モバP「幸子に惚れてしまった」幸子「ふふーん!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 08:40:32.95 ID:Djr441cDO
のんびり書いていきます


関連スレ:

モバP「幸子に惚れてしまった」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415922032
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 08:45:13.84 ID:Djr441cDO
P「幸子はかわいい」

P「自分の担当アイドルということを抜きにしてもその魅力は俺の心を捕らえて離さない」

P「だがアイドルとプロデューサーという関係上、この想いはお互い仕事の枷になる」

P「だから俺が我慢すればいいと思っていたが…」
P「結局我慢できずに告白」

P「幸子も俺の想いを受け入れ2人は今付き合っている」

P「当然ながら世間的にはアウトなので周りには内緒なんだが…」

P「幸子が以前にも増してカワイイ」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 08:53:53.99 ID:Djr441cDO
幸子「おはようございます!今日もボクはカワイイですね!!」

P「おはよう、幸子」

幸子「あ……はい、おはようございます、プロデューサー、さん…」

P「…幸子」

幸子「は、はい?」

P「今日も幸子はカワイイなぁ」

幸子「っ~~」

幸子「と、当然ですよ!ボクはいつだってカ、カワイイに決まって、ます…」

P「……」

幸子「あ、その……えっと、ですね…」


P「幸子…」

幸子「…はい」

P「今は俺たちしかいないから…おいで」

幸子「ふぇっ!?」

P「……」

幸子「え、えっと、その…無言で手を広げられても困るというか、その…」

P「……」

幸子「…うぅ」



幸子「……はい」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 09:11:31.84 ID:Djr441cDO
P「…」ギュッ

幸子「ふわぁ…落ち着きます」ギュッ

P「…随分リラックスしてるな」

幸子「…好きな人の腕の中にいるんですよ、そんなの我慢できるわけないじゃないですか」

P「そうか…すまん、こういうの慣れてなくて」

幸子「…慣れてる方が複雑な気持ちになるので、許してあげます」

P「…幸子はこういうの経験あったりするのか?」

幸子「な!?何てことを聞くんですか!」

P「…少し気になるから」

幸子「…ボクだって初めてですよ」

P「…そっか、お互い初めて同士なんだな」

幸子「ふふーん、光栄に思ってくださいよ!このボクの初めてになれたことを」

P「…ああ、大事にするからな」

幸子「!……今そんなこと言うのは、ズルいですよ」
P「…」ギュッ

幸子「…プロデューサーさん」ギュッ

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 09:29:28.67 ID:Djr441cDO
P「…ほら、そろそろ人が来るから」

幸子「…もうちょっとだけこのままがいいです」

P「俺もそうしたいのは山々だが、こんなところ他の誰かに見られでもしたら大変だろ?だから…」

幸子「…ボクは見られても良いですよ?」

P「駄目だよ、な?幸子、また後でしてあげるから」

幸子「むぅ…仕方ないですね」

P「幸子は聞き分けが良くていい子だな」

幸子「…あんまりプロデューサーさんを困らせたくないし、それで嫌われたくないですから…」

P「…幸子は心配性だな」

幸子「な!?なんですかその言い方は!ボクはホントに心配して…」


P「幸子…」チュッ

幸子「…ん」チュッ


P「…俺が幸子を嫌いになることなんてないから」

幸子「…ズルいです、プロデューサーさん」

幸子「…こんなことされたら、ボクだってプロデューサーさんを嫌いになんてなれるわけ、ないじゃないですか…」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 09:53:43.52 ID:V32zHtqko
まさか続くとは……
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 10:16:00.36 ID:Djr441cDO
P「幸子の今日の予定はバラエティーの収録か」

幸子「そうですね」

P「大分バラエティーにも慣れてきたな、頑張って営業した甲斐があったよ」

幸子「最初は嫌だったんですけど、ボクはカワイイうえに完璧ですからね!今ではボクの一人舞台ですよ!!」

P「実際評判も良いしな、これなら幸子の冠番組も夢じゃないかもな」

幸子「本当ですか!?ふふーん、やっぱりボクたちは最強のコンビですね!」


P「そうだな…担当アイドルが幸子で本当に良かったよ」

幸子「!そ、そうですね…カワイイボクの魅力をもっと引き出せたのは、プロデューサーさんのおかげですからね…」

P「あれ?俺何かしたか?」

幸子「……ボクに恋する気持ちを教えてくれたじゃないですか」

P「…!まさか幸子からそんな言葉が聞けるなんて、な」

幸子「い、いいじゃないですか!……じ、事実なんですから…」

P「…ありがとな、幸子」

幸子「べ、別にお礼を言われるほどじゃ…」

P「幸子…」

幸子「あ…はい……」

P「幸子を好きになって良かったよ…」

幸子「…ボクも、ですよ」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 11:11:47.14 ID:Djr441cDO
P「お疲れ様、幸子」

幸子「あ、プロデューサーさん!見ててくれましたか?」

P「ああ、見てたよ。凄く輝いてたな」

幸子「当然ですね!やっぱりボクはカワイイので!!」

P「……」

幸子「…?」

P「幸子、ちょっと楽屋に来てくれ」

幸子「いいですけど…あの、どうかしたんですか?」

P「…幸子」ギュッ

幸子「え!?」

P「幸子ぉ…」ギュッ

幸子「ど、どうしたんですか!?そんな、いきなり、だ、抱きしめてくるなんて…」

P「…」

幸子「…何かあったんですか?」

P「……幸子が」

幸子「へ?」

P「幸子が…他の俳優に話しかけられてたろ」

幸子「え、まぁ…」

P「……」

幸子「…え?もしかしてプロデューサーさん」

P「…そうだよ、他の男と楽しそうに話すのを見て、俺…」



幸子「…ふふふ、プロデューサーさんはまったく仕方ないですね」ギュッ

P「……」ギュッ

幸子「…心配しなくても、ボクの一番はプロデューサーさんですから…」

P「ごめんな、みっともなく嫉妬しちゃって…」

幸子「…いいんです」

P「え?」

幸子「…プロデューサーさんがこんなにボクに甘えてくれるの、すごく嬉しいんですから…」

P「幸子…」

幸子「ふふーん!プロデューサーさんはもうボクなしじゃ生きていけませんね!」

P「…そうかもな」

幸子「…ボクも、プロデューサーさんとじゃなきゃダメなんですからね?」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 12:18:02.74 ID:Djr441cDO
P「さて、そろそろ昼だし…何処かに食べに行くか」

幸子「……」

P「幸子、一緒に飯でも…」

幸子「あ、あの!」

P「ん?」

幸子「あの、ですね…こ、これ」

P「…可愛らしい弁当箱だな」

幸子「え、えーとですね…あの、プロデューサーさんの分も作ってみた、んですけど…」

P「え、マジ!?」

幸子「…うまく出来たから、一緒に食べようと思って…」

P「ありがとう、幸子」ワシャワシャ

幸子「わわっ!もう…あんまり乱暴に撫でないでくださいよ!」

P「おっと…やりすぎたか?すまん」

幸子「え、あ、いや、その…嫌じゃなかったから良いですけど…」

P「…幸子はカワイイな」

幸子「!と、当然です!ボクがカワイイのは世界の真理ですからね!」

P「…今なら信じられるよ」

幸子「!…あぁ!もう!!」

P「ど、どうした?」

幸子「…プロデューサーさんが素直すぎて、ボク、ずっとドキドキしっぱなしなんですよ!」

P「え?あー…ごめん?」

幸子「…嬉しくてどう反応していいか自分でも分からないんですからね…」

P「お、おう…そっか」

幸子「は、はい…」

P「…」

幸子「…」

P「…弁当食べようか」

幸子「…はい、一緒に…」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 15:06:19.47 ID:Djr441cDO
P「こりゃあすごいな…」

幸子「ふふーん!もっと褒めても良いんですよ!」

P「予想してたより遥かに美味そうだ…正直何から手をつけようか困ってる」

幸子「そ、そんなにですか…ボクとしては作った甲斐があって嬉しいですけど…」


P「どれにしようかなぁ」

幸子「…プ、プロデューサーさん」

P「ん?」

幸子「そ、その…あーん」

P「さ、幸子!?」

幸子「は、早く食べてください!は、恥ずかしいんですから!」

P「あ、ああ…あーん」

幸子「ど、どうですか?」

P「美味いよ、味も俺好みだし…何より…」

幸子「?」

P「…幸子の愛情を感じるから、さ」

幸子「!?も、もう!恥ずかしいこと言わないでください!」

P「…いや、ほんとにそう思ったからさ」

幸子「……プロデューサーさんが喜んでくれるなら、毎日作りますよ」

P「え!?いや、そりゃあ嬉しいけど…大変だろ?無理しなくても……」

幸子「作るって決めたから良いんです!それに…」

P「?」

幸子「…好きな人に料理作るのって、何だか…ふ、夫婦みたいじゃないですか」

P「さ、幸子」

幸子「!ほ、ほら次はこれです!あーん!」

P「あ、うん…あーん」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 15:36:27.52 ID:Djr441cDO
P「ふぅ、お腹いっぱいだ」

幸子「ふふ、残さず食べてくれて嬉しいです」

P「ありがとな」

幸子「いえ、こちらこそ」

P「…そういえばさ」

幸子「何ですか?」

P「あの時だけだよな、幸子が俺の名前呼んでくれたの」

幸子「ふぇ!?」

P「もう呼んでくれないのか?」

幸子「え、えっとですね…」

P「……」

幸子「うー……だって」

P「?」

幸子「……名前で呼ぶのに慣れちゃったら、ボク絶対他の人の前でも『Pさん』って呼んじゃうと思うんです…」

P「それは…まぁ、うん」

幸子「それに…」

P「まだ何かあるのか?」

幸子「!や、やっぱり言えません!」

P「え!?何だよ気になるだろ、教えてくれ」

幸子「は、恥ずかしいから言いません!こればっかりはダメです!!」

P「…言ってくれないともうキスしないぞ」

幸子「!?」

P「………なーんて」

幸子「………決めてるからですよ」

P「え?」

幸子「っ!だから!名前でプロデューサーさんを呼ぶときは!アイドルを引退して結婚するときって決めてるからです!」

P「!さ、幸子…」

幸子「!あ、いや、その…」

P「幸子!」

幸子「え!んむ!?」

P「幸子、幸子!」

幸子「ぷはっ!ちょっ、プロ、んむっ!デューサーさ…」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 16:39:48.23 ID:Djr441cDO
P「はぁ、興奮しすぎた」

幸子「ふぁ…」

P「おーい、幸子戻ってこーい」

幸子「えへへ…」

P「くそ、カワイイな」

幸子「ふみゅ…」

P「…とりあえず事務所に戻ろう、うん」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 17:03:19.58 ID:Djr441cDO
P「さて、後はこの資料をまとめて今日は終わりだな」

幸子「うー…」

P「…悪かったよ、幸子」

幸子「べ、別に怒ってるわけじゃありません!ば、場所をわきまえてほしかっただけです!」

P「いや、それに関しては本当にすまなかった」

幸子「楽屋だからって何をしてもいいわけじゃないんですからね!?」

P「…うん、今度は2人きりになれるところで、な」

幸子「!そ、それって…」

P「…これやるよ」

幸子「え?これって…」

P「俺の部屋の鍵」

幸子「あわわわ…」

P「…幸子」

幸子「は、はい?」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 17:06:08.37 ID:Djr441cDO





P「さっきの続きはそこで、な」

幸子「Pさん…もう仕方ないですね」


幸子「ボクがカワイイから」

P「ああ、幸子はカワイイぞ」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 17:08:24.47 ID:Djr441cDO
以上です。
初SSの幸子後日談ということでとびきり甘いのを書いてみました…幸子カワイイよ、幸子。

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク