モバP「嘘だろォ!?」

1: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 08:02:23.91 ID:LZtoKcRAO
モバP「ふぁぁぁ~っ、仕事いくか、社畜の如く」

―――通勤中

P「おはモニっ!」

ちひろ「おはようございます、プロデューサーさん」

P「ん?ちひろだけ?」

ちひろ「寝ぼけてる?P君」

P「何が?」

ちひろ「事務所だよ?ここ」

P「あ?あー。もうよくない?」

ちひろ「…まぁいっか」

P「え、マジで!?」

ちひろ「だって……できちゃったから」

P「え、えぇ――っ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459465343
2: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 08:03:25.15 ID:LZtoKcRAO
てなわけでエイプリルフールSS

書かれる前に書く!
3: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 08:14:14.17 ID:LZtoKcRAO
P「……いつ?」

ちひろ「1週間と2日、要するに9日前にさ、その…久々にシちゃったじゃん?」

P「あぁわかった、皆まで言うな。あれだろ?調子乗って「久々だから妊娠しないよ!(謎)」的なノリでヤっちゃったアレな?」

ちひろ「そうそうそれそれ」

P「そうかー」

ちひろ「でね、P君」

P「はい」

ちひろ「責任……取ってね///」ウルウル

P「っ!?」バキューン

ちひろ「P君?」

P「……に…て……る」ボソッ

ちひろ「え?」

P「市役所にいってくる~♪」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 08:46:52.92 ID:ixUlX4Nw0
ちょろい(チョロい)
6: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 11:11:49.86 ID:LZtoKcRAO
ちひろ「ま、待ってP君!冗談!冗談だからぁ!」

P「えっ…冗談?」

ちひろ「うん……その…エイプリルフールだから……」

P「なんだぁ、ビックリしたぁ」

ちひろ「怒ってないの?」

P「?エイプリルフールだから、怒っちゃダメでしょ」

ちひろ「あ、そうなんだ…でもね、いつかは絶対に、P君の子供……ちょうだいね?」ニコッ

P「」バキューン

ちひろ「P君?」

P「ちひろ……愛してる」ダキッ

ちひろ「P君!?」

まゆ「おはようございまぁす」

P「あ」

ちひろ「あ」

まゆ「ふぇ?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 11:26:09.22 ID:tc6a5N0DO
あっ…
8: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 11:30:47.42 ID:LZtoKcRAO
P「ま、まゆぅ!おひゃ↑よぉう!」アタフタ

ちひろ「噛んでる、噛んでるよP君!じゃなくてプロデューサーさん」アタフタ

まゆ「そんな取り繕わなくても……知ってましたよぉ?お二人が恋仲にあること」

ちひろ「えっ!?」

P「何故に!?」

まゆ「仕事中いつもいつも目配せしながらニコニコニヤニヤしてたら、流石に……寧ろ知らない子の方が少ないですよぉ」

P「あ、そうなの?じゃあ頑張って隠そうとしてたのは…」

まゆ「無駄ですねぇ、辛辣なようですが」

ちひろ「あらまぁ」

P「まぁいっか」

まゆ「あ、そうでしたPさん。お話が」

P「ん?どうした、まゆ?」

まゆ「まゆ、その……朝起きたら、キスしなきゃいけない体質になってしまいましたぁ…うふふ」
9: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 11:50:44.38 ID:LZtoKcRAO
P「なんだ、その奏みたいなやつ!?」

まゆ(流石に信じませんかねぇ…)

P「大変じゃないか!」

まゆ「えっ?」

P「参考がてら、どのくらいの頻度でキスしなきゃいけないんだ?」

まゆ「えぇとぉ……30分に1回ですよぉ」

まゆ(これは流石に…)

P「大変じゃないか!早くちひろとキスを……ちひろは?」

まゆ「ちひろさんなら、コンビニへ行かれましたよぉ」

P「ど、どうすれば」

まゆ「異性の方となら…」

P「えっ?」

まゆ「異性の方とのキスをならば、1回で5時間持ちますよぉ…うひふ」

P(……まゆの為だ)

P「まゆ……」

まゆ「はい」

まゆ(嘘だってバレちゃいましたかぁ?)

P「キス……しよう」グイッ

まゆ「へっ!?」グイッ

P「んっ」チュッ

まゆ「んんっ」チュッ

まゆ(ひゃぁぁぁぁぁ///)プシュー

P(こんな可愛い子とキスができる?合法的に?ならば、ちひろには悪いが)

P「ちゅぱっ、はむっ」シタイレ

まゆ「んんっ!?ちゅ、れろっ、ちゅぱっ//」

まゆ(Pさんの舌が…うひふ、まゆ、幸せです♪)

凛「おはようございます」

P「あ゛」

まゆ「あ」
11: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 12:01:37.45 ID:LZtoKcRAO
まゆ「おはようございまぁす」アタフタ

P「まゆの体質が、な?」

凛「」ボーゼン

まゆ「り、凛ちゃぁん?」

凛「……ねぇ、プロデューサー」

P「はひっ!?」

凛「エイプリルフールでしょ?今日」

P「」サーッ

まゆ「……Pさんごめんなさい、アレ……嘘です、因みに、アレ……初めてです///」

P「う、うん…怒らないから、怒らないからぁ!だって、可愛かったし、いい臭いだったし、柔らかかったし!」

まゆ「!!!///」カオマッカ

まゆ「まゆ、サイゼに行ってきますねぇ」ダッ

P「時間までには帰ってこいよぉ?」

まゆ「はぁい」ダダダ

凛「まったく…」ヤレヤレ

P「あははは……」

凛「で」

P「はひっ!」

凛「相談があるんだけど」

P「相談?」

凛「うん。ちゃんとその相談に乗ってくれたら、さっきのことをちひろさんに言うのはやめてあげる」

P「なんでしょうかっ」ビシッ

凛「はぁ…実は私ね……」

P「言いにくいことなら、ゆっくりでいいぞ?」

凛「うん……私ね……お、」

P「お?」

凛「お、おち●ちんが生えちゃったの」

P「えぇ――!?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 12:04:28.40 ID:DJKIQ9/0O
よっしゃホモやんけ
15: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 12:14:02.53 ID:LZtoKcRAO
P「大変だなぁ…切除ってわけにもいかないだろうし……」

凛「で、でね?」

P「おう」

凛「男の人に、ヌいて?もらうと、消えるらしい、よ?」

P「おぅふ」

凛(食い付いたら私の勝ちだね……)

P(…考えてる暇はない!だって凛今日グラビアだからぁ!)

P「凛、ソイツを出してくれ」

凛(食い付いたぁぁぁ!)

凛「ま、待って」

P「ん?どうした?」

凛「それだと、恥ずかしいからさ、スカートの中に、顔入れて?」

凛(これはやらないでしょ?)

P「わかった」ガバッ

凛(即答――!?)

P「ふぅん、フリル付きの青…蒼?まぁ悪くないかな」インスカート

凛「プ、プロデューサーぁ//」

ドア「ガチャ」

凛(鼻息がアソコにぃぃ///)

P「でも、チ●ポなんて生えてない……ぞぉぉわぁぁ」ビクビク

凛「え?///あっ……」

美嘉「おっはよ~★」ゴゴゴ
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 12:24:21.29 ID:dRWfkD3lO
ダメみたいですね(二度目)
17: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 12:56:27.82 ID:LZtoKcRAO
美嘉「何してるの……?」

凛「ふぅ…エイプリルフールとあることを利用してプロデューサーにエロいことしてもらってただけだけど何かぁ!」

美嘉「いや、開き直られても…」

凛「デスヨネー」

P「凛……俺は怒らないよ」ニコッ

凛「あ、カッコいい」ジュンッ

美嘉「え、何?今のジュンッって」

凛「ちょっとトイレいってくるね、バイバイ」

P「時間までには帰ってこいよ?」

凛「うん、わかってる」

P「よぉーし、仕事だぁ」

美嘉「待て★」

P「心さんみたいだよ?その口調」

美嘉「そんなことより、逃げられると思ったの?」

P「デスヨネー」

美嘉「ハァ、アタシの頼み事聞いてくれたら、チャラにしてあげるよ」

P「何でも聞きますっ!」

美嘉「じゃあ、遠慮なく……アタシね、頭撫でてもらわないと、白髪が増えちゃう体質になっちゃったんだ///」

P「撫でなきゃッッ!」
18: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 12:57:03.23 ID:LZtoKcRAO
美嘉「ふぁっ、んっ、えへへ~」ニヘラ

P(何この可愛い生き物)ナデナデ

美嘉(プロデューサーぁ、大好き★」フニャァ

P「お、嬉しいなぁ」ナデナデ

美嘉「ッッ!声出てた?///」カオマッカ

P「うん!」ナデナデ

美嘉「聞かなかったことにしてっ!あとこれ、エイプリルフールの嘘だからっ!じゃあまたねっ!!」ダダダダッ

P「あ、美嘉!行っちゃった」

「美嘉姉ぇも乙女ですなー」

P「お、お前はっ、未央!?」

未央「な、何?そのノリ」

P「何でもないでェす。おはよう」

未央「うん、さっきぶりだね、お兄ちゃん」
19: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 13:53:36.34 ID:LZtoKcRAO
P「そのノリも意味わからんぞ?」

未央「いや、強ちただのノリじゃないかもよ?」

P「というと?」

未央「お母さんに今朝聞いたんだけどね、お母さんってバツイチで、前に結婚してた人が、プロデューサーのお父さんなんだって」

P「俺そんな話聞いたことないぞ?」

未央「触れないようにしてたんじゃない?」

P「そっかそっか、じゃあ未央には遠慮せずにいろんな仕事持ってこれるな!」

未央「え?例えば?」

P「バンジージャンプ、スカイダイビング、猛獣捕獲、サバイバル生活等々」

未央「うえっ、そ、それはさっちゃんの仕事だよぉ、アハハハハ」

幸子「それはそれでどうなんですか?まぁボクはカワイイので、なんでも、で、できますケド~」アセアセ

P「おう、じゃあ幸子は今日から7ヶ月のサバイバル生活だな!」

幸子「長くないですか!?」

P「幸子には妥当だろ。な、未央」

未央「うん、さっちゃんなら」

幸子「未央さんまで!ボクの味方はいないんですか!?」
20: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 14:06:27.03 ID:LZtoKcRAO
智絵里「おはようございますっ」

幸子「おはようございます、智絵里さん」

未央「おはよー」

P「おはよー」

幸子「そんなことより、プロデューサーさん!」

P「なんだい?」

幸子「ボクは天使だったんですよ!まぁボクはカワイイので、そうだろうとは思ってましたけどね!」ドヤァ

智絵里「あ、私も天使でした!」

P「ん~」サチコミル

幸子「な、なんです?」

P「んん~」チエリミル

智絵里「う、うぅ///」

P「こっちだな!」チエリユビサシ

幸子「ちょっと!」

P「なんだよ、似非天使。お前は無人島に行ってこい!」

幸子「酷いです!ボクだって」

P「智絵里はカワイイなぁ~」ナデナデ

幸子「ちょっと!」

智絵里「えへへ///」

幸子「無視ですか!」

未央「さっちゃんうるさい!ちえりんが霞む!」

幸子「霞む!?そこまで言いますか!?もういいです!不貞寝してきます!」

P「無人島までには準備しとけよ?」

幸子「うわ~ん」ズドドドド

未央「………無人島ガチ?」

P「当然だ」フンスッ
25: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 16:00:44.55 ID:LZtoKcRAO
智絵里「……」クィックィッ

P「ん?どうした、智絵里?袖伸びちゃうぞ?」

智絵里「あの、天使は人の暖かさが大好きなんです。なので…ギューってしてください///」

P「おぅ!それくらいならいつでもどこでも」ギュッ

智絵里「……えへへっ///」ギューッ

未央「うーん、どうしてもプロデューサーのセリフが変態っぽいなぁ~」

智絵里「プロデューサーさんっ、もう大丈夫ですっ!」

P「ん?そうか?」パッ

智絵里「それで……あの…また頼んでもいいですか?///」

P「言ったろ?いつでもどこでもって」ニコッ

智絵里「はい!じゃあまた……お願いしますね?」ニコッ

未央「……可愛いなぁ」

智絵里「じゃあ、レッスン行ってきます」

P「おう、行ってらっしゃい」

未央「ちえりんバイバーイ」

卯月「そしておはようございます!」

P「おはよう、卯月」

未央「おはよっ、しまむー」

卯月「はいっ!それでは早速レッスン行ってきますっ、島村卯月、頑張りますっ!」フリフリ

未央「いってらー」フリフリ

杏「すかさずおはよう、そして寝る」

P「待て」
26: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 16:10:55.57 ID:LZtoKcRAO
杏「なにさ?」

P「なにさ?じゃねぇよ!智絵里たちと同じレッスンだろうが!」

杏「あー……杏働いたらいけない病気にかかった。あと、飴を沢山食べなきゃいけない病気にかかった」

P「杏……」プルプル

杏(ッベェ、怒られるかな…)

P「ゆっくり寝なさい、飴も沢山買ってくるから」ポロポロ

杏&未央(泣いてるっ!?)

P「そんなときに事務所まで来るなんて……偉いなぁ」ナデナデ

杏(良心が痛んできた…)ズキズキ

杏「あ、あのさ」

P「ん?なんだ?何か欲しいものがあったら言えよ?」

杏(うわぁ、今さら嘘って言いにくっ!でもまぁ言うしかないなぁ…)

杏「さっきの嘘だから!杏健康だから!エイプリルフールだからって嘘ついただけだから!」

P「……」プルプル

杏「…怒ってる?」

P「よ゛がっだぁぁ」ボロボロ

杏&未央(号泣!?)

P「杏が死んじゃうって思ったらっ、ヒグッ」

杏「杏は大丈夫だから、ね?」

P「……うん、じゃあ」

杏「ん?」

P「レッスン行ってこい」

杏「あ、ハイ」
27: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 16:23:39.31 ID:LZtoKcRAO
P「まったく、杏の奴」

未央「号泣してたじゃん」

P「だって心配だろぉ?」

未央「エイプリルフールだってわからないかなぁ…ホンット、人がいいんだから」

P「照れるぜ~」

裕子「そんなあなたにサイキック美少女ユッコ!」

P「お前は薬か何かか?」

未央「そもそも照れに効く薬ってあるの?」

裕子「大変ですプロデューサー!」

P「おお、どしたどした?」

裕子「サイキックが使えなくなってしまいました!」

P「元々使えねぇじゃん」

裕子「ハハッなんて、エイプリルフールだから嘘ですっ……っえ?」

P「いやいや、エイプリルフールも何も、裕子元々サイキックなんて使えねぇじゃんよ」

未央「攻めがえげつないね」

裕子「……」ブワッ

P「え゛」

裕子「プロデューサーのサイキックバカー!」ダダダッ

P「逃げた……サイキックバカって何?」

未央「わからないぁ、それは」

柚「わからないねぇ~」ニパニパ

あずき「う~ん」

未央「っていつの間に居たの!?」

穂乃香「おはようございます」

忍「やっほ」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 16:36:48.86 ID:08IdKZNe0
柚きた!!これで勝つる!!!
29: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 16:58:23.55 ID:LZtoKcRAO
P「どしたのフリスク?」

柚「あのね、あのね!柚たちがこれから嘘つくんだ」ニパー

あずき「うんうん!エイプリルフール大作戦だねっ!」ニコッ

穂乃香「……あっ、エイプリルフールって言っちゃいました!」ハッ

柚「あぁ!どうしようか」ヒソヒソ

あずき「あっあずきに考えがあるよ」ヒソヒソ

穂乃香「教えてくださいっあずきちゃん」ヒソヒソ

P「なぁ、忍」

忍「何?Pサン」

P「あのコントは何?」

忍「アタシにもわかんないな……」

未央「やれやれだわ」

柚「Pサン!」

P「なんだぁ?」

あずき「あずき達四人はね」

忍「えっアタシも?」

穂乃香「フリルドスクエアを辞めます!」

P「マジでっ!?それで、どうすんの?」

未央(食い付きいいなぁ、この人)

柚「アタシはね~、セクシーボンデージに入れてもらうよ!」フンスッ

P「柚には無理だろ」

あずき「あずきは猫キャラに転身大作戦!……にゃ」

P「やめて差し上げろ。なりきれてねぇし」

穂乃香「私は765プロに寝返ります!」

P「自分で寝返るって言っちゃったよ……」

柚「そしてっ!」

あずき「忍ちゃんはっ!」

穂乃香「どうするんですかっ!」

忍「アタシは……」

P「忍……」カワイソウニ

忍「アタシは、このまま四人で、フリルドスクエアとして頑張りたいな」

未央「カッコいい~」キラキラ

P「忍ぅ」ウルウル
30: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 17:14:07.70 ID:LZtoKcRAO
忍「だってさ、アタシ達が頑張って、それなりに有名になれたのって、フリルドスクエアあってこそだと思うし」

柚「忍チャン……」ウルッ

忍「ってことはつまり、アタシ達はフリルドスクエアじゃなきゃいけないんだと思う」

あずき「忍ちゃん……」グスッ

忍「それに、三人とも吐いていい嘘と悪い嘘があるよ、いくらエイプリルフールだからって。隠れてる皆もだけど」

穂乃香「忍ちゃん……」グスッ

ちひろ「うっ…」

まゆ「うっ…」

凛「うっ…」

美嘉「うっ…」

智絵里「うぅっ…」

杏「うっ…」

裕子「うっ…」

P「いや、みんな居たのかよっ!てか智絵里と裕子は嘘吐いてないだろ?」

智絵里「えへへ~///」

裕子「酷いですっ!」

忍「だからさ、今日からもまた四人で頑張ろっ?」ニコッ

柚「忍チャァァン!」ダキッ

忍「うわっ!?」

あずき「流石フリルドスクエアのリーダーァァ!」ダキッ

穂乃香「リーダーは私でぇぇす!」ダキッ

P「美しき友情かな…」グスッ

未央「そうだねぇ、お兄ちゃん」グスッ

P「あ、てか未央、その設定いつまで続くの?」

未央「え?私の嘘じゃないよ!?」

P「えぇっ!?」

未央「疑ってたんだ…」ジトー

P「うっ、すみません」

未央「まぁいっかぁ!改めて、これからもよろしくね、お兄ちゃんっ!」

P「あ、うん?」

―――一方その頃仮眠室では

幸子「うぅ…無人島は嫌ですぅ……」

輝子「フヒッ…さっちんが魘されてる…」

小梅「怖い夢でも見てるのかも♪」
31: ◆axyLiWSa2/.4 2016/04/01(金) 17:25:36.07 ID:LZtoKcRAO
うん、付け足すのやーめたっ
てなわけで、これにて完結です!

見てくださった皆さん、ありがとうございました!

ちょっとしたら依頼出してきます!
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 17:34:14.71 ID:n7Hao/Jh0
おう、黄金伝説幸子無人島サバイバル編あくしろよ
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 21:16:25.69 ID:u4yqcfXzO
面白かった
乙乙
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 02:21:45.89 ID:P4znf8sz0
まゆが一番得したな

関連記事
タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

きも


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク