【艦これ】響「響き合い」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:03:53.59 ID:PHeE/+wno
提督「…んん」

提督「…」

提督(朝か…今何時だ?)

提督(午前4時か、早く起きすぎた)

提督(外は薄暗いな、もう一眠りするか)

提督「…」

提督「だめだ、完全に目が覚めてしまった」

提督「う~ん」

提督(散歩でもするか)


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1409839423
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:04:27.59 ID:PHeE/+wno
。。。。。。。

<外>

提督(涼しいな…たまにはこの時間に散歩するのもいいかもしれん)

提督「…ん?」

提督(あれは、響?)
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:05:38.37 ID:PHeE/+wno
響「…」

提督「響」

響「…ん?ああ司令官」

提督「散歩か?」

響「ああ、司令官も?」

提督「まあな」

響「目が覚めてしまったのかい?」

提督「ああ、響もか?」

響「まあね」

提督「そうか」

響「そうだよ」

提督「…一緒に歩かないか」

響「…ああ、一緒に歩こう」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:06:50.58 ID:PHeE/+wno
。。。。。。。

提督「…」テクテク

響「…」テクテク

ビュオオ~

提督「うお」

響「ん…」ブルッ

提督「ほれ、これ羽織れ」バサ

響「…いいのかい?」

提督「いいさ、それくらい」

響「…ありがとう」キュッ

提督「ああ」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:07:51.24 ID:PHeE/+wno
響「司令官、はい」スッ

提督「手?ああほれ」スッ

響「上着のお礼に司令官の手を温めてあげる」ギュッ

提督「はは、これはいいな。暖かいよ、すごく…」ギュッ

響「うん…私も」

提督「ああ…」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:12:23.25 ID:PHeE/+wno
。。。。。。。。。

提督(少し、明るくなってきたな…)

響「…」

提督(30分くらいか、あれから何もしゃべらず、ずっと手をつないで、二人並んで歩いている)

提督(だけど、この時間は…)

響「…好きだよ」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:13:16.19 ID:PHeE/+wno
提督「…響?」

響「この時間、私は好き」

提督「…」

響「私、他の娘たちに比べて、あまり口数多くないほうだから」

響「皆といると楽しい、けどたまに疲れてしまうことがあるんだ」

響「でも、司令官とは、司令官の隣は、すごく好き」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:14:03.44 ID:PHeE/+wno
響「余計な言葉なんていらない、私が思ってること、感じたこと、言葉に出さなくても、全部君に伝わってる」

響「だから、君といるこの時間が、この瞬間が、すごく心地よくて、好きなんだ」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:14:58.54 ID:PHeE/+wno
響「…君は」提督「はは」

響「司令官?」

提督「いや、可笑しくてな」

提督「響と、まったく同じことを思ってたんだ。俺もさ」

響「!」

提督「だから、ついな」

響「フフ、確かに可笑しいね」ニコ

提督「ああ、可笑しい」

響「…」

提督「…」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:15:41.70 ID:PHeE/+wno
ピカッ

提督「うお、まぶしい」

響「夜が明けたね…」

提督「ああ…」

響「…朝日を見るのは久しぶりだよ」

提督「…」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:16:37.14 ID:PHeE/+wno

提督(朝日を浴びる響を、見つめていた)

提督(白い光が、響の銀色の髪一本一本に反射し光り輝いていた)

提督(その姿が、光景が、とても美しくて、愛おしくて、尊くて)

提督「…響」

響「なんだい、司令官?」

提督「俺も、好きだよ。お前といる全てが」

提督「好きだよ」

響「…うん」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:17:11.67 ID:PHeE/+wno





響「私も、好きだよ…」





14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:21:23.33 ID:PHeE/+wno
。。。。。。

暁「ちょ、ちょっとちょっと!?あの二人すごくいい雰囲気じゃない!?」

雷「暁、静かにしてよ。気づかれるでしょ?」

暁「いや、だって提督と響だよ!?年の差ありすぎでしょ!?」

雷「暁は子供よね、愛に年の差なんて関係ないのよ!」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:22:00.91 ID:PHeE/+wno
。。。。。。

暁「ちょ、ちょっとちょっと!?あの二人すごくいい雰囲気じゃない!?」

雷「暁、静かにしてよ。気づかれるでしょ?」

暁「いや、だって提督と響だよ!?年の差ありすぎでしょ!?」

雷「暁は子供よね、愛に年の差なんて関係ないのよ!」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:22:37.21 ID:PHeE/+wno
暁「そ、そんなこと関係ないじゃない!ただ私は姉として…」

雷「それに、あの二人は気持ちが通じ合ってる」

雷「響き合っているの、二人の想いが」

雷「とっても素敵な関係じゃない?暁がなにいってもあの二人の関係は変わることはないわ」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:23:28.62 ID:PHeE/+wno
暁「…雷はよくわかるわね」

雷もちろん!司令官の事はなんでもわかるわ!頼られてるんだから私♪」

雷「電もそう思うでしょ?」クルッ

電「…」

雷「電?」

暁「どうしたの?さっきから黙ってるけど…」

電「なんでも…ないのです」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:24:08.34 ID:PHeE/+wno
雷「そう?あ、もしかして眠い?」

暁「まあ、まだ寝てる時間だもの。もう戻りましょう」

雷「そうね!二人の邪魔しちゃ悪いわ」

電「…はい、戻りましょう」

ソレニシテモアカツキハコドモヨネー
イッイチニンマエノレディートシテアツカッテヨネ!

電「…」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:25:47.76 ID:PHeE/+wno
電(私も、響ちゃんと同じくらい、司令官さんのこと想っているはずなのに)

電(なのに、なんで響ちゃんの想いは伝わり、私の想いは伝わらないのですか)

電(司令官さんに届く前に、落ちてしまう)

電(電のように一瞬だけ光り、そして消えていくように…)

電(司令官さん、私の想いでは、あなたには届かないのですか?)

電(私では…)
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:26:41.00 ID:PHeE/+wno



_____あなたの心に響きませんか?


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:27:11.15 ID:PHeE/+wno
終わり。

じゃあの
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/04(木) 23:28:21.23 ID:tNgTbUkWo

なんか切ないな
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/05(金) 03:48:05.78 ID:5KMqjrnlo

電が嫁艦の俺としてはとても切ない

関連記事
タグ:

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク