武内P「私の趣味、ですか?」

2: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:23:25.71 ID:DpsQWUiY0
ーーとある休日ーー

みく「~~♪」スタスタ

みく「ん、あれはPちゃん? ホビーショップの前で何してるにゃ? 」

武内P「……」キョロキョロ


みく「長いカバンを背負ってる……楽器?」

みく「は、入っていったにゃ……」


ーー

みく「てな事があったにゃ!」

李衣菜「プロデューサーってギター弾くの!?」

杏「でもホビーショップに入って行ったんでしょ? なんでギター持ってたの?」

未央「うーん……」

卯月「そういえば、プロデューサーさんのプライベートの事って誰も知りませんよね…」

みく「直接聞いてみたけどなんだかはぐらかされたにゃ」

未央「ねぇ! 今度の休日プロデューサーの事尾行してみようよ!」

みく「賛成にゃ! Pちゃんが普段何をしているのか、暴いてやるにゃ!」

卯月「さ、流石にやめたほうが良いんじゃ……(で、でも凄く気になる…)」

李衣菜「大丈夫だって!」

杏「杏は面倒くさいからパス~」グテ
3: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:25:00.26 ID:DpsQWUiY0
ーー次の休日ーー


みく「前回はあのホビーショップの前で見たにゃ」

未央「ふむ、看板にはプラモデルにトイガン、ラジコンって書いてあるよ」

卯月「これがプロデューサーさんの趣味なんですかね……とても意外です」

李衣菜「プロデューサーってなかなかロックだね」

みく「ん? あっ来た! 皆隠れるにゃ!」コソ


武内P「……ん?」

武内P「植込みから飛び出ているあの猫耳は……」スタスタ

一同「ギクッ」

武内P「み、皆さん、こんな所で何をなさっているのですか……?」

未央「わっ、バレた!」

卯月「いや、え~っとですね? そ、そのぅ」

李衣菜「もう! みくのせいでばれたじゃんか!」

みく「ぐぬぬ、こうなったら……隙有りにゃッ!」ガシッ

武内P「ま、前川さん!? カバンを返してください!!」

みく「どれどれ中身は………ッ!?!?」ポロッ ゴトン

李衣菜「? どうし……げッ!?!!?」

卯月「」

未央「ラ、ライフル……?!?」

武内P「ち、違うんです皆さん!! これは誤解でs」

李衣菜「ヒッ! 殺される……ッ」キュウ

みく「」

卯月「」

未央「」

李衣菜「」

凛「ん? あそこにいるのは……」スタスタ

M4A1を持った武内P「(困った……)」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

みく「」
卯月「」
李衣菜「」
未央「」


凛「」


ーーー
ーー
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 22:26:45.89 ID:iMsQgZtko
完璧に事案。
6: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:28:17.11 ID:ATdcMGVi0
ーー近くの喫茶店ーー

武内P「……と、言うわけなんです」

凛「つまり、プロデューサーはサバイバルゲームが趣味で、あのホビーショップのインドアフィールドで開かれる定例会に参加しようとしていた、と」

武内P「……はい。驚かせてしまい申し訳ありませんでした……」

未央「な、なぁんだ、玩具だったのかぁ。 アッハッハッハッ……」

みく「消されると思ったにゃ……」

李衣菜「なかなかロックだったね……うん」

卯月「あ、あは、あはは……はははは……」ポロポロ
凛「全く、人騒がせな話だよね」

みく「あれ? ところでしぶにゃんはどうしてあそこに居たの?」

凛「ああ、暇だったから適当にぶらぶらしてたんだけど」

李衣菜「それにしても意外ですね! プロデューサーがサバゲーやってたなんて」

武内P「あ、えぇ…まぁ。 トイガンとは言え銃の形をしていますから、危険ですしアイドルの皆さんには黙っていたのですが……」クビサワサワ

未央「意外っていうか寧ろしっくりハマっていたよね」

卯月「はい、ライフルを持ったプロデューサーさん、殺人級のインパクトがありました……」

みく「実際に何人か殺ってそうな雰囲気だったにゃ」

卯月「ところでサバイバルゲームってなんなんですか?」

李衣菜「玩具の銃を使って撃ち合うロックな遊びで、スポーツみたいな物だよ」

卯月「へぇ〜」

未央「さて、謎が解けたところで皆はこの後どうするの?」

卯月「うーん、私はこの後特に用事ないし……」

凛「私はもともと暇だったから」

みく「みくも今日は仕事OFFにゃ」

李衣菜「私も」

未央「じゃあさ! 皆でプロデューサーのサバゲーを見学しに行こうよ!!」

武内P「えっ」

李衣菜「いいね!」

武内P「い、いやしかs」

卯月「す、少し怖いけど…私もサバイバルゲームに興味があります!」

凛「まだ定例会は始まってないんでしょ? 見に行ってもいいよね?」

みく「そうと決まれば早速行くにゃ!」

武内P「……」クビサワサワ

ーーーー


某ホビーショップ


未央・みく・李衣菜「「「わあ〜〜っ!!」」」

未央「鉄砲がいっぱい有るよ!!」

みく「壁にいっぱい掛かってて……まるでアメリカの銃砲店にゃ」

李衣菜「ラジコンもたくさん有るんだ……」

武内P「どうも、こんにちは」

おじさん「おおう、らっしゃい! 今日も闘いに……おや? こんな可愛らしいお嬢さんたちを連れてきてどうしたんだい?」

武内P「少し事情がありまして…事務所のアイドル達です」

一同「こんにちはっ!!」

7: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:30:10.62 ID:ATdcMGVi0
おじさん「おう! こんにちは!」

武内P「紹介します。 この店のガンスミス、バリーさんです」

みく「ばりー? 外国人?」

武内P「ニックネームの様なものですよ」

武内P「バリーさん、申し訳ありませんが今日は彼女たちを見学させてくれませんか」

おじさん「おういいぞ。セーフティゾーンでな」

武内P「皆さんこちらです」

ーー

米兵1「お? おいっ、コマンドーが来たぞ!」

米兵2「まじかよ」

SWAT1「おいおい、お手柔らかに頼むぜ旦那」

凛「コマンドー??」

武内P「……私のここでのニックネームです」

卯月「すごい、皆さん兵隊さんみたいな格好をしてますね!」

李衣菜「これがフィールド……廃虚みたい」

凛「思ったより広いんだね」

武内P「すみませんが、あちらで少々お待ちください。準備してきますので…」
9: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:32:15.13 ID:ATdcMGVi0
ーー数分後ーー

武内P「皆さん、お待たせいたしました」\デェェェェン/

卯月「うひゃ!??」

李衣菜「す、凄い……」

凛「なにこの筋肉お化け」

みく「ガチ装備にゃ」

武内P「……お恥ずかしいです」

卯月「ぷ、プロデューサーさんって物凄く体つきが良いんですね! ///」

武内P「プロデューサーとして……皆さんをお守りする為に鍛えてましたから」

みく「プロデューサーってなんだっけ」

<そろそろ始めまーす

武内P「それでは、行って参ります」
11: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:35:23.25 ID:ATdcMGVi0
ーーモニターで観戦ーー

未央「お、始まった始まった!」

みく「みんな走ってってるにゃ」


シュタタタタタパパンパパン


李衣菜「結構凄いんだなぁ」

卯月「あれ! プロデューサーさんじゃないですか?」

凛「通路に入ってったね」


武内「……」ガガガッ!!ガガガッ!!ヒット ヒットォ ヒットダ!


李衣菜「うわ、瞬く間に三人仕留めた…」

凛「あいつ顔がヤバイよ顔が」
12: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:36:42.01 ID:ATdcMGVi0
武内P「」ピタッ


未央「動きが止まった……?」


武内P「(足音……曲がり角から二人来る……!)」チャキ

SWAT1「」バッ
SWAT2「」バッ

武内P「」バシュバシュッ!

<うわっヒットォ!



凛「い、今の見た……?」

みく「相手が顔を出した瞬間に撃ち抜いたにゃ……」

李衣菜「素人目でも凄いのが分かる……」

卯月「か、かっこいい///」ドキドキ

未央「えっ」
14: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:39:43.76 ID:ATdcMGVi0
ーー終盤ーー

シュタタタタタ パパン


未央「だいぶ人数も減ってきたね」

凛「うん。そう言えばさっきからプロデューサーの姿が見えないんだけど……」

みく「もしかしてやられたのかにゃ?」

李衣菜「でもあの目つきに身体つきだよ? そう簡単にやられる様な……た、まじゃ……」

卯月「えっ」

みく「うわぁ…」


武内P「」ぬっ


未央「天井のパイプにしがみついて隠れてたの!?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 22:39:57.08 ID:PGvuhFSUo
きらりに近い身長、広い肩幅、太い首
どれをとっても鍛え上げられた一流アスリートの体格
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 22:41:17.33 ID:GP0n8BlvO
プロデューサー……プロデューサーってなんだっけ?
20: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:43:23.20 ID:ATdcMGVi0
PMC1「や、奴は何処だ……ぶっ殺してやぁぁぁる!!!」

武内P「」スタッ

PMC1「な、うしr」

ガガガガガッ!

<ヒ、ヒットォ!!


凛「暗殺者……!」

卯月「…! プロデューサーさん、後ろに気がついていない!」

PMC2「(よし、裏取り成功!)」

武内P「……」

PMC2「貰っt」

武内P「」クルッ バシュバシュッ

PMC2「うぉあっヒット……!」


ーーーー
21: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:44:39.64 ID:ATdcMGVi0
ーーーー



武内P「ふぅ……」

未央「プロデューサーっ!!!」

みく「凄かったにゃ!!!」

李衣菜「一体どこであんな超人的なスキル身につけたんですか!! アレですか、ハワイで親父に習ったんですね!?」

武内P「あ、いえ……その」

凛「正直いい歳した大人が、って舐めてたけど……凄いじゃん」

卯月「もう凄すぎて言葉が出ません……」

未央「ねえねえ! もしかして昔そう言う職に就いてたとか!? 」

みく「そうにゃ! 何であんなに殺人スキル高いの!? 洗いざらい白状するにゃ!!」

武内P「み、皆さんっ! どうか、落ち着いて下さいっ!」

ーーーー
ーー
22: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:47:01.45 ID:ATdcMGVi0
事務所

みく「というわけだったんだにゃ」

杏「へぇ、あのプロデューサーがねぇー」グテ

かな子「プロデューサーさん、がっしりしてますもんね〜」

未央「いやもうガッシリとかのレベルじゃないから」

みく・凛・李衣菜「「「筋肉モリモリマッチョマンの変態野郎だから(にゃ)」」」

卯月「……///」

李衣菜「て言うかもう戦闘マシンみたいだったもん」

凛「まさにコマンドーだったね」

智絵里「プロデューサーさんはさばいばるげーむ?が趣味なんですかぁ」

みく「智絵里ちゃんがあの姿みたら気絶しちゃうにゃ……」

未央「あっ忘れてた」

卯月「どうしたんですか? 未央ちゃん」

未央「いやぁ実はーー」
27: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:50:17.32 ID:ATdcMGVi0

ーー扉越しーー

武内P「この前の事、やはり話題に……」

美波「……ん?」スタスタ

美波「どうしたんですか? プロデューサーさん」

武内P「あ、いえ、その……」クビサワサワ

<ち、智絵里ちゃーーーーん!!!

武内P・美波「「!!!」」

武内P「何があったんですか!?」バン!




TV<シュタタタタタ パパンッ ヒットォ

智絵里「」

一同「あ、あはは……」

武内P「」

美波「」
29: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:53:01.38 ID:ATdcMGVi0
ーーーー

武内P「まさか録画されていたなんて……」ズゥゥゥゥゥン

美波「げ、元気出してくださいプロデューサーさんっ、大丈夫ですよ」

武内P「もしもし千川さん、スタドリを……10本お願いします……はい、そうです。今すぐに」ピッ

美波「実は! わた、私も……サバイバルゲーム……やってるんですよ……///」

武内P「……!」

美波「未成年だから保護者の承諾書が必要なんですけど……良かったら今度、どうですか?」

武内P「……ええ! 是非、ご一緒させていただきます!」

後に筋肉ダルマのコマンドーと凄腕美女スナイパーが世間を轟かせる事になるが、それはまた別のお話

おしまい
30: ◆M4FG4wakSQt9 2015/09/09(水) 22:54:48.66 ID:ATdcMGVi0
おかしいな
もっと分量あると思ってたんだけど、書いてたら勘違いしてた

新田さんかわいいよ新田さん
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 22:56:39.47 ID:VBIIff9DO

録画を繰り返し見るうちに取り返しのつかない筋肉フェチになってしまう
島村さんの後日談はよう
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 22:57:34.76 ID:9rKd//Ut0
美波と武内Pが組んだら確実に美女と野獣ってあだ名が付く

乙乙

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク