鷺沢文香「貴方と私の言葉探し」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:21:59.47 ID:2VnFibVe0

文香のSSです

地の分多め

鷺沢文香「言葉探し」



の続編です。

蛇足感を感じるかもしれないので、あれで完結だと思っている方は読まない方がいいかもしれません。

ではよろしくお願いします。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1465197719
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:22:54.89 ID:2VnFibVe0
 私と貴方の言葉探しが始まりました。
 

「文香はコーヒー飲まないのか?」
「はい……苦いのは苦手で」
「そっか……こうしたらどうだ?」

 貴方は自分のコーヒーにミルクを入れ、私に差し出しました。

「……まろやかで美味しいです」
「だろ?これで文香もコーヒーを好きになってくれると嬉しいよ」


 コーヒーの甘さを思い出しながら、
 私は自分のページにコーヒーと書きました。
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:23:35.75 ID:2VnFibVe0
「文香この本、面白かったよ。貸してくれてありがとう」
「それはよかったです。……その作者の別の作品もお貸ししましょうか?」
「いいのか?なら、お言葉に甘えようかな」
 

 面白いと言ってくれたことに安堵しつつ、
 私は貴方のページに、本の作者の名前を書きました。
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:24:15.31 ID:2VnFibVe0
「おっ、きたきた。冷めないうちに食べよう」
「はい…… いただきます」
「この、噛むたびに肉汁が溢れる感じが堪らないよな」

 貴方は目を輝かせながら、ぺろりとハンバーグを食べ終えました。

「美味しかったな。また来ようか」
「はい…… ぜひお願いします」


 また来ようか、その一言に喜びを感じながら、
 私と貴方のページにハンバーグと書きました。
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:24:53.96 ID:2VnFibVe0
 貴方のページの言葉が私のページに生まれた時、
 貴方のことを一つ知った気がしました。

 私のページの言葉が貴方のページにも生まれた時、
 私のことが一つ伝わった気がしました。

 貴方と私のページに、同じ言葉が生まれた時、
 貴方と私の思いが一つ近づいた気がしました。

 ノートはどんどん黒くなっていき、
 貴方への思いもどんどん焦がれていきました。
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:25:40.15 ID:2VnFibVe0
 貴方と言葉探しを始めてから、半年ほど時間が流れました。


 貴方のページもなかなか立派に黒くなりました。
 
 私はノートを読み返しました。

 コーヒー、ハンバーグ、…………

 どれもありふれた言葉のように思えるかもしれませんが、
 私にとっては特別な言葉でした。
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:26:38.30 ID:2VnFibVe0
 読み返していくうちに、
 まるで一冊の本のようだと思いました。

 言葉自体はどれも短い言葉ですが、そこにはたくさんの思いが確かにありました。

 ミルク入りのコーヒーの甘さ
 好きな作家をおすすめするときの不安や恥ずかしさ
 ハンバーグを食べた時の溢れる喜び


 このノートの全てが私の言葉なのだ、と私は気づきました。


 そのことに気づいた途端、居ても立ってもいられなくなったので、
 私はノートを持って、貴方に会いに行きました。
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:27:45.64 ID:2VnFibVe0
「文香?今日はオフじゃなかったか?」
「はい……その……プロデューサーさんに用がありまして……
 ……読んでもらいたいものがあるのです」
「ん?なんだ?」


 私の言葉
 
 貴方への思い
 
 探してください
 
 伝わってください


 私はノートを渡しました。
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:28:26.68 ID:2VnFibVe0
 私は絵本作家になりました。

 言葉の世界に魅了された私は、
 
 言葉の魅力を多くの人に知ってもらおう
 少しでも言葉に触れるきっかけになったら

 そのような思いを言の葉に込め、今日も言葉を紡いでいます。
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:29:19.12 ID:2VnFibVe0
「先生、コーヒーをお淹れしましょうか?」
 一息つこうかと思ったら、貴方の声が聞こえました。

「プロデューサーさん…… 二人の時は、先生と呼ばないでくださいとあれほど……」
「文香だって俺のことをプロデューサーって呼んでいるじゃないか」

 甘いコーヒーを飲みながら、あなたと言葉を交わします。


 ゆっくりとですが、光り輝く。  
 そんな日々を私は過ごしています。
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:30:02.14 ID:2VnFibVe0
 私は今日もノートを開きます。

 見た目は普通ですが、たくさんの言葉で飾られた私のノート

「もっと読みたい」
 そう書かれた最初のページを見て、今までのことを少し思い出した後、
 一番新しいページを開きました。


 ずっと探していきましょうね

 思いを込め、私は言葉を飾っていきます。


 私と貴方の言葉探しはこれからも続いていきます。
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 16:30:52.86 ID:2VnFibVe0
以上です。

すごく短くて申し訳ないです
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 17:20:04.24 ID:X70wVIPdo
乙です
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 17:53:11.48 ID:9V99hA5do
おつです

このシリーズ:

鷺沢文香「言葉探し」


鷺沢文香「貴方と私の言葉探し」


関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク