武内P「神崎……蘭子さんと飲むことに」 蘭子「誓いの杯を交わそうぞ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:06:31.21 ID:kawU3nzQ0
アニメ最終回から1年くらい経ってる設定です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455613591
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:08:48.58 ID:kawU3nzQ0
346プロ女子寮 蘭子の部屋


蘭子「………」

蘭子「こ、この封筒の中に、入試の合否が……」

蘭子「………」ドキドキ

蘭子「お、恐れるな神崎蘭子。ここまで来れば、鍵を開き深淵を覗きこむのみ……!」

蘭子「………」ペリペリ

蘭子「………」チラッ

蘭子「………!」



蘭子「う、受かってる……!」

蘭子「やった! やった! やったぁ!」ワーイワーイ

蘭子「頑張って勉強したかいがあったーっ!」ベッドダイブ

蘭子「これでアイドルのお仕事に集中できるーーっ!!」マクラギューッ

蘭子「……あ、そうだ。お母さんに知らせなきゃ」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:13:43.57 ID:kawU3nzQ0
Prrrrr


蘭子「あ、お母さん? 高校、合格してたよ」

蘭子「うん、うん。ありがとうっ」

蘭子「うん……がんばる。アイドルも勉強も、ちゃんとやるから」

蘭子「……え? チョコレート?」

蘭子「おいしいのができたから、バレンタインデーに届くように送った……あ、うん。ありがと」

蘭子「バレンタインデー……ヴァレンタイン……」

蘭子「………」

蘭子「お、お母さん。今日、何日だっけ?」

蘭子「………」

蘭子「2月、13日……そっか、2月13日かぁ」

蘭子「うん、うん。またね、お母さん」

ピッ

蘭子「………」


蘭子「バレンタインデー、忘れてた………!!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:20:47.74 ID:kawU3nzQ0
蘭子「ど、どどどどうしようっ!? 明日だよ、明日! 試験に夢中で気づかなかったよぅ……」

蘭子「えと、えとえとえと」アタフタ

Prrrrr

かな子『もしもし』

蘭子「助けてかな子ちゃん!」

かな子『わっ!? ど、どうしたの?』





その日の夜


蘭子「とりあえず、かな子ちゃんおすすめのチョコ詰め合わせセットを買ってきたけど……」

蘭子「プロデューサーには……やっぱり手作りのチョコをあげたいな」

蘭子「でも、今から焦って作って、形だけ整えて……それでいいのかなぁ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:29:04.73 ID:kawU3nzQ0
蘭子(どういうチョコを作るのかをじっくり考えて、うまくいくまで何度も作り直す……そのくらい心をこめたものを贈りたい)

蘭子(あの人には、いつも助けられてるし……こういう時くらいしか、そのお返しができないんだもん)

蘭子(真心をこめて……それで、あの人が喜んで、笑って……くれるかどうかはわからないけど。とにかく、幸せな気持ちになってほしい)

蘭子「でも時間が……明日もレッスンあるし……」

蘭子「うーん……」

蘭子「………」


蘭子「誰かに相談してみよう……」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:31:03.40 ID:kawU3nzQ0
蘭子「………ふむふむ」


蘭子「ほう……ほう!」


蘭子「……それだっ! 感謝する、我が友よ!」


蘭子「よーし、そうと決まったら――」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:33:46.47 ID:kawU3nzQ0
2月15日


武内P「………」

武内P(彼女からのメールによると、この部屋で待っているとのことだが……)

コンコン

武内P「蘭子さん。いらっしゃいますか」


蘭子「うむ。入るがよい」

武内P「失礼します」

ガチャ

蘭子「約束通り来たようね。感謝するわ、我が友プロデューサーよ」

武内P「この時間は、ちょうど余裕がありましたから」

蘭子「知っているわ。我が瞳に見抜けぬものなどない」

武内P「なるほど……確か、蘭子さんのそれは『魔眼』と呼ばれるものでしたか」

蘭子「その通り!」

蘭子(本当はちひろさんに聞いただけだけど)

蘭子「時に、我が友よ。私の真名、忘れず呼んでくれているようね」

武内P「はい。蘭子さん本人から、下の名前で呼ぶように、以前頼まれましたから」

蘭子(うん……やっぱり、名字より名前で呼んでもらった方がうれしいな)ニコニコ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:34:37.50 ID:IANbZ5cWO
このシリーズの蘭子はPにメッチャ好意寄せてたな


このシリーズ:

武内P「新田さんと飲むことになりました」


武内P「渋谷さんと飲むことに」 渋谷凛「ならないよ」


武内P「城ヶ崎さんと飲むことに」 莉嘉「お酒じゃなくてジュースだよ☆」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:36:14.83 ID:kawU3nzQ0
武内P「ところで、蘭子さん」

蘭子「む?」

武内P「なぜ、部屋を暗くしているのでしょう」

武内P「カーテンを閉め切って、電気もつけていませんが」

蘭子「灯火ならこれで十分であろう」ビシッ

武内P「これは……ろうそくですね」

蘭子「これひとつで万全。むしろこれ以上光を与えれば、闇の儀式の邪魔になるわ」

武内P「儀式……?」

蘭子「フッ、知りたいか?」

武内P「はあ……そうですね」

蘭子「ならば教えよう! これより始めるは、魔界の儀式!」

蘭子「混沌より生ずる開闢の燈火! カオス・バレンタイン!」バッ!

武内P「カオス・バレンタイン……?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:39:06.93 ID:kawU3nzQ0
武内P「しかし、バレンタインデーは昨日終わったはず……蘭子さんからも、チョコレートの詰め合わせをいただきました」

蘭子「ククク、甘いな。それはあくまでこの世界でのルールに従っただけのこと」

蘭子「実は、魔界暦では今日がバレンタインデー!」ドンッ

蘭子「よって、プロデューサーには魔のバレンタインを味わってもらうわ」

武内P「………」

武内P「少し、待ってください。情報を整理しなければならないので」

武内P「魔界暦……日付のズレ……魔のバレンタイン……」メモメモ

武内P「質問してもよろしいでしょうか」

蘭子「は、はい」ドキッ

武内P「ホワイトデーのお返しは、3月14日と15日、どちらにすれば」

蘭子「あ、それは早くもらいたいから14日で……」

武内P「わかりました」カキカキ

蘭子(思わず本音が出ちゃった)アセアセ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:43:38.84 ID:s8BaXHNc0
微笑ましい会話だな
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:44:56.87 ID:kawU3nzQ0
蘭子「まあよい。我が友よ、アナタに贈るは、この魔法石」

蘭子「闇に射す一筋の光……私の魔力をこめた、世界に唯一の結晶よ」

武内P「ホワイトチョコレート……魔力をこめたということは、手作りですか」

蘭子「無論!」

武内P「……昨日も良いものをいただいておいて、今日もこんな素晴らしいものをいただくのは」

蘭子「……いらない?」シュン

武内P「………」ハッ

武内P「いえ、いただきます。せっかくの、蘭子さんのご厚意ですから」

武内P「受け取らせてください」

蘭子「……うんっ」

蘭子「味見はしたから……安心して、味わって食べてください」ニコ

武内P「はい。ありがとうございます」

蘭子「………」

蘭子(やった……なんとかうまく渡せた……)

蘭子「はぁ~~っ」ホッ

フッ


蘭子「あ」

武内P「……ろうそくの火が、今の息で消えてしまったようですね」

武内P「暗いと危ないので、カーテンを開けましょう」

蘭子「………」カアァ
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:48:48.50 ID:kawU3nzQ0
蘭子「は、ハーッハッハ! アナタに光の魔法石が渡ったことで、闇の儀式は終わりを告げたわ!」

蘭子「我が友プロデューサー。やはりアナタは『器』を持ちし者のようね!」

武内P「……ありがとうございます」

蘭子(よしごまかせたっ)グッ

武内P(今のは、ごまかしただけなのかもしれない……)
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:53:00.46 ID:kawU3nzQ0
蘭子「こほんっ」

蘭子「これより行うは、光の儀式!」

武内P「光の儀式……闇の儀式とは、また別のものでしょうか」

蘭子「うむ。この儀式で用いるのは……あ、ちょっと待ってください」トテトテ

武内P「………」


蘭子「儀式で用いるのは、これよ!」バーン

武内P(マグカップが二つ。中身は、この甘い香りからすると……)

武内P「ホットチョコレート、ですか」

蘭子「そう、これが私達の誓いの杯となる」

武内P「誓いの杯……」

武内P「それは、神道の結婚式で行われる……」

蘭子「………」

蘭子「け、けつこんっ!?」

武内P「ええ。新郎新婦や親族の方々が、家族としての絆を確かめ合うために行うものだと聞いています」

蘭子「……え、ええっ!?」

蘭子(そ、そういえば、ドラマとかでそんなシーンあったかも!)
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:56:27.77 ID:kawU3nzQ0
蘭子「ち、違うのっ。私、そんなこと知らなくて……ただその、プロデューサーと一緒にホットチョコ飲みたかっただけで……!」ワタワタ

蘭子「き、絆を強くしたいっていうのは本当だけど、結婚だなんてそんな」アワアワ

武内P「はい、もちろんそれはわかっていますが……」

蘭子「………」スー、ハー

蘭子「あ、あの……プロデューサーは、結婚の予定とかは」

武内P「………」

武内P「まずは、相手を見つけないことにはどうにもなりませんので」

蘭子「そう……」ホッ
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:59:13.18 ID:kawU3nzQ0
武内P「冷めないうちに、飲みましょうか」

蘭子「あ……そうね。儀式の続きをしましょう」

蘭子「今こそ交わそうぞ!」シュバッ

蘭子「ち、誓いの杯を……」ボソボソ

武内P「………」


蘭子「こ、こほん。……大丈夫、大丈夫」スーハー

蘭子「……この杯には、私の闇の祝福がかけられているわ」

蘭子「飲んだ者に力を与え、より強い絆で結びつける……魂への祝福」

蘭子「だから……えっと」

蘭子「こ、これからも……よろしく、ね? 私の、プロデュース……」

武内P「……はい。こちらこそ、よろしくお願いします」

蘭子「うむ!」ニコッ

蘭子「では……いざ、乾杯っ!」

武内P「乾杯です」



蘭子「あちちっ」

武内P「まだ熱いようなので、気をつけて飲んでください」

蘭子「はい……ふー、ふー」

武内P「………」フッ
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 19:01:44.49 ID:kawU3nzQ0
部屋の外


凛「………」ジーー

凛「とりあえず、うまくいったみたい」

奏「よかったわね」

飛鳥「突然電話で泣きつかれた時は何事かと思ったが、案外なんとかなるものだね」

凛「うん」

凛「それはそうと……奏。蘭子に『誓いの杯』のこと吹きこんだの、奏でしょ」

奏「あら、いいじゃない。ロマンチックで素敵よ」ウフフ

凛「まったく……」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 19:04:59.15 ID:kawU3nzQ0
奏「飛鳥ちゃんの『バレンタインの日付ずらし作戦』が効いたかしら」

飛鳥「セカイの手の平で踊ることを否定はしないけれど……それがあまりに枷になるようなら、反逆を起こしたってかまわない。そう考えただけさ」

飛鳥「マリオネットだって、時には糸を引きちぎりたい時もある」

凛(相変わらず何言ってるかわかりにくい……)

奏「なるほどね」

凛(わかるんだ……奏、すごい)
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 19:07:08.09 ID:kawU3nzQ0
奏「さて。それじゃあ私達は、見つからないうちに退散しましょうか」

凛「そうだね。見てたってばれたら、蘭子が恥ずかしがるだろうし」

飛鳥「同感だ」



未央「あれ、そんなところでなにしてるの?」

凛「うわっ……なんだ、未央か。びっくりした」

奏「なんでもないのよ。なんでも」

未央「ふーん」

未央「蒼い三連星がそろい踏みだから、何かあったのかと思ったよ」

奏「蒼い?」

凛「三連星?」

飛鳥「とは、なんだい?」

未央「いや、なんかそんな感じするじゃん」

凛「未央のネーミングセンスは相変わらずだね」

未央「えへへー、照れるなあ」

凛「褒めてないから」


奏「………」

奏「どう? このあとお茶でもしない?」

飛鳥「……悪くないね」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 19:08:49.05 ID:kawU3nzQ0
蘭子「甘くておいしいですねっ」

武内P「そうですね。あまり飲む機会はありませんでしたが、ホットチョコレートもいいと思います」

蘭子「なら、また……」

蘭子「………」

蘭子「今度は、みんなで飲もうかな」フフッ

武内P「……はい」



おしまい
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 19:15:08.70 ID:kawU3nzQ0
読んでくれた方々に感謝を
私は熊本弁マスターしていないので、蘭子のセリフに違和感を覚えるかと思います。精進しなきゃいけないですね

関係ある過去作

武内P「新田さんと飲むことになりました」


武内P「渋谷さんと飲むことに」 渋谷凛「ならないよ」


武内P「城ヶ崎さんと飲むことに」 莉嘉「お酒じゃなくてジュースだよ☆」



関係ない過去作

渋谷凛「アイドル、邁進中」 桐生つかさ「トップしか見てないんで」



鷺沢文香「海外の方、ですか……?」 ミザエル「真のドラゴン使いだ」


そろそろアニメ最終回から2年後の設定とかになりそう
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 19:47:03.94 ID:vV7aKFwL0
乙乙
ちょっとらんらん可愛過ぎんよ~
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 19:54:05.91 ID:OGmeJpZuO
乙!やみのま!
やっぱり1の飲みSSは雰囲気が良いね...
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 22:29:33.86 ID:J50lWs5ro

ここの凛さんには安心感があるなあww
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:01:38.65 ID:ot5tB4fX0
乙。このシリーズ大好きです。
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 09:10:04.75 ID:CN5mV3leO
この二人の可愛さは異常
またいくらでもみていたひ……

この書き手のSS:

武内P「新田さんと飲むことになりました」


武内P「渋谷さんと飲むことに」 渋谷凛「ならないよ」


武内P「城ヶ崎さんと飲むことに」 莉嘉「お酒じゃなくてジュースだよ☆」




渋谷凛「私をアイドルに……?」 モバP「愉快な仲間達もいます」


渋谷凛「アイドルになった」 水本ゆかり「一緒にがんばりましょう」


渋谷凛「アイドルデビュー」 池袋晶葉「歌を歌うぞ!」


渋谷凛「アイドル、邁進中」 桐生つかさ「トップしか見てないんで」



モバP「桐生つかさは意外と……」


佐藤心「やっぱり女は度胸と愛嬌☆」


相葉夕美「晴れた日は、あの人を誘って」


鷺沢文香「海外の方、ですか……?」 ミザエル「真のドラゴン使いだ」


タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク