【艦これ】「色々な大好き」

1: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 15:59:06.13 ID:dYOIbcrio
提督「か、加賀さん!」

加賀「なにかしら?」

提督「つ、ついに加賀さんも練度99になりましたよね」

加賀「ええ、あなたのおかげで、ね」

提督「それで、ですね…えっと…」

加賀「?」

提督「僕と、けっ結婚してください!!」つ指輪


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1438585145
2: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:00:29.76 ID:dYOIbcrio
加賀「わかりました」

提督「そうですよね急にいきなり…って、えっ?」

加賀「私が限界突破すれば、航空戦力がさらに強化されるわ」

加賀「そうなれば、艦隊への被弾も減るというもの」

加賀「断る理由はない、そうでしょ?」

提督「えっと…そ、そうですよね~うん、その通りです…」
3: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:01:19.22 ID:dYOIbcrio
加賀「それでは、この指輪はありがたくいただきますね」

提督「はい…」

提督(まあ、そうだよな、そうなるよな…はぁ)
4: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:02:00.04 ID:dYOIbcrio
加賀「それにしても、これはいいものね」

加賀「さらに強くなって、大好きなあなたを守れると思うと…」

加賀「気分が、高揚するわ…すごく…」
5: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:03:07.67 ID:dYOIbcrio
提督「…え?今なんて…」

加賀「さ、仕事を済ませましょう」

提督「え、ちょっと待って!加賀さんさっきの言葉をもう一回!」

加賀「仕事を済ませましょう」

提督「じゃなくて!」
6: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:03:44.26 ID:dYOIbcrio
加賀「早くしないと、嫌いになるわよ?」

提督「さあ頑張りましょう仕事片づけちゃいましょう!!」

加賀「その意気よ、提督」

加賀「…大好きよ」ボソッ
8: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:05:04.43 ID:dYOIbcrio


大好きなあなたの為に

9: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:06:36.01 ID:dYOIbcrio
大井「だから!作戦が悪いのよ!作戦が!」

提督「なんだと!どこが悪いか言ってみろってんだ!」

大井「ええ良いわよ!一から十まで徹頭徹尾ちゃ~んと説明してあげるわ!耳の穴かっぽじってよく聞きなさい!」

ギャーギャーワーワー

木曾 「北上姉さん、あれ止めなくていいのか?」

北上「ん?ああ木曾はここに最近来たからね~知らないのも無理ないか~」

木曾「知らない?」

北上「ま~よく見てなって」

木曾「?」
10: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:07:33.86 ID:dYOIbcrio
大井「…わかったかしら!この作戦にはリスクもなければリターンも無さすぎるの!やるだけ無駄!」

提督「お前の提案する作戦はリスクがでかすぎるんだよ!下手したらどうするんだ!」

大井「下手しなければいいじゃない!なに?私のこと信頼できないの!?」

提督「信頼してる!でもそれとこれとは話は別だ!」

大井「どう別なのよ!」

提督「俺は大好きなお前をお前を失いたくないんだよ!」

大井「私だって大好きなあなたを置いて死ぬつもりはないわよ!」

木曾「…」

木曾「…あれ?」
11: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:08:38.56 ID:dYOIbcrio
提督「じゃあなんでこの作戦を理解してくれないんだよ!」

大井「あなたの気持ちはわかってる!」

大井「けど、それだと私があなたの足引っ張ってるって感じるじゃない!そんなの嫌なのよ!」

提督「引っ張ってなんかない!むしろお前がいるから、今までやってこれたんだ!」

提督「大好きなお前が一緒にいるから!」
12: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:09:36.02 ID:dYOIbcrio
大井「あ~もう!このままじゃ平行線のまま!」

大井「わかったわ!今日は二人きりで一日中とことん議論するわよ!コテンパンに叩きのめしてあげるわ!」

提督「ああわかったよ!付き合ってやるよ!返り討ちにしてやるわ!」

ジャアワタシノヘヤニキナサイ!!
オウトモサ!!



木曾「…あれ?なにこれ展開が早すぎて…車酔いした時みたいに気持ち悪い」オエッ

北上「ま~仕方ないよね~私も慣れるのに一週間かかったし」
13: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:10:12.49 ID:dYOIbcrio


キレデレデレ

14: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:11:49.07 ID:dYOIbcrio
漣「どうご主人様!水着キタコレ!」

ショタ提督(以下提督)「あ、えっと…はい、とてもよくお似合いです…」///

漣「ちょっとご主人様!ちゃんと見てくださいよ~結構自信あるんですから~」

提督「あ、いやちょっとそれは…」///

漣「ん~もう!顔をこっちに向けて!」グイ

提督「さ、漣さん」///
15: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:12:21.38 ID:dYOIbcrio
漣「ご主人様の為に選んだんですから、ちゃんと見てくれないと困ります!」

漣「それとも…似合わない?」

提督「ち、違います!よくお似合いです!」

漣「じゃあなんで、見てくれないの?」

提督「そ、それは…」

漣「それは?」
16: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:12:56.51 ID:dYOIbcrio
提督「は、恥ずかしいんです…見るのが…」

提督「だ、大好きな人の、水着姿ですから…」
17: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:13:29.98 ID:dYOIbcrio
漣「…」

漣「///」ボンッ

漣「ちょっ!な、なに言ってるんですかいきなり!こっちまで恥ずかしくなってきたじゃないですか!」///

漣「いやすごく嬉しい…嬉しいけども!」///

提督「ご、ごめんなさい漣さん!あ、あまりにも似合ってるもので…」///

漣「だ、だから!そういうこと言われると!ああもう顔がにやけて…ああもうさらに恥ずかしくなってきたじゃないですかー!」///
18: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:14:38.73 ID:dYOIbcrio
曙「はあ、なにやってんだかあの二人は…ねえ潮」

潮「」カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

曙「めっちゃ二人の写真撮ってる!!」

潮「はぁ~提督と漣ちゃんの初心な反応可愛い~よ~~~!!!!ね、曙ちゃん!」

曙「いや同意を求められても、って潮鼻血鼻血!!」

潮「はぁ~永久保存版だよ~はああああああああああ~!!!」カシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャ

曙「…」

朧「諦めよう」ポンッ
19: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:15:15.95 ID:dYOIbcrio


初心な二人

20: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:16:08.70 ID:dYOIbcrio
提督「…」ジーッ

阿武隈「…なんですか提督、私のことじーっとみて」

提督「ああすまん、嫌だったか?」

阿武隈「別に嫌じゃないですけど…なんか気になります」

提督「いやなに、綺麗な髪だなと思ってな」

阿武隈「ええ!?私の髪が、ですか!?」///
21: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:17:33.47 ID:dYOIbcrio
提督「ああ、上手く言えないけど、髪の艶?っていうのかな、他の娘に比べても一段と綺麗に見える」

提督「 お前が髪型に拘るのも納得するよ」

阿武隈「え、えへへ」///

提督「 お前の自慢なんじゃないか?」

阿武隈「え?」

阿武隈「自慢…」

阿武隈「…」

提督「?」
22: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:18:21.25 ID:dYOIbcrio
阿武隈(あなたに、綺麗だと言われた、誉めてもらった)

阿武隈「はい、自慢です」

阿武隈(大好きなあなたに、誉めてもらったから)

阿武隈「この髪は、私の自慢なんです」ニコッ

阿武隈(その瞬間から、私の自慢)
23: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 16:19:47.18 ID:dYOIbcrio


あなたが誉めてくれる全てが、私の自慢

30: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:41:27.30 ID:dYOIbcrio
U-511「ごめんなさい、ミスしちゃって…」

伊58「別に謝る必要ないでち」

U-511「でも、ゆーのせいで…」

伊58「ああもう、うじうじするなでち!」

伊58「それに、前にもいったでちがね」

伊58「助けてもらったときは、謝罪の言葉じゃない、もっと他に贈るべき言葉があるでち」
31: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:42:09.37 ID:dYOIbcrio
U-511「あ…」

U-511「…」
32: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:42:37.16 ID:dYOIbcrio



U-511「ich liebe!!!」


33: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:43:34.90 ID:dYOIbcrio
U-511「あ、じゃ、じゃあゆー入渠、してきます…!」ダッダッダ

伊8「…」チラッ

伊8「ねえ、今の…」
34: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:44:43.34 ID:dYOIbcrio
伊58「ん?ああ、この前ゆーの事庇って被弾してしまったことがあったんでちが」

伊58「その後ずっとゆーがそのことで謝り続けてきたもんだから」

伊58「そういう謝罪の言葉はいらない、他の言葉が欲しい、って言ったんでち」

伊58「そしてたらゆーのやつ恥ずかしいのかわからんでちが」

伊58「『ありがとう』をドイツ語で伝えてくるようになったんでち」

伊58「それくらい日本語でいえば良いのに…まったくでち」
35: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:45:14.64 ID:dYOIbcrio
伊8「あ~…ゴーヤ、ドイツ語でありがとうは『Dank』だよ」

伊58「…え?」

伊8「ゆーが言っていた言葉の意味はね…」

U-511「!!!ちょ、ちょっとまって!」
37: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:46:54.51 ID:dYOIbcrio


いわないで!!

38: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:49:29.47 ID:dYOIbcrio
提督「あの、龍田さん。執務室にクーラー、つけませんか?」

龍田「執務室にクーラーですって?なにをふざけているのかしら?その服を、涼しくしてあげましょうね~」

提督「いや…えっとですね、汗が…」

龍田「汗が?なにかしら~」

提督「龍田さんの服、汗で、その…」

提督「ラインが、ですね…その…」///
39: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:50:11.25 ID:dYOIbcrio
龍田「…」

龍田「執務中にこっちを見る余裕があるのね~さぞかし仕事が進んでるのね~」

提督「あ、いや…えっと」

龍田「別にね~提督に見られても私は別に気にしないわ」

龍田「だけど、こっちを見ている余裕があるなら、ちゃんと仕事してくれないと困るわ~」
40: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:50:42.25 ID:dYOIbcrio
提督「はい、すみません…」

龍田「さ、さっさと目の前の書類を片付けてね~」

提督「はい…」
41: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:51:12.38 ID:dYOIbcrio
提督(でも今の龍田さん、本当に目の毒だよ…眼福ではあるけど…)チラッ

提督(それにしても、僕に見られても気にしない、か…)

提督(それって男として意識されてないってことだよな…)

提督(はあ…なんだかへこむなあ…)
42: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:53:49.59 ID:dYOIbcrio
龍田(提督のあの顔、《僕なんて男として見られてないんだ~》って顔ね)

龍田(ふふ、いつも頑張っている提督へのご褒美…って思ってたけど、刺激が強すぎたかしら~)

龍田(…まあ、あなた以外の男に見られた時は、もう一生光が見られないようにするのだけど…)

龍田(…大好きなあなたにしか、見せないんですからね~)

龍田(ふふ、思う存分、"私だけ"を見てね…)
43: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:54:19.47 ID:dYOIbcrio


誘惑(対提督専用)

44: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 21:58:58.14 ID:dYOIbcrio
天津風「あなた、朝なんだから早く起きて」

提督「…」zzz

天津風「は~もう、朝起きられないんだから…起こす方の身にもなってよ」

提督「…」zzz

天津風「もう、どうして起こしてあげましょうかこの寝坊助さん」
45: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:00:10.73 ID:dYOIbcrio
目覚まし『大好きよ、あなた…』

天津風「!」ビクッ

目覚まし『大好きよ、あなた…』

天津風「こ、この声!わ、わわわわわわわわた、私の…!!」///
46: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:01:00.92 ID:dYOIbcrio
目覚まし『大好きよ、あなた…』

提督「…ん~?う~ん…朝か…」

天津風「あ、起きた…」

提督「お~おはよう天津風、いや~良い目覚めだな」

天津風「おはようあなた…いやじゃなくて!な、なによこの目覚ましの声!」
47: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:01:47.20 ID:dYOIbcrio
目覚まし『大好きよ、あなた…』

提督「あ~前飲み会で天津風が酔った勢いで俺のこと大好きって連呼してたから、録音して目覚ましにしてたんだ」

天津風「あ、あの時私そんなこと…///って、なんで録音してるよ!なんで目覚ましにしてるの!!」

提督「いや~これ結構起きれるんだぞ?もう俺の朝には欠かせないんだ」

天津風「や、やめてよもう!この目覚ましやめて!」

提督「え~でもこれじゃないと起きられないし…」
48: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:03:55.01 ID:dYOIbcrio
天津風「…私が言うから」

提督「え?」

天津風「私が!毎朝!言ってあげるから!」

提督「なんて?」

天津風「なんてって…だから、この目覚ましの!」

提督「この目覚ましのじゃわかんない、なんて言ってくれるの?」
49: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:05:01.00 ID:dYOIbcrio
天津風「だ、だから…」///

天津風「…っ」///

天津風「…"大好きよ、あなた"って言ってあげる」///
50: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:05:54.86 ID:dYOIbcrio
提督「…」カチッ

提督「…」カチャ

ボイスレコーダー『…"大好きよ、あなた"って言ってあげる』

天津風「ああ!!!」
51: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:06:21.77 ID:dYOIbcrio
提督「よおし言質とったぞ、ちゃんと毎朝いってくれよな!」

天津風「ちょ、ちょっと!消して!消~し~て~!」

提督「はははは、誰が消すものか!死守死守!!」

天津風「ああもう!そんなことしないでも言ってあげるから!だから消~し~て~!」
52: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:07:29.66 ID:dYOIbcrio


一日の始まりは天津風

53: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:12:25.16 ID:dYOIbcrio
響「…」

提督「…なんだ響、俺の事見つめて、なんか用か?」

響「用があれば見つめてもいいのかい?」

提督「そういうわけじゃないが…ってその言い方、特に意味もないんだろ」

響「そうだね、君を見つめることに特に意味はないよ」
54: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:14:57.63 ID:dYOIbcrio
提督「じゃあなんで急に、つまらんだろう俺の事なんか見つめていても」

響「なに、大好きな君を見つめるのに、つまらないもないさ」

提督「なるほどな、ならば俺もお前の事を見つめるとしよう」

響「おや、私のことを見つめて、つまらなくはないのかい?」

提督「大好きなお前を見つめるのに、つまらないもないさ」
55: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:15:28.42 ID:dYOIbcrio
響「なるほどね、でもずっと見つめていては飽きるんじゃないのかい?」

提督「お前が飽きるまで、俺も飽きることはないさ」

提督「そういうお前は、いつ飽きるんだ?」

響「ん、そうだね…」
56: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:15:55.17 ID:dYOIbcrio

響「死ぬまで、かな」ニコッ
57: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:16:21.52 ID:dYOIbcrio


見つめ合い

58: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:18:04.07 ID:dYOIbcrio
瑞鳳「大好き」

提督「…」

瑞鳳「大好き~」

提督「…」

瑞鳳「だ~い~す~き~」
59: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:18:34.15 ID:dYOIbcrio
提督「…」

提督「…大好き」ボソッ

瑞鳳「!」

瑞鳳「…♪」

瑞鳳「大好き~♪」ギュッ
60: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:19:14.93 ID:dYOIbcrio
夕張「ば、馬鹿な…二人に誤って『大好きしか言えなくなる薬』を飲ませてしまったというのに」

夕張「何一つ困っていないだと!!」

明石「…ていうかなんでそんな薬作ったのかしら…ウッ、胃もたれが…」オエッ
61: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:19:41.63 ID:dYOIbcrio


普段から言い合ってる

62: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:20:33.64 ID:dYOIbcrio
ネタ切れた
63: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:21:24.56 ID:dYOIbcrio
過去作まとめ

瑞鳳「ツンデレ提督」


瑞鳳「島風ちゃんの服…」


瑞鳳「小さくなっちゃった…」


瑞鳳「雪に込めた想い」


瑞鳳「あすなろ抱き?」


響「甘えさせ合い」


【艦これ】響「響き合い」


【艦これ】響「浮かれ合い」


【艦これ】響「見惚れ合い」


【艦これ】響「恋し合い」


【艦これ】響「守り合い」


阿武隈「私の大好きな季節」


阿武隈「ずっとあなたと一緒に」


鳳翔「終わらない恋」


天津風「遠回しな我儘」


漣「あなたに贈る幸せの形」


漣「あなたと描く幸せの色」


暁「ショタ提督」


64: ◆VgLY1HQ3xE 2015/08/03(月) 22:21:51.83 ID:dYOIbcrio
終わり。

じゃあの
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/03(月) 22:23:25.89 ID:glm9FuUQo
乙乙
瑞鳳と龍田さんよかった
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/03(月) 22:40:17.14 ID:HA8GwrlXO

ゆーちゃんかわいいですって!
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 03:30:50.49 ID:DMvvVJ0Jo
いつも乙です

こういうアソートな短編集も中々良いものですなあ
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/06(木) 12:08:40.73 ID:lIwCheCuo
乙 癒やされた

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク