新田美波「文香ちゃんと奏さんと飲むことになった」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 16:24:13.33 ID:8c1mGwCvO
アニメ最終回後の設定です
それに伴い登場キャラの年齢が増えてます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456039453
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 16:27:34.71 ID:8c1mGwCvO
ベテトレ「よーし。今日のレッスンはここまで! おつかれ!」



美波「ふう。今日もトレーナーさん、厳しかったね」

文香「はい……以前と比べて、体力はついてきたのと思うのですが……それでも、疲れてしまいます」

奏「………」ポチポチ

美波「奏さんも、お疲れさま」

奏「……あ、うん。お疲れさま」

美波「誰かからメールでもきたの?」

奏「ええ。フレちゃんから。この後シューコちゃんと飲みに行くから付き合ってー、って」

奏「あなた達も誘うように書いてあるわ」

美波「私達も?」

文香「……お酒、ですか」

奏「飲みに行くと言ったら、まあアルコールでしょうね」

奏「どうする? 急なお誘いだし、嫌なら断ってもいいけど」

美波「私は行かせてもらおうかな。二人とゆっくり話せる機会も、そう多いわけじゃないから」

奏「文香は?」

文香「………」

文香「この後は、特に用事もないので……お付き合いさせていただきます」

奏「そう。なら決まりね」

奏「向こうはもう少し撮影に時間がかかるみたいだし、先にお店に行っておきましょう」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 16:31:41.22 ID:8c1mGwCvO
イラッシャイマセー


奏「個室が空いていてよかったわね」

美波「うん。私、お酒弱いから、あんまり酔っぱらった姿を他の人に見られるのは恥ずかしいし」

文香「お酒、弱いんですか?」

美波「あはは……恥ずかしながら」

奏「弱いというより、絡み酒なのよ。今日もガンガン来るだろうから、文香も気をつけてね」

美波「あ、あんまり飲みすぎないようにするからっ」

文香「はあ……わかりました」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 16:35:25.75 ID:8c1mGwCvO
奏「それにしても……文香も、私達の誘いに普通に応じてくれるようになったのね」

文香「え……?」

奏「クローネができたばかりの頃は、どうもこういうのに遠慮がちだったから」

奏「1年以上経ったけど、少しは私達に心を開いてくれたってことかしら」

文香「……そう、ですね」

文香「皆さんと一緒に、アイドルとしての日々を過ごして……そうしているうちに、皆さんとともにいる時間が、心地のよいものに変わっていきました」

美波「よかったわね、奏さん」

奏「ふふ、そうね」

文香「それに……クローネの皆さんは、とてもいい人ばかりですから」

奏「いい人、ね。一部、いい人じゃなくてノリのいい人が混じっている気もするけれど」

美波「みんないい子だと思うよ。もちろん、奏さんも含めて」

奏「……そう」フフッ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 16:43:56.75 ID:8c1mGwCvO
奏「……あら。フレちゃん達、ちょっと撮影が長引くから遅れそうだって」

奏「先に飲んでてーって書いてあるわ」

美波「そうなの? でも」

奏「いつまでも注文せずに個室に居座るのもよくないし、先に頼みましょう?」

美波「……それもそうね」

美波「さて。酔いすぎないように、アルコールの弱いお酒を選ばなきゃ」

奏「私はどのジュースにしようかしら……」フムム

文香「………」

文香(そういえば、奏さんは未成年でした……)



美波「今さらだけど、私達だけお酒飲んじゃっていいの?」

奏「いいも悪いも、私はまだ18なんだから仕方ないじゃない」

奏「フレデリカも周子も、私の前で遠慮せずにどんどん飲むわよ。だからあなた達も気にしないで」

文香「では……お言葉に甘えて」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 16:51:07.19 ID:8c1mGwCvO
店員「お待たせしましたー」


美波「じゃあ、今日も一日お疲れさまでした、ということで」

奏「乾杯」

文香「乾杯です」

チンッ


美波「うん。おいしい」

美波「毎日はちょっと厳しいけど、こうしてたまに飲むお酒はやっぱりいいなぁ」

文香「……そうですね。日ごろの疲れを忘れられて、いい気持ちです」

奏「二人とも、すっかりアルコールの虜ね」

奏「私もあと2年したら、同じようになるのかしら」

美波「奏さんは、私達以上に飲むようになりそうな気がするわ。楓さんとか、年長組の人達と同じくらい」

奏「あら、どうして?」

美波「イメージかな。グラスが似合いそうだから」

文香「………」コクリ

奏「イメージだけで語られるのも困るけど。でも、飲めるようになるのが楽しみではあるわね」

奏「毎度毎度、食事の相手がごくごく飲んでいるのを見ているわけだから。自然と興味は湧くわ」

奏「アルコールが入るだけで、いつもと違う顔を見せる子もいるし」ニヤ

美波「うっ……それは言わないでよぅ」

奏「あなただけじゃないから安心していいわ。私、なぜか飲みの付き添いに誘われること多いから、いろんな人のそういう姿を見ているのよ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 16:55:09.27 ID:8c1mGwCvO
美波「他の人も、お酒が入ったら人が変わったりするの?」

奏「ええ。たとえば、周子はアルコールが入ると逆におとなしくなるわ」

文香「……普通は、羽目を外される方が多いと聞きますが」

奏「あの子、色白でしょう? だからすぐ顔が真っ赤になってかわいいのよ」

奏「目がとろーんとして、借りてきた猫みたいに静かなの。普段が普段だから、見ているだけで面白いわ」

美波「そうなんだ。ちょっと意外だったかも」

美波「ちなみに、フレデリカちゃんは?」

奏「あの子は飲んでも飲まなくても変わらないわ。いつも同じノリ。違うのは顔が赤くなることだけ」

美波「あ、そっちは予想通りね」

文香「………」ゴクゴク

奏「文香はどう? 私、あなたが飲む姿を見るのは初めてなんだけど」

文香「私、ですか……特に変わらないとは思いますが……自分のことなので、はっきりとはわかりません」

奏「そう。普段は寡黙な子が、お酒が入った途端饒舌になったりすると面白そうだと思ったんだけど」

美波「文香ちゃん、ペース速いね。もうグラスが空になってる」

文香「速い、ですか?」

美波「少なくとも、私よりはずっと」

奏「ふふ、実は酒豪だったりして」

文香「そこまでではないと思いますが……」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:00:41.34 ID:8c1mGwCvO
奏「寡黙と言えば……あなたのところのプロデューサーさんはどうなの? アルコール入ったらおしゃべりになったりする?」

美波「えっ? どうして急にプロデューサーさんの話に」

奏「だから、寡黙つながりでふと気になったのよ。私、あの人と飲んだことないし」

奏「あなたはたくさんあるでしょう」

美波「た、たくさんってほどじゃないよ」ブンブン

美波「最近、月イチ+αくらいで一緒に飲んでるだけなんだから」

奏「定期的に約束している時点で十分よ。しかも+αって」

文香「仲……よろしいんですね」

美波「うう~」

奏「それで、彼の飲みっぷりはどうなの?」

美波「別に普通だと思うけど……私が先にできあがっちゃうから、詳しいところはよくわからないかな」

奏「ふうん、つまり覚えてないのね」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:04:05.78 ID:8c1mGwCvO
奏「だったら、私が直接確かめようかしら。今度二人きりで食事のお誘いでもして」

美波「え、ええっ!?」ガタッ

奏「ダメ?」

美波「そ、そういうわけじゃないけど……」

美波「そもそも、だ、ダメとかなんとか、そういうこと言う権利は私にはないし……」ブツブツ

奏「ふふっ♪」

文香(美波さんの取り乱した姿、初めて見たかも……)ゴクゴク

文香(あ、またグラスが空に)
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:08:03.33 ID:8c1mGwCvO
奏「あ、そうだ。美波、今度舞台に出るんですって?」

美波「うん。初挑戦だけど、未央ちゃんが一緒に出てくれるからそこは安心かな」

文香「舞台ですか。すごいですね……私は、うまく役を演じられる気がしません」

美波「やってみれば、案外なんとかなるものだと思うよ」

美波「といっても、私もまだまだNG連発なんだけどね」

奏「私や文香も、いずれそういう仕事をするようになるのかもしれないわね。正直、まだまだ歌とダンスで精一杯だけれど」

美波「確かに、新しいことに挑むのは大変だけど……そのぶんやりがいがあるから」

奏「チャレンジ精神旺盛ね、美波は」

文香「羨ましいです……」

美波「そんな、たいしたことじゃないよ」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:11:01.84 ID:8c1mGwCvO
美波「だって……アイドルの道に進んだ時点で、私達みんな、チャレンジ精神をもって踏み込んだことになるんだから」

美波「そこは、私も奏さんも文香ちゃんも同じ。でしょう?」

文香「………」

奏「……確かに、そうかもしれない」

美波「それぞれ、仕事の内容は違うかもしれないけど……目指すところは、きっと同じだから」

奏「……うん」

奏「頑張りましょうか、アイドル」

文香「私も……もっと、新しい自分自身を探したいです」ゴクゴク

美波「ふふっ」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:15:21.31 ID:8c1mGwCvO
奏「まあ、真面目な話はこのあたりにしておいて……シンデレラプロジェクトのリーダーさんのお話に戻りましょうか」ニコニコ

美波「……その笑顔がなんだか怖い」

奏「まずは、巷で男じゃなくて女が好きなんじゃないかと疑われている件について一言」

美波「えっ!? 初耳だよ、それ!」

美波「ど、どこからそんな根も葉もないうわさが」

奏「だって、アーニャと相当仲いいみたいだし。他の子も出会ってすぐに籠絡するし」

奏「ねえ、文香」

文香「初めて一緒にお仕事をした時には、優しくしていただきました……」

奏「ほら、照れてる」

美波「籠絡なんてしてません! 同僚同士、仲良くしたいと思うのは当然じゃない」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:19:02.60 ID:8c1mGwCvO
奏「男の影もちらつかないし」

美波「それもアイドルなら当然ですっ」

奏「あ、でも男なら彼がいるか」

美波「そうそう、プロデューサーさんが……って、プロデューサーさんは関係ないでしょう!」

奏「あら。私、プロデューサーさんだなんて一言も言ってないけど?」

美波「………」カアァ

美波「飲む、どんどん飲む!」ゴクゴク

奏「うふふ♪ からかい甲斐があって楽しいわ」

美波「もうっ」ゴクゴク

文香(こんな美波さんは、本当に珍しいですね……なぜだかお酒が進みます)ゴクゴク
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:21:09.29 ID:8c1mGwCvO
30分後


美波「えへへ~、なんだかいい気分♪」ヘラヘラ

奏「完全に酔っちゃった……少しからかいすぎたかしら」

美波「むー! 酔ってませんよーだ!」

奏「あなた毎回それ言ってるじゃない」

美波「それより奏さんっ。さっきプロデューサーさんを食事に誘うとか言ってたけど、本気なの~!」

奏「本気じゃないわよ。冗談」

美波「ダメだからね! 絶対ダメ!」

奏「だから冗談だって」

美波「ただし、私を一緒に誘うならかまいません。うふふ♪」

奏「聞いてないわね、こっちの話……」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:22:57.75 ID:8c1mGwCvO
奏「文香、あなたも絡まれないように気をつけて――」

文香「………」ゴクゴクゴク

奏「……あなた、どんどん飲むペースが上がってない?」

文香「………」ゴクゴクゴク

奏「一切心の乱れなく飲み続けているわ……これもある意味できあがっちゃってる状態なのかしら」

美波「むむっ、文香ちゃんすごいわね。私も負けてられないわ!」

奏「張り合わないの。これ以上飲んだら、あなた完全に酔い潰れるわよ」

美波「平気です」

奏「平気じゃないから言ってるのよ」

美波「なんですってー? 奏さんが私のなにを知ってるって言うのよー」

奏「お酒の弱さについては、あなた本人よりも知っている自信があるわ」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:25:13.55 ID:8c1mGwCvO
文香「………」

文香「なんだか……暑くなってきました」

奏「顔、赤くなってきてるわよ。そろそろ飲むのをやめたほうが」

文香「この内に溜まっている熱を誰かに移せば解決です……」

奏「え?」

文香「むぎゅーっ」ダキッ

奏「!!?」

文香「奏さん、いい匂いがします……」

奏「ちょ、やめなさいっ。か、顔が胸に」

文香「いつもお世話になっているお礼に……今日は私が、年上のお姉さんとして抱擁を」ギューッ

奏「あ、あう」

奏(す、すごい弾力……この子、バスト逆サバ読んでるんじゃ)

美波「文香ちゃん、なにしてるの!」

奏「そうよ、美波。はやく助けて」

美波「私だってお姉さんなんだから、独り占めするのはずるいわ!」ムギューッ

奏「なっ!?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:26:43.23 ID:8c1mGwCvO
美波「バストサイズは劣るけれど、そのぶん包容力でカバーしちゃうんだからっ」

文香「負けません……」

むぎゅぎゅーっ!

奏「ちょっと、本当にやめ……」

奏(お、押し潰される……両サイドからのバストサンドに、頭がっ)モニュモニュ

奏(柔らかい……ああ、アルコールの匂いがきつい。私の頭もなんだか意識がもうろうと)

奏「だ、誰か助け――」




フレデリカ「いやー、遅れちゃった。めんごめんごー」

周子「カメラマンさんが頑固者でさ。なかなかOKもらえなく、て……」



美波「えへへー、ぎゅー」

文香「むぎゅー」


周子「………」

フレデリカ「………」


奏「ふ、二人とも、助けて」

周子「失礼しました」

フレデリカ「ごゆっくりー」

奏「ま、待ちなさい! 真顔で立ち去ろうとしないで……!」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:27:58.28 ID:8c1mGwCvO
なんやかんやあって帰り道


美波「ふわぁ……星がきれいだねー」

文香「そうですねー……」

美波「ズウェズダだねー」

文香「ズウェズダですねー……」

奏「ほら、二人とももっとしゃきっと歩きなさい。私にもたれかからないの」

美波「えへへ~」

文香「奏さんの腕、柔らかいです……」

奏「まったく……ほら、ちゃんと立って!」

美波・文香「はーい」


周子「モテモテだね」

フレデリカ「とんだ女たらしだねー、ダンナ」

奏「茶々入れる暇があるなら、あなた達も手伝いなさいよ」

周子「いやあ、なんか二人ともそっちがいいみたいだし」

フレデリカ「カナデお姉ちゃんって感じ?」

奏「誰がお姉ちゃんよ、誰が」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:29:22.32 ID:8c1mGwCvO
周子「まあまあ。それだけ頼られてるってことでいーんじゃない?」

美波「うふふ♪」

文香「ふふ………」

奏「………」

奏「美波や文香のこんな緩みきった顔、普段は見られるものじゃないわね」

奏「しょうがないな、まったく」フフッ


周子「あたしらも便乗する?」

フレデリカ「甘えちゃう~?」

奏「これ以上は定員オーバーよ」

周子「ちぇー」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:31:24.57 ID:8c1mGwCvO
後日


アーニャ「ミナミ……カナデとフミカと抱き合ったといううわさが流れています……」

蘭子「や、やっぱり男の子より女の子が……」

美波「違いますーっ! ああもう、自業自得とはいえうわさがさらにひどいものにっ」




ありす「………」

文香「………」

ありす「………」ジーー

文香「………」チラ

ありす「っ!?」プイ

文香「………」

ありす「………」ジーー


文香(視線が気になる……)
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:32:37.53 ID:8c1mGwCvO
奏「あなた達ねえ……」

周子「いやいや。あたし達も、別に言いふらすつもりはなかったんだけどさ」

フレデリカ「ちょーっと口が滑って話しちゃったら、あっという間に広まってびっくりだー♪」

奏「びっくりだー♪ じゃないわよ……」

奏「まったく……しばらく残るわよ、このうわさ」

周子「まあまあ。これで男の子からのナンパが減るって考えればいーじゃんいーじゃん」

フレデリカ「すげーじゃん♪」

奏「そのポジティブな姿勢には頭が下がるわ」

周子「ほら、それよりもうすぐレッスンだよ」

フレデリカ「一緒にいこう?」

奏「………」

奏「しょうがないわね」フフ

フレデリカ「そうやってすぐ許してくれるからカナデちゃんすきー☆」

奏「調子に乗らないの」ポカリ

フレデリカ「あぅっ」



おしまい
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 17:39:16.93 ID:8c1mGwCvO
読んでくれた方々に感謝を
ボケもツッコミも両方できて悪ノリもできて若干中二っぽいところもある奏はすごく主人公向きだと思います
アイドルの年齢については確定しきれない部分があるので、美波文香周子フレデリカは全員数え年が同じという設定にしています

関係あるといえば関係ある過去作

武内P「新田さんと飲むことになりました」


武内P「渋谷さんと飲むことに」 渋谷凛「ならないよ」


武内P「城ヶ崎さんと飲むことに」 莉嘉「お酒じゃなくてジュースだよ☆」


武内P「神崎……蘭子さんと飲むことに」 蘭子「誓いの杯を交わそうぞ!」




関係ない過去作

渋谷凛「アイドルに必要なもの」 木場真奈美「強靭な肉体と鋼の精神だな」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 18:43:43.31 ID:u/H38LJxo
乙乙ですぞ!美波と一緒に呑みたい 全力で絡まれたい 面倒な愚痴全部受け止めたい!
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/22(月) 04:28:47.47 ID:VXqefmJcO
癖のある奏も主人公気質の奏も良いね
おつ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク