モバP「アイドルはナニをされても冷静でなくてはならないんです」【R18】

1: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/27(金) 22:37:46.05 ID:vpeBllri0
前作

ちひろ「アイドルはナニをされても冷静でなくてはなりません」


2: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/27(金) 22:56:28.23 ID:vpeBllri0
@釣り堀


肇「.......」ポチャーン

肇「.......」

肇「.......」サワサワ モミモミ

肇「っ.....」モミモミ

肇「.......」

肇「.....!」クチュ

肇「.......」クチュクチュ

肇「.......」クチュクチュクチュ

肇「~~...」

肇「.......」

肇「.....?」

肇「...!!」クチュクチュクチュクチュクチュクチュ

肇「っ...!」クチュクチュクチュクチュクチュクチュ

肇「.......」ビクッ...!ビクッ....!

肇「.......」ガクガクッ
3: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/27(金) 22:58:28.24 ID:vpeBllri0
肇「.......」ヌギヌギ

肇「.......」ズプッ

肇「.....っ」ビクッ ガクガク

肇「.......」ズプッズプッ

肇「っ.....」パンパンパン

肇「.......」パンパンパンパン!

肇「......♡」ビュルルッ

肇「.......」ビクビクッ

肇「.......」タラー

P「またな、肇」

肇「.......」

肇「.......」

肇「.......」

肇「.......大漁、かな....♡」ヘナヘナ ペタン
4: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/27(金) 23:31:59.30 ID:vpeBllri0
乃々「........」ペラペラ

P「絵本読んでるのか、乃々」

乃々「......」ペラッ

P「面白いか?」

乃々「......」

乃々「どれ」サワッ

乃々「.....」ビクッ

P「まだまだ成長中ってところだな」モミモミ

乃々「.....」ペラッ

P「ほれ」ボロン

乃々「.......」←頬に擦り付けられる

P「どうする?どうする乃々。ほーれほれ」ズリズリ

乃々「.......」

パクッ

P「く、くわえやがったっ.....!」
5: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/27(金) 23:32:45.43 ID:vpeBllri0
乃々「......んむっ.....ちゅるっ」ペラッ

P「このあどけないフェラ最高.....」

乃々「....あむっ.....じゅる」ペラッ

P「あっ出る」

ビュルッ

乃々「........」ビクッ...

P「覚悟しとけよ乃々」グイッ←持ち上げて逆駅弁

乃々「.......」ペラッ

P「今からこれが乃々に入るんだぞ?」

乃々「.......」ゾクッ

P「気持ちいいんだぞ?」

乃々「......」ゾクゾクッ

ズニュッ

乃々「.......ふっ...くぅ......」ビクン!
6: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/27(金) 23:33:44.58 ID:vpeBllri0
乃々「..........」ズヌッズヌッ

乃々「.......」ペラッペラッ

乃々「.......」パンパン

乃々「むっ.......」パンパン

乃々「......りぃっ...♡」ビクビクッ.....

乃々「.......」パンパンパン

乃々「ひぅっ.....」ビクン バタッ

P「本落としたぞ。ほら」

乃々「......」ペラッ

乃々「......♡」パンパンパン

ビュルルッ

乃々「........♡」ググッ....ビクッ

乃々「......」ヘナヘナ....
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 00:03:18.26 ID:ntyFDYXqO
もりくぼも意外と忍耐力高いな
一応はクールアイドルという事か
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 21:11:15.55 ID:AKLkIET+O
続きとかマジか
期待
15: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/28(土) 23:52:30.65 ID:tSiEVK280
@事務所


志希「以上における条件において....他社への優位性を....極めて希少価値の高い....」カリカリ

周子「......」ペラペラ

奏「....」~♪

美嘉「えっと.....これを代用して、解の公式?んん?答え答え.....ぜ、全然違うっ....!」

ガチャ

フレデリカ「ボンジュー!フレちゃんただいまご帰宅~!」

4人「おかえりー」
16: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/28(土) 23:55:22.62 ID:tSiEVK280
奏「随分とご機嫌ね。何かいいことでもあったのかしら?....って、それ何?」

フレデリカ「じゃじゃーん♪」ドン!

志希「わっ、何これ人生ゲーム?」

フレデリカ「そっ!クイズ番組収録の景品で貰っちゃったんだ~。だから、皆でやろうと思って!」

奏「申し訳ないけど、私はパスさせてもらうわ。まだレコーディング曲が体に馴染んでなくて....」

志希「アタシもパスかなー。学会に提出する論文の締め切りが近くてさー。事前に用意して議題も決まってたんだけど、ところがどっこい志希ちゃんなんと別の研究で疎かになって完全に忘れていたのでした~」

周子「ごっめーん。台本覚えなくちゃいけなくてさー。今日中には終わらそうって」

フレデリカ「うーん、皆大変そうだねぇ...フレちゃんションボリ.....ミカちゃんは?」

美嘉「アッ、アタシはそのー......見ての通り、数学の宿題に追われてる身でして......人生ゲームより、アタシの高校人生が終わっちゃうというか...あははっ...」

フレデリカ「そっか.....仕方ないね」シュン

美嘉「ホントごめん!」

P「........」
17: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/28(土) 23:57:01.41 ID:tSiEVK280
志希「各方面の....を引用し.....多種多様な」カキカキ

奏「....」~♪

周子「......」ペラペラッ

美嘉「何度やっても答えが合わない.....なんでなんで?...これで大丈夫っしょー!えっ違う!?」ガビーン

フレデリカ「......」イジイジ

フレデリカ「(フレちゃんのルーレットUFO.....皆に見せたかったなぁ......)」シュン

P「.......」

P「....よし」ヨッコラセ

フレデリカ「.....」イジイジ



P「ルーレットの数の間だけディープキスする」



美嘉「あっ宿題終わった」

奏「馴染んだわ」

周子「全部覚えた」

志希「もうどうでもいいや。フレちゃん人生ゲームやろ~♪」

フレデリカ「うん!」パァァ
18: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/29(日) 00:00:53.50 ID:5fRtCbTj0
志希「順番はどうするん?」

奏「フレちゃんから時計回りでいいんじゃない?」

周子「いいよー」

美嘉「オッケー★」

フレデリカ「じゃあワタシ、シキちゃん、シュウコちゃん、カナデちゃん、ミカちゃんの順番だね!やってみよー!フレちゃんは、この赤い車!」

周子「白の車にしよっかなー。人生ゲームだなんて何年ぶりだろ。それこそ小学生以来?」

奏「私もそのくらいだわ。私は青で」

志希「ピンクゲッチュ」

美嘉「あっ取られた。それじゃあオレンジ」

フレデリカ「銀行はフレちゃんにお任せ~」

志希「わぁ、フレデリカ銀行?強盗に入られても動じなさそう」

美嘉「セキュリティガバガバそう」

フレデリカ「それじゃ回すね~♪そーれっ、UFO!」

クルクルクルクル!

周子「凄い凄い、本物のUFOみたい」

美嘉「これ昔やったわー!キャー懐かしいー!」

奏「出目は......6ね」

フレデリカ「やったぁ♪」

P「6秒か。初っぱなから長いな。じっとしてろよフレデリカ」ガシッ

フレデリカ「いきなり6マスも進めるなんて、フレちゃん運がんむっ...ちゅっ....はぁっ....あむっ...ちゅるるっ....ぷはぁっ.....」

美嘉「.....」ドキドキ

奏「さ、6マス進めましょう」
19: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/29(日) 00:02:13.60 ID:5fRtCbTj0
フレデリカ「......ふぅ....ふぅ」

志希「フレちゃんどったのー?」

フレデリカ「なんでもなーいなんでもなーい♪6マスだね~....トントントントントントン!えっと、空港のお土産屋さんで買い物をした、いきなり1000円没収~」

志希「出だしでマイナスはキツいね。そんじゃアタシ~。はいっ!」クルクル

『4』

志希「4かぁ。まぁいっ.....ちゅぅっ....んぶっ....ふぅ~....」

フレデリカ「どれどれ~?祖母からお年玉を貰う、4000円だって!いいなぁ」

奏「幸先いいわね」

周子「次はあたしか。よっと」クルクルッ

『5』

美嘉「無難~」

周子「無難でも、マス目さえ良ければいいんっ、あむ.....んんっ....ちゅっ....」

志希「自動車保険加入だってさ。-1000円だけど、後々役に立つんだよねーこれ」

周子「むちゅっ.....はぁっ....んんっ....くちゅっ....」

奏「周子?」

周子「はぁっ.....あ、うん。保険加入しとくよ。フレデリカ銀行に1000円振り込みだねー」

フレデリカ「は~い承りました~☆」
20: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/29(日) 00:03:15.99 ID:5fRtCbTj0
奏「さ、いくわよ」クルッ

クルクルクル

『9』

美嘉「きゅっ、きゅう!?さすがにこれは!」

奏「何かご不満でも?美嘉」

美嘉「うえっ!?あっべっ別にー!奏はやっぱりこう、持ってるなーって!あははっ★」

奏「褒めるなら、もっと上手に誉めてほしいものね。にゅっちゅっ.....ちゅるっ.....ちゅぶぶ.....じゅっぱ.....っぷは.....っんむっ.....ぶちゅっ.....はんむっ.....べぇおっっ.....♡」

4人「........」

奏「.....ゲームセンターで1000円....普段こういうのは行かないわね」

周子「あたしもー」

志希「たまーに行くかなぁ。ストレス発散する時とか」

奏「さっ、お次は美嘉よ」

美嘉「う、うん!」
21: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/29(日) 00:03:59.57 ID:5fRtCbTj0
志希「これは10を出すしかないねぇ~」

周子「10以外はアウツだ」

美嘉「ちょっと!ルーレットに変なギャンブル混ぜないでよ!」

フレデリカ「頑張れ!城之内君!」

美嘉「違うし!えいやっ!」クルッ

『1』

美嘉「えっ.....?」

フレデリカ「すげぇよミカは」

美嘉「いっ.....いちっ......?」

奏「Don't mind.この言葉に尽きるわ」

周子「ドンマイドンマイー」

美嘉「皆ルーレッっんむぅっ!」

美嘉「........~~~!」

志希「......ふふっ」プルプル
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 00:21:02.38 ID:GGPWLbeRO
コメディ気味のエロスほんとすこ
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 13:43:04.24 ID:9dEKZpCRo
奏だけめっちゃ濃厚すぎやしませんかねぇ
31: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/29(日) 23:38:16.53 ID:5fRtCbTj0
フレデリカ「一周回ってアタシの番だね~。そーれ☆」

クルクルヒュン!

周子「飛んでったけど」

フレ「失敗失敗.....もう一度っ!」

クルクルクルクル

『4』

フレデリカ「トントントントン!ヒノノニトン!え~、友人と歴史博物館にぃっんぷっ.....ちゅぱっ....ぶちゅっんぷっ....」

志希「スカラベ貰えるってさ。良かったね」

フレデリカ「んぶっ..♡...えへへー♪」

志希「さ、ここいらで一発大儲けしちゃいますか!」

クルクル

『9』

周子「おー!」

志希「やっん.....んぶぅ!うんむっ......ちゅるっちゅ.....あっんっ.....はぷっ.....じゅるっちゅぱっ.....」

奏「土地購入で一文なしですって。お金引いとくわよ」

志希「んむっ.....んっんっ♡...じゅぶっちゅ......んぷぁっ.....♡」
32: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/29(日) 23:49:26.21 ID:5fRtCbTj0
周子「ほいさー」クルッ

『7』

美嘉「売り子のバイトで5000円だって」

フレデリカ「ワオ☆お金持ち~♪」

周子「ちゅっく....あぶっんんむちゅっ.......ちゅるる.....れろぉっ.....んっ♡....くちゅっ」

奏「周子?」

周子「ぶぢゅるっ....ちゅっ...♡...はぁっはあっ.....所持金増えてきたなー....負ける気しないねー」

奏「さて」クルッ

『2』

奏「あら、これは残念。贅沢しすぎたかしら.....にゃちゅっ.....ぺろっんぶぁっ......」

美嘉「やっぱり上手だな~.....」ボソッ

フレデリカ「そだねー.....」ボソ

奏「何か言った?」

美嘉フレ「な、なんでも!」

奏「うふふ、二人は何を焦ってるのかしら?2000円罰金ですって、ツイてないわ」

美嘉「よ、よーし....いくぞー、えい!」

クルッ『8』

美嘉「やっ、やった!莉嘉ー見てるー?お姉ちゃんはぁ、やれば出来っんむぅぅ!!ん~~!!ぴちゃっ.....んむっぢゅっるる.....ぷひゃっ.....ちゅくっ....じゅぱっ.....れろっ.....ちゅっぅ....」

奏「美嘉、3000円ゲットですって」ブン!

フレデリカ「コラコラ~、お金は投げない~」

美嘉「りかぁ.....みてるぅ~....?♡」デローン
33: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/30(月) 00:01:48.51 ID:OiPEyR1X0
フレデリカ「3周目~♪そろそろ一万」

P「3周目からは、出目の数の間だけ高速手マンな」

全員「.........ゴクッ」

周子「で?」

フレデリカ「そ、そろそろ一万円が欲しいなってねー。目指せ億万長者~.....」クルッ

『7』

志希「フレちゃん安定して高いよね~。おっ、職業マスじゃん!やっぱりアイドル?」

フレデリカ「ん~、皆アイドルだし~、ここはデザイナーかな♪」

周子「ピッタリだねー」

P「よっこらせ」←後ろからフレデリカを抱く形

フレデリカ「短大通ってるし」

クチュッ

フレデリカ「ねっ!」ビクン

P「いーち、にーい、さーん」クチュクチュクチュクチュクチュ

フレデリカ「でもっ、デザイナーって安定しなっさっ」クチュクチュクチュクチュ

P「よーん、ごーお」クチュクチュクチュクチュクチュ

フレデリカ「そうっ.....だからっ、給料っ....」クチュクチュクチュクチュ

P「ろーく、なーな!!」クチュックチュッ!!

フレデリカ「.........♡」アシピーン ガクガクッ

4人「.....」ゾクッ....
34: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/30(月) 00:03:24.54 ID:OiPEyR1X0
奏「次は志希ね」

志希「よっ!」クルッ

『5』

P「今度は前から」←ソファーに座ってる志希の正面下から

P「いくぞー。いーち、にーい」クチュクチュクチュクチュクチュ

周子「志希ちゃんは職業どないするん?」

志希「志希ちゃんはねー、化学者かなー」クチュクチュクチュクチュクチュ

P「さーん、よーん、ごっ!」クチュクチュクチュクチュ!!

志希「それなりに給料もいいし」クチュクチュ!!

志希「大儲け~♪」ビクビクッ トロー.....

周子「シューコちゃんの番来ましたー」クルッ

『3』

周子「あたしは職業どうしよっかなー。看板娘とかない?」クチュクチュクチュクチュ

周子「......」クチュ! ビクッ
35: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/30(月) 00:05:03.91 ID:OiPEyR1X0
『9』

美嘉「わっ」

奏「あら」

フレデリカ「......」

奏「職業は.....アイドルでいいかしら」

志希「えー、アイドル以外だったら何選ぶか楽しみだったのに~」

奏「美貌は少しの秘密で」クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ

奏「出来てっいるものよっ」ビクビクッ!

P「イこうが秒数は守るからな」クチュクチュクチュクチュクチュクチュ

奏「........♡♡」クチュクチュクチュクチュ ビクビクッ! ビクビクッ....

美嘉「..... よいしょっ」クルッ

『6』

美嘉「えっとアタシは職業~」クチュクチュクチュクチュクチュクチュ

美嘉「どれにしよっ♡.....かなぁ~♡」クチュクチュ

美嘉「女優でぇっ!♡」ビクビクッ ビクビクッ
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/30(月) 00:48:03.41 ID:ZSPrSjQa0
素晴らしい
41: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/30(月) 15:26:06.44 ID:OiPEyR1X0
P「さて、次はどうすっかな」

フレデリカ「UFO!」

クルクルクルクル!

『5』

フレデリカ「トントントトーン、フレデリカ~♪」

志希「ん?この強制ストップマスは....」

周子「結婚マスだねー。ってことは子供フラグだ」

P「せや!子供の数だけセックスしたろ!」

全員「........」

全員「......」シンゾウバックバク

フレデリカ「.....え、えーっと女の子がひとりー...」

P「フレデリカのパンツは結構濡れてるから入れやすいな.......」ズブッ

フレデリカ「........」

パンパン

フレデリカ「まだっまだっ、先はっ長いよね~。もっと楽しめっそっうっ♪」パンパン 

周子「途中で別れ道あるしねー」

フレデリカ「案外長いっ」パンパンパン

フレデリカ「んっ♡だっ♡よっ♡」パンパン

フレデリカ「ねっ......♡♡」ビクビクッ....グッタリ

志希「......」ゾクッ
42: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/30(月) 15:28:28.48 ID:OiPEyR1X0
志希「.......」

奏「どうしたの、志希」

志希「ん?別になんでもないにゃ~。それっ」

志希「あっ 」

周子「男の子だって」

ジュブッ

志希「男の子か~、女の子がよかったなぁ」ジュポッ

美嘉「なんで?」

志希「ん~?だって、女の子の方がいい匂いしない?」パンパンパン

美嘉「あぁ、そういう.....」

志希「後で実験材料に使えっ」パンパン

奏「自分の娘にそれはやめなさいよ」

志希「にゃっはっ♡」パンパンパンパン

志希「っはぁ~......♡♡」パンパン プシャッ!

志希「.....」ヘナヘナ
43: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/30(月) 15:29:17.71 ID:OiPEyR1X0
周子「あっ」

奏「あっ」

美嘉「あっ」

周子「こ、子供二人だってー」

奏「賑やかな家庭になるわね」

美嘉「す、すごーい☆」

周子「子供生まれたら、両親うるさいだろうな~」

ズブッ

奏「周子は家出だものね」

周子「そーそー。娘が知らない土地で知らない男とっ」パンパン

周子「子供作ってた......らっ」パンパン ピュッ

周子「........」ビクビクッ

ズブブッ

周子「......っ」

奏「でも、孫ができればお父さんも喜ぶものよ」

周子「そういうもんなんかねー」パンパンパンパン

周子「親ってっ」パンパン

周子「不思っぎっ......」パンパン

周子「.....♡」ビュッ!ピュー!ビチャ.....ガクガクッ.....
44: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/30(月) 15:30:19.99 ID:OiPEyR1X0
奏「み、見て美嘉。さっささ、三人よ、子供」

美嘉「あわわわ......」

奏「周子より、に、に、賑やかな家庭になるか」ズプゥ

奏「もっ♡♡」ビクビク

美嘉「家族は多ければ多いほどいいってね☆」

奏「そっうっねっ」パンパン

奏「美嘉のっ言っうっ通っりっ」パンパン

奏「.....♡」ビクンッ ガクガクッ 

ズププッ

奏「......」パンパンパンパン

美嘉「奏はさー、男女比の理想とかある?」

奏「そっうっね、おっんっなっのっ」パンパン

奏「んくっ......♡♡」ビュッ! ガクガクッ

ズヌッ

奏「女の子はっ欲っしっ......」パンパンパンパン

奏「いぃっ......♡♡」ビクビクッ! ガクガクッ....ヘナヘナ

美嘉「なるほどー☆」
45: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/30(月) 15:31:55.52 ID:OiPEyR1X0
美嘉「次はアタシの番だねー」

4人「.........」グッタリ

美嘉「あれあれ?皆お昼寝タイムー?もー、せっかく皆で遊んでるんだからさー、体力はもっと上手に使っ」

美嘉「........」

美嘉「えっ.....」←子供4人

美嘉「み、皆ぁ!一番賑やかな家庭築くのアタシっぽいよー!ヤッバー☆これ自慢で、んむぅっ!?」←キス

美嘉「んむっ....ちゅくっ.....ぷあっ♡」ズニュッ

美嘉「きっ.....これで億万長者になったら、アタシ大勝利だよねー☆」パンパンパンパン

美嘉「っ......♡」ビクビクッ パンパンパンパン

美嘉「お金っ.....使い道どうしよっ....かなぁっ....♡まずはぁ、洋服いっぱい買っんんっ♡♡」パンパンパンパン

美嘉「あむぅっ.....じゅるるっ..♡....ちゅっ.....ぷはっ.....んんっんっんっ.....♡」ビクビクッ!
46: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/30(月) 15:33:23.98 ID:OiPEyR1X0
美嘉「ぷはっ.....はぁはぁ.....そんでー、毎日美味しいもの食べっ」パンパンパンパン

美嘉「おっいっしっいっ♡」パンパン

美嘉「ものぉっ♡♡」プシッ!ビクビクッ

美嘉「かっぞっくっだっんっらっ」パンパンパンパン

美嘉「んぅぃっ!?♡♡」プシャァァ!

美嘉「.......」パンパン

P「イクぞ!美嘉!」パンパン

美嘉「しやわしぇな♡♡かていっ!♡」パンパン

ビュルルルル!!

美嘉「しやわ.....せ...っくしゅっ.....♡♡」

美嘉「.......いぃっ.....」ガクガクッ

美嘉「......♡♡」ヘナヘナ バタリ
53: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/31(火) 23:30:53.59 ID:ft/jasN70
みく「だーかーらー!流行りの最先端は動物キャラにあるのにゃ!」

李衣菜「時代の最先端は音楽にある!ロックだよロック!」

みく「ロックなんて終わったにゃ!今の日本にロックなんてにゃい!」

李衣菜「それとこれとは話が別でしょー!」

みく「一緒にゃ!」

李衣菜「ふんぬぬぬぬ.......!!」

みく「ぐぬぬぬぬぬ........!!」

李衣菜みく「「解散だよ(にゃ!」」プイッ

P「お前ら、今日二人で仕事だろう。そんなんでどうする。いがみあってちゃロクな仕事も出来んぞ」

李衣菜「フン!」

みく「フン!」

P「ったく、仕方ない......」ガサゴソ

みく「事の発端は李衣菜ちゃんが下手くそなギターを事務所で鳴らすのが悪いのにゃあ!」

李衣菜「仕方ないでしょー!始めたばっかなんだし!」ヌギヌギ←パンツを下される

みく「嘘こけにゃ!Fの音が綺麗に出ないって挫折したブランクあったくせに!」ヌギヌギ←パンツを下ろされる

李衣菜「なっ!?何でそれ知ってんの!?」

みく「夏樹ちゃん情報にゃ~」ニヤニヤ

李衣菜「くぅ~!!今度という今度は絶対に許さなぁっ!?」ズブッ!

みく「ひっ!?」ズブッ!
54: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/31(火) 23:33:57.45 ID:ft/jasN70
李衣菜「......」プルプル

みく「......」プルプル

P「今、君達の中に入っているのはディルドだ。しかしただのディルドではない。それはヌンチャクの様に紐で結ばれている」

P「少しでも動けばディルドは抜ける。だがそれにはイボイボが付いている」

李衣菜「.......」ゾク

みく「......」ゾク

P「そうだ、抜ければその快感は双方が受けることになる」

P「唯一の方法は、離れないことだ」

李衣菜「......」

みく「.......」

P「あっそうだ李衣菜、ギター専門店取材の仕事が来てたぞ」

李衣菜「えっ!?本当ですか!?」ダッ!

ジュポンッ!←二人から抜ける音

李衣菜「にぃっ!?」ビクン!

みく「んにゃぁっ!」ビクン!

P「ほらー」
55: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/31(火) 23:38:50.59 ID:ft/jasN70
P「入れ直し入れ直し」ニュポッ

李衣菜「......」プルプル

みく「......」プルプル

みく「そ、そういえば、李衣菜ちゃん、新曲の歌詞はちゃんと覚えたかにゃ?」

李衣菜「あっ」

みく「えっ」

李衣菜「.....お、覚えたよ!うん覚えた!」

みく「絶対嘘にゃ!」

李衣菜「嘘じゃない!」

みく「だって今「あっ」って言ったもん!」

李衣菜「言ってないよ!」

みく「言ったにゃ!」

李衣菜「た、たとえ覚えてなくたってみくちゃんには関係ないでしょ!」

みく「口答えするにゃ!」ブン←股を締めて回転

ジュポンッ!!←李衣菜から抜ける音

李衣菜「やんっ!♡」ビクビクッ!

みく「どうにゃ!これで少しは反省し」

プラーン ジュポッ←ぶら下がった片方の重さでみくマンから抜ける音

みく「んゅぃっ!?♡」ビクンッ!

P「........」
57: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/31(火) 23:42:12.64 ID:ft/jasN70
李衣菜「.....」ビクビクッ

みく「.....」ビクビクッ

P「問答無用で入れ直し」

李衣菜「......」ジュボ

みく「......っ」ジュボッ

みく「李衣菜ちゃん、新曲試しに歌ってみにゃ」

李衣菜「え!?や、やだよ!」

みく「何でにゃ!」

李衣菜「ほら、私そのあんまり歌得意じゃないし?」

みく「嘘こけ!初耳にゃ!」

李衣菜「うるさいうるさーい!」ブン←股を締めて回転

ジュポンッ!←みくマンから抜ける音

みく「んあっ!」ビクンッ!

プラーン ジュポッ←ぶら下がった片方の重さで李衣菜から抜ける音

李衣菜「あんっ!」ビクビク!ジョロロロロ....

P「アホかお前ら」
58: ◆pfXZLdzkmE 2016/05/31(火) 23:58:19.27 ID:ft/jasN70
李衣菜「ひっく......グスッ.....」

みく「李衣菜ちゃん!?泣いてるの!?

李衣菜「だって......だってぇ.....グスッ」

みく「ごめんにゃ!みくも言い過ぎたにゃあ!」

P「恐らく漏らしたから泣いてるわけで、みくのせいではない」

みく「ご、ごめんね?」

李衣菜「うぅ.......」

李衣菜「怒ってないよ.....私こそ、ごめん.....」

みく「李衣菜チャン.....」

李衣菜「みくちゃん.....」

P「......」

P「フン!」←紐を思いっきり引っ張る

李衣菜「いきっ.....!?」ジュポッ!

みく「ぃっ!?」ジュポン!

李衣菜「.....♡♡♡」ビクビクッ

みく「......♡♡♡」ビクビクッ ジュロロロロロ.....
62: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/02(木) 00:19:21.64 ID:4nqu/YpL0
ありす「んくっ....やはりじゅるるっ...ちゅぱっ苺料理はオカシイのでしょうかじゅぶぶっ」

美波「お、オカシクはないと思うよ。でもそれに合わせるものを気を付けさえすれば」

ありす「お肉、とか?んくっじゅぼっ」

美波「肉......?」

ありす「え?ダメなん...べろっ....んぶゅ...ぢゅぶぶっ、ですか?」

美波「一旦整理しよう、ありすちゃん」

ありす「でもしゅぶたぁ......ぶちゅるっ....酢豚にパイナップルとかじゅぶぶっ聞きますよね?んばぁっ」

美波「アレはあれよ」

ありす「ひはいへひまへん。どうひへはめはんでふは(理解できません。どうしてダメなんですか)」

ありす「んぶぶっ!ちゅぼっ!じゅるるるるっ!ぐぽっぐぽっ!」

P「ありすのフェラやべぇ~」

美波「.......」
63: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/02(木) 00:20:13.15 ID:4nqu/YpL0
ありす「じゅぼぼ!ちゅるっ」

美波「ありすちゃんはまず和食を学ぼう。苺から離れて、ね?」

ありす「わひょふ?ほうひへへふは?」

美波「え?」

ありす「.....ぷはっ」

P「ハァハァ......」

ありす「どうして和食なんですか?」

美波「なんていうんだろう、洋食だから変に冒険したがるというか。料理の基本はシンプルな和食からだと思うの」

ありす「なるほど、一理ありますね」

ありす「はむっ」

P「あっ」

ありす「じゅべぶぶっ!」

P「うおぉぉ!」

美波「お魚焼いたりだとか、ご飯を炊いたりだとか」

ありす「べぼぉ!ちゅぶぶっ♡じゅぶぶぶ!♡びゅじゅるぶ♡♡♡」

P[出る!」

ビュルルッ!!

ありす「んくっ......ごくっ......ちゅっ....」

ありす「ぷはぁ.....♡♡♡」

美波「.......」
64: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/02(木) 00:21:00.96 ID:4nqu/YpL0
ありす「和食.....和菓子ですか?」

美波「ありすちゃん私の話聞いてた?お魚とか」

ありす「なるほど。そっちでしたか」ヌギッ←自分からパンツを下ろす

P「待ってありす、まだ勃ってない」

ありす「魚ぐらい私にもできます」ズブッ←小さくとも自分から挿入

P「くっ.....あ、ある意味ありすの小さいマンコには、中で大きくなる方がいいのかもな」ムクムク

美波「簡単だと思うでしょう?ちょっと目を離したスキに黒焦げになっちゃうのよ」

ありす「へぇ、それは」ムクムク

ありす「油断、できません」ムクムク

ありす「ねぇ♡♡」ビクビク

P「勃起完了」
65: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/02(木) 00:23:04.22 ID:4nqu/YpL0
ありす「タブレットを見ても、料理は難しいのでしょうか」パンパン

美波「片手間はやっぱり難しいと思う。教わりながらがいいんじゃない?」

ありす「なっるっほっどっ」パンパンパンパン!

ありす「.......」ビクンッ

美波「料理の得意な人に聞いてみようよ」

ありす「愛梨さんや、かな子さんに?」パンパンパン

美波「お菓子から離れよう!?」

ありす「ならば響子さん、ですかっ」パンパンパン

美波「そうそう」

ありす「では今度っ........」パンパンパンパンパン

P「イくわ」

ありす「..........」パンパンパンパンパン

ビュビュ!

ありす「っっ........」ガクガク ガクガク.....ジョロロロロロ

ビチャビチャ
70: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 00:52:43.36 ID:7kdUPhJ90
P「疲れたぁ.......今日はもう終いにしよ」

美波「え......?」

P「見積書の作成と~、あとは履歴の確認と」

美波「.......」

P「.....」カタカタ←普通に仕事

美波「......」

美波「ソファーって、気持ちいいけど長時間座ってると腰痛くなるのよね~」ググッ

美波「アイドルなんだから、姿勢をよくしないと」スタスタ

美波「えーっと、丁度いい椅子は....」

美波「ここでいいわね」ボスッ

P「.......」

P「(美波が俺の膝に座った.....)」
71: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 00:54:17.73 ID:7kdUPhJ90
美波「最近、大学でも猫背になりがちなのよね....背筋を伸ばして」ズリズリ

P「し、尻コキ.....」

美波「椅子には深く座って....」ズリズリ

P「あっあっ」

美波「.....」ズリズリ

P「美波のっあっあっ尻コキすごっ」ギンギン

美波「.....・」
73: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 01:12:31.18 ID:7kdUPhJ90
P「もう一気にイクぞ!」ズブブッ!

美波「今度、真奈美さんにストレッチ教えて貰おうかな」パンパンパン

美波「うん、猫背は良くない良くない」パンパンパン

美波「アーニャちゃんにも」プシャ! ビチャビチャ

美波「......」ズブッ パンパンパン

美波「そういえば、明日のお仕事の台本、ちゃんと読んでおかないと」パンパンパン ブピピッ パンパン ブペッ

美波「えっと、私の出番は動物園の」パンパン ブッピ パンパン ブバッ パンパン プップッ

P「マン屁がスンゲェ」

美波「ペンギンと触れあって」パンパン ブッブッ プポッパンパンパンパン

美波「そっれっかっらっ」パンパン ブビィッ! プシャ! ビチャビチャ 

美波「羊とモルモットの」ガクガクッ ガクガクッ
77: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 13:49:21.74 ID:7kdUPhJ90
久美子「え?ピアノを教えてほしい?」

桃華「はい。実はとときら学園で歌を披露する企画がありまして....わたくし、最近仕事でろくにピアノのレッスンも受けておりませんの....」

久美子「なるほど、それは由々しき事態ね。わかった、教えてあげる」

桃華「ありがとうございます!」

久美子「特にわからないところとかある?」

桃華「そうですね、弾くに当たっての指示がわかりません。意味はわかっていてもイマイチ感覚が掴めなくて....」

久美子「演奏記号ね。それじゃそれを重点的にレッスンしましょう」

桃華「はい!」




@レッスン室

久美子「えっと、あんまりいい楽譜がなかったから私の今引いてる楽譜になっちゃうけど......」

桃華「かまいませんわ。わぁ!凄い音符の数....これ本当に人がお弾きなるんですの......?」

久美子「これは比較的簡単な方かな。いつか桃華ちゃんも頑張れば弾けるようになるよ。それじゃ、まずは一ページからね」

久美子「これがクレッシェンド」

桃華「だんだん強く、ですわね」

久美子「うん。こんな感じ」~♪

久美子「やってみよっか。隣座って」

桃華「えっと....」~♪

久美子「そうそう、上手上手。続いてこれはデクレッシェンドって言って、さっきのと逆」

ガチャ

P「オイッスー」 

2人「...........」
78: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 13:50:41.46 ID:7kdUPhJ90
桃華「こ、このアンダンテはどう弾けば?」

久美子「歩くような早さで、これは遅いというより、緩くって感じかな。なめら過ぎないように弾くのがコツ」ヌギヌギ←下半身裸にされる

桃華「まぁ!面白いですわ!これは?」

久美子「だんだん遅くのリタルダンド。演奏終了の時によく書かれてるわね。これはちょっと、桃華ちゃんには難しいから途中でも出てきちゃうけど」~♪←椅子の上にP、その上に久美子の体勢

桃華「なるほど....」~♪

久美子「で、これは」ズブッ←挿入

久美子「こっ........これは元の早さでって意味の、ア・ティンポ」

桃華「え?」

久美子「ごめん。ア・テンポ.....ね」ビクビクッ
79: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 13:51:49.55 ID:7kdUPhJ90
桃華「スタッカート、これが難しくて」~♪

久美子「強すぎかな。飛ぶというよりか、跳ねるってイメージしてみて」

P「跳ねるか」パンッパンッ!

桃華「こうですの?」

久美子「そうっ、そうっ、あんっまりっ力みっすぎっないっようっにっ注意っしてっねっ」パンッパンッ!

桃華「はい!」

久美子「.....そ、そこ、アニマートがあるから気をつけて」

桃華「元気に、でしたわね」

P「元気にか」パンパン!パンパン!

久美子「元気にっ楽しそうにっ」パンパン!パンパン!

桃華「あっ、クレッシェンドですわ。だんだん強く」

P「だんだん強く.....!」パン

久美子「左手が疎かになってるから」パン!

久美子「両手を意識して」パンパン!!

久美子「視線は行き届くようにっ」パンパンパン!!!

久美子「楽っ譜っをっ読っんっで」パンパンパンパン!!!!

久美子「......」プシャァ! ビチャ

桃華「あら?楽譜が濡れてますわよ?」

久美子「.......」ガクガクッ.....
80: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 13:53:19.24 ID:7kdUPhJ90
久美子「演奏記号に注意しすぎると、音の大きさがムラが出来ちゃうから、しっかり音を一定に保つようにね」

桃華「む、難しいですわね。あっ、この演奏記号知ってますわ。ゆるやかに」

久美子「うん。それじゃ緩やかに弾いてみよう」

ズブッ 

桃華「この記号、見ましたわ。これはなんですの?」

久美子「.......」ズニュ ズブブッ

桃華「久美子さん?」

久美子「え?あぁ、それはだんだん早くって意味で」

ズニュ パン パン!

桃華「こうかしら?」

久美子「そっそうっ!桃華ちゃんっ難しい演奏記号もちゃんと学べば出来ちゃうから」パンパン!!

久美子「才っ能っあっるっよっ」パンパンパンパン

久美子「次のところっ、もっと乱暴にっ」パンパン!!パンパン!!パンパン!!

桃華「どれですの?」

久美子「そこはもっとっ激っしっくぅっ」パンパン!パンパン!パンパン!パンパン!

桃華「書いてませんわよ」

久美子「壊っすっくっらっいっにっ」パンパン!!!パンパン!!!パンパンパン!!!パンパンパン!!!

久美子「あんっ!♡♡♡」プシャァァ!! ビチャビチャ ビクビクッ ビクビクッ

桃華「どこにもないですわよ」
82: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 23:28:16.73 ID:7kdUPhJ90
亜里沙「え?お歌を教えてほしい?」

みりあ「うん。とときら学園でね?おべんとうばこのうたを歌うんだけど、あんまり覚えてなくて.....」

亜里沙「みりあちゃんはもう小学五年生だものね。幼稚園で習った歌なんて忘れちゃうわよねぇ」

みりあ「うん.....」

亜里沙「それじゃ、ありさ先生が教えてあげちゃうっ」

みりあ「やったー!」

亜里沙「おべんとうばこの歌よね。手拍子もあるから、しっかり付いてきて」

みりあ「はーい!」

ガチャ

P「オイッスー」

2人「.........」
83: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 23:32:30.12 ID:7kdUPhJ90
亜里沙「それじゃ歌ってみましょうか。これっくらいの、おべんとばこに♪おにぎりおにぎりちょっとつめて♪」

みりあ「これっくらいのおべんとばこに♪おにぎりおにぎりちょっとつめて♪」

亜里沙「上手上手」

みりあ「でも、このあとの歌詞、よくわかんない」

亜里沙「仕方ないわ。この歌は間違いが多いもの。本当の歌詞を知らない人はいっぱいいて、今や何が本当かわからなくなってるの」

みりあ「へぇ~」

P「一時期、おにぎりを握り、と思ってる人もいたしな。ごましおふっても違かった気がする」←亜里沙の服を脱がしている

みりあ「そうなの?」

P「みりあ、設定は」

みりあ「あ!ごめんなさーいっ.......えへへっ」

亜里沙「ごま振りかけてが正解だったかしら。でも今日は世間に流布してるごま塩振っての方にしましょう」

みりあ「はーい!」
84: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 23:34:49.87 ID:7kdUPhJ90
亜里沙「きざーみしょうがにごま塩ふって♪」←全裸

みりあ「にんじんさん、さんしょうさん♪」

亜里沙「しいたけさん、ごぼうさん♪」

みりあ「あなのあいたレンコンさん♪」

みりあ「すじの通ったフーキっ♪」

亜里沙「はい、良くできました~」

みりあ「わーいっ!」

亜里沙「それじゃ、もう一回歌っ」

ズブブッ

亜里沙「.....てぇ、みましょう~」

みりあ「はーい。これっくらいのおべんとばこに♪」

亜里沙「......」パンパン

みりあ「おにぎりおにぎりちょっとつめて♪」

亜里沙「......」パンパン

みりあ「.......先生、大丈夫?」

亜里沙「えっ、あぁ、大丈夫よ大丈夫......気にしないで。それじゃ歌いまっ」パンパンパン

亜里沙「.....くぅっ.....」パンパンパン

亜里沙「.....」ズルンッ プシャ ビクビク!ビクビクッ!
85: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 23:37:09.15 ID:7kdUPhJ90
亜里沙「て、手拍子も忘れずにね~」ズブッ

亜里沙「んくっ......これっくらっ」パンパン

P「亜里沙、エッチな歌詞で歌うんだ!エッチな歌詞でだ!」

亜里沙「.......」パンパン

亜里沙「こっ.....」パンパン

みりあ「こ?」

亜里沙「これっくらいのっ♪おまんこパコりっ♡」パンパン

亜里沙「おちんぽおちんぽちょっとハメて♡♡」パンパン

みりあ「.......」

亜里沙「かたぁいちんぽに、お腰を振って♡」パンパン

亜里沙「ちんちんさん♡浣腸さん♡」パンパン

亜里沙「ひぐっ.....おっ♡おっ♡棒さん♡」パンパン

みりあ「.......」

亜里沙「筋の、とおった.....」パンパンパン!

亜里沙「ちぃ~んっ」パンパンパンパン!!

亜里沙「ぽっ♡♡♡♡」プシャァァァ! ガクガクッ ガクガクッ.....

みりあ「こんな歌詞なの?」

亜里沙「.......」ビクビク!ビクビクッ!
86: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 23:38:18.14 ID:7kdUPhJ90
桃華「ということがありまして.....」

みりあ「私もー。あんまり習えなかったなぁ」

桃華「でも少し学べたので後は自分達でなんとかしましょう!」

みりあ「そうだね!」

P「オイッスー」

2人「.........」

桃華「それでは、習ったところを復習して合わせてみましょう」

みりあ「うん!」

桃華「わたくしはピアノを弾きますので、みりあさんは歌っていただけるかしら?」

みりあ「はーい」

桃華「楽譜を用意して.....」←お尻をずっと揉まれている

桃華「.......」ヂュルッ ジュルルルルル←クンニ

みりあ「桃華ちゃん?」

桃華「さ、弾きますわよ」ジュバッ トローン....
87: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 23:40:49.04 ID:7kdUPhJ90
桃華「みりあさん、わたくしがんっ」

ニチチ ズニュッ

P「狭ぇ....!直に子宮を感じる.....」

桃華「......わたくしが、タイミングを合わせますので、ゆっくり付いてきてくださいな」ズブッ ニュブブ

P「一旦奥の奥までぶっ指してみよう」

ズヌッ!!

桃華「ひっ.....弾きますわよ」グリグリ グリグリ

~♪

みりあ「これっくらいの♪おまんこパコり♪おちんぽおちんぽちょっとハメて♪」

桃華「なんてお下品な.....」パンパン

みりあ「え?ダメー?」

桃華「だ、ダメとは」パンパン

みりあ「あっ、ねぇ桃華ちゃん」

桃華「なっんっですのっ?」パンパン

みりあ「この英語?って何?」

桃華「それは演奏記号です。イタリア語ですわね」パンパン

みりあ「へ~!意味とかってあるの?」

桃華「はい。これはもっと早く、ですわ」パンパン

桃華「あっ」ピタッ

みりあ「どうしたの?」

桃華「な、なっんっでもっ、あっあっあっりっませっ......」パンパンパン

みりあ「?」
89: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 23:41:48.65 ID:7kdUPhJ90
みりあ「これは?」

桃華「これは愛らしくっ......んむっ!」←キス

桃華「ちゅぱっ.....ちゅくっ......はむっんちゅっ......べろっ.....えおれろ......」パンパン

P「愛してるよ、桃華」

桃華「........」ジュワッ チョロロロロ....

桃華「さっ、もう一度歌いましょうっかっ」パンパン

~♪

桃華「ここはっ、ゆっくり.....」

ズニュッ ズニュユ

桃華「撫でるように.....」

モミモミ モミモミ ナデナデ

桃華「今度はっ、はっ、激しく」

パンパン パンパン

桃華「豊かにっ.....」

ズルッ....ズリズリ.....

桃華「嵐のようにっ!」

パンパン!!パンパンパン!!!

桃華「つ、突き上げてぇっ!♡♡」

パン!!!

ジョロロロロロ......ビチャビチャ

桃華「」ビクビク!ビクビク!
90: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 23:43:24.85 ID:7kdUPhJ90
みりあ「桃華ちゃん、疲れてるのかなぁ?寝ちゃった」

みりあ「ひとりで練習しよっと」

P「未成熟って最高だよな......骨を感じないところがいい。騎乗位だと背徳感ハンパないな」モミモミ ズルッ

みりあ「......みりあ、お歌の練習したいのに....」ボソッ

P「はぁはぁ....い、入れるぞ、みりあ」ギンギン

ズチチ......ミチミチ

みりあ「......」ズブッ

P「くあっ.....!」

みりあ「そうだ!早く終わらせよう!」

パンパンパン!!!

P「なっ!?」

みりあ「これっくらいの♪おまんこパコり♪」パンパンパン!!!

みりあ「おちんぽおちんぽちょっとハメて♪」パンパンパン!!!

P「じ、自分で腰振って......あががっ!」

パンパンパン!!!パンパンパン!!!
91: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/03(金) 23:43:59.83 ID:7kdUPhJ90
みりあ「かたぁいちんぽに、お腰を振って♪」パンパンパン!!!

P「あっダメだ出る!」パンパンパン!!!

ドビュ!!

みりあ「おちんぽさん♪浣腸さん♪」パンパンパン!!!

P「つっ、続けるのぉ!?やばいやばい!」パンパンパン!!!

みりあ「筋の通ったち~んぽっ♪」パンパンパン!!!

ドビュ!!

みりあ「えへへっ、ちゃんと歌えたぁ♪」パンパンパン!!!

パンパンパン!!!

P「うわぁぁぁぁぁ」ドビュビュビュビュ

みりあ「はぁ~、楽しかった♪」ビクビク!ビクビク
94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 00:46:02.67 ID:qLW1b4TQ0
お母ちゃまとみりあを見れて僕は大満足
96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/04(土) 17:18:20.71 ID:DBvSecbK0
みりあ強すぎない?(困惑
99: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/04(土) 22:59:45.53 ID:v2+es5T20
唯「てなわけでー、見たい映画がいっぱいあるわけ!」

響子「その恋愛映画、私も興味あります!」

唯「でしょでしょー!?メッチャ面白そうだよねー☆でもぉ、こういう恋愛映画ってぇ彼氏と観に行かないと面白くないよねっ」

響子「えぇ!?唯さん彼氏いたんですか!?」

唯「ん?いないよー。たとえだよ、た・と・え!」

響子「わぁ、ビックリしたぁ.....」

唯「だからぁ、予行演習としてプロデューサーちゃんと行こっかなーって!プロデューサーちゃんなら彼氏役、適任だよね☆」

響子「プロデューサーさんと!私も行きたいなぁ....」

P「ん?」

唯響子「あっ」

>>0�の名前を出してはならない
100: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/04(土) 23:45:36.40 ID:v2+es5T20
P「俺の名前を出したらペナルティと言ったよな?」

唯「でねでねー!?その映画の原作を、友達から借りたんだけど!!」アセアセ

響子「わっ、私も読んでみたいです!」アセアセ

P「ペナルティ結構」

唯「やっ、やばっ.......」

響子「あの唯さん!今度その映画一緒に行きましょう!」

唯「ナイスアイディーア響子ちゃーん!そだねー彼氏なんていないし、その役もいないしねー!」

響子「はい!でも唯さんと恋愛映画見るの、ちょっと恥ずかしいかも.....」

唯「照れんな照れんな~☆」

P「テッテレテッテ、テッテレテッテッテー」

P「浣~腸~器~!」

唯響子「....」ゾワッ!
101: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/04(土) 23:46:42.83 ID:v2+es5T20
唯「......そうだ!映画観に行った後さ、どっか遊びに行こ!」

P「唯は薄黄緑のパンツか。色気がある」←唯のパンツを脱がしている

響子「いいですねっ!カラオケでも行きましょうか!」

P「響子は水玉模様か。可愛い」←響子のパンツを脱がしている

唯「唯、最近カラオケ行ってないからいっぱい歌っちゃうよ?」

響子「唯さんの歌いっぱい聞きたいです」

唯「照れる~☆」

P「それでは浣腸器をお尻に刺してみたいと思います」

ニュキュッ....

唯「.......」ズニュニュ

P「お水注入」グイーッ クポクポ

唯「っ.......くふぅっ....」タプッ

P「響子もな」

クニュッ

響子「んひっ.....」ニュクッ

P「注入」グイーッ コプコプ

響子「.......っ」タプッ

P「絶対に出すなよ?出したら即補給だからな」

唯「.......」プルプル

響子「.......」プルプル
102: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/04(土) 23:47:51.41 ID:v2+es5T20
響子「ゆ、唯さんはっ......どんな、ジャンルを歌うんですか?」プルプル

唯「そだねー。やっぱ、い、今風?流行りってやつ?そんな感じっ、かなー。響子ちゃんは?」プルプル

響子「私はその....最近、古い歌にハマってて」プルプル

唯「古いの?どんくらい?」プルプル

響子「80年代とか」プルプル

唯「古ーっ!ウケるー☆」プルプル

響子「.......」プルプル

唯「......」プルプル

P「よく耐えてるな二人とも。足ピーン伸ばしてお尻を締めてるんだな。だがこれはどうだ?」

クチュッ

響子「ひぃあっっ!」ブシャァァ!

唯「んにやぁっ!」ブシャッ!

ビチャビチャ ビチャビチャ

P「あーあ、全部出ちゃったか。補給な」グイーッ コポッ

響子「.......」プルプル

唯「.......」プルプル
103: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/04(土) 23:49:04.28 ID:v2+es5T20
P「全く、二人は冷静にしろと言われただろう。まぁ、これはさすがに仕方ないか?もう少し我慢したらハメてあげるからな」

響子「さ、さっきの話の続きですが!お父さんに、色々教えてもらって!でも、せっかく唯さんとカラオケに行くのに、知らない歌ばっかり歌っちゃったら、迷惑かなって.....」プルプル

唯「ノンノン!そんなの全然気にすることないってー!唯はさ、いっろーんな歌聞きたいから、知らない歌なんて寧ろウェルカムウェルカムー☆」プルプル

響子「安心しっ、ました!私あんまりカラオケ行ったことないから....」プルプル

唯「マジ?だったら、唯が響子ちゃんにカラオケの極意を教えっ」

ズプッ!←唯マンにチンポ挿入

唯「教えっ......てぇ~~~~....」ビュービュー!ジョボボボボボボ......ビチャビチャ

唯「.......」ビクビクッ!

P「まるで噴水だ」

響子「......」プルプル チョロッ
104: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/04(土) 23:49:33.25 ID:v2+es5T20
響子「お、教えてくれるんですか?」ピチャッ

唯「へぇ.....?う、うん.....」

響子「嬉しい、です!唯さんに教えてもらえるなんて」プルプル ピチャチャ

P「響子にも入れてやるからな」

ズブブッ

響子「........た、楽しみだなぁ」プルッ

P「よく耐えた響子!でも突くと?」パン!

響子「かりゃおけぇ!」ブビューッ!!ピュピュ....ビシャビシャ.....

響子「......」ジョボボッ....ガクガクッ

唯「カラオケの次はさー、どこ行くん?」

P「エクスタシーにだよ」キュポッ グイー コポ

唯「.......」プルップルッ

ズニュウッ

響子「からおけの後はっ.....げ、ゲームセンター!」ガクッ

唯「おっ!唯、ゲーム得意だよー」グググッ

パンパンパンパン

唯「この前っ、紗南ちゃっあっあっ」チョロロッ

唯「んぎぃっ!」プシャァァァ!!ビュー!ビシャ.....

P「あーもー事務所ビチャビチャだよ」
105: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/04(土) 23:50:03.91 ID:v2+es5T20
響子「ふぅ~.....ゲームセンター、昔は弟とよく行ってたんですけど、最近はイってないなぁ」

P「イクんだよ」キュプッ グイー ドクドク

響子「.....時間がなくてっ」プルプル

ズプッ パンパン!パンパン!

響子「あっんっまっりっ」ビュッ!ブビュッルル!ピュッピュ!

P「補給しながらシてみよう」パンパン キュププッ

響子「....あっんっまっひぃっ!」ブシャァァァァァァァ!ビチャビチャ!プシャァァァ!!

唯「唯も~......唯も~.....ゲーセンっ」ガクガクッ

P「唯も欲しいのか?いやしんぼめ!」ニュブッ グイーッ

唯「っ」タプタプ

P「うぉぉぉ!補給しらながらドチャドチャセックスだぁぁぁぁ!!」パンパンパンパン!

唯「げぇしぇんんっ~~~っ!」ビュブブッ!ブッシヤァァァァァァ!!ビチャビチャ!プシャップシャッ!

唯「っっ......」ガクガクッ プシャッ....ガクガクッ
107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/05(日) 00:51:43.16 ID:q0Xni4bDo
スカは許してクレメンス
110: ◆pfXZLdzkmE 2016/06/05(日) 00:59:27.01 ID:krZ2Ybf20
尻に入れた水が出ただけなので、スカではないです。
156: トリ変えました ◆OTMp/WhNmo 2016/06/06(月) 23:31:44.44 ID:NiFqIzzf0
美穂「それで、愛に貪欲な役なんだけど....」

幸子「美穂さんとは真逆のタイプのような.....」

美穂「幸子ちゃん、どうすればいいと思う?」

幸子「ボ、ボクに聞くんですか!?」

美穂「幸子ちゃんならわかると思って....」

幸子「それはまゆさんとかに!」

美穂「そう、だよね.....わからないよね....」シュン

幸子「.....あっえっ....」

幸子「ぼ、ボクはちょっとトイレに行ってきますね!」

美穂「あ、うん」
157: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/06(月) 23:34:18.28 ID:NiFqIzzf0
@トイレ

ガチャ

幸子「(う~ん.....なんとアドバイスしてあげたらよいのやら....)」

バタン

幸子「(ボク自身そんな役したことないですからねぇ.......)」ヌギヌギ

幸子「(やっぱり、ここはまゆさんに聞いた方が)」チョロロ

バァン!!!←ドアが開く音

幸子「ひぃぃっ!?!?!?」

P「さっちゃん、おセックスの時間だあよ」

幸子「へ......?」チョロロロ

P「下着を下ろしている今がチャンス!出すもの全部出そうぜ!」パン!パン!←初速度100%で挿入

幸子「あひっ......」ジョロロロロ

P「うぉぉぉぉぉ!!」パンパンパンパンパン!

幸子「あっあっ!ダメぇれす!今おひっこぉちゅう!おひっこ♡♡」パンパンパンパン!ジョロロロ

幸子「んおっ.....おっおっおっおっ♡♡♡」パンパンパンパン←便座の上で種付けプレス

P「ほら冷静にしろ幸子」

幸子「れっ冷静にしてっらっれっおっおっられまひぇんよぉ!♡♡おぉっおっおっ♡♡♡」パンパンパン!

幸子「イ、イギますぅぅぅぅぅ!!!♡♡♡」パンパンパン!

スポン!←勢いよくチンポが抜ける音

幸子「ひぃやぁぁぁぁ♡♡♡」ジョボボボボッ!!←噴水
158: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/06(月) 23:36:13.38 ID:NiFqIzzf0
<ヤァァァァ!ダメダメ!


美穂「.......」モジモジ


<オマンコ コワレチャイマス!オマッアッアッアッ!♡♡


美穂「.......」


<イグゥゥゥゥゥ♡♡♡


美穂「.......」クチュクチュ


<アツイ.....アツイノイッパァイ.....♡


美穂「.......んはぁっ.....♡」クチュクチュ
159: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/06(月) 23:37:41.13 ID:NiFqIzzf0
ガチャ

P「ふ~、ひと汗かいたな~」

美穂「!」バッ!

幸子「.......」ガクガク

P「しまった!幸子この後取材だったな!下着もグチョグチョでどうする......今から買ってくる時間もないし.....」

幸子「......」フラフラ

P「幸子?」

幸子「......」ジー←自分の鞄を開ける

P「待て」

幸子「......」

P「何故その鞄に、大量の下着が入っている?」

幸子「......」

P「お前まさか、こういうことを想定して常備しているのか?」

幸子「......」

P「そうか、とんだ淫乱だったというわけだな.....」

P「なら、お望み通り相手してやろう!時間ギリギリまでセックスだ!」パァン!

幸子「んぎぃぃっ!?!?」ビクビク!!

パンパンパンパン!

パンパンパンパン!

イグゥゥゥ!イグイグゥゥゥゥゥゥ!!

美穂「.......」ジュン
161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/07(火) 01:31:49.98 ID:v4WF1pClO
発情や急なアプローチに備えて下着を大量に用意しておく輿水カワイイ
ちゃんと絶頂を宣言する輿水カワイイ
163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/07(火) 07:45:14.14 ID:wUR+fkbUo
幸子は濡れ女(意味深)だからね しょうがないね
171: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/09(木) 13:43:21.96 ID:GjwsqC1U0
@撮影現場

<はいカットー!

監督「違うんだ小日向さん。ここは愛に貪欲な少女が、教師に対して危険な視線を送る大事なシーンなんだ。それを踏まえての『大好き』なんだよ。身悶えるというかさ、わかるかね?」

美穂「はい.......」

監督「僕は怒っているわけじゃあないんだ。あくまでこれは助言で、責めてはいない」

美穂「はい.......」

監督「......」

美穂「......」

監督「それじゃ一旦休憩にしようか。20分後、同じところから始めるよ。プロデューサーくん、こっちに」

P「はい」

監督「君の勧めた通り小日向さんを起用したわけだが、やはり佐久間さんの方が良かったんじゃないのかね」ヒソヒソ

美穂「!」

P「いえ.....次は必ず.....」

美穂「......」
172: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/09(木) 13:44:22.36 ID:GjwsqC1U0
@楽屋

P「確かに難しいよな、愛に貪欲な少女なんて」

美穂「......」

P「早々出来るもんじゃないさ。だからそう気を落とすな」ナデナデ

美穂「......」ジワッ

P「泣かない泣かない。ほら、涙拭いて」

美穂「......」グスッ

P「でもな、俺は美穂の可能性を信じているから、この仕事を持ってきたんだ。美穂ならきっと上手くやれる、そう思った」

美穂「.......?」

P「だって、俺と幸子が事務所でセックスしてるとき、こっそり一人でオナってたろ?」

美穂「!!」カァァァァ

P「バレバレ」

美穂「.....」ボシュゥゥゥ

P「羨ましかったんだよなぁ?自分もああされたいって思ったんだよなぁ?」

美穂「......」ソワソワ

P「なら、今回の役もわかるはずだ。あの台詞に眠っているのは多大なる嫉妬と、溢れた性欲だ。今の美穂に出来ないことはない!」

美穂「......」
173: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/09(木) 13:45:25.94 ID:GjwsqC1U0
P「だから......この撮影中のみ、美穂にはこのローターを入れてもらう」

美穂「!」フルフル

P「嫌じゃない。拒否権は」←強引にパンツを下ろす

P「ない!」ズニュッ!←ローター挿入

美穂「......」ピクッ ピクッ

P「遠隔操作のボール型ローターだ。極小音だから安心しろ」

美穂「.......」

P「こんな感じ」ポチッ

美穂「......!!」ビクビクッ

美穂「......」ビクビクッ!!ビクビクッ!!プシャッ!

P「美穂の潮で楽屋の床が濡れちゃった」

美穂「.......」ガクガクッ







美穂「私、四六時中あなたのこと考えて......今も、それてこれからもずっと......」ビクビクッ!

監督「........」

美穂「だから......私、あなたのことが....」ビクビクッ

美穂「.....」ビクビクッ!!

美穂「だぁいすきっ......♡♡♡」

監督「........」

監督「いい.....」
175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 14:55:01.06 ID:PqM6slhaO
(アカン)
176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 15:41:16.06 ID:IelCQSLZo
こんなん発禁
179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 17:57:16.91 ID:bTHs8FWGo
スタッフ全員前屈み
182: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 00:04:32.55 ID:533QBAKJ0
P「まさかこの88の胸を揉む日が来るとはな.....たまんねぇよ」モミモミ グニグニ

愛梨「.......」←本を読んでいる

P「よし.....」ポチ←愛梨のワイシャツの真ん中のボタンだけ外す

P「この穴の開いた空間、つまりは胸と胸の間にチンポをぶち込む。いわゆる着衣パイズリ、またの名を縦パイズリ!」

P「たっぷりローションを塗って.....挿入」ニュルン

P「うぉぉ......この圧迫感と胸の柔らかさ......!破壊的な気持ちよさ.....!」

愛梨「.......」ペラ

P「普通のパイズリよりも、チンコが全部包まれるからいいんだよな.....動くぞ」ズコズコ

P「あっダメだ気持ちよすぎる!」ニュププッ ニュプッ

愛梨「.......」

P「愛梨の乳マンコに出すぞ!」ニュプニュプッ ビュブブッ!

愛梨「.......」ビクン

P「胸の中、ザー汁まみれになったな....」

愛梨「.......」ペラッ
183: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 00:05:20.81 ID:533QBAKJ0
ガチャ

雫「おはようございますー」

愛梨「あっ、雫ちゃんおはよう~」

雫「愛梨さん~、おはようございますー」

P「凄いの来ちゃったなぁ」ギンギン

雫「ふ~」ヌギヌギ

愛梨「外暑かった?」

雫「はいー暑かったです。今日はとりわけ日差しが強いですからー」

愛梨「そっか~。ここ冷房が効いてるからわからなくて~」

雫「愛梨さん今日はワイシャツ.....あれ?どうして濡れてるんで.....」

雫「......」チラッ

雫「なんでもないです~」

愛梨「は~い♪」

P「なんということだ.....あまりにデカすぎてどこから揉んでいいのかわからない....」

雫「.......」
184: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 00:05:55.45 ID:533QBAKJ0
雫「愛梨さん何を読んでたんですかー?」

愛梨「これ、ケーキの料理本だよ~」

雫「わー」

P「とりあえず、あのたくし上げてプルンってのが好きなんだよ」グイッ

ブルンッ!

P「で、でででっでっデケぇぇぇ!!!むしゃぶりつきたくなるわ!ふごごっ!」ジュルル!チュプチュプ

雫「っ.......美味しそうですねー」

愛梨「今から作ろうと思ってて~、皆のレッスンが終わる頃に出来たらなって~」

雫「私もっ、お手伝いしていいですかー?」ブジュ!チュベロッ!ベロベロ

愛梨「もちろん!」
185: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 00:06:36.37 ID:533QBAKJ0
@キッチン

雫「このくらいの速さですか~?」

愛梨「そう。あんまり混ぜすぎると硬くなっちゃうから~」

P「スプーンを二つ持って、愛梨の乳首に被せる」ピトッ

愛梨「ひゃんっ!」ビクッ

P「ごめんね~冷たかったね~。はい我慢我慢」

愛梨「......」ピクピクッ←両乳首にスプーンを当てられこねくり回される

愛梨「.....そしたらっ、今度は」クイクイッ ムニュムニュ

雫「えっと、料理本は.....クッキーを砕くんですねー」

愛梨「そうっ!まず、ジップロックにクッキーを入れて」クイクイッ ムニュムニュ

愛梨「.......っ、っ、いっぱい叩いて....」クイッ ムニュ クイッ ムニュ

雫「とんとん♪とんとん♪」

愛梨「っ......」ビクビク

雫「こんな感じですかー?」

愛梨「.......」ビクビク

雫「愛梨さんー?」

愛梨「う、うん。大丈夫~」
186: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 00:07:52.24 ID:533QBAKJ0
愛梨「ある程度粉々になったら、今度はそれにバターと牛乳を入れて....」

雫「はーい」

雫「........あれー?」

愛梨「んー?」

雫「あ、愛梨さん大変ですー、牛乳がありませんー」

愛梨「えぇ~!ど、どうしよう.....牛乳がないとタルトが出来ない.....」

P「あるやん。母乳やけど」

雫「.......」

愛梨「......」

P「仕方ない、俺もチーズケーキ作り手伝ってやるか。まずは愛梨から」モニュモニュ

雫「牛乳どうしましょっかー。買ってきますー?」

愛梨「う~ん、外は暑いし、でも時間がないし.......」モニュモニュ ムニュムニュ モミモミ

愛梨「......」モミモミモミ

P「妊娠せずとも乳首を重点的に責めればいけるか?引っ張って、つまんで、挟んで」キュウゥゥ←つまむ

愛梨「んっ......♡♡」ピュピュ

P「出た!」キュユゥゥゥ

愛梨「......」ピュピュッ ビクビク ピュピュ

愛梨「あ~、これ牛乳だよね?雫ちゃん買ってきてくれたの?」

雫「えっ.....はいー。今行ってきましたー」

愛梨「ありがとう~」

P「優しいな雫」
187: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 00:09:49.05 ID:533QBAKJ0
愛梨「でも、ちょっと牛乳足りないかも~」

P「なら雫の番だな」モミモミッ

雫「っ.......」ムニュムニュ

愛梨「私、ちょっと材料の確認してくるね~」

雫「お願いしますー」モミモミ モミモミ

P「弾力が凄い.....ずっと揉んでいられる」ムニュムニュ モミモミ

雫「.......」ツツツ

P「お!さすが牛さん!もう出てきたな。あとはこれを勢いよく」ムニュ ツネッツネッ クニュクニュ

P「搾れば....」キュゥゥゥゥ

雫「っ......んんっ....」ビュービュー!チョポポポポポ

P「おぉぉぉ!スゲェ出る!勢いがダンチだ!」キュゥゥゥゥ

雫「んはぁ......♡」ピュピュピュ!ピュ~.......チョポポポ

愛梨「あっ、牛乳入れてくれたんだね~」←愛梨の後ろにPが回り込む

P「間髪入れずに今度はお前だ愛梨!」モミモミモミモミ キュゥゥゥゥ!

愛梨「んいぃっ......♡♡」ピュー!

P「雫の顔めがけて噴射!」キュゥゥゥゥ

愛梨「ぃっ.......」ピューピュー!

P「どうだぁ?お友達に自分の母乳をかける気分は?恥ずかしいだろう」

愛梨「.......」カァァァァ ピュピュ

雫「......」ビチョビチョ←雫の後ろにPが回り込む

P「至近距離から愛梨の顔面めがけて噴射しろ!」キュウゥゥゥ

雫「あっあっ.....♡」ビュ!ビュ!ビュ~~~!

P「凄いだろう愛梨!弧を描いて愛梨の顔にあたってるぞ!」キュゥゥゥゥ!

雫「......っ、くぅっ......♡」ピュピュピュ~!ピュピュ!

愛梨「......♡」ベチョベチョ

P「事務所が母乳まみれになっちまった」

二人「......」ヘナヘナ....
188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/10(金) 01:37:06.72 ID:QRYiNkoF0
天使二人になんてことをっぉ!
195: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 11:45:37.91 ID:533QBAKJ0
P「中出しして母乳垂れ流しにしてあげよう」

愛梨「雫ちゃん......牛乳を入れた」

ズボッ!!

愛梨「らんっ!!♡♡」

愛梨「次はっ.......お砂糖とっ.....」パンパン←突かれながら搾乳

愛梨「おしゃとっぅ.....」ピュピュ!ピュピュ!

雫「愛梨さん~、もう牛乳はいらないと思いますー」

愛梨「そ、そうだね....で、でもっ.....」モミッ!ピュー!

クッキー←愛梨乳でべしょべしょ

愛梨「もっとっ.....入れてもいいかなぁって♡♡」ピュ!ピュ!

P「お望み通り」モミモミ パンパン

愛梨「いやぁんっ!♡♡......お乳、入れすぎっ.....あんっ!♡♡」ピュピュピュピュ!←ピストンで揺れ、ミルクが外れている

雫「愛梨さんー、牛乳こぼしすぎですよー」

愛梨「ごめんなさ」モミュ!!

愛梨「いぃ♡♡♡」ピュー!ピュー!

チュルル チュー←Pが吸っている

愛梨「んんっ.....んんんっ......!
196: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 11:52:35.77 ID:533QBAKJ0
愛梨「次はぁっ.......お砂糖っ、測ってぇ......」パンパンパン←歩きながらピストン

愛梨「グラニュー....とぉ....♡」パンパンパン←終いには四つん這いで歩行不能

雫「作っておきますねー」

ビュルルルル!←予告なし射精

愛梨「んんっ.....熱いっん......♡♡」

P「さぁ、中出しも済んだので、以前よりお乳は出るのでしょうか!」

ギュム!

愛梨「あぁんっ♡♡♡!!!」ビュー!!ビュー!!

P「うぉぉぉぉ!すげぇ出る!」

愛梨「ミルク.....買いすぎちゃったぁ♡♡♡」ピュピュピュビュー!←左右の乳を上下に動かされ、母乳が飛び散る

愛梨「はぁ....♡はぁ.......♡」ビクビクッ

P「次は雫か......」ゴクッ
199: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 13:55:16.15 ID:533QBAKJ0
雫「レアチーズはヨーグルトを混ぜてー」パンパンパン

雫「かきまっ、ぜてー」パンパンパン

ビュルッ

P「よっし......お乳の方はどうなってるかな?」

雫「牛乳も入れなくちゃー」

P「ベストタイミング☆」←雫を四つん這いにさせる

雫「牛乳はどこだっけー?」←四つん這い。ちょうど胸の前にボールを置いておく

P「はいじゃあ、乳しぼりいきますよ」←乳牛扱い

ギュゥゥゥ

雫「んいっ、牛乳ありましたー」ビュッピュー!ピュルルルル!

P「最早普通の牛と変わらんぞこれは!」ギュゥゥゥ

雫「まだまだ足りませんねー♡」ビュビュ!ピュー!ピュー!

P「ダメだ!直飲みしよう!」ギュゥゥゥ

ビュー!

P「ゴクゴク.....ゴクッゲホッゲホッ!勢い強すぎ.....!」

P「よし、今度は....」←雫を仰向けにする

雫「.....?」

P「小学生の頃、公園の水飲み場で飲んだように......!」

P「天に伸びた乳を横から吸う!」ギュゥゥゥゥゥ!

ビュゥゥゥゥゥゥ~~~~!!

P「がぼがぼぼっ!ぼぼぼがっ!」ゴクゴク

雫「........♡」ビクンビクン

P「はぁ.....はぁ......アイドルのお乳飲んでるぞ俺.....」
201: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 14:08:32.65 ID:533QBAKJ0
雫「賞味期限が近いから、残った牛乳は全部飲まないといけませんねー」ドン

P「わっ」←雫に押し倒される

雫「よいしょ」ギュムム←両乳首をPの口に無理矢理つっこむ

P「んん!?」

雫「えへへ、残った牛乳もぉ......美味しいですよねー.....」←反撃

P「(圧迫感がすげぇ!顔全体に母性を感じ....やわらけぇ!)」

雫「えいっ♪」ギュム←自分で搾乳

ビュボボボボボ!!

P「ごぼぼぼぼ!おっぼぼぼ!」ゴクゴク

雫「まだまだ~♪」ギュゥゥ

ビュビュビュビュ!ビュブブブ!!

P「おっぼ!びぶぶ!たんば!たんば!(雫タンマ!)」

雫「っ......♡お乳を搾られてる牛さんはぁ、気持ちよさそうに鳴くんですよー」

雫「もー♪って♡♡」ギュゥゥゥゥ

ブビュ~~~~~!!ビュビュビュ!

P「がぼっ!げほっげほっ!げぇっほっ!!」

雫「使い切りましたー♪んっ♡んっ♡」ピュピュ←搾ってないのに出る始末

P「」
210: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 18:43:47.39 ID:533QBAKJ0
ガタンゴトン ガタンゴトン



P「.........」

ウィィィィン

美穂「.....」ビクビクッ

P「........」

美穂「......」ビクビクッ



女子高生「ねぇ、なんか聞こえない?」

女子高生「聞こえる。スマホの着信とかじゃないの」

女子高生「んー、どうだろ」



P「.......」

ウィィィン

美穂「.......」ビクビクッ!←股を抑える

P「次の駅で降りるぞ」ボソッ

美穂「.......」
211: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 18:50:11.83 ID:533QBAKJ0
@駅の男子トイレ

P「.......ふんっ」←引っ張る

美穂「ぃっ....」ポンッ←美穂マンからローターが飛び出す

美穂「.......」グショグショ

P「美穂、これはお前が仕掛けたんだぞ」

美穂「.......」

P「俺は今日の収録は電車で向かうと伝えただけだ。なのにお前は、無言でローターを渡してきた」

美穂「........」

P「クセになったのか、あれ以降」

美穂「.......」

P「なら、お望みどおりにしてやるよ」ニュピン←入れなおす

美穂「っ......」

P「美穂......≪強≫で帰ろう」ボソッ

美穂「.......」ジュクジュクッ トロー
218: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 20:53:20.86 ID:533QBAKJ0
心「ふ~ん、じゃあ楓ちゃんはヨーロッパがいいってこと?」

楓「はい、大自然や海、綺麗な景色、素敵じゃないですか」

心「でもメインはそれを眺めながらの酒だろ?」

楓「はい♪」

心「やっぱり☆」

P「心さん、俺とスウィーティ―なことしましょう」

楓「心さんは、どこか行きたい国とかありますか?」

心「そうだなー☆はぁとは別に国内で充分」

P「俺との新婚旅行は国内でいいんですか?」

心「グアムかな☆(即答)」

楓「グアム!私お仕事で行きましたけどとってもいい所でしたよ」

心「マジか!行きてぇ☆」

P「でもはあとさんスタイルいいし、可愛いから、現地人にナンパされそうで嫌かな」

心「やっぱ国内だわ☆」

楓「えぇ.....」
219: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 20:54:46.89 ID:533QBAKJ0
心「楓ちゃんは新婚旅行はどこがいいと思う?☆」

楓「私はもっぱら、ドイツですかね」

心「それ絶対ビール目的だろー」

楓「ご名答♪」

心「当たっちっち☆」

P「........」

楓「........」チラッ←Pが相手してくれない

P「心さん、グアムに行って何がしたいですか?」

心「新婚旅行の予定を今のうち立てておくってのもありかもな☆」

楓「たとえば?」

心「まず朝は早く起きて、町の探索だろ?」

P「一日中部屋でセックスしたい」

心「やっぱ部屋だな☆」

楓「グアムに来た意味ありませんね.....」
220: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 20:55:46.69 ID:533QBAKJ0
P「それじゃ今のうちに予行演習しておきまっしょ」

心「後は世界遺産だな!はあともロマンチックな所行きたい」

P「さ、涎が止まらないキスをしましょう」

楓「世界遺産ですか!グアム付近だと、あの深い海が有名ですね」

心「へぇ~、そこでスキューバダイビッんぶっ......ちゅぶっ.......べろっ.....じゅぶりゅっ.....ちゅにゅ......」

楓「.......」

心「ぷふぁっ.....スキュぅんっ.....ちゅっ....べじょっ....ろっぢゅっ.....じゅるるりっ.....ちゅべおぉっ.....」

楓「浅瀬の方は、綺麗なサンゴ礁や摩訶不思議な魚を見ることが出来て」

心「しょれはっ.....じゅぶっ.......ちゅっるるっ....いいね......ぶゅる!じゅるる!」

楓「ですよね、魅力的ですよね」
221: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 20:57:06.66 ID:533QBAKJ0
P「心さん、普通のセックスとアナルセックス、どっちがいいですか?」

心「.......ふ、ふつ」

P「でも心さんとはグアムで初夜を迎えたいから....」

心「アナルかな☆(即答)」

楓「え!?」

心「え?どうした楓ちゃん☆」

P「それじゃほぐしていきますね」ホジィ

心「ぃぃっ....ぎぃっ.....」

楓「......」パカッ

P「なに股開いてるんですか?楓さん」ホジホジ

心「んぐぅぃっ......」

楓「......」

P「あなた一回やったでしょう!」ホジ!

心「イ゛ぃぃぃん!?」

楓「......」

P「溜まってるってことなのかにゃ?」

P「仕方ないにゃあ.....」
222: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 20:58:20.52 ID:533QBAKJ0
P「しょうがないなぁ楓君は....」ガサゴソ

P「テッテテテッテ テッテテテッテッテー」

P「アナルビーズ~!」

心「!」ゾクゾク

楓「!」ゾクゾク

P「それじゃ二本入れてみたいと思います」ズニュゥゥゥゥ

心「ぃ゛い゛あぁっ!」

楓「ん゛ん゛!」

P「はい根元まで入りました。お二人とも冷静ですよ、会話を続けてください」

心「で、でもさぁ、最近物騒だから、旅行ってのも難しい話だよな....」

楓「そうですね、テロで空港爆破とか、ありましたものね」

心「もっとのどかなさなさぁ所とか」

楓「ブータンとか?」

心「ブータンか、草原てか自然がありそうで確かにいいかも」

楓「えぇ、ブータンは以前」

P「オラ!」ズッポン!!!←引っこ抜く音

心「あ゛ぁ゛ぁ゛!!!」ビグビグ!!

楓「あ゛ぁ゛ぁ゛!!!」ビグビグ!!

P「アイドルらしからぬ声出ましたよお二人とも。すげぇ、尻穴ヒクヒクしてるぅwww」

心「お゛っ.....お゛っ.....」ヒクヒク
223: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 21:20:01.75 ID:533QBAKJ0
P「とりあえず心さんとアナルセックスしますね」

P「イれていきますよ~」

ミチミチッ ズボゥゥゥ

心「があ゛ぁっぁっ....」ビクビク

楓「私、アフリカで動物を見てみたいです」

心「ど、どうぶしゅ?」ビクビク

ズコズコッ ズコズコ

楓「はい、可愛いじゃないですか。寝てるライオ」

心「ひ゛ぃ゛あ゛ぁぁぁ!!ごれ゛すごぃぃぃぃ!!!」ズコズコ!ズコズコ!

楓「......」ゾクッ....

楓「さすがに、鹿を食べちゃうところは好きじゃ」

ズコズコ

心「お゛っお゛っお゛っお゛ぉぉぉぉぉ!!イぎゅぅぅぅぅ!!イ゛ぐぅぅぅぅっぅ!!!」ズコズコズコズコ!

プシャ!ジョロロロロロ.....

P「いい年こいてお漏らしなんて情けないですよ!」ズコ!

心「あ゛ぁぁ!ギも゛ぢぃぃぃ!!いぎゅいぎゅ!!」ズコズコズコ!!

P「クリちゃんもイジってあげますね」キュム

心「え゛ぉっ!!」ガクガク!ガクガク!

楓「.......」

心「お゛じりぃぃぃぃ!!おじりぱんぱんだめぇぇぇぇ!!!♡♡♡」ズコズコズコズコ!!

心「あ゛げぇっ!!」ブシャッ!!チョロロロロッ

心「......んぎぃっ......」ガクガク!ガクガク!
225: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/10(金) 21:26:47.21 ID:533QBAKJ0
P「ほいな」←アナルビーズ挿入

ズビュゥ!

楓「えぎぃっ......」ビグビグ

P「さ、これ一気に引っこ抜きますよ!」

P「いいですか?せーのっ!」

楓「.....!」グッ!

楓「.......」プルプル

楓「.......」

楓「.......?」

P「そういや、ドイツロケの仕事が来てたような.....」

楓「!」

P「らぁ!」ズッポン!!

楓「お゛ぎぃぃぃっ!!」ビグビグ!ビグビグ!

P「もういっちょ」ズボ!

楓「んんんぃぃぃっ!?」

P「あ、そーれ」ズポン!!!

楓「イっっぐぅっっ!!!!」ビグビグビグ!

P←アナルを広げてカメラに見せるアレ

楓「お゛ぉ゛っ.......」ビグビグッ
229: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 00:11:12.27 ID:+YgvauXr0
@女子寮 大浴場

李衣菜「へぇ~、結構広いんだねー!」

みく「大所帯に相応しい大浴場でしょー?皆毎日ここで疲れを癒してるのにゃ」

李衣菜「それにしてもいっぱいいるねー、アイドルて溢れかえってるよ」



ワイワイ ガヤガヤ



愛海「お山ぁぁ!!!」モミモミモミモミ

美穂「ひやぁぁぁぁっ!」

みく「コラ愛海ちゃん!お風呂で騒がないの!」

ワイワイ ガヤガヤ キャー!

シャンプートッテー

アツミチャンヤメテー! ワイワイ ガヤガヤ

P「オラも温泉浸かりてぇだ」ガラガラ

みくりーな「......」
230: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 00:12:45.97 ID:+YgvauXr0
美穂「愛海ちゃん、かっ、堪忍して!」

愛海「うひひぃ~!」モミモミ

美穂「んんっ!」モミモミ

美穂「........」

美穂「.......あれ?」

愛海「.......」モミモミ←後ろからPに揉まれている

美穂「.......」ソソクサッ

愛海「.....んくっ......も、揉まっ」モミモミモミモミ

愛海「んいっ......お山っ......」モミモミモミモミ

P「さすがのお前でも、これは弱いようだな」モミモミ

愛海「.......」ビクビクッ

P「どうだ?する側がされる側になる気分は?屈辱か?それとも快感か?」

愛海「.......」モミモミモミモミ ビクビクッ!
231: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 00:14:04.73 ID:+YgvauXr0
P「乳首を弄られるのは?」クニクニ

愛海「.......んんっ」ビクビクッ!

P「吸われるのは?」チュゥ

愛海「いっ........」ビクビクッ!

P「同時はどうだ!」クニクニ チュゥ クニクニ チュゥ

愛海「んなっ.....グスッ.....」ビクビクッ!!

P「泣いてるのか愛海。皆同じ思いをしてるんだ。わかったか?」

愛海「....」コクコクッ

P「だが止めんがな」カプッ←乳首甘噛み

愛海「いやぁっんっ!!」ビクビクッビクビクッ




みく「愛海ちゃーん?大丈夫かにゃー?」

愛海「」ビクビクッ

李衣菜「とりあえず脱衣処に運ぼう」

みく「了解にゃ」
232: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 00:16:19.13 ID:+YgvauXr0
芽衣子「楓さんと心さんが話してたのー?」ワシャワシャ←頭を洗っている

藍子「はい。芽衣子さんは旅行先の名所は全部回るんですよね?」シャワー

芽衣子「うん、よっぽど予定が狂わない限り、全部回るようにしてるよー」ワシャワシャ

藍子「それって、旅行費馬鹿にならないんじゃ.....」

芽衣子「まぁ、ヨーロッパは物価高いから気にする部分もあるけど、アジアとかは安いところが多いから」ワシャワシャ

藍子「なるほどー」←体を洗おうとスポンジを持つ

P「よう藍子」シコシコシコシコ

藍子「へっ.......?」キョットーン
233: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 00:17:36.12 ID:+YgvauXr0
P「ボディソープは俺のでいいか?」ドビュッ!←スポンジにかかる

藍子「.........」

芽衣子「物価安い国って偏見もって旅行したら痛い目みるのはデフォだからー、二人には気を付けてほしいね」ワシャワシャ←シャンプーで目を開けないため、Pの存在に気付いていない

藍子「そう、ですか.......」

藍子「......」ゴシゴシ

P「藍子が俺のザー汁を全身に塗りたくっている!」

芽衣子「え?今なんか言ったー?」ワシャワシャ

藍子「いえ!何も!」ゴシゴシ
234: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 00:19:31.48 ID:+YgvauXr0
芽衣子「あ、そうそう。藍子ちゃん次のお仕事、海外ロケなんでしょ?いいなぁ」ワシャワシャ

藍子「私、海外はあまり経験がないので....ちょっと怖いです」ゴシゴシ

芽衣子「最初のうちはそうだよね。私もちょっと抵抗したな」ワシャワシャ

藍子「芽衣子さんでもそうなんですか?」

芽衣子「うん、だって自分の全く知らない土地や」ワシャワシャ

P「ほいっ」ズボッ←藍子の口に挿入

藍子「んぶっ!」

芽衣子「ん?知らない土地だしさー、言葉も生活も人種も、何もかも違うんだよ?」

藍子「んんっ.......んぶっ......うばぁっ.....じゅぶぶっ......むちゅっ.....ぶじょっ.....ちゅくっ」

芽衣子「えー?」ワシャワシャ

藍子「ぷふぁっ........それは.....大変ですね」

芽衣子「でしょ?いやぁ、それにしても今日一日海で撮影だったからさ、塩がとれないね。いくら洗ってもヌメッとしてるよ」ワシャワシャ

藍子「そうだっんぶゅいっ!!」←イマラチオ

芽衣子「藍子ちゃん?」

藍子「んぶっ.....んぶっ!んぶっ!あっ.....むっんっんっんっ....じゅぶぶっ!!」

芽衣子「なんか変な音するね?」ワシャワシャ
235: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 00:21:27.26 ID:+YgvauXr0
パンパンパン!

芽衣子「藍子ちゃん、これ何の音?」ワシャワシャ

藍子「みくちゃっんっがっ♡手っ拍っ子っしてるっ音っでっすっ」パンパンパンパン!

芽衣子「手拍子?なんでまた」ワシャワシャ

藍子「新っ曲っの......んっ♡んっ♡練っ習っらっしくてっ」パンパン!ビクビクッ

芽衣子「ふ~ん」ワシャワシャ

芽衣子「あ、そうだ藍子ちゃん。この前言ってたたさ、イギリスのお土産屋、ブレスレット売ってるらしいよ」

藍子「.........」パンパン!パンパン!

藍子「んにっ......♡♡」ビシャッ!ビクビクッビクビクッ

芽衣子「藍子ちゃん?」

藍子「.......♡♡」パンパンパンパン!ガクガクッガクガクッ

芽衣子「あれ、お風呂かな?」
236: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 00:23:28.54 ID:+YgvauXr0
芽衣子「揉み上げを集中的に.....」ワシャワシャ

P「よいしょ」←芽衣子をイスから立たせる

芽衣子「きゃっ!ちょっと誰ー?あっ、もしかして愛海ちゃーん?」

芽衣子「もー、おいたはダメだよー。胸触るの禁止だからね」ワシャワシャ

芽衣子「お風呂ではしゃいでないで、ゆっくり湯船に浸かろう。ほら、下ろして。胸触ったら怒るよ?」ワシャワシャ

P「胸以外ならいいんだな」

ズボニュッ!!←挿入

芽衣子「え......っ....かへっ....」ガクガクッ
237: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 00:24:53.47 ID:+YgvauXr0
芽衣子「な、なにこれぇ......おっ、おまんこ.....愛海ちゃっ......?」ガクッガクッ

芽衣子「.......」←全てを理解

芽衣子「そ、そういうこっとっ......」パンパンパンパン

芽衣子「やっダメっ......パンパンだめっ.....」パンパンパンパン

芽衣子「んんっ......イっちゃっ!」パンパン

ビュッ!

芽衣子「......♡」ビクビクッビクビクッ
244: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 12:37:14.66 ID:+YgvauXr0
@鏡の前

卯月「島村卯月です!」ニッコー!

卯月「.......」

卯月「頑張ります!」ニッコー!

卯月「う~ん?」

卯月「ふふっ♪」ニッコー!

卯月「う~ん......?」←明日、ビーチでのグラビア撮影で太陽に負けないくらいの笑顔で!とカメラマンから要望を受けた

卯月「そもそも、太陽に負けないくらいって??」

卯月「輝いてるってことかな....?」

卯月「?」
246: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 12:38:02.67 ID:+YgvauXr0
卯月「島村!」ニッコー!

卯月「えっと、島村卯月!」ニッコー!

卯月「?」

P「励んでいるな、卯月よ。笑顔の練習かい?」

卯月「えっ、えーっと」←無視できない性格だが頑張る

卯月「グラビア頑張ります」ペッカー!

P「もうちょっとエロく」

卯月「!?」

卯月「グラビア、頑張りまぁすっ....?」ニコリ

P「難しいか」

卯月「頑張りますぅ~......」ニヤリ?

P「でもいい笑顔だよな。普通でも十分素敵だよ」

卯月「......♪」ニコッ

P「でも.....その屈託のない笑顔をザー汁まみれにするってのはどうだ......」ボロン

卯月「........」
247: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 12:39:19.87 ID:+YgvauXr0
卯月「もっと、目を細めた方がいいのかな?」

卯月「えへっ♪」ペッカー!

P「卯月のエヘ顔にザー汁ぶっかけれるんだよなぁ.....興奮すっぞこれは」シコシコシコ

P「可愛い顔して危険きわまりない淫乱な尻......安産っ体型っ......うっ」ビュビュ

卯月「っ......そうだ、ポーズ考えなくちゃ。ビーチで椅子に座るって言ってたし......」ビチャ

P「ぶっかけものは複数の男優で撮るのが普通だが、ここには俺しかいないからな。ま、さっき精力剤のスタドリ飲んだからいけるかも」シコシコシコ

卯月「こう、脚をくんで」

P「あっ、健康的な太ももがっ.....うっ」ドピュ

卯月「......」ベチャ

卯月「もっと腰をひねって」クイッ

ドピュドピュ

卯月「これじゃ、足らないよね.....」ベチャッ....
248: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 12:40:44.11 ID:+YgvauXr0
卯月「椅子を前にして、それにまたがって」

P「嘘だろ卯月、エっロ!」ドピュ!

卯月「今度はお尻をつきだして」ベト

ドピュドピュ!

卯月「.......」ベトベト←顔も尻もザー汁だらけ

卯月「もっとスカート短い方がいいかな?」クイッ

P「あっあっ」ドピュ!

卯月「.....そういえば、ビーチで食事中の撮影もするって言ってたよね.....食べる練習...」ベトベト

卯月「あーっ.....」

P「卯月が上向きに口を開けた......?」

卯月「あー......」

P「まさかこれはっ!.....そういうことかよ、この隠れ淫乱野郎め!」シコシコシコ ドピュ!

卯月「んむっ......ゴックン......」ベトベト

卯月「あーっ」パカッ

P「おかわり......!」シコシコシコ ビュ!ビュ!

卯月「あむっ......ちゅっく.....」ゴックン

卯月「ぷはぁっ......♡」ベトベト
249: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 12:42:35.02 ID:+YgvauXr0
卯月「んっ......」←顔も髪もベトベト。顔から垂れて太ももにかかる始末。口に垂れた精液は顔色ひとつ変えず飲んでいる。目も開けられない

卯月「もっと......練習しなくちゃっ...」ベトベト

卯月「グラビアだからっ.....ビキニかな?」

P「ビキニっ.....」シコシコシコ

卯月「だったら、胸をはだけさせて」パチン

P「おっぱっ」シコシコシコ ビュ!ビュ!

卯月「.....」←胸にかけられる

卯月「......」←それを指にとって

卯月「じゅるっ.....」←舐める

P「あぁ卯月っ!俺の知らぬ間に!淫乱に!」シコシコシコ ピュッピュッ!

卯月「あーっ.....」←口パカッ

P「たくさん飲ませてやるからな.....」シコシコシコ

卯月「ぱくっ♪」

P「ぐぉ!?卯月が俺のをくわえた!?」

卯月「はむっ.....じゅるる!じゅぶ!じゅぶ!」

P「う、卯月ぃぃ!まっ、待って!!」ドピュ!

卯月「ぢゅっ~~~、ずぞぞぞ!ぶじゅぶじゅ!じゅぽ!じゅぽ!ずぞぞっ!ちゅぶれろっ....べろべろ!」←くわえならが亀頭を舐め回す

卯月「ちろろろろっ......じゅぽん!!べじょ!ぐぽっ!ぐぽっ!じゅぶぶっんんむっ!んっんっ!べしょ、べじょ!ぢゅぶっくぷっ.....ちゅっべろ!べろべろべろ!れろおっ......じゅくぷっ!じゅぷ!」

ドピュドピュ

卯月「~♪」ゴクゴクッ ゴクゴクッ

P「」
253: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 17:35:53.73 ID:+YgvauXr0
珠美「ですから!剣道の方が強いんです!」

有香「いいえ!空手です!」

P「珍しく意見が食い違ってるな」

珠美「これは闘ってみないとわかりませんね........ならば!」

有香「いざ尋常に!」

珠美有香「勝負!」

P「はいストップストップ~。物理的に喧嘩してどうする。元凶は一体なんだ?」

TV「剣道の達人と空手の達人!これは面白い試合ですねぇ!」

P「これか......」

有香「ふぬぬぬっ!」

珠美「ぐぬぬぬっ!」

P「どうどう。どっちも強くて誇らしい武術だ。武術に優劣はない。だから喧嘩するな」

有香「ぐぬぬぬっ!」

珠美「ふぬぬぬっ!」

P「ダメだこりゃ」
254: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 17:37:27.83 ID:+YgvauXr0
P「よし、ならば別のことで勝負しよう」

有香「!」

珠美「!」

P「日本武術は腰をよく使うことで、拳や腕振りの滑車となりより強い攻撃を生む。腰の強さ対決ってのはどうだ」

有香「なら、腰の強さ対決で決着をつけましょう!」

珠美「望むところです!ルールは!」

有香「えっと......?」

P「まず二人のマンコに、このゴムボールを入れます。私があなた方のクリを弄りますので、相手より遠くまでボールを飛ばした方の勝ちです」

珠美「で!ルールは!?」

有香「え!?」

珠美「珠美はルールを聞いているんです!」

有香「くぅ~....!」

有香「えっと、私と、珠美ちゃんのオ....おっ....」カァァァ

珠美「お?」

有香「おっ.....おまんこに....ボールをいれて.....飛ばした方の.....勝ち...../////」プルプル

珠美「なるほど」

P「珠美以外と鬼畜だなwwwwww」
255: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 17:38:53.92 ID:+YgvauXr0
P「座ってM字開脚してください。下着も脱いで」

有香「絶対に負けませんから!」ヌギヌギ

珠美「珠美だって!」ヌギヌギ

P「有香の引き締まった太ももと、珠美の細いけど、徐々に肉付きを始めている太ももがたまらないわ」

有香「......」

P「さて、ボールを入れていきますよ」クプッ

有香「んにゃっ.....」ビクッ

P「珠美もね」クプッ

珠美「ぃぃっ.......」ビクビクッ

P「珠美泣きそうなの?」

珠美「......」フルフル

P「珠ちゃんは可愛いなぁ~~」ナデナデ

珠美「ヒック......うぅっ.....」

P「と、言いつつボールを押してみる」ツン

珠美「いひゃぁっ!」ビクビクッ

P「声は押さえようね~」

珠美←口を両手で抑える
256: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 17:41:15.77 ID:+YgvauXr0
P「まずは空手マンコから弄ります」

P「ほら喋なアカンで。議論せな」クリクリ

有香「空手は、元々対刀用に発明された、武術なんです.......!」クリクリ

有香「だから、剣道など!造作もない!」クリクリ

珠美「ですが剣道は刀ではありません!居合と違った歩法や防御があるんです!」

有香「かりゃてはっ!......空手は!道具に、頼らずともっ.....己の拳や」クリクリクリクリ

有香「こぶちぃっ!」プシャッ!ポーン

コロコロ......

P「飛距離、2m3cm」

有香「......」ビクン

珠美「むむむ」

P「負けてられませんぞ、珠美殿」クリクリ

珠美「.......んくぅっ...」クリクリ

珠美「剣道は、力に頼らず.....技術で」クリクリ

プシャッ! コロコロ

P「飛距離、1m48cm~。空手の勝ち~」

有香「や、やったぁ」

珠美「......」ビクッ
258: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 17:42:52.13 ID:+YgvauXr0
珠美「も、もう一戦!もう一戦頼みますぞ!」

P「俺は構わんが」

有香「い、いいでしょう!あたしも足らなかったところなので!」

P「足らなかった~?」

有香「あ、あの!その!勝負がその!これだけじゃ空手の強さがつ、つ、伝わらないので!」

P「なるほどな~」ニヤニヤ

P「では第二回線始めまーす。はい珠ちゃん、俺の上に乗って」

珠美「つ、次は負けませんから」ストッ

P「まず慣らした方がいいかもな」クチュクチュ

珠美「たまみはっ.....剣道の魅力っ...うぅっ....」クチュクチュ

P「さ、ボールをいれて」スポニュ

珠美「......だ、だからこの勝負はっ」

P「潮は感情の昂りも必要だからな」チュッ

珠美「んんっ.....ちゅぱっ....ちゅくっ.....ぷはっ」

P「珠美、好きだよ」

珠美「!」ドキドキドキ!

P「あらよっと」クリクリクリ

珠美「きゅんっ!!」プシャァァ!

ポーン コロコロコロコロ....

P「飛距離3m40cm~」
259: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/11(土) 17:46:02.78 ID:+YgvauXr0
有香「んむっ......じゅぱっ.....」クリクリクリ

有香「んんん~~!」プシャッ!

ポーン コロコロ

P「3m15cm~、珠美の勝ち~」

有香「はぁはぁ........」ビクンビクン

有香「からてはぁ.....つよいんれすっ......」

P「さ、泣いても笑っても次で最後だ。二人とも頑張れよ」

珠美「......」

有香「......」

P「ラストは一人三個入れてあげるから」

珠美有香「.....」ゾクゾクッ

P「体勢を変えようね」←ソファーの背もたれにのしかかる

P「入れていきまーす」クププッ

珠美「ぐぅっ......いぃ.....」プルプル

有香「んんんっ.......」プルプル

有香「珠美ちゃんはっ......なんでっ、剣道がす、好きなの......」プルプル

珠美「珠美は強くっ......な、なりたくてっ......始めたのがっ....け、剣道っ」プルプル

P「ダブル手マンでイかせてやるぜぇぇぇ!」クチュクチュクチュ

珠美「だからやぁっっ!」ブッシャ!!ポーンポーン

有香「んびぃっ!!!」ブッシャ!!ポーンポーン

コロコロ コロコロ コロコロ

P「まだ余ってるね~。秘技!高速手マン!」クチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュクチュ!!!

珠美「にぃえぇっ!!♡」プシャァァァ!!!ポーン!

有香「みぃっ!!!♡」プシャァァァァ!!ポーン!

コロコロコロコロ コロコロ

P「あはっ、壁に跳ね返ってワカンネwwwwwww」

珠美「........」ビクンビクン

有香「........」ビクンビクン
266: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:15:07.49 ID:tVPbs9Wc0
あずき「えいっ!」ビシッ!

あずき「よっ!」ビシッ!

あずき「ほっ!」ビシッ!

穂乃香「上手いものですね」

忍「アタシにも教えてよ」

あずき「この体勢で、ピッと投げる!」ビシッ!

忍「やっ!」ヒョイ

忍「難しい......あずき、昔バーで働いてたでしょ」

あずき「あずきを何歳だと思ってるの!?」

柚「通ってたとか?」

あずき「違うよ~。文化祭でダーツゲーム大会があってね、あずきのクラスの出し物だったんだけど、お客さん来ないからずっとやってたんだ」ビシッ!

穂乃香「わっ、真ん中近い!」

あずき「よしっ!」

柚「アタシにもやらせて~」
267: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:17:11.22 ID:tVPbs9Wc0
穂乃香「え、えいっ!」ピョイッ

柚「もうちょっと力いれてもいいんじゃない?」

柚「こんな感じに~.....」ヒュン ビシッ!

穂乃香「わっ!」

あずき「おぉ!スゴい柚ちゃん!」

柚「へへ~♪」

忍「柚もバーで働いてたの?」

柚「何言ってるんだか。あははっ」

あずき「はっ!」ビシッ!

柚「よっと」ビシッ!

穂乃香「柚さんも引きを取りませんね」

柚「あずきチャン、アタシと勝負しない?」

あずき「いいよ、あずきダーツじゃ負けないんだから」

柚「それじゃ、点数高かった方が穂乃香ちゃんと一日デート~♪」

穂乃香「え!」

あずき「いいね!」

穂乃香「ちょっと、二人とも」

忍「アタシもやろっかな」

穂乃香「忍さんまで......もうっ」
268: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:24:17.78 ID:tVPbs9Wc0
@30分後


あずき「あずきの勝ちー!」

柚「負けたぁ~」

忍「やっぱり強いわね、あずきちゃん」

あずき「穂乃香ちゃんと一日デートだぁー!」

穂乃香「でしたら、ぴにゃこら太のグッズ店に」

あずき「ゔっ」

穂乃香「えっ」

忍「はいはーい、今度皆で行こうね~」

あずき「そうだね~」

ガチャ

P「おはよう諸君。おっ!ダーツか!俺も混ぜ」

柚「ダーツも飽きちゃった。次何しよっか?」

穂乃香「台本の読み合わせでもしましょうか」

忍「いいね、アタシもそれやろうと思ってた」

あずき「ダーツはもう皆飽きちゃったしね~」

P「........」

P「あぁ、そう。そういうことする。ならこっちもとびっきりの策を講じさせてもらうぞ」

穂乃香「動物番組のバラエティですよね」

忍「楽しみだな。犬や猫と触れあうだけでお仕事になるなんて、この上ないよね」

あずき「うんうん!」

柚「犬わしゃわしゃしたいなー」


P「お前らのダーツの点数でエロいことする」


忍「やっぱりダーツやり足らない」

あずき「もう一回戦やってみよ!」

柚「仕事とかどうでもいいよね~」

穂乃香「私も参加させて頂きます」
269: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:25:47.31 ID:tVPbs9Wc0
あずき「あずき、ちょっと本気出しちゃおっかな」←手首と足首を回して準備運動

穂乃香「何事にも挑戦するのが、アイドルのモットーですよね」←柔軟体操

忍「穂乃香ちゃんの言う通り」←素振り

柚「ダーツって、何故だか知らないけど燃えるよね~」←屈伸、伸脚

忍「さ、順番はどうしよっか」

あずき「ジャンケンで決めよう」

柚「最初はグー!ジャンケンぽい!」

P「なんだかんだ皆やる気じゃん」ガラガラ←指示が書かれたホワイトボードを用意

忍「アタシが最初」

穂乃香「私が2番目」

あずき「3番手で」

柚「最後、だね」

忍「それじゃ始」

P「ルールを説明しよう」

4人「.........」ジッ!

P「(皆ホワイトボードガン見してる......怖いよう)」

P「今からやるダーツはポイント制で一周ごとに行為内容が変わる。行為はこのホワイトボードに記されてる通りで当然狙えるわけだ。その技術があったらの話だが」

P「5ゲームで終了。しかし最後の周はテープで隠されている。お楽しみと言うわけだな」

あずき「.......」ゾクッ
270: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:26:51.93 ID:tVPbs9Wc0
あずき「さ、やろっか!まずは忍ちゃんだね」

忍「うん。右足を出して.....」ビシッ!

忍「!」ギラッ!

柚「!」ギラッ!

穂乃香「!」ギラッ!

あずき「!」ギラッ!

P「(針が刺さった瞬間、ホワイトボードガン見してる......)」

忍「まずは5点先取。幸先は、まぁ刺さったからいいかもしれないね」

P「『耳ふー』な」

柚「でも初心者にしては刺さるだけマシだよ」

穂乃香「最初から上手なあなたが言いますか.......」

忍「まぁ、アタシはこれからドンド」フー

忍「どんっ.....じょ、上達っ、するからっ....」ビクン

忍「この勝負、負けな」フー

忍「ぃぃっ.....からっ///」ビクッ

穂乃香「続いては私ですね」

穂乃香「えいっ!」ビシ

あずき「これも5点」

→『太ももくすぐり』

柚「綺麗な弧を描いて刺さったね」

穂乃香「もう少し力を入れても良かったんでしょうか?」サワサワ コチョコチョ

穂乃香「ふふっ.....あははっ!わ、私、初めてなっのっにっ」サワサワ コチョコチョ

忍「.....」

穂乃香「んっ....あははっ、くふふう.....」コチョコチョ

穂乃香「はぁ.....はぁ.....///」

柚「.......」
271: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:28:05.66 ID:tVPbs9Wc0
あずき「えいっ!」ビシッ!

あずき「5点か~。腕が鈍ったかなぁ」

柚「この20分で.....?」

→『Don't touch me』

あずき「.......?」←Pが後ろに回り込む

忍「こう、かな?」ヒュイヒュイ

柚「もっと肘をクっとやった方がいいんじゃない?」

あずき「.......」←胸や尻や股間をギリギリ触れないでワキワキ

あずき「.....ん....」ゾクゾク ワキワキ ゾクゾク

柚「それじゃ、よっ」ビシ!

『5point 太もも舐め』

穂乃香「皆同点ですね」

柚「ここで流れを決めれると思ったんだけどな」ペロッ

柚「.....」ビクッ

忍「一周回ってアタシから」

柚「......」ペロッ ビクッ
272: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:32:59.25 ID:tVPbs9Wc0
P「はい二週目~」

忍「狙うは.....20ポイント!」ビシ!

『耳舐め』

柚「おっ、点数上がったね」

穂乃香「というか、先程から気になっていたのですが事務所の机汚くありません?」

あずき「あっ......」

忍「確かに、ポテチやらっ」ジュクッ チュパッ

忍「ひっ...ぁ......ペットボっ......とる、錯乱してるっ....ね」ビク チュプ ペロペロォ

穂乃香「私たちが事務所に来た時既にああでしたから.....」

あずき「.......」

柚「犯人はあずきチャンだね~」

あずき「.......い、いやー、皆が来るまで暇だったから、そのー」

忍「掃除がっ、出来ないなんっ.....て、女の子としてっ.....恥ずかっしっ......いぃ...」チュプッ ニュルル

柚「そだねー」

穂乃香「それ」ビシッ

→『お股クンカクンカ』

穂乃香「皆さんはっ....普段掃除するタイプですか....?」クンクン

忍「アタシはコマメにやるかな」

柚「アタシは一気に」

あずき「一気に。穂乃香ちゃんは?」

穂乃香「私は、忍さんんんっ.....と同じ.....コマメに....」クンクンクン スゥゥゥハァァ
273: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:33:38.95 ID:tVPbs9Wc0
忍「毎日コマメにやれば、大掃除なんてしなくていいしね」

あずき「なんていうか、部屋を一気に片づけるのが好きなんだよね。一日で部屋が変わるのって気持ちよくない?」ビシッ

柚「アタシもあずきチャンと同意見」

『ディープキス』

あずき「皆もそう思うよね」ガッツポーズ

穂乃香「.....」

忍「いや、思わないって」

あずき「えー、だってさぁ、毎日コマメにやってたら、模様替っんむっ.....みゅくっ......ちゅぶぶっ.......べろぉっ....れろちゅぶっ.....」

忍「住む場所は常に清潔じゃないと」

柚「それはわかってるんだけど.....この正論に対するあずきチャンの意見は!」

あずき「むにゅ......ちゅばっ.......べろっ...じゅぶじゅぶっ.......ちゅべろっ」

柚「なるほど~。だってさ」

忍「......そ、そう」
274: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:34:55.63 ID:tVPbs9Wc0
あずき「はぁはぁ.......その、えっと.....ちょっと面倒くさいって部分もあるよね」

柚「まぁぶっちゃけて言えばね~」ビシィ

『言葉責め』

柚「..........?」

穂乃香「どうしました?」

柚「ん、うぅん、なんでも......?」

P「好きだよ、柚」

柚「!!?」

あずき「!?」

忍「!?」

忍「あっで、でもさ!面倒っていったら、お正月とかどうするの!?」

柚「あれはあれで面倒だけど仕方ないかなって。大体、お正月は家族全員」

P「柚の友達を想う気持ちとかさ、優しい所とかさ、悪戯っ子な一面とか、全部好きなんだよ」

柚「........」

あずき「柚ちゃん?」

柚「うぇっ、あっ、そう、家族全員大掃除するから、アタシもやらなきゃなって。使命感?」カオマッカ

P「柚とセックスしたいなぁ......」

柚「.......」モジモジ

P「愛し合いながらのセックスって、どんなに気持ちいいのかなぁ.....」

柚「.....」ジュン

あずき「ほら!部屋をコマメにやってたらさ、お正月とか手伝わされそうじゃない?」

忍「一人暮らしだし」

穂乃香「家族もコマメにやるので.....」

あずき「あぁ......そう....」

P「後でシような.....?」

柚「.......」ジュンジュン
275: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:36:07.88 ID:tVPbs9Wc0
忍「アタシは、元あった場所に物がないと嫌なタイプだからさ」ビシッ!

『食い込み』

穂乃香「わかります。物を探すことが一番無駄な時間だと思います」

あずき「あずき、探し物してばっかだ」

柚「テーレレレッレー♪テーレレレッレー♪テレッレ♪」

あずき「探し物はなんですか♪見つけにくいものですか♪」

柚「鞄の中も机の中も、探したけれど見つからないのに♪」

忍「また古い歌を....」←Pが忍のパンツの両脇を掴む

あずき「ほら、忍ちゃんも唄って!」

忍「まだまだ探す気です」グイッ!!←上に引っ張る

忍「かぁんっ!♡♡」グイッ!!グイッ!!プシャプシャ

穂乃香「それより僕と踊りませんか♪」

P「夢の中へ♪」

柚「夢の中へ♪」

忍「イってみたいと思いません」グイッ!!

忍「かぁっんっ!♡」プシャ!

穂乃香「うふっふー♪うふっふー♪うふっふー♪」

あずき「さ~あ~♪」

忍「......」ビクビクッ←夢の中 
276: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:36:39.33 ID:tVPbs9Wc0
柚「皆どこで覚えてきたの?」

あずき「あずきはお父さんからだよ」

穂乃香「私は母から」

柚「やっぱり親の影響だよねー」

忍「あ、アタシは.....東京人に舐められないよう、しっかり音楽の勉強し、してたから.....」トロー

あずき「忍ちゃんは一体いくつなの......?」

柚「あれ?次って誰だっけ?」

穂乃香「あ、私です」

穂乃香「やっ!」ビシッ!

『イマラチオ』

あずき「二番って歌える?」

柚「うん」

忍「もちろん」

P「モチ」

穂乃香「知りません」

あずき「そっか、じゃあ聴いててね!」
277: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:37:19.53 ID:tVPbs9Wc0
柚「テーレレレッレー♪」

穂乃香「んじゅぶぅ!?」ズボッ

忍「テーレレレッレー♪」

穂乃香「んんっ......じゅぶぶっ」

あずき「テレッレ♪」

柚「休むことも許されず♪」

穂乃香「ぶじゅぶ....じゅぼぼ...べろっ...じゅぶじゅぶ!.....べじょっ...ぬぶんぶっ!.......」

あずき「笑うことは止められて♪」

穂乃香「びゅぶっ.....ちゅぶ!ちゅぶ!」ビュルル!

あずき「這いつくばって這いつくばって、一体何を探しているのか♪」

忍「探すのをやめたとき♪」

穂乃香「ぷふぁっ......はぁはぁ......」

あずき「見つかる事もよくある話で♪」

穂乃香「じゅんんむぅっ!?!?」ズボッ

あずき「踊りましょう夢の中へ♪」

柚「イってみたいと思いませんか♪」

穂乃香「んじゅっぶぅ.......んじゅっぶぅ.......んじゅっぶぅ.......」

P「さ~あ~♪」ビュビュビュ

穂乃香「.....」ビクッビクッ ゴクッゴキュ
279: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:38:19.96 ID:tVPbs9Wc0
あずき「あれ、で何の話してたんだっけ?」

柚「なんだっけ?」

穂乃香「.......んく.....っそ、掃除をコマメにやるか、という話です」

あずき「そうだったそうだった!」

あずき「焦らずー力まずー.......狙うは高得点の40!えいやっ!」ビシィ!

『乳首当てゲーム』

あずき「......?」

P「さぁ、服の上からあずきの乳首の位置を当てたいと思います」

柚「二人はさ、掃除中に懐かしいものが出てきたら読んじゃわないの?」

忍「懐かしい物が出る以前に、全部棚にしまってあるし」

柚「そっか」

あずき「柚ちゃん、根本的に違いすぎてあずき達の意見は通用しないよ」

P「あずきの乳首は~?」←両人差し指を近づける

あずき「多分、テスト前」

P「ここだ!」モニュ

あずき「にぃんっ!」ピクン!

あずき「........」

P「違うな、ここじゃない」

柚「テスト前?」

あずき「て、テスト前とか掃除しないでしょ?」

忍「する所がない」

穂乃香「はい」

柚「本当に根本から違う」

あずき「でしょ?あずき達も今度からコマ」

P「ここだ!」

あずき「めぇっ!」ビク!

P「ここか~」ツネツネ←乳首を優しくつねってる

あずき「こみゃめぇっ......♡♡」ビクビク

忍「.......」
280: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:39:14.87 ID:tVPbs9Wc0
忍「汚部屋は虫が湧くよ?」

柚「う゛っ」

あずき「う゛っ」

柚「そ、それはさすがに柚もパスかな」ビシィ!

『ローター』

あずき「柚ちゃん、今日からコマメ大作戦だね......」

柚「そだね......」ヴィィィィン

柚「っ.......」

穂乃香「そもそも、汚部屋だって知られたらイメージダウンになりますよ」

忍「その通り」

あずき「そ、そこまで汚くないよ!」

柚「たまに服が散らかっ」ヴィィィィン!

柚「散らかってるくらいで.....それほど」ヴィィィィィン!(強)

柚「.....んんっ.....♡」ビクビク
281: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 00:39:58.15 ID:tVPbs9Wc0
穂乃香「えっと、4周目ですね」

忍「ラスト一歩手前、負けないから」

あずき「ていうか、今誰が勝ってるの?」

4人「........」←全員途中で計算を忘れていた

柚「まぁ、この回から計算すればよくない?」

穂乃香「それもそうですね」

忍「うん、それでいいよ」

あずき「異議なし!」

P「ちなみに一番点数の高かった子にはご褒美あるから」

あずき「異議あり」

柚「柚が一番点数高かったよね」

穂乃香「私です」

忍「いいや、アタシだね」

P「喧嘩しない喧嘩しない。さぁ、ゲームを始めよう、ポイントはチャラだ」

4人「(絶対に負けない......)」
286: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:33:59.26 ID:tVPbs9Wc0
忍「よ、よーし.....えいっ!」ビシィ

『15 ゲリラクンニ』

あずき「高いなぁ....」

柚「.......」

穂乃香「......」

P「説明しよう、ゲリラクンニとは、忍のスカートの中に顔をうずめ、唐突に舐めることである!」←スカートに侵入

忍「アタシも段々コツが掴めてきたかも」

穂乃香「......」ペラペラ

柚「穂乃香チャン何読んでるの?」

穂乃香「ダーツの教本です」

あずき「え!?それあずきのだよ返して!」

穂乃香「ダメです」ヒョイヒョイ

忍「そっか、その手があったんだ!アタシもスマホで調べ」

ジュリュリュルルルルル!チュバチュバ!ベロベロ!

忍「ぇっ......えっあっあっ.......だー、つっ......うぅ....」ビクンビクン!

あずき「えーとダーツの基本は......」

忍「ア、アタシにも読ませて」

忍「なるほど.....投げるときは.....」

忍「......」←舐められてないのに緊張して集中できない

柚「これ忍チャンの台本?」ヒョイ

忍「えっ?ありがとう。ダーツに夢中で片づけるの忘」

チュバベロベロ!ジュルルルルルル!

忍「ひぃぇっ.......えぇぅ......くぅ......」ビクンビクン!
287: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:34:57.90 ID:tVPbs9Wc0
穂乃香「やっ!」ビシィ

『12 舐め下ろし』

P「説明しよう、舐め下ろしとは、一旦穂乃香を全裸にして、首からマンコにかけてゆっくり一直線に舐める行為である!」

穂乃香「12点.....とても微妙な数字ですね」ヌギヌギ

P「自分で脱ぐのか.....」

ナメッ

穂乃香「....」ピクッ

柚「あずきチャン、ちゃんと点数メモってる?」

あずき「バッチリ!」

ツー ←へそ通過

穂乃香「.....」ビクビク

柚「ここでちょっとダーツの種類変えさせてもらうね」

あずき「柚ちゃんも本気になっ」

穂乃香「にゃんっ!」←マンコ到達

忍「......」

あずき「......本気、だね?」

柚「うん...」
288: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:36:03.43 ID:tVPbs9Wc0
『25 シックスナイン』

あずき「や、やった!」

P「着衣のままやりますよ~」

忍「ここに来てこの点数をたたき出すなんて.....!」

柚「柚も負けてらんないね.....」

あずき「あずきには経験があるからね!」←69の体勢

あずき「今、母校に感謝してるよ!」

P「喋ってないで俺のをしゃぶりなさい。俺もしゃぶるから。チュブ!ベロベロ!ジュルン!」

あずき「んんっ......はむっ」パクッ

あずき「じゅぶじゅっ.......べじゅるっ.......んんっ!んっ!んっ!」

P「ヂュルル!チュー!ベロベロ!」

あずき「ぷはっ.....あっあっ......イ......ぱくっ......べろっ.....ちゅくっ....みゅちゅるっ.....」

柚「結局その文化祭って、お客さん一人も来なかったの?」

あずき「んぶっ.....♡ちゅぶぶっ!じゅ!じゅぽじゅぽ!むんちゅっ.....んっ♡んっ♡」

忍「なんて?」

柚「さぁ?」

あずき「ん、ん~~~~!!」ビクンビクン!
289: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:37:08.56 ID:tVPbs9Wc0
穂乃香「.....」ゾクッ

忍「.....」ゾクッ

あずき「.......」ゾクッ

柚「........」

柚「!」ゾクゾク!

P「これ当てちゃったか~......ある程度慣らすから安心して。無理なら途中でやめるから」

穂乃香「す、すごいですね!柚さん!13点だなんて!」

忍「うん!」

あずき「やっぱり柚ちゃんは上手いなぁ....!」

柚「す、凄いでしょ!」クチュクチュ

柚「.......」ピクッ

P「入るか?ん~、ちょっと大胆にいくか。もっと股開いてくれ柚」

柚「......」パカッ

あずき「柚ちゃんのセクシーポーズ決まってるぅ!」

柚「や、やめてよあずきチャン、今それどころじゃ」

P「わっ、危ねっ」←落ちてるダーツを踏みそうになる

P「あっ」ツルッ←滑る

ズボニュ!!!←拳半分挿入

柚「ぎぃっ!?!?!?!?」ビグビグ!!

柚「ひいぅぃっ.......!!」ジョロロロロ ビクンビクン!

P「ごめん柚......」

柚「かへぇっ.......あっ....あっ......♡♡」ガクガク!ガクガク!
290: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:37:42.59 ID:tVPbs9Wc0
忍「ラストだね、皆準備はいい?」

穂乃香「バッチリです」

あずき「一人勝ち大作戦決行!」

柚「負けないから」←まだ足がガクガク

P「さぁ、何が出るかわからないラストゲーム!張り切っていきましょう!」

忍「よ、よし一発目....ふっ!」ビシィ!

『20 クリ責めセックス』

忍「....」ゾクゾクッ!

穂乃香「に、20点は凄いですね!」

あずき「あわわわ.......」

柚「やるね~」
291: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:43:38.65 ID:tVPbs9Wc0
忍「さっきの点数と合わせて.....でもこれじゃ、あずきちゃんに合計点で負けちゃうし」←お姫様抱っこされてソファーに移動

穂乃香「教本にはなんて書いてあります?」

あずき「えっと」

柚「どれどれ」

忍「やっぱり、ダーツが出来ないと東京人に」クリクリ←クリを摘ままれ引っ張られる

忍「バカにッうぅんっ......」プルプル

忍「.......まだ、優劣なんて考えてるアタシって本当に子供な」ズボッ!!

忍「こっ、こどもぉ.......ほしぃ......♡」ガクガク

P「制服が濡れて雨の日を思い出すな」


忍「いつまで経っても、田舎も」パンパン

忍「いっ、田舎ものにょっ.....匂いがっ......取れあっあっ♡.......取れな」パンパン クリクリ←クリ引っ張り

忍「いぃんっ!」ビクビクッ トロトロ

忍「やっぱりぃ!方言っかっ隠したっ.......だけっ.....じゃ♡♡」クリクリ!クリクリ!

忍「んんっ!♡♡」プシャシャ!ビチャ

忍「東京でぇ.....アイドルひてぇ......引退し、てぇっ.....けっこ......結婚ひてっ.....」パンパン パンパン

忍「まひにちっ.....こ、こじゅくりっ......しぇっくすしてぇっ♡♡.......ぱんぱんってぇ!.....ぱんぱんってしてもらうの!♡♡」パンパンクリクリパンパン!

忍「んぁんっ!♡♡」ピュッピュッ!

忍「♡♡」ビクビクッ ガクガクッ←失神
292: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:45:44.24 ID:tVPbs9Wc0
穂乃香「つ、次は私ですね。これがラストチャンス!」ビシィ!

『20 ぴにゃこら太ックス』

穂乃香「........?」

P「いいのを引いたな、用意するから待ってて」

ガチャ

バタン

あずき「......ぴにゃこら太ックスって?」ヒソヒソ

柚「さぁ.....?」ヒソヒソ

穂乃香「.....」

ガチャ

ぴにゃこら太「ぴにゃ~」←着ぐるみ

穂乃香「ぴにゃっ!........」←冷静さを保つ

ぴにゃこら太「......」パカッ←頭を取る ヌギヌギ

P「穂乃香、この中で汗だくセックスをする。もし君がぴにゃこら太を汚したくないのであれば話は別」

穂乃香「........」

P「普通に入ってくるのか.......」←ぴにゃの中にPと穂乃香

<穂乃香、お尻で俺のチンコを刺激せずとも、すぐに入れてやるから安心しろ

<ズボッ!

<んんっ......はぁ.....

<パンパンパンパン

<あっあっあっ♡.......んんっ......はぁっ....んあっ...

<パンパンパン!

<ひぃっぐぅ.....ひぐぅ!......あん!♡あん!♡

ぴにゃこら太「.......」ガタガタッ ガタガタッ

あずき「.......」

柚「......」

<んっんっ.....あぁ!......ちゅぶっ.....べろっ......♡じゅぶぶっ....ちゅぺろっ....♡

<自分からキスをせがんでくるとは。穂乃香の汗の匂い最高だ

<んんっ!むちゅっ......じゅくっ......じゅるるっ......ちゅばっ.....♡

<パンパンパンパン

<あっダメっ.....イっいっ........んんん!♡

<ビュルル!

ぴにゃこら太「.....」フラフラ ストン←倒れる

頭コロコロ

穂乃香「あづぅぃ~~~.......ぎもぢぃぃれす~......♡♡♡」ムワァ ムワムワ ガクガク

あずき「.......」ドキドキ

柚「.......」ゾクゾク
293: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:46:09.22 ID:tVPbs9Wc0
あずき「はいっ!」ビシィ!

『13 雑ックス』

あずき「えっ」

柚「えっ低っ」

P「はいはーい、ヤりますよ~」ズボッ

あずき「あんっ!」

あずき「最っ後っは柚ちゃんっの番っだっねっ」パコパコパコ

P「はい終了~」ヌポッ

あずき「えっ.........?」キョトーン

P「以上、雑ックスでした」

あずき「えっ、え~~~~~!?」
294: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:47:40.77 ID:tVPbs9Wc0
P「用意するから待っててな」イソイソ

P「はい準備OK!今からこの発注した高級ベッドで柚とヤります」

柚「アタシ今日からダーツ始めよっかな~」ドキドキ ワクワク←ベッドに連れていかれる

あずき「柚ちゃんズルい!」

柚「あずきちゃん~、ただのダーツにズルいも何も......んむっ....」←ディープキス

柚「ちゅくっ......ずちゅぶっ.......んっんっ......じゅちゅぶっ......ちゅ.......ちゅるるっ....じゅ!」

あずき「.........」

柚「はぁはぁ.......♡」

ズニュ

柚「んんっ......」

P「柚......柚......愛してるよ....」

柚「......」←顔はそっぽ向いてても汁が溢れだす

P「大好きだ....柚....」パンパン

柚「っ.....いぃ........」パンパン←恥ずかしすぎて顔を両手で覆う

P「柚の可愛い顔見せて」パンパン

柚「ひぃんぅ.......」パンパンパン

あずき「.......」ウルウル

柚「....ちゅっ.....んばぁっ.......じゅんっ......♡」パンパン

柚「んっんん!んん~~!(イク~~~!)」パンパンパン

あずき「ひぐっ......グスッ......」

柚「んばぁっ!.....はぁはぁ......♡はぁはぁ........♡♡」ビクビク ビクビク

柚「.....」ガクガクッ
295: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:48:24.49 ID:tVPbs9Wc0
P「以上を集計しますと、一位は」

あずき「ひぐっ........ヒック.....」

P「柚ですね」

あずき「びぇぇぇぇん!」

P「.....」チラッ

柚「」ガクガク

あずき「えぇぇぇぇぇん!」ビエー

P「繰り上げで、あずきさんが一位になります」

あずき「へっ.......?」

あずき「やったぁぁ~!」ピョンピョン

P「お前冷静の設定完全に忘れてるだろ」

あずき「あっ.....」

あずき「.......」シラー

P「今頃遅いわ。さて優勝者のあずきさんには豪華賞品が!」

あずき「......!」ドキドキ

P「こちらです!」デデドン!

『アナルがんほじセックス』

あずき「えっ」
296: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 10:50:10.73 ID:tVPbs9Wc0
P「さ、やりましょうね~」ワキワキ

あずき「えっ嘘っ......そ、それは!」

ホジィ!

あずき「おぉっ......♡♡」ビグッ!

P「一旦チンコをマンコに入れまし.....て!」ズボッ!

あずき「ひぎぃ!?♡」ビク!

P「同時責めだ!」パンパンパン!

あずき「んっんっ.....あぁっ.....!」パンパン ホジ!ホジホジ

あずき「んんぉぉっ!おっ!お゛っ......あ゛ぁぁ....!!」パンパン ホジホジ

あずき「イっイ゛グゥ!イぐよぉ!!♡♡」パンパン!

プシャァ!プシャ!

あずき「ダメダメ!おぉっおぉっ.....あっ♡あっ♡あっ♡.....!」パンパンパン

P「俺もイきそう」

あずき「イっちゃっ......あばあぁっ.....イギゅぅぅぅぅぅぅぅ♡♡♡」パンパンパン!

ホジホジホジホジ!

あずき「んぉぉぉぉぉ!!♡♡♡」パンパンパン

P「イくぞ!」ビュビュビュ!

あずき「あっ.....ごっ.......おぉ♡......♡♡♡」ビグビグッ......ダラダラ
314: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 23:45:37.25 ID:tVPbs9Wc0
マキノ「この電気スタンドなんてどう?」

泉「でもなんだか安物の感じがしない?」

マキノ「確かにするわね。蚊取り線香なんてこの時期いいんじゃないかしら」

泉「うん、候補に入れておこうかな」

マキノ「それにしても、結婚祝いのカタログとはいえ、色々なものがあるのね」

泉「本当にピンからキリ。机や椅子、ドライヤーにイヤホン、ウニやカニまで」

マキノ「マカロニサラダからヤンバルクイナまで」

泉「そこまではないと思うけど.....」

マキノ「このネイル品なんてどう?アイドルなんだから、少しは化粧品とかにも興味を持った方がいいんじゃない?」

泉「一理あるかも」

P「二人がそんな会話してるの意外だなぁ。てっきりパソコンの話しかしないもんだと」

泉「もう、Pは一体私達を何だと思ってるのよ」

P「えっ」

泉「あっ」

マキノ「.......」


315: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 23:47:16.86 ID:tVPbs9Wc0
P「ペナルティ―――――ッ!!」

泉「い、今のは!反射神経で!」

泉「(唯さんや、響子ちゃんは確か浣腸器でオシオキされたって言ってたけど.....)」

泉「(そもそも、こういうのって異常なのよ!アイドルとプロデューサーがそういう肉体関係を持つって.....!

やっぱりおかしい!許されるわけない、こんなの.....!)」ワクワク ドキドキ

泉「(わ、私は一体どんな鬼畜なことをされるんだろう......)」ワクワク ドキドキ

ズルッ

泉「(し、下着を脱がされた.....!)」ドキドキ

P「さぁこっからの......よいしょ」グイッ!

泉「ひゃっ」グリーン

P「そんでもって」クイクイ

マキノ「.......」

泉「.......」←部屋の隅にまんぐり返しの体勢で手足を紐で固定

P「このまま放置します」

泉「え.......?」
316: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 23:49:39.16 ID:tVPbs9Wc0
マキノ「へぇ、顕微鏡もあるのね。でも毎日志希や晶葉の実験や研究で目にしてるから、あんまり珍しくないわね」ペラッ

P「顕微鏡か......」

マキノ「しかしどれも安そうね~。この電気スタンドなんかすぐ壊れそう」

泉「そ、そうだね」

マキノ「やっぱり今のトレンドは......」←Pに泉の前に持っていかれる

泉「.......」←事務所のオブジェ化

マキノ「泉にはこのアロマがいいんじゃないかしら。トレンドですって」モミモミ モミモミ

泉「アロマかぁ.....興味なかったな、そういうのさくらや亜子もあんまり興」

マキノ「はむっ.....ちゅぷっ....るるっ....ちゅむぺろっ......ぷはぁっ....あむっ.....んっ....」←キス

泉「.......」←ソファー、植木、衝立、泉の順番

泉「(み、見せつけられてる.....)」

マキノ「.....で?二人も興味ないの?」

泉「うん。亜子はお金でしょ?さくらは」

マキノ「ちゅぷっ......んっんっ......あぷっ.....ちゅるるっ.....んばぁっ.....んんっ....んみゅっ,,,,ちゅるっ」

泉「さくらは」

マキノ「んんんっ.....じゅるっ......ちゅぷっ....くにゅっ.....あぷっぁ......じゅべろっ.....ちゅぶっ.....」

泉「.........」ジュワッ←マン汁分泌
318: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 23:51:02.62 ID:tVPbs9Wc0
マキノ「無難にマウスパッドもいいわね」クチュ

泉「マウスパッドもあったの?それも候補に入れよう。でもデザインが良くなくちゃ.....」

マキノ「持ってなかったの?」クチュクチュ

泉「今の、使い古して黒ずんじゃったんだ。だから新しいのを買おうと思ってたところ」

マキノ「そう。ならんむっ....ちゅぶぶっ......べろぉっ......んむっ.....付箋張っておくわね」クチュクチュクチュ

泉「ありがとう」

マキノ「見て、ウナギもあるのね」クチュクチュクチュクチュ

泉「へぇ、どれどれ?」

マキノ「ちょっと美味しそう」クチュクチュ!ビシャビシャ.....

泉「見せて」

マキノ「ソーセージセットですって。これもいいかも」ズブッ!!パンパンパン!

泉「見せて」

マキノ「色々あるのね~」パンパンパン! ガクガク.....ガクガク.....

泉「.......」クネクネ←マンコをイジりたくて仕方がない
319: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/12(日) 23:54:34.78 ID:tVPbs9Wc0
泉「マキノさんはどれがいいと思う?」

マキノ「私は断然これね、パソコンでも目が疲れない眼鏡」パンパンパン

泉「最近流行ってるよね、それ」

マキノ「えぇ。泉もパソコンイジる派にとっては魅力的なんじゃない?」パンパンパンパン!

泉「どうだろう。私眼鏡とかあんまり」

マキノ「.....」プシャッ!ビチャビチャ

泉「似合うと思わないんだけど」

マキノ「似合うわよきっと」ズブッ パンパンパン

泉「他には何がある?」

マキノ「そうね......」パンパンパン!バサバサッ

マキノ「あら、落としちゃったわ」シャガミ

マキノ「.......」パンパン!プシャ!←拾おうとしてしゃがんだら自分の一番気持ちいいところを発見

泉「ねぇ、早く拾ってよ」

マキノ「.........」パンパンパン←気持ちよすぎて泉の声が聞こえない

泉「........」ヒクヒク←放置プレイも悪くないと思い始めて尻穴が通風孔になる

マキノ「........」パンパンパン←体勢を変え、だいしゅきホールド

泉「ねぇ、マキノさん.....」ヒクヒク

P「出すよ......マキノ!」パンパンパンパン!ビュルッルルル!

マキノ「......んっ」ビクビク!ガクガク ビクンビクン......
321: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 14:06:32.80 ID:GC2LZuQJ0
泉「........」

P「さぁ、泉。ちゃあんと反省したかな?」

泉「.......」チョロッ←マン汁

P「マン汁で返事すな」

P「さぁ~、ここで登場しますのが~この顕微鏡~~!」

泉「!?」

P「泉のマン汁を採取して、目の前で見たいと思いま~~~~すwwwwww」

P「これが泉のマン汁かぁ.....ピンと合わせて見ちゃうぞ~~~wwwwww」

泉「やめてぇ!」トロトロ

P「と言いつつマン汁溢れてる子なんて知りませ~~~~んwwwwww」

泉「くぅ......!」トロトロ
322: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 14:14:33.69 ID:GC2LZuQJ0
泉「なんて下劣な.....!」ワクワク

P「ん?まだ反省が足らんようだな。仕方ない.....」

泉「.....」

P「ペロペロ」←泉マンコのギリギリ当たらないところで舌を動かしている

泉「.......」ワナワナ ジュンジュン

P「舐めてないのにマン汁出すなんて淫乱だな、泉」

泉「.......」ドキドキ

P「見ろ、俺のチンポを。今からこれがお前に入る。想像してみろ」

泉「.......」ポワワワ

泉「.......」ジュクジュク

P「入るぞ~?」←泉マンコまで2mm

泉「.......」ドキドキ!ドキドキ!

P「入れちゃうぞ~?」

泉「......」ワナワナ!ドキドキ!ゾクゾク!

P「3」

泉「!」

P「2」

泉「.....!」←力をこめる

P「1」

泉「......!!」

P「0」

泉「!!」グッ!!

P「入れませ~~~んwwwwww」

泉「えっ......」ヘナッ

ズボニュッ!!!!

泉「んひぃぃぃっっ!!!」プッシャァァァァ!!!

P「うぉぉぉ噴水だぁぁぁ!!」
323: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 14:15:15.23 ID:GC2LZuQJ0


泉「あっ.....はぁ......」プシャァァァ ビチャビチャ ビクビク←まんぐり返し状態のため噴水で潮が自分にかかる

P「潮が止まらんぞ泉!ニューウェーブ!」

泉「........」

P「勢いよく引き抜くぞ!いいな!」

泉「!」

P「3」

泉「!!」

P「2」

泉「!!!」

P「1」


泉「!!!」

P「0」

泉「!!!!」グッ!

P「抜きませ~~~~んwwwwwww」

泉「うぅっ.....」ヘナッ

ズポンッ!!!!

泉「っイぎぃぃぃっ!!!」プシャァァァァァ!!

P「あぁぁぁ噴水楽しいぃぃぃぃ!!!」
324: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 14:16:33.11 ID:GC2LZuQJ0
P「さぁ、本番行くぞ!」

泉「.......」

ズニュ!

P「うおぉぉぉぉ!!」パンパンパン

泉「んんっ!いぃ!.........んっんっ!」パシャパシャ!

P「疲れてもなお潮を吹くスタイル.....頑張れ泉!この事務所を泉汁で濡らすんだ!」パンパンパン!

泉「.........んっおっおっ!」パンパンパンパン!ブシャ!ビシャ!ビチャビチャ!

P「一気に刺して!」ズブッ!!!

泉「っはぁっ!!」ブシュッ!

P「一気に引き抜く!!」ズルン!!

泉「おっ♡♡♡」ブシャ!!!

P「くらえ!!獣責め~~~!」パンパンパンパンパンパンパンパンパン!

泉「あっ♡あっ♡あっ♡あっ♡......イくぅぅぅぅぅぅ!!!」パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!

泉「んあっ!!!」ブッッシャァァァァァ!ビチャ.....プシャ!プシャ!

P「俺も疲れた~」

泉「......♡♡♡」ビクンビクン! ビクンビクン!
327: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 17:05:11.42 ID:GC2LZuQJ0
聖來「みくちゃんにわんこの扱い方がわからないって言われたけど、どう教えたら良いのやら.......」

聖來「わんこは今ここにいないし、考えるのは家に帰ってからかなぁ」

P「ワン!ワン!」

聖來「..........」

聖來「わんこ~♪ここにいたんだね~おーよしよし♪」ワシャワシャ

P「ワンワン!」

聖來「撫でてあげるね~」ナデナデ

P「クゥ~ン。ハッハッ!」ペロペロ

聖來「もうくすぐったいよわんこ~♪顔舐めちゃっんちゅっ.......はむっ....ちゅぷっ.....ぷはっ.....あむっ.....ちゅぱあっ.....」

ペロペロ

聖來「あぁん♡もうわんこったら~♪」ナデナデ

ハムハム

聖來「ちょっ.....わんこっ、そこは舐めちゃダメだってば~んんっ!」←クンニ

ペロペロ チュパッ

聖來「もう~まんこはダメ~♡」

聖來「はんっ......んあっ.....♡♡」ビクビクッ
328: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 17:06:38.39 ID:GC2LZuQJ0
P「ハッハッハッ!」ヘコヘコ

聖來「発情してるの?仕方ないなぁわんこは~♪エッチなんだから~♡♡」

ズプッ

聖來「おっ、はぁっ.....わんこのちんこ、大きいね.....」パコパコパコ

聖來「やんっ♡もう必死にパコパコしてぇ......♡興奮しちゃうのは飼い主のんんっ....あっあっ.....責任だよねぇ.....♡」パコパコパコ

聖來「あんっ♡あんっ♡わんこったらっ、飼い主まんこっ、にっ、必死に腰振っ......」パコパコ

聖來「あっ♡あっ♡あっ♡あっ♡」パコパコパコ

聖來「飼い主にっ、種付けする.....気ぃ?んっ、だったらもっとパコパコっ....あんっ!そこっいいよぉ」パコパコパコ
329: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 17:07:16.64 ID:GC2LZuQJ0
聖來「まんこっ、ハメながらっおっぱい舐めっやんっ!んぅ~!」パコパコ チュゥゥ

聖來「イっちゃうイっちゃう.......あっダメっ!イク!」プシャッ! ガクガク

ズボッ

聖來「んぃいっ.....まだ、するのぉ♡♡♡エッチすぎるよ~わんこっ♡」パコパコ

聖來「まんこぉ!いいっ!そこいぃん!♡」パコパコ

聖來「あっだめ!イク!イク!イク!♡」

聖來「あっ♡♡♡」プシャッ! ガクガク

ビュルビュル

聖來「種付けされちゃったぁ.......♡♡」
332: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 20:02:19.93 ID:GC2LZuQJ0
P「..........」


美穂「..........」


P「..........」


美穂「..........」


P「........美穂」


P「何故、俺の家の前にいる?」


美穂「..........」
333: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 20:11:34.65 ID:GC2LZuQJ0
P「とりあえず、中に入れ」

美穂「......」


バタン


P「一体何をしているんだ、美穂」

P「えぇ?」

美穂「........」

P「しかも、お前.....」バッ!

美穂「!」

P「何故、下着をつけていない?」

美穂「.......」

P「準備万端だな。しかもこんなに濡らしやがって....」クチュ

美穂「んっ......」

P「俺にこうされることが、望みだったのか?」クチュクチュクチュクチュ

P「えぇ?美穂!」クチュクチュクチュクチュ

美穂「いっ.......クぅ.........」クチュクチュ!

ポタッ.....ビショビショ......

美穂「.........」ガクガクッ




P「オシオキは始まったばかりだぞ、美穂」




美穂「.........はいっ」



334: ◆OTMp/WhNmo 2016/06/13(月) 20:12:09.47 ID:GC2LZuQJ0
おしまい☆
337: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/06/13(月) 20:23:55.84 ID:krJuE/BeO

主人公は美穂だった....?
350: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/06/14(火) 09:32:43.08 ID:wwc3XngTo
ほんとこういうAVほしい
264: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 19:02:35.25 ID:Opz2Y4lbO
題材にした同人ゲーが出たら即購入ですわ。。
ん〜ほんっと興奮する!最高です!!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク