モバP「まゆに惚れてしまった」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:09:11.02 ID:Djr441cDO
のんびり書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415891351
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:11:20.72 ID:Djr441cDO
P「まゆは一途でかわいい」

P「自分の担当アイドルということを抜きにしてもその魅力は俺の心を捕らえて離さない」

P「だがアイドルとプロデューサーという関係上、この想いはお互い仕事の枷になる」

P「だから俺が我慢すればいいと思っていたが…」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:23:22.31 ID:Djr441cDO
まゆ「うふふ…Pさん」

P「どうしたまゆ?」

まゆ「最近のPさんはあまりまゆの方を向いてお話してくれなくなった気がするんですよぉ」

P「……」

まゆ「それだけじゃないんです…以前よりもまゆと一緒にいてくれる時間が短いです…」

P「…気のせいだ」

まゆ「嘘、ですよねぇ」
P「…っ」

まゆ「…まゆPさんに嫌われることしましたか?Pさんに嫌われたら、まゆ…」

P「そんなわけないだろう!!」

まゆ「」ビクッ

P「あ、いや…すまん」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:29:22.12 ID:Djr441cDO
P「とにかく俺はまゆを嫌っているわけじゃない」

まゆ「…でしたら」

P「最近はまゆもアイドルとして売れてきて、事務所全体も忙しくなってきているからな」

P「なかなかまゆにまで時間を回せなかった、それだけだよ」

まゆ「…本当ですかぁ?」

P「ああ…本当だ」

まゆ「本当なら!」

P「」ビクッ

まゆ「まゆの方を向いて喋ってください」

まゆ「まゆの目を見て」

まゆ「『まゆが嫌いじゃない』ってことを、まゆに信じさせてください」

P「……」

まゆ「……」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:35:10.03 ID:Djr441cDO
P「まゆ」

まゆ「…はい」

P「今日の仕事終わりって時間あるか?」

まゆ「え?」

P「その、なんだ…お前と久しぶりに食事でもどうかと思って」

まゆ「…うふふ、まゆはPさんのお誘いでしたらいつでも歓迎ですよぉ。Pさんがどうしてもと言うなら2人きりで…」

P「どうしても」

まゆ「Pさんのお家でゆっくり…って、え?」

P「俺はまゆと一緒に食事をしたい」

まゆ「…」

P「駄目か?」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:43:41.99 ID:Djr441cDO
まゆ「…Pさん」

P「ん?」

まゆ「Pさんのお誘いはすごく魅力的で、まゆは天にも昇るくらい嬉しいです」

P「…うん」

まゆ「…もしかして、他の誰かも誘ってるんですかぁ?」

P「いや、まゆだけだ」

まゆ「うふ、そうですかぁ…」

P「誰かと一緒がいいなら、今から誰か誘っても…」

まゆ「だめですよぉ」

P「え?」

まゆ「まゆはPさんと2人きりで食事したいです」

P「…分かったよ、ありがとなまゆ」

まゆ「うふふ、お礼を言うのはまゆの方ですよぉ…」

P「食事楽しみにしてるからな」

まゆ「はぁい…」



まゆ「…Pさんと2人きり、まゆとっても楽しみです」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 00:55:11.04 ID:Djr441cDO
P「よし、今日の仕事終わり」

P「時間に少し余裕が出来たからまゆを迎えに行くか」


まゆ「あれ?Pさん?」

P「お疲れさま、まゆ」

まゆ「予定だとまゆ一旦事務所に戻るはずでしたけど…」

P「仕事が早めに終わったからまゆを迎えに来たんだよ」

まゆ「そうですか…うふふ、まゆとっても嬉しいです。もしかしてまゆに早く会いたくてですかぁ?やっぱりPさんはまゆの運命の人…」

P「…あぁ、早くまゆに会いたかったからさ」

まゆ「あらぁ?」

P「ほら、行くぞ」

まゆ「Pさん、まゆの勘違いでなければ、今まゆと…」

P「まゆ」

まゆ「あ…はぁい」

P「外は寒いからな、手つないで行こうか」

まゆ「え?良いんですか?」

P「なんだよ、普段は隙あれば腕を組みにくるくせに」

まゆ「…それは、そうなんですけど……でも、今まではそんなこと…」

P「…無理にとは言わないけどさ、つないでくれると嬉しい」

まゆ「!」

まゆ「うふ、うふふ、Pさんたらしょうがないですねぇ。Pさんとまゆが手をつないで帰る機会がとうとうきたんですねぇ…今日は特別な記念日になりましたぁ」

P「…今日だけなのか?」

まゆ「!……Pさんが望むならまゆはいつだってOKですよぉ…うふふ」

P「ほら、行こう」

まゆ「…はぁい」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 01:09:01.37 ID:Djr441cDO
P「どうしたまゆ?」

まゆ「…えっと、まゆが言い出しておいてあれなんですけど、本当にPさんのお家にお邪魔して良いのかなぁと思いまして…」

P「…最近頑張ってるまゆへのご褒美だよ」

まゆ「そうですかぁ。なら遠慮なくお邪魔しますねぇ。うふ、Pさんのお家に行けるなんて、まゆ夢のようです」

P「おいおい、何か期待してるとこ悪いが本当にただの男の一人住まいだぞ?何も面白いものなんてないし」

まゆ「そんなことないですよぉ…Pさんのお家、ずっと気になってましたから。アイドルが男の家にあがるのをPさん嫌がっていたから、ちょっと意外だっただけで…」

P「…俺も自分で驚いてるよ」

まゆ「Pさんもですかぁ?」

P「!…ま、まぁ良いじゃないか!たまには、な!」

まゆ「…そうですねぇ、たまにだから良いってこともありますもんねぇ」

P「そうそう、だから今日は…」

まゆ「Pさん」

P「ど、どうした?」


まゆ「……また」

P「え?」

まゆ「また、今日みたいにまゆと一緒に…」

P「…ご飯ならたまに一緒に食べに行ったりもしてるだろう」

まゆ「うふ、そうじゃなくてですね」

P「なんだよ」

まゆ「…やっぱり何でもありません」

P「…まゆが望むならまた来ていいよ」

まゆ「本当ですかぁ!?」

P「それよりほら、そろそろ家に入ろうぜ!何だかんだでお腹も空いたしさ」

まゆ「うふふ…はぁい」



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 01:30:04.29 ID:Djr441cDO
まゆ「今日は寒いから鍋にしてみましたぁ」

P「おお、うまそうだな!」

まゆ「うふふ、Pさんの台所にちょうどよく土鍋があって良かったです。」

P「わざわざ料理作ってくれるなんて悪いなぁ、まゆも撮影で疲れてるのに…」

まゆ「いいんですよぉ、まゆはPさんに喜んでほしくてしてるので」


まゆ「あのぉ、1つ聞いてもいいですかぁ?」

P「ん?」

まゆ「Pさんは自宅にまゆ以外の誰かを入れたことはあるんですかぁ?」

P「いや、まゆが初めてだけど」

まゆ「そうなんですかぁ…」

P「?」

まゆ「Pさん…まゆはちょっぴり他の人に妬きもち妬いちゃうんですよぉ?」

P「…」

まゆ「できればまゆ以外の女性はPさんの家にですね、何と言いますか…」

P「…こういう風に家に呼んだのはまゆが初めてだし、まゆ以外の女性を家に上がらせる予定もないよ」

まゆ「!」

P「あ、いや、そのだな…」

まゆ「Pさん…」

P「えーと…」

まゆ「…うふ、うふふ」

P「ま、まゆ?」

まゆ「うふふ、Pさんの家を初めて訪問したのがまゆで、まゆすごく嬉しくて仕方ないんですよぉ。すぐ近くにこんなにPさんを想うまゆがいるんですから、他の女性なんて目に入らないのは当然ですよねぇ。」

P「…そうかもな」

まゆ「そうですよぉ。まゆは一途ですからねぇ、まゆの愛が大きすぎて他の女性が霞んで見えてしまっても仕方ないことですよぉ」

P「…まゆはカワイイからな」

まゆ「!…そうですよぉ。まゆはPさん一途ですからね。だから、その…」

P「…」

まゆ「…まゆ以外の人はPさんの家にあげちゃ…嫌、ですよ?」

P「…あぁ」

まゆ「うふ、分かってくれたみたいで嬉しいです」

P「…そろそろ具材に火が通ったころかな?腹減ってるから今日は沢山食べられそうだよ」

まゆ「うふ、具材は近くのスーパーで沢山買いましたしね、今日はまゆも機嫌がいいので沢山食べられそうです」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 01:36:50.84 ID:Djr441cDO
まゆ「ふぅ、結構お腹もいっぱいになりましたねぇ」

P「だな、結構長い時間食べてた筈だが何だか短く感じたな」

まゆ「うふふ、それはやっぱりまゆとPさんの相性がばっちりだからですよぉ。まゆと一緒にいられる時間は貴重ですからねぇ。楽しい時間はあっという間に感じるもの、と言いますし」

P「…まゆは俺と一緒にいて楽しいと思ってくれたのか?」

まゆ「…うふ、そんなの聞かなくても分かるじゃないですかぁ」

P「…教えてくれると嬉しいんだけどな」

まゆ「!!」

P「…すまん何でもない」

まゆ「…すごく楽しかったですよぉ」

P「!」

まゆ「……ずっと、Pさんと一緒のこの時間が続けば良いのにって思うくらい、すごく楽しかったです」

P「…ありがとな」

まゆ「うふ…それでPさんは」

P「俺も」

まゆ「!」

P「俺も…久しぶりにまゆと一緒に長い時間過ごせて楽しかったよ」

まゆ「……はぁい」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 01:47:01.29 ID:Djr441cDO
P「さて、結構遅くなっちゃったな。家まで送っていくよ」

まゆ「……」

P「まゆ?」

まゆ「Pさんは…」

P「え?」

まゆ「…Pさんは、あの…」

P「…」

まゆ「まゆのこと……」

P「…まゆはさ」

まゆ「はい?」

P「今アイドルやってて楽しいか?」

まゆ「そうですねぇ、楽しいです。Pさんと二人三脚で頑張ってきたことが世間から認められるんですよぉ…活動もっと頑張ろうって思っちゃいます」

P「うん、そうだな色々あったよな…」

まゆ「…どうしたんですかぉ?今日のPさんは何て言いますか…」

P「ん?」

まゆ「…何だかうまく言えませんが、いつもと違うっていうか…」

P「うん」

まゆ「…いつもよりまゆに優しいっていうか」

P「…」

まゆ「…」

P「……今日さ」

まゆ「はい?」

P「まゆが言ってただろ、『最近のPさんはあまりまゆの話に真剣に応えてくれなくなった気がする』って」

まゆ「……はい」

P「その時俺はさ、まゆがアイドルとして波にのってきて忙しくなったから、まゆとの時間が取れなくなったって言ったよな」

まゆ「…そうでしたね」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 01:54:46.53 ID:Djr441cDO
P「ごめん、嘘なんだ」

まゆ「え!?」

P「あ!いや、勘違いするなよ!?まゆが嫌いになったって訳じゃなくてだな…」

まゆ「だったら!どういうことですか!!わざと距離を取るなんて、まゆが嫌いじゃなきゃ…!」

P「違う!まゆを嫌いになんてなる筈ない!まゆは俺にとって大事な…!」

まゆ「大事ななんですかぉ!アイドルですか!?アイドルだから、まゆがアイドルだから…!」

P「っ!」

まゆ「今日みたいに、Pさんと過ごした楽しいことも、まゆがアイドルだから、アイドルのご機嫌取りもPさんはしなきゃいけないから…!」

P「…まゆ聞いてくれ」

まゆ「Pさんは、そうやって…」

P「まゆ!」

まゆ「やっぱりまゆとPさんの間には運命なんて…って、え?」

P「まゆ…!」

まゆ「え?え?ど、どうしてまゆ、Pさんに、抱きしめられて…」

P「まゆ…」

まゆ「…ズルいですよぉ、Pさん。こうやって抱きしめられちゃったら、まゆ悲しいのに…」

P「……」

まゆ「期待だけさせておいて、こんな、こんなこと、されたら、まゆは、まゆは…ぐすっ」

P「……まゆ、最後まで落ち着いて聞いてほしい」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 01:56:09.22 ID:Djr441cDO





P「俺はまゆに惚れてるんだ」




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 02:06:13.23 ID:Djr441cDO
まゆ「…え?」

P「…俺はまゆに惚れてる、アイドルとしてのまゆも、普段の佐久間まゆとしてのまゆも」

まゆ「う、嘘…ホントにまゆのことが?」

P「…今こうして抱きしめてるのを嘘にしたいのか?」

まゆ「ち、違います!Pさんの気持ちが聞けて凄く嬉しいです!ただ…じゃあ、どうして…」

P「…まゆ、俺たちはアイドルとプロデューサーだ」

まゆ「…はい」

P「…本当はこんなことするんじゃないことも分かってる」

まゆ「…」

P「でも、それでも」

P「まゆを好きな自分を抑えきれなくなったんだ」

まゆ「!」

P「…だから距離をおこう、お互いのためにって思って…」

まゆ「…Pさんは女の子を泣かせる才能があるんですねぇ」

P「…すまん」

まゆ「…まゆも」

P「え?」

まゆ「まゆも…Pさんのこと……大好きですよぉ」

P「まゆ…」

まゆ「…Pさんがこんなにも近くにいて、お互いの気持ちも一緒だって知っちゃったら、もうまゆ…気持ちを抑えるの、無理、ですよぉ」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 02:19:54.87 ID:Djr441cDO
まゆ「Pさん」

P「なんだ?まゆ」

まゆ「もっと、強く抱きしめてください…」

P「…」ギュー

まゆ「…」ギュー

P「まゆ…」

まゆ「…何ですかぁ?」

P「愛してるよ…」

まゆ「うふ、うふふふ。やっぱり、まゆとPさんの間には運命がありましたねぇ」

P「…まゆにはさ、アイドルとして成功した後に、俺とずっと一緒に生きて欲しいと思ってるんだ…」

まゆ「うふ……もちろんまゆも同じ気持ちですよぉ。お互いに死が二人を別つまで…いえ、死んでからもまゆとPさんは一緒ですよぉ」

P「…そうだな」

まゆ「ずっと、ずっとPさんだけを見つめ続けてきました」

P「…うん」

まゆ「アイドルとしてスカウトしてくれる前から、まゆたちは運命の赤い糸で繋がっていたんですねぇ」

P「…そうかもな」

まゆ「…まゆ嫉妬深いんですよぉ?事務所のアイドルやPさんに近づく女性のことを…でもPさんが選んでくれるのはまゆだって分かってましたから」

P「…」

まゆ「…まゆをこんな風にした責任ちゃんと取ってくださいねぇ」

P「…ああ、まゆが俺に一途なように俺もまゆにぞっこんだよ、まゆ」

まゆ「……なら」

P「…分かってる、目閉じてくれるか?」

まゆ「はい…」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 02:23:13.64 ID:Djr441cDO



P「まゆ、アイドル引退してもずっと俺の側にいてくれ。お前がいなきゃ俺はもうダメなくらいまゆを愛してるよ」


まゆ「Pさん、ずっとずっとまゆと一緒にいてまゆだけを愛し続けてください」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 02:24:28.94 ID:Djr441cDO
以上です。
SS二回目が前作の焼き直しになるとは…まゆは一途カワイイから仕方ないですよね。
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 02:28:20.62 ID:Djr441cDO
一応前作はこれになります

モバP「幸子に惚れてしまった」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 02:27:01.72 ID:Pii7BLglO
大事ななんですかぉ!で吹いた
ままゆかわいい乙
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 06:07:58.55 ID:dfN4rw/DO
まゆと幸子は似てるからね、焼き直しでも問題ないね
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/14(金) 07:25:38.83 ID:b0guPnd1O
あと200人はこの流れで行けるな

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク