことはともかく、さっきまでのは川内悪くないじゃない。夜戦騒ぎは……まあ、いつものことだし」

川内「そりゃそうかもしれないけど」

阿武隈「どうしたの、川内? そんなしおらしい顔、川内には似合わないよ? ほら、笑って笑って。その方が川内らしいから」

川内「相変わらず、調子狂うなあ……まったく、本当お気楽というか」

川内「阿武隈はちょっとお人よし過ぎでしょ。そんなんじゃ悪い人に騙されちゃうよ?」

阿武隈「んー? 例えば目の前の誰かさんとか?」

川内「言ったなーっ? このこの」

阿武隈「あはは、冗談だよ。大丈夫、心配してくれてありとうね」ぐりぐり

川内「ちょ、子供扱いしないでよ!」

阿武隈「そう? 川内は手のかかる子供みたいだし。普段から夜戦夜戦って騒いでばっかり」

川内「子供じゃなーい! 夜戦は万国共通みんな好きだから問題なし!」

響「それはない」

暁「そうよね」

江風「え!?」

白露「そこ、意外そうな顔しない」

阿武隈「それじゃあ、夜中騒いだりするのちゃんと控えられる?」

川内「もう! さっきからお姉さん振らないでよ!? 誕生日一年も違わないじゃん!?」

提督「まあ手のかかる大きな子供って感じだしな」

川内「提督までひどい!?」
68: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:46:46.58 ID:JrVUW2K2o
熊野「ふむ、川内さんもマナー……というより常識を一から学ぶ必要がありそうですわね」

熊野「僭越(せんえつ)ながら、この熊野がお二人にご教授させて頂きますわ」

川内「うえ!? ちょ、私そんなの必要ないから!」

江風「逃がすかぁ! 川内さんも道連れになってもらうぜ!」

川内「江風!? ちょ、離してよ!?」

熊野「よろしければ、他の皆様にもマナー講座をさせて頂きますわよ?」

暁「ホント!?」

熊野「ええ、意欲さえあれば参加は自由ですわ」

川内「じゃあ私は辞退しまーす」

江風「それじゃあ江風も辞退するわ」

熊野「お二人は強制ですわよ」

川内・江風「何故!?」

ポーラ「あの……もしかしてポーラもですか?」

ザラ「ポーラはまずアルコール依存症を治すことからね。他の事に気を回さずに、それに集中しなさい」

那智「それ以前の問題だったか……」

ポーラ「……断酒……だと?」

磯風「ポーラが意識を失いかけているんだが、大丈夫なのか?」

時雨「駄目じゃないかな、肝臓的な意味で」

風雲「それシャレにならないわね……」
69: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:47:33.86 ID:JrVUW2K2o
熊野「阿武隈さんはどうです? 花嫁修業として」ぼそっ

阿武隈「ふえ!? あの、その、えっと」

熊野「あら、そこまで慌てるとは思いませんでしたわ」

阿武隈「も、もう! からかわないでくださいよぉ」

熊野「ふふっ、でも半分くらいは本気ですわよ」

五十鈴「ふふ……安息の場所なんてもうどこにもないんだわ」

秋雲「大変だ! 五十鈴さんが妹分不足しているぜ!」

白露「うわあ!? 由良さんと阿武隈さん、はやく五十鈴さんのところ行ってあげて!」

長波「名取さんと鬼怒さんも呼んでこい! 今すぐだ!」

五十鈴「その扱いやめて!?」
70: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:48:22.07 ID:JrVUW2K2o
蒼龍「ま、まあまあ。みんな五十鈴さんのこと素直に心配しているんですよ」

五十鈴「なお悪いわよ!」

暁「別に悪くないわよ」

五十鈴「……暁?」

暁「だってお姉ちゃんが妹のこと好きでなにが悪いの? 良いことじゃないの」

響「……」

雷「……暁」

電「暁ちゃん……」

暁「別に恥ずかしがる必要ないわ。五十鈴さんは胸張って好きって言えばいいのよ」

五十鈴「……良いわね、暁は単純で」

暁「単純じゃないわよ!」

五十鈴「でも、少し気が楽になったわ、ありがとうね」

暁「どういたしまして、もっと褒めて良いのよ!」

五十鈴「はいはい」わしゃわしゃ

暁「って、頭をナデナデしないでよ! やっぱり五十鈴さんは阿武隈さんのお姉さんだわ! 行動がそっくり!」

由良「だって、阿武隈ちゃん。良かったわね」

阿武隈「えへへ、なんだか嬉しいです」

五十鈴「あんたらねえ!」

磯風「どうした? さっきみたいに思いっきり師匠達を抱きしめたりしないのか?」

五十鈴「するか! いい加減撃つわよ!」
71: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:49:30.91 ID:JrVUW2K2o
――タッタッタッタッ!

吹雪「すみません、吹雪ただ今戻りました!」

綾波「遅くなってしまって、ごめんなさい!」

川内「あれ? 吹雪に綾波、外行ってたの?」

吹雪「はい、重雷装航空戦艦になるための修行の旅に!」

川内「……は? なんだって?」

綾波「綾波は吹雪ちゃん一人では心配でしたので」

吹雪「ありがとう、綾波ちゃん。でも私一人でも大丈夫だったのに」

綾波「ごめんなさい、綾波ちょっと心配症かもしれませんね」

提督「あまり夜遅くまで外にいるのは感心しないな、なにかあったらどうする」

吹雪「ごめんなさい司令官。でも、収穫はありましたよ!」

清霜「ええっ!? まさか吹雪さん、清霜より先に戦艦になっちゃったの!?」

蒼龍「うわぁ!? いつもどこから出てくるの清霜ちゃん!?」

吹雪「いえ、戦艦にはなれませんでした。けど、代わりに良い先生を見つけました!」

阿武隈「先生?」

戦艦レ級「ヨッ」

電「……なのです?」
72: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:50:41.05 ID:JrVUW2K2o
レ級「……アノサ。ナンデ俺、ココニ連レテコラレタノ?」

那智「知るかーっ!? むしろなんでここにいる!?」

レ級「コイツガ無理矢理連レテキタノニソリャネーヨ」

阿武隈「吹雪ちゃん、今すぐ返して来なさい!」

吹雪「ええっ!? せっかく頑張って重雷装航空戦艦を見つけたのに! お願いです、ちゃんと面倒は私がみますから!」

レ級「野良犬扱イシテンジャネーヨ!?」

綾波「その通りです。レ級さんを野良犬扱いしちゃ駄目ですよ、吹雪ちゃん」

レ級「ソウダソウダ! モット言ッテヤレ!」

綾波「レ級さんは戦艦ですから、野良戦艦です!」

レ級「ソウイウササイナ事気ニシテネーカラ!?」

綾波「あれ、レ級さんどうかしましたか? あ、すみません気がつかなくて」

綾波「長旅で疲れましたよね。お茶にします? それともお風呂にしましょうか?」

レ級「違ウ!? オ前モコノ吹雪ト同類カ!?」

綾波「……同類、ですか? はい、吹雪ちゃんとは仲良しなんですよ!」

レ級「会話ノドッチボールヤメロォォォォォ!?」
73: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 00:51:54.24 ID:JrVUW2K2o
これで終わりです。
ここまで読んで頂いてありがとうございました。

一度思いっきり吹っ飛んだ話を書いてみたかったのですが、いろいろとやり過ぎた気がすると同時に、まだハジケ足りない気もしています。

阿武隈さんが駆逐の子達の面倒見のいいお姉さんしてたり、姉妹と仲良くしたり、提督といちゃいちゃするSSが好物なのに、なかなか見当たりませんね。
誰か書いてください、とても喜びます(他力本願)

それでは。
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/13(水) 01:34:26.25 ID:e/4ZW+3FO
乙です。
それは実にいいですね、そしてかな?と思ってたら本当に重雷装航空戦艦はレ級だったか。
75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/13(水) 01:35:54.82 ID:mkajg7rp0
乙です

足りないのなら続編か次回作はよ
76: ◆dbGyYYDw8A 2016/07/13(水) 01:54:14.69 ID:JrVUW2K2o
コメントありがとうございます、とても励みになります。

遅れましたが、本作は下記の話の設定を引き継いでおります。
ですが、読まなくても本作を理解するのに支障はないと思います。

阿武隈「騒がしいながらも楽しい鎮守府」


【艦これ】初霜「私が、守ります!」 綾波「綾波が、守ります!」


【艦これ】阿武隈「いつか平和な海で」


【艦これ】阿武隈「第一水雷戦隊の子にプレゼントを配ります」


【艦これ】阿武隈「耳かきしましょうか?」


【艦これ】霞「あーもう、バカばっかり!」


【艦これ】阿武隈「大切な人に大切な想いを」


【艦これ】電「賑やかな鎮守府の日常なのです」


【艦これ】磯風「師匠ーっ! これが磯風の三倍返しだあああぁ!」


【艦これ】阿武隈「三周年ですよ、三周年!」 電「なのです!」


【艦これ】阿武隈「あたしの素敵なお姉ちゃん達」




78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/13(水) 11:24:37.14 ID:j6H384al0
乙です!
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/14(木) 13:57:16.15 ID:f00IzgG90
可愛いが溢れてるSSだった、乙
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 09:44:01.42 ID:+LyuzaZd0
正直響はいつも道理な気しかしない(かわいい)

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク