モバP「凛に惚れてしまった」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 00:25:59.99 ID:+fvyGmlDO
のんびり書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416151559
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 00:28:38.17 ID:+fvyGmlDO
P「凛は綺麗だ」

P「自分の担当アイドルということを抜きにしてもその魅力は俺の心を捕らえて離さない」

P「だがアイドルとプロデューサーという関係上、この想いを伝えることはお互い仕事の枷になる」

P「だから俺が我慢すればいいと思っていたのだが…」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 00:43:12.23 ID:+fvyGmlDO
凛「プロデューサー」

P「ん?どうした凛」

凛「最近何かおかしいと思うんだけど」

P「何がだ?」

凛「うまく言えないけどさ…私、何かプロデューサーに嫌われることしたかな?」

P「…どうしたんだよ、急に」

凛「番組の収録に付き添ってくれなくなったり、事務所に帰ってくるとプロデューサーが外回りに行ってていなかったり、メールの返信も遅いよね?」

P「え、えーと…それは、ほら凛もシンデレラガールになって知名度もあがって、仕事が舞い込んでくるようになったからで…」

凛「嘘だね、プロデューサーは何か私に隠してる」

P「!?」

凛「…これでも結構プロデューサーのこと信頼してるのに話してくれないの、寂しいな」

P「……」

凛「…ごめんね、急に」

P「いや…俺も配慮が足りなかったよ、すまん」

凛「…じゃあ私レッスンに行ってくるね」

P「っ!凛!!」

凛「!急に大きな声出さないでよ、びっくりしたよ…何?」

P「あー、その…レッスン終わったら迎えに行ってもいいか?」

凛「仕事忙しいんじゃなかったの?いいよ、無理しなくても…」

P「…俺が凛を迎えに行きたいっていう理由じゃ駄目か?」

凛「!…そんな言い方されたら断れないじゃん」

P「連絡待ってるから」

凛「ふふ、分かった」





凛「…楽しみにしてるからね」ボソ
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 00:52:28.73 ID:+fvyGmlDO
P「レッスンお疲れ、凛」

凛「ホントに来てくれたんだ…迎え」

P「当たり前だろ、さぁ乗った乗った」

凛「はいはい」

P「じゃあ出発するぞ」

凛「事務所に帰るの?」

P「…その前に、ちょっと何処かで軽く食べていかないか?」

凛「…プロデューサーからそんな風に誘われるの久しぶり」

P「あ、いやなら別に…」

凛「嫌なわけないでしょ。で、何処行くの?」

P「そうだなぁ…凛は何か食べたいのあるか?」

凛「私?うーん…プロデューサーかな」ボソ

P「ん?すまん何だって?」

凛「…近くのファミレスで良いんじゃないって言ったんだよ」

P「おう、じゃあそうするか」



P(さっき聞こえたのは何かの間違いだと信じたい)

P(そうでないと俺は…)

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 01:12:46.10 ID:+fvyGmlDO
P「俺ここのハンバーグ好きなんだよね」

凛「私はカルボナーラが結構好きかも」

P「男の一人暮しだとなかなか料理する機会ないからファミレスかコンビニって偏っちゃうんだよなぁ」

凛「駄目だよ、プロデューサー。いつもアイドルには体が一番大事だって言ってるのに、プロデューサーが体に悪い食生活してたら示しがつかないでしょ」

P「ああ、返す言葉もございません…」

凛「だったらさ…」

P「ん?」

凛「明日からプロデューサーの分のお弁当作ってきてあげる」

P「えぇ!?いや、それは流石に悪いよ」

凛「いいの、私がしたいからするんだから。それともプロデューサーは私からのお弁当嫌なの?」

P「…正直作ってほしいです」

凛「ふふ…素直でよろしい。じゃあ明日から作ってくるから楽しみにしててね」

P「ああ、ありがとな凛」

凛「あ!でもタダってのもちょっとなぁ…」

P「ああ、もちろんお金は…」

凛「ううん、お金はいらないよ」

P「でもそれじゃあ凛が大変だろう?」

凛「お金の代わりに週末にこの間出来たペットショップ行こうよ」

P「え?まぁそれくらいなら…」

凛「ふふふ、楽しみだね週末デート」

P「お、おいおい!」

凛「今更変更は認めないよ、観念してねプロデューサー」


P「はぁ…まったく人の気も知らないで」ボソ


凛「?何か言ったプロデューサー?」

P「な、何でもないよ!いやぁ凛の弁当も週末も楽しみだなぁ!」

凛「ふふ、プロデューサー子どもみたいなんだから」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 01:23:22.66 ID:COuPDSmWo
これは凛ちゃん墜としにかかってますわぁ
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 01:27:41.02 ID:+fvyGmlDO
凛「はい、プロデューサー。約束のお弁当」

P「おお、まさか本当に作ってくれるとは…ありがとな、凛」

凛「お礼は食べてから聞かせてほしいな」

P「では早速…いただきます!」

P「…何だこれ滅茶苦茶美味いぞ!」

凛「ふふ、喜んでくれたなら作った甲斐はあったかな」

P「ああ!この玉子焼きなんてもはや芸術品だ!こんな美味い弁当を毎日食べられる凛の旦那は幸せものだな!」

凛「……鈍感」ボソ

P「ん?何か言ったか?」

凛「何でもないよ。そんなことよりプロデューサー、ご飯粒ついてるよ?」

P「マジ?どこについて…」

ペロッ

P「」

凛「ん、きれいに取れたよ」

P「…え?今、え?」

凛「…さて、それじゃあラジオ収録に行ってくるね」

P「え、ちょっと!凛!!」

凛「行ってきまーす」




P「…頬舐められた」

P「こんなこと続いたら俺どうなっちゃうんだろ…」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 01:37:49.72 ID:+fvyGmlDO
凛「ただいまー」

P「お、お疲れ凛」

凛「聞いてよプロデューサー、今日の私結構リスナーからも現場のスタッフさんからも好評だったんだよ」

P「おお、流石は凛だな」

凛「…それだけ?」

P「え?あーと…」

凛「頑張った女の子にすることあるよね?」

P「う、うーん…」

凛「……」

P(凛の沈黙が重い…)

P(ええい、こうなったら!)


P「流石はシンデレラガールだな」スッ

P「凛が頑張ってくれて俺も鼻が高いよ」ナデナデ

凛「!プロデューサーも分かってきたね」

P「あ、いやこんなので良いのか?」

凛「うん、今のところはね」ボソ

P(ひょっとして俺、凛に思った以上に好かれてるのかな?)

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 20:11:41.02 ID:+fvyGmlDO
P(そんな風にして週末がやってきた)

P(今日は凛と約束していたペットショップに行く日)

P「さて、そろそろ凛の家まで迎えに…」ピンポーン


P「ん?誰だよこれから出かけるって時に…」

P「はーい、今開けます」

P「え!凛!?」

凛「おはよ、プロデューサー」

P「あ、ああおはよう…ってそうじゃない!」

凛「ふーん、ここがプロデューサーの部屋か。ま、悪くないって感じかな」

P「あ、こら!勝手に入るなよ!」

凛「本棚は…へぇ、私の写真集もあるんだ」

P「そりゃあ俺はお前の担当だし…ってそういうことでもなくて!」

凛「あ、ポスターまで貼ってくれてるんだ……ちょっと恥ずかしいな」

P「あ…ご、ごめん。気になるようなら剥がすけど…」

凛「絶対駄目」

P「え?」

凛「剥がしたら駄目、プロデューサーはちゃんといつでも私を見てくれなきゃ駄目なんだから」

P「え…あ、はい……」

凛「うん、素直でよろしい」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 21:43:08.22 ID:+fvyGmlDO
P「で、どうして俺の家が分かったんだ?」

凛「ちひろさんに聞いたらすんなり教えてくれたよ」

P「あの人はまったく…凛も凛だよ、お前は有名人なんだから簡単に一人暮しの男の部屋になんか来ちゃ駄目だ」

凛「…迷惑だった?」

P「…正直に言えば、嬉しいよ」

凛「!」

P「でも凛の今後を考えたらこういうことは控えた方が良い。それは分かるだろ?」

凛「…プロデューサーだからだよ」ボソ

P「…で、こんな朝から来たってことは」

凛「朝御飯作ってあげようと思って…買い物も途中でしてきたし」

P「そっか…じゃあお願いできるか?正直凛の料理は美味いからな」

凛「ふふ…分かった、じゃあ腕によりをかけて作るね」

P「何か手伝えることあるか?」

凛「んー…特にない、かな」

P「分かった、台所の道具は好きに使っていいからな」

凛「ん、ありがと。じゃあ少しだけ待ってて」

P「ああ」

P「…これじゃあまるで通い妻だな」ボソ


凛「何か言ったー?」

P「!いや、別に…」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:05:34.22 ID:+fvyGmlDO
P「相変わらず凛の作る料理は美味いな」

凛「ふふ、いっぱい食べてくれたね」

P「これだけ美味いとつい、な」

凛「こっちとしても作った甲斐があったよ」

P「しかしまさか俺の部屋で料理作ってくれる女の子が凛になるなんてなぁ」

凛「……プロデューサーの家に入った女の子は私が初めてってこと?」

P「ん?まあそうなるな」

凛「そっか…ふふ、私が初めてなんだ」

P(…嬉しそうにしやがって)

P「さて、じゃあペットショップ行くか」

凛「……」

P「凛?」

凛「…プロデューサーはさ」

P「え?」

凛「プロデューサーは、私のこと…どう思ってるの?」

P「…凛は凛だよ、俺の自慢のアイドルさ」


凛「…プロデューサーはズルいよね」

P「え?」

凛「私は!」

P「」ビクッ

凛「私は…プロデューサーのことが好き」

P「……」

凛「それを踏まえてもう一回聞くよ?」

凛「プロデューサーは私のこと、どう思ってるの?」

P「……」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:06:57.61 ID:+fvyGmlDO




P「俺も凛のこと好きだよ…」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:14:26.59 ID:+fvyGmlDO
凛「…本当?」

P「…ああ」

凛「…それは恋愛的な意味で?」

P「…うん」

凛「…そっか、そうだったんだ」

P「…ああ」

凛「…いつから?」

P「…いつからだろうな、気づいたら凛に惚れてた…ってやっぱり何だか恥ずかしいな」

凛「…嬉しい、すごく嬉しいよプロデューサー」

P「…なぁ凛」

凛「…何?」

P「…抱き締めてもいいか?」

凛「…ふふ、こっちからお願いしたいくらいだよ」ギュッ

P「…」ギュッ

凛「嬉しいなぁ…シンデレラガールになったときと同じくらい…ううん、それ以上かも」

P「…俺も、今こうして凛と気持ちが通じあえて嬉しいよ」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:23:36.45 ID:+fvyGmlDO
凛「ねぇプロデューサー」

P「何だ?」

凛「私もっとアイドル頑張るね」

P「おう」

凛「それでね、いつかアイドルを辞める時が来たらさ、その時は…」

P「…うん」

凛「…私と結婚してくれる?」

P「…こっちからお願いしたいくらいだよ」

凛「ふふ、今日から私達恋人だね」

P「そうだな、頼りないかもしれないがよろしく頼むよ」

凛「こちらこそ、よろしくねPさん」

P「…!可愛すぎるだろお前」

凛「…今日はこのまま何処にも行かないでPさんと一緒にいたいな」

P「…俺も同じこと考えてた」

凛「そっか…ねぇPさん」

P「ん?」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:26:13.22 ID:+fvyGmlDO



凛「……キス、してもいい?」

P「……凛、愛してるよ」

凛「……私もだよ」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:30:23.56 ID:+fvyGmlDO
以上です。
幸子、まゆの次くらいに凛が好きです。
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:46:37.44 ID:+fvyGmlDO
ちなみに過去作です。
そちらもよろしければどうぞ。

・モバP「幸子に惚れてしまった」


・モバP「まゆに惚れてしまった」


・モバP「幸子に惚れてしまった」幸子「ふふーん!」




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/17(月) 22:48:36.94 ID:I4JydSGP0

安定のしぶかわ

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク