まゆ「負けたら……褒めてもらえない……」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:50:07.22 ID:VrsEZGnS0
まゆ「負けたら……負けたら……!」

杏「……」

まゆ「勝たないと、褒めてもらえない……!」

杏「……」

まゆ「勝たなきゃ……勝たなきゃ……!」

杏「……」

まゆ「負けられない……負けたくない……っ!」

杏「ねぇ、まゆ、早くしてほしいんだけど」

まゆ「もうちょっと……」

杏「もう詰みだからさ、どこ動いても負けだからさ」

杏「ほら、早く投了してよ」

まゆ「ま、まだですぅ、まだどこかに道が……!」

杏「だーかーらー、ないってばーっ!」

まゆ「もうちょっと、あとちょっとだけ……負けられないの……負けられないから……!」

杏「うがー!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1373035807
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:50:59.74 ID:VrsEZGnS0
まゆ「……まいりましたぁ」

杏「杏もその根気にまいったよ」

杏「何分粘ったのさ……あー、もう、疲れた、なんかすっごく疲れた、勝ったのに」

まゆ「……ごめんね、杏ちゃん。お詫びの飴、いる?」

杏「いる」

まゆ「あーん」

杏「あーんっ」

杏「ん……おいし」

まゆ「うふ、よかった」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:51:36.49 ID:VrsEZGnS0
杏「それにしても、まゆって案外ボードゲーム弱いんだね」

杏「囲碁将棋チェスオセロ……あとダイヤモンドゲームとか軍人将棋とかもやったっけ?」

まゆ「全敗しましたねぇ……」

まゆ「……別に悔しくないですけどぉ」

杏「あれだけ必死に粘った人がよく言うよ」

まゆ「……うぅ」

杏「まったくー」

まゆ「まゆとしては杏ちゃんが予想外に上手だったことに驚いたんですけどねぇ」

杏「別に上手いってわけじゃないよ、中の上くらい」

まゆ「……それを上手いと言うんじゃないでしょうかぁ?」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:52:19.00 ID:VrsEZGnS0
杏「あー、ずっと座ってたからつかれたー」

まゆ「膝枕しますかぁ?」

杏「んじゃお言葉に甘えまーす……っと」

杏「んー、ふにふにー」

まゆ「……つ、つっつかないでぇ……くすぐった……ひっ」

杏「いいね、この膝はいいよ、人間国宝にもなるね」

まゆ「もう、そんなに褒めても何も出ませんよぉ?」

杏「これならプロデューサーもイチコロだね」

まゆ「俄然自身が沸いて出てきましたぁ……うふ」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:52:59.01 ID:VrsEZGnS0
まゆ「そう、P、Pさんなんです」

杏「ん、いきなりどったの?」

まゆ「まゆはPさんに褒めてもらうために勝たないといけないんですぅ」

杏「ごめん、いろいろ意味がわからなすぎて」

杏「どうして勝たないといけないのか」

まゆ「そこにPさんがいるからです♪」

杏「答えになってなさ過ぎて逆に答えな気がしてきたよ」

まゆ「私の行動はすべてPさんのためですからねぇ」

杏「トイレも?」

まゆ「……」

杏「……」

まゆ「……え、えっと……そのぉ……ぴ、Pさんが望むなr」

杏「ごめん、杏が悪かった、すっごく悪かった」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:53:28.49 ID:VrsEZGnS0
杏「……つまり、まゆが勝ったらプロデューサーが褒めてくれると」

まゆ「はい」

杏「こんな何の意味もない試合でも?」

まゆ「もちろん」

まゆ「Pさんに○○で勝ったんですよぉ、といえば褒めてくれるに決まってるじゃないですかぁ」

杏「決まってるんだ」

まゆ「まゆにはそこからバージンロードが続いていくのが見えますぅ」

杏「ずいぶんと変な場所で結婚するんだね」

まゆ「思い出の場所で結婚式なんて……ロマンチックですぅ」

杏「あー、うん」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:54:41.26 ID:VrsEZGnS0
杏「まあ、それは置いておいて」

まゆ「私の心に……うふ」

杏「正直そうやって報告するだけなら別に嘘ついてもいいと思うんだけど」

杏「たとえば、杏とオセロをしたら杏の色がなくなったーとか、ドヤ顔で」

まゆ「それもはや嘘ですって言ってるようなもんですよねぇ」

杏「まあ今のは誇張したけど、そういう風に嘘ついてもいいんじゃないかなって」

杏「杏でよければ口裏あわせするよ?」

まゆ「……それもそうですけどぉ」

杏「ですけど?」

まゆ「……ま」

杏「ま?」

まゆ「ま……」

まゆ「ま……負けっぱなしは悔しいじゃないですかぁ……!」

杏「負けず嫌いなんだね、まゆは子供だなぁ」

まゆ「だって悔しいじゃないですかぁ……!」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:55:27.04 ID:VrsEZGnS0
まゆ「さっきの将棋だって……もうちょっとで勝てそうだったのにぃ……杏ちゃんのコマだって取れたのにぃ……!」

杏「私は肉を切らせて骨を断ってただけだけどね」

まゆ「肉だっていっぱい切れば出血多量で死ぬじゃないですかぁ……」

杏「そういう屁理屈はいいから」

杏「……ともかく、負けず嫌いなまゆは勝って、それでPさんに褒めてほしいと」

まゆ「はい」

まゆ「そういうわけでもう一回将棋しましょう、杏ちゃん」

杏「やだ、疲れた」

杏「飴二袋ぐらいくれるなら考えてあげないでもないけど」

杏「ちらっちらっ」

まゆ「……」

まゆ「……ちょっと買ってきますねぇ」

杏「えー」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:56:01.55 ID:VrsEZGnS0
杏「この足から離れるのやなんだけど」

まゆ「だって今二袋ももってませんし……」

杏「んじゃ、杏背負ってく?」

まゆ「それ足から離れてますよぉ?」

杏「まゆの体とつながってるからセーフ」

まゆ「そうですかぁ」

杏「自称ニートの杏がこんな提案してるなんて珍しいんだからさ、さ、いこ?」

まゆ「……」

杏「べっ、別にまゆと離れるのが寂しいとかそういうわけじゃないんだからねっ!」

まゆ「寂しくないなら大丈夫ですよねぇ?」

まゆ「行ってきます♪」

杏「ちょっ」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:56:34.57 ID:VrsEZGnS0
まゆ「……」

杏「……」

まゆ「……」

杏「……いかないの?」

まゆ「どいてくれないと」

杏「あー、そっか」

まゆ「ええ」

杏「……」

まゆ「……」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:57:09.27 ID:VrsEZGnS0
杏「さて」スクッ

まゆ「あ、立ち上がるんですねぇ」

杏「だって、そうじゃないと飴買ってくれないし」

まゆ「……あれ、私のおごりですかぁ?」

杏「私は自分の時間をまゆにあげたんだから、そのお礼だよ」

杏「ほら、時は金なり」

まゆ「私との時間は1000円未満なんですかぁ」

杏「プライスレスの価値は無限大でもありタダでもあるんだよ」

まゆ「あら、うれしい」

杏「まゆとの時間はプライスレスだからね」

杏「お金で買えない価値がある」

まゆ「買えるものは」

杏「まゆのお金で」

まゆ「待ってください」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:58:51.53 ID:VrsEZGnS0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まゆ「……結局まゆが背負うんですねぇ」

杏「杏を背負える人間なんてこの世にほとんどいないからね」

まゆ「軽さ的には誰でも背負えそうですけどねぇ」

杏「杏のプライドはそれなりに重いんだよ、きっと」

杏「杏を運べることを光栄に思うがいいー!」

まゆ「ははー」

まゆ「……っと」

まゆ「それじゃ、買いに行きましょうかぁ」

杏「どこにいく?」

まゆ「どこへでも」

杏「うげー」

杏「……んじゃ、なるべく日光に当たらないくらい近い場所か暗い場所で」

まゆ「それ夜に出かけたほうがいいんじゃないですかぁ?」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:59:27.82 ID:VrsEZGnS0
杏「まゆ、鍵は?」

まゆ「ちゃんと持ってますよぉ?」

杏「ん、よかった」

杏「杏たち二人の家なんだから、ちゃんと戸締りはしておかないと」

まゆ「そうですねぇ……」

まゆ「お財布は持ちましたかぁ?」

杏「仕方がないからね」

まゆ「半分こです♪」

杏「じゃあ四袋買わないとかぁ」

まゆ「一人二袋なんですねぇ」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/05(金) 23:59:55.50 ID:VrsEZGnS0
まゆ「はい、杏ちゃん、鍵しめて?」

杏「うごきたくなーい」

まゆ「まゆは杏ちゃんを背負っているので動けないんですけどぉ」

杏「……仕方ないなぁ」

杏「んしょ……がちゃがちゃ、っと」

杏「はい、閉めたよ」

まゆ「ありがとうございますぅ」

まゆ「それじゃ、出発進行です♪」

杏「おー」

P「……ん?」

P「お前ら二人どこに行くんだ?」

まゆ「あ、Pさん」

杏「あ、プロデューサー」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:00:46.75 ID:1cvzLzba0
P「で、杏おばあちゃまはヘルパーさんを連れてどこへいくつもりなんだ?」

杏「やだなぁ、杏は仕方なくまゆに付き添ってあげてるだけだよ」

まゆ「杏ちゃんは甘えん坊ですからねぇ、ほら、こうしてすぐ抱きついてくるんです」

P「仲いいのか悪いのかどっちなんだ」

杏「いいね」

まゆ「いいと思います」

P「……そりゃ何よりだよ」

P「なんせ、この女子寮はまだ二人しかいないからな」

まゆ「別に二人でもいいですけどねぇ」

杏「うんうん、気楽だよね」

P「本当に仲いいんだな、いいことだ」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:01:26.81 ID:1cvzLzba0
杏「今から杏たちは出かけるところなんだけど、プロデューサーはどうしてここに?」

P「ああ、えっとn」

杏「……あー、まって、答える前に日陰に行こう、暑い、死ぬ、溶ける」

P「……相変わらずだな」

杏「変わらないよさってあるよね」

P「変わらないものが正しいとは限らないけどな」

まゆ「……えっと、じゃあとりあえず日陰にいきますねぇ」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:02:25.50 ID:1cvzLzba0
P「で、ここに来た理由だけど」

杏「三行でお願い」

P「分類的には第三次産業かな」

まゆ「Pさん、今って冬でしたっけぇ?」

杏「まゆ、杏、あそこにサンタクロースが見えるんだけど気のせい?」

P「よーし、俺が悪かった」

P「あれだよ、たまたま飴たくさんもらったから二人にやろうかと思ってさ」

杏「!」

まゆ「!」

P「……ただちょっと間が悪かったかな」

P「中に飴置いとくよ」

杏「ああ、気にしないで、杏たちが今から向かう目的地は私の部屋だから」

P「なんで寮の外にいるんだよ」

まゆ「Pさんの用事は」

まゆ「まゆ達に飴を渡す」

杏「杏を甘やかす」

まゆ「まゆを甘やかす」

杏「……の三行だよね?」

まゆ「うふ、目的地が一緒なら一緒に行きましょう?」

P「おいコラ」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:03:18.15 ID:1cvzLzba0
まゆ「……ついてきてくれるんですねぇ」

P「まあ、暇だからな」

P「甘やかしに来たつもりは無いけど」

杏「まったく、プロデューサーもとんだツンデレだね」

まゆ「私に対してはもっとデレデレになってくれてもいいんですよぉ?」

P「あー、うん、考えとくよ」

まゆ「うふ……つれない人ですねぇ」

杏「……っと、はい目的地とーちゃーく」

杏「あー、疲れた、まゆー、膝枕ー」

まゆ「はいはい……うふ」

P「どっちが年上だよ」

杏「外見の所為で子供に見られるって甘やかされるから最高だよね」

P「おいjk」

杏「jkは実家に帰りたいの略でいいの?」

P「いいのか?」

杏「やだなぁ、こっちのほうが過ごしやすいし」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:03:57.70 ID:1cvzLzba0
杏「んー……やっぱりまゆの膝枕は気持ちいいなぁ」

まゆ「うふ、ありがとうございますぅ」

杏「このまま寝ちゃいそう……一体化しちゃいそう……」

まゆ「それはやめてほしいですねぇ」

杏「Pさんも寝る?」

P「完全にセクハラだろ」

まゆ「まゆはどんなPさんでも受け入れますよぉ?」

P「規模がドンとでかくなったな」

杏「いや、本当、すごい気持ちいいよ、もうここから離れたくないくらいに」

杏「あーあ、こんな幸せを知らないなんて損してるなぁ、人生損してるなぁ」

杏「これを体験できないうちはもう輪廻転生することすらおこがましいね」

まゆ「……あ、杏ちゃん、そろそろ恥ずかしいですぅ……///」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:04:51.81 ID:1cvzLzba0
P「……そんなに気持ちいいのか?」

杏「うん、すっごく、杏が思わず歩き回りたくなるくらいには」

P「ほう」

杏「でも、この膝がすごいいいから歩き回らない」

P「よかった、いつもの杏だ」

まゆ「……あぅ……///」

杏「で、まあこんなすばらしい枕をPさんにも味わってもらいたいと」

まゆ「ぅ……ま、まゆなら……永遠にプロデューサーの抱き枕になってもいいです……よぉ?///」

杏「プロデューサーだって、ここまで言われるとまゆの膝枕に興味が出てくるでしょ?」

P「……まあ、多少は、な」

まゆ(……私のことを話してるはずなのに、なんですごいスルーされたんでしょう)
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:05:13.91 ID:y58cqEaJo
なんだこれ
猟奇物かと思ったら可愛いぞ
もっとやれ
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:05:37.80 ID:1cvzLzba0
杏「そこで、杏考えたんだよ」

杏「罰ゲームを使ったら合法的にプロデューサーがまゆに膝枕してもらえるんじゃないかなって」

まゆ「えっ」

杏「プロデューサーとまゆで勝負して、まゆが勝ったらまゆに膝枕してもらう、って」

杏「どう?」

まゆ「!」

杏(これなら、まゆはプロデューサーに膝枕できて、さらに試合に勝つことでプロデューサーに褒めてももらえる)

杏(これぞ一石二鳥、大好きな言葉だね)

杏(さすが杏、最高、天才、飴くれ、飴あげる)

まゆ「杏ちゃん……!」

杏「どやっ!」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:07:57.85 ID:1cvzLzba0
P「いや、やらないよ」

まゆ「えっ」

杏「えっ」

P「俺もそこまで暇なわけじゃないし」

まゆ「や、こ、ここに来てるじゃないですかぁ……」

P「もともと飴渡すだけだったんだけどな」

まゆ「ぁ……」

杏「……」

P「……」

まゆ「……そ、そんなに忙しいですかぁ……?」

P「いや、今すぐの仕事はないけど……」

まゆ「なっ……なら……!」

まゆ「や……やりましょう……よぉ……!」

まゆ「一回、一回でいいですからぁ……!」

P(かわいい)

杏(かわいいなぁ)
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:08:29.30 ID:1cvzLzba0
P「……仕方ないな」

P「一回だけだぞ」

まゆ「……!」

まゆ「Pさん、大好きですぅ……!」

P「あー、うん、ありがとな」

まゆ「……うふ……うふふ……!」

まゆ「がんばっちゃいますよぉ……!」

P「……で、何するんだ?」

杏「……あー」

杏「そういえば、それは考えてなかった」

P「おい」

杏「いやいや、こういうのは当事者の二人で決めるものだと思ったからね」

杏「それこそまゆのしたいものでいいんじゃないかな」

P「あー、それもそうだな」

P「んじゃ、まゆ、何で勝負する?」

まゆ「……そうですねぇ」

まゆ「将棋……とかどうですかぁ?」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:09:30.50 ID:1cvzLzba0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まゆ「負けたら……褒めてもらえない……!」

P「……なぁ、まゆ」

まゆ「勝たなきゃ……勝てる、まだ……まだ……!」

P「もう詰んでるんだけどさ」

まゆ「た、タイムですぅ!」

まゆ「まだ、まだなにかあるはず……全身の血液を駆け巡らせて考えるのよ、まゆ……!」

P「いや、だからないんだって」

P「5,6手先に戻っても無いくらいだって」

まゆ「0じゃないならまゆはその可能性にかけますぅ……!」

P「だから0なんだって!」

まゆ「負けたら……負けたら……!」

P「……」

杏「……なんでよりにもよって将棋を選んだのさ」

まゆ「だって、苦手なもので勝ったら余計褒めてくれそうじゃないですかぁ……!」

杏「勝てなきゃ意味ないって」

まゆ「だから勝つんですぅ……!」

まゆ「負けたら……褒めてもらえない……っ!」

P「……はやく投了してくれ」



おわり
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:10:57.77 ID:1cvzLzba0
まゆは確実に負けず嫌いだと思います、どんな分野に対しても


読んでくださった方ありがとうございました
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:17:48.67 ID:LFTSRVFso
乙。とても良かったです。
そうそう、まゆは可愛いんだよ


2話はよ
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 00:45:31.45 ID:TWIuQYauo
おっつおっつ☆

ままゆかわいい

続編みたいなぁ(チラチラ
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:19:40.52 ID:UtC+BbWm0
なんやこのまゆくっそかわええな

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク