凛「プロデューサーを待つ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:36:32.18 ID:dH3H/fUt0
凛と未央と後から卯月がしゃべるだけ。短い

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450449391
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:38:06.66 ID:dH3H/fUt0

未央「おっはよー!」バーン

凛「……未央、扉はゆっくり開けようよ」

未央「いやっはっはっはー、おはよう早いねしぶりん!」

凛「ああ、うん、おはよう。話聞いてないよね」

未央「聞いてるよー、ところでプロデューサーは?しまむーも」

凛「二人ともまだ来ないよ。もう少しじゃないかな、本当に聞いてた?」

未央「聞いてたってば、ここ立て付け悪いんだよー」

凛「そう?……それ未央の開け方が下手なんじゃない?」

未央「扉ごときに下手も上手いもあってたまるか!なんかこう、がががってなるっていうか……」

凛「あのさ、如きとかそういうの扉に失礼だよ?分かる?」

未央「ウッソー、そんな指摘が来るとは」

凛「謝罪ものだね」

未央「謝るべきなのこれ」

凛「うん、そんなものだよ」

未央「まじか、現代社会って厳しいのう」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:38:59.90 ID:dH3H/fUt0
凛「取り合えず土下座かな?」

未央「初っぱなから飛ばすなー」

凛「許してもらえなかったら……二段階目で腹切り」

未央「渋谷さんや、謝罪二段階目で私が存命しておらんのですが」

凛「儚い命だったね」

未央「うん……もう少し惜しんでほしいかもしれない」

凛「さくらんぼの種と枝の部分を繋げて食べようとしたのに一口目で取れたとき位、惜しいとは思ってる」

未央「具体性がある分泣きそうだ、うっうっぐすっ」

凛「泣かないで?」

未央「はーい」ケロッ

凛「……ふふ。未央は何時も同じテンションで疲れないの?」

未央「んー?結構これでも人に応じて変わってたりするよ?」

凛「そうなの?」

未央「今は対しぶりん用になってる」

凛「へえ?」

未央「……と思う」

凛「ちょっと」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:39:59.31 ID:dH3H/fUt0
未央「自分では自覚し辛いんだよー。しまむーに言われて知ったんだもん」

凛「胡散臭いけど、でも、卯月が言うってことは本当に違うんだね。卯月、ほわほわしてるようで、結構そういうの鋭い……んん、動かないで未央」

未央「うん?」ピタ

凛「………」ジッ

未央「…………」

凛「……うん、全然分かんないや」

未央「だよね」

凛「比較対象も今無いしね」

未央「だとしてもだよ。やっぱしまむーが無駄にそういうのに聡すぎるんだよなぁ、サトリか!」

凛「卯月妖怪だったの?」

未央「一家に一匹」

凛「ペットになってるよ」

未央「しまむー飼いたいなぁ……」

凛「ちょっと引く」

未央「嘘です逃げないで」

凛「仕方ないなぁ、戻ってあげる」

未央「ヤバイしぶりん優しすぎて飼いたい」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:40:53.33 ID:dH3H/fUt0
凛「ふーん、そうだね、三食フルコースランチなら考えないこともないかな」

未央「食費いくらかかるんだろ……」

凛「多分、ざっとこんなものになるかなって」ポチポチ

未央「どれどれ」サッ

凛「うん」

未央「その、スマホの電卓にこの世のものとは思えない桁が並んでるから、しぶりんは遠慮しておきます」

凛「あれ、私捨てられちゃった?」

未央「ごめんしぶりん来世で会おう」

凛「まだ15なのに来世のことを考えなくちゃいけなくなったよ」

未央「どうせ会えるって、へーきへーき」

凛「いやまあ、……まあ、そうかもね」

未央「うん。私が掴んで離さず逃さないから」

凛「怖いよ」

未央「小梅ちゃんに鍛えてもらうからもっと安心していいぜ!」

凛「……その、スプラッターだけはやめてね?」

未央「あい分かった、迎えに来るときは血みどろ全面に押し出していく所存んぐっ」

凛「殴るよ」

未央「ぶったー!言う前にぶったー!でも痛くないからあんまり強く言えない」

凛「一応、配慮してあげた」

未央「優しいからときめいちゃう」

凛「どーも」

未央「えへへ」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:41:33.45 ID:dH3H/fUt0
凛「というかさ、そういう未央だって、結構やれてるじゃん」

未央「……へ?やる?何が?暗殺的な?」

凛「いやさっきの話。卯月の」

未央「あー、あーあー、いやぁそれほどでも?」

凛「ちょっとは謙遜しなよ……」

未央「まあ、事実ではあるしね」

凛「……素直に誉めづらい」

未央「素直に誉めてくれていいのに」

凛「ムカつくなぁ」

未央「いやぁそれほどでも」

凛「せいっ」ピシッ

未央「あだーっ!?なんなのなんで今日のしぶりんは暴力の嵐なの!」

凛「いや、言うほど叩いてないからね。てか未央だって悪いし」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:42:34.35 ID:dH3H/fUt0
未央「ぶーぶー、私みたいな美少女の顔面に傷付いたら全世界の人が悲しむんだからな!」

凛「未央の心という世界に住まう?」

未央「急に精神病んでる感じになった」

凛「一緒に病院、行こうか」

未央「いーやだよ!」

凛「きっと良くしてくれるよ?」

未央「はーい痛くないですよーちくっとしてちょっと気持ちよくなるだけですからねーって?」

凛「なんか最後不穏なんだけど」

未央「その後、本田未央の姿を見たものはいない……」

凛「未央?はい、いい奴でした……まさかこんなに早く……」

未央「そう言って涙を溢す同じユニットメンバーの渋谷凛さんである」

凛「はい、そうなんです、ちょっと照明が眩しくて涙が……」

未央「酷い」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:43:33.19 ID:dH3H/fUt0
凛「でもさ、もし未央がいなくなっちゃったらどうなるのかな」

未央「ならないからね!?」

凛「仮定だって」

未央「だとしてもなぁ……」

凛「シミュレーションしてみよう。卯月」

未央「うーん、泣いてそう……」

凛「藍子、茜」

未央「きっと泣いてくれると思う……」

凛「季衣菜」

未央「なんだかんだで最後にはぼろぼろ泣いてくれてそう」

凛「ちょっと、泣かせ過ぎでしょ」

未央「あ、プロデューサーも泣いてくれると思う」

凛「それは分かる」

未央「まあどれも仮定の話だけどさ」

凛「うん」

未央「でも、もし本当にそうならそれは嬉しいですなぁ。……試しに一回消えてみようかな?」

凛「いや、旅行に行くノリで消えられても困るんだけど」

未央「三泊四日、消失の旅」

凛「温泉旅行と並んでプランがありそう」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:45:08.81 ID:dH3H/fUt0
未央「……あ、そういやしぶりんは?泣いてくれる?」

凛「………………」

未央「……何で黙るの」

凛「いや……うん、まあ、泣くと思うよ?」

未央「……照明の明かりで?」

凛「ごめんって」

未央「根に持つタイプなんだよ私は」

凛「寝て起きたら忘れてそうなのに」

未央「いや、それは茜ちん」

凛「もう、茜に対して失礼だなあ未央は」

未央「私に対する台詞を思い返してから言ってよ」

凛「寝て起きたら忘れてそう」

未央「二回も言いやがった!」

凛「まあきっと泣くよ。寂しいし」

未央「私もしぶりんがいなくなったらきっと、ひねもす泣いて過ごすよ」

凛「…………寝て起きたら忘れてそう」

未央「照れ隠しに繰り返すの?」

凛「寝て起きて寝る」

未央「それが私の生きざまだぁ!……あ、しまった反射で」

凛「………ふ、ふふふ」フルフル

未央「え、あ、ツボった?」

凛「に、似合わない……っ!」

未央「私だって怒るんだぞ知ってるかね君」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:45:59.86 ID:dH3H/fUt0
凛「でも本当に似合わないから仕方ないって」

未央「何で繰り返すかなぁ!?今日のしぶりんなんかチクチク来るよ!デレるなら普通にデレて!?」

凛「……、…そんなことないよ?」

未央「間、間」

凛「チッ」

未央「舌打ちはよくないよ」

凛「………はぁ」

未央「うわぁぁん!しぶりんのお母様、しぶりんが反抗期に入られました!」

凛「ええと、未央と一緒に下着洗って欲しくないかも……とか?」

未央「えっ、私父親な感じだったの?」

凛「未央お父さん……」

未央「ちょっとお父さんは嫌かも」

凛「お母さん?」

未央「何が悲しくて同い年にお母さん呼ばわりされにゃならんのか」

凛「我が儘だなぁ」

未央「どっちが……」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:46:52.57 ID:dH3H/fUt0
凛「じゃあ卯月は?」

未央「え?うーん、お母さん感あるかも」

凛「なら、やっぱり未央はお父さんだよ」

未央「いやそこしぶりんだって行けるでしょ、何で私ごり押すの」

凛「えっ」

未央「露骨に嫌そうな顔しーなーいー」

凛「……でも未央がいいし」

未央「あーそういう言い方ずるい!」

凛「ずるくないよ?」

未央「仕方ないなぁ、お父さんを務めてあげようじゃん、娘よ」

凛「未央」

未央「何?」

凛「ちょろい」

未央「もー、一言多いなぁしぶりんはー。そういうときは甘えろって」

凛「私が娘で?卯月と未央が親……うん、頼りないなぁ」

未央「で、二言目それかい」

凛「でも、面白そうだよね。そういうの」

未央「んー、自分で面白そうって認めるのは癪かも?」

凛「思わない?」

未央「思うけど」

凛「うん」

未央「満足そうで何より」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:47:47.90 ID:dH3H/fUt0
凛「未央と話すの楽しいから」

未央「あーもう論点ずらすなー!嬉しいけど!」

凛「喜んでいいよ?」

未央「ひゃっほー!」

凛「うるさい」

未央「…………」

凛「ごめんって、睨まないでよ」

未央「まったくもう、次そういうのやったらただじゃあおかんぞ」

凛「はーい」

未央「よろしい許そう」

凛「やったー」

未央「……ん?」

凛「何?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:49:47.54 ID:dH3H/fUt0
未央「いやあ、そうかなーそうかなーって思ってたんだけど」

凛「……怪談でも始めるの?」

未央「ねえ、しぶりんなんかご機嫌?」

凛「…………」

未央「……」

凛「別に、そんなことないと思うけど」

未央「いやいやあるってばー、さっきからなんかノリ良いしさ。もしかして未央ちゃんに会えたから?」

凛「いや」

未央「即答」

凛「ないない、ご機嫌じゃないから」

未央「いや、あるって」

凛「無いって」

未央「ある!」

凛「………ない」グイッ

未央「いひゃい」

凛「未央が、人の話を、聞かない、からっ」グニグニ

未央「ふひぇひぇひぇひぇ」グイグイ

凛「えいっ」

未央「あうう……痛いぞこんにゃろ」

凛「ふん」

未央「しぶりん?」

凛「ばーか」

未央「あ、あわわ不機嫌に…」

凛「……ばか」

未央「語彙力ないなぁ」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:50:34.64 ID:dH3H/fUt0
凛「……うーっ」

未央「しぶりん飼い主でもペットに似ちゃダメだって」

凛「私はハナコじゃないし、違うもん」

未央「お手」

凛「わん」ペシッ

未央「愛想もないし」

凛「早々懐いてたまるかーってことだよ。ハナコはみんなに懐くけどね」

未央「ちょっと位なついたっていいじゃんもー」

凛「チョロいって言った罰」

未央「あー、そっちだって根に持ってるじゃん!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:52:30.22 ID:dH3H/fUt0
凛「つまりお互い根に持つタイプだったってことだね」

未央「うげ、つまり陰湿コンビ…?」

凛「陰湿はなんか嫌だからやめない?」

未央「ねっとり」

凛「さらになんか嫌だ」

未央「というかこんな発見したくもされたくもなかったよ!純朴ニュージェネレーションズして知られていたかったのに!」

凛「……純朴とねっとりで構成されてるトリオ」

未央「しまむーにねっとりな二人です~って紹介されたらここの屋上から飛び降りるからね私」

凛「だから未央がいなくなったら」

未央「そうだったしまむー泣くからやーめた」

凛「早い……」

未央「早い者勝ち?」

凛「勝者本田未央」

未央「かんかんかんかーん」

凛「………」

未央「…………」

凛「誰か来た」

未央「足音が、さん、にー……」

コンコン

凛「ずれてるずれてる」

未央「はーいどなたー?どうぞー?」

凛「未央はここの家主なの?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:53:28.73 ID:dH3H/fUt0
ガタガタ

凛「立て付け悪いね」

未央「だから言った」

卯月「失礼します、……あ、未央ちゃんに凛ちゃん!」

凛「あー、なんだ、卯月か。おはよ」

未央「やっほしまむー、今日はよろしく!」

卯月「はい!宜しくお願いします!」

未央「しまむーは今日も眩しいですなぁうんうん」

凛「純朴だから?」

未央「かもね?」

卯月「えっと、何の話…ですか?」

凛「ううん、何でもないよ。卯月はこう…綺麗だなって話」

卯月「え、えっ、そんなこと、……えへへ、でもでも、凛ちゃんも綺麗ですよ?」

凛「えっ」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:54:04.14 ID:dH3H/fUt0
未央「うむ。しぶりんは可愛いよりも綺麗だよね、可愛いけど」

卯月「はい、可愛いです!」

凛「あ、その違う、容姿じゃなくて心、とかのっ」

未央「ねえねえしまむー、私はー?」

卯月「未央ちゃんは、うーん…」

凛「話聞いてよ…」

卯月「可愛い2の綺麗1、かな?」

未央「おおっ、嬉しいですなぁ」

凛「え、可愛い一択じゃないの?」

卯月「未央ちゃんは時折見惚れるくらい、綺麗なことがあるんですよ、凛ちゃん」

凛「……分からなくもないけど、稀じゃないかな」

卯月「そうかなぁ…?」

未央「あ、あの、そろそろ止めても良いんですよ…?」

卯月「あ、未央ちゃん真っ赤で可愛いです」

凛「ほら、照れてる未央は可愛いじゃないかな」

卯月「はっ、言ってしまった手前、納得せざるを得ません…」

未央「もー、二人してなんなのさ!?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:56:09.50 ID:dH3H/fUt0
凛「未央は可愛いって話」

卯月「ですよー?」

未央「ああもう埒が明かない!しまむーテンション高い!」

卯月「えへへ、今日は二人と一緒にお仕事ですから、とっても楽しみなんです!ね、凛ちゃん」

凛「うん。それは勿論、卯月と一緒にやれるの、すごい楽しみだよ」

卯月「ありがとうございます~」

未央「じとっ」

凛「……何?」

卯月「あはは、未央ちゃんテーブルのしたから覗いてるの可愛いです」

未央「しまむー茶化さない!」

卯月「はーい、ふふ」

未央「もう、今日のしぶりんがしまむーと一緒でテンション高かったのは、なーんだ、しまむーがいるからかー。ぶーぶー、寂しいぞー」

凛「……もう、だからねっとりなんだよ未央は」

卯月「?大丈夫ですよ未央ちゃん、凛ちゃん昨日すごい楽しそうにしてましたから」

未央「昨日?」

凛「あっちょ卯月それはダメ――」

卯月「はい。未央ちゃんは遅くまでお仕事って聞いてたから、凛ちゃんと電話で話してたんですけど。未央ちゃんと一緒にお仕事なんてひさしぶりでわくわくするし凄い楽しみだって……あ、あっ、凛ちゃんこれ言ったら不味かったんでしたっけ……?」

凛「もう遅い……!」

卯月「ひゃあ、ごめんなさい!」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:57:45.83 ID:dH3H/fUt0
未央「お、おう……うん……」

凛「そっちもマジで照れないでよ止めてよ狂うから……!」

未央「いや、その……じゃあ、図星じゃんさっきの」

凛「う」

未央「……素直じゃ無さすぎるぞしぶりん」

凛「……うるさいっ……!」

卯月「わぁ、何だか撫でたくなっちゃう……」

凛「それもこれも卯月ー!」

卯月「ひゃー!凛ちゃん怒った!」

未央「おおっとしまむーをいぢめるのはこの私が許さんっ」

卯月「未央ちゃん!」

凛「ぐっ、未央邪魔!」

卯月「未央ちゃんカッコいいですっ」

未央「照れますなぁ、しまむーしまむー」

卯月「あ、はいっ!じゃあ、せーのっ」

未央「かーわーいーいー」ニヤニヤ

卯月「かーわーいーいー」ニヤニヤ

凛「ううっ…智絵里直伝チョップ!」ペシペシッ

未央「あだっ」

卯月「きゃーっ」

凛「……まったく」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 23:58:38.10 ID:dH3H/fUt0
未央「こ、これがあの伝説のしぶりんチョップ……!恐ろしい技だ!」

卯月「いつの間に習ってたんですか凛ちゃん!?」

凛「え、前に楽屋が一緒で……いや、しぶりんチョップって何」

未央「いづれそのしぶりんチョップが海を割り空を裂き地を砕き……」

卯月「は、早まらないで凛ちゃーん!」

凛「誰も地球崩壊とか企んでないから」

未央「とかやってる内にプロデューサーからメールが来ました」

凛「……助かった」ハァ

卯月「見せてくださいー」

未央「どーぞどーぞ」

凛「……ふうん、来ないと思ったら外の駐車場か」

未央「そんじゃま、行きますかー」

卯月「はいっ」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:00:14.30 ID:KLJanczX0
凛「はぁ、部屋で待ってろって言ったのプロデューサーなのに」

卯月「きっと何かあったんですよ。…多分?」

未央「何もなかったら何か奢って貰う?」

凛「図々しいって」ガチャ

未央「ってなんでしぶりん扉そんなスムーズに開けられるの?」

凛「……さあ?」

卯月「うー、廊下寒いです」

未央「しまむーさっきまでいた癖にーうりうり」

卯月「それとこれとは別問題で、は、あはは、くすぐらないでくださいー!」

凛「もう、二人ともすぐ煩い」

未央「酷いやしぶりんそんなずばっと言わんでも」

卯月「あ、凛ちゃん待ってー、待ってください」

凛「ここで待ってるから」

未央「追い付いたー」

卯月「えーいっ」

凛「わぷ、二人して抱きつかないでよもう」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:00:53.89 ID:KLJanczX0
未央「しぶりんクールなのに温い」

凛「それ関係ないでしょ、ほらエレベーター来たから行くよ」

卯月「引き摺られますぅっ……」

凛「重いから、ほら、離れて」

卯月「きゃー」

未央「女子に禁句な台詞をそんな軽く!」

凛「未央、とても、重い」

未央「名指しで泣いた」

卯月「地下一階ですよね?」

凛「うん。……あ、耳が」

未央「ぐんぐん下るよねーここのエレベーター」

卯月「アトラクションみたいですよね」

未央「分かる!」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:01:55.89 ID:KLJanczX0
凛「そういや、プロデューサーに扉の立て付けとか、伝えた方がいいかな」

未央「あー、そだね、まあ、後で覚えてたらかな?とりあえず仕事だよ二人とも、意気込みどうぞー」

卯月「はい、頑張ります!」

凛「いや、何もここで聞かなくても……うんまあ、頑張るよ。当たり前だけどね」

未央「私も頑張っちゃうよー、ってことで、今日もいっちょやっちゃいますか!」

凛「?何、びびってるの?未央」

未央「ん、んなわけあるかーっ」

卯月「顔こわばってますよ?」

未央「うっ」

凛「ふふ、大丈夫だよ、そんな考えなくてもさ」

未央「でも、久しぶりだしさぁ……」

卯月「この三人なら大丈夫です、もしもがあったら、私に任せてください!」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:03:40.03 ID:KLJanczX0
未央「おおっ、しまむー心強い!」

凛「……うん、任せたお姉さん」

卯月「はいっ!」

未央「頼れるなあ」

凛「お母さんみたい?」

卯月「年老いちゃいました!」

未央「その話題もう蒸し返さなくていいんじゃないかな」

凛「あはは、お父さん怒らないでよ」

卯月「私と未央ちゃんが夫婦だったんですか?」

凛「うん」

卯月「へえっ」

未央「この親不孝ものの娘めが……」

卯月「お父さん怒っちゃダメですよー?」

未央「もう、しまむーまでー!」

卯月「えへへ、……あ、プロデューサーさーん!お待たせしましたー!」

凛「あ、いた。行こう、未央」

未央「おっけー、おーいプロデューサー、お待たせ!それじゃ行こっか!」

凛「うん、プロデューサー、今日も宜しく。
三人一緒に、頑張るからさ」

25: ID変わってるけど同じ奴 2015/12/19(土) 00:06:03.50 ID:KLJanczX0
おしまい。二人なら淡々としてて三人なら賑やかだと可愛い。最近凛と未央のこういうの見かけることが増えた気がして嬉しい限り

ちゃちゃっと依頼だしてきます
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:26:09.44 ID:ZXTnnIIdO
ああああああニヤニヤするんじゃああああああ
乙!!
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:49:37.00 ID:T/uWuCs7O
あ…甘い

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク