提督「MVPを取った子にご褒美をあげよう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:35:20.94 ID:rkXta8hr0
ざわっ……

吹雪「ご、ご褒美って、なんでもいいんですか!?」

提督「ああ、いいぞ。みんな頑張ってくれているからな」

長門「物ではなく、願い事でも構わないのか!?」

提督「なんだ、えらくがっつくなw」

提督「いいぞ。俺にできることだったら、なんでも叶えてやろう」

大和「だったら……」

艦娘「「「提督の乳首を吸わせてください!!!!」」」

提督「!?!?!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464777320
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:36:36.57 ID:oDDO3XneO
!?!?!?
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:40:19.96 ID:rkXta8hr0
その日から、艦娘たちに乳首を差し出す日々が始まった――。

吹雪「てっ、提督! 私、やりました!」

吹雪「MVP、取りましたよ!」

はじめての相手は、吹雪だった。

頬を赤らめ、息せき切って現われた彼女の体は、

それが証しだとばかりに、キラキラと輝いていた。

提督「な、なあ、やっぱり止めないか?」

提督「乳首なんて吸って、なんの意味が……」

吹雪「何を言っているんですか!!!!」

吹雪「言い出したのは、提督ですよ!?」

執務室の机に身を乗り出した吹雪は、怖いほどの勢いがあり、

私には、止めることなどとてもできなかった――。
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:44:12.25 ID:rkXta8hr0
吹雪「はやくっ、はやくっ」

提督「くっ……」

急かされるがままに、上着を脱いではみたものの、

そこから先が、どうしても進まない。

なぜならば、事は乳首の問題だ。

乳母でもあるまいに、それをさらして、かつ、吸わせるなどと――。

日本男児としての矜持が、許すはずもなかった。

提督「……すまん。やはり、止めに」

一度は脱いだ上着を手に取り、

それを着込もうとした瞬間だ。

吹雪がシャツの下に潜り込んできたのは。
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:46:46.19 ID:rkXta8hr0
提督「吹雪っ! な、何をっ!?」

吹雪「ふーっ! ふーっ!」

吹雪は私の声など、耳に入っていない様子だった。

ただ、強引に私の胸元に頭をねじ込み、ミミズのようにシャツの下を這い回る彼女は、

すぐにも私の乳首を探し当て、落ち着く間もなく、それにむしゃぶりついた。

吹雪「じゅるっ! じゅぱっ!!!!」

提督「吹雪、ふぶっ……あっ……!」

かつてない感覚が、私の乳首を支配した。
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:50:41.96 ID:rkXta8hr0
吹雪「じゅっ……! じゅっ……!」

吹雪がスポイトのように口をすぼめ、

一心不乱に私の乳首を吸い上げる度に、

むずがゆいような、切ないような、えもいわれぬ感触が伝わってくる。

提督「くっ……! ううっ……!?」

気持ちいいわけではない。

気持ちが悪いわけでもない。

ただただ、不可思議な心地にゆられ、

じっと、時間が過ぎるのを待っていた――。
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:54:27.43 ID:rkXta8hr0
吹雪「提督、ありがとうございました!」

吹雪「提督の乳首を吸ったから、私、もっと頑張れます!」

吹雪「またMVPを取るので、次もよろしくお願いしますね!」

三十分ほど、私の乳首を堪能した後。

吹雪は、とても晴れやかな顔で執務室を去っていった。

提督「なんだったんだ……」

悪夢のような体験に、私の体からは力が抜けてしまった。

気だるげな気分のまま、椅子に深く腰かける。

まだ湿っている乳首は、じんじんと弱くうずいていた。
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 19:56:55.78 ID:rkXta8hr0
提督「何が楽しくてこんなことを……」

年頃の婦女子の考えることは、まるで理解できない。

だから、褒美は彼女たちが望むものにしようと考えたのだが――。

その結果が、これだ。

乳首を供物と捧げるなど、前代未聞の出来事だ。

止めさせるべきか――いや、しかし、あの様子。

無理に止めると、士気の低下につながるかもしれない。

そう考えると、どうにも踏ん切りがつかなかった。
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:00:33.08 ID:rkXta8hr0
コンコン

加賀「入るわよ」

提督「……ああ、加賀か」

しばし、ぼんやりとしていると、加賀が書類を持ってやってきた。

仕事の時間が来たようだ。意識は切り替えなければならない。

提督「ありがとう。それはここに置いてくれ」

加賀「ええ」

先のことより、目の前のことに集中するべきだ。

私は早速、束となった書類に目を通し――。

加賀「それで、提督」

提督「なんだ?」

加賀「私もMVPを取ったわ」

提督「……?」

加賀「早速、乳首を吸わせてもらうわね」

提督「!?!?!?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:02:19.76 ID:rkXta8hr0
提督「まさか、お前まで……!?」

提督「止めろっ、止め」

提督「あっ、あっー!?」

ジュポッ!! ジュポッ!!

ヂュウウウウウウウウ!!!!

………………

……空母の馬力は、駆逐艦とはケタが違った。

壮絶なバキュームに、たまらず私は悲鳴を上げた――。
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:08:38.67 ID:rkXta8hr0
この日から、私は日に三度、艦娘に乳首を差し出すこととなった。

電「チュウ、チュウ……」

駆逐艦には、赤ん坊のように吸いつかれ、

川内「レロッ……チュッ、チュウッ」

軽巡や重巡にはおもちゃのように玩ばれ、

大和「ジュッ、ジュッ!!」

そして、戦艦や空母からは、跡が残るほどの吸引を受けた。
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:11:32.80 ID:rkXta8hr0
吸い、ねぶられ、虐げられて――。

日に日に、私の乳首は太く、大きく成長していった。

それに合わせて感度も増し、

行為の最中、思わず声を上げることもあった。

それが艦娘たちには楽しいようで、

もっと育てよう、もっと声を上げさせようと、

彼女らの技巧は、日に日に、増していくばかり。
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:14:07.12 ID:rkXta8hr0
ただ、幸いにして、吸われるのは右乳首ばかりで、

左乳首は手つかずのまま、元のままの姿を保っているが――。

提督「……くそっ」

そんなこと、何の慰めにもならなかった。

右と左の違いを見て、一層、惨めな気持ちが増すだけだ。

この気分を味あわせるために、艦娘たちは右に集中していたのだ――。

私はてっきり、そう思っていたのだが、

真実はもっと、残酷だった。
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:16:44.26 ID:rkXta8hr0
利根「MVPを取ったぞ!」

その日もまた、執務室に艦娘がやってきた。

利根「さあ、乳首を出すがいい!」

今日のMVPは利根のようだ。

意気揚々とやってきた彼女は、輝く笑顔で要求し、

私はそれに応え、無言でシャツを脱ぎ捨てて――。





大淀「――MVPを取りました」

提督「……っ!?」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:21:01.65 ID:rkXta8hr0
にこやかに現われたのは、大淀だった。

彼女は楚々と歩み寄ると、当然の権利のように私の乳首をなでる。

提督(馬鹿な……っ!?)

MVPとは、たったひとりに許される称号。

頂点はただひとつ、並び立つことは決してないのだ。

しかし、現に大淀が現われ、それを利根は受け入れている。

目の前の事態から推測される可能性は――ただ、ひとつ。

提督「連合艦隊……!?」

微笑む少女たち。

それが、答えだった。
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:26:09.52 ID:rkXta8hr0
利根「じゅるっ!」

大淀「じゅぽぉ!」

提督「ひぃぃ!!」

あられもない嬌声を上げ、私は身を震わせた。

利根が右の乳首に吸いつき――大淀が左の乳首に吸いついている!!

それはかつてない経験だった。空前絶後の二正面作戦だった。

調教された右の乳首と、生娘そのものの左の乳首。

伝わる感触は調和を生み出さず、ちぐはぐなままで神経を駆け巡る。

提督「まさか、まさか、このためだけに……!?」

左乳首は生かされていたのだ。

手をつけられず、蝶よ花よと育てられていたのだ――。
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:30:56.06 ID:rkXta8hr0
提督「ひいぃ! ひっ、あああっ!?」

たまらず体を仰け反らせ、執務机に手をついた。

しかし追撃の手は止まず、ふたりは乳首にむしゃぶりつくのだ。

提督「ぃっ、ぃいい! ひいい!!」

ゾクゾクと体を震わせる快感は、私の腰を砕けさせた。

それでも止まない責め苦に耐えかね、

もしかすると、私はズボンの中に吐精していたかもしれない。

利根「じゅぷっ! ぢゅうう!」

大淀「じゅぽぉ!!」

しかし、艦娘の目的は、あくまで私の乳首なのだ。

下半身には目もくれず、彼女らはより一層、強く乳首に吸いつくのだった――。

~完~
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:32:45.45 ID:/53poIzHO
まるで意味がわからんぞ!
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 20:36:39.85 ID:He213vVPO
女ってえっちするとき乳首ばっかり攻めてくるからねうん
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/01(水) 21:37:16.09 ID:sOZIloVl0
女提督の乳首が吸いたい=健全
男提督の乳首が吸いたい=変態

つまり、この鎮守府は……

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク