穂乃果「穂乃果は激怒した」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:02:04.88 ID:BRk9WDOp
穂乃果「穂乃果、もう怒ったよ! おこだよ! 激おこだよ! 絶対許せない!」

穂乃果「穂乃果は政治とか難しいことわかんないけど! ただの和菓子屋の娘だけど!」

穂乃果「でも、やっていいことと悪いことの区別ぐらいはつくよ!」

穂乃果「絶対、あの王様をギャフンと言わせてやるんだから!」
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:03:19.14 ID:BRk9WDOp
~しばらく前~


穂乃果「やっと着いた・・・・・・ここが、アキバの市」

穂乃果「もうすぐ、雪穂の結婚式だからね~。花嫁衣装とか、いろいろ買い物しなきゃ」

穂乃果「まずことりちゃんのお店に行って、頼んでおいた衣装をもらって・・・・・・」

穂乃果「それから、石工の海未ちゃんのところにも寄っていこう! 楽しみだな~」

穂乃果「・・・・・・それにしても、こんなに大きい街なのに、全然人が出歩いてないね。前来た時は、路上ライブとかもやってたのに・・・・・・」

穂乃果「なんだかおかしいな・・・・・・ん? あそこにいるのは・・・・・・」

花陽「」トボトボ

穂乃果「花陽ちゃんじゃない! お~い、花陽ちゃ~ん!」

花陽「!?」ビクッ
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:04:09.29 ID:BRk9WDOp
穂乃果「あなた、仕立て屋のことりちゃんの弟子の、花陽ちゃんだよね!?」

花陽「あ・・・・・・穂乃果ちゃん・・・・・・?」

穂乃果「久しぶり~! ・・・・・・って、なんだか元気ないね」

穂乃果「この街も、前来た時に比べると全然元気がないし・・・・・・ねえ、なにかあったの?」

花陽「え・・・・・・その・・・・・・」

穂乃果「答えづらいことなの?」

花陽「えっと・・・・・・大きな声じゃ、言えないんだけど・・・・・・」

花陽「王様が、人を処刑するの」

穂乃果「処刑!? 殺しちゃうってこと!?」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:05:17.19 ID:BRk9WDOp
花陽「こここ、声が大きいですぅ~! こ、殺しはしないけれど、死ぬよりもっとひどいことです」

花陽「耳元で、中学時代の黒歴史ポエムを朗読させられたり・・・・・・はりつけにされて、くすぐられたり・・・・・・」

穂乃果「うわ、ひどい・・・・・・なんでそんなことするの?」

花陽「悪心を持っている、って言うんだけど、誰もそんな悪心なんて持ってないの・・・・・・」

花陽「それなのに、王様の側近や街の人たち、たくさんの人がつかまっちゃったの」

穂乃果「そんな! 王様は頭のネジはずれちゃってるの!?」

花陽「ううん。人を信じられない、って言うの。今日も6人、延々とヘッドホンで夏色Remixを聴かされるという拷問にかけられました」

穂乃果「なにそれ! 許せないよ!!」

穂乃果「穂乃果、ちょっと王様にガツンと言ってくる!! ありがとう、花陽ちゃ~~ん!!」タタタタ

花陽「ええっ!? 穂乃果ちゃん、王様のお城に乗り込んじゃうノォ!?」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:08:50.76 ID:BRk9WDOp
穂乃果「で、あっさり捕まりました」

穂乃果「あなたが王様だねっ!」

絵里「いかにも。私がこのアキバの市の王、エリーチカよ」

絵里「で、貴方はその手に持ったラブライブレードで、何をするつもりだったの? 正直に言いなさい」

穂乃果「市を、王様の手から救うのっ!」

絵里「貴方が? ていうか、手に持ったそれで?」クスクス

絵里「貴方なんかには、私の孤独な心はわからないわ。私の、孤独なHeavenは」

希「上手いこと言ったつもり?」

絵里「一番の部下の、大臣すらこんなこと言うんだもの。誰も信じられないわ」

穂乃果「人の心を疑うなんてよくないよ!」

絵里「信じてたって、ろくなことにならないもの・・・・・・何度も腹筋スレを開いた、私の気持ちがわかる?」

穂乃果「いやわかんないけど」

絵里「ほらね。だから私は、誰も信じないことに決めたの。私だって、平和を望んでいるのよ」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:11:32.77 ID:BRk9WDOp
穂乃果「罪のない人に酷いことして、平和もなにもないよ!」

絵里「口だけなら、どんな清らかなことだって言えるわよ。私には、人の心の奥がわかるの」

絵里「貴方だって、いざ『穂乃果にやらしいことする系のスレを延々と朗読させられる刑』を受けたら、泣いて謝るに決まってるわ」

穂乃果「う・・・・・・確かにそれは、すごくイヤだけど・・・・・・」

穂乃果「でも穂乃果だって、死ぬ覚悟でここに来たんだもん! 命乞いなんて絶対しないよ!」

穂乃果「ただ――」

希「ただ?」

穂乃果「ただ、穂乃果に情をかけてくれるなら、処刑までに3日間だけ時間がほしいの」

穂乃果「たったひとりの妹を、最後に結婚させてあげたいから・・・・・・」

穂乃果「穂乃果は3日で、村まで行って結婚式済ませて、ここに帰ってくるよ!」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:14:06.92 ID:BRk9WDOp
絵里「ハラショー!!」アハハハ

絵里「笑わせてくれるじゃない。逃がしたことりが、帰ってくるって言うの?」

穂乃果「絶対帰ってきます! 絶対、約束は守ります!!」

希(この子、猪突猛進というか・・・・・・後先考えない子やなあ・・・・・・)

穂乃果「私のことが信じられないなら・・・・・・そうだ!」

穂乃果「この街に、海未ちゃんっていう石工と、ことりちゃんっていう仕立て屋さんがいます!」

穂乃果「2人とも、穂乃果の大事な親友です! その2人を、人質として預けます!」

穂乃果「もし穂乃果が逃げて、3日目の日暮れまでに帰ってこなかったら、その2人を処刑してください!」

希「え、ちょ、勝手に決めちゃってええの!?」

絵里「・・・・・・面白いじゃない」ククク
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:17:26.24 ID:BRk9WDOp
絵里(こんな調子のいいことを言ってるけれど、どうせ帰ってこないに決まってるわ)

絵里(なら、この子の身代わりに、人質の2人を処刑して・・・・・・)

絵里(これだから人は信じられないんだって、世の中のバカ正直な愚民に見せつけてやるのもいいわね)

絵里「わかったわ。願いを聞きましょう」

希「ほんまにええの、エリチ?」

絵里「かまわないわ、希大臣。さあ、身代わりの2人を呼んできなさい。そして、3日目の日没までに戻ってきなさい」

絵里「少しでも遅れたら・・・・・・身代わりの2人を、必ず処刑するわ」

穂乃果「・・・・・・・・・・・・!」

絵里「いいわよ、ちょっと遅れて戻ってくれば。貴方の罪は、永遠に許してあげる」

穂乃果「そんなこと、絶対しないもん!」

絵里「あはは。命が大事なら、遅れてくることね。貴方の心ぐらい、わかっているわよ」

穂乃果「こんのぉ・・・・・・!」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:22:01.70 ID:BRk9WDOp
~その夜~


希「身代わりの2人を連れてきたでー」

ことり「穂乃果ちゃん・・・・・・!」

海未「まったく穂乃果、貴方という人は・・・・・・!」

穂乃果「ご、ごめん、ことりちゃん、海未ちゃん! 勝手に人質なんかにしちゃって・・・・・・!」

海未「私が怒っているのはそのことではありません! なぜ貴方はいつも、後先考えずに行動するのですか!」

海未「丸腰同然で、王の城に乗り込むなんて!」

穂乃果「え・・・・・・?」

ことり「穂乃果ちゃん。ことりも、海未ちゃんも・・・・・・穂乃果ちゃんのためなら、喜んで人質になるよ」

穂乃果「ことりちゃん・・・・・・」

海未「貴方の心は、わかっています。王様が許せず、正義を貫こうとする貴方の気持ちは」

海未「まったく・・・・・・穂乃果に振り回されることぐらい、もう慣れっこですよ」

穂乃果「海未ちゃん・・・・・・」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:25:27.75 ID:BRk9WDOp
ことり「穂乃果ちゃん・・・・・・ことりたち、穂乃果ちゃんのこと、信じてるから」

海未「だから、3日後・・・・・・きっとまた、会いましょう」

穂乃果「うんっ・・・・・・! ありがとう、海未ちゃん、ことりちゃん・・・・・・!」ウルッ

希「お別れの挨拶は済んだん? それじゃ人質の2人は、連れて行くで」

ことり「穂乃果ちゃんっ・・・・・・!」

海未「穂乃果っ・・・・・・!」

穂乃果「ふたりとも、待ってて・・・・・・! 穂乃果、必ず戻ってくるから!!」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:26:12.52 ID:BRk9WDOp
ザッ

穂乃果「さあ、いよいよ出発だ。もう、後戻りはできない」

穂乃果「・・・・・・星がきれいだなあ。満天の星空だね」

穂乃果「・・・・・・海未ちゃんとことりちゃんは、穂乃果のことを信じて、待っててくれてる」

穂乃果「ふたりのためにも、頑張らなきゃ。やるったらやる!!」

穂乃果「高坂穂乃果・・・・・・ファイトだよっ!!」ダッ

タタタタ
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:29:22.84 ID:BRk9WDOp
~翌日の午前、穂乃果の村~


穂乃果「つ・・・・・・着いた・・・・・・」フラフラ

穂乃果「徹夜で、十里の道を走るのはやっぱキツい・・・・・・眠いし、体がガタガタ・・・・・・」ヨロヨロ

穂乃果「・・・・・・でも、のんびりしてる暇はないよ。もうお日様も高く昇っちゃってるし、時間はないもんね」

穂乃果「とにかく、雪穂の所に行って、結婚式の準備をしなくちゃ・・・・・・」



穂乃果「ゆ、雪穂~・・・・・・」

雪穂「お、お姉ちゃん!? どうしたの、そんなフラフラになって!」

穂乃果「な、なんでもないから・・・・・・それよか結婚式するよ、結婚式!」

雪穂「え~、お姉ちゃん気が早いよ、結婚式はまだふた月も先・・・・・・」

穂乃果「明日やるよっ!!」

雪穂「は!?」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:30:51.74 ID:BRk9WDOp
雪穂「明日とかいきなりすぎるよ!! まだなんの準備もできてないよ!?」

穂乃果「市に、用事を残してきちゃったの。またすぐに市に戻らないといけないから・・・・・・」

穂乃果「善は急げって言うじゃん! ことりちゃんから衣装ももらって来たし!」

穂乃果「いいから、村の人たちに結婚式は明日だって言ってきなよ! ほら行った行った!!」

雪穂「ええ、もう、意味わかんないよ・・・・・・! どうなっても知らないからね~!」

穂乃果「ふう・・・・・・あとは、結婚相手の亜里沙ちゃんにも、話をしてこなきゃ」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:33:38.00 ID:BRk9WDOp
亜里沙「ええっ!? 結婚式を明日に!?」

穂乃果「そう! お願い、亜里沙ちゃん!!」

亜里沙「いくら穂乃果さんの頼みとはいえ、ちょっと急すぎるというか・・・・・・心の準備が・・・・・・///」

穂乃果「非常識は百も承知だよ!! でも、どうしても譲れない事情があるの!!」

穂乃果「亜里沙ちゃん・・・・・・! お願い・・・・・・!」フカブカ

亜里沙「・・・・・・・・・・・・」

亜里沙「頭を上げてください、穂乃果さん」

亜里沙「穂乃果さんは、よく無茶なことをする方ですが、何の理由もなく無茶をするような人ではないです」

亜里沙「きっと、深い理由があるんだと思います・・・・・・わかりました。明日、結婚式を挙げましょう」

穂乃果「亜里沙ちゃん・・・・・・! ありがとう!!」

穂乃果(やっぱり亜里沙ちゃんは優しくていい子だなあ・・・・・・! 雪穂にはもったいないよ・・・・・・)

穂乃果(そういえば亜里沙ちゃん、どことなく顔立ちとか王様に似てる気もするけど、たぶんまったくの偶然だから気にしちゃダメだよ!)
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:36:15.23 ID:BRk9WDOp
~翌日~


穂乃果「結婚式の準備は、お手伝いに来てくれた友達のヒデコ、フミコ、ミカが一晩でやってくれたよ!」



フミコ「汝ら、雪穂と亜里沙は、健やかなる時も、病める時も、互いを慈しみ、愛することを誓いますか?」

雪穂「誓います」

亜里沙「誓います」

アーコーガーレノシューンカンヲ ムカーエールトキガキータヨ

イーノカナコンナーニモ シアーワセ カンジーテールヨ

穂乃果「うう、綺麗だよ、雪穂・・・・・・良かったよぉ・・・・・・」グスグス

ポツポツ

ザーッ

穂乃果「あれ・・・・・・雨?」

穂乃果「なんかやな予感がしないでもないけど・・・・・・気にしちゃダメだよね!」
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:39:31.57 ID:BRk9WDOp
穂乃果「それでは、雪穂と亜里沙ちゃんの門出を祝して・・・・・・かんぱーい!!」

カンパーイ!!

ワイワイガヤガヤ

穂乃果(雪穂も亜里沙ちゃんも、幸せそうだなあ・・・・・・村のみんなも優しいし、一生このままここにいたいよ)

穂乃果(でも・・・・・・うん、わかってる。今の穂乃果は、自分の体であって、自分の体じゃない)

穂乃果(明日の、日の出前に出発しよう。その頃には雨も小降りになってるだろうし)

穂乃果(それまで少し時間があるし、ちょっとだけ仮眠して・・・・・・)

穂乃果(・・・・・・・・・・・・)

穂乃果(・・・・・・きっと、もう、雪穂にも会えないんだよね・・・・・・)
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:40:26.25 ID:BRk9WDOp
穂乃果「・・・・・・雪穂」

雪穂「お姉ちゃん、どうしたの?」

穂乃果「ごめんね。まだ宴会も途中だけど、すっごい疲れちゃったから、先に休むね」

穂乃果「目が覚めたら、すぐに市に向けて出発するよ。・・・・・・大切な用事があるから」

穂乃果「ね、雪穂。お姉ちゃんがいなくても、もう雪穂のそばには優しい亜里沙ちゃんがいるんだから、寂しいことなんかないよ」

雪穂「ど、どうしちゃったのさお姉ちゃん、大げさだなあ・・・・・・///」

穂乃果「そして、亜里沙ちゃん」

亜里沙「はい!」

穂乃果「雪穂のこと、よろしく頼むね。ふたりだったら大丈夫だよ! それと、穂乃果の妹になれたこと、誇りにしてね」

亜里沙「穂乃果さん・・・・・・」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:41:33.75 ID:BRk9WDOp
~翌日、早朝~


穂乃果「う~ん、もう食べられない・・・・・・」ムニャムニャ

穂乃果「・・・・・・はっ!? 今何時!?」ガバッ

(・8・)チュンチュン

穂乃果「日の出前に出発するつもりだったのに、もう明るくなり始めちゃってる・・・・・・ああもう、穂乃果のバカ!」

バタバタ

穂乃果「いや、でもまだ大丈夫! 日没までにはたっぷり時間があるから、今からでも十分間に合う! はず!」

穂乃果「あの王様をギャフンと言わせてやるんだから! よーし、頑張るぞ!」

穂乃果「そうだ、ちょっと寝過ごした分、自転車に乗っていこう!」

穂乃果「自転車なんて夢夢夢歌う時ぐらいしか乗らないけど、ただ走るより速いもんね! 穂乃果、あったまいい!」

穂乃果「雨も小雨になってる。よーし行くぞ、高坂穂乃果! さらばふるさと! レッツゴー!!」

シャカシャカ
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:43:24.25 ID:BRk9WDOp
~数時間後~


穂乃果「すっかり日が昇って、雨は止んだけど今度は蒸し暑くなってきたなぁ・・・・・・」

穂乃果「でも、自転車のおかげでなかなか良いペースできてるよ」

穂乃果「この分なら、結構余裕で着いちゃうかも。天気もいいし、歌でも歌っちゃおうかな♪」

穂乃果「風を抜けて~走ってく♪ 今日も君は~走ってく♪」



~さらにしばらくたって~


ザーッ ゴォーッ

穂乃果「なに、これ・・・・・・嘘でしょ・・・・・・?」

穂乃果「川が、昨日の大雨で氾濫して、橋も流されちゃってる・・・・・・!」

穂乃果「どぉーしよぉー!! これじゃ渡れないよぉ~!!」
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:45:23.26 ID:BRk9WDOp
穂乃果「よぉーし、こうなったら奥の手、天候を操れる(かもしれない)力を使って・・・・・・!」ウムム

穂乃果「雨、やめ~~!! あ、間違えた! もうやんでる!」

穂乃果「川、静まれ~~~!! 静まれ~~~!!」

ザーッ ゴォーッ

穂乃果「・・・・・・ダメだ、全然効かない・・・・・・」ガクッ

穂乃果「ううう・・・・・・ひどいよ、神様・・・・・・こんな意地悪するなんて・・・・・・これじゃ、もう・・・・・・」



――まったく、穂乃果は世話が焼けますね。

――穂乃果ちゃ~ん、マカロン作ったの! 食べてみて~!



穂乃果「・・・・・・・・・・・・!」フルフル
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:46:32.86 ID:BRk9WDOp
穂乃果「そうだよ、諦めちゃダメ・・・・・・! 海未ちゃんとことりちゃんが、待ってるんだから・・・・・・!」

穂乃果「自転車は、ここに置いていこう・・・・・・こうなったら・・・・・・」

穂乃果「泳ぐしかないっ!!」クワッ

穂乃果「流されたらリアルに死んじゃうかもしれないけどっ・・・・・・でも、やるったらやる!!」

穂乃果「頑張りましょう! くじけるな! こころが叫んでるんだ!! うおぉーー!!」

ザップーン
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:48:38.46 ID:BRk9WDOp
穂乃果「ぷわっ! やっぱ流れ速い!! なんかつかまるものがないと死ぬっ!!」

穂乃果「あそこの、対岸の木の幹・・・・・・! あれをつかめば・・・・・・!」



本気だったら チャンスはくるよ

つかまえなくちゃ ときめきが消えないうちに



ガシッ

穂乃果「やったつかめた!! あとはこの幹から、よじ登れば・・・・・・!」

穂乃果「うおおぉぉ・・・・・・!!」



ほら I say fight! 君のために 笑顔で背中押すよ

一番になろう それが君さ!

I say fight! 私の応援 いつでも熱いままなんだよ

だから絶対に負けない 夢なき夢は夢じゃない



穂乃果「うりゃああぁぁ!!」ザバッ

穂乃果「わ、渡れた・・・・・・助かった・・・・・・」ゼェゼェ
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:52:27.32 ID:BRk9WDOp
穂乃果「渡れたはいいけど・・・・・・自転車もなくなっちゃった・・・・・・」

穂乃果「でも、お日様も西に傾きかけてるし、1分1秒も無駄にできない・・・・・・! 先に進まなきゃ・・・・・・!」フラフラ

???「おぉーっと、ちょっと待ちなさい」

穂乃果「・・・・・・え?」

ザザッ

にこ「待ちなさいって言ってるのよ、あんた」

真姫「誰の許可を得て、ここを通ろうとしてるの?」カミクルクル

穂乃果「げっ!? 山賊!?」

にこ「ちょっと、山賊なんてダサい呼び方しないで!」

真姫「私たちはおしゃれなギャング、せめて盗賊って言ってほしいわ」

穂乃果「違いがよくわかんないけど」
32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:54:05.57 ID:BRk9WDOp
穂乃果「とにかく、穂乃果は急いでるんだから、そこどいてよ!」

真姫「ふふ、ここを通りたかったら」

にこ「身ぐるみ、全部置いていくことね」

穂乃果「なんてわかりやすい悪役のセリフ! 穂乃果、服ももうボロボロだし、この体と命の他には何も持ってないもん!」

にこ「その体をよこせって言ってるのよ」ニヤリ

穂乃果「え!? 穂乃果、エロ同人かエロSSみたいなことされちゃうの!?」

真姫「な、なに言ってるのよ、イミワカンナイ!/// ふんじばって、体の自由を奪うだけよ!」

穂乃果「・・・・・・あ! さては、王様の命令で、穂乃果を待ち伏せしてたんだね!」

にこ「だったらどうするっていうのよ」ジリジリ

穂乃果「くっ、ひとまず逃げる!」ダッ

真姫「逃がすもんですか!」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:56:10.89 ID:BRk9WDOp
にこ「捕まえちゃ~う! どこにいるの? ムリよムリよ! どこにいたってムリよ!」

真姫「甘いよ甘い! そんな装備じゃ、逃げられるわけないじゃな~い~か♪」

にこまき「「狙いをつけて密かに背後から~♪」」



穂乃果「なんか歌いながら追いかけてくる! 怖っ!!」ダダダダ

穂乃果「でも、2対1じゃ逃げきれない・・・・・・! どうする!?」

穂乃果「いや・・・・・・わかってるよ! 逃げちゃダメ、困難には立ち向かわなきゃ!」ピタッ

穂乃果「立ちふさがる壁は・・・・・・壊してみせるっ!!」クルッ

にこ「・・・・・・え!?」

真姫「闘う気・・・・・・!?」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:58:05.34 ID:BRk9WDOp
壁は Hi Hi Hi 壊せるものさ Hi Hi Hi 倒せるものさ

自分からもっとチカラを出してよ



穂乃果「一進一跳パーンチ!!」ボカッ

にこ「に゛こ゛っ!?」



Hi Hi Hi 壊せるものさ Hi Hi Hi 倒せるものさ

勇気で未来を見せて



穂乃果「全身全霊キィーック!!」ドコッ

真姫「ヴぇええ!?」



そうだよ覚悟はできた



穂乃果「勝った・・・・・・!」グッ

にこまき「「きゅうてぃぱんさぁ・・・・・・私・・・・・・」」ガクッ
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:59:37.07 ID:OG17LPuE
歌詞を強引に入れてくるスタイル、嫌いじゃない
37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 00:59:51.15 ID:BRk9WDOp
穂乃果「うう・・・・・・思わぬところで時間食っちゃった・・・・・・」フラフラ

カッ ジリジリ

穂乃果「暑い・・・・・・日差しが照りつけて、つらい・・・・・・」

穂乃果「急がなきゃ・・・・・・走らなきゃ・・・・・・海未ちゃんとことりちゃんが、待ってる・・・・・・」フラッ

ボヤー

穂乃果(えっ・・・・・・? なんで・・・・・・? 頭が、クラクラする・・・・・・目の前が、ぼんやりする・・・・・・)

穂乃果(両足が、痛い・・・・・・体中が、痛い・・・・・・力が・・・・・・入らない・・・・・・)

ガクッ

穂乃果(なんで・・・・・・? 脚が、動かない・・・・・・立ち上がれない・・・・・・!)

穂乃果「なんで・・・・・・なんで・・・・・・!?」ポロポロ
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:03:28.99 ID:BRk9WDOp
穂乃果(ちょっとだけ・・・・・・横になろう・・・・・・)

ゴロッ

穂乃果(・・・・・・・・・・・・)

穂乃果(ダメだ・・・・・・もう、1歩も・・・・・・動けないよ・・・・・・これじゃ、とても間に合わない・・・・・・)

穂乃果(ごめん、海未ちゃん、ことりちゃん・・・・・・穂乃果を、信じたばっかりに・・・・・・)

穂乃果(でも、これだけは信じて。穂乃果は、一生懸命走ったの。ふたりを裏切るつもりなんか、全然なかったの)

穂乃果(だけど・・・・・・約束の時間までに戻れないんじゃ、王様の思う壺・・・・・・)

穂乃果(海未ちゃんと、ことりちゃんは、処刑されちゃう・・・・・・穂乃果も、生き恥をさらしたまま生きたくなんてない)

穂乃果(穂乃果も、ふたりと一緒に処刑されるから・・・・・・だから・・・・・・)

穂乃果(ほんとに、ごめんね・・・・・・海未ちゃん、ことりちゃん・・・・・・)ポロッ
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:04:44.40 ID:BRk9WDOp
~その頃、王の城の牢屋~


海未「・・・・・・・・・・・・」

ことり「・・・・・・・・・・・・」

希「・・・・・・ほんまに、あの子を信じてるの?」

海未「貴方は・・・・・・大臣」

希「確かにあの子は、まっすぐな目をしてた。けど、きっとどこかで、心が折れて、諦めると思う」

希「それでも・・・・・・信じるん?」

ことり「・・・・・・それでも、穂乃果ちゃんは、約束は絶対守ってくれる人です」

海未「はい。猪突猛進で単純ですが・・・・・・私たちは、穂乃果のことを信じます」

希「・・・・・・ふうん」

希「わかった。個人的には、いい結果になること、祈ってるんよ」

ギイィ ガチャン
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:05:49.59 ID:BRk9WDOp
海未「・・・・・・・・・・・・」

ことり「だけど・・・・・・海未ちゃん」

海未「ことり・・・・・・?」

ことり「ことりね・・・・・・ほんのちょっとだけ、不安になっちゃったの。穂乃果ちゃんが、戻ってきてくれるかって」

ことり「最低だよね・・・・・・穂乃果ちゃんは、きっと頑張ってくれてるのに・・・・・・」

海未「ことり・・・・・・」

海未「・・・・・・私も、人のことは言えません。私も、ほんの少しだけ、不安になってしまいました」

ことり「海未ちゃん・・・・・・?」

海未「でも・・・・・・ことりの言うとおり。きっと穂乃果は、諦めずに、立ち上がって、戻ってきてくれるはずです」

海未「だから・・・・・・待ちましょう」

ことり「うん・・・・・・ことりも・・・・・・信じるよ・・・・・・!」
41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:06:56.67 ID:BRk9WDOp
――穂乃果!

――穂乃果ちゃん!



穂乃果(・・・・・・・・・・・・え?)

穂乃果(今・・・・・・海未ちゃんと、ことりちゃんの声が、聞こえた気がした・・・・・・)

チョロチョロ

穂乃果(この音・・・・・・わき水・・・・・・?)ムクッ

穂乃果「」ゴクゴク

穂乃果(・・・・・・美味しい)

穂乃果(なんか・・・・・・ちょっと、気持ちが落ち着いた・・・・・・)

穂乃果(・・・・・・そうだ。ことりちゃんと海未ちゃんは、きっと穂乃果のことを信じて、待っててくれてる)

穂乃果(悪い夢は、もう、覚めたよ)

穂乃果(大丈夫・・・・・・歩ける・・・・・・)ググッ

穂乃果「――行こう!!」
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:08:15.34 ID:BRk9WDOp
スゥーッ

穂乃果「だって 可能性感じたんだ そうだ・・・ススメ!」



海未「後悔したくない 目の前に」



ことり「僕らの道がある――」



Let's go! Do! I do! I live!

Yes,Do! I do! I live!

Let's go,Let's go! Hi!!



穂乃果(そう・・・・・・穂乃果を信じて、待ってくれてる人たちがいる!)

穂乃果(少しも疑わないで、静かに期待してくれている人たちがいるんだ! 信じてくれてる友達がいるんだ!!)

穂乃果(自分の命なんて、問題じゃない! 今はその信頼に応えなきゃ!!)

穂乃果(走れ、穂乃果!!)

ダダダダ
46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:11:11.36 ID:BRk9WDOp
前向こう 上を向こう 何かを待たないで

今行こう 早く行こう どこでもいいから



穂乃果(太陽が、どんどん沈んでく・・・・・・! 待って、神様!! あともう少しなんだから!!)

穂乃果(絶対ぜったい、間に合わせる!! 間に合わせてみせる!!)

ダダダダ



太陽きらめいて 未来を招いてる

さあ行こう 君も行こう ススメ→トゥモロウ



穂乃果(絶対、海未ちゃんとことりちゃんを処刑なんてさせない!!)

穂乃果(・・・・・・アキバの市のUDXの塔楼が見えた!! 絶対、諦めない!!)

ダダダダ
47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:13:10.27 ID:BRk9WDOp
凛「穂乃果ちゃ~ん!!」ダダダ

穂乃果「貴方はっ・・・・・・石工の海未ちゃんの弟子の、凛ちゃん!?」

凛「穂乃果ちゃん、もう無理だにゃ・・・・・・! 走るのは、やめて・・・・・・!」

凛「もう、海未ちゃんとことりちゃんは、助けられないよ・・・・・・!」

穂乃果「でも、まだ陽は沈んでないもん!」



熱いこころ (もてあまして)

抱いて走った (苦しかったんだ)
48: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:14:11.26 ID:BRk9WDOp
凛「もうやめてよ! 今は、自分の体の方が大事だよ!」

凛「海未ちゃんとことりちゃんは、ずっと穂乃果ちゃんを信じてたよ。刑場に引き出されても、平気だった」

凛「王様が、さんざんふたりをからかっても、穂乃果ちゃんは来ます、とだけ答えて、強い信念を持ってたの・・・・・・」

穂乃果「だから走るの! 信じられてるから走るの!!」

穂乃果「ふたりが、穂乃果を信じてくれてる限り、穂乃果も諦めない!! 凛ちゃん、ついてきて!!」

凛「穂乃果ちゃん・・・・・・! わかったにゃ、穂乃果ちゃん! もしかしたらまだ間に合うかも!!」

凛「走って、穂乃果ちゃん!!」



みんなおいで (もっともっと)

もっと動いて 確かめたいチカラ (Hi!!)
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:15:34.19 ID:BRk9WDOp
穂乃果(当たり前だよ! 陽はまだ沈んでないもん!!)

穂乃果(体中痛くて、足もすごく痛いけど、そんなことどうでもいい!!)

穂乃果(可能性がある限り、絶対ぜったい、諦めない!!)



Let's go 変わんない世界じゃない

Do! I do! I live! (Hi hi hi!)

Let's go 可能性あるかぎり

まだまだあきらめない (Hi hi hi!)



穂乃果(太陽が・・・・・・光の、最後のひとかけらが・・・・・・! 消えかかってる・・・・・・!)

穂乃果(でもっ・・・・・・間に合った!! 刑場の、磔の柱が見えた!!)

穂乃果(うおおぉぉぉっ!!!)ダダダダ



Let's go 自然な笑顔なら

Do! I do! I live! (Hi hi hi!)

Let's go 可能性みえてきた

元気に耀ける 僕らの場所がある
55: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:17:31.08 ID:BRk9WDOp
穂乃果(・・・・・・待って!! そのふたりを処刑しちゃダメ!! 穂乃果、帰ってきたよ!! 約束のとおり、今、帰ってきたよ!!)

穂乃果(声が・・・・・・声が、出ない・・・・・・!!)

ワイワイ ガヤガヤ

穂乃果(海未ちゃんとことりちゃんが、磔の柱に吊り上げられてく・・・・・・!)

穂乃果(どいてっ・・・・・・通してっ・・・・・・!!)

穂乃果「・・・・・・刑吏さんっ!!」

ザワッ

穂乃果「私だよ、刑吏さん!! 穂乃果だよ!! あのふたりを人質にした穂乃果は、ここにいる!!」

海未「穂乃果・・・・・・!」

ことり「穂乃果ちゃん・・・・・・!」
57: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:19:28.14 ID:BRk9WDOp
絵里「なんですって・・・・・・!?」ガタッ

希「うそ、ほんまに・・・・・・!?」

ワーワー

アッパレ、ユルシテヤレー

希「エリチ・・・・・・」

絵里「・・・・・・・・・・・・」

絵里「・・・・・・おろしてあげなさい」

希「聞いた? 『はりつけにして全身くすぐりの刑』は中止! ふたりをおろすんや!」

スルスル



穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん・・・・・・!」ウルウル

海未「穂乃果・・・・・・!」ウルッ

ことり「穂乃果ちゃん・・・・・・!」グスッ
59: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:20:54.89 ID:BRk9WDOp
穂乃果「・・・・・・ふたりに、お願いがあるの。穂乃果を殴って。力いっぱいに殴って」

穂乃果「穂乃果ね、途中で一度だけ、悪い夢を見たんだ」

穂乃果「ふたりが穂乃果を殴ってくれなかったら、穂乃果はふたりと抱き合う資格も無い。だから・・・・・・」

海未「ええ・・・・・・」

ことり「わかったよ」

海未「貴方は最低ですっ!」バチーン

ことり「ごめんで東條っ!」バチーン

穂乃果「スマイリンッ!?」
61: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:22:02.03 ID:BRk9WDOp
海未「では穂乃果・・・・・・穂乃果も私たちを、同じくらい殴ってください」

ことり「ことりたち、この三日の間、たった一度だけ、穂乃果ちゃんのこと、疑っちゃったの」

海未「生まれて初めて、貴方のことを疑ってしまいました・・・・・・」

ことり「穂乃果ちゃんが、ことりたちを殴ってくれなかったら、ことりたちは穂乃果ちゃんと抱擁できないから・・・・・・」

穂乃果「うん・・・・・・わかったよ」

穂乃果「I say fight!」バチーン バコーン

海未「ラブアロシュッ!?」

ことり「スピカテリブルッ!」
64: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:22:56.18 ID:BRk9WDOp
穂乃果「・・・・・・ふふっ」

ことり「・・・・・・うふふ」

海未「あはは・・・・・・」

ことほのうみ「うわああぁぁ~~~ん!!」ダキッ

穂乃果「ありがとう、ふたりともっ・・・・・・! 穂乃果のことを、信じてくれて・・・・・・!」

海未「私たちの方こそっ・・・・・・ありがとうございます・・・・・・!」

ことり「信じてくれて・・・・・・ありがとう、穂乃果ちゃん・・・・・・!」

オーイオイオイ



希「・・・・・・一件落着。エリチの負けみたいやね」

希「・・・・・・エリチ?」

絵里「・・・・・・・・・・・・」スック
65: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:23:52.42 ID:BRk9WDOp
絵里「・・・・・・ハラショー。私の負けね」パチパチ

穂乃果「王様・・・・・・」

絵里「貴方たちは、私の心に勝った。誰かを信じる力が、決して空虚なものでないことを、教えてもらえたわ」

絵里「そ、それで・・・・・・良かったら・・・・・・///」ゴニョゴニョ

穂乃果「?」

絵里「その・・・・・・私も、ね。これからは、他の人のことも信じるようにするから・・・・・・」

絵里「私も・・・・・・貴方たちの、仲間に入れてくれないかな、って・・・・・・///」

穂乃果「王様・・・・・・いや・・・・・・絵里ちゃん!」パアァーッ
66: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:25:16.95 ID:BRk9WDOp
海未「ど、どういうことですか!? 貴方も、穂乃果を狙っているということですか!?」

絵里「ちょ!? そういうんじゃないわよ、私はただ・・・・・・!///」

ことり「必死で帰ってきてくれた穂乃果ちゃんは、わたしません! ことりのおやつにするんです!」

ギャーギャー

穂乃果「え、ちょ、3人とも!?」

希「・・・・・・やれやれ」

希「はい、穂乃果ちゃん」バサッ

穂乃果「え? マント?」

希「とりあえず、それ、着とき。せっかくのヒーローやのに・・・・・・」

希「そんな、裸みたいな格好しとったら、カッコつかんやろ?」ニカッ

穂乃果「・・・・・・へ?」

穂乃果「・・・・・・・・・・・・」

穂乃果「・・・・・・///」



海未「穂乃果の・・・・・・」

ことり「半裸・・・・・・」

絵里「・・・・・・ハラショー」ブッ



――勇者は、ひどく赤面した。





おしまい
76: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:32:37.57 ID:SIa7NA3s
良かったー
じゃあ次は人間失格と斜陽だ()
80: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 01:46:21.27 ID:LuTogZKh
正に駆け抜けたね
面白かった
96: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(茸)@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 08:56:15.69 ID:lGeAWgtm
テンポも良かったし間の歌詞も良かったよ!

乙!

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク