杏「まゆが熱出した」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:07:45.46 ID:O0EOuob00

まゆ「負けたら……褒めてもらえない……」


まゆ「……覚えていてくれたんですね」


まゆ「水着を買いに行きましょう」



以上3作の設定を引き継いでおりますが、読まなくてもたぶん大丈夫です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441559264
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:09:22.91 ID:O0EOuob00
杏「……」パチ

まゆ「……」パチ

杏「……」パチ

まゆ「……」パチ

杏(……おかしい)

杏(いつも杏と将棋をやるときは百面相をするまゆが)

杏(今日はぜんぜん表情を変えない……)

杏(だからかわからないけど、いつもより強い……かも)

杏(……ポーカーフェイスを身につけたとか?)

杏(いや、でも昨日まではそんなことなかったはず)

杏(一日でここまで表情を変えないようにするなんてできるはずないし)

まゆ「……」ジー

杏「……ん……ああ、杏の番か」

杏「ごめん、はい」パチ

まゆ「……」ジー

杏「ほら、まゆの番だよ」

まゆ「……」ジー

杏「……まゆ?」

まゆ「……」

まゆ「きゅぅ……」バタン

杏「……え?」

杏「ちょ、ちょっと、まゆ? まゆ!?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:10:16.03 ID:O0EOuob00
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


まゆ「……」

まゆ「……んっ」

まゆ「あ、あれ……ここは……?」

杏「……あ、おきた?」

まゆ「杏ちゃん……?」

杏「おはよ、まゆ」

まゆ「あ、はい、おはようございます……?」

杏「はい、スポーツドリンク」

杏「飲める?」

まゆ「……もう、馬鹿にしないでくださいよ」

まゆ「そのくらい――」フラッ

まゆ「――あ、あれ?」

杏「あー、もう、ほら無理しない」

杏「無理に立とうとしなくていいから、顔だけ起こせばいいから、ね」

まゆ「え、あ、はい……」

まゆ「んく……ぷはぁ」

まゆ「ありがとうございます」

杏「どいたしまして」

杏「気分はどう?」

まゆ「気分……ですかぁ?」

まゆ「……なんというか」

まゆ「ちょっとだけ、夢みたいな感じです」

杏「そっか……ん、そうだろうね」

まゆ「……あの、杏ちゃん」

杏「ん?」

まゆ「まゆが将棋してたのって、夢ですかぁ?」

杏「ん~ん」

杏「ちゃんと杏と将棋してたよ」

まゆ「ですよねぇ」

杏「じゃ、次は杏から質問していい?」

まゆ「どうぞ」

杏「いつから無理してたの?」

まゆ「……」

まゆ「……別に無理なんてしてませんよ」

杏「ほんと?」

まゆ「ほんとです」

杏「じゃあ、どうして急にぶっ倒れたの?」

まゆ「……」

まゆ「……ち、知恵熱です」

杏「無理があるよ、それ」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:11:06.27 ID:O0EOuob00
杏「今のまゆの熱何度だと思う?」

まゆ「……さ、36度」

杏「ほんと?」

まゆ「……ごめんなさい、もう少し高いと思います」

杏「正解は39度だよ」

まゆ「あぁ……」

杏「急に倒れるもんだからびっくりしたよ、ほんとに」

杏「あー、喉痛い、飴く――」

まゆ「……杏ちゃん?」

杏「ううん、飴とってくる」

杏「すぐ戻るけど、なんかあったら言ってね」

まゆ「え……あ、はい」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:11:51.66 ID:O0EOuob00
まゆ「……熱」

まゆ「熱、出しちゃった……」

まゆ「確かに、今日は朝からちょっとだけ、フラフラしてた……かもしれない……けど」

まゆ「……」

まゆ「う……」グス

杏「ただいまー……っと」

杏「うわっ、まゆ、どうしたの?」

まゆ「うぅ……!」

杏「えっと……痛いところある、とか?」

まゆ「ちが……違うんです」

まゆ「今日は……ほら」

杏「ああ、うん」

杏「今日の夜、ご飯食べる約束をプロデューサーと約束してたんだよね」

まゆ「はい……」

杏「……あのさ」

杏「杏、プロデューサーにもう連絡しちゃった」

まゆ「……はい」

杏「……ごめん」

まゆ「いえ……別に、杏ちゃんは悪くありませんから」

まゆ「体調管理のできなかったまゆが……」

まゆ「まゆが悪いだけですから……」

まゆ「……」

まゆ「うぅ……!」

杏「……よしよし」ナデナデ
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:12:19.54 ID:O0EOuob00
まゆ「……落ち着きました」

まゆ「ごめんなさい、杏ちゃん」

杏「まー、ほら、杏はお姉ちゃんだから」

杏「つらいことがあったらいくらでも吐き出していいよ、なんてね」

まゆ「うふ……ありがとうございます♪」

杏「どいたしまして」

杏「……なんか、欲しいもんとかある?」

まゆ「ううん」

まゆ「杏ちゃんにいてほしいです」

杏「そっか」

杏「お腹がすいたりしたらなんでも言ってね」

まゆ「……」

杏「……なにさ?」

まゆ「別に、なんでもありませんよ?」

まゆ「……うふふ」

杏「……あー」

杏「言いたいことがあるなら言ってよ」

まゆ「頼りになるなって思ってるだけですよ」

杏「ふーん」

まゆ「……ふふ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:13:26.80 ID:O0EOuob00
まゆ「杏ちゃん」

杏「ん?」

まゆ「少し、眠くなってきました」

杏「そっか……じゃ、寝たほうがいいね」

杏「頭の冷えピタは?」

まゆ「まだひんやりしてて気持ちいいです」

杏「水枕とかはいる?」

まゆ「いえ、そういうのは大丈夫……ですけど」

杏「……けど?」

まゆ「杏ちゃんに手を握ってて欲しいです」

杏「……」

まゆ「だめですかぁ?」

杏「まさか」

杏「杏の手でよければ」

まゆ「うふ、ありがとうございます」

まゆ「……ちょっと、不安で」

杏「そっか」

杏「珍しいね、まゆが」

まゆ「まゆを何だと思っているんですか?」

杏「ただの女の子だよ」

まゆ「そうです、ただの女の子です」

まゆ「……だから、心細いときだってあるんですよ」

杏「……そだね」

まゆ「それじゃあ、おやすみなさい」

杏「うん、おやすみ」

杏「いい夢を」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:14:35.85 ID:O0EOuob00
まゆ(……)

まゆ(……夢を見ました)

まゆ(今日の夜の夢)

まゆ(今日の夜に起こるはずだった夢)

まゆ(こうして、熱を出したから)

まゆ(絶対に起こることのない)

まゆ(一年に一度の、特別な)

まゆ(特別な日の夢)

まゆ(その夢の中のまゆはとても楽しそうで)

まゆ(幸せの絶頂にいるようで)

まゆ(まゆは……)

まゆ(まゆは……!)
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:15:01.33 ID:O0EOuob00
まゆ「まゆは……!」

杏「……ん、おきた?」

杏「おはよ、調子はどう?」

まゆ「あ、杏ちゃん……!」

まゆ「お願いです……一生に一度の……!」

まゆ「まゆを……まゆを、Pさんの下へ――!」

モバP「呼んだか?」

まゆ「――え?」

まゆ「ぴ、Pさん……?」

モバP「ああ」

モバP「大丈夫か? 熱は……」ピトッ

まゆ「~~~~っ!!」

まゆ「なっ、な、なんでここに……!?」

モバP「そりゃ、まゆが熱で寝込んでるなんて聞いたら来るに決まってるだろ」

まゆ「」

杏「うわっ」

モバP「心外な反応だな」

杏「そんなキザな台詞言われちゃこんな反応になるって」

モバP「俺はそんなつもりないんだけど――っと」

モバP「ん……熱は少しまだ残って……いや、上がってる……?」

まゆ「」

杏「あー……うん」

杏「とりあえず、頭から手を離してあげなよ」

モバP「おっと」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:15:51.78 ID:O0EOuob00
まゆ「……はっ!」

まゆ「大変です杏ちゃん、今Pさんにおでこに手を当てられる夢を見ました!」

杏「だってさ、プロデューサー」

モバP「現実だよ」

まゆ「……」ツネリ

まゆ「……いひゃい」

モバP「どうしたら現実って認めてくれるんだ……」

杏「熱が下がったら認めてくれるかもね」

モバP「治るまで俺は夢の存在ってわけか」

まゆ「……い、いえ、大丈夫です」

まゆ「もう認めましたから……はい」モゾモゾ

モバP「……なんで布団に隠れてるんだ」

まゆ「……その」

まゆ「こんなまゆをPさんに見せるのは恥ずかしくて」

まゆ「きっと汗もたくさんかいてるでしょうし……」

まゆ「髪もぼさぼさで――」

杏「――そんなに気になるなら整えちゃおうか」

まゆ「……へ?」

杏「プロデューサーは……そうだ、まゆのためにおかゆでも作ってあげなよ」

モバP「あー……ん、そだな」

モバP「じゃ、俺は作ってくる。材料借りるぞ?」

杏「どぞどぞ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:16:42.02 ID:O0EOuob00
まゆ「……あの、杏ちゃん?」

まゆ「どうして、こんな……?」

杏「ほら、今日は特別な日なんでしょ」

杏「風邪を引いたからってそれは変わんないでしょ?」

まゆ「そうですけど……」

杏「まゆが一番楽しまないと」

杏「まゆが一番喜ばないと」

杏「主役はまゆなんだから」

まゆ「……」

杏「今日の予定はこなさなかったけど」

杏「それでも、今日が忘れられない特別な日になるように」

杏「……そのくらいの手伝いは杏にだってできるから」

杏「だから、ほら……ね?」

まゆ「……」

まゆ「……今日は杏ちゃんに振り回されっぱなしですね」

まゆ「本当に……振り回されっぱなしで……!」グス

杏「ほら、泣かない」

杏「プロデューサーに見て欲しいまゆにするんでしょ?」

まゆ「はい……!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:17:38.12 ID:O0EOuob00
モバP「できたぞー……入っていいか?」

まゆ「は、はい……」

モバP「んじゃ、失礼して……っと」

モバP「……おお」

まゆ「……どう、ですかぁ?」

モバP「ああ、可愛い」

まゆ「うふ……♪」

杏「せっかくだから着替えさせちゃった」

モバP「もう出かけないのにか?」

杏「プロデューサーに見せたかったんだってさ」

杏「今日、来て行くつもりだったみたい」

モバP「あー……すまん」

まゆ「気にしなくていいんですよぉ」

まゆ「ちゃんと、この服……この姿のまゆを見てくれましたから」

まゆ「Pさんのための、この格好を……♪」

モバP「……」

杏「ほら、突っ立ってないでまゆにおかゆあげたら?」

モバP「あ……ああ、そうだな」

モバP「……ま、俺の手料理だからつたないものだけど」

まゆ「そんなことないです」

モバP「せめて食べてからその感想を聞きたいな」

まゆ「それもそうですね……じゃあ」

まゆ「いただきます、Pさん」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:18:13.44 ID:O0EOuob00
まゆ「……ん、おいしい」

まゆ「とっても……とぉってもおいしい……!」

モバP「そこまで言われると恥ずかしいな」

杏「杏もおいしいと思うよ」

杏「誇っていいんじゃない?」

モバP「ううむ……」

まゆ「夢で見たあの料理よりも……きっと、現実で食べるはずだったあの料理よりも、ずっと――」

モバP「おいおい、それは言いすぎだろ」

モバP「最上級……ってのは無理だったけど、あのレストランも相当おいしいレストランだし」

モバP「俺の料理がそれよりおいしいだなんて――」

まゆ「――ありえますよ」

まゆ「だって、まゆの大好きなPさんの料理ですから」

まゆ「知らない誰かの料理よりもずっとおいしいなんて……当然のことです」

モバP「……」

まゆ「うふ……おいしい……♪」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:19:59.42 ID:O0EOuob00
杏「ところでさー、プロデューサー」コソコソ

モバP「ん?」コソコソ

杏「まだ言ってないよね?」コソコソ

モバP「ああ」コソコソ

杏「……忘れてた?」コソコソ

モバP「まさか、タイミングを見計らってたんだよ」コソコソ

杏「ふーん」コソコソ

まゆ「……ふぅ」

まゆ「ご馳走様でした、Pさん」

モバP「おう」

杏「ほら、ちょうどいいタイミングじゃない?」コソコソ

モバP「言われなくても」コソコソ

モバP「あー……っと、こほん」

モバP「まゆ」

まゆ「はい」

モバP「誕生日おめでとう」

まゆ「はい……!」

モバP「これがプレゼントだ」

まゆ「……あけてみてもいいですか?」

モバP「もちろん」

まゆ「……」パカッ

まゆ「……ネックレス」

モバP「ああ」

モバP「似合うと思って」

まゆ「……」

まゆ「ありが――」

『まゆが一番楽しまないと』

『まゆが一番喜ばないと』

『主役はまゆなんだから』

まゆ「――あの、Pさん」

モバP「ん?」

まゆ「実は……このネックレス……」

まゆ「……」

まゆ「まゆ……このネックレス持っているんです」

モバP「げ」

モバP「あー……そっか、悪かった」

モバP「今度また、別の――」

まゆ「――でも……いえ、だから、このプレゼントを」

まゆ「わがままですけど、このプレゼントを……まゆじゃなく」

まゆ「Pさんにつけて欲しいんです」

モバP「へ?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:20:50.17 ID:O0EOuob00
モバP「……お、俺?」

まゆ「はい」

モバP「そりゃまたどうして?」

まゆ「……Pさんにつけてもらいたいから、じゃだめですか?」

モバP「いや、だめってことはないけどさ」

モバP「そんなのでいいのか?」

まゆ「そんなのがいいのです」

まゆ「そんな、まゆとPさんのペアルックが欲しいんです」

モバP「!」

まゆ「だから、Pさん」

まゆ「まゆに『Pさんとペアルックのネックレス』というプレゼントをくれませんか?」

モバP「……わかった」

モバP「ありがとう」

まゆ「うふ……変なPさん」

まゆ「お礼を言うのはまゆですよぉ?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:21:26.09 ID:O0EOuob00
まゆ「ですから、ありがとう、Pさん」

まゆ「それと、杏ちゃん」

杏「ん、杏?」

杏「杏はまだプレゼントあげてないよ?」

まゆ「もう、たくさんもらいましたよ」

まゆ「今日一日中、ずっと」

杏「……」

まゆ「杏ちゃんが私を看病してくれて」

まゆ「杏ちゃんが私をたきつけてくれたから」

まゆ「いつもよりちょっとだけ頑張ってって思えたから」

まゆ「まゆは今、こんなにも幸せな誕生日をおくれています」

まゆ「熱が出ていても」

まゆ「予定が全部台無しになっても」

まゆ「杏ちゃんが、Pさんがまゆに見えるものも見えないものも、たくさんのものをくれるから」

まゆ「言葉にできないくらい、幸せです」

まゆ「ありがとう……ありがとう、Pさん、杏ちゃん」

まゆ「今日は、最高の誕生日です……うふ♪」

まゆ「きっと、予定通りPさんと二人で食事するよりもずっと……ずっと……!」

杏「……」

モバP「……」

まゆ「……」

まゆ「……え、えっとぉ」

まゆ「その……す、少し変なこと、口走っちゃいました……かも」

杏「や、そんなことないよ」

杏「まゆの気持ちは十二分に伝わった、けど」

まゆ「……けど?」

モバP「まだ今日は終わってないぞ?」

モバP「今この時点が最高、なんてさせるはずないだろ」

まゆ「……!」

杏「ふっふー、杏のプレゼントを見たらプロデューサーのプレゼントなんて霞むだろうね」

モバP「ほう……言うじゃないか」

杏「自信があるからね」

杏「さ、これが杏のプレゼントだよ、まゆ」

杏「ここから、もっと、もっと楽しませるからね」

まゆ「はい……っ!」




おわり
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 02:46:28.26 ID:SP4u7SGl0

こんなお姉ちゃん力がカンスト気味の杏なんて…最高じゃないか
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 03:13:53.22 ID:pABmqCKNo
杏お姉ちゃんは最高やで
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/07(月) 12:05:32.18 ID:uhE4W3dzo

ぽんこつ可愛いわ
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/08(火) 23:58:16.49 ID:VxJ7CWiA0

いい…ぽんこつまゆとおねえちゃん杏…いい!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク