八幡「由比ヶ浜のクッキーは世界一ィィィィ!!!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 23:19:25.66 ID:bp0JpszAO
八幡「由比ヶ浜からまたクッキーもらったけど…」

八幡「これ、本当に食える…のか?」

クッキー「………」パキパキン

八幡「今回は木炭クッキーじゃねえけど…これはこれでおかしいだろ?学園都市第2位が作り出した未元物質じゃねえだろうな…」


少し前

結衣『ヒッキー、ゆきのんこれあげる!』

雪乃『ゆ、由比ヶ浜さん…な、なにかしら………これ』

八幡『…少なくとも食べ物には見えねえな愉快なオブジェか?』

結衣『違うよ!クッキーだし!ヒッキーまじキモイ!』

八幡『なんでだよ…』

結衣『ねえ、二人とも早く食べてみて♪』

『『!?』』

八幡(こいつ…正気か……これトリコに出たニトロチェリーみてえじゃねえか!こんなのダイナマイトを体内にいれるようなもんじゃねえか!)


八幡「とりあえず…あの場は家で食べるといって難を逃れたが………マジどうするんだよ…これ」

八幡「さすがに捨てるのはクズすぎんだろうし…」

モブ「ヒキタニ…」

八幡(誰だよヒキタニって俺は比企谷だよ
なら俺じゃねえな)

モブ「無視すんじゃねえよ!」

八幡(やっぱ俺でした…っていうか誰だよこのモブ知らねえ」

モブ「てめえ!よくもやりやがったな!」

八幡「はっ?」

モブ「おまえのせいで相模さんふられちまったじゃねえか!」

八幡「なにいってんだおまえ?相模とは今年一度も会話してねえのになんで俺のせいなんだよ?」

モブ「とぼけんな!俺が相模さんに振られたのはおまえが文化祭で相模さんを傷つけたせいだ!そのせいで相模さんは心を傷め、俺の告白を断ったんだ、そうだ!そうに決まっている!」

八幡(こいつぁ…マジやべえ…頭の思考回路がキチガイすぎ…あの文化祭で多くの奴に嫌われているのは知ってはいたが…こんな逆恨みまでされてるとは思わんかった)

モブ「おまえのせいで俺は…ぜってえ許さねー!!」

八幡「いやいや、俺全然関係ないじゃん!あいつは葉山に気があったんじゃねえの?」

モブ「うるさいうるさいうるさい!お前が全て悪い!そうに決まっている!」

八幡「………」

八幡(だめだこいつ…はやくなんとかしないと…
こいつ女に騙されるタイプじゃね、あとお前みたいな男がシャナの真似するな…マジキモイから)ヒクッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466259565
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 23:22:20.07 ID:bp0JpszAO
モブ「てめえだけはぜってえ許さねえ!ぶっ殺してやる!!」チャキ

八幡「えっ、ちょっとまてよ!」ジリジリ

八幡(こいつ光りもん出しやがった!マジで俺を殺す気かよ!ただのナイフなのにグラディウスかバリアントナイフに見えてきた…怖いよ~八幡チビちゃいそう~)

モブ「まっていてください相模さん…あなたの心を苦しめる元凶は俺がデスちゃいます」

八幡「お、落ち着け!れれれ冷静になれ!」

八幡(クソっ!なんで誰もいねんだよ!俺、テトラカーン使えねえよ!物理攻撃跳ね返せねえよ!)

モブ「死ねええええ!!!」

八幡「や、やめろ!!」

八幡(こいつめちゃくちゃはえー!!避けきれねえ小町戸塚すまん……俺はここまでのようだ…)









ガキィィィィーン

「「えっ?」」

モブ「なぜだ!なぜ死なねえー!!俺のナイフは奴の心臓にクリティカルヒットしたはずだ!!」

八幡「お、俺は生きているのか…」

八幡(俺はもう死を覚悟していた…だがあいつのナイフは俺の胸を刺したとたんパキンと折れたのだ………何がどうなって…んっ、胸?)

八幡「これか!?」

八幡(由比ヶ浜のクッキー…めちゃくちゃ固かったからポケットに入れるとスマホを傷つきそうだったから胸ポケットに入れていたんだった…
オリハルコン並の硬さだと思っていたけどマジかよ!由比ヶ浜すげー!どうやったらクッキーをこんな金属?に変えれるんだよ!マジぱねえわ~)

八幡「ともあれこれほど由比ヶ浜の料理が下手でよかったと思ったことはない助かった…」

八幡(あいつのおかげで死なずにすんだ。由比ヶ浜…八幡的にめちゃくちゃポイント高い!高いぞ!
昔の俺だったら由比ヶ浜に告白してたわ…マジ女神…あ、最初からおっぱいは女神級だったな)

モブ「くそー!この不良品がぁ!こいつ殺すため五万も出したのに…」

八幡(こいつ、俺殺すために五万も出したのかよ…最初から殺す気満々じゃねえか…このままじゃやばい逃げよう)ササッ

モブ「おっと逃がすわけねえだろ~ヒィィィキタニくぅぅぅぅん!!刺し殺せないなら絞め殺すか撲殺してやんぜえ!!!」ヒュ

八幡「なんだこいつ速すぎだろ!」

モブ「くくく…」

八幡「くっそ!」

八幡(俺はこのまま殺されるのか…)

「貴様の相手は俺だ」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 23:28:49.47 ID:bp0JpszAO
モブ「だれだ!」

八幡「お、お前は…」

「ふん…」
八幡「ざ、材木座!」

材木座「貴様ごときに八幡はやらせん」

モブ「なんだてめーは!邪魔する気か?ああん!こんなクズを庇っても何の特にもならねえぜ!」

材木座「実に不愉快だ」

モブ「なに?」

材木座「おまえみたいなカスが俺の相棒を愚弄するとはなあ」

モブ「てめえ…絶対殺してやる。元々口封じのため殺すつもりだったが」
材木座「死ぬのはおまえだ」
八幡「よせ材木座!こいつは普通じゃねえ!俺の事は気にせずカッコつけないで早く逃げろ!」

材木座「逃げる?こんなクズ相手に逃げる必要などない」
モブ「楽に死ねると思うなよ…ジワジワといたぶって殺してやる!」

材木座「御託はいい、来い」

モブ「シャアアア!!!」
八幡「材木座!!」

材木座「フン」ドゴ

モブ「うぼあああああ!!!!」

材木座「邪眼の力をなめるなよ!」

材木座「………」┣¨┣¨┣¨┣¨
モブ「げはっ!ごほ!」

材木座「貴様の力はこの程度か?話にならんな」

モブ「ギィ!!」
材木座「遅い…」

八幡「ウ、ウソだろ…これがあの材木座かめっちゃめちゃ強いじゃねえか!速すぎて攻撃が全く見えない」

材木座「話にならんな」フィ

モブ「お、おのれ…貴様よくも…よくも!」

八幡(おい材木座いくらなんでもそんな背中見せたらあぶねえだろ…)

モブ「うおおー!!!」

八幡「材木座!!」
ザシュー

八幡(隠し持っていた別のナイフで材木座を切り裂きやがった…)

八幡「くっそ!俺がもっと早く叫んでいれば…」
モブ「はは…やった」



材木座「残像だ」

モブ「はい?」

材木座「死ね」

モブ「へぎゃ!!」グシャ
八幡「材木座無事か!?」

材木座「ああ」
八幡「まさかおまえに助けられるとは思ってなかったわ…マジ助かったありがとうな材木座」
材木座「たやすいことだ」

八幡「材木座…なんかいつもと雰囲気違うな…それにおまえそんなに強かったのか?」

材木座「中の人繋がりだ」

八幡「はっ?」
材木座「なんでもない」

八幡「今日は本当に助かった。材木座ほんとありがとう…今度小説持って来いよ、感想とかもっというから」
材木座「貴様にしては随分素直だな。どうした?いつものひぬくれた受け答えは?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 23:35:04.92 ID:bp0JpszAO
八幡「う、うるせえ…命を救ってくれた奴につべこべいうほど俺はひねくれてねえよ、いい加減いつもの口調に戻れよ」

八幡(こいつのおかげで戸塚、小町の二人の天使と離れないですんだからな…まだ俺はザナルカンド行きたくねえよ…それと由比ヶ浜クッキーありがとな…うっかり惚れちまうかもしれん)

材木座「おい八幡、このクズどうする」

モブ「………」気絶中

八幡「あっ、生きてんだ」

材木座「当たり前だ。俺ガイルSSで誰が死ぬんだ」

八幡「メタ発言は禁止ィィィ!!!!!」


そして月日は流れた…
雪ノ下建設は超強力耐震性の備わった謎の素材を使った物件を次々と生み出し、世界中に名を知られるほどに日本を代表する大企業へと一気に成長した
もちろん耐震性だけでなく洪水や火災も99%防ぐのだ
たとえタイタンの必殺技大地の怒りでもビクともしない
この未知の素材は雪ノ下建設にしか造れないのだ
どう生み出すのかわかっていない
特許ももちろんとってある
世界中の偉い人や大金持ちはより安全に過ごすため雪ノ下建設に家を作ってもらったりもしている

そのころ八幡や由比ヶ浜は

結衣「ハッチー遊ぼう♪」

八幡「おいおい結衣、そのレトロゲームどこから出した?」

結衣「義父さんのとこにあったよ」

八幡「まだ使えるのかそれ」

結衣「う~んわかんないでもきっとおもしろいよハッチー早く早く」

八幡「わかったわかった、ちいとゆまの食事の準備してからな」

なんと結婚していた
あの殺人未遂以来八幡は結衣への好感度が上昇し、そして卒業式の時結衣に告白され付き合うことになった
実はあの雪ノ下建設の素材は結衣のクッキーなのだ
しかもただのクッキーを作るだけの材料とそこらへんに売ってる食べ物だけで作れるので低コストだ。だがこの世で作り出せるのは結衣ただ一人
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 23:44:49.76 ID:bp0JpszAO
どんな優れた職人でも造れない、結衣は建設業界では天才と呼ばれている
料理の腕は最低ランクだがどうやら錬金術?の腕はものすごい天才だったようだ
これによって十分すぎるほど大金が比企谷夫婦に毎月振り込まれるので二人とも働かないで暮らせるのだ
何の不自由がない幸せな日々を過ごしている
八幡は夢であった専業主婦が叶ってものすごく満足している様子
結衣が家事いうまでもなくしないというよりできないから八幡が家事をして大助りだ
いい生活しているので食事もかなり質のいいものだ
豚バラやロースと違ってヒレとか赤身が多く余分な脂肪分が余りない
運動不足であるが栄養は胸に送られているらしく結衣のおっぱいはFからGにパワーアップ
しかも形も良く張りがあって柔らかく感度もかなり良く乳首もピンク色で肌触りもいい
夜の営みでも大活躍で八幡も大満足だ

ピンポーン

結衣「はあーい!あっ、ゆきのん!」

雪乃「遊びに来たわ」

八幡「おまえまた来たのか?」

雪乃「ええ、とても暇なのよ…」

八幡と結衣はクッキーを使わせる条件に雪ノ下母に雪乃と陽乃に人生を自由に生きる権利を与えろといったのだ
それによって家の呪縛から解放されたのだ

結衣「そうだゆきのんもゲームで遊ぼうよ!ちょうどハッチーとやろうとしてたんだ!」

雪乃「なるほど勝負ね、望むところよ!」


雪乃「私はこの強そうなキャラにするわ」ザンギエフ

結衣「ゆきのんザンギエフなんだ!じゃあ、アタシはこれ」ベガ

八幡「おい結衣まさか…」


ラウンドワンファイ!

ベガ【サイコクラシャー】ズオオ

ザンギエフ【ガード】ガガガ

ベガ【投げ】ヒョイ

ズタン

ベガ【サイコクラシャー】
ザンギエフ【ガード】
ベガ【投げ】
ベガ【サイコクラシャー】
ザンギエフ【ガード】
ベガ【投げ】

雪乃「くっ!ならこれなら」

ベガ【サイコクラシャー】ズオオ

ザンギエフ【ダブルラリアット】ブン

ダン
お互いダメージ、だがベガのダメージは中程度

八幡(あ、やっぱりこうなったか…雪ノ下に勝ち目ねえな…)

その後もサイコクラシャー投げ連発で結衣の勝ち

雪乃「くっ、全く相手の体力を減らすなかったわ…」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 23:52:07.27 ID:bp0JpszAO
結衣「あはは…」

八幡「おい、結衣さっきのハメ技だろ。しかも飛び道具使えないザンギエフにやるなんて」ヒソヒソ

結衣「アタシってずるい子だから…」

八幡「気にすんな…とっくに知ってる」ナデナデ

結衣「エヘヘ」(≧∇≦)

雪乃「相変わらず仲がいいわねあなたたち…」フゥ~

結衣「うん♪アタシ、ハッチー大好きだもん!ね♪」

八幡「おう」

雪乃「フフ…あなたたちが付き合い出した大学一年の頃はお互い照れてばかりいたのが嘘みたいね」

結衣「ゆきのんも結婚すればわかるよ」

八幡「それある~」

雪乃「なかなかいい相手がいないのよね…」

結衣「隼人くんは?」

雪乃「ありえないわね。なんでわざわざ嫌な相手と結婚しなければならないのかしら?」

八幡「こら結衣、雪ノ下があいつを嫌っているのは高校時代からわかっていたことだろう」

結衣「そ、そういえばそうだった…ゴメンゆきのん失言だったよ…」

雪乃「!?」

雪乃「………お、驚いたわ…まさか結衣さんが失言なんて言葉を使うなんて…」

結衣「ゆきのんバカにし過ぎだから」プク~

八幡「ワシが育てた」

雪乃「やるわね比企谷くん、あなた教育者にむいているんじゃないかしら?」

八幡「ふん…俺は専業主婦以外なるつもりはない!それにこれは俺の教え方がいい悪いとかではない」

結衣「愛の力だよ」

雪乃「愛の力…」

八幡(恥ずかしい言い方するな)

八幡「まあ大学時代いろいろあってな…その」

結衣「ハッチーひどいんだよ!ちゃんと大学で単位とれるよう勉強しないとお預けするぞっと、イジワルするんだよ」

雪乃「比企谷くんあなた…」

八幡「いや、まだあの頃こいつの成績シャレにならなかったし、あまり甘えさせるとこいつ求めて来て勉強に全くしないからだっつの」

結衣「う、うう…だって」

雪乃「あなたは平気だったのかしら?」

八幡「俺は理性の化物だからな」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 11:22:14.47 ID:GUCyWMHAO
雪乃(そういえばこの男の初めての相手は姉さんだったわね…)

雪乃(たしか姉さんの話によれば自由を与えてくれた比企谷くんへのお礼だっといって強引にラブホに引きずり込んだとかなんとか…)

雪乃(まあ由比ヶ浜さんと付き合う前だから浮気でもなんでもないし、何も問題ないのだけれど…)

結衣「ほんとハッチーは我慢強いんだから、浮気の心配が全くないよ」

八幡「クク…俺は誇り高い専業主婦だ!浮気などという愚行は犯さん。こんなかわいい嫁と娘たちと優雅な生活しといて浮気したら人間のクズじゃねえか」

結衣「ハッチーって子供達の用事でしか外に行かないからね買い物もほとんどネットスーパーだし」

八幡「別に何も問題ないだろ」

結衣「そだね、アタシはハッチーといられるだけで十分幸せだし」

雪乃「ほんとリア充ね」

結衣「あっ、そうだじゃあ中二…じゃなかった材木座くんはどう?」

雪乃「比企谷くんの命の恩人ね…葉山くんと比べたらはるかにマシね…でも普段の姿見てると男女の関係になりたいとは思わないわね」

結衣「そっか…」

八幡「あの時の材木座まじ強かったよな…普段とはまるで別人だったぜ…」

結衣「じゃあさいちゃんは」

八幡「!?」

雪乃「戸塚くんね……そうね今まで出会った男たちの中ではかなりまともでマイナスイメージもないわ
でも今のところ恋愛感情は抱いてないわね」

結衣「さすがさいちゃんだね!ゆきのんがバッサリ切り捨てないなんて」

八幡「ああ、当然だ戸塚は天使だもんな」

結衣「結婚しても結局ハッチーのさいちゃん好きは治らなかったね」

八幡「ああ、マックスコーヒー愛や小町愛もな」ドヤッ

結衣「まあそれだけ愛情深いってことはアタシが一番知ってるから」

雪乃「結衣さんさっきのリベンジよ」


エドモンダ本田『フンフンフン!』

雪乃「くっ、反撃できないわ…」

八幡「初心者相手に画面隅の追い込んで百列張り手しながら接近すんなよ」

結衣「ごめん…アタシってずるい子だから」




おしまい
八陽好きだけど誕生日なんで初めて八結かきました
以前から使いたかったストⅡネタやっと使えた
ガイル「ソニックブーム!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 12:58:04.57 ID:Xt5JX640O
やはり俺の対戦格闘は待ちガイル
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 02:07:53.35 ID:sFmTwbCE0
物騒な世の中だし護身用にクッキーくらい作れるようにするかな

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク